FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

場繋ぎ 富士山とクレーン 定点観測-1 2019-01-DD  

場繋ぎ 富士山とクレーン 定点観測-1 2019-01-DD

154 定位置・西武沿線から南西の方角に富士山を見ています。 
☆富士山 大室山IMGP3154

手前は丹沢山塊の東、大室山か・・・
この日 クレーンはお休みですね

***
定位置 昨年・2018-02-13 ⇒
 タコ雲、クレーンの三角富士・場繋ぎ 2018-02-13 
***

富士山が見えると 何故か 嬉しくなりますね

262 クレーンと富士山
☆DSCN5262

年間を通じて富士山が見える処(都内・西武沿線)に関わっているのですが
富士山までだいぶ距離があり、見え方は天候に左右されてしまいます。

319 この日は富士山の南西側に雲がかかり、ぼやけています。
☆DSCN5319

何時もコンデジを鞄に入れて、富士山が見えれば撮っているですが、
使っているコンデジは安価な年代物で
遠距離を写すとどうしても画像は劣化してしまいます。

326
☆DSCN5326

327
☆DSCN5327

☆ダイヤモンド富士 

夕景の富士山が見えるはずなのですが・・・残念ながら雲に隠れています。

うっかりしていましたが
? クレーンの間に富士山があり、そこに陽が沈んで行くような感じです。
と、云うことは若しかしたらここからダイヤモンド富士が見える可能性がありますね。
実はこの西武沿線では「東久留米駅・富士見テラス」からダイヤモンド富士が見えるのです。

331
☆DSCN5331

336
☆DSCN5336

富士山が見えると嬉しくなるのは何故でしょうね。

山歩きをしている時に見える富士山

川歩きをしている時に見える富士山(荒川沿いから良くみえました)

そして思わぬところで車窓から見える富士山・・・

347
☆DSCN5347

363
☆DSCN5363

373 富士山の手前は大室山、その左(南西)へ丹沢山系が続きます。
☆DSCN5373

富士山は季節や時刻、天候の条件が整う時の美しさは感動ものです。

暫し見惚れてしまいますね。

何故でしょうね。

374
☆DSCN5374

375
☆DSCN5375

376
☆DSCN5376

377
☆DSCN5377

379
☆DSCN5379

富士山から感じるのは その雄姿 孤高と凛々しさ 

383
☆DSCN5383

394
☆DSCN5394

なんと云う言葉が良いのか
難しいですね
私の腐りかけた脳では適当な言葉が出てこない

397 宝永山(南西側)に雲が纏わりついています。
☆DSCN5397

昔から 多くの人が絵に描き 版画に彫り 写真を撮ってきた
富士山の美しさへの感動 万人が認めるであろう 
しかし それだけでは 無さそう

やはり 古代から人々が 厳かで気高い 富士山を見て
知らずのうちに 崇めてきた 日本の 霊峰であるから か ・・・

それにしても

カメラ と この腕は何とかならないものか

霊峰富士に失礼ではないかい・・・場繋ぎ

☆ ところで気になるクレーンですが、西武沿線の南西側、小学校舎の工事だそうです。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:39 [edit]

category: 未分類

「メッツァビレッジ」撮り歩き-3 南東湖岸~北東の堤へ 2018-11-11  

「メッツァビレッジ」撮り歩き-3 南東湖岸~北東の堤へ 2018-11-11

841 この日(11/11)のviking hall(飲食棟) は大賑わいでした。
☆IMGP1841


以前の宮沢湖⇒
 宮沢湖(メッツァ調査、工事)閉鎖直前をさまよう-1 2016/05/28  

前回は工事中のムーミンバレーパーク直前まで行って、引き返してきました。

今回はその続きで、テント村のショップとメッツァホールの前を通り、北東の堤に向かってみます。
(工事中のムーミンバレーパークは2019年3月16日、オープン予定)

827
2018112314391114b[1]

828 先ほどはテントの前(湖側)を通ったのですが
☆IMGP1828

帰りはテントの後ろ側を進んでいます。

837 メッツァホール
☆IMGP1837

イベント・催事スペースと言われていますが、この日は雑貨のお店になっていました。

830
☆IMGP1830

834
☆IMGP1834

836
☆IMGP1836

838 カフェが出来る?メッツァのHPからの推測
☆IMGP1838

839 market hall
☆IMGP1839

入口の近くのマーケットホールまで戻ってきました。
この建物はヴァイキングホール(飲食棟)と連結されています。

840 viking hall側・・・この辺が一番混んでいます。
☆IMGP1840

人混みがどうも苦手で、足早にこの前を通り過ぎます。

842
☆IMGP1842

844 北東の堤に向かう途中、売店でしょうか?
☆IMGP1844

845 白いテントが2張り、飲食スペースのようです。
☆IMGP1845

847 振り返ってみるとこんな感じです。
☆IMGP1847

848 北東端・・・宮沢湖の堤に到着。
☆IMGP1848

堤の下の田園風景もいいですね~

ここはツーデーマーチで何回か通ったことがあります。
ツーデーマーチでは遠方の右手から堤に上がり、手前の坂を下って行きますが、
メッツァビレッジが開園したことで、この辺のコースはどうなるのでしょう。

849
☆IMGP1849

850 北東の堤から南の湖岸を見ています。
☆IMGP1850

851 前方は北西岸・・・ムーミンバレーパークの工事中です。
☆IMGP1851

855 堤のススキ・・・カヌー・・・
☆IMGP1855

◇宮沢湖
他地域の多くの人は北東側の堤に来てここが人造湖だと云うことに気が付きます。

1941年完成、既に77年が経ち、周囲の森と湖は完全に融合し
湖の南から西の方だけに行った人には人造湖だとは分からないかも
知れません。
宮沢湖は市内の名栗川(入間川)・小瀬戸から取水し、農業用水として
小畔川の周囲を潤し再び入間川に流れ込みます。

◇ 参考地図
20151114015219b5b[1]

~~~

今回の-3は上の地図の⑫-⑪-⑩辺りです。

この日は開園3日目の日曜で、どんな感じなのかと開園部分を全部見て
みようと行ったのですが、到着したのが午後1時過ぎになってしまい
(珍しい物や新しい物を見るのが好きなのですが)
時間の都合でお店の中に入ってもただ通り過ぎるだけでした。

***「メッツァビレッジ」撮り歩き-4 番外編に続きます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:45 [edit]

category: 未分類

「メッツァビレッジ」撮り歩き-2 観たまま南西の湖岸から 2018-11-11  

「メッツァビレッジ」撮り歩き-2 観たまま南西の湖岸から 2018-11-11

817a ム~ミンバレーパーク・工事中(スナフキン水浴び小屋かな)南西の湖岸から
☆IMGP1817a

こちらにも ↓ スナフキンの水浴び小屋があります(市営の)
ムーミン谷(あけぼの子どもの森公園)_残雪をさまよう 2016 02 07

さて前回(-1)の続きを行ってみましょう。

792 南西の湖岸に面した広場に緑のテントに雑貨小物が出店されていました。
☆IMGP1792

広場には湖岸に向けて木製の椅子が置かれ、秋色を水面に映した宮沢湖を
眺めながら多くの人がユックリとくつろがれています。

793 遠方に(ム~ミンバレーパーク・工事中)灯台のようなモノが見えますが
☆IMGP1793

なんでしょう・・・

794
☆IMGP1794

796
☆IMGP1796

797
☆IMGP1797

798 ソグベルク??そぐべるぐ?えいごじゃあないし、飯能弁でもなさそうね。
☆IMGP1798

なんのこっちゃかと思えば案内書にはスウェーデン語で「木を加工する工場」・・・
そう書かれています・・・名栗湖のカヌー工房さんですね。

799
☆IMGP1799

800
☆IMGP1800

801
☆IMGP1801

802
☆IMGP1802

◇11月9日にオープンしたメッツァは「メッツァ」とは
フィンランド語で「森」という意味だそうです。

804
☆IMGP1804

805
☆IMGP1805

そしてこのメッツァビレッジはゆったりとした時間と北欧の味が楽しめる
レストランやマーケットがあり北欧のライフスタイル体験する場で
あるらしいのです・・・

807
☆IMGP1807

一部の報道などによって、誤解されている人もいるようです。

えっ、ここはム~ミンのテーマパークではないの?
ナイノです。

810
☆IMGP1810

ですからメッツァビレッジにはム~ミンはいませんね。
ム~ミンのムの字も見なかったような気がします。
(近視に老眼ですから見落としは充分あります)
メッツァビレッジは北欧のライフスタイルを体験する場で

811
☆IMGP1811

売店では北欧のそれに関連した食品、雑貨などが並んでいます。

が、しかし、
それでも「オラアやっぱり純国産や地元の物が好きだわ」
って言う方もいるでしょう。

ご安心くだされ!!
地元作家の小物もあったり、飯能野菜も近隣の酪農製品もありますでよ。

813
☆IMGP1813

815
☆IMGP1815

818 南西の湖岸路を西に行くと「ココから先はマダダメよ!」と云うところがあります。
☆IMGP1818

来年3月16日にオープン予定の「ム~ミンバレーパーク」のエリアです。
大まかには南西岸から北西岸の範囲です(下の方にある地図をご覧ください)
ココから先は山側に入るハイキングコースは行けるようです(未確認)
さて、ここからブラブラと引き返し北東岸方向に行ってみましょう。

819
☆IMGP1819

821
☆IMGP1821

824a あっちの方は「まあだだよ~」
☆IMGP1824a

825 ↑792の緑のテントショップの山側路を戻ります。
☆IMGP1825

◇地図
☆20151114015219b5ba[1]


***「メッツァビレッジ」撮り歩き-3へ続きます***

◇こちらは純国産、飯能のライフスタイルが体験できべぇ~
飯能エコツーリズム・エコツアー

☆エコツア― 2019-11-xx


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:46 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

「メッツァビレッジ」撮り歩き-1南東湖岸  2018-11-11  

「メッツァビレッジ」撮り歩き-1南東湖岸  2018-11-11

◇森と湖に囲まれた公園メッツァビレッジ(宮沢湖) (2018.11.09オープン)
☆森と湖に囲まれた公園metsa 2018_11_09

11月9日(金)、メッツァビレッジがオープンしました。
11日、合間をみて現地を2時間程さまよった時の記録を3回程に(何回になるか未定)
分けて並べてみます。

先ず次の宮沢湖の地図をご覧ください。
      ↓
519B 「宮沢湖への道」まちづくり推進委員会の皆さんが制作した地図を元にすると
☆20151114015219b5ba[1]

今回オープンした(メッツァビレッジ)部分は⑪ ⑫ ⑬ ⑭辺りで、
地図の上では1/4弱のところですね。

以前の宮沢湖2015-11-07⇒
宮沢湖 2 ムーミンテーマパーク予定地をゆく 2015/11/7

~~~

760 飯能駅・北口からシャトルバスに乗ってみましょう(西武バス、国際興行バス)
☆IMGP1760

762 約10分、アッという間にメッツァビレッジ入口に
☆IMGP1762

いつもであれば、飯能駅から歩いて行くのですが、シャトルバスが運行していると云うことで、
どんな感じかなと乗ってみることにしました。 

行き先表示が無ければ、いつもと同じ路線バスの感じですね。

764 心配された渋滞は無く、何時もと変わらないですね(2018-11-11(日) 午後12:50頃の状況です)
☆IMGP1764

767 北口から乗車し、すぐにメッツァ入口・バスターミナルに到着です。
☆IMGP1767

768 入口は東から
☆IMGP1768

770
☆IMGP1770

入口から湖に向かうと初めに2階建のマーケットホールが目に入ってきます。

771
☆IMGP1771

先ずはここを素通りし、左手(南西への)周回路を行ってみます。

773 遠方には対岸の森がみえます(北西側)
☆IMGP1773

775 マーケットホール
☆IMGP1775

776
☆IMGP1776

777
☆IMGP1777

778
☆IMGP1778

778a ヘルシンキ(フィンランド)はこちらの方向で7781km・・・
☆IMGP1778a

780
☆IMGP1780

781
☆IMGP1781

782 南東の湖岸を進んでみます。
☆IMGP1782

783a
☆IMGP1783a

784 前方は北西の湖岸
☆IMGP1784

785 北東の堤(519Bの地図を参照)
☆IMGP1785

786 ヴァイキングホール←=→マーケットホール
☆IMGP1786

788a
☆IMGP1788a

790a マーケット(テントハウス)
☆IMGP1790a


今回はここまで

下手な画像を根気よく見て戴いてありがとうございました。

◇ メッツァビレッジ1
メッツァ ビレッジ1

◇ アクセス
シャトルバス・・・飯能駅・北口から乗車約10分 
徒歩‥‥‥‥・飯能駅・北口から北に向かって約3kmで宮沢湖入口

*** 「メッツァビレッジ」撮り歩き-2へ ***

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:16 [edit]

category: 未分類

梅雨の合間の富岡 カルガモの親子に遭遇!! 2018-06-19  

梅雨の合間の富岡 カルガモの親子に遭遇!! 2018-06-19

☆ あれ~! サルがカメラを持っているぞ~
☆IMGP1822A

変なサルを怖がらずに近づいてくるんで、
小心者のサルは腰が引けちゃいます。


前回は⇒
 青梅市富岡の田圃をさまよう 2018-06-19

梅雨の合間、天気と時間の都合をつけて、富岡の田圃をさまよってみました。

797 ここでは然程気にならなかったのですが・・・
☆IMGP1797

800
☆IMGP1800

801 これを見た時にも
☆IMGP1801

2羽いるが、何ちゅう鳥だんべ 雉(キジ)じゃあないよな
なんって思いながらフラフラと

803
☆IMGP1803

804 なんかビシッと区画されていますね~ なんでしょう。
☆IMGP1804

いや、稲と云うことは分かっていますがね。

805
☆IMGP1805

807 植えられたばかりの稲の中に水鏡・・・白壁を映しています。
☆IMGP1807

810 
☆IMGP1810

815a 右は成木川です。左廻りに一周して再び田圃の南西端に戻りました。
☆IMGP1815a

816 鯉がいます。ここでは数匹の鯉を見ました。
☆IMGP1816

以前、この辺の川に鯉がいたとは思えないのですが
(私が知らなかっただけでしょうか)
最近は飯能河原と堰の間や名栗川を遡った所にも鯉を見ることがあります。
川の環境が変わったのでしょうか。

~ ~ ~

817 あらら~
☆IMGP1817

川の鯉を見ていたのですが、
鯉が去って入れ替わりにカルガモの親子が対岸から
ぴょんぴょんと出てきましたね。

819 親ガモに見守られながら泳ぎの練習でしょうか?
☆IMGP1819

820
☆IMGP1820


この後、岸に寄った後、暫く姿が見えなくなったのですが


821 なんと!岸の藪坂をヨチヨチ登って来ました!!こんなの初めて見ました。
☆IMGP1821

824 親ガモの後について道路を渡り
☆IMGP1824

827 さあ お母さんが田圃に入るから 後に続いてね
☆IMGP1827

828 
☆IMGP1828

829 あれ!子ガモが一羽いません
☆IMGP1829

830 お母さんが探しています。
☆IMGP1830

831 こっちよ~ 見つかりました。
☆IMGP1831

じつは道路から田に入る時、
田に水を引くための水路に落ちて流されていたのです。
水路の仕切りに 何度も なんどもトライして自力で這い上がってきました。

水路に落ちたのを見ていたから助けてやろうか迷いました。
しかし 人が手を貸して匂いが付いた場合、
親ガモと他の子ガモがその子を受け入れてくれるのか・・・躊躇しました。
(カルガモの場合、人の匂いが付いたらどうなるかは私には分かりませんが)

836 子ガモが落ちたのは左下の水路です。
☆IMGP1836

833
☆IMGP1833

834
☆IMGP1834

835 子に餌の獲り方でも教えているのでしょうか・・・
☆IMGP1835

837 
☆IMGP1837

秋には一面に黄金の稲が波を打つでしょう

ここは富岡の田圃です

カルガモ親子と サルの 思わぬ遭遇でした

*** 富岡の田圃 おわり ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:32 [edit]

category: 未分類

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード