FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

入間川・加治橋~阿岩橋~流れ橋 2021-03-14  

入間川・加治橋~阿岩橋~流れ橋 2021-03-14

895 八高線入間川橋梁
☆IMGP6895

桜の便りが各地から伝わってきます。
今季も平年に比べ開花の進み具合がだいぶ早そうです。
本来であればその流れに乗り、満開の桜をアップすべきですが
このブログは即時性がマッタクなく、10日以上も前のことを記しています。

863 ライオンズ並木(3月14日)
☆IMGP6863

今回は3月10日の続きのようなもので、加治橋の右岸側から入間川を下り、阿岩橋を渡って対岸の左岸を辿ります。流れ橋を渡って右岸に、再び流れ橋を渡り直し、左岸沿いから阿岩橋を渡って右岸を戻る道を歩きました。

867
☆IMGP6867

868 加治橋の下流側
☆IMGP6868

869 3月14日のライオンズ並木の桜の状況です。
☆IMGP6869

今は既に5分以上の開花でしょう。

870 加治橋
☆IMGP6870

871
☆IMGP6871

872 右岸の堤の上を阿岩橋に向かって進みます。
☆IMGP6872

874 振り返ると遠方に川苔山~蕎麦粒山が見えています。
☆IMGP6874

川苔山⇒
奥多摩・川苔山をゆく(2)

878
☆IMGP6878

879 秋には彼岸花が咲くところです。
☆IMGP6879

880
☆IMGP6880

881 黒い土嚢が見えます。
☆IMGP6881

884
☆IMGP6884

885 八高線入間川橋梁
☆IMGP6885

887 八高線下の工事です。
☆IMGP6887

2019年の台風19号でも橋脚基台部が抉られているように見えましたが…

888
☆IMGP6888

889
☆IMGP6889

890
☆IMGP6890

1931年に完成、橋長249.6m 既に90年も風雪を重ね、何十万本の列車を背負ってきたかと思うと凄いとしか言いようがない。

892
☆IMGP6892

893 古い桁と橋脚の「ドッシリ感」がよいですね。
☆IMGP6893

899
☆IMGP6899

900 阿岩橋から下流側
☆IMGP6900

入間川の両岸に運動場や散策路が設けられ、岸間を流れ橋で繋いでいます。

901 
☆IMGP6901

列車の音が聞こえてきたので、振り向くと八王子行きが橋梁を渡って行きます。

902
☆IMGP6902

903 加治丘陵を東西に分けて進んでいきます。
☆IMGP6903

904 手前は(旧)阿岩橋、下流に流れ橋、遠方には加治丘陵。
☆IMGP6904

907 阿岩橋を渡り、左岸を下ります。
☆IMGP6907

908
☆IMGP6908

909
☆IMGP6909

910
☆IMGP6910

911 2019年10月の台風19号に押し曲げられたままのフェンス
☆IMGP6911

修復予算付けの優先順位が後のほうなのでしょうか。

912 豪雨時に何度か桁を流失したのですが
☆IMGP6912

今は確りとしたワイヤーに繋がれています。

915 中間の橋脚(基台)
☆IMGP6915

917 右岸に渡り振り返って見ます。
☆IMGP6917

918 
☆IMGP6918

920 再び左岸、 河津桜
☆IMGP6920

923
☆IMGP6923

924 遠方の右側に大持山~武甲山
☆IMGP6924

大持山 ⇒
ウノタワ3 分岐-大持山-雨乞い岩

928 阿岩橋から 今度は下りが東飯能を目指します。
☆IMGP6928

929
☆IMGP6929

931
☆IMGP6931

935 カモ 真善美の小径の北側から
☆IMGP6935

~ ~ ~

開花から5分咲き、そして九州から関東では満開の所もあるようで
大宮公園では既に満開から一部は散り始めているようです。

市内、飯能河原7分咲き 中央公園6~7分咲き 征矢町入間川7~8分咲き ニュータウン運動公園7分咲き ライオンズ並木入間川7分咲き 阿須運動公園8分咲き 各地の枝垂れはほぼ満開…何れも今週末には満開になりそうです。

217 3月24日現在のニュータウン運動公園のソメイヨシノ…7分咲き程
☆IMGP7217

当地や近隣は今週末から(山間部を除き)ほぼ満開になりそうです。天気は26(金)、27(土)が晴れ、28(日)、29(月)と雨、曇りとなり、30(火)は回復して晴れの予報です。
新型コロナの感染が下げ止まりから、増加傾向にある中で感染対策をし、人込みや多人数での飲食を避けて観桜しましょう。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Posted on 19:22 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

入間川・矢川橋~加治橋辺りをさまよってみる 2021-03-10  

春光_入間川・矢川橋~加治橋辺りをさまよってみる 2021-03-10

855 入間川・加治橋の下流側 
☆IMGP6855

右岸の土手はライオンズ並木(桜と菜の花)、遠方に八高線入間川橋梁が見えます。

820
☆IMGP6820

暖かいですね。
季節の上では春の成りたて、まだ見習い程度の春なのですが、
暖冬の湯たんぽを背負ったまま春になった陽気ですね…
今回は矢川橋の袂、左岸から下り加治橋を渡って右岸を戻る。コースを春光の入間川を軽く歩いてみました。

819
☆IMGP6819

822 対岸は征矢町の桜並木、まだツボミです。
☆IMGP6822

823
☆IMGP6823

824
☆IMGP6824

825 この辺は川寺地区…
☆IMGP6825

矢川橋から左岸を少し下ると川縁と土手の間に歩けるような所を見つけて降りてみます。

827 水仙…川沿いの土手に住み着いたようです。
☆IMGP6827

828 ふと青空を見上げると大きなボールが下がっています。
☆IMGP6828

大形の蜂の巣でしょう…ブンブンと飛んではいませんが、蜂が見えないうちに通り過ぎるしかありません。
後日、動植物に詳しい人からスズメバチの巣ででしょうとのこと、今は活動時期ではないが夏から秋にかけて活動が活発になり危険性も増すらしいので、その頃には近づきたくないですね。
余談ですが、子供のころ花に来るミツバチをひょいと手で掴んでいました。刺されることは無かったのですが、そのつもりで室内に入ってきた蜂を掴んでしまい掌を刺されました。痛かったですね~ 刺された瞬間、床に叩きつけましたがその刺された蜂がミツバチだったか少々疑問です。今も蜂を見ると捕まえてよい蜂かどうか考えてしまいます。ご覧の皆様はこのような馬鹿な真似はなさいませんように。

829 結構彼方此方を徘徊しているのですが、
☆IMGP6829

ここは通ったない所です。子供の喜びそうな遊び場になりそうですね。

830 ミツマタ
☆IMGP6830ミツマタ

831 ハンモックのようなものが吊ってあります。
☆IMGP6831

832
☆IMGP6832

833 なかなか良い道です。
☆IMGP6833

834 
☆IMGP6834

835 左岸の川縁に降りてみます。
☆IMGP6835

上流側、矢川橋と遠方には多峯主山ですね。

836 下流側…遠方は加治丘陵。
☆IMGP6836

837 対岸、征矢町の桜並木
☆IMGP6837

838 
☆IMGP6838

左岸から車道に上がり、加治橋を目指します。

839 願成寺
☆IMGP6839

841
☆IMGP6841

842 ハクモクレン
☆IMGP6842モクレン

843 
☆IMGP6843

鉄塔の経路 ⇒
 茶畑の風景・落合を歩いてみる 2020-07-05

844 入間川と成木川の出合い
☆IMGP6844

845 阿須の鉄塔
☆IMGP6845

847 左岸から加治橋を渡る
☆IMGP6847

848 入間川と川苔山
☆IMGP6848

850
☆IMGP6850

852 ライオンズ並木
☆IMGP6852

桜の蕾がだいぶ膨らみ先端が赤くなり、開花間近のようです。

853
☆IMGP6853

854
☆IMGP6854

856 
☆IMGP6856

加治橋の下をくぐり、右岸を遡ります。

857 
☆IMGP6857

858
☆IMGP6858

859 844の対岸から
☆IMGP6859

860
☆IMGP6860

861 清川橋(成木川)の解体撤去工事が始まっています。
☆IMGP6861

862 清川橋の所で
☆IMGP6862

写真撮るならここまで入っていいですよと…丁寧な対応ありがとうございます。
撤去工事は今年度中(3月中でしょう)新たな橋の完成は令和5年度中の予定…えりゃあかかるモノですね。年度ちゅうことは令和6年3月までかかるということですね。(4月~翌年3月までを年度とすると)

~ ~ ~

【桜開花宣言】3月14日、千代田区の靖国神社の桜標本木の開花から東京の桜開花宣言が出されました。昨年と同様に最速の開花だったようです。(気象庁)
桜の標本木は各都道府県にあり、
埼玉県の場合は熊谷市の荒川桜堤にその木が有るそうです。

019 熊谷堤(だいぶ前に行ったものです)
☆R1031019

「日本さくら名所100選」の熊谷桜堤、荒川沿いの約2キロメートルにソメイヨシノが約500本咲き誇ります。残念ながら「熊谷堤・祭り」今年のは中止のようです。

037 飯能市役所の桜…
☆IMGP7037

これをもって、飯能市の桜開花宣言をしちゃいます。見頃は来週の後半でしょうと…無責任な「勝手な桜の観察員です」からマッタクあてにはなりません。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:10 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 8

笹井堰 (豊水橋の続き) 春の陽気をさまよう 2021-02-20  

笹井堰 (豊水橋の続き) 春の陽気をさまよう 2021-02-20

562 笹井堰 - -扇形(状)二段構えの魚道(2015年に出来たようです)
☆IMGP6562

この日はまだ冬の範疇の2月ですが、春の足が速すぎます。
過去には4月の春休みに大雪になったこともあります。
ちったぁ雪でも降ってもと…降り過ぎずにね。
(時折、変調をかけた飯能弁が出ます。山の中の出なので正調飯能弁ではないけんど)

春の陽気の中をフラリと豊水橋の左岸を遡っています。
---前回の続き--- 
豊水橋(とよみずはし) 春の陽気をさまよう 2021-02-20

2020年2月に右岸から ⇒
入間川 早春-2 笹井堰 右岸 2020-02-29 土


536 先ほどの仲間でしょうか (シラサギ>ダイサギ・遡上探索さんから)
☆IMGP6536

◇ 地図 笹井堰 国土地理院様
笹井堰 地図 

537 この辺の両岸には年月を重ねた大きな木があります。
☆IMGP6537
何十(百?)年にも亘って風水害によく耐えてきたものです。
蔓が絡み、樹皮の厚みと強張りから風格を感じます。

538 出水の度に砂利が運ばれ
☆IMGP6538
豊水橋下の堰で水流が弱められ、堆積した土砂で中島が造られています。

539 瀬の流れに
☆IMGP6539
日が跳ねてキラ キラ と ヒカリ
長閑な春の一景が創られます。
コロナ禍を忘れるひと時、入間川の流れです。

540 
☆IMGP6540

541 
☆IMGP6541

542
☆IMGP6542

543 
☆IMGP6543
多摩川にも負けない川の風景だと思うが、
やはり負けますね。

544
☆IMGP6544

545
☆IMGP6545

546 笹井堰が見えてきました。
☆IMGP6546

547 人の目の高さから見る魚道も
☆IMGP6547

◇ これをグーグルさんが見ると 笹井堰(グーグル)
笹井堰 グーグル様
素晴らしい! 上空から見下ろすと幾何学模様、古代の遺跡の様にも見えたりします。

548 下段側
☆IMGP6548

549 上段側
☆IMGP6549

550 どこに行っても ゾウの背中は良い目印になります。
☆IMGP6550

551 
☆IMGP6551

552 手前も魚道のようですね。(扇形魚道よりも前に造られたものです)
☆IMGP6552

553 堰の建物に表示がありますが
☆IMGP6553
入間第2用水とあります。この少し先には「宮沢湖」から引かれた水が注ぎ込まれています。

555 数年前の台風時に「阿須の流れ橋」の桁が
☆IMGP6555
流されて、ここに一部が引っかかっていたと聴いていますが…

556 堰の上流側
☆IMGP6556

557 
☆IMGP6557

559 
☆IMGP6559
悔しいですが、多摩川・羽村堰には完敗ですね。
別に競っているわけではないのですが、羽村堰が気になります。

昨年(2020年2月) ⇒ 
多摩川_羽村堰(玉川上水_取水堰) 2019-08-04

560 
☆IMGP6560

さて 戻りの道へ

563 
☆IMGP6563

この日は良い天気ではありましたが、お陰でたっぷりと花粉を吸いこみ、
翌日から3日ほど、鼻水タラ~リと止まらずに 
マッタク仕事にならず…鼻水が出なくても仕事は出来ないけどね。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:46 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

豊水橋(とよみずはし) 春の陽気をさまよう 2021-02-20  

豊水橋(とよみずはし) 春の陽気をさまよう 2021-02-20

515 水鏡…入間川・豊水橋(とよみずはし)から上流側を見る。
☆IMGP6515

奥武蔵は冬を忘れたのでしょうか…

この暖かさ、昨秋から冬を通らずに初春になった感じがします。

小学生の頃、一時間目の授業は零度の教室だったり、寒さで手が悴(かじか)み鉛筆が上手く握れないようなこともありました。
当時はまだ郡の村の時代、奥武蔵の山の村立小学校で予算が乏しかったのでしょう。
暖房は何も無かったのです。

511 
☆IMGP6511

授業の初めに先生が「寒いか~??」って聞いてくると、児童は「ハーイ!!」って答えます。
すると「ヨ~シッ 全力で校庭を5周しよう!!」って、先生も一緒に走ります。
児童がワ~ワァ騒ぎながら校庭を回り始めると校長先生や教頭先生も職員室から飛び出して、児童の後を走ります。
小さな校庭でも5周もすれば体が温かくなり、やっと授業の開始となるわけです。

今は残念ながら他校と統合し廃校になりました。
そんな寒さの中に長閑で楽しき良き時代もありました。

それにしても近年の冬は余りにも暖かすぎますね。

512 豊水橋(左岸・狭山市側)
☆IMGP6512

513 遠方にゾウの背中が見えます。
☆IMGP6513

517 豊水橋の歴史が欄干に掲げられています。
☆IMGP6517

518 水鏡…春の兆しを感じる時期になると
☆IMGP6518
川岸の樹木が川面に映る風景を見たくなります。

川の真ん中、ず~っと遠方に奥多摩の大岳山が見えます。
こんな感じで見えるので、奥武蔵の山だと思いたいのですが、残念ながら東京都の山ですね。

 2018年 水温む 豊水橋

519 入間川のすぐ背景は奥多摩の山じゃあないですか
☆IMGP6519

521 ゾウの背中(大岳山) と 大きな三角(御前山)

☆IMGP6521

右岸を遡ってみます。

522 「豊水橋」は「とよみずはし」と読みます。
☆IMGP6522
この橋は(旧)豊岡町(現在の入間市)と(旧)水富村(現在の狭山市)の間に架かり、両岸の地名の「豊・とよ」と「水・みず」を採って豊水橋となったのですが、近くにお住まいの人からも「ほうすいはし」と言われることが多いですね。
1966年に豊岡町が入間市になり、更にもっと前の1954年に水富村が狭山市になっているので、既に50年~60年も経っています。そんな昔のこたあ知らないよもあってか、「ほうすいはし」の方が言い易いし、伝え易いのかも知れません(部外者の勝手な推察です)

523
☆IMGP6523

525
☆IMGP6525

526 ヨシの間にシラサギ…
☆IMGP6526シラサギ白いサギの仲間のダイサギ(遡上探索さん)だそうです。

529 当方に気が付いたのか
☆IMGP6529

531
☆IMGP6531

532 シラサギの次ぎは人懐っこい野良ネコの登場です。
☆IMGP6532
近づいて来たのですが生憎エサを持ってなくて御免!

533 
☆IMGP6533
岸辺に近づいたり

534 
☆IMGP6534
ヨシの間を行ったりしながら
早めの春の暖かすぎる入間川をさまよっています。

535 
☆IMGP6535

*** 更に左岸を遡り、笹井堰を目指します ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 11:53 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

入間川左岸工事-4 対岸工事をさまよってみる  

入間川左岸工事-4 対岸工事をさまよってみる

432a ズームを最大にして
☆IMGP5432a

トリミングしてやっとこれだけ。
土嚢が並んでいるが、約1㎥、砂利の比重が1.8~2.2? 
大まかに土嚢ひとつが約2000㎏…凄い重量2t
沢山あるが今回の工事でいったい幾つ必要なんだろう。 

前回は遊歩道工事中の対岸の獣道を進んでみたのだが、
自分のPCが非力なのか、前回はやたらと重くなったために画像31枚のところで閉じた。
今回の-4はその続きである。

前回は⇒
 入間川左岸工事-3遊歩道工事の対岸(左岸)をさまよってみる

400 崖に生えている頼りない草を掴み
☆IMGP5400

403 ズルッと滑りながらも大事に至らず何とか川っぷちまで降り
☆IMGP5403
息を整えてから上流側に向かう。

401
☆IMGP5401

404 この程度であれば何とか進めそうだ。
☆IMGP5404

405 対岸を見ると、この辺は既に遊歩道が出来ているようにも
☆IMGP5405
思えるが進行状況はどうだろうか。

406
☆IMGP5406

407
☆IMGP5407

409
☆IMGP5409

410 岩場が続くが、三点確保のカニ歩きで何とか行けそうか
☆IMGP5410

411 
☆IMGP5411

412 抜けられそうだ
☆IMGP5412

413 ひと汗かいてやっと安全地帯に到着。
☆IMGP5413

415  ココから暫くは楽に進める。
☆IMGP5415

417 動物の足跡ですね…何でしょう。
☆IMGP5417

418
☆IMGP5418
右岸の岩場を辿り、少し広がった川岸の砂利を踏みしめて進むと
遠方に何か人工物が見てきた。

420
☆IMGP5420

422
☆IMGP5422

423
☆IMGP5423

424 あっ…予想外の所に出てきてしまった。
☆IMGP5424

426 遊歩道工事の関係は左岸だけかと思っていたが
☆IMGP5426
右岸に何某(なにがし)かの関わりを持たせるのか。

427 川沿いを遡って行くのだが
☆IMGP5427

428
☆IMGP5428

430 ここで工事の領域に行く手を阻まれ、これ以上は進めない。
☆IMGP5430
両岸を繋ぐ何かが出来るのか?

431
☆IMGP5431

434 自分的にはこのような風景を残して欲しいのだが、どうなるのだろう。
☆IMGP5434

435 右岸はここまでで、崖を登って上の道に出るしかない。
☆IMGP5435

436
☆IMGP5436

437
☆IMGP5437

438 
☆IMGP5438

540 工事部を見ながら斜面を上がる。
☆IMGP5440

441
☆IMGP5441

442 ここまで来れば、後は普通の林、
☆IMGP5442
取り敢えず、右岸の獣道は無事に終了。

今回は飯能大橋の上流側に並ぶ矢久橋の右岸から遡ってみたが、
途中で両岸に絡む工事に出合い、遡上を阻まれてしまい止むを得ずそこで終了とした。

ここは獣道、様々な危険が伴いけしてお薦めする所ではありません。
万が一にも行かれる場合、当たり前ですが自己責任にて判断されたい。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:03 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード