FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

海を見に行ってみる   2019-06-14~  

海を見に行ってみる   2019-06-14~

824
☆IMGP6824

6月の始、不注意で・・・と云うより
自分の体力、運動神経の劣化も省みずに行動したものだから
左膝靭帯を少々イタイイタイしちゃって、何日かは山には行かれない。

775
☆IMGP6775

ここは初心に戻って謙虚に反省し、
軽はずみな行動をしてもケガをしないような体力にしなければ・・・
いや、齢もトシですから軽はずみな行動は慎まなければなりません(いつまで続くかな)

777
☆IMGP6777

778
☆IMGP6778

それで、そんじゃあ丁度いい機会だと思い海を見に行ってみたワケです。
海辺であれば急坂も悪路もありませんし・・・

782 この前を通って
☆IMGP6782

786 この先に進み
☆IMGP6786

仮に海に落ちても山人は意外と泳ぎはOKですからね。
子供の頃、大雨の時に入間川の濁流で流されながら鍛えてありますから・・・

四十過ぎて初めて千葉の海で泳いだ時に始めは波とタイミングが合わず、
バッシャ、ガボッって海水を何杯も飲みましたが、

すぐ慣れ、ナンダイ海ってこんなに浮くし、楽なんだって・・・
大きな波にも上手く乗り、調子こいて沖まで行って、いや面白いこと・・・

いやそれも齢相応にせねばなりませんが。

787
☆IMGP6787

788
☆IMGP6788

790
☆IMGP6790

予約で宿泊先を確保したものだから、1日目は悪天候の予報通りでどうなることかと思っていましたが
なんと2日目は予報を覆し、晴れて空気中のチリも払われ綺麗な青空になりました。

793
☆IMGP6793

794
☆IMGP6794

海辺の先端にと思って行ってみるのですが、監視役の方々がいて・・・
(山だったら何とか搔い潜って進んで、なんってこたぁしませんが)
迫力ある波の見える所にはいけません。

796
☆IMGP6796

797
☆IMGP6797

798 このフェンス、波模様に見えます。 渚デッキ とか云われています。
☆IMGP6798

799
☆IMGP6799

803 この橋も面白いです。
☆IMGP6803

805 親水公園 スカイデッキ
☆IMGP6805

山奥の者が久し振りに海に行くと

何もかも珍しく、ついキョロキョロと

806
☆IMGP6806

807
☆IMGP6807

808
☆IMGP6808

815 これは何でしたか
☆IMGP6815

816 
☆IMGP6816

819
☆IMGP6819

822
☆IMGP6822

823 ムーンテラス
☆IMGP6823

826 寄せては引く波の繰り返しも飽きずに眺められますね。
☆IMGP6826

この波はいったい何回繰り返すのだろう・・・と

数えたことはありませんが

827 ジャカランダ・・・ジャカルタ原産、いや分かりません。
☆IMGP6827

830 
☆IMGP6830

雨上がりの翌日は

天気良く、風もユッタリで雲もノンビリと浮かんでいます。

*** ここから お城に向かいます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:57 [edit]

category: 未分類

場繋ぎ 富士山 定位置から-2雪の朝 2019-02-01  

場繋ぎ 富士山 定位置から-2雪の朝 2019-02-01

476 西武池袋沿線から南西の方角に富士山を見ています。 
☆DSCN5476

2019-02-01 8時30分

既に4,5日が経ってしまいましたが、テレビなどで既報の通り
1月31日の夜半から2月1日の未明にかけて、雨から雪に変った
ところがあるようです。

466 西武池袋の少し手前から南西の方角に富士山が見えます。
☆DSCN5466

463 富士山から左(南西)に丹沢山塊が延びて相模湾に向かっています。
☆DSCN5463

西武沿線から丹沢山塊を見ると
山塊が薄っすらと雪化粧をしていますね・・・2月1日の朝8:30です。

富士山の手前には大室山が、そして左(南に向かって)丹沢山系が
連なり蛭ヶ岳、丹沢山、塔ヶ岳そして相模湾に向かった一番近くに
大山が控えます。

473 富士山の手前に大室山
☆DSCN5473

474
☆DSCN5474

南西から南に向かうと南西端に大山があります。

475 
☆DSCN5475

大山って言えば入間川・阿須グラウンドの
上流側、「阿岩橋」の左岸に「大山街道」を記した説明板があります。
昔はこの辺からも歩いて大山(信仰)に行った人がいるのでしょう。

~~~

468 奥武蔵アルプス・大持山、小持山~武甲山
☆DSCN5468

ビルの谷間・・・西北西の方向に目を移すと遠方に
「奥武蔵アルプス」が見ます。
こちらも雪・・・薄く白粉を塗(まぶし)ているようです。

469
☆DSCN5469

~~~

482 定位置、いつもの富士山
☆DSCN5482


前回の定点観測 ⇒
場繋ぎ 富士山とクレーン 定点観測-1 2019-01-DD

前回のクレーン、小学校の工事が終わり撤去されたようです。
クレーンが無くなってスッキリした感じと
富士山とクレーンの面白い関り合いが見られなくなり
ザン ネ~ンな感じもあります。
いや、ザンネンなことの方が大きいですね。

さて 
雪の朝の富士山があれば

当たり前ですが 
夕景の富士山もありますね。

486
☆DSCN5486

485
☆DSCN5485

484
☆DSCN5484

当日の富士山・・・夕刻 2019-02-05 17時30分

~~~

残念ながらなのか、幸いなのか私の生活圏では積雪0cmでした。
少しでも積雪があれば隣近所の方々と慣れない雪カキをして、世迷言や
久し振りの雪談儀に花が咲いたかも知れません。

まあ、雪に弱い関東の交通機関側からみれば万全の体制で警戒をし、
肩透かしを食らったが、それで良し・・・そんな感じでしょうか。

~~~

488
☆DSCN5488

491
☆DSCN5491

こちらは周が明けて2月4日・・・
丹沢山塊は早々に雪化粧を落し、既に春を待っているようです。

◇ Webのメディアの特徴のひとつに即時性があると云われます。
どう云うワケか「好日奥武蔵」に限ってはご覧のように即時性は
マッタクありません。テレビなどで関東一円、広い範囲で積雪があると
 報道されて・・・既に5日も経ってしまいました。
 
何を今更・・・「気の抜けたビールのような」ことをなんって思われ
 ながらやっとアップしております。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:42 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

場繋ぎ 富士山とクレーン 定点観測-1 2019-01-DD  

場繋ぎ 富士山とクレーン 定点観測-1 2019-01-DD

154 定位置・西武沿線から南西の方角に富士山を見ています。 
☆富士山 大室山IMGP3154

手前は丹沢山塊の東、大室山か・・・
この日 クレーンはお休みですね

***
定位置 昨年・2018-02-13 ⇒
 タコ雲、クレーンの三角富士・場繋ぎ 2018-02-13 
***

富士山が見えると 何故か 嬉しくなりますね

262 クレーンと富士山
☆DSCN5262

年間を通じて富士山が見える処(都内・西武沿線)に関わっているのですが
富士山までだいぶ距離があり、見え方は天候に左右されてしまいます。

319 この日は富士山の南西側に雲がかかり、ぼやけています。
☆DSCN5319

何時もコンデジを鞄に入れて、富士山が見えれば撮っているですが、
使っているコンデジは安価な年代物で
遠距離を写すとどうしても画像は劣化してしまいます。

326
☆DSCN5326

327
☆DSCN5327

☆ダイヤモンド富士 

夕景の富士山が見えるはずなのですが・・・残念ながら雲に隠れています。

うっかりしていましたが
? クレーンの間に富士山があり、そこに陽が沈んで行くような感じです。
と、云うことは若しかしたらここからダイヤモンド富士が見える可能性がありますね。
実はこの西武沿線では「東久留米駅・富士見テラス」からダイヤモンド富士が見えるのです。

331
☆DSCN5331

336
☆DSCN5336

富士山が見えると嬉しくなるのは何故でしょうね。

山歩きをしている時に見える富士山

川歩きをしている時に見える富士山(荒川沿いから良くみえました)

そして思わぬところで車窓から見える富士山・・・

347
☆DSCN5347

363
☆DSCN5363

373 富士山の手前は大室山、その左(南西)へ丹沢山系が続きます。
☆DSCN5373

富士山は季節や時刻、天候の条件が整う時の美しさは感動ものです。

暫し見惚れてしまいますね。

何故でしょうね。

374
☆DSCN5374

375
☆DSCN5375

376
☆DSCN5376

377
☆DSCN5377

379
☆DSCN5379

富士山から感じるのは その雄姿 孤高と凛々しさ 

383
☆DSCN5383

394
☆DSCN5394

なんと云う言葉が良いのか
難しいですね
私の腐りかけた脳では適当な言葉が出てこない

397 宝永山(南西側)に雲が纏わりついています。
☆DSCN5397

昔から 多くの人が絵に描き 版画に彫り 写真を撮ってきた
富士山の美しさへの感動 万人が認めるであろう 
しかし それだけでは 無さそう

やはり 古代から人々が 厳かで気高い 富士山を見て
知らずのうちに 崇めてきた 日本の 霊峰であるから か ・・・

それにしても

カメラ と この腕は何とかならないものか

霊峰富士に失礼ではないかい・・・場繋ぎ

☆ ところで気になるクレーンですが、西武沿線の南西側、小学校舎の工事だそうです。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:39 [edit]

category: 未分類

「メッツァビレッジ」撮り歩き-3 南東湖岸~北東の堤へ 2018-11-11  

「メッツァビレッジ」撮り歩き-3 南東湖岸~北東の堤へ 2018-11-11

841 この日(11/11)のviking hall(飲食棟) は大賑わいでした。
☆IMGP1841


以前の宮沢湖⇒
 宮沢湖(メッツァ調査、工事)閉鎖直前をさまよう-1 2016/05/28  

前回は工事中のムーミンバレーパーク直前まで行って、引き返してきました。

今回はその続きで、テント村のショップとメッツァホールの前を通り、北東の堤に向かってみます。
(工事中のムーミンバレーパークは2019年3月16日、オープン予定)

827
2018112314391114b[1]

828 先ほどはテントの前(湖側)を通ったのですが
☆IMGP1828

帰りはテントの後ろ側を進んでいます。

837 メッツァホール
☆IMGP1837

イベント・催事スペースと言われていますが、この日は雑貨のお店になっていました。

830
☆IMGP1830

834
☆IMGP1834

836
☆IMGP1836

838 カフェが出来る?メッツァのHPからの推測
☆IMGP1838

839 market hall
☆IMGP1839

入口の近くのマーケットホールまで戻ってきました。
この建物はヴァイキングホール(飲食棟)と連結されています。

840 viking hall側・・・この辺が一番混んでいます。
☆IMGP1840

人混みがどうも苦手で、足早にこの前を通り過ぎます。

842
☆IMGP1842

844 北東の堤に向かう途中、売店でしょうか?
☆IMGP1844

845 白いテントが2張り、飲食スペースのようです。
☆IMGP1845

847 振り返ってみるとこんな感じです。
☆IMGP1847

848 北東端・・・宮沢湖の堤に到着。
☆IMGP1848

堤の下の田園風景もいいですね~

ここはツーデーマーチで何回か通ったことがあります。
ツーデーマーチでは遠方の右手から堤に上がり、手前の坂を下って行きますが、
メッツァビレッジが開園したことで、この辺のコースはどうなるのでしょう。

849
☆IMGP1849

850 北東の堤から南の湖岸を見ています。
☆IMGP1850

851 前方は北西岸・・・ムーミンバレーパークの工事中です。
☆IMGP1851

855 堤のススキ・・・カヌー・・・
☆IMGP1855

◇宮沢湖
他地域の多くの人は北東側の堤に来てここが人造湖だと云うことに気が付きます。

1941年完成、既に77年が経ち、周囲の森と湖は完全に融合し
湖の南から西の方だけに行った人には人造湖だとは分からないかも
知れません。
宮沢湖は市内の名栗川(入間川)・小瀬戸から取水し、農業用水として
小畔川の周囲を潤し再び入間川に流れ込みます。

◇ 参考地図
20151114015219b5b[1]

~~~

今回の-3は上の地図の⑫-⑪-⑩辺りです。

この日は開園3日目の日曜で、どんな感じなのかと開園部分を全部見て
みようと行ったのですが、到着したのが午後1時過ぎになってしまい
(珍しい物や新しい物を見るのが好きなのですが)
時間の都合でお店の中に入ってもただ通り過ぎるだけでした。

***「メッツァビレッジ」撮り歩き-4 番外編に続きます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:45 [edit]

category: 未分類

「メッツァビレッジ」撮り歩き-2 観たまま南西の湖岸から 2018-11-11  

「メッツァビレッジ」撮り歩き-2 観たまま南西の湖岸から 2018-11-11

817a ム~ミンバレーパーク・工事中(スナフキン水浴び小屋かな)南西の湖岸から
☆IMGP1817a

こちらにも ↓ スナフキンの水浴び小屋があります(市営の)
ムーミン谷(あけぼの子どもの森公園)_残雪をさまよう 2016 02 07

さて前回(-1)の続きを行ってみましょう。

792 南西の湖岸に面した広場に緑のテントに雑貨小物が出店されていました。
☆IMGP1792

広場には湖岸に向けて木製の椅子が置かれ、秋色を水面に映した宮沢湖を
眺めながら多くの人がユックリとくつろがれています。

793 遠方に(ム~ミンバレーパーク・工事中)灯台のようなモノが見えますが
☆IMGP1793

なんでしょう・・・

794
☆IMGP1794

796
☆IMGP1796

797
☆IMGP1797

798 ソグベルク??そぐべるぐ?えいごじゃあないし、飯能弁でもなさそうね。
☆IMGP1798

なんのこっちゃかと思えば案内書にはスウェーデン語で「木を加工する工場」・・・
そう書かれています・・・名栗湖のカヌー工房さんですね。

799
☆IMGP1799

800
☆IMGP1800

801
☆IMGP1801

802
☆IMGP1802

◇11月9日にオープンしたメッツァは「メッツァ」とは
フィンランド語で「森」という意味だそうです。

804
☆IMGP1804

805
☆IMGP1805

そしてこのメッツァビレッジはゆったりとした時間と北欧の味が楽しめる
レストランやマーケットがあり北欧のライフスタイル体験する場で
あるらしいのです・・・

807
☆IMGP1807

一部の報道などによって、誤解されている人もいるようです。

えっ、ここはム~ミンのテーマパークではないの?
ナイノです。

810
☆IMGP1810

ですからメッツァビレッジにはム~ミンはいませんね。
ム~ミンのムの字も見なかったような気がします。
(近視に老眼ですから見落としは充分あります)
メッツァビレッジは北欧のライフスタイルを体験する場で

811
☆IMGP1811

売店では北欧のそれに関連した食品、雑貨などが並んでいます。

が、しかし、
それでも「オラアやっぱり純国産や地元の物が好きだわ」
って言う方もいるでしょう。

ご安心くだされ!!
地元作家の小物もあったり、飯能野菜も近隣の酪農製品もありますでよ。

813
☆IMGP1813

815
☆IMGP1815

818 南西の湖岸路を西に行くと「ココから先はマダダメよ!」と云うところがあります。
☆IMGP1818

来年3月16日にオープン予定の「ム~ミンバレーパーク」のエリアです。
大まかには南西岸から北西岸の範囲です(下の方にある地図をご覧ください)
ココから先は山側に入るハイキングコースは行けるようです(未確認)
さて、ここからブラブラと引き返し北東岸方向に行ってみましょう。

819
☆IMGP1819

821
☆IMGP1821

824a あっちの方は「まあだだよ~」
☆IMGP1824a

825 ↑792の緑のテントショップの山側路を戻ります。
☆IMGP1825

◇地図
☆20151114015219b5ba[1]


***「メッツァビレッジ」撮り歩き-3へ続きます***

◇こちらは純国産、飯能のライフスタイルが体験できべぇ~
飯能エコツーリズム・エコツアー

☆エコツア― 2019-11-xx


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:46 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード