FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

廃寺(宝性寺)跡・リュウガイ城跡_探訪/奥武蔵-2 リュウガイ城跡 2019-02-02  

廃寺(宝性寺)跡・リュウガイ城跡_探訪/奥武蔵-2 リュウガイ城跡 2019-02-02

737 リュウガイ城跡
☆IMGP3737

前回20名程の団体でリュウガイ城跡を目指したのですが、
諸般の事情により敢え無く途中で敗退となったのです。
そんでこんダよぉ精鋭で固めた部隊(実は老隊ですがな)で
リュウガイ城跡を探索してみようじゃんかと言うことになったんですわ。

前回は⇒
 廃寺(宝性寺)跡・リュウガイ城跡_探訪/奥武蔵-1 廃寺跡 2019-02-02

◇ 地図・リュウガイ城跡
☆リュウガイ城跡 地図img024

じつは再び行くことになった切掛けは、熱心な歴史家から廃寺を是非探索したいとの希望が有り、
それはそれで折角大都会から奥武蔵の山中に行くのにそれだけでは少々物足りない・・・
そんなことで、ついでに前回辿り着けなかったリュウガイ城跡にも寄ろうと云うことになったんですわ。

700 目指すは前方の山の奥の方ですね。
☆IMGP3700

そういうことで実際には-1では名栗川上流・左岸・・・唐竹橋バス停で下車し
右岸の①「廃寺探索(宝性寺・ほうしょうじ)」を終え、これから②リュウガイ城跡に攻め込むワケですわ。

696 名栗川左岸を「中ノ坂」に向かう
☆IMGP3696

隊は再び水明橋を渡り、名栗川の左岸と妻沢川の右岸の間にある「中ノ坂(峠)」に向かいます。

698 リュウガイ城跡への案内表示がありました(原市場まちづくり推進委員会)
☆IMGP3698

この辺、昔は日影村と云いました。後に赤沢村になり、1889年には原市場周辺の村が合併し原市場村になりました。
更に1956年には吾野村、東吾野村とともに飯能市に編入し、現在は飯能市>原市場>赤沢>日影となっています。

702
☆IMGP3702

時は2019年2月2日、それはナント道無き道を歩くでもなく、寒風の吹き荒れる過酷な山歩きでもない、
まあ多少のアップダウンは有ったものの老隊でも何とかなった行程でした。

実際には飯能駅北口から名栗方面行のバスに30分程乗り
名栗川上流・左岸の・・・バス停・唐竹橋で下車します。
  先ず
①右岸の廃寺探索(宝性寺・ほうしょうじ)して
その後
②リュウガイ城を攻めるの 
予定で精鋭6名(老隊でんがな)が果敢に奥武蔵の山中に
攻め入ったのでありますがな。

703 「中ノ坂」の切通し
☆IMGP3703

いつ造られたのか分かりませんが、100年とか150年前でしょうか・・・
厚く堅固な岩の壁を人力で抜いたのでしょう。大変な開鑿(かいさく)作業であったと思われます。
当時はこれが開通したお陰で赤沢村(名栗川)と原市場村(妻沢川)との行き来がとてもし易くなったと思われます。

リュウガイ城跡へはここを越えて、下るとすぐに左手に上る道への指道標があり、分かり易く導いてくれます。

706 最初の急登を詰めれば目印の鉄塔にでました。
☆IMGP3706

708 更に急登は続きますが、今回は流石に精鋭の老隊ですから全く問題ありません・・・
☆IMGP3708

710 モチロン急登ばかりではありません。
☆IMGP3710

適度な傾斜で老隊にはとても優しい快適な道もあります。

711 でも~ 直ぐにまた息切れしそうな急登です。
☆IMGP3711

715 何のアンテナでしょうか? 
☆IMGP3715

遠方の山に鉄塔が見えます。南高麗の細田地区ですね。

717 ?朝日山・・・詳細地図では朝見山とありましたが・・・
☆IMGP3717

719朝見山(朝日山)を更に進むと急な下りに入り、更に登り返しが待っています。
☆IMGP3719

721 いい加減に疲れてきたところで、指道標に励まされます。
☆IMGP3721

「原市場地区まちづくり推進委員会」の皆様ありがとうございます。

725
☆IMGP3725

726 また急登です。これが最後の登りであればよいのですが・・・
☆IMGP3726

731 それが、最後ではなく急登はまだまだ続きます。
☆IMGP3731

それで、ここを登りきると

734 あっ!! 何か人工的な溝で、これが堀切り? 
☆IMGP3734

735 更に進むと ここのようですね!!
☆IMGP3735

736 龍谷山・リュウガイ城跡に到着
☆IMGP3736

740
☆IMGP3740

744
☆IMGP3744

746
☆IMGP3746

748 倒木の根がなんとも魅力的ですね。
☆IMGP3748

749 反対側の堀切りを見に行きます。
☆IMGP3749

751 だいぶ崩れて埋まっているようですが、人工的な溝は明確です。
☆IMGP3751

東西にある堀切り間は100m近くあるでしょうか?
いつの時代か分かりませんが、数百年も前のことでしょうか。
見張り用の山城と云われていますが、果たして誰が、どのような敵に対して
見張っていたのでしょう。
他の方がお調べになられた資料によると山城の跡として堀切り、主郭、土塁、などが残されているとのこと。

一行はここで昼食を摂った後、城跡を丹念に調査?して下山にかかります。
山頂に実際に誰が、どのような山城を築き、どのような任務を果たしていたのか、な~んて思いを
巡らせながら来た道を引き返します。

ご心配をおかけ致しましたが、奇跡的にも老隊全員無事に下山することが出来たことをお伝えしておきます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 21:01 [edit]

category: 飯能周辺

廃寺(宝性寺)跡~リュウガイ城跡_探索/奥武蔵-1 宝性寺跡 2019-02-02  

廃寺(宝性寺)跡・リュウガイ城跡_探索/奥武蔵-1 宝性寺跡 2019-02-02

◇飯能戦争 (戊辰戦争_飯能版)

☆飯能戦争 飯能文庫a

今回精鋭部隊を編成し、名栗川の上流域にある廃寺(宝性寺)とリュウガイ城跡を探索してきました。

先ずは廃寺跡から探索ですが

その前に・・・なぜ廃寺・宝性寺(ほうしょうじ)の跡に行くのか ? です。

飯能の歴史に飯能戦争で焼けた智観寺本堂が宝性寺(廃寺)の材料を使って再建したと記されてます。
歴史を研究されている方からその智観寺の本堂になった宝性寺の跡を探索したいとのリクエストがあり、
当方がこの辺をフラフラさまよっているために道案内係となったわけです。

簡単に言うと智観寺の本堂は何処から来たのですか~ って云うことですね。

405 智観寺 飯能戦争被弾の跡が残っている山門
☆IMGP1405

406 智観寺 山門に残る飯能戦争時の被弾痕
☆IMGP1406

◇ 既に150年程も前のことになります。
飯能戦争で振武軍の陣となった智観寺(能仁寺、広渡寺など)は官軍の攻撃兵火に遭って焼失し、
その後、本堂は明治9年(1876年)唐竹村・宝性寺の本堂を購入して再建したのです。
・飯能戦争とは戊辰戦争の飯能版、時は1868年(慶応4年5月)
 ご興味ある方は[飯能戦争]や[智観寺]を検索してください。 

412 智観寺本堂
☆IMGP1412

飯能戦争と宝性寺が廃寺になった直接の関係はありません。
宝性寺が廃寺になったのは江戸時代から明治にかけての神仏分離の政策が廃仏毀釈(きしゃく)への運動に
繋がったためだと思われます。

郷土の歴史に興味のある方には面白そうなことなのですが、私のような浅い知識ではここに記すのは難しく、
取り敢えずは藪をかき分けて廃寺跡の探索に行くだけなのですよ。

016 宝性寺・江戸時代後期の唐竹村(飯能市)
☆img016

それで実際には飯能駅北口から名栗方面行のバスに約30分乗り
名栗川上流・左岸の・・・唐竹橋・バス停で下車しのです。
  先ず
① 右岸の廃寺(宝性寺・ほうしょうじ)を探索して
その後
② リュウガイ城を攻める
精鋭6名(老隊でんがな)で果敢に奥武蔵の山中に攻め入ったのでありますがな。


~~~ そんじゃあ 廃寺あとへ ~~~

100 水明橋(唐竹橋)を渡って右岸の廃寺(宝性寺)跡へ
☆IMGP0100a
(橋の長さ:43.8m  有効幅員:4.3m  完成:1963年(S38)・・・ぶらっと遡上探索さんの記録から)

ここが少しヤヤッコシイのです。
水明橋(唐竹橋)って面倒な表記をしているのは、
バス停は唐竹橋なのですが、あら不思議ですね~目前の橋は・・・唐竹橋ではなく水明橋なのですよ。
水明は「山紫水明」、意図は「山は日に映えて紫色に見え、川の水は澄んで清らかであること」です。

唐竹橋から水明橋に変ったのは既に50年以上も前のこと、
その当時の成り行き話も諸々あるのですが、とても長くなるのでここでは省略します。

488L 親柱には名栗川と記されています。
☆IMGP2488La

昭和39年の新河川法以前に表記されたものです。
現在は原則、一水系一河川名で入間川に統一されているのですが、
特例の別名として名栗川とも言われています。

488R 水明橋
☆IMGP2488Ra

094 水明橋の上流側に唐竹橋の「橋脚の跡」が残っています。
☆IMGP0094

バス停・唐竹橋の由来 と思われる。
覗く時は気をつけて下さい・・・万が一、寒中水泳になってしまっても自己責任。

096 水明橋の上流側
☆IMGP0096

~ さて 橋を渡り 廃寺(宝性寺・ほうしょうじ)に踏み込みます ~

016A 江戸時代にこの寺があったと言われている所に
☆img016A

105 その廃寺跡はこの道の行き止まりの山に
☆IMGP0105

689 藪をかき分けてこの奥に入って行くのですが
☆IMGP3689
ご覧のようなところに入って行くのですが、当然道は無く、目の前の木々雑草に擦ったり当ったりしながら進みます。
私のような山猿にはどうってことないですが、街の中から来て戴いた方は躊躇しますわね。

102 発見・・・石標 私には何なのか分かりません・・・
☆IMGP0102

673 熱心に記録されています。
☆IMGP3673

歴史を学ばれている方の分野ですから何か解明できたら教えて下さいね。

674 石垣を発見!
☆IMGP3674

675 石像!
☆IMGP3675

681
☆IMGP3681

684 山側には石垣が組んであり
☆IMGP3684

藪と樹木で寺跡の全体感が分からないのですが
いや、それ以上に私には寺とか仏教の知識に乏しくなんとなく寺の跡の
ような香りがしないでも ないない。

685 ここが平らな所なので、この辺に有ったのではないかな
☆IMGP3685

石標、石像、石垣などが残されている状況から
150年(正確な時代は分かりませんが)以上も前にここに
宝性寺はここに在った・・・当部隊は勝手に断定してあっさりと引き上げます。
(地元の人から井戸が残っていると聴いたこともあります)
歴史担当の方からの解析報告を待ちたいと思います。

687 藪から脱出
☆IMGP3687
さて廃寺探索の後、当部隊がいまだに未踏の難攻不落(大袈裟)「リュウガイ城跡」に向かいます。

* * * 廃寺(宝性寺)跡・リュウガイ城跡_探索/奥武蔵-2へ続きます * * *


震災を忘れない 飯能にできること [震災復興元気市実行委員会事務局]
☆IMGP4284
宮古/釜石/大船渡/気仙沼/三陸/塩釜/名取・閖上(ゆりあげ)
相馬/南相馬・鹿島/大熊/いわき/栃尾/高萩/王滝/熊本 ほか
会場:飯能-中央公園/市民会館/小町公園


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 14:41 [edit]

category: 飯能周辺

宮沢湖_溢れる緑の中をさまよう-2  

宮沢湖_溢れる緑の中をさまよう-2
2016 05 28
前回の「宮沢湖(メッツァ調査、工事)閉鎖直前をさまよう-1」からの続きです。
092
☆IMGP5092

既報のとおり宮沢湖が「2017年ムーミンのテーマパーク」に生まれ変わるとのこと・・・
ところが、ご存知のように飯能市阿須地区には既に通称ムーミン谷「あけぼの子供の森公園」があります。

635 通称「ムーミン谷」飯能市阿須
☆IMGP9635

712 通称「ムーミン谷」飯能市阿須
☆IMGP9712
建物の中にはムーミンと云う言葉や記が見られますので「あけぼの子どもの森公園」とは云っても
実際にはムーミンをモチーフにしたムーミン公園でありムーミン谷ですね。

717 飯能市阿須
☆IMGP9717
別途、阿須のムーミン谷は詳細をUPする予定ですが、
こんな感じでムーミンの関連施設は既に飯能市・阿須(市営、無料)にあるのです。

041 
☆IMGP5041

新たに宮沢湖に予定されている「ムーミンのテーマパーク」は
地域からの応援はあるとしてもあくまでも民間企業の施設です。
当然市営のそれとは生い立ちが異なります。
規模、施設など企業が運営する特徴を余すことなく発揮したものなるのでしょう。

さてどんな仕上がりになりなるのでしょうか。
私的にはこの湖畔に施設が上手く溶け込み、
更に緑豊かな湖になって欲しいと願いつつ2017年の開園を待ちたいと思います。

044
☆IMGP5044

閉鎖間際の宮沢湖をフラフラと歩きながら想いを巡らしています。

045
☆IMGP5045

飯能に既にあるムーミン谷ってなあに 
ムーミン谷(あけぼの子どもの森公園)_残雪をさまよう 2016 02 07

ダイジェスト⇒ ム~ミン谷をさまよってみる(ダイジェスト

046
☆IMGP5046

047 湖畔の周回路を北から西に向かっています。
☆IMGP5047

048
☆IMGP5048

049
☆IMGP5049

050 素晴しい緑です。
☆IMGP5050

051 これだったらムーミンがいても違和感はありません。
☆IMGP5051

052
☆IMGP5052

055
☆IMGP5055

056 もちろん スナフキンだっていても不思議ではないですね。
☆IMGP5056

057 溢れる湖畔の緑、水面まで緑です。
☆IMGP5057

058
☆IMGP5058

060
☆IMGP5060

064
☆IMGP5064

067
☆IMGP5067

068
☆IMGP5068

069
☆IMGP5069

070
☆IMGP5070

071
☆IMGP5071

074 みどり ミドリ 緑です。
☆IMGP5074

075 残して欲しい緑です。
☆IMGP5075

076 活かして欲しい緑です。
☆IMGP5076

078 ここが、名栗川の小瀬戸から取水している吐出水路でしょうか? 
☆IMGP5078
名栗川からの水路?ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えくださればありがたいです。

654 取水口? 名栗川左岸
☆IMGP2654
☆IMGP2647
◇ついでに・・・名栗川をさまよっていた時に撮ったものですが、まさか?ここが?宮沢湖への取水口でしょうか?
☆IMGP2634
取水口? 近くの吊橋・・・名栗川では珍しい

081
☆IMGP5081

082 
☆IMGP5082

084 
☆IMGP5084

085 原生なるか緑
☆IMGP5085

086
☆IMGP5086

088 ホウノキ
☆IMGP5088

091
☆IMGP5091

095
☆IMGP5095

097
☆IMGP5097

100 更に緑
☆IMGP5100

101 
☆IMGP5101

103 今回はこの辺までで終了です。
☆IMGP5103

104 帰路
☆IMGP5104
帰りはここの道から

◇宮沢湖には何回か訪れていますが、今回ほど溢れる緑を感じたことはありませんでした。
  
  明るい緑、深い緑、多彩な緑、溢れる緑
  
  宮沢湖がこれほど緑豊かなところであるということを改めて知りました。

宮沢湖、閉鎖間際をさまよう・・・おわり


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 11:01 [edit]

category: 飯能周辺

宮沢湖(メッツァ調査、工事)閉鎖直前をさまよう-1  

宮沢湖(メッツァ調査、工事)閉鎖直前をさまよう-1
2016/05/28
014 緑を深め時を待つ 宮沢湖
☆IMGP5014

既に報道などを通じて多くの方々がご存知だと思われますが、

宮沢湖がムーミンのテーマパーク「メッツア」に生まれ変わります。(開業は2017年とされています)

  「ムーミン」の世界を体験できる施設「metsä (メッツァ)の予定地

市民や近隣の多くの人々が永く慣れ親しんだ宮沢湖。

metsä (メッツァ)の調査・工事のために2016年5月末日をもって一般の方の立ち入りが禁止となりました。

989 埼玉西部広域消防本部(県道30号・宮沢湖入り口近く・・・飯能駅寄り)
☆IMGP4989

宮沢湖の秋_2015年

今回は鹿山峠(県道30号)、宮沢湖の表玄関から入ってみます。
いつもは西の山側からコソコソト怪しい入り方をしています・・・いや別に後ろめたいこたあ何もないのですが、
現状の宮沢湖岸を歩く最後の機会なので、今回ばかりは堂々と正面から歩いてみようと思ったわけです。

990 宮沢湖温泉・喜楽里(鹿山峠・県道30号)
☆IMGP4990

飯能駅から北に延びる道路を中山に向い、突き当りのT字路を北東に進むとほどなくして
左手に「西部広域消防本部」の建物が見えてきます。
そこにバイパスとの合流があり、更に進むと左手にコンビニと宮沢湖温泉・喜楽里の看板が目に入ってきます。
宮沢湖のメイン入り口はこの看板を左に入ったところです。

993 宮沢湖、メインの入り口道路
☆IMGP4993

995 警告 飯能市長 
☆IMGP4995

この日は5月28日

心配です・・・
何がって、市長さんがここに書いちゃうと、
仮にですよ 仮に、もしも

「北欧の雰囲気とムーミンの世界を体験できる施設メッツァ」が出来なかったら・・・
間違いなく出来るのでしょうが、
万が一に出来なかったら宮沢湖はドウナッチャウのでしょう。

部外者の勝手な取り越し苦労ですが。

997 メインの入り口から入り、反時計周りに歩いてみます。
☆IMGP4997

私が心配してもどうにもならないことですが、巷では2017年開園・・・来年ですわな 
それなのに現時点でいつ開園なのか日程が分からない。
本当に出来るのだろうかと云う疑問をもたれる方がいる・・・いても不思議ではないですね。

999
☆IMGP4999

2017年まで既に半年を切りました。
あと5ヶ月、春なのか、夏なのか秋なのか。
モチロン冬の可能性もありますが、現時点ではいつ開園されるのか示されていないようです。

000
☆IMGP5000

それにしても来年のことです。
何月に開園・・・それ位は開示されてもよいのではと・・・勝手に思ったりしますがどうなんでしょう。
それは重大な秘密情報で開示できない。
若しくは市民や関係者を「アット」喜ばせる何らかの隠し玉がありそれと一緒に・・・なんて思ったりしています。

001
☆IMGP5001

002
☆IMGP5002

003
☆IMGP5003

006 東の堤
☆IMGP5006

010 西の方には薄青く奥多摩エリアの大岳山(左)、御前山(右)が見えています。
☆IMGP5010

011
☆IMGP5011

012
☆IMGP5012

016
☆IMGP5016

018
☆IMGP5018

020
☆IMGP5020

022
☆IMGP5022

023
☆IMGP5023

024
☆IMGP5024
既に半世紀以上も前になりますが、小学校1年生の遠足でこの宮沢湖に初めて来ました。

025
☆IMGP5025
当時、入間郡の・・・村立の・・・山の中の小学校からバスで飯能の街まで・・・
何処で下車したか、路線バスだったか、貸し切りバスだったか・・・全く覚えていないのですが、
当時は一学年の人数が少なく2年生と一緒の遠足でした。

026
☆IMGP5026

今想えば木造の商店街から砂利道を歩き、中山辺りを北に向かった淡い記憶があります。
既に半世紀以上を経た今、記憶はだいぶ退色しぼやけています。

027
☆IMGP5027

028 岸辺に近いところに魚影が沢山見えます。
☆IMGP5028

なんていう名の魚なのでしょう・・・餌でもあるのか、それとも暑いので木陰に集まっているのでしょうか・・・

030
☆IMGP5030

031
☆IMGP5031

033
☆IMGP5033

034 木陰の間から見える入り江・・・こういう感じが好きですね。
☆IMGP5034

036 
☆IMGP5036

037 ムーミンが楽しめそうな水場です。
☆IMGP5037

039 湖のほぼ北岸に着ました。この辺で約半周でしょう。
☆IMGP5039

b5b
20151114015219b5b[1]

◇閉鎖される直前の宮沢湖を歩いてみました。
再び開放されて歩けるのはいつなのか、開園の日が気になりますね。
それにこの緑がどのように生かされた施設になるのか、出来るだけ緑とこの地形を残して欲しいと思っています。
-2につづきます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:41 [edit]

category: 飯能周辺

宮沢湖 4 ムーミンのテーマパーク予定地をさまよう(終回)   

宮沢湖 4 ムーミンのテーマパーク予定地をさまよう(終回)
2015/11/7
▽051a
☆IMGP1051a

前回は
⇒  宮沢湖 3 ムーミンのテーマパーク予定地をさまよう

◇関連ニュース:
 ムーミン テーマパーク「Metsa」が埼玉県の宮沢湖エリアに2017年オープン
 世界初のムーミンをモチーフとした総合施設も用意

⇒ 関連ニュース:ムーミン テーマパーク「Metsa」が埼玉県の宮沢湖エリアに2017年オープン世界初のムーミンをモチーフとした総合施設も用意

⇒ 関連ニュース:ムーミンテーマパーク

▽136 地図
☆IMGP1136

①から入り、あちらコチラをフラフラとさまよって②③④⑤⑥と進んできました。

しかし、このままのペースで行くとなかなか終わらず。年を越しそうな勢いです?
年内は諸々あり、山へ芝刈りに行ったり、出来れば逃げたい換気扇や窓ガラス拭きなどの
楽しき作業が待ち受けています。

そう考えると端折ってでもそろそろ宮沢湖をお仕舞にしないと12月は大変なことになる・・・
それで⑥から一気に⑭までを・・・いつも通り単に画を並べるだけですが。

▽997
☆IMGP0997

▽001 西の入り江付近
☆IMGP1001

▽005
☆IMGP1005

▽006a
☆IMGP1006a

▽008
☆IMGP1008

▽012
☆IMGP1012

▽019
☆IMGP1019

▽027
☆IMGP1027

▽029
☆IMGP1029

▽035a
☆IMGP1035a

▽040
☆IMGP1040

▽043
☆IMGP1043

▽053
☆IMGP1053

▽058
☆IMGP1058

▽059
☆IMGP1059

▽060
☆IMGP1060

▽061
☆IMGP1061

▽067 地図の⑨付近
☆IMGP1067

▽071 堤から
☆IMGP1071

▽074 11月7日現在、紅葉はまだまだのようです。
☆IMGP1074

▽076 流れ出しの水路が2本・・・小畔川に行くのでしょうか。
☆IMGP1076

▽079 
☆IMGP1079

▽083
☆IMGP1083

▽087
☆IMGP1087

▽089 宮沢湖の由来
☆IMGP1089

▽091
☆IMGP1091

▽093
☆IMGP1093

▽098
☆IMGP1098

▽100
☆IMGP1100

▽103
☆IMGP1103

▽109
☆IMGP1109

▽113 ここでやっと一周です。
☆IMGP1113

▽124 地図②付近
☆IMGP1124

◇ムーミンのテーマパークの予定地、宮沢湖を歩いてみました。
11月はじめのここは、色付きの始まりかけた広葉樹に明るい日が射し、綺麗な色になっていました。

湖岸の道は紅葉の始まりかけ、樹木と背景の水面は見事に調和し、
見飽きることの無い周回路は続きます。
日本の秋の風がここまで来たのを感じます。

テーマパークの建設がいつから始まるのか、
そして今回歩いた小路がそのまま残るのか、残らないのか、気になります。
願わくは何らかの形でさまよえる周回路を残して欲しいと思います。

▽629 あけぼの子どもの森公園・・・建物は確かな造り、良材工作で手抜きは全く見えない。
☆IMGP9629
上は既に開園している通称ムーミン谷の「子ども劇場」
営利企業のような見せる部分とそうでないところの差は無い。
何処を覗いても本物のつくり、それもピカピカに磨かれている。

これが嬉しいことに全て無料で開放・・・維持管理費が心配になってきた・・・
イヤ、いけないイケナイ、ムーミンの世界に夢を壊すような無粋なことは(笑)
(あけぼの子どもの森公園(ムーミン谷)飯能市・阿須)
【注意:▽629の画像は季節、時刻、天候、心のありようによって、この様に見えないこともあります】


▽474 「ムーミン基金創設へ」
☆IMGP1474

ところで・・・ムーミンって何者なのでしょうか



☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 16:46 [edit]

category: 飯能周辺

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード