好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「平井大橋~」ダイジェスト  

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「平井大橋~」ダイジェスト

2017年2月25日15:51 我、河口に到達せり

203 この杭は何なのでしょう。
☆IMGP4203

鈍い頭の私には、この杭の意味が解けないのです。

しかし、
間合いと寂び具合、風車・・・
そして透明度の高い水との絡みが素晴らしいじゃあないですか。

◇ 時間を見つけては 源流・名栗川 から 河口・荒川 までの川沿いを歩いています。
そのことは時折他の記事中にも記しておりました。
今回は「平井大橋」付近を簡単に記します。

前回は⇒
 「満開の桜-旧中川~
 

177 平井大橋
☆IMGP4177

180 平井大橋に上ってみる。
☆IMGP4180
何やら黄色い花が咲いています。
花の名は分からないで後から調べてみたところ「キク科、オニノゲシ」欧州原産の帰化植物らしいですね。

歩道のコンクリートの隙間に根を張って、これってどこから養分を摂っているのか不思議です。
光と雨水だけで生きていけるのだったら私もそうしたいですが…

181a オニノゲシ
☆IMGP4181a

183 海まで6㎞ 先は総武本線「荒川、中川橋梁」平井~新小岩
☆IMGP4183

187
☆IMGP4187

188 JR総武本線「荒川、中川橋梁」
☆IMGP4188

190 
☆IMGP4190

192 既に50年も経っている…そんな昔から総武本線ってあったのですね。
☆IMGP4192

そうですね。西武鉄道もずいぶんと昔からありましたものね?

195
☆IMGP4195

196a どなたが立てたのか、妙に愛嬌のある動物に見えるのですが…
☆IMGP4196a

199
☆IMGP4199

202 大都会の
☆IMGP4202

大都会ならではのこういう道がいいですね。
奥武蔵ではとても味わえない道です。

204 対岸は江戸川区、首都高中央環状線が南下しています。
☆IMGP4204

207
☆IMGP4207

210
☆IMGP4210

212 遠方に京葉道路「小松川大橋、新小松川大橋」が見えてきました。
☆IMGP4212

214 京葉道路、手前(上流側)が小松川大橋、下流側が新小松川大橋。
☆IMGP4214

下流側を後から造ったということでしょうね。
しかし「小松川」という川が近くにあるのでしょうか?

216 ブランコ
☆IMGP4216

良いところにブランコがあります。
川沿いを歩いている日は、朝から夕方までほとんど腰かけることは無いのですが、

このブランコが良いところにありましたわ。
懐かしさもあって、何十年振りに腰を下ろしてみました。
だいじょうぶ、漕げました。

振れるたびに視界が変わります。
大きく振れば大きく変わり、小さく振れば小さく変わる。
楽しいものです。

当たり前ですが振り子は等時性があります。
私がブランコに乗っても力士が乗っても往復する時間は同じはずです。

しかしながら、私の不戦勝?
力士のお尻ではこのブランコに腰かけることはできでしょう。

年寄りが束の間、童に還ります。
あっ、違うようです・・・元々精神年齢が幼いのです。

217
☆IMGP4217

近くには「中川」、「新中川」、「新川」、「旧江戸川」などがあります。
しかし小松川という川は見つかりません…どこにあるのでしょう。

分からないので、ブランコに乗って頭を揺らしてみましたが
やっぱり出てきません。

河口まで僅かな距離になりましたが、そんなこんなで、なかなか進みません。

* * * 次回に続きます * * *


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:56 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 8

源流-名栗川~荒川河口までを辿る「満開の桜-旧中川~」ダイジェスト  

源流-名栗川~荒川河口までを辿る「満開の桜-旧中川~」ダイジェスト2017/02/25

2017年2月25日15:51 我、河口に到達せり

134 
☆IMGP4134

時間を見つけては 源流・名栗川 から 河口・荒川 までの川沿いを歩いています。
そのことは時折り他の記事の中に記しておりました。

今回は「満開の桜-旧中川から平井大橋」付近までを簡単に記します。

前回は⇒
 源流_名栗川~荒川河口までを辿る「堀切橋~旧中川」ダイジェスト

130 木下川水門・きねがわ(木下川排水樋門・旧中川-荒川)
☆IMGP4130

水門の表示を見つけることができず「ここは旧中川水門とでも言うのだろう」と思ったのですが、
後に「木下川排水樋門」と言うことが分かりました。

以前この「旧中川」と「荒川の北東側にある中川」が繋がっていたことを考えると
北東側の荒川から南西に流れて下っていたはずで、

この水門は荒川から旧中川への流入路と考えたのですが、現状は排水路になっていました…複雑怪奇です。
昔と川の流れが逆の方向に流れていると言うことです。

・・・ところが後日、Webから面白いことが分かりました。
排水機場の操作によって、吸水すれば上流に向けて流れる。(排水機場は下の160にあります)
また逆に加水すれば下流にながれる・・・私のような部外者にはますます難解になってきました。
ところで、どちらが上流になるのでしょう。

279a 現在地は②のところです。②は①と同じ川だったようですが、間を荒川放水路の開鑿工事でで分断されてしまいました。
☆IMGP4279a

139
☆IMGP4139

通り掛かりの年配の方に水門名を尋ねたのですが、「さあ・・・」それで「それより桜だよ・・・」の話になりましたわ。
「河津桜が満開だよ。あの道を左に行くとすぐだ」指差する方向をみて「あら、ありがとうございます・・・」

これでまた河口の方向には進めずに寄り道かと、内心は微妙な心理状態になったのですが、
それには顔色ひとつ変えず、折角のご親切にありがたく従うことになり、これで河口が少し遠くなります。

141 旧中川・都会の川って感じで、とても綺麗に手入れをされた川辺ですね。
☆IMGP4141

142 水は綺麗で波静か、川面には薄っすらと桜が写っています。
☆IMGP4142

146 左にスカイツリーと煙突(墨田区清掃工場)の共演
☆IMGP4146

煙突の高さは150m、スカイツリーが出来るまではこの地のランドマーク的存在であったようです。
見る位置によってはスカイツリーに一歩も引けを取らない堂々たる存在感があります。

151 右にスカイツリー、146と位置が入れ替わります。
☆IMGP4151

156 メジロ
☆IMGP4156

158 これはとても良い寄り道でした。約40分の遅れなど全く問題になりません。
☆IMGP4158

160 木下川(きねがわ)排水機場
☆IMGP4160

前回、木下川(木根川)という川があったのか疑問に思いましたが、
地名としは上木下川、下木下川という村があったらしいことが分かりました。

しかし荒川放水路開鑿(かいさく)工事に伴い(1914年)廃村になったようです。
時代とともに様々な要因から地域が変わっていく…調べていくとなかなか面白いのですが、

ここは単に川沿いをフラフラと歩いて河口を目指している身です。
深入りは後々ということにします。

164 スカイツリーは再び左側に、煙突は右側になりました。
☆IMGP4164
荒川の右岸に接続の旧中川、「河津桜とスカイツリーのコラボ」 素晴らしいじゃあないですか。

165
☆IMGP4165

約40分間の寄り道の後、本線に戻り平井大橋を目指します。

166 サッカー少年達の準備運動を観ながら、再び荒川の右岸を進みます。
☆IMGP4166

左の対岸には首都高速中央環状線、右手には平井大橋が荒川と中川を渡り、小岩井の方面に延びています。

168 スカイツリーの先端から煙が…煙突になったわけではないでしょうが…
☆IMGP4168

171
☆IMGP4171
172 平井大橋
☆IMGP4172

174 平井大橋の隣はJR総武本線・荒川中川梁
☆IMGP4174

175 平井大橋の上から川上を観ています。入り江のような感じもします。
☆IMGP4175

179 スカイツリーが西の方角に見えます。ここから僅かな距離です。
☆IMGP4179

海まであと6Kmあまり…

* * * 今回はここまで、次回に続きます。 * * *


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:49 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「堀切橋~旧中川」ダイジェスト2017/02/25  

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「堀切橋~旧中川」ダイジェスト2017/02/25
2017年2月25日15:51 我、河口に到達せり

126 遠方は平井大橋…荒川右岸を下る。
☆IMGP4126平井大橋

時間を見つけては源流(名栗川から荒川)河口までの川沿いを歩いています。

そのことは時折り他の記事の中にも記しておりました。
今回は北千住駅からの南東、荒川・堀切橋から旧中川付近までを簡単に記します。

前回は⇒
「東武伊勢崎線荒川(放水路)橋梁~」ダイジェスト

前々回は⇒ 「新荒川大橋~千住新橋」ダイジェスト

017 堀切橋
☆IMGP4017

前回は北千住から「京成上野線橋梁」付近までを記しました。
今回はその続きで「京成上野線橋梁」、隣接して架かる「堀切橋」から「旧中川」辺りの風景をさまよいます。(2月25日)

018
☆IMGP4018

堀切橋を西に行けば、直ぐに面白そうな「隅田川」を観ることができます。
それにこの辺は「りょうちゃんの領域」なので寄ってみたいのですが、

先ずどうしても荒川の河口のところまで行くと云う課題があるので「隅田川」は別の日にと思っています。 
それでもすぐそこの河口までには「稚拙な好奇心」をくすぐる様々な誘惑があり、なかなか到達できません。

意志薄弱な私はフラフラと寄り道してだいぶ時間をロスしましたわ。

021 堀切橋の上に…前方は首都高中央環状線
☆IMGP4021

025
☆IMGP4025

030 京成上野線橋梁…堀切橋から
☆IMGP4030

いきなり電車が来たので、慌ててシャッターを押したがブレるし、構図もデタラメです。
電車とか山の写真となるとやっぱり
鉄まんアトムさんですね。ご指導を頂くが必要があります。
http://hirotahiroshi.cocolog-nifty.com/

035 首都高6号向島線
☆IMGP4035

首都高中央環状線←首都高6号向島線→向島

037 東武 堀切駅
☆IMGP4037

039 隅田水門
☆IMGP4039

046 首都高6号向島線
☆IMGP4046

048a 電気屋さんの芸術作品かな・・・南西の方角、堤の上にとても不思議なリヤカーが
☆IMGP4048a
高電圧を運ぶリヤカーに見えるが …電気工学の新分野・・・まさか

049 河口までまだ10kmもある。
☆IMGP4049

1㎞毎に河口までの距離を記した看板があります。
だいぶ励みになります。

私が河口まで歩くのを察知した各区が急遽設置してくれた。
・・・ありがたいことですが、そういうことは全くありません。

061
☆IMGP4061

064 やっと四つ木橋に
☆IMGP4064

068
☆IMGP4068

075 京成押上線 八広
☆IMGP4075

077 京成押上線橋梁
☆IMGP4077

084 
☆IMGP4084

088 木根川橋
☆IMGP4088

094 木根川橋
☆IMGP4094

「木根川橋」の謎…なぜ荒川に架かるのに「木根川」橋なのか不思議ですね。
どちらかの岸に木根川の地名でもあるのでしょうか?

「さだまさし」の曲に木根川橋というのがあるのですが、
何か関係があるのか…「きねがわ」で変換すると「木下川」となりますが、これが何かのヒントになるのでしょうか?

今現在、謎が解けません…荒川知水館にでも聞いてみれば解るかも知れませんが。

◇ウキペディアによると東墨田のこの地は中世には「木毛河(きげがわ)」と呼ばれ、
江戸時代に入ると「木下川(きねがわ)」と呼ばれるようになった…とあります。
そう云う河川があったわけでは無いのでしょうか。

100 河口まで8km 
☆IMGP4100

105
☆IMGP4105

111 ヨシに囲まれた踏み分けを河口に向かいます。
☆IMGP4111

114
☆IMGP4114

117 対岸は首都高速中央環状線
☆IMGP4117

128 やっと木下川水門(旧中川・荒川)に辿り着く
☆IMGP4128

河口まで8㎞を切った。
荒川の河口がほぼ射程圏内に入ってくる。

すると早く着きたいという気持ちと、
まだ終わりにしたくない思いが交差して複雑な心境になる。

競歩をしているではないし、
堤を歩き、川縁を歩き、橋の下に立ち寄って、

おそらく二度と見ることのない荒川の様々な風景をみておきたい…
河口まで残すところ7㎞あまり…いま、そんな気持ちで歩いています。

* * *

135 次回は満開の桜…旧中川沿いに続きます。

☆IMGP4135

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:47 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「東武伊勢崎線荒川(放水路)橋梁~」ダイジェスト  

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「東武伊勢崎線荒川(放水路)橋梁~」ダイジェスト2017/02/25

2017年2月25日15:51 我、河口に到達せり

033a 京成上野線橋梁
☆IMGP4033a

合間を計りながらの繋ぎ歩きで、だいぶ長い期間がかかりました。
大持山の南東斜面に「流れ出し」を見て、その流路を辿りやっと荒川河口に到達しました。
いずれ源流から河口までを記しますが、取り敢えずはダイジェストにて

前回は⇒
「新荒川大橋~千住新橋」ダイジェスト

前回は赤羽の北から千住新橋の先、鉄道の橋梁まで歩き、
北千住駅から帰ってきたので、今回は北千住駅から歩き始める。

941 飯能駅
☆IMGP3941

2月25日8:01 奥武蔵・飯能から大都会行の電車に乗る。
山から間違いなく池袋に着く。

山手線(都会なのになぜ、山手なのか…昔は山だったようだ)で日暮里に、
更にそこから北千住に行くのも大丈夫だった。

荒川沿いを歩くために山人も少しは都会の電車に乗ったので少しは街人になったかなあと
勝手に思っているが、何のことは無い電車に乗っただけだ。

942 日暮里
☆IMGP3942

日暮里から快速に乗った。都会へ出れば右も左もさっぱりなので、
案内坂を何回も見直し、駅員にも念を押して、

それでも不安を持ちながらの乗車であったことは言うまでもない。
乗った電車は幸いにも北千住で停車してくれた…当たりまえらしいが…北千住で降りた。

これで間違いなく都会人に近づいた気持ちになったわ。

944 北千住
☆IMGP3944

ここまでは順調だ。
なんと9:32北千住西口に…飯能から1:33分で北千住に着いたことになる。
駅員さんに荒川への方向を聴いて北に向かう。

947
☆IMGP3947

950 方向を聴いてはきたが…こっちでいいのか
☆IMGP3950

951 良さそうだ…前方の堤は荒川だろう。
☆IMGP3951

952 旧水戸街道?
☆IMGP3952

954 ここを登れば…こんなところを登るのはやっぱり山人だ 
☆IMGP3954

956 東武伊勢崎線_荒川橋梁
☆IMGP3956

962 折角来たのだから鉄橋を渡ってくる電車に手を振ってみる。
☆IMGP3962

965 荒川の右岸を行く まだ河口は全く見えない…
☆IMGP3965

川縁には葦が良い色に焼けている。
今日は河口まで行く予定なので、先を急ぐのだがこう言う所を歩いているとなかなか進まない。

966 この辺は堤から川縁までの距離があり、河川敷が効率よく利用されて沢山の運動場がある。
☆IMGP3966

968
☆IMGP3968

972 まるで海の干潟…
☆IMGP3972

978 遠浅のような波
☆IMGP3978

984 河口に向かう右手にはスカイツリーが見守ってくれている。
☆IMGP3984

986
☆IMGP3986

987
☆IMGP3987

990 ウサギ
☆IMGP3990

川縁から堤の道にあがってみるとウサギが…

992 京成上野線橋梁
☆IMGP3992

994 堤の道から降りてみる
☆IMGP3994

995 サッサとまともな道を行けばよいのに
☆IMGP3995

997 なぜ、こんなところに下りるのか上手く説明をすることは出来ない。
☆IMGP3997
わざわざ飯能の山奥から東京に来て、なんちゅう所を観ているんだあ・・・普通はそう思うわね。
それでもそこは「稚拙な好奇心」を貫く気持ちを失ってはいない・・・
多少時間が増しても、効率が悪くても出来るだけ川沿いを歩きたい。

005 自分的には感動の風景だ・・・京成上野線橋梁 
☆IMGP4005
「東京の青の洞窟」…勝手に命名してみた。

009 タイヤの跡があるが、まさか タマチャリンさん ではないだろうな
☆IMGP4009

010 古代文明の遺産・・・ハードディスクの化石を発見した。
☆IMGP4010

011 川縁まで下りると、なかなか先に進まない…
☆IMGP4011
名栗川とは異なる風景に目を奪われ、時間を失う。

* * * 取り敢えず今回はここまで * * *

415 次回は「堀切橋」から「旧中川」辺りの河津桜を観ます。
☆IMGP4145

続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:15 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

源流(名栗川)~河口までを辿る「新荒川大橋~千住新橋」ダイジェスト  

源流(名栗川)~河口までを辿る「新荒川大橋~千住新橋」ダイジェスト
2017/01/27
268 岩淵水門・赤水門 10:38
☆IMGP3268

ここは
「お聴きすると単細胞の私にとって、非常に複雑怪奇なところです。
 新河岸川が隅田川になって、隅田川は荒川からも水をもらって、以前は荒川だった?
 放水路だった川が荒川になって…アララ、何がナンだか」

隅田川も生い立ちを見ると難解で⇒ 隅田川 WP
私の貧弱なCPUとメモリーでは理解も記憶も困難ですなあ
昔は入間川の下流が隅田川だったとか・・・それで岩井堂観音と浅草寺が繋がるのですね。

270 上が北、下が南(河口方向)、奥武蔵に帰るには赤水門の右岸を北へ2、3日歩きます。
☆IMGP3270
【資料:水門公園】
それで、成木川・岩井堂の観音像はどこを流路として東京湾に達し、浅草寺になったのでしょうね。

岩井堂観音⇒
成木川 岩井堂観音の岩を登ってみる

***
時間を見つけては源流から(名栗川)河口までの川沿いを歩いています。
そのことは時折り他の記事の中に記しておりました。

山の中の者が、何が面白くて歩いてんだや…
なんか怪しいなあ
そんな声がチラホラ…

いや、けして怪しい者ではございませんが、他から見ればやっぱり怪しいですね。

川縁を歩きながら名栗川-入間川-荒川の
「勝手な川の観察員」をやらかしてもらっています?

今まで迷走している川沿いのことで、ちょこっと記事の文末を汚していました。
それで現在はこんなとこを歩いていますという感じで部分的に載せてみます。

230 赤羽駅から 9:41
☆IMGP3230

前回(2017/01/07)は笹目橋~新荒川大橋までを歩き、赤羽駅から帰ってきました。
今回はその続きで、スタートが赤羽駅になります。

9:40頃に赤羽駅に着…ところが出口を間違えてしまい
おかしいなあと思いながら都会人ズラして暫くさ迷ってしまいましたわ。

天気は曇り、木や小川がなく山歩きでの方向感覚が全く役に立ちません。
山ん中生まれはやっぱり

すぐに見破られてしまいました「何方に行かれますか?」
路地をウロウロしていると、年恰好50位、穏やかな声で食堂のご主人から声がかかり、

とても親切に新荒川大橋への道順をお教えいただきましたわ。
東口へ出るところをちょっと西口に出てしまっただけなんです…大きな間違いでしたが。

239 ここは新河岸川…荒川はこのすぐ先です。
☆IMGP3239

243 新荒川大橋
☆IMGP3243

244 これを見てしまったことが、またタイムをロスします。
☆IMGP3244
「荒川知水資料館・荒川のことなら何でもわかる レッツゴー」なんて記されている…それじゃあ寄ってみるか
資料館は赤水門と青水門の間にあるらしいので…

267
☆IMGP3267

275 荒川知水資料館 10:43
☆IMGP3275

稚拙な好奇心で恐るおそる入ってみる。

276 荒川(長瀞)で見つけた化石だそうです。 【荒川知水資料館】
☆IMGP3276
大昔、秩父は海だった証拠ですと。

277 荒川にはたくさんの支流が流れ込んでいますが、あらら「名栗川」が見つかりません。  
☆IMGP3277
277a
☆IMGP3277a
【荒川知水資料館】

278 【荒川知水資料館】
☆IMGP3278

279 【荒川知水資料館】
☆IMGP3279

281 どこが河口か…この絵に設定されていました。
☆IMGP3281
  【荒川知水資料館】
源流から河口まで…何って言っている者が何処かにいましたが、
彼は今まで河口がどこだか知らずにいたようです。
これで河口(0km)が分かりました。

「荒川知水資料館」の方に川、荒川、橋になどについて色々と教えて戴きました。
ご多忙中にも拘わらず、北区の区民でもない者に丁寧にご教示くださいましてありがとうございました。
流石に東京ですわ。館員の方は優秀で、予算も充実しているようです。

「荒川知水資料館」を後に再び右岸に戻ります。

285 赤水門の下流側を渡り水門の東端、中ノ島へ
☆IMGP3285

289 これはなんでしょう?
☆IMGP3289
 「荒川リバーアートコンテストで特賞を得たオブジェ」・・・早速、リンク先のくろすけさんが教えてくれました。

302 青水門
☆IMGP3302

322 鹿浜橋
☆IMGP3322

331
☆IMGP3331

339 ずいぶんと綺麗な川面ですね。
☆IMGP3339

河口に近いせいでしょうか、潮(潮の満ち干)の関係でほとんど流れはありません。

361 路面に白文字で
☆IMGP3361
「高速中央環状線?」と書かれているように見えますが?
私のために書いて下さった訳では無いのですが、こう云う表示って助かります。

362 江北橋 12:56
☆IMGP3362

372 川岸まで下りてみます。
☆IMGP3372

385 こう云う所を撮っていると
☆IMGP3385
怪しまれますし、時間をロスしますが…

392
☆IMGP3392

400
☆IMGP3400

409 西新井橋
☆IMGP3409

420 
☆IMGP3420

431 千住新橋
☆IMGP3431

448
☆IMGP3448

ここには橋梁が4線あります。
上流側(西)から  
東京メトロ千代田線(青色)
常磐線(クリーム色)
つくばエクスプレス(淡い青色)
東武スカイツリーライン(クリーム色)

468 東京メトロ千代田線-常磐線
☆IMGP3468

478 つくばエキスプレス-東武スカイツリーライン 15:22
☆IMGP3478

取り敢えず今日はここまで、橋梁の土手を滑り下りて
北千住の駅まで行き、日暮里-池袋-山行電車で帰ります。

◇「新荒川大橋」から「千住新橋」までを簡単に並べてみました。
 午前中は赤羽駅の出口を誤り、予定外の荒川知水資料館で時間を費やしたため、

なかなか進むことが出来ません。
しかし、構造物好きな者にとっては大きな橋と水門はとても魅力的でした。
柔らかな冬の陽の下、橋も水門も川面も、とても綺麗で快適な川沿い歩きができました。

(荒川って河口に近づくとこんなにも綺麗なのでしょうか)
また、岩淵の水門公園周辺は「全日本草刈選手権大会の石碑・農民魂は先ず草刈から」など、
291 草刈の碑
☆IMGP3291

見どころが多々あり、ここだけでも来た甲斐がありましたね。
そうそう、荒川知水資料館の方には不躾な者にも丁寧に対応頂きまして深く感謝いたします。

ありがとうございました・・・詳細は別途、後日記したいと思います。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:20 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード