好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

名栗川、雨上がりをさまよってみる-3 中平河原~吾妻峡(2017-08-12)  


名栗川、雨上がりをさまよってみる-3 中平河原~吾妻峡(2017-08-12)

763 吾妻峡右岸…雨上がりをゆく
☆IMGP6763

前回は⇒
 名栗川、雨上がりをさまよってみる-2

732 飯能河原の堰の上 前方に青く見えるのは[岩根橋」
☆IMGP6732
以前この辺は夏はボート場になっていたところです。
この少し上流側では冬に天然氷のスケートリンクがありましたね。

734 一旦、右岸に周り込み 仮称「飯能大河原線_橋梁」新設工事 ~天覧山方面へ
☆IMGP6734

2017年2月 ⇒
 称「飯能大河原線_橋梁

736 部外者がこういう所に興味を持っても
☆IMGP6736

737 どうしようも無いと思うのですが、
☆IMGP6737

それでも稚拙な好奇心というやつは強いですね。
勝てないです。

738 前方右側の山が天覧山です。
☆IMGP6738

この橋が出来ると知浪途的には

南高麗=工業団地=天覧山の行き来がだいぶ便利になります。

大河原工業団地の輸送の流れを299号バイパス~圏央道に繋ぐのでしょう。

739 中平河原へ・・・ここから名栗川(入間川)の右岸におりていきます。
☆IMGP6739

740
☆IMGP6740

741a 吾妻峡-河原の散歩道
☆IMGP6741a

745 いつもこれ位の水量があると嬉しいですね。
☆IMGP6745

748 
☆IMGP6748

749
☆IMGP6749

750 
☆IMGP6750

752
☆IMGP6752

753 この川沿いのルートは登りがあれば
☆IMGP6753

754 下りもありで、ちょっとした山歩きの気分です。
☆IMGP6754

755
☆IMGP6755

757 川沿いの道は少し雨が降ると道が消えてしまいますが
☆IMGP6757

今日の長靴は膝まであるのでかまわず進めます。

758
☆IMGP6758

760
☆IMGP6760

762
☆IMGP6762

763 水の色がエメラルドグリーンですね。
☆IMGP6763

764
☆IMGP6764

765
☆IMGP6765

766
☆IMGP6766

767 ドレミファ橋です。右手(左岸)は永田地区。
☆IMGP6767

768 好みの風景が続きます。
☆IMGP6768

水量が少し増えると魅力的な川になりますね。

772
☆IMGP6772

773 とても良い感じになってきましたが
☆IMGP6773

774 今日の右岸はここまでですね。
☆IMGP6774

更に先に行きたいのですが残念ながら

前方の大岩に阻まれてあっさりと断念です。

もちろん季節を選んでいつかはもっと先まで行きますよ。

776 ここから大河原側に上がり、帰路に・・・
☆IMGP6776

ここを歩いたのは過ぎし日の8月12日です。

今年は諸々あり、慌ただしい日々を送っていると

いつも間にか秋風が吹き 「紅葉をどこで観る」 の話題に 

なってきました。

そんな中、今更8月のアップですから

救いようのないほど季節外しをしています。

***「名栗川、雨上がりをさまよってみる」終わり***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:41 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

名栗川 弁天橋をさまよう 小瀬戸~小岩井2017-09-30  

名栗川 弁天橋をさまよう 小瀬戸~小岩井2017-09-30

348 なんか浮いている…不思議感があります。
☆IMGP7348

そう 吊橋に橋脚ないですよね。

飯能市 両岸を緑に囲まれた名栗川(入間川)の小瀬戸(左岸)と小岩井(右岸)
間に赤い吊橋があります。

おおよその位置は飯能駅から三、四十分ほど名栗川沿いを遡り、
左岸であれば飯能市立第二小学校の少し先、 
右岸であれば無量寺…

私の知る限り(視野の狭い)名栗川(入間川)にある吊橋はここしか
見たことはありません

322
☆IMGP7322

323a 第2小学校の先から小道に入ると遠方に武甲山が見えてきました。
☆IMGP7323a

325 なんとも懐かしい感じがする小道を進むと
☆IMGP7325

326 これは? 何でしょうね・・・。
☆IMGP7326

328
☆IMGP7328

330
☆IMGP7330

332
☆IMGP7332

333
☆IMGP7333

334 
☆IMGP7334

ここから名栗川左岸に

335 
☆IMGP7335

337
☆IMGP7337

339 昭和四十四年三月竣功
☆IMGP7339


さて、ここから弁天橋をじっくりとご覧ください。

340
☆IMGP7340
 
342
☆IMGP7342

343 この辺から猿になった気持ちで
☆IMGP7343

344 
☆IMGP7344

345
☆IMGP7345

346
☆IMGP7346

347 雲梯(ウンテイ)は得意でしたか・・・
☆IMGP7347

349
☆IMGP7349

350
☆IMGP7350

351
☆IMGP7351

355
☆IMGP7355

358 上流側に橋脚らしき痕跡があります。
☆IMGP7358

Webによると弁天橋の完成以前には仮橋があったようです。
その橋の橋脚でしょうか・・・既に五十年程が経っています。

360 橋脚の基台?
☆IMGP7360

362 すぐ近くにもう一ヶ所の橋脚が残っています。
☆IMGP7362

363
☆IMGP7363

364 これも橋脚の跡のでしょう・・・
☆IMGP7364

366
☆IMGP7366

367
☆IMGP7367

369
☆IMGP7369

弁天橋は歩行者専用の橋です。
幅員1.2m、長さ50m、桁は鉄骨、床は木製
両岸を緑に囲まれて赤い吊橋がとても美しくみえます。

372
☆IMGP7372

373 こちらは小瀬戸(左岸)、向こうは小岩井(右岸)
☆IMGP7373

375 小瀬戸側の左岸から右岸の小岩井側を見る。
☆IMGP7375

380
☆IMGP7380

381
☆IMGP7381

今現在、諸々と未処理が増えてなかなか 
さまよう 時間がとれない状況です。
禁断症状が出始め体のあちこちが痒くなってきました。
11月までは…年内ダメかなあ~

この弁天橋はたまたまの所要の折に周辺をさまよってみました。

この画像には一部に危険な処があります。
ご覧の皆様にはマネをなさらないようにお願いします。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:02 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

名栗川、雨上がりをさまよってみる-2割岩橋~飯能河原(2017-08-12)  

名栗川、雨上がりをさまよってみる-2割岩橋~飯能河原(2017-08-12)

702 割岩通り(幻の表参道)
☆IMGP6702

前回は
⇒ 名栗川、雨上がりをさまよってみる-1

前回・・・「何と驚いたことに!」で終わっていました。

明治神宮がもしかしたら「名栗川・入間川」右岸の山に出来ていた可能性があるのです。

今で言うところの美杉台、大河原地区です。

以前、年配の方からそれとなくお聴きしたことがあったのですが、

これを見てそのことが明確になりました。

700 ときは大正二年二月・・・既に100年を超えています。
☆IMGP6700

立て札には次のように記されています。

「政府は明治神宮の建設にあたり候補地を全国から公募した。

当時の飯能町は町議会の議決をもって朝日山(現在の美杉台・大河原)一帯を候補地として正式に表明した。」

701 請願書
☆IMGP6701

難しい文書で読めません(泣)・・・ご興味のある方は名栗川(入間川)左岸、割岩橋の道、子供図書館の近くまでおいで下さい。
・・・いつまで、掲げてあるか分かりませんが。

107a 仮に明治神宮が誘致されたとすればこの辺でしょうか。 
☆IMGP7107a

703 そう云うことで幻の表参道を通り割岩橋の上から飯能河原を
☆IMGP6703

704 右岸に渡り、河原に降ります。
☆IMGP6704

705 
☆IMGP6705

706 割岩橋を降りて右岸の河原に
☆IMGP6706

708 雨の影響で少しばかり水量が戻っています。
☆IMGP6708

710
☆IMGP6710

711 白い5張りのテントのところに「名栗川亭」がありましたが、昨年解体されました。

☆IMGP6711

以前(2014年)の⇒ 名栗川亭

713 待ち構えていますね…なんと言う鳥でしょうか。
☆IMGP6713

717a 魚を咥えています。
☆IMGP6717a

早業!!
だいぶ長い時間をかけて 瞬間を待ち構えていたのですが
反応の鈍い私には魚を捕らえる瞬間を撮ることは出来ませんでした。

Webで調べたところアオサギのようですがどうでしょうか…
以前はこのような大きな鳥を見ることはありませんでしたが、
どういうワケか最近はだいぶ見かけます。

これだけの体があると川魚はだいぶ捕られるでしょうね。
生態系に影響がなければ良いのですが。

719
☆IMGP6719

721 雨上がりで水量が少しばかり増えています。
☆IMGP6721

726 再びアオサギの狩場に
☆IMGP6726

729a 暫く獲物を狙っていたのですが、
☆IMGP6729a

なかなか二匹目が獲れず、狩り場を変えるようです。

それで当方も次のところに足を進めることにします。

***「名栗川、雨上がりをさまよってみる-3」に続きます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 20:01 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

名栗川、雨上がりをさまよってみる-1飯能大橋・矢久橋から(2017-08-12)  

名栗川、雨上がりをさまよってみる-1飯能大橋・矢久橋から(2017-08-12)

681
☆IMGP6681

今更、改めて言うことでもないのですが当ブログは確実に季節を外します。

671
☆IMGP6671

今朝9月21日の気温は20℃でした。

少し前までは暑い、熱いと口癖のように言っていたのに

いつの間にか季節は私の頭頂の如く涼しくなってきました。

それでもこのブログはまだ秋になっておりません・・・8月前半を行きます。

673
☆IMGP6673

674
☆IMGP6674

この日、名栗川に沿って「飯能大橋~飯能河原~中平河原~吾妻峡」と歩いたのは

先月のことですが、記憶力が著しく劣化してあまり覚えてないのです。

今年の夏は雨が少なく名栗川(入間川)に瀬切れが起きるのではないかと心配していました。

それで雨が降ったのが嬉しくて(アマガエルの気持ちです)川沿いを歩いてみたのです。

675 遠方に多峰主山が見えます。
☆IMGP6675

残念ながら
昔の名栗川、大雨時の水量を知っている者にとっては何と情け無いほどの水の量です。
諸々の環境の変化でどうしようも無いことですね。

676
☆IMGP6676

678 出来るだけ川に近付いてみます。
☆IMGP6678

680 当然ですが、良識あるウォーカの皆様はこういう処に近付かないようにお願いします。
☆IMGP6680

682 しかし我はゆく
☆IMGP6682

683 ジャブジャブと・・・残念ながら水量がいまひとつです。
☆IMGP6683

684
☆IMGP6684

685
☆IMGP6685

691
☆IMGP6691

692 「飯能大橋」 一旦、川から上がり上流を目指します。
☆IMGP6692

696 クルミ
☆IMGP6696

697 左岸の坂道を上がり、割岩橋に向かってみます。
☆IMGP6697

雨を受けた緑が美しいですね。遠方は「美杉台公園の桜」です。

***「名栗川、雨上がりをさまよってみる-2」につづきます・・・「何と驚いたことに!」***

何時もながらの常套句・・・諸々あり手抜きのUPを続けています。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:59 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

「敗退確定…成木川」成木川探訪5 2017年6月18日  

「敗退確定…成木川」成木川探訪5 2017年6月18日

前回の「成木川探訪4」から時が経ちましたがやっと終回です。

329 穏やかな流れの成木川
☆IMGP6329

前回は⇒
  「転進 成木川」成木川探訪4

2016年の1月に迷い込んだ淵を再び訪れるために成木川をさまよっています。

「迷い込んだ淵」 ↓ の処が気になっていたのです。
☆IMGP2280
ここにもう一度行ってみたいの想いで成木川に入ってみました。

2016年1月⇒
  南高麗の山中をゆく-3美しき川、迷い中

成木川探訪4からの続きです。
「みどり橋」から上流に向かい、結局は淵と岩壁に行く手を阻まれました。

そのルートは何の下調べもなく、装備もない
偽者探訪者を安易に通すほど成木川は甘くはありません。
己の未熟さ、悔しさをぐっと堪えて再び上流側から攻め入ってみるしかありません。

331 川面に緑を映し込み、美しくも静かな成木川です。
☆IMGP6331

332 右岸
☆IMGP6332

334
☆IMGP6334

335 右岸の川縁、檜の道を行こうと思ったのですが
☆IMGP6335

途中に害獣(ハクビシン、アライグマ…)用の
罠が仕掛けてあるとの表示があり、川に戻りました。

336 
☆IMGP6336

338 何やら川面の近くまで垂れ下がって花が咲いています。
☆IMGP6338

343
☆IMGP6343

347 帰ってから調べてみましたら
☆IMGP6347

小さな風車のような花です。テイカカズラ…なんと毒があるということが記されています。何処かで観たことがあると思いましたら、いつも通る道の民家の垣根にこの花がありました。

387 テイカカズラ(定家葛)
☆IMGP6387テイカカズラa

355 
☆IMGP6355

360 テイカカズラを後に右岸を下流に向かって進みます。
☆IMGP6360

362 !右岸は大きな岩場、左岸に移動して進みます。
☆IMGP6362

365 ?
☆IMGP6365

366 !?左岸を進めなくなり
☆IMGP6366

367 !!かと言って対岸(右岸)はちょっと無理のような
☆IMGP6367

368 エッ!! また淵です。 これだと先に進めそうにない。
☆IMGP6368

369a 仮に少し戻って対岸に取り付いてもまた崖…
☆IMGP6369a

371 
☆IMGP6371

372 上流から下流に向かって攻め入り、ここまでは順調に
☆IMGP6372

進んできたのですが、この淵を越える方法が見つかりません。

375 右岸に取り付くことは出来るのですが
☆IMGP6375

378 右岸の岩壁を進むことは困難とみました。
☆IMGP6378

379 今日(6月18日)の天気予報は午後から雨…
☆IMGP6379

380 やむを得ず上流の岩井堂橋へ戻るしかありません。
☆IMGP6380

383 先ほどのテイカカズラへ
☆IMGP6383

384 戻りの川路…成木川
☆IMGP6384

まったく、今日はなんて言う日でしょう。
下流から攻め入って淵と岩壁に先を閉ざされ、

再び挑んだ上流からも行く手を阻まれてしまいました。
残念ですが、本日のところは完全な敗北です。

それでも予想外の難攻成木川を見ることができ、
楽しみ増えたことで軽やかな足取りで帰ることが出来ます。

それにテイカカズラが良かったですね。
下流側から失敗をしていなければこのテイカカズラにあうことはなかったです。

*** 
◇後日…初めて地図を見る…「もしかしたらココから行けるかな」と言う所が見つかりました。
 なんのこたあない初めからしっかり地図を見ればよかったのかも知れません。

しかし今回のように地図を見ないで行くからこそ崖を登り、藪を漕いたりすることがあるし、
そこに進路発見(大袈裟)の楽しみが潜んでることもありますね。
(地図を見ないで行くことを推奨しているわけではありません)

それで時期をみて三度目の挑戦をしたい。
今のところ諸々あり、いつになるか…楽しみは先にとっておきます。

◇良識あるウォーカーの皆様はまさかマネなどしないでしょう。
山や河川は当たり前ですが非日常の世界です。
思わぬことに遭遇することがあります。
万が一ここを御覧になって行ってみる場合、全てのことは自己責任で対処することになります。


***
◇ きみどり組担当 
☆DSCN3923

エコツーリズムのまち飯能 
 飯能わくわく体験遠足 
***

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:22 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード