好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

2017さくら飯能-2 阿須グラウンド~円照寺(飯能エコツーリズム新人ツアー)  

さくら飯能-2 阿須グラウンド~円照寺(飯能エコツーリズム新人ツアー)2017-04-07

956 西武鉄道入間川橋梁(上橋から)
☆IMGP4956

飯能の桜はほぼ終了し、季節が徐々に萌黄へと移ってきました。
しかしこのブログではまだ桜が満開です。
当ブログの時季外れは今に始まったことではないので、
平然と何もないが如くに桜が続きます。

前回は⇒
 2017さくら-1 矢川橋~阿須運動公園(飯能エコツーリズム新人ツアー) 

前回、飯能駅・南口から歩き始めて
矢川橋~征矢町~清川橋(成木川)~名栗川・成木川出合い~南高校~加治中~と右岸を辿ってきました。
今回はこの続きで、阿須グラウンド~になります。

930 流れ橋を左手にみて川沿いを進みます。
☆IMGP4930

 2015流れ橋

932
☆IMGP4932

933 振り返れば
☆IMGP4933

右端から多峰主山、順に左へ天覧山、天覚山、ほぼ中央に武甲山…奥武蔵アルプス…

935 メタセコイア…阿須グラウンドの下流側にあります。
☆IMGP4935
ヒノキ科(和名:アケボノスギ)生きた化石と言われているそうです。

937 メタセコイヤの実
☆IMGP4937

943 長閑な一景です。
☆IMGP4943
鳥二羽、亀二匹…仲良く日向ぼっこをしています・・・あらっ、右側の木にも小亀と何かが乗っています。

948 13:46
☆IMGP4948

午前の曇り空から、徐々に青空が広がり、だいぶ暖かくなってきました。
鳥の話、草花の話…I氏の説明を聴きながら入間川右岸を下ります。

949 旧橋梁の手前から右の堤に上がり、上橋を渡って円照寺に向かいます。
☆IMGP4949

950 よく見ると
☆IMGP4950
二本の鉄橋が並んでいるのです。
手前(上流側・桁が茶色)が旧橋梁、向こう側(下流側・桁が緑)が新橋梁

953 上橋の上から上流側を見ると、
☆IMGP4953
遠方には私がランドマークとしている「大岳山」が、
更にその右に大きな三角形の「御前山」が見えます。
(奥多摩三山のうちの二つです)

 大岳山

 御前山

004
☆IMGP5004

959
☆IMGP4959

このお寺には「御衣黄」という緑の花を付ける桜があると聴いていました。
それで探してみたのですが、見つけることが出来ません。
塀際の桜が全く開花してないので、これかと見当はつけたのですが…「御衣黄」は開花が遅いのです。

960
☆IMGP4960

961
☆IMGP4961

009
☆IMGP5009

最後にこの円照寺の桜を観て終了となります。
今回、終始丁寧な説明をして頂きましたI様、企画して頂きましたO様、M様ありがとうございました。
そして同行頂きました皆様大変お世話になりました。
ここから元加治の駅に向かい、そこで解散です。

飯能市エコツーリズムとは

じつは歩き足らない当方、この後、糸の切れた凧の如く番外編を歩くことになります。

***番外編につづきます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 22:42 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

2017さくら-1矢川橋~阿須運動公園(飯能エコツーリズム新人ツアー)  

2017さくら-1 矢川橋~阿須運動公園(飯能エコツーリズム新人ツアー)
2017-04-07

921 入間川沿い…背景に川苔山、蕎麦粒山が見えます。
☆IMGP4921

先週は暖かい日が続いたおかげで、桜の開花が一気に進みました。
4月7日、飯能エコツーリズム 活動市民の会「入間川沿い桜ツアー(新人ツアー)」があり、
曇り空の下、ほぼ満開の桜と草花、野鳥などの観察を兼ねて川沿いを歩きました。

843 矢久橋
☆IMGP4843

午前10時南口、定刻に10名ほどが集合し、まず矢久橋に向かいます。

845
☆IMGP4845

さて何処の桜から観るのかなと思っておりましたら、橋の直前で本日の講師兼ガイドのI氏が地層について説明されました。
飯能駅近くの地層では礫層が見られます。この辺まで川原の時代があったと云うことが分かるそうです。

846
☆IMGP4846

遠方には美杉台公園の桜が・・・ここから見ると満開のようにみえます。
(翌日、翌々日と行ってみましたが、残念ながら曇りから雨降りの天気でした)

847
☆IMGP4847

それで次は桜かなあと・・・いや・・・川岸の草花の話でした。
当方そのへんは全く疎く、いつもの歩きなれた道ですが足元の草花はほとんど分かりません。
良い機会でした。在来種や外来種、その特徴、縄張りせめぎ合いなどの興味深い説明を受けました。

849
☆IMGP4849

850
☆IMGP4850

064 本日のお土産・・・クルミとメタセコイアの実
☆IMGP5064

クルミはネズミか何かがかじったものでしょうと、O氏が見つけたものを頂きました。
(家のピョン太(ウサギ)、歯が伸びすぎるので後でかじらせようと・・・しかし我儘で偏食なピョン太は見向きもしませんでしたわ)

854 川縁の地層です。
☆IMGP4854

855
☆IMGP4855

現在の川原の位置より1m程高い位置に礫層があります。
100万年とか200万年とかの単位で地形の変化があったと云うことです。
地層の上のほうは火山灰の層ですが、これだけ厚く火山灰があるということは・・・えりゃあことですわ。
富士山の噴火なのでしょうか?その時代の富士山はどういう状態であったのでしょう・・・
それにしてもこれだけ灰が積もれば動植物は相当な打撃を受けたことが想像されます。

856 左岸に凝灰岩の露出が見られます。
☆IMGP4856

火山灰が堆積して大きな岩を作っていますが、かなり脆く、いずれは風雨によって消滅する運命です。
(今しばらくは大丈夫です。まだまだ見ることができます。)

857 凝灰岩
☆IMGP4857

海の砂ではありません。火山灰が堆積したものです・・・もちろん、この辺が海だった時代もあるのですが・・・

859 え~と 確か、在来のシロバナタンポポでしたか?
☆IMGP4859

860 サイカチの木 恐ろしい棘がありますね。
☆IMGP4860

862 サイカチの実。Webでは荒れ性の人の洗剤として販売されています。
☆IMGP4862

863 周囲には沢山のサイカチの実が落ちています。
☆IMGP4863

864
☆IMGP4864

866 ヒメオドリコソウ(姫踊り子草 帰化植物シソ科)
☆IMGP4866

870 矢川橋から下流を見ると
☆IMGP4870

ある本によるとここを境に下流が関東平野、上流が秩父山地と云うらしいです。
確かに飯能は西に行けば山、東に行けば平野ですね。

…I氏の解説は地層、草花、鳥など多岐にわたります。
日頃、フラフラと歩いているだけの私ですが、今日ばかりは目から鱗でありました。

873 征矢町
☆IMGP4873

874
☆IMGP4874

875 ソメイヨシノ(明治初年、染井村の植木職人によって作られたエドヒガンとオオシマザクラの雑種)
☆IMGP4875

876
☆IMGP4876

880 花が無く、葉が出ているところがありますが病気のようです。
☆IMGP4880

883
☆IMGP4883

885
☆IMGP4885

887 枝垂れ桜(エドヒガンの突然変異系)
☆IMGP4887

891 カタクリ
☆IMGP4891

893 清川橋(成木川)
☆IMGP4893

入間川の途中から清川橋の桜へ寄り道です。

⇒ 昨年 (2017-04-03)の清川橋の桜

895
☆IMGP4895

897 石灰岩、左岸いや違う、砂岩です。
☆IMGP4897

901
☆IMGP4901

904 燕(ツバメ)・・・もう来たのですね。
☆IMGP4904

909 出合い(入間川・名栗川と成木川の合流点)遠方に多峰主山が見ます。
☆IMGP4909

910 加治橋をくぐり、南高校-加治中方面に
☆IMGP4910

911
☆IMGP4911

913
☆IMGP4913

915
☆IMGP4915

917
☆IMGP4917

919
☆IMGP4919

925 八高線入間川橋梁
☆IMGP4925

928
☆IMGP4928

929 阿須グラウンド
☆IMGP4929
***

じつは当方、「飯能市エコツーリズム活動市民の会」の新人ということになっています。
だいぶひねた新人で、それも現状は右も左も分からずただウロウロしているだけで…
枯れ木も山の賑わいであれば良いのでしょうが、どうでしょうか。
飯能市エコツーリズムについては折に触れて記していこうと思います。

飯能市エコツーリズムとは

 エコツーリズムのまち飯能 

今回は OさんMさん企画の「飯能エコツーリズムの新人ツアー」に参加し、入間川沿いの桜を観ながら歩きました。
以下はその概要です。
***「第7回 入間川沿い桜ツアー」Iさんにガイドしていただきます。
桜だけでなく、ほかの花々や鳥、川の様子なども観察しながらのんびり歩きます。
4月7日(金)飯能駅南口10:00集合飯能駅~飯能大橋~矢久橋~浄化センタ~清川橋(成木川)
~加治橋~南高校・加治中川沿い~阿須の公園~上橋~元加治駅***

***次回に続きます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 12:11 [edit]

category: 未分類

第3回_飯能アルプス会議-1 2017/01/15  

第3回_飯能アルプス会議-1 2017/01/15
2017年1月15日(日)18:00~市民会館102会議室

・170115 
☆12017 01 15 飯能アルプス会議

あの、間違えておりませんよ~
ここは「好日奥武蔵」です。

いきなりの カタイ画像 と タイトルで「あれ違う所へきたかなあ」ナンテって思った方が 
いらっしゃるかも知れませんが…

ここは
いつもその辺をさまよっている奥武蔵の山人・好日奥武蔵です。

じつは昨年から「飯能アルプス意見交換会」なるものが始まり、
当方にたまたまお声がかかりました。

それで、
役立つ知識も情報も持ち合わせが無いのですが
そこは満ち溢れる「稚拙な好奇心」の山人、
面白そうだなあと言うことだけで参加させて頂いた訳です。

◇尚、「飯能アルプス会議」は当初、「飯能アルプス意見交換会」で始まりましたが、
出席者の中の「飯能アルプス会議」として発信されている方の了解を頂いて、
第3回めからは「飯能アルプス会議」となりました。

飯能アルプス会議は「飯能アルプス」を観光飯能PRに活用するための
意見交換会から始まったようです。
(…ようですとは、当方は事情によって2回めからの出席で初回の高尚な会議内容を
存じておりませんでした)

さて「第3回_飯能アルプス会議」です。
今回は、「飯能アルプス」をどういう方向に持っていきたいか、何をしたいか…

流石に様々なことに精通され、見識をお持ちの方々です。
貴重なご意見が続出でありました。

今回それらの中で
・飯能アルプスの日を決める。
・飯能アルプスの地図を作る。
・案内標識、指導標の新設、整備
先ず、これを進める方向でいくということになりました。
(これは、飽くまでも当方がそう受け取ったのでもしかしたら、
薄い頭が勘違いをしている可能性もありますが)

◇ここで、「飯能アルプス」ってナニ?
いや、これだけ盛り上がっている「飯能アルプス」を
知らない人はいない・・・のですが、
そうです。
自分の確認の意味で縦走時の写真を並べておきます。

◇飯能アルプス 正丸駅~子の権現まで(続きは後日) 
正丸駅
1.jpg

伊豆ヶ岳 男坂
22.jpg

伊豆ヶ岳 鎖場
23.jpg

伊豆ヶ岳 鎖場 歳のことなどすっかり忘れてこんなところを登ったりします。
3.jpg

伊豆ヶ岳 
4.jpg

古御岳
5.jpg

高畑山
6.jpg

中の沢の頭・・・それにしてもイモグナの頭とは何のことでしょうね。
7.jpg

天目指峠の伝説
8.jpg

天目指峠 四阿
9.jpg

子の権現
10.jpg
* * *
飯能アルプス縦走1
 飯能アルプス縦走1

飯能アルプス縦走2 伊豆ヶ岳~大高山
 飯能アルプス縦走2

飯能アルプス縦走3 高畑山~子の権現
 飯能アルプス縦走3

当ブログ、今回は(も)支離滅裂、何が何だかの状態です。
申し訳ありません。

◇飯能アルプス 子の権現から飯能駅まで…(後日)


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:05 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 6

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-後  

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-後
2016/5/8
711 地図8の東屋
☆IMGP4711

前回は⇒
狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-前

◇さいたま緑の森博物館内:案内資料によると、雑木林など自然そのものを
展示物に見立てたフィールドミュージアムとされています。

◇5月8日には地図の1~12のように周ってみました。前回は1~7、今回の後半は7~12、そこから1に戻ります。
284a 地図
☆IMGP5284a

704 狭山茶
☆IMGP4704

歩きながら「ここは入間市ですか」と念を押したくなります。
入間市の南の方を知らない者が考えると、ここは奥武蔵の山域では無いし、入間市は飯能市の
面積の1/4にも満たないところに人口は2倍近い15万人がいます。

それで林とか森は極めて少ないのではと云う先入観が有ります。
飯能市は7割が山間地域、入間市はそれよりも都会的と云うイメージを持っていました。
それでもこう云う処が保全されていることはとても素晴しいことです。

飯能市面積_193.05平方キロメートル 人口約__8万人
入間市面積__44.69平方キロメートル 人口約_15万人

705
☆IMGP4705

706
☆IMGP4706

708
☆IMGP4708

709
☆IMGP4709

710
☆IMGP4710

712 遠方、数人で茶摘(刈取機)をされています。
☆IMGP4712

718
☆IMGP4718

719 地図8から9に向かいます。
☆IMGP4719

721 緩い坂を進むとすぐに広々とした畑が目に入ってきました。右手には赤い神社が見えますので立ち寄りします。
☆IMGP4721

722 地図9 都稲荷神社
☆IMGP4722

723 左手(西)には微かに奥多摩・大岳山が見えます。
☆IMGP4723

いつもながらこの大岳山は独特な山容をしていて、目印になりとても便利な山ですね。

724 武甲山でしょうか・・・
☆IMGP4724

725 暫くは田園の中を行きます。
☆IMGP4725

727
☆IMGP4727

730 広々として明るく、
☆IMGP4730

暑ささえなければとても気持ちの良いコースです。
道はこの先の中央部の森に向かいます。

731
☆IMGP4731

733 地図11 長閑な田園ですね。
☆IMGP4733

734 地図12 展望広場と云うところに到着です。
☆IMGP4734

ここは少し小高い丘のようになった処で、北側の展望が開けています。
何組かの散策グループがベンチに腰掛けて休憩したり、昼食を摂っています。

735 エノキの大木があります。
☆IMGP4735

傍らに説明板があり、オオムラサキやゴマダラチョウ、テングチョウなどの幼虫がこの木の葉を食べると記されています。
また、これらの幼虫が越冬するために木の根元にはロープがしてあるそうです。

742
☆IMGP4742

743
☆IMGP4743

744 展望の広場からスタートした案内所に戻ります。
☆IMGP4744

745 
☆IMGP4745

749 案内所傍、水鳥の池
☆IMGP4749

751 半分は森、半分は田園の中を適当に歩き、約2時間弱で歩き始めた案内所に戻って着ました。 
☆IMGP4751

◇「さいたま緑の森博物館」の位置関係を改めて地図で確認すると南西~南~南東にかけて広大な緑があり、
狭山湖、多摩湖を囲むような形で西の瑞穂町から武蔵村山市、東の東大和市の方まで狭山丘陵が広がっています。
奥武蔵にいる当方は所沢や池袋に電車で行くことはあっても、この辺には行く機会もなく、殆んど未知の地域です。

地図
☆さいたま緑の森博物館 地図

◇入間市として直ぐに思い浮かぶものは、入間基地と狭山茶(日本三大茶)ですが、勿論それだけでありません。
飽くまでも私が知る限りのことですが入間川、ジョンソンタウン(ミニアメリカ)、ユナイテッド・シネマ、三井アウトレットパーク入間・・・

755 ジョンソンタウンの一角
☆IMGP8755

 ジョンソンタウン

それに加治丘陵・桜山展望台、彩の森入間公園もある・・・山だらけの飯能からみるとウ~ンと唸るような羨ましい環境で、
稚拙な好奇心をくすぐる処が沢山あります。

「さいたま緑の森博物館」は要所毎に分かり易い指導標があり、緑の美しい穏やかな道と長閑な田園風景の中を
歩きました。
今回歩いたところは館内の一部で、更に南に繋がる狭山丘陵(東西11km、東西4km)からみれば微々たるところを
歩いたに過ぎません。
また機会を得て東や南の方も歩いてみよう思います。草木の芽の出掛かった早春や彩を深めた晩秋が良さそうですね。 

 終わり


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:01 [edit]

category: 未分類

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-前  

狭山丘陵・さいたま緑の森博物館をさまよう-前
2016 05 08

656 「さいたま緑の森博物館」案内所・・・入間市宮寺
☆IMGP4656

永いこと知らずにいた。
お隣の入間市にこう云う処があろうとは・・・
それもオープンしてから既に20年を超えている。

 さいたま緑の森博物館

653
☆IMGP4653

ここは「さいたま緑の森博物館」と記されているが、館らしいものは入り口の案内所だけである。
当方は初めて来たので取り敢えず案内所に寄り、エリア内の地図を戴く。

284
☆IMGP5284

案内所のおねいさんからは「ここをこう周ってくれば、30分くらいで大丈夫ですよ」・・・
大丈夫ですよって、あの、何かお考え違いして無いかなあ~ 齢はとっても飯能の山んなか育ちですよ。
30分の当たり障りないコースではねえ・・・取り敢えずフラフラと出発。

284a 西の一部を周ってみる・・・1~12のように歩いたはずだが・・・
☆IMGP5284a

丘陵の森の中をいくつも迷走できるコースがある・・・
いや、学術的に動植物や地形を観察しながら歩けるコースがある。
ここは広大で戴いた地図を見ると道は入間市から更に所沢市・狭山湖の北西側の地域まで延びているが、
全部を周るとかなりの距離だ。一日で歩ききれるかどうか・・・。
今日は西の辺りを軽く歩く予定。日を改めて全域を歩いてみたい。

655 地図の1 湿生園・・・駐車場近く
☆IMGP4655

今回、動植物を観察する訳でも無いし、だからと云って正調なウォーカーでも無い。
有るのはいい歳をしての稚拙な好奇心だけだ。
この近辺には危険な所は無いだろうといつもながらの下調べ無し、行き当たりバッタリである。

657 案内所を後に大谷戸湿地方面に向かう
☆IMGP4657

ここはエリア全体が「博物館」である。
本来であれば自然に親しみ、観察、鑑賞など真摯に学ぶ場であろう・・・が・・・

まあ私の場合にはそんな難し姿勢でいると腰痛がでる。良い森ですね。
良い森でした。面白かったですよ。と、言って歩き周るしかない・・・実際良かった。

659
☆IMGP4659

660
☆IMGP4660

661
☆IMGP4661

663
☆IMGP4663

666
☆IMGP4666

669
☆IMGP4669

670
☆IMGP4670

671 地図の4~5あたり 
☆IMGP4671

地図では急坂?奥武蔵の急坂はとは比較にならないが、ここは文教の入間市だ。

673
☆IMGP4673

677
☆IMGP4677

678
☆IMGP4678

680 地図の5あたり?
☆IMGP4680

681 
☆IMGP4681

682
☆IMGP4682

683
☆IMGP4683

685
☆IMGP4685

686 地図の6あたり 庚申塔?
☆IMGP4686

690 
☆IMGP4690

693 地図の7あたり
☆IMGP4693

694
☆IMGP4694

695
☆IMGP4695

699 西久保湿地
☆IMGP4699

・・・資料によると・・・
·雑木林や湿地など自然をそのまま野外展示物として博物館に見立てた85haもの博物館です。
1995年7月に第1期分(入間市宮寺地区)がオープンしました。
(既に20年も経っているのですね)現地には案内所と駐車場があり、多目的展示室で自然に関する勉強をしたり、
職員から園内の案内や自然観察の情報などを聞くことができます。
·お問い合せ:緑の森博物館案内所
·所在地:入間市宮寺889-1
·TEL:04-2934-4396
・入場料:無料 駐車場有

700 ここが入間市とは・・・歩いて観て尾瀬に行きたくなった。
☆IMGP4700

◇当日の前半の終わり 後半に続きます。 


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:36 [edit]

category: 未分類

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード