fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

ハイイロチョッキリ 遭遇ならず 2023 10 ・・・   

ハイイロチョッキリ 遭遇ならず 2023 10 ・・・
914a (コナラ)シギゾウムシ・・・玉乗り子ちゃん
cP1053914a.jpg
  ↑ ハイイロチョッキリではありません。
上に(コナラ)シギゾウムシと書きましたが「コナラシギゾウムシ」とも云うらしいです。
しかし、このドングリはアラカシの実です。ヤヤッコシイ書き方でした。
ハイイロチョッキリという昆虫の名を知ったのは5,6年前のことになります。
その時は実際の姿を見たわけではなく、校外学習(小学生)の下見時、エコツアーガイドの先輩が登山道(天覧山-多峯主山)に落ちていたコナラの小枝を指して「ハイイロチョッキリが落とした枝」と教えて頂いたものです。

490 ハイイロチョッキリが切り落としたコナラ
cP1053490.jpg
その時に「ハイイロチョッキリ」とは面白い名前だと思い、帰ってから調べるとゾウムシの仲間でありオトシブミの仲間でもあるらしいことが分かりました。
(オトシブミもエコツーリズム・エコツアーに関わり始めたころ教えて頂いたものです)

◇ハイイロチョッキリ(この写真、転用禁止です)
c2023 09 21ハイイロチョッキ枝の切断 南大沢季節便り
↑ これがハイイロチョッキリです。
上はお借りしている写真で小学生の校外学習に使わせて頂いています。
残念ながら当方は現物に遭遇したことはありません。

591 ハイイロチョッキリが開けた穴です。
cP1022591.jpg
この穴に卵を産み付け、穴を塞いでから切り落とします。
9月頃、天覧山の登山道にはハイイロチョッキリに切り落とされたコナラの小枝が沢山落ちています。
後日、学術調査?のために・・・この小枝の中を確認したのが次の写真です。
842 卵から幼虫になっていました。
cIMGP3842.jpg

これで切り落とされた小枝と、穴を開けられたコナラの実、中に幼虫がいたところまでは現物で確認が出来ました。
残念ながら成虫はまだ見たことがありません。枝を切っているところを見たいですね。
~~~
そう云うことでトップの写真、シギゾウムシの玉乗り子ちゃんに話題を繋ぎます。
914a 手中に!!
cP1053914a.jpg
ドングリ(アラカシ)の写真を撮ろうした時、
偶然に実とハイイロチョッキリ?が落ちてきました。
(実はシギゾウムシだったのですが)
907 (コナラ)シギゾウムシ
cP1053907.jpg

908 この時、やっとハイイロチョッキリに会えたと思ったのですが
cP1053908.jpg
後日、この写真をコジコジさん(エコツアーガイドの昆虫に詳しい人)に見てもらったところ、チョッキリしないシギゾウムシということが分かりました。
Webからの情報によると、シギゾウムシはドングリに穴を開けて卵を産み、枝の切り落としはしないが、実を落すらしいです。(ハイイロチョッキリとシギゾウムシは口吻に違いがあるため)

では、シギゾウムシの特技、玉乗りの妙技をご覧ください。
913
cP1053913.jpg

916
cP1053916.jpg

918
cP1053919.jpg

919
cP1053919.jpg

920
cP1053920.jpg

921
cP1053921.jpg

922
cP1053922.jpg

923
cP1053923.jpg

924
cP1053924コナラシギゾウムシ

925
cP1053925コナラシギゾウムシ

926
cP1053926.jpg
突然、手中に落ちてきながらも何ら慌てることもせず、(こちらがドキドキしちゃいましたよ)玉乗りの曲芸まで披露してくれて、とてもフレンドリーな玉乗り子ちゃん(シギゾウムシ)でありました。

912 
cP1053912コナラシギゾウムシ
いつも「シジュウカラのピーちゃん」や「カマキリ」とばかり遊んでいるわけではありません。
たまには「ハイイロチョキリ」とも仲良くなりたいのですが、n十年を生きて来てまだ一度も出合ったことがないのです。
931
cP1053931アラカシかな
そんな一度も見たことのないモノと仲良く遊ぶことはかなり不可能に近いことですが、一瞬的に「おお!やっと出合えたか~」と喜んだのが今回のシギゾウムシさんであります。
しかし、ハイイロチョッキリではなく、そのお仲間のようでした・・・

さて、早いもので今年も残り一週間です。あと一回アップ出来るかどうか微妙な状況です。
途轍もなく暑い時季が続いたのも何時のことだったかという感じで、今日は大変寒い日でした。
時節柄、皆様ご自愛くださいますよう。そして良い年をお迎えください。


下のアイコンから◆奥武蔵・飯能情報◆ランキングへ  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 01:29 [edit]

category: 鳥 昆虫と遊ぶ

名知らず との 遭遇  2022-09-12  

名知らず との 遭遇  2022-09-12

922 カワイイ昆虫だが、名知らず・・・
b☆IMGP7922

最近どうしたことか、こういうのが遊びに来る。
だいぶ山の中に住んでいるちゅうことだろう。

 首切螽蟖=クビキリギス 2021-12-02

⇒ カマキリ と ブルーベリー  (2022-09-22

ひと月ほど前のことかわいい虫が遊びに来た。

905
b☆IMGP7905

名知らず・・・バッタとかキリギリスとかの仲間か?

907
b☆IMGP7907

恥ずかしい話だが、数年前まで昆虫とかの分類などは全く知らずにいた。
いや本当のところは今もほとんど分からないでいる。

910
b☆IMGP7910

昆虫ってのは虫の仲間で、体が頭部、胸部、腹部から構成され、足が6本らしい。

911
b☆IMGP7911
と云うことは車で言うとスリーボックスか?
ああ、でもタイヤ(足の代わり)は4本しかないね・・・

914
b☆IMGP7914

そうなるとこの虫も、よく現れるカマキリも昆虫ってことになる。

915
b☆IMGP7915

それで昆虫の中でもバッタ、キリギリス、カマキリなどの仲間かと思うのだが、
この昆虫は何なんでしょう。

919
b☆IMGP7919

Webで見当を付けて画像を探してみたが、どうも確定できない。

921
b☆IMGP7921

取りあえず、似ているなあと思うのはクツワムシかアオマツムシだ。

Webの画像を根気よく見るとアオマツムシの方が背の文様が似ている。
あるいはその親戚?だろうと云うことにしておく。

920
b☆IMGP7920

アオマツムシは
Webによると昔、中国から入って来た。桜や欅の木にいるが、見つかり難く捕獲困難と云うところが引っかかる。
見つかり難く、捕獲困難であれば、ナゼ手の上で遊んでいるの?

303 あら、カマちゃんがキタ~ ハイ、ハイ、カマちゃんもカワイイよ!

b☆IMGP8303up


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:02 [edit]

category: 鳥 昆虫と遊ぶ

カマキリ と ブルーベリー (2022-09-22)   

カマキリ と ブルーベリー  (2022-09-22)   

291a カマちゃんはブルーベリーが好きなようだ。
b☆IMGP8291a

改めてお断りする必要もないのだが、
以下のような画像を見ると、世には無条件で思い込みされる方が
稀にいるかも知れないので

280 カマちゃん ブルーベリーは好きかい?
b☆IMGP8280

ハッキリ申し上げておきますが、
山人は「カマキリ使い」でも「昆虫慣らし」でも、ましてや「じゃじゃ馬ならし」でもないし、
当り前だがそれに詳しいわけでもない・・・

281
b☆IMGP8281
ついでに「象使い」というのがあるが「カマキリ使い」という職業があるかどうか知らぬ。

282 カマちゃんはミカンの木にいます。
b☆IMGP8282
それでも昆虫やカマキリを好きな人はいるし、カマキリと戯れるのが趣味な人はいるらしい・・・
らしいちゅうのは知り合いにはいないが、世間には様々なことに価値を持った人がいるからね。

因みに象使いの資格がラオス(資格取得ツアーもある)にあるらしいが、
カマキリ使いがそのうちに国家資格に格上げされるなどと言う・・・そんな噂はマッタクないね。 

283 カマちゃん ブルベリーは好きかい? 興味あるようだな
b☆IMGP8283

312
b☆IMGP8312

そうそう、当市エコツーリズムのある会には昆虫に詳しいプロがいるから、
昆虫のことを詳しく知りたいと思ったら
「入会したり関係するエコツアーに参加してみるのも良いかも」などと、さりげなく誘導したりして・・・

まあ、そんなことで前触れだけでひどく息切れしてしまい
いつもながら本文には中身も外身もないね。

284 秋の始まる頃、ミカンの木でカマちゃんをめっけ !!
b☆IMGP8284

293 緑の葉(ミカン)にカマキリも同色。
b☆IMGP8293
近くに鳥さんがいるから見つからないようにしているのかと思ったら
獲物に気付かれないようにもあるらしい。

昨年はいろいろ遊んでくれてありがとう。
 カマキリ君 ファイターの再登場 (閑話) 2021-09-25  

 小庭のファイター  (閑話) 2021-09-17

夢の無いことだが、実際には昨年のカマキリとは世代が異なり、別人、いや別カマでしょう。

286
b☆IMGP8286

それで傍にあるブルーベリーの小さな木から一粒を採って、カマちゃんに食べるかどうか訊いたら、
返事もせずにいきなり(手なのかカマなのかで)ひったくるように取って抱え込んだ。

早わざだね!
アッと思う間もなく正に電光石火、時間にして僅か1/10秒とか1/100秒だろう。

288
b☆IMGP8288

ブルーベリーはカマキリの大きさから見れば、ヒトが大きなスイカを抱えるよりも大変だ。
食い物に執着するのは人もカマキリも同じようだ。

289
b☆IMGP8289

カマちゃんね ブルーベリーは今年は終わりだからまた来年来てね・・・
ああ、待てば次はミカンの季節になるけど、どうなんだろう。ところでアンタは越冬できるのか。

292  そんなにガッツかなくても食べたければあげるから
b☆IMGP8292

まあそんなことで
◆エコツーリズム☆2022年エコツアーガイド養成講座☆です。
2022-10-エコツーアーガイド養成講座

2022-10-29エコツアーガイド養成講座 申し込み1
2022-10-29エコツアーガイド申し込み2
エコツーリズム・エコツアー 地元の者が地元の言葉で案内する。
◆どんなもんか「エコツーリズム推進課」に聴いてみんべえや。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 21:19 [edit]

category: 鳥 昆虫と遊ぶ

tb: 0   cm: 6

首切螽蟖=クビキリギス 2021-12-02  

首切螽蟖=クビキリギス 2021-12-02

410  昨年末のこと
☆IMGP2410

冬の夜の侵入者
その名は「首切螽蟖=クビキリギス」であった。
(クビキリギリスとも云うらしい)

昨年は面白いカマキリが登場したっけ
カマキリ君 ファイターの再登場 (閑話) 2021-09-25

昨年の秋に面白いカマキリに遭遇してから、その後も何種類かの昆虫に出合う機会があった。
追々にそのことは記そうと思うが、今回は初めてのクビキリギスである。

予めお断りしておくが、昆虫(も)詳しいワケではない。
「エコツーリズム・市民ガイドの会」には動植物(昆虫、野鳥、川の生物、草花樹木)にとても詳しい方が何人もいるので、機会ある度に教えて頂いているが…残念ながら徘徊担当の山人は一向に覚えることができない。

405 冬の夜の突然の侵入者である(2021年12月02日のこと)
☆IMGP2405
何処から来たのって そりゃあ隙間だらけの家だから
で、アナタはナンテ言うの…
カマキリくらいは知っている。
あとはバッタとかコオロギの名前は聞いたことがあるが、昆虫の知識は殆ど無い。

406 昆虫って今の時季は土の中に潜っているのじゃあないか
☆IMGP2406
外は寒いから来たのか

407 なんか なれなれしい が
☆IMGP2407

408 しかし見れば カワイイものだ
☆IMGP2408

409 手に乗って遊んでいるが
☆IMGP2409

410 六本脚の爪で掴まれる
☆IMGP2410
ナントも妙な感触

412 しかし横から見る首は
☆IMGP2412
金槌のような形で 顔が長い

413
☆IMGP2413

さて、何者かとWebで調べてみると
首切螽蟖…「くびきり」までは読めるが、その後の二文字が読めない
しかし、クビキリギスとも書かれていた。

414 やっぱり 首が妙な形してる。
☆IMGP2414

415 首切(り)とは「あっさらっしい」…(飯能弁で恐ろしいということだ)
☆IMGP2415

416 
☆IMGP2416

しかし首切と言ってもこの「クビキリギス」は「首切り役人・山田浅右衛門」のように
ヒトの首を切るワケではない。

417 知らずに遊んでいたのだが
☆IMGP2417

調べると、噛みついたら離さないらしい
強力な顎の力を持っているのいるのか、ガッシッと噛みつかた時に離そうとすると
噛みついたところは離さずに首が切れてしまうらしい。
Webには噛まれた人の指から鮮血がタラリと…あっさらしいクビキリギスだ。
それでWebで噛まれたのを見ただけと思っていたら、
なんとリンク先の「青と緑の絵もよう・くろすけ」さんも噛まれて痛い思いをされ、その時に首が切れたまま残ったと、イヤ恐ろしき首キリギリスだ。

420 知ってしまえば 警戒しないワケにはいかない
☆IMGP2420
噛まれる前に静かにお引き取り願うしかない。

421 玄関に置いた草の上に移ってもらったが
☆IMGP2421

425 あら、いつの間にか アブチロンに
☆IMGP2425

翌朝「クビキリギス」の姿は見えず…無事に外に行ったか
内の何処かに身を潜めたかは未だに不明である。
~~~
991 春の幼いキリギリス(2022年05月02日)
☆IMGP5991

シロツメクサが揺れたので、よく見たら小っちゃなキリギリスがヨチヨチと
(幼いキリギリスと思っているが誤っていないだろうか)

992 脱皮したばかりである。
☆IMGP5992

キリギリスは脱皮するのか…知らなかった。

997 手を出すと飛び付いてきた。
☆IMGP5997

これもカワイイものだが、気をつけなくちゃあいけないよ。
暖かくなるとシジュウカラのピーちゃんは動物性蛋白を食べたくなるようで、
見つからないようにな…*閑話*


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 20:32 [edit]

category: 鳥 昆虫と遊ぶ

シジュウカラ_ムクドリ_スズメ 三者三様から 2022-03-初め  

シジュウカラ_ムクドリ_スズメ 三者三様から 2022-03-初め

(不鮮明な画像は網戸越しに撮ったものです)

2 いつものように シジュウカラの ピーちゃんが
☆IMGP4202

落花生を啄んでいると二羽のムクドリが接近してきました。  

◇シジュウカラに「ピーちゃん」と 勝手に名前を付けてみました。

昨年のシジュウカラ(四十雀)
シジュウカラ(四十雀) 1 2021‐10-dd~12-10
シジュウカラ(四十雀)と落花生 2  2021-12-16~24

8 上にピーちゃん、下にムクドリ
☆IMGP4148
ムクドリも落花生を食べるのですが
ピーちゃんのように落花生や細い針金に掴まる技が出来ず、食べられません。
ムクドリは何とも微妙なおもいで、ピーちゃんが落花生を啄んでいるの見ているしかありません。

9 さて、木の下にはスズメがいます。
☆IMGP4149
スズメも落花生を食べますが、
やはりピーちゃんの技を真似ることが出来ません。
(不安定な落花生に取り付いて啄むことが出来ないのです)
それで
スズメは地上でオコボレを待ちます。
ピーちゃんが落花生を突っついて失敗し、落としたカケラを戴いているのです。

0   落花生を獲れないムクドリは木を突っついています。
☆IMGP4150
落花生は食べたいのですが、ピーちゃんの真似は出来ず、
そうかと言ってスズメのように地上でおこぼれを拾うことも出来ません。
ムクドリにはプライドが有り、スズメとは違うのです。

1 「武士は食わねど高楊枝」と いったところがムクドリの心境でしょう。
☆IMGP4151

シジュウカラ ムクドリ スズメ それぞれの考えは 三者三様です。

2 スズメは相変わらずピーちゃんが落花生を
☆IMGP4152
落としてくれるのを待っています。
この場合、スズメはプライドよりも実利に徹して生きる道を選んだわけです。
スズメは したたかに、地を這ってもエサを  鳥に 採りにいきます。

この有り様を見ると 
人の社会も鳥の社会も同じだなあと思ったりします。
それぞれの考え方や能力、地位や境遇によって、演じる場があるのです。

「東海道 駕籠に乗る人 担ぐ人 そのまた草鞋を作る人」
様々な立場の人の勤めがあって、世の中が上手く回っていく
鳥のことですが これはあまりにも飛び過ぎでしょうか!!??

では 自分はシジュウカラなのか ムクドリなのか スズメなのか?
考えたことは有りませんが
選んだ道や 与えられた場で 
自分を存分に演じ切る事が大切なのかなと  特に余命僅かな身とし惜しむことなく…

3
☆IMGP4193

三月に入り、だいぶ暖かくなってきました。少し歩くだけでも汗ばんできます。
暖かくなったのは良いのですが、風に乗って花粉が舞って来るし、コロナは変異して収まらず、更に欧州ではロシアがウクライナに戦争を仕掛けてトンデモナイことが起こっています。

7 ピーちゃんの世界では三者三様
☆IMGP3307
争いなくそれぞれの立場で棲み分けているようです。
人の世界も出来ればそうありたいものです。

花粉やコロナは、自分で何とか対処していますが、戦争を止めることは何ともしがたいことです。血気盛んな齢であれば志願して、いや、しかし何も経験はないから後方でラーメンを作ったり荷物運び…何も役に立ちそうもないですね。人道支援など、何か出来ないとかと考えたりしています。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:56 [edit]

category: 鳥 昆虫と遊ぶ

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード