FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

有間川_源流を目指す–6 白岩沢(県造林)~源流域に 2020-11-29  

有間川_源流を目指す–6 白岩沢(県造林)~源流域に 2020-11-29

892 有間川の源流域
☆IMGP4892

有間川の前に
先ず! 本日(1月7日)二度目の緊急事態宣言発令!です 
うつら ない! うつさ ない! ために
個々に出来る防御行動を根気よく、徹底してやっていくしかないですね
やっても防ぎきれない場合が有るかも知れません
しかし、それをやる事によって
自分<家族<社会・医療への影響を左右する
そう信じてひたすら実行し 凌ぎましょう
 
先には河津桜! その先にはソメイヨシノ!
更に先には 御衣黄が待っていてくれます!!


~~~

有間川のつづき

例年になくコロナで異常なお正月でした。
それでも天気は晴れて寒波もそれ程でもなく、そこいら辺をフラフラとさまよい過ごすにはまあまあの日々でしたね。

さて、昨年の晩秋に名栗湖(有間ダム)から有間川の源流を2日間(実質は9時間ほど)歩いた時の続きです。

前回は⇒
 有間川_源流を目指す–5 林道有馬線~白岩沢 2020-11-29

◇地図02 前回は地図中の⑳まで
☆有間川 地図02

846 地図中の⑳辺り「白岩沢県造林」の表示板
☆IMGP4846

この辺が白岩沢と言うのでしょう。
有間川が白岩沢に変わったのか? あるいは白谷沢とは単なる場所(地、地名)を指して、有間川はそのままの名でまだ続くのか…?
どちらにしても、もう少し行ってみようと思い、下の地図に沿って遡ります。
◇地図03 今回は⑳から27まで
☆有間川 地図03 日向沢ノ峰

848 源流に繋がる沢、地図の⑳
☆IMGP4848

849 道が右に曲がり登ってきた道が、谷の向こうに見えます。
☆IMGP4849

地図の21辺り道から右方向を見ています。

850
☆IMGP4850

851 地図の21~22 
☆IMGP4851

853 地図の23辺り
☆IMGP4853

854
☆IMGP4854

855 谷は林道の向こう方向、左下からだいぶ離れています…
☆IMGP4855

⑳一旦、林道有馬線は川から離れるように右に曲がり、左に右に左に…数回曲がると、左手下の深いところに谷(有間川)が見えるようになります。

857 地図24辺り…日向沢ノ峰方向、桧の間から鉄塔が見えます
☆IMGP4857

860 左手谷の向こう側に林道のガードレールらしきものが見えます。
☆IMGP4860

南の方角ですから、都県堺の尾根に沿って東西に走る林道大名栗線でしょう。

この辺の林道の多くは通行止めになっています。
有馬線を西に向って登っていますが、通行止めでも徒歩は通って良いですよね…?

林道通行止め情報 ⇒
 林道通行止め情報

861 前方は西、間違ってなければ日向沢ノ峰方面です。
☆IMGP4861

863
☆IMGP4863

865 林道大名栗線でしょう。
☆IMGP4865

867 地図25辺り
☆IMGP4867

869 (林道有馬線)進むに従って左手の谷が近づいてきます。
☆IMGP4869

870 今度は山側(右手側)の上にガードレールが見えます。
☆IMGP4870

北に向かう林道大名栗線で、先は有間山の東を通り蕨山の手前から下ります。

874
☆IMGP4874

875 十字路の左右は林道大名栗線です。
☆IMGP4875

歩いて来た林道有馬線は十字路の先に少し延びているのですが、有馬線自体はここで終点になります。
「林道有馬線」の終点標識です。思ったよりも短かったですね。
それと侵入禁止の警告表示があります。
え~と これより先は車両の進入が禁止…徒歩であれば可ですね!?

876 林道の標識(林道有馬線・終点)
☆IMGP4876

877 林道大名栗線は「つ」の字の様に左に曲がって東に行きますが、
☆IMGP4877

有間川(源流域)は林道を潜り、ほぼ直進して西に行くようです。

878
☆IMGP4878

879 有間川はこちら
☆IMGP4879

880 源流はこの先のようです。
☆IMGP4880

882 左は林道大名栗線、谷は有間川
☆IMGP4882

884 砂防提の右を進める所まで行ってみようと思います。
☆IMGP4884

885
☆IMGP4885

886
☆IMGP4886

887 地図の27付近、この辺で(時間的に)限界ですね。
☆IMGP4887

僅かな水の流れが見え隠れします。
この辺が有間川の源流域と言うことにして、クマさんに遭遇しないうちに踵を返すことにします。

889
☆IMGP4889

ここが源流だという標識を見つけることは出来ませんが、地図の27の先は西にそのまま延びて県境にある尾根、日向沢ノ峰(地図の34)に行きます。

日向沢ノ峰は⇒
 日向沢ノ峰-3素晴しき尾根(終回

*** 有間川 番外編に続く予定・・・いつになるか ***

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Posted on 22:22 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

有間川_源流を目指す–5 林道有馬線~白岩沢 2020-11-29  

有間川_源流を目指す–5 林道有馬線~白岩沢 2020-11-29

836 白岩沢付近(有間川上流部)
☆IMGP4836

前回は⇒
有間川_源流を目指す –4 龍神渕 と お尋ねモノ 2020-11-29

779 龍神渕を後にして…右・滝の入、左・有間川
☆IMGP4779

奥武蔵、有間川の源流を探しに遡っています。前回は「龍神渕・有間大渕」で時間をとられて、と言うか、特定できない工業製品を見てしまい、偽術者魂に小火が生じ「これは何だろうと」とサル並みに考え、八方手を尽くしたのに未だに特定できずにおります。公庁各位にはこの忙しい時季にも関わらず、そん(損)なことに嫌な顔をひとつもせず付き合って頂きましてすみませんでした。お詫び申し上げます。

775a 前回・龍神渕で見た「お尋ねモノ・これは何ですか?」
☆IMGP4775a

◇「有間川」を検索すると新潟県上越市にある地名が出てきます。
残念ながら奥武蔵の有間川は知名度で上越市に負けている様です。

783 
☆IMGP4783

有間ダムや有間川(飯能)の知名度をどうしたら上げられるか…有間ダムやノーラ、棒ノ嶺・白谷沢の周遊などに林道有馬線歩きの楽しさをどの様にして伝えるか…蜜を避けるとか、アウトドアとか良い時期なので考えてみたいものです。

---上は余談でした---

さて、
そんなこんなで龍神渕に再び寄らなければもう少し捗ったのですが、過ぎてしまったことは仕方ありません。
では、続きです
786
☆IMGP4786栃ノ木入橋

「瀧の入橋」を過ぎて、次の「栃木入橋」を渡り有間川の右岸に沿って源流を目指します。

787
☆IMGP4787

788
☆IMGP4788

789 50年生位の桧(皮の状態から推測)
☆IMGP4789

790
☆IMGP4790

793 有間川に沿う 大きな杉の木の道(90年以上?)
☆IMGP4793
この杉が川沿いに植えられている理由…
昔から奥武蔵では木を植える場合に「上松、谷杉、平桧」と言われているそうです。
念のために読み方は「ウエマツ、タニスギ、ヒラヒノキ」 ナカヒノキとも言うようです。
語呂が良いので憶えやすいですね。
山の上や尾根には松を、谷の近くには杉を、中段や平らな所には桧を植える。
風当たりや谷近くの崩れ防止に、経験や木毎の根張り等を考えたこの地方に合った基本的な植え方のようです。
(他の地方にこれが通用するかどうか分かりません)
確かに谷川に沿った松は見ないですね。

796
☆IMGP4796

797
☆IMGP4797

800
☆IMGP4800

802 ?「令和元年台風19号災害」と記された杭
☆IMGP4802

803 対岸に数段構えの滝が見えます…雨季に見たいですね。
☆IMGP4803

804
☆IMGP4804

805 やはり19号でしょうか、路肩が抉られています。
☆IMGP4805

807
☆IMGP4807

810 
☆IMGP4810

811 「林道有馬線」起点の標識が出てきました…あら、、ら!
☆IMGP4811

では今まで歩いて来たこの道は…
有馬線ではアリマセン?

有馬線ではなかったと言うことです。
私が歩いて来た道は何だったのしょう。

812
☆IMGP4812

813 ゲートによって一般車両の通行禁止されています。
☆IMGP4813

「埼玉県川越農林振興センター」の標示があります。
「森林管理道有馬線」の起点と終点の間にこの埼玉県川越農林振興センター(担当:治山・森林管理道)と記してあると言うことは
この「有馬線」の管理者ということでしょうか…
有間線ではなく有馬線と言う理由や意味を伺ってみたいですね。

815 この砂防堤を右手にみて812の橋を渡ります。
☆IMGP4815

有間川はほぼ直進していますが、道は登坂を左に曲がって行きます。

817 
☆IMGP4817

822
☆IMGP4822

823 暫く上ると右に返し
☆IMGP4823

825 対岸の山頂が見えてきました。
☆IMGP4825

正確には分かりませんが、有間峠から南西に向う山稜コース、仁田山近辺かなと思いますが、お判りの方、お教えください。

826 
☆IMGP4826

827 右下深くに登ってきた林道と有間川を見ながら進むことになります。
☆IMGP4827

830
☆IMGP4830

832 砂防提と崩れた石垣が見えます。既に遺跡の雰囲気があります。
☆IMGP4832

835 とても良い雰囲気の谷が見えます。
☆IMGP4835

時間さえあれば、谷底まで降りてみたいのですが、まだ源流まで到達してないためにそのまま林道を進みます。

838 積み石
☆IMGP4838

839 登るのに従って谷が林道に近づき
☆IMGP4839

更に進むと今度は右手に折れて再び橋を渡ることになります。

840 対岸に遺跡のような三段構えの石垣が見えます。
☆IMGP4840

841 左手の大岩
☆IMGP4841

842 
☆IMGP4842

843
☆IMGP4843

844 源流はまだまだ先のようです。
☆IMGP4844

845 時季的にすっかり落ちた葉が、谷の周りを覆っています。
☆IMGP4845

この時季の慌ただしい下界から逃れ、源流探しの序にこの風景に浸れる…
至福の一時とは正にこのことです。
(マアそれは当人がそう想うだけで、何処が面白いのと周りからは変人扱いでありまする)

846a 白岩沢(県造林)
☆IMGP4846a

何処から有間川が白岩沢に変わったのか、あるいは川とは別な意味で
白岩沢という位置(場所)を示しているだけなのか分かりませんが、
この辺からが白岩沢(場所)なのでしょう。

* * * 有間川_源流を目指す -6 に続きます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:20 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

有間川_源流を目指す –4 龍神渕 と お尋ねモノ 2020-11-29  

有間川_源流を目指す –4 龍神渕 と お尋ねモノ 2020-11-29

757 龍神が住むという 伝説の渕
☆IMGP4757

766A 龍神宮(有間大渕) 渕を見下ろす石標
☆IMGP4766有間大渕 龍神宮a

「有間川_源流を目指す」の1~3までは11月23日でした。
-4以降は11月29日に改めて歩き直しをしたことになります。

447a 竜泉寺(県道から有間橋(入間川)を渡り、名栗湖に向ってすぐの右手)
☆IMGP5447a
(上の文中「有間川奥の大渕」とは龍神渕と思われる)

749a 龍神渕入口
☆IMGP4749a

前回は「栃ノ木入橋」を過ぎたところで引き返しましたので、本来であればその続きなのですが、前々回、「龍神渕」の所で見落としがあったために再び龍神渕と思われる所に降りてみました。

前回は⇒ 
有間川_源流を目指す –3 滝の入橋~栃の木入橋 2020-11-23

749 4、50年生程の杉の所、この標識から有間川の左岸に降ります。
☆IMGP4749

アジサイに覆われた狭い道を川縁に向って下っています。
かなり急なために慎重に降ります。

◇ 有間川地図02 
有間川 地図02

処は地図の⑮辺り、名栗湖から西へ有間川を遡り、観光釣り場を経て川沿いの道を進むと車が2台ほど止められそうな広さの所に749の〈龍神渕〉の標示が見えてきます。
この道は当初詳細図に記されていた「林道有馬線」と思っていたのですが、どうも違うようです。林道有馬線の起点はもっと先にありました。
それでこの道はなんって言うのでしょう? 
それと有間川に並走しているのに有馬線とは?ナンデデショウと疑問が生じました。

750 このような処を下って行くと
☆IMGP4750

751 晩秋の紅葉
☆IMGP4751

対岸には積もった落ち葉と、残り火の様に色を付をした黄色の葉が見えています。

753 足元が不安定なところで耐えながら、綺麗な谷を撮っておきます。
☆IMGP4753

754 
☆IMGP4754

756 この先が龍神渕のようですが
☆IMGP4756

降りてきた左岸からこれ以上、上流側に行くのは困難で右岸に渡って遡ることにします。

758 大きな岩に囲まれ、伝説の渕らしい雰囲気が出ていますね。
☆IMGP4758

759 水量の少ない時季とはいえ、安易には対岸に渡れません。
☆IMGP4759

760
☆IMGP4760

762 岩を伝って何とか右岸に
☆IMGP4762

763 右岸に渡り龍神渕を目指します。
☆IMGP4763

765
☆IMGP4765

766 右岸の少し高い岩場に
☆IMGP4766有間大渕 龍神宮
石標・龍神宮(有間大渕)とあるのを発見 ここが龍神渕で間違いないようです。
2019年の台風19号時、その豪雨の影響はなかったようです。

767 龍神渕
☆IMGP4767

流量の少ない時ですが、巨岩に囲まれた両岸に大きな針葉樹と広葉樹が砦の如くあり、渕の名に相応しい異空間の雰囲気が感じられます。

768 大岩の静寂に吸い込まれるような
☆IMGP4768
非日常の中にいます。(内心、熊さん来ないでと祈りながら)

770
☆IMGP4770

771 奥深い有間川…何が出て来てもおかしくないのですが
☆IMGP4771
遭遇を願わくはカモシカさんあたりで…

772 岩と木の協力
☆IMGP4772
木が岩に助けられているのか、岩が木に助けられているにか…
どちらが無くても2019年の台風19号に流されているのでは

773 龍神渕はこれで、おさらばしたかった
☆IMGP4773

774  ・・・ の ですが
☆IMGP4774

少々面倒なモノを見てしまいました

775 お尋ねモノ…これはナニ?
☆IMGP4775
コンクリートに組み込み固定されたモノ…猿知恵偽術者の脳をフル回転させても特定できません。
推測では電気配線の①ジョイントボックスに似ていますが、仮にそうだとしてもコンクリートの中に埋め込れたものを初めてみました。
②山中の谷に有ることからの推測では、何らかのセンサー、検出器…例えば、崖や護岸の歪を検出し…そのデータを送る?

マアいくら考えても偽術者には特定出来ません。
後日、調査の聴きこみ開始です。

876a 
☆IMGP4876a

先ず有間川と林道有馬線を管理しているのは何処か?
(1)市役所に電話してお聴きすると→(2)県土整備部飯能県土整備事務所とのこと それで画像を持ってそこへ伺ってみたのですが、どうも違うようで(何なのか不明)。お忙しい中、お調べ頂きましてすみませんでした。
(3)有間ダム管理事務所で分かるかもと それで有間ダム管理事務所に伺ってみたが、ダムに関係するものは有間山の方に雨量などの計測類は置いてあるが、龍神渕の方にはダム関係のモノ置いてないとのこと。お忙しい中、幹部の方に丁寧な対応とご検討を頂き有難うございました。
(4)それで再び市役所の総合案内から有間川の担当は「道路公園課」と聴いて2Fの道路公園課に…担当の方に見て頂きましたが「不明…」で…何かのジョイントボックス?かな…ここでもお調べ戴いたり、別の担当の方にも問い合わせして頂いたりで、お手数をおかけいたしました。

意外と手古摺るモノです。
今のところ有間川に転がっていたこのモノが何なのか、手掛かり無し、不法投棄物か…後は環境、土木関連機器のメーカにあたるか・・・

775A 改めて これは何なのか…
☆IMGP4775a

*** 有間川源流を目指す_5に続きます *** 
◇龍神渕は既にリンク先の方が訪れていらっしゃいました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:15 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 9

有間川_源流を目指す –3 滝の入橋~栃の木入橋 2020-11-23  

有間川_源流を目指す –3 滝の入橋~栃の木入橋 2020-11-23

634 有間川
☆IMGP4634

前回は⇒
 有間川_源流を目指す –2釣り場~龍神渕

626 瀧の入橋(滝の入沢、ここからすぐに有間川に合流します)
☆IMGP4626瀧の入橋_滝の入沢

今回の-3は「瀧の入橋」から上流を目指すことになります。
ここで…ドウデモ良いのですが少し気になったことがあります。
橋の親柱には橋と川の名が書かれているのですが、
上に記したように橋名は「瀧の入橋」、川名は「滝の入り」となっているのです。

何だろうと思いますね。

同じ橋ですよ。橋名と川名を書いた人が違うのでしょうか?
仮に違っても打ち合わせたりしないのでしょうか、
それとも橋と川では役所の管轄が違ってどちらも合わせようとしなかった…
…分かりませんがね。
因みにここが起点の林道では「滝の入線」と表示されています。

627
☆IMGP4627

628 滝の入り
☆IMGP4628

630 左は「林道滝の入線」
☆IMGP4630有間林道本線

瀧の入橋を渡り(上の画像では振り返って見ています)上流を目指します。

633
☆IMGP4633

935 有間川
☆IMGP4635

砂利の残っている部分と現状の川幅を見ると、台風19号の出水時には何十~何百倍の水量になっていたのか、恐ろしい感じがします。

636
☆IMGP4636

638 
☆IMGP4638

639 
☆IMGP4639

なかなか良い感じの谷(有間川)が続きますが、谷底に降りてみる時間がないのが残念です。

ここで時間をとられてしまい ⇒
 有間川_源流を目指す -1晩秋を彩る名栗湖畔 2020-11-23

640
☆IMGP4640

641 
☆IMGP4641

642 歩を進めます。
☆IMGP4642

643
☆IMGP4643

主だった木の紅葉はとっくに過ぎているですが、この時刻、曇り気味の天気の下、名知らずの木々の葉が黄色に染められて意外と綺麗だったですね。

644 有間川左岸の枯れた支流
☆IMGP4644

645 有間川本流
☆IMGP4645

647 切通しを抜けると
☆IMGP4647

648 北側に少し青空が見えてきました。
☆IMGP4648

649 スギが植林されています。
☆IMGP4649

651 斜面に道があります。
☆IMGP4651

方向的には大名栗林道方面に行っているはずですが、後日みた詳細図には記載がないので、林業専用路とか、一般人は歩けない道かもしれません。本線からの入り口は金網で閉じられています。

652
☆IMGP4652

653
☆IMGP4653

大きな岩の角に丸みがあります。
大雨の度に他の石と接触したり転がったりで削られたのでしょうが、何十年、何百年とかかっているのでしょうね。

654
☆IMGP4654

657
☆IMGP4657

658 この辺は川底が広がって、穏やかな感じがします。
☆IMGP4658

659 橋が見えてきました。
☆IMGP4659(栃ノ木入橋)

北東(有間川の左岸)から流れ込んでくる「栃ノ木入沢」に架かる「栃木入橋」です。
後日みた詳細図では有間川本流よりも長い感じがしましたが、実際に両方の「流れ出し」部まで行ってみないと分からないですね。

660 橋名は「栃の木入橋」、「栃」の字の上部分しか残ってないですが…
☆IMGP4660(栃ノ木入橋)

661 橋のすぐ近くで「栃ノ入沢」は有間川に合流します。
☆IMGP4661

662
☆IMGP4662

664
☆IMGP4664

665
☆IMGP4665

667
☆IMGP4667

自分的に好みの谷が続き、見惚れてなかなか先に進めないですね。

668
☆IMGP4668

669
☆IMGP4669

671 これが有間川の上流部です。
☆IMGP4671
谷の感じが素晴らしいですね。時間さえあれば、岩まで降りてじっくり見たいところです。

672
☆IMGP4672

この日は15時までに戻る都合があり、この辺で引き返すことにします。

673 右岸側から谷が流れ込んでいます。11:26
☆IMGP4673

彼の有名な「林道タマチャリン氏」から有間川の上流は「白岩沢」と
のアドバイスを頂き、後日改めて詳細図を見直すと近くに白岩沢と記されたところがありました。
11月23日の時点では時間の都合により「栃の木入橋」の少し先で引き返したため、林道有馬線を踏んでなかったようです。

674 戻りの「栃の木入橋」
☆IMGP4674

◇ 地図有間川02
有間川 地図02

この日(11月23日)は地図の⑱の手前にて引き返し、有間川の源流と思われる所には到達しておりません、改めて29日にトライしてみました。

* * * 有間川_源流を目指す-4 に続きます。 * * *


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 20:50 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

有間川_源流を目指す –2釣り場~龍神渕~ 2020-11-23  

有間川_源流を目指す –2釣り場~龍神渕~ 2020-11-23

572 時刻は10時、谷にはまだ日が入らず寒々としています。
☆IMGP4572

有間川の前回 ⇒
名栗湖(有間ダム)周回路をさまよってみる-3_有間川を遡る 2020-08-03

名栗湖の前回 ⇒ 有間川_源流を目指す -1晩秋を彩る名栗湖畔 2020-11-23

前回、名栗湖から有間川を遡ったのは8月(2020年)でした。
それから何時かはその続きを歩こうと思っていたのですが、老い先短い身に反してやたらと処理すべきことが増え、なかなか時間がとれずにいました。

◇ 地図 有間川~名栗湖
有間川 地図

晩秋になり、それも11月も終盤のこの日は23日、8月からとっくに三ヶ月を過ぎ、天気が良いのと時間が空たので少しでも続きをとこの日に歩いてみました。

563 落合橋・逆川(有間観光つり場)
☆IMGP4563

今回は、有間川と逆川の出合い(有間渓谷観光つり場の近く)付近から歩き始めることにしました。
一部は前回と同じ所をトレースすることになりますが、季節が移り川や草木の色が変わっているので退屈することはありません。

564 地図の⑬辺り 逆川…(有間峠方面ですが、現在通行止め)
☆IMGP4564

565 有間川
☆IMGP4565

566
☆IMGP4566

568
☆IMGP4568

570 台風19号(2019年)の時の砂利でしょうか
☆IMGP4570

その厚く堆積した砂利の層が上手く削り取られ、断面が見えます。

571
☆IMGP4571

573
☆IMGP4573

576
☆IMGP4576

577 地図の⑭手前?
☆IMGP4577

578 節理?
☆IMGP4578

579 谷に日の光が入ってないので黒く見えますが
☆IMGP4579
実際にはとても綺麗な流です。

580 ご覧のように道には日が入って明るいのですが、
☆IMGP4580
左の谷(川)はまだ影で暗いままです。10:03

581
☆IMGP4581

582
☆IMGP4582

586 有間川を遡って行くと
☆IMGP4586
途中に川に降りられる道があり、それに沿って降りてみた。

587 
☆IMGP4587

589 なんか良い雰囲気の処ですね。
☆IMGP4589

590
☆IMGP4590

592
☆IMGP4592

595
☆IMGP4595

599
☆IMGP4599

601
☆IMGP4601

603A 山奥からの便りのようです。
☆IMGP4603a
モミジが切手のように張り付いていたので、思わず撮ってみました。

606
☆IMGP4606

607
☆IMGP4607

608 龍神渕の標示 上の地図⑭辺り
☆IMGP4608龍神渕(淵)
降りた谷で適当に見て回り、本線に戻ると「龍神渕」の表示があります。
龍神渕…これは他の方の記事で拝見したことがあります。
気が付かなかったのですが
今、降りたこの谷の近くだったようです。
しかし改めてこの表示から再度降りるのは時間的制約があり、次の機会とします。

~ ~ ~

本線を遡ります。

611
☆IMGP4611

612
☆IMGP4612

613 幹の中がうつろですね。
☆IMGP4613

617 ここも良い感じですが、
☆IMGP4617
直接降りることは出来そうにありません。谷底まで高さ2、30mは程は有りそうです。
何処からか回れそうですが、今日の限られた時間内では残念ながら無理そうです。

人には全く会いません。誰もいませんね。
いるとすれば林業関係者か道路工事関係者位でしょうが、この日はお休みなのか…
主立った紅葉も既に過ぎ、ただ寒いだけの谷川沿いの道です。

618
☆IMGP4618

この日は現地での行動時間は隙間の4時間ほどしかなく、
それに源流までどれ位歩けば良いのか、源流は何処なのか知らずに兎に角行ってみたわけです。
今回も源流に到着は無理そうですが、前回よりも少しでも先に進めればよいかなと言う感じですね。

620
☆IMGP4620

ああ地図を忘れて、ヤマップ(YAMAP)を見ようと思っても現地では電波が届かずに携帯が使えませんし…そうそう、それ以前の重大な事情としてヤマップを使いこなしてなかった。

625 右は林道、滝の入線、左は本線… 上の地図⑮辺り 
☆IMGP4625右(林道滝の入線)

「林道有馬線」だと思って遡っているのですが、ここはまだ有馬線ではないことが後日分かりました。
確かにまだ▽の林道標識を見てなかったですね。 林道有間線?(標識では有馬線)

◇ 「有間観光釣り場」から歩き始めたのですが、
そこで林業関係の方から
「山歩きかい!?」 「はい、そんなところです」 「熊が出てるって言うから気を付けてね!」 「アッ、アー  ハィ…」…熊と聴いてから前方はもとより後方も振り返りながら、ガードレールがある所では時折ガンガンと叩きながら歩いたのは言うまでもありません。

*** 有間川_源流を目指す -3 へ続きます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:30 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード