好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

第3回_飯能アルプス会議-1 2017/01/15  

第3回_飯能アルプス会議-1 2017/01/15
2017年1月15日(日)18:00~市民会館102会議室

・170115 
☆12017 01 15 飯能アルプス会議

あの、間違えておりませんよ~
ここは「好日奥武蔵」です。

いきなりの カタイ画像 と タイトルで「あれ違う所へきたかなあ」ナンテって思った方が 
いらっしゃるかも知れませんが…

ここは
いつもその辺をさまよっている奥武蔵の山人・好日奥武蔵です。

じつは昨年から「飯能アルプス意見交換会」なるものが始まり、
当方にたまたまお声がかかりました。

それで、
役立つ知識も情報も持ち合わせが無いのですが
そこは満ち溢れる「稚拙な好奇心」の山人、
面白そうだなあと言うことだけで参加させて頂いた訳です。

◇尚、「飯能アルプス会議」は当初、「飯能アルプス意見交換会」で始まりましたが、
出席者の中の「飯能アルプス会議」として発信されている方の了解を頂いて、
第3回めからは「飯能アルプス会議」となりました。

飯能アルプス会議は「飯能アルプス」を観光飯能PRに活用するための
意見交換会から始まったようです。
(…ようですとは、当方は事情によって2回めからの出席で初回の高尚な会議内容を
存じておりませんでした)

さて「第3回_飯能アルプス会議」です。
今回は、「飯能アルプス」をどういう方向に持っていきたいか、何をしたいか…

流石に様々なことに精通され、見識をお持ちの方々です。
貴重なご意見が続出でありました。

今回それらの中で
・飯能アルプスの日を決める。
・飯能アルプスの地図を作る。
・案内標識、指導標の新設、整備
先ず、これを進める方向でいくということになりました。
(これは、飽くまでも当方がそう受け取ったのでもしかしたら、
薄い頭が勘違いをしている可能性もありますが)

◇ここで、「飯能アルプス」ってナニ?
いや、これだけ盛り上がっている「飯能アルプス」を
知らない人はいない・・・のですが、
そうです。
自分の確認の意味で縦走時の写真を並べておきます。

◇飯能アルプス 正丸駅~子の権現まで(続きは後日) 
正丸駅
1.jpg

伊豆ヶ岳 男坂
22.jpg

伊豆ヶ岳 鎖場
23.jpg

伊豆ヶ岳 鎖場 歳のことなどすっかり忘れてこんなところを登ったりします。
3.jpg

伊豆ヶ岳 
4.jpg

古御岳
5.jpg

高畑山
6.jpg

中の沢の頭・・・それにしてもイモグナの頭とは何のことでしょうね。
7.jpg

天目指峠の伝説
8.jpg

天目指峠 四阿
9.jpg

子の権現
10.jpg
* * *
飯能アルプス縦走1
 飯能アルプス縦走1

飯能アルプス縦走2 伊豆ヶ岳~大高山
 飯能アルプス縦走2

飯能アルプス縦走3 高畑山~子の権現
 飯能アルプス縦走3

当ブログ、今回は(も)支離滅裂、何が何だかの状態です。
申し訳ありません。

◇飯能アルプス 子の権現から飯能駅まで…(後日)


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:05 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-後  

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-後
2016/5/8
711 地図8の東屋
☆IMGP4711

前回は⇒
狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-前

◇さいたま緑の森博物館内:案内資料によると、雑木林など自然そのものを
展示物に見立てたフィールドミュージアムとされています。

◇5月8日には地図の1~12のように周ってみました。前回は1~7、今回の後半は7~12、そこから1に戻ります。
284a 地図
☆IMGP5284a

704 狭山茶
☆IMGP4704

歩きながら「ここは入間市ですか」と念を押したくなります。
入間市の南の方を知らない者が考えると、ここは奥武蔵の山域では無いし、入間市は飯能市の
面積の1/4にも満たないところに人口は2倍近い15万人がいます。

それで林とか森は極めて少ないのではと云う先入観が有ります。
飯能市は7割が山間地域、入間市はそれよりも都会的と云うイメージを持っていました。
それでもこう云う処が保全されていることはとても素晴しいことです。

飯能市面積_193.05平方キロメートル 人口約__8万人
入間市面積__44.69平方キロメートル 人口約_15万人

705
☆IMGP4705

706
☆IMGP4706

708
☆IMGP4708

709
☆IMGP4709

710
☆IMGP4710

712 遠方、数人で茶摘(刈取機)をされています。
☆IMGP4712

718
☆IMGP4718

719 地図8から9に向かいます。
☆IMGP4719

721 緩い坂を進むとすぐに広々とした畑が目に入ってきました。右手には赤い神社が見えますので立ち寄りします。
☆IMGP4721

722 地図9 都稲荷神社
☆IMGP4722

723 左手(西)には微かに奥多摩・大岳山が見えます。
☆IMGP4723

いつもながらこの大岳山は独特な山容をしていて、目印になりとても便利な山ですね。

724 武甲山でしょうか・・・
☆IMGP4724

725 暫くは田園の中を行きます。
☆IMGP4725

727
☆IMGP4727

730 広々として明るく、
☆IMGP4730

暑ささえなければとても気持ちの良いコースです。
道はこの先の中央部の森に向かいます。

731
☆IMGP4731

733 地図11 長閑な田園ですね。
☆IMGP4733

734 地図12 展望広場と云うところに到着です。
☆IMGP4734

ここは少し小高い丘のようになった処で、北側の展望が開けています。
何組かの散策グループがベンチに腰掛けて休憩したり、昼食を摂っています。

735 エノキの大木があります。
☆IMGP4735

傍らに説明板があり、オオムラサキやゴマダラチョウ、テングチョウなどの幼虫がこの木の葉を食べると記されています。
また、これらの幼虫が越冬するために木の根元にはロープがしてあるそうです。

742
☆IMGP4742

743
☆IMGP4743

744 展望の広場からスタートした案内所に戻ります。
☆IMGP4744

745 
☆IMGP4745

749 案内所傍、水鳥の池
☆IMGP4749

751 半分は森、半分は田園の中を適当に歩き、約2時間弱で歩き始めた案内所に戻って着ました。 
☆IMGP4751

◇「さいたま緑の森博物館」の位置関係を改めて地図で確認すると南西~南~南東にかけて広大な緑があり、
狭山湖、多摩湖を囲むような形で西の瑞穂町から武蔵村山市、東の東大和市の方まで狭山丘陵が広がっています。
奥武蔵にいる当方は所沢や池袋に電車で行くことはあっても、この辺には行く機会もなく、殆んど未知の地域です。

地図
☆さいたま緑の森博物館 地図

◇入間市として直ぐに思い浮かぶものは、入間基地と狭山茶(日本三大茶)ですが、勿論それだけでありません。
飽くまでも私が知る限りのことですが入間川、ジョンソンタウン(ミニアメリカ)、ユナイテッド・シネマ、三井アウトレットパーク入間・・・

755 ジョンソンタウンの一角
☆IMGP8755

 ジョンソンタウン

それに加治丘陵・桜山展望台、彩の森入間公園もある・・・山だらけの飯能からみるとウ~ンと唸るような羨ましい環境で、
稚拙な好奇心をくすぐる処が沢山あります。

「さいたま緑の森博物館」は要所毎に分かり易い指導標があり、緑の美しい穏やかな道と長閑な田園風景の中を
歩きました。
今回歩いたところは館内の一部で、更に南に繋がる狭山丘陵(東西11km、東西4km)からみれば微々たるところを
歩いたに過ぎません。
また機会を得て東や南の方も歩いてみよう思います。草木の芽の出掛かった早春や彩を深めた晩秋が良さそうですね。 

 終わり


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:01 [edit]

category: 未分類

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-前  

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-前
2016 05 08

656 「さいたま緑の森博物館」案内所・・・入間市宮寺
☆IMGP4656

永いこと知らずにいた。
お隣の入間市にこう云う処があろうとは・・・
それもオープンしてから既に20年を超えている。

 さいたま緑の森博物館

653
☆IMGP4653

ここは「さいたま緑の森博物館」と記されているが、館らしいものは入り口の案内所だけである。
当方は初めて来たので取り敢えず案内所に寄り、エリア内の地図を戴く。

284
☆IMGP5284

案内所のおねいさんからは「ここをこう周ってくれば、30分くらいで大丈夫ですよ」・・・
大丈夫ですよって、あの、何かお考え違いして無いかなあ~ 齢はとっても飯能の山んなか育ちですよ。
30分の当たり障りないコースではねえ・・・取り敢えずフラフラと出発。

284a 西の一部を周ってみる・・・1~12のように歩いたはずだが・・・
☆IMGP5284a

丘陵の森の中をいくつも迷走できるコースがある・・・
いや、学術的に動植物や地形を観察しながら歩けるコースがある。
ここは広大で戴いた地図を見ると道は入間市から更に所沢市・狭山湖の北西側の地域まで延びているが、
全部を周るとかなりの距離だ。一日で歩ききれるかどうか・・・。
今日は西の辺りを軽く歩く予定。日を改めて全域を歩いてみたい。

655 地図の1 湿生園・・・駐車場近く
☆IMGP4655

今回、動植物を観察する訳でも無いし、だからと云って正調なウォーカーでも無い。
有るのはいい歳をしての稚拙な好奇心だけだ。
この近辺には危険な所は無いだろうといつもながらの下調べ無し、行き当たりバッタリである。

657 案内所を後に大谷戸湿地方面に向かう
☆IMGP4657

ここはエリア全体が「博物館」である。
本来であれば自然に親しみ、観察、鑑賞など真摯に学ぶ場であろう・・・が・・・

まあ私の場合にはそんな難し姿勢でいると腰痛がでる。良い森ですね。
良い森でした。面白かったですよ。と、言って歩き周るしかない・・・実際良かった。

659
☆IMGP4659

660
☆IMGP4660

661
☆IMGP4661

663
☆IMGP4663

666
☆IMGP4666

669
☆IMGP4669

670
☆IMGP4670

671 地図の4~5あたり 
☆IMGP4671

地図では急坂?奥武蔵の急坂はとは比較にならないが、ここは文教の入間市だ。

673
☆IMGP4673

677
☆IMGP4677

678
☆IMGP4678

680 地図の5あたり?
☆IMGP4680

681 
☆IMGP4681

682
☆IMGP4682

683
☆IMGP4683

685
☆IMGP4685

686 地図の6あたり 庚申塔?
☆IMGP4686

690 
☆IMGP4690

693 地図の7あたり
☆IMGP4693

694
☆IMGP4694

695
☆IMGP4695

699 西久保湿地
☆IMGP4699

・・・資料によると・・・
·雑木林や湿地など自然をそのまま野外展示物として博物館に見立てた85haもの博物館です。
1995年7月に第1期分(入間市宮寺地区)がオープンしました。
(既に20年も経っているのですね)現地には案内所と駐車場があり、多目的展示室で自然に関する勉強をしたり、
職員から園内の案内や自然観察の情報などを聞くことができます。
·お問い合せ:緑の森博物館案内所
·所在地:入間市宮寺889-1
·TEL:04-2934-4396
・入場料:無料 駐車場有

700 ここが入間市とは・・・歩いて観て尾瀬に行きたくなった。
☆IMGP4700

◇当日の前半の終わり 後半に続きます。 


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:36 [edit]

category: 未分類

ムーミン谷(あけぼの子どもの森公園)_残雪をさまよう  

ムーミン谷(あけぼの子どもの森公園)_残雪をさまよう 2016 02 07

▽684 子ども劇場(ムーミン谷)
☆IMGP2684

2016年2月7日のことです。前夜、未明から明け方にかけて降雪が少し有りました。
雪のムーミン谷も良いかなと思い、行ってみることに・・・
年甲斐もなく非常に単純な行動です。

前回のム~ミン谷は⇒
 ム~ミン谷をさまよってみる 

▽673
☆IMGP2673

▽674 ムーミン谷(あけぼの子どもの森公園)案内図
☆IMGP2674

この案内図の中央にある「きのこの家」は現在修繕工事中でです。
・・・以下は飯能市の公園案内から・・・
平成28年1月12日(火)から3月中旬(予定)までの期間、公園内の建物「きのこの家」の 修繕工事を実施しています。
期間中、公園は通常どおり入園できますが、「きのこの家」 、一部園路の利用ができません。
•所在地:〒357-0046 埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
•連絡先:電話:042-972-7711

▽675 メタセコイヤ(アケボノスギ)
☆IMGP2675

ホッケー場と市民体育館の間を通り、ムーミン谷の入り口を入るとアプローチの両側にメタセコイヤの林が現れます。

ここから異次元・非日常の世界に入ることになります。

▽681 公園に入ってすぐ左手に遠方に
☆IMGP2681

「たきぎ小屋」、更にその向こうに「水あそび小屋」が見えてきます。
手前の正面には「きのこの家」があるのですが、工事中のために入ることが出来ません。
後のほうに工事中の写真を置きます。

▽866 「きのこの家」は現在工事中です。下の写真は2015/12/27撮影時のものです。
☆IMGP1866

▽682 右手には子ども劇場があります。
☆IMGP2682

「子ども劇場」とされていますが、私が入っても全く問題ありません・・・何と言っても精神年齢が子どものままですからね。

▽682A うろこ状の屋根(子ども劇場)
☆IMGP2682A

▽2024 屋根に登ると楽しいモノが出迎えてくれます。
☆IMGP2024

▽1970 ついでですがここはトイレに行くのにも非日常です。
☆IMGP1970

欧、中世の城の階段を思わせるような・・・ここを下りて

▽1971
☆IMGP1971

▽1977 ムーミン谷は本気(木)で非日常です。
☆IMGP1977

▽1978 トイレに行くだけでも有料にしても良さそうな気がしますが・・・
☆IMGP1978

▽1984 下りたついでに ここが地下なのか1階なのか??
☆IMGP1984

こんなにお金をかけて大丈夫なのでしょうか・・・懐が寒い者は余計な心配をしてしまいます。

▽683 「見晴らし橋」残雪の中を歩いてみます。
☆IMGP2683

▽685
☆IMGP2685

▽686 デッキウォーク
☆IMGP2686

▽688
☆IMGP2688

▽689
☆IMGP2689

▽690
☆IMGP2690

▽691
☆IMGP2691

▽692
☆IMGP2692

▽693
☆IMGP2693

▽694
☆IMGP2694

「きのこの家」が工事中のために公園内の道に通行できないところがあります。
そのため「水遊び小屋」に行く場合、工事期間は本来の順路の逆から行くことになります。

▽695
☆IMGP2695

▽700
☆IMGP2700

▽701
☆IMGP2701

▽706 「森の家」の中もなかなか楽しいのですが
☆IMGP2706

別の機会にまわします。

▽711 「子ども劇場」・・・ここが1階なのか2階なのか??
☆IMGP2711

来て頂くと1階なのか2階なのか?分からないと言うことが分かるのですが??

▽713 工事中の「きのこの家」
☆IMGP2713

▽717
☆IMGP2717

▽719
☆IMGP2719

◇2月7日、雪のムーミン谷はどんな感じかなあと、取り敢えず歩いてみました。
ここの風景的には積雪がもう少し有ったほうが良かったかなあとも思いましたが、園路の雪掻きをしている
職員の方々を見ると適雪で良しとすべきですね。

◇今回は各家の内部を省きました。実際に入ってみると私的には「これが無料開放でよいのですか?!!」と叫びたくなります。
次の機会には紹介したいと思います。

◇ところで、ムーミン谷はフィンランドの何処にあるのだろうと疑問に思い
  「私の飯能学」講座の第1回「ムーミンとフィンランドの基礎知識」に参加した折、講師の大橋氏にお尋ねをしてみました・・・

本場のフィンランドにはそのモデルになっている所は無いそうです。
フィンランドで生まれた童話ではあるが、飽くまでも作者:トーべ・ヤンソンさんが描いた
童話の中でのムーミン谷であるとのこと。

そう云えば昨年、秋田駒ケ岳を歩いていた時に「ムーミン谷」と呼ばれているところが有りました。
飯能のムーミン谷とはまた違った魅力がありました。
秋田駒ケ岳・・・ムーミン谷

***あけぼの子どもの森公園***
•開園時間:午前9時~午後5時
•休園日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)、年末年始(12月28日~1月4日)
•入園料:無料
•駐車場:市民体育館・市民球場・ホッケー場と共用
•駐車料金:無料

▽2503 2502 いま 飯能は 「ひな飾り展 」真っ盛りです
☆DSCN2503

☆DSCN2502


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:55 [edit]

category: 未分類

富士・・・朝・夕・遠景 1月18、19、20、21日(短編)  

富士・・・朝・夕・遠景1月18、19、20、21日(短編)
       2016/01/18・・・
▽395 1月18日夕 都内からの富士山
☆DSCN2395

先週の18日、降雪の日に都内から観る富士山と丹沢山系です。
富士山は西に落ちつつある陽を背に受けて黄金色に輝いています。
雲の位置と陽の傾き、富士山の位置関係からこの様な色に見える・・・の、でしょうか・・・

▽396 1月19日朝 都内からの富士山
☆DSCN2396

18日と同じ位置からの富士山、丹沢山系
降雪の昨日と打って変わり青空が広がっています。

▽402 
☆DSCN2402

▽403 1月19日夕 上と同位置から
☆DSCN2403

▽406 1月19日夕
☆DSCN2406

▽407
☆DSCN2407

▽409 1月20日朝 同位置から
☆DSCN2409

▽411 1月20日朝 雲を被り今朝は顔を見せてくれません。
☆DSCN2411

▽423 1月21日朝 今朝は見事な雪化粧の富士山です。
☆DSCN2423

▽425 1月21日朝 丹沢山系にも雪が見えます。
☆DSCN2425

先週18日の降雪から数日間、同じ位置から富士山を見てみました。
いつもは漠然と眺めていたのですが、こうしてみると富士山は生もので、
天候よって実に上手く化粧を変え様々な表情を我々に魅せてくれますね。

さて、24日は前の日の晩から降雪の予報が有り、不安と期待が相半ばしながらの朝を迎えました。
結果は朝から穏やかな好天・・・軽く肩透かしを食らったような暖かめの穏やかな日でありました。

じつは昨年から中断していた川沿い歩きをそろそろ始めようかと思っていて、
雪景色の中を荒川の治水橋から下流に向かって歩こうと思っていたのですが残念でした。

▽荒川の堤 昨年(2015年)5月
☆IMGP6562

海まであと42km・・・当初の予定ではとっくに河口まで着いているはずでしたが、
この調子ではなかなか新木場・東京ゲートブリッジまでには到着しそうにありません。


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 19:17 [edit]

category: 未分類

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード