好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

森を歩けば・・・  

森を歩けば・・・

☆IMGP6541a

あら! 「成木川の 転進とか 敗退はとかは」 どうなったの・・・

暑いので

たまには

すっきりと さっぱりと あっさりと

森の涼しさをお届け・・・やっぱり暑いですね


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:13 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

「転進 成木川」成木川探訪4 2017年6月18日  

「転進 成木川」成木川探訪4 2017年6月18日

310 遡上の進路、読み切れず…
☆IMGP6310

巷、将棋世界では藤井聡太四段が快進撃を続けているが、

成木川では「藪漕初段」が詰まされそうなところを悪あがきしている。

前回は ⇒
  「敗色濃厚・・・ 成木川」成木川探訪3

289 コチラに行けば転げ落ちる危険性は少ないが、
☆IMGP6289

戻ることになる。

「どなた様か解決策をお教え教えてください」…当然、道がある訳では無し、
こんなところを通る奇人は年に一人も居ないだろう。

290
☆IMGP6290

292 踏み分けのような??
☆IMGP6292

ダメだ・・・すぐ戻る。

293 コチラにも踏み分けのような? しかしこちらを行くと戻ってしまう。
☆IMGP6293

294
☆IMGP6294

297
☆IMGP6297

298 暫く悪あがきをしてみたが、事態は好転せず。
☆IMGP6298

299 骨折り損のくたびれ儲け。進路読めず…
☆IMGP6299

後退するしかない。

敗退だ。

いや、転進だ~

結局、右岸の川原に降りて右岸から後退…

303 この淵を越えられず、転進を余儀なくされた。
☆IMGP6303

304 気が晴れぬままの戻りの川原…
☆IMGP6304

306a 戻りにも鯉が…なんとなく笑われているような気がするが…
☆IMGP6306a

308
☆IMGP6308

311 
☆IMGP6311

恥ずかしい話が「みどり橋」迄戻り

312 陸路を川上に伺い「岩井堂橋」迄来てしまった。
☆IMGP6312
目指す淵はこの下流(右手側)であることは間違いないのだが…

610 目指す淵、「2016年1月」左岸の山側から迷い込んだ淵
目標の淵20160116212457610
↑の淵に行きたいのだ。

2016年1月に迷い込んだ淵とは ⇒
南高麗の山中をゆく-3美しき川、迷い中

315 ここの左岸を下れば、目指す淵に行けるはずである。
☆IMGP6315

「みどり橋」から上流の「岩井堂橋」を目指して失敗し、
それでは「岩井堂橋」から下流に向かえば目指す淵に行けるはずである。

317 すみません~ 変なのが通りますが人畜無害でございますから…
☆IMGP6317

318 ここを右に
☆IMGP6318

319
☆IMGP6319

321 行く先々の安全をお願いして  「心王院」
☆IMGP6321

322 早速左岸に降り立つ
☆IMGP6322

323
☆IMGP6323

324 これは行けそうだ。
☆IMGP6324

325 おお!いけるぞ~
☆IMGP6325

327 下りの川面も美しく、全て順調に進む が・・・
☆IMGP6327

* * * 次回、返り討ち、敗退確定に続きます * * *

◇素晴らしい本を入手した。
武蔵野鉄道開通 西武池袋線 飯能~池袋間開通100周年記念 飯能市郷土館
武蔵野鉄道開通「西武池袋線」飯能池袋間開通100周年記念  
何が素晴らしいかって 当然、まだ読んでないが…


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 21:40 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 6

「敗色濃厚・・・ 成木川」成木川探訪3 2017年6月18日  

「敗色濃厚・・・ 成木川」成木川探訪3 2017年6月18日

281 ココはちょっと 今日の軟なゴム長では危険だ。
☆IMGP6281

前回までの流れ…
2016年の1月に迷い込んだ下の美しい淵に再び行ってみたいと思っていた。
・610 目標の淵20160116212457610

合間をみて6月の18日やっとその淵に行くことにし「みどり橋」から右岸に下りて遡上、
「岩井堂橋」を目指したのだが、暫くして岩壁に行く手を拒まれてしまった。

前回は ⇒
  「手強いぞ!成木川」 成木川探訪2 

259 成木川を名栗川の弟分くらいに考えて
☆IMGP6259

軽装備で来てしまった。
ここはゴム長では軟らか過ぎて厳しい、それなりの装備でくればもう少し攻められたのに・・・
いや違うな 仮に装備がここにあったとしてヘルメットは被れば良いのだけど、ロープの使い方を完全に忘れている。
と云うか正式な使い方が身についてない・・・敗色濃厚・・・

261 
☆IMGP6261

まともに右岸は進めないので、止むを得ず、攀じ登って巻けるものなのかどうか、上がってみることに。

262
☆IMGP6262

263 成木川の自然は遣り甲斐のある処を創っておいてくれたものだ。
☆IMGP6263

264 成木川は年寄りにも「青春を楽しめ」と云っているのか。
☆IMGP6264

26:6 手懸り足がかりを慎重に確認しながら登っていくと
☆IMGP6266

この淵の全体感像が見えてきた。だいぶ急な角度で蛇行している。

268 
☆IMGP6268

269 何とかここを攀じ登って
☆IMGP6269

時計周りのような感じで上手く降りられれば良いのだが・・・

270 木につかまり身を乗り出して下を確認する。以外に高度感がある。
☆IMGP6270

272 
☆IMGP6272

273 ここを慎重に超えれば
☆IMGP6273

274 やっと急斜面から脱出
☆IMGP6274

275 
☆IMGP6275

276 こうなっているのか・・・意外とすごい
☆IMGP6276

277
☆IMGP6277

278
☆IMGP6278

279 それで、何処かに降りられそうな処があればよいのだが。
☆IMGP6279

282 ここはちょっとな~
☆IMGP6282

283
☆IMGP6283

284
☆IMGP6284

285 川は見えるのだけれども

288 困りました・・・
☆IMGP6288
川にきたつもりがこれでは山ではないか
急登は越えたが、巻いて降りられなければ「目指す淵」には行くことは出来ない。

*** 成木川探訪4につづく ***

良識あるウォーカの皆様はけして真似をなさいませんように。
成木川で遭難などはないとは思いますが、
まさかと思われる「飯能アルプス」で地図を持たずに入山された方から
救助の要請があったとお聴きしています。
陽が沈み、現在位置がわからなくなり動けなくなったようです。
山や川は非日常の世界です。
未知の山や川に入ると予想外のことに遭遇する場合があります。
もし行かれる場合は充分な装備を持ち慎重に行動されますように。


◇入間川「出丸橋」・・・橋名が分からず、川縁迄下りて釣りの方にお聴きしました。
☆IMGP6004
「源流~河口まで・・・入間川」

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:59 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

「手強いぞ!成木川」成木川探訪2 2017年6月18日  

「手強いぞ!成木川」成木川探訪2 2017年6月18日

251 えりゃあ処にきてしまった。
☆IMGP6251

前回は⇒
  緑陰、清風の成木川をゆく 成木川探訪1

大まかに成木川のこの辺だろうとは分かっているつもりで
いつかは別ルートで行ってみようと思っていた。

合間を得た6月18日、午後は雨になりそうと言うことで
午前中にかたづけるつもりで出かけてみたのだが…

233
☆IMGP6233

237
☆IMGP6237

238
☆IMGP6238

240 水面に映る緑が美しい。まるで水の中で木々が茂っているかの様に見える。
☆IMGP6240

242
☆IMGP6242

243 鯉まで出てきてくれた。
☆IMGP6243

245 対岸の蔓・・・名前判らず。
☆IMGP6245

246 
☆IMGP6246

247 前方が少し広くなって左から右へ急に蛇行している。
☆IMGP6247

この辺までは全て順調

しかし

快適に川を進んだのも束の間
自分の人生と同じで快適とか順調が長く続いてくれたこたあない。

「みどり橋」から右岸に下りて川を遡り「岩井堂橋」を目指して遡ってきたのだが、
この淵と岩壁は先に行かせてくれないのか・・・

248 川の流れを覆うように両岸から緑が生い茂り、淵に緑が映り込んでいる。
☆IMGP6248

ここを眺めている分にはとても良いのだが、この淵を見るのが目的ではなく、
飽くまでも昨年の冬の迷い込んだ淵である。

250
☆IMGP6250

左手は岩壁、右へは長靴ではとても渡れそうに無いし、仮に渡っても向こう側も岩壁のようだ。

252 右岸の岩壁をチョット偵察に
☆IMGP6252

253 手懸りを見つけられず
☆IMGP6253

254 下を見ると ボッチャン~はチョットね
☆IMGP6254

255 支える手が疲れてくるし…ダメだ
☆IMGP6255

256 退却 ゆっくりと
☆IMGP6256

暫く考えてみたが、ここから先に行く方法が見つからない。
一旦 退却、いや転進だ。

258
☆IMGP6258

まず対岸には行くのは諦め、取り敢えず右岸をよじ登ってみることにしたが・・・
あろうことに今日はゴム長で底が軟(やわ)
・・・
柄にもなく最近入手した本
入間川 再発見!身近な川の自然・歴史・文化をさぐってー入間川4市(一村)合同企画
ただ、フラフラ歩いているだけじゃあ…頭頂が薄くなるだけだと思って少しはあれだ
郷土館の方から教えて戴いた本「入間川再発見!」これはいいねえ~
それで内容は?…まだ全然読んでない。

*** 成木川探訪3につづく ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:41 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 8

「緑陰、清流の成木川を行く」 成木川探訪 1   

「緑陰、清流の成木川を行く」 成木川探訪 1 2017年6月18日

230 水面に緑陰を落とし 静かなる 成木川 
☆IMGP6230
まあ、この辺までは気分良く快適に進んだのだが・・・

610 2016年1月に「迷い込んだ淵」 ↓ の処がそれ以来気になっていた。
☆IMGP2280
ここにもう一度行ってみたいの想いで成木川に入ってみた。

2016年1月⇒
南高麗の山中をゆく-3美しき川、迷い中

196 みどり橋から右岸に降りてこの川を遡ります。
☆IMGP6196

2016年の冬に南高麗の山に迷い込んだので、そのルートを辿れば行けないことはないが
迷い込んだ時季は冬で、草木の茂りが少なく、道無き道でも何とか進めた。

今は夏、軟弱な当方には相当厳しいだろう。
それで川沿いから攻め入ることにして、膝上までの長靴で成木川を遡ることにした。

大まかに成木川のこの辺だろうとは分かっているつもりで、いつかは別ルートで行ってみようと思っていた。
合間を得た6月18日、午後は雨になりそうと言うことで午前中にかたづけるつもりで出かけてみた。

198
☆IMGP6198

199 成木川の みどり が素晴らしい 季節と自然の力によってなせる業、大きな活力を感じる。
☆IMGP6199

大まかな位置は成木川の「みどり橋」~「岩井堂橋」の間であるが、左岸は急な山で当然ながら道などは無い。
では右岸の適当な処からとも思って探してみたが、こちらも道を見つけることは出来ず、やはり急な崖もある。

200 みどり橋
☆IMGP6200

それで残った選択として「みどり橋」右岸から川に下り、そこから上流の「岩井堂橋」を目指すことにした。
「迷い込んだ淵」はその2つの橋の間にあることは間違いない。

ここから岩井堂橋まで川沿いを行けば必ず目標の地点に行けるはずである。

201
☆IMGP6201

202
☆IMGP6202

203
☆IMGP6203

右岸の縁を行くが、場所によっては膝上までの長靴で浅瀬を渡河して対岸を進む。

204 今日の成木川は、水清くして暑くも寒くも無く快適である。
☆IMGP6204

208
☆IMGP6208

211 緑ってこんなにも美しものだったか・・・
☆IMGP6211

213
☆IMGP6213

214
☆IMGP6214

216 振り返れば「みどり橋」
☆IMGP6216

218 深みを避けて右岸を進む
☆IMGP6218

220
☆IMGP6220

223 川原に育つ名も知らぬ みどり
☆IMGP6223

流れ着いた種が根を張ったのだろう。
軟弱な自分からみると実に逞しい生命力だ。

自然からの教え・・・
こう云うのを見て自分に素直に置き換え、
学び採っていれば・・・時、既に遅し・・・いや遅いことはない。

224 ここにも出水時の濁流をも恐れない みどり がある。 
☆IMGP6224

僅かな糧さえあるのかどうか、それでも忍耐強く岩に浸透し活きいきとした みどり である。

225
☆IMGP6225

227
☆IMGP6227

229
☆IMGP6229

緩やかな流れの処はその水面に斜面の木々を映し、みどり がとても美しい・・・

時折、みどり を撫ぜて来る風が心地良く、快適に進む・・・この辺までは

*** 成木川探訪2に続く ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:23 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード