fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

2024春は花-1 入間川・早咲き桜・岩沢運動公園~下流 2024 02 26  

2024春は花-1 入間川・早咲き桜・岩沢運動公園~下流 2024 02 26
400
cP1077400.jpg

自分的感覚から、今年の2月は暖かいので、ソロソロかなと思い早咲きの桜を見に入間川に行ってみました。

昨年はほぼ満開でした⇒
 2023春は花-1 入間川・河津桜 2023 03 04~

395 今更ながら、これは河津桜でよいのでしょうか?
cP1077395.jpg

晴れですが、花曇りのような、いまひとつの天気でした。
それに強風が断続的に吹き、砂埃と花粉の舞う時季特有の日でもありました。

396
cP1077396.jpg

訪れたのが昨年よりも丁度1週間早く、残念ながら少し早すぎたようで、昨年の満開3月4日のそれではありません。

397
cP1077397.jpg

398
cP1077398.jpg

399 蕾がまだまだ残っています。
cP1077399.jpg

401 
cP1077401.jpg

402
cP1077402.jpg

403
cP1077403.jpg

405
cP1077405.jpg

昨年まで、これが「川津桜」と思っていましたが、今は確かなことは分からないのが本音のところです。

406
cP1077406.jpg

408
cP1077408.jpg

392 場所はここ
cP1077392.jpg

390 先は上橋と西武鉄道入間川橋梁
cP1077390.jpg

-1 以下、動画からの切り取り
入間川カッパ公園ー1

-2
入間川カッパ公園-2

-3
入間川カッパ公園-3

-4
入間川カッパ公園-4

-5
入間川カッパ公園-5
ご覧のように昨年(2024年3月4日)に比べると花のボリュームの違い、蕾の数など、まだまだ感いっぱいです。
それでも不本意ながら「2024春は花」の一番目とさせていただきます(笑)
~~~
479 小庭のクリスマスローズ(巨大です・・・トリカタで(^^; ) 
cP1087479.jpg
咲く期間が長い(11~5月)のですが、2月が一番の時期とのこと・・・


◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 23:22 [edit]

category: 草木花

tb: 0   cm: 6

柏木山-2 頂~ 2024 02 11  

柏木山-2 頂~ 2024 02 11 
023 有間峠付近
cP1077023.jpg

前回は茜自然広場からジャンダルム尾根(誰が名付けた?)に上がりました。
今回は柏木山の最後の坂を登り頂へ 
山自体が初心者コースで、実際誰でもアット言う間に登れます。
柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11

991 さて、頂上に到達です・・・なんって大袈裟なところではありません。
cP1076991.jpg

今はだれでも数十分もあれば登れます・・・ですが、その昔は道が分からなかったし、無かったのです。
◇山桜が咲いていた12年前の頂上、誰もいません。
2011 04 14柏木山初登頂2

開発中の工業団地に隣接していて(工事の邪魔だって通れなかった・・・当方の被害妄想かな)それが10年も経たずにあちらこちらにルートが造られて、藪漕ぎしなくても登れるようになったのです。
◇竹は12年前、石標を引き上げ時に使ったソリ🛷の枕木(竹)
2011 04 16柏木山 初登頂1

因みに十数年前に柏木山の山名を聴き、検索したり地図で調べたりしましたが、よく分らず、闇雲に足任せで下畑(南高麗・成木川側から結構長い)から登ったのですが、道が分からずに藪漕ぎを経て何とか頂に辿りつきました。その時代には大河原(入間川川)や赤根ヶ峠側から繋がる道は閉ざされていました。
それが、柏木山をこよなく愛される人(達)によって短期間に迷路(立派なルート)が造られ多くの人に登るようになりました。

992 北東・日和田山、鳥居が微かに見えます。
cP1076992.jpg

993 筑波山
cP1076993.jpg

994 
cP1076994.jpg

995 見慣れた奥武蔵の山並み
cP1076995.jpg

998 西方
cP1076998.jpg

999 南西、奥多摩の山並
cP1076999.jpg

002 西武ドーム
cP1077002.jpg

005 遠方に薄く房総半島が見えています。
cP1077005.jpg

012 あさひ山展望公園、工業団地、駿河台大学
cP1077012.jpg

014 南東
cP1077014.jpg

019 苅生村誌によれば「高ドッケ山 トアリ」と刻まれています。
cP1077019.jpg

020
cP1077020.jpg

024a
cP1077024a.jpg
頂上には景色を眺たり、昼食を摂っている人たちで30名程、今日は今までに登った中で特に人が多い日でした。
025
cP1077025.jpg

当方が登って来るとき、追い抜いて行った人が5名、既に下山の人が20名程、更に当方の下山時に登って来る人20人ほど、当方が抜いた人4名・・・他のルートからや、時刻の差で更に増え、計算が難解ですが、100人以上は登っているでしょう。
028 さて、頂に15分程いて、下山です。
cP1077028.jpg

029
cP1077029.jpg
来た道をそのまま帰ります。

030
cP1077030.jpg

037 グーグルレンズに尋ねましたが、誰だか分かりません・・・
cP1077037.jpg
羽根がだいぶ欠けて、痛々しい姿です。

039 谷の道との分岐まで戻りましたが、
cP1077039.jpg
やはり、残雪に腰が引けてジャンダルム尾根を下ります。

040 これから頂に向かう人たちに数組と行き違いました。
cP1077040.jpg

042
cP1077042.jpg

043 帰路のジャンダルム尾根から
cP1077043.jpg

051 最後の折り返し
cP1077051.jpg

052
cP1077052.jpg

053 登山口、茜台自然広場に到着
cP1077053.jpg
今回、山頂からの遠望は良い状態ではありませんでした。しかしジャンダルム尾根から西方、残雪の山並みにが見えたので、マアマアと云うことにします。
◇これから登られる方に「タブノ森」と「シダの道」を通ることをお薦めします。


◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 19:35 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

tb: 0   cm: 6

柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11  

柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11
966 蕎麦粒山 有間峠
cP1076966.jpg
今年初めての柏木山です。
先週は関東に積雪あり、既に一週間が経っていますが、残雪の山が見られるかと思い登ってみました。
937 登山口・茜台自然広場
cP1076937.jpg

939
cP1076939.jpg
一週間もすれば雪は消えていると安易な判断で来てみましたが、まだ残雪があります。
940 倒木が道を塞いで、乗り越えて行っても・・・
cP1076940.jpg
このまま谷の道を進むと雪や泥濘が予想され、少し進んだ右手から尾根道(ジャンダルム尾根コース)に上がることにした。
942
cP1076942.jpg
尾根道も5,6回は歩いているので、日当たりが谷の道より良く、残雪は無いだろうとの判断です。
943 第一展望台
cP1076943.jpg

945 第一展望台からのスカイツリー
cP1076945.jpg
広場右手斜面から2,3回折り返して登ると、すぐに第一展望台(勝手に命名)に到着、東の街やスカイツリーが見えています。ここで一呼吸を入れ、汗を拭って尾根道を進みます。
947
cP1076947.jpg

949
cP1076949.jpg
後から元気のよい若者数人が、追い抜いていきます。こちらはもう今更急ぐ齢でもないし、既に取返しの出来ない位置にいますからユックリ行きます。
950
cP1076950.jpg

951
cP1076951.jpg

952
cP1076952.jpg

953
cP1076953.jpg

954
cP1076954.jpg

957
cP1076957.jpg

959 大持山、小持山
cP1076959.jpg

960 武甲山
cP1076960.jpg

961 天覚山
cP1076961.jpg
以前、植林地に山火事があり、鉄塔近くに枯れた部分が灰色に見えています。

962 関八州見晴台
cP1076962関八州見晴台

956 棒ノ嶺(中央)・天皇陛下が皇太子時代にお登りになられた山
cP1076956.jpg
有間峠、棒ノ嶺、川苔山などの奥多摩、奥武蔵の山にはまだまだ雪が残っている感じです。
「棒ノ嶺 2012年、ブログを始めたころに雪を甘くみて登り、下山時は大変でした」
棒ノ嶺からの日光連山1 2012 02 20
棒ノ嶺からの日光連山2 2012 02 20

966 
cP1076966.jpg
第二展望台(勝手に命名)から残雪の奥多摩、奥武蔵が見えて、当地方としては十分過ぎるほどの風景です。この通称ジャンダルム尾根(大袈裟な感じがしますが)ルートが出来て風景はまずまずです。

968
cP1076968.jpg
さて、ここから少し下り道になります。
969 左は谷ルート、やはり雪が残っています。
cP1076969.jpg

972 
cP1076972.jpg
やがて道は谷ルートと合流します。
973
cP1076973.jpg
後は展望のない上り下りを何回か繰り返し、柏木山に・・・
974
cP1076974.jpg

976 コナラの伐採(カシノナガキクイムシによる穿孔被害)
cP1076976.jpg

977 
cP1076977.jpg

978 
cP1076978.jpg
シダの道もあります。10年ほど前にシダの道と勝手に言っていたのが、通称になってしまいました。
まだ通ったことのない方にお勧めします。(シダの道)
979 
cP1076979.jpg
この日は残念ながら富士山が見えません。
980
cP1076980.jpg

981 富士山はみませんが、大きなゾウは見えました。
cP1076981.jpg

982 キノコも・・・富士山が見えませんが
cP1076982.jpg

984 樹間から柏木山の頂に何人か見えます。
cP1076984.jpg

986 程無くして最後の坂・・・
cP1076986.jpg

988 
cP1076988.jpg

989 スカイツリー
cP1076989.jpg

990 靄ってますね。 
cP1076990.jpg
柏木山の標高は303m、ここから南東方向スカイリーまで約51km
湿度が上がっているのか、鮮明に見えません。
*** -2に続きます ***
最近、ブログに書き込んでいる時に不安定になったり、突然消えたりします。画像などを含む容量的が原因なのか、他にあるのかよく分からずにおります。

◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:22 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

雪の日 積雪15㎝ 2024 02 05  

雪の日 積雪15㎝ 2024 02 05
868 5日22:30頃
cP1076868.jpg

2月5日は久しぶりの降雪でした。当地は10㎝~15㎝程の積雪です。
先月14日にも降ったのですが、その時は1㎝も無かったので、今冬の雪で積もったと実感したのは2月5日が初めてです。
それでも翌日はだいぶ融け、当地の道路はほぼ問題なく車が通っていました。

800 15時頃はこんな感じで余裕でした。
cP1076800.jpg

782 降り始め
cP1076782.jpg

798 雪の中の紅梅
cP1076798.jpg

大雪といえば10年前の2月が記録に残っています。
奥武蔵 記録的大雪-1(2014年02月15日)

自分的には55年前の1969年3月12日の大雪も憶えています。
記録を残してはおりませんが、交通機関が止まり、雪道を2時間半ほど歩いて帰ったのを覚えています。

さて、
雪が降れば俄かに「勝手な雪の観察員」にナリスマシして入間川沿いを歩いてみました。

805 入間川・飯能大橋15:30
cP1076805.jpg

806 久し振りにみる降りかたです。
cP1076806.jpg

807 この時には積雪の不安と期待・・・
cP1076807.jpg

808 空から雪粉を捲いたような感じになってきました。
cP1076808.jpg

810 しかしこれ位で退くような「観察員」ではありません。
cP1076810.jpg

814
cP1076814.jpg

815 無謀にも飛び石迄行ってみることにします。
cP1076815.jpg

818 幸いにも川沿いの遊歩道にはまだ積もっていません。
cP1076818.jpg

820 木の陰にならない場所は激しい降雪ですが
cP1076820.jpg

821 幸いにも渡れそうです。
cP1076821.jpg

825 
cP1076825.jpg

◇ 動画を切り取ったもので、動きません(笑)
飛び石1

思い切って、飛び石を渡る
飛び石2

◇ 動画を切り取りしたもので動きません。


フェイスブックには動画を(必死に渡る様子を)上げたのですが、ブログで動画を扱う術が分からず切り取りです。(笑)

 そうそう!!降雪時に画面を見ながら飛び石を渡るのは危険でした!!
◇ 動画の切り取り
動画切り取り3

829 何の足跡?・・・自分が歩いた跡でした。
cP1076829.jpg

831 激しい降りになってきたので、ここから戻ります。
cP1076831.jpg

832 
cP1076832.jpg

~~ 下流側に移動します ~~

840 サイカチの木
cP1076840.jpg

844 
cP1076844.jpg

◇2014年1月 風で倒れた胡桃の木、
2014 01 19ど根性クルミ 雨の散策路 1

◇時季になれば、葉も実も付けます。
2014 01 14ど根性クルミ 雨の散策路2

845 10年経っても元気に生きています。
cP1076845.jpg

847 下流の矢川橋付近
cP1076847.jpg

848 カモ・・・16:30だいぶ暗くなっています。
cP1076848.jpg

855 
cP1076855.jpg
春を待つ桜並木・征矢町

856
cP1076856.jpg

870 
cP1076870.jpg

869 
cP1076869.jpg

2月5日は予報通り、深夜になっても降り続け、久し振りに積雪15㎝程になりました。
当地と都心を結ぶ「西武池袋線」で線路際の倒木や、踏切内でスリップした車両等のトラブルがあり、5時間近い遅れがありました。
湾岸沿いを走る「ゆりかもめ」の途中ストップや首都高の通行止発生し、都心の交通機関にだいぶ影響がありました。


◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 19:48 [edit]

category: 日常 時 社会

tb: 0   cm: 8

弓立山 / 都幾川町  2024 01 28   

弓立山 / 都幾川町  2024 01 28
685 弓立山 標高426.8m
cP1076685.jpg

埼玉県比企(郡)に「弓立山」と云う展望の良い山が在ることは、他の方のブログからだいぶ前に知っていた。

648 都幾川・三波渓谷駐車場(さんばけいこく)町営・500円
cP1076648.jpg

しかし、なかなか行く切掛けが無く、そのままになっていた。
今回、弓立山に登ろうと思ったのは、何の気なしに見た地図に弓立山が見つかり、
ここに在ったのか! この近くは堂平山でパラグライダーをやっていた時に通った道である。
そのすぐ傍に登山口があるではないかと・・・それに比企三山の近くでもあり、それでは行ってみようとなったわけです。

 大霧山・比企三山

649 この先の右が登山口
cP1076649.jpg

弓立山(比企郡都幾川町)
標高426.8m 
展望良好

当方から電車・バス(八高線)でも車でも一時間前後でしょう。
登山口は三波駐車場から2~3分程、駐車場に登山道までの順路が分かり易く記されていた。

650 登山口
cP1076650.jpg

この駐車場から歩くとすぐに登山口に到着
弓立山への指導標があり、その隣の小さな沢を越えるための橋を渡る。するとすぐに階段が見えてくる。
651
cP1076651.jpg

初っ端からこれを登るのかと、何も知らずに楽な気持ちで来たが、違うようだ。

653
cP1076653.jpg

654
cP1076654.jpg

655 良い感じの雑木林は、束の間すぐに階段
cP1076655.jpg

657
cP1076657.jpg

階段を登りきると、勾配が少し緩やかになる。

660
cP1076660.jpg

661
cP1076661.jpg

663 男鹿岩 駐車場から道草しながら45分 東側が開けてきた。
cP1076663.jpg

665 岩の裏側に沿った道を更に進む。
cP1076665.jpg

666 
cP1076666.jpg

667
cP1076667.jpg

これを過ぎればすぐに頂上と思って来たが、実際に歩いてみるとそうでもない。

668 
cP1076668.jpg

更にここを登れば頂上だろうと・・・残念、まだである。

階段と急こう配の道を何回か繰り返し、先にやっと空間が見えてきた。
いくら何でもここが頂上だろう・・・

669 一気に開けてきた 男鹿岩から5分程
cP1076669.jpg

670 樹木がなく、枯れ草に囲まれた上が頂上だ。
cP1076670.jpg

671
cP1076671.jpg

噂通りに360度(と言っても良さそうな)の広い展望だ。
遠望が効くが、湿度が高いのか遠くの方は鮮明度がない。

673 北方の見慣れた雪山が靄っと見えるが、日光の男体山だ。
cP1076673.jpg

東には筑波山が微かに見えたが、撮ろうとしたらほとんど雲に隠れた。

675
cP1076675.jpg

677 
cP1076677.jpg

残念ながら東も南も西もモヤモヤとしてクッキリ感がない。

680 男鹿岩から約10分で頂に到着
cP1076680.jpg

681 弓立山の伝説
cP1076681.jpg

945年、源経基が山の境界を定めるためにここ(当時は臥竜山・がりゅう)に
登り矢を四方に放ったと伝えられている・・・

684
cP1076684.jpg

689 頂上から南側に繋がる鞍部の先
cP1076689.jpg

691 鞍部の先から弓立山の頂を見る。
cP1076691.jpg

692
cP1076692.jpg

693 鞍部に掲げられている都幾川の案内
cP1076693.jpg

694 
cP1076694.jpg

◇自転車・・・今回、北側の登山道から登ったが、南から自転車で登れる別ルートがあり、頂上に三名の高校生が自転車で登って来た。(舗装路があるらしい)

699 もう一度日光の雪山を見て、下山する
cP1076699.jpg

705 帰りは約40分(登りは60分程である)
cP1076705.jpg

706 三波渓谷駐車場へ
cP1076706.jpg

710
cP1076710.jpg

◇714 三波渓谷へ
cP1076714.jpg

◇715
cP1076715.jpg

駐車場から渓谷へ降りられる道があり、どんな所かと降りてみた。
春から秋にかけて良さそうな清流に岩場である。
(渓谷のほんの一部しか見てないが・・・)

◇716
cP1076716.jpg

◇717
cP1076718.jpg

cP1076717.jpg

◇弓立山はほぼ全方向に開けて、天気次第であるが遠望が効きそうである。
登山道は階段や適度な坂があるが、普通に歩く分には危険と思われるところはなかった。
頂上は広く、風景を眺めながらゆったりとした時を過ごすには良い山である。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 19:35 [edit]

category: 秩父 周辺

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード