好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

水温む-2 豊水橋 堰下流 左岸~右岸 2018-03-18  

水温む-2 豊水橋 堰下流 左岸~右岸 2018-03-18

413b
☆IMGP0413b

この時季になると、豊水橋(とよみずはし)の近くに所用が出来て、
ついでに橋の周辺をさまよってみるのが恒例化しつつあります。

前回⇒
 水温む-1豊水橋(2018 03)

384
☆IMGP0384
昨日(17日・土)からの晴天が続き、春暖の空気の中、先ず左岸をフラふらっと歩いています。

どうもダメなんですよね。
何がって「ウォーキングのススメ」な~んて謳ってはいるのですが、
根気の無さ、飽きっぽさで決ったコースをまじめに歩くことが出来ないのです。

386 左岸側・笹井河川敷公園 
☆IMGP0386

(狭山市字 東川端 1番地の先…「地の先」と云うところがあるのですね)

だから、あまり同じコースを歩くこたぁ無いし
同じコースであっても周回する方向が変わったり、
同じ川沿いの場合は上流から下流に向かったり、右岸と左岸を変えたりと何とかして
異なった処をと無い知恵を絞って・・・(ああ、これが頭の中も外もだいぶ薄くなってきた原因なんだ)
オッと要らぬほうに迷想(走)が始まってしまいました。

388
☆IMGP0388

380
☆IMGP0380

釣り人がいます。
鯉を狙っているとのこと、「コンチワ~」で始まり邪魔をしないように小声で会話が始まります。

382
☆IMGP0382

383
☆IMGP0383

何本も釣竿をお使いなので聴いてみると
鯉は回遊しているので左岸、右岸、真ん中辺と必要なので何本かになるそうです。
「写真を撮ってだいじょうぶですか」「ああ いいよ~」・・・
鯉、バスなどを放流しているとかの話、上流の名栗川では何が釣れるとか・・・


393 昨年の大雨の置き土産
☆IMGP0393

394
☆IMGP0394

395 左岸側・笹井河川敷公園
☆IMGP0395


◇右岸に移動します。

396
☆IMGP0396

398
☆IMGP0398

399
☆IMGP0399

400 ・・・魚道でしょうか?
☆IMGP0400

401 橋の下流、右岸側をさまよってみます。
☆IMGP0401

403
☆IMGP0403

405 ここにも大雨の痕跡があります。
☆IMGP0405

407 右岸、入間川を描いていらっしゃる方
☆IMGP0407
油絵を拝見させて頂きました。
絵心など全く持ち合わせて無い者に、丁寧に話をしていただきました。
畳半分くらいの大きさでしょうか、
絵具を重ねていくので下が乾くのを待ったり、天気の都合によったりで
完成までに何日もかかるそうです。
何日もかかるのであれば、季節の変わりめなどは木や草の色が変わってしまうことは無いのでしょうか・・・
(素人の要らぬ心配です)

408
☆IMGP0408

409 橋の上流側と下流側では堰を境にして川面が変わっています。
☆IMGP0409

411
☆IMGP0411

412
☆IMGP0412

413 堰から流れ落ちる水の様子が面白いですね。
☆IMGP0413

415 梅雨時の水量が多い時に見てみたいですね。
☆IMGP0415

3月18日所用のついでに、豊水橋の周辺をさまよってみました。
とても暖かかったのですが、次の週の半ばには天気が一転し降雪がありました。
平地では直ぐに融けましたが奥武蔵の山には今日(25日)も残雪が見え、
次の週末には「残雪の山か、桜か」と迷うところです。

◇ 飯能戦争・図書(1868年・慶応四年) 
☆飯能戦争 飯能文庫
時代が慶応から明治に移る頃、振武軍と官軍(新政府軍)の戦いがありました。
飯能には当時の痕跡が今も残っています。
むかし、飯能戦争があったということは聴いていましたが、
それが実際にはどう云うものだったか、全く知らずにおりました。
先日、たまたま立ち寄りさせて頂いた家の御主人から「飯能戦争」の本を頂戴したものです。
郷土の歴史ですからじっくりと読んでみようと思います。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:23 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

水温む-1豊水橋  2018-03-18  

水温む-1豊水橋 2018-03-18

365 川面に映るこの並木を見るのが楽しみでここをさまよっています。
☆IMGP0365

先週末、17、18日と晴天が続きとても暖かくなりました。

この時季になると、どう云うワケか入間川の豊水橋(とよみずはし)

に誘われるようにここを訪れてしまいます。

361
☆IMGP0361

今年も所用で近くに来たついでに橋の周辺を歩いてみました。

天候によっては大岳山や御前山がクッキリと見えるのですが、

今日は春霞みで遠望は効きません。

366
☆IMGP0366

それでも右岸には芽吹きを待つ木々が並び、その綺麗な影を水面に映しているのを観ることができて

満足な一時を過ごしています。

367
☆IMGP0367

薄い雲がかかり、ハッキリとした青空ではないのですが

やわらかな光と暖かさが今の時季のなのでしょう。

「豊水橋」上流側、その左岸をさまよっています。

368
☆IMGP0368


2014年の同じ時季、奥武蔵の山には残雪がありました。
  ↓
2014 水ぬるむ ⇒
水ぬるむ2-左岸(入間川)から豊水橋へ

2015 09 右岸からの夕景⇒ 2015年9月夕景 入間川右岸から  

370 再び右岸の並木
☆IMGP0370

この「水鏡」に映る右岸の並木が見たくてここを歩いています。

371 
☆IMGP0371

372
☆IMGP0372

375
☆IMGP0375

376
☆IMGP0376

377 
☆IMGP0377

378
☆IMGP0378

時も空気も水も、あまりにもユッタリと流れ

せっかちな私もこの環境の中に引きづり込まれて ぼ~っと してしまいます。

・・・ああ、ぼーっとしているのは何時ものことでしたが。

◇ 水温む-2に続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:29 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

春遠からじ 入間川~成木川-2 を さまよってみる 2018-02-02  

春遠からじ 入間川~成木川-2 を さまよってみる 2018-02-02

710 春は遠くない、既に来ています・・・これは先月(2月2日)のことです。
☆IMGP9710

今冬は厳しい寒さが続くと思っていましたが、3月に入ってだいぶ暖かくなってきましね。

今になって2月の雪の風景はどうかと思うのですが、

ご存じのようにこのブログは即時性など全くありませんので前回の続きを・・・

前回⇒
春遠からじ 成木川~入間川-1 を さまよってみる 2018-02-02

記憶が薄れているので前回記したものを振り返ってみると、

「雪の後の晴天を期待していたのですが、ハッキリしない空ですね。

1日の夕方ら翌2日の昼過ぎまで降り続けた雪、予想以上の積雪でした。

当方の周りは約10cm・・・

しかし今回は1月22日の降雪時よりもだいぶ融けるのが速かったですね。

2日の午後、降り止むのをまって「勝手な雪の観察員」を始めました。

寒さが和らぎベタベタと融け始めました」

前々回⇒
 春遠からじ・・・入間川 を さまよってみる 2018-01-28

709a 前回はここまででした。
☆IMGP9709a


* * *

さて阿須の山を下り、入間川沿いを歩いて

阿須グラウンド~「あけぼの子どもの森公園」通称ムーミン谷に向かってみます。

711
☆IMGP9711

713
☆IMGP9713

715
☆IMGP9715

716
☆IMGP9716

718 
☆IMGP9718

719 トーベ・ヤンソン(ムーミンの作者)
☆IMGP9719

雪の「あけぼの子供の森公園」がどう見えるかと思って寄ってみましたが、

工事中のために3月末まで休園でした。花の季節になるころに合わせて開園のようです。

722
☆IMGP9722

723
☆IMGP9723

724 
☆IMGP9724

園内に入ることは出来ないので、外から見るだけで引き上げることにします。

以前の雪景色2016年2月⇒ あけぼの子どもの森公園_残雪をさまよう 

730 雪の中、春を待つ桜 
☆IMGP9730

阿須グランドから入間川の右岸を遡り、JR入間川橋梁を潜って加治中学校の裏側の川沿いを行ってみます。

732 昔の建造物はこの重厚感とデザインが良いですね。
☆IMGP9732

Webによると全長約250m、1931年(昭和6年)から使われているらしいので
優に80年を超えていますね。

733
☆IMGP9733

735 木が鉄を食っている・・・
☆IMGP9735

これを見たのは2回目ですが、この木は鉄が好物なんです。

鉄を食べてもらうためにフェンスを作ったのか、

鉄が(フェンス)あるから木が寄って来たのか・・・極めて難解な問題です。

737 橋梁を過ぎてから、列車の音が聞こえてきたので慌てて一枚記録。
☆IMGP9737

738
☆IMGP9738

739
☆IMGP9739

いつもこの辺を通る度に思い出します。

よせばいいのに 「ツーデーマーチの30kmコース」 で「若い者には負けん!」と

競い合って無残にもボロボロに負け・・・両足の水ぶくれが破れ、爪は紫き色に・・・

やっとの思いでゴールはしたものの

暫く動けず、家人に迎えに来てもらう恥ずかしいツーデーマーチでした。

2013年飯能ツーデーマーチ30kmコース

740
☆IMGP9740

741
☆IMGP9741

冬の入間川・・・流れの穏やかな処を見ると、葉を落とした木々が川面に綺麗に映っています。

742
☆IMGP9742

744
☆IMGP9744

746
☆IMGP9746

750 名栗川と成木川の出合いまで着ました。
☆IMGP9750

751
☆IMGP9751

普段は見えないのか気が付かないのか、珍しく多峯主山の先に関八州見晴台(?)が見えています。


ここを歩いたのは雪の降った2月2日のことです。

すでにひと月も前のことになり、3月に入り急にあたたかくなりました。

一昨日(3月5日)も朝から気温が高く、午後からの雨が草木の芽吹きを速めそうな気がします。

勝手なモノで数日こういう天気が続くと、暑さにも弱い私はもう夏が心配になってきました(笑)


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:16 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

春遠からじ 成木川~入間川-1 を さまよってみる 2018-02-02  

春遠からじ 成木川~入間川-1 を さまよってみる 2018-02-02

698 入間川 飯能大橋 
☆IMGP9698
飯能大橋の後方に多峯主山、後列に奥武蔵グリーンライン、右に越上山、左は関八州見晴台でしょうか?

前回は⇒
 春遠からじ・・・入間川 を さまよってみる

今回は成木川~入間川右岸をさまよってみました。

673 
☆IMGP9673

678 春を待つ桜
☆IMGP9678

679 春を待つ成木川
☆IMGP9679


春の成木川⇒
 成木川 清川橋の桜

681
☆IMGP9681

雪の後の晴天を期待していたのですが、ハッキリしない空ですね。

1日の夕方ら翌2日の昼過ぎまで降り続けた雪、予想以上の積雪でした。

当方の周りは約10cm・・・

しかし今回は1月22日の降雪時よりもだいぶ融けるのが速かったですね。

2日の午後、降り止むのをまって「勝手な雪の観察員」を始めました。

寒さが和らぎベタベタと融け始めました。

682
☆IMGP9682

683 歩き慣れた道、成木川の左岸を下ります。
☆IMGP9683


そうそう「勝手なxxxの観察員」はご存じのように科学的にも防災活動的、その他にも全くあてになりません。

雨や雪が降った時にその辺をウロウロとするだけですから。

「そういうのを是非やってみたい」ナンテ言う奇特で奇人はいないとは思いますが、

もしかしたら居るかもしれませんね。

そんな時のためにイザ出動時に怪しまれないような認定「勝手なxxxの観察員」ネームカードを考えておこうと思います。


684 左は太陽光発電の施設 
☆IMGP9684

685 新大橋、成木川に架かる最後の橋、この先で入間川と合流。
☆IMGP9685

688 雪は止みましたが晴れませんね。
☆IMGP9688

689 
☆IMGP9689

691
☆IMGP9691

693 狭山茶
☆IMGP9693



694 
☆IMGP9694

696 雪が降るとここから
☆IMGP9696

697 ここを登って
☆IMGP9697

699 飯能の街を観ることが「勝手なxxx観察員」の重要な任務です。
☆IMGP9699

700 川寺
☆IMGP9700

708 笠縫、岩沢方面
☆IMGP9708

707 ちょうど八高線の下り列車が鉄橋を渡ります。
☆IMGP9707

709a 前ケ貫、美杉台方面
☆IMGP9709a

それで「勝手な雪の観察員」の報告ですが、2日15時現在、融雪がだいぶ進んでいます。

その他異常なし・・・正直なところは近視で、良く見えないと言うことで。


2月4日は立春。

この辺が寒さのピークで徐々に気温は和らいでいくのでしょう。

道沿いの蝋梅が満開で桜は蕾を膨らまし始めています。

確実に風景は厳冬を越えたように思いますが、さてこれからどうなるでしょうか。

** 春遠からじ 成木川~入間川-2へ続きます**


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 21:57 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 8

春遠からじ・・・入間川左岸 を さまよってみる 2018-01-28  

春遠からじ・・・入間川 を さまよってみる 2018-01-28

653 
☆IMGP9653

お寒むうございます。

1月22日の午後から翌未明まで降った雪・・・週を変えても融けずに残っているところがあります。

637
☆IMGP9637

諸々の合間に残雪の入間川沿い(加治橋~阿須の流れ橋まで)をさまよってみました。

凛とした木々が川沿いに並び、残雪の間からは薄い茶色の草が身を乗り出しています。

遠くには奥多摩と奥武蔵の山々が青くひかえ、モノトーンの世界が広がっています。

これから中流域に入ろうとする入間川の冬景色です。

641
☆IMGP9641

懐かしいような・・・子供の頃の絵本で見たような風景の中をさまよっています。

時季と陽と雪の残り具合で感じるとても新鮮な景色です。

643 遠方に奥多摩の山が見えます・・・大岳山 御前山
☆IMGP9643

650 八高線 入間川橋梁
☆IMGP9650

また今週の後半から寒波の来襲が予報されていますね。

「お天気さん そんなに年寄りをいじめないでよ」と言いたくもなりますが

多くの生物が厳しい冬を耐え、やがて来る春を待つ

私のようなグータラには辛い季節の刺激が時折あった方が良いのかもしれません。

655
☆IMGP9655

「冬来りなば春遠からじ」という言葉を数年前から目にします。

なんと、当方のブログを時折訪れている方のブログタイトルが「冬来りなば春遠からじ」となっています。

656 遠景中央から 川苔山-日向沢ノ峰-棒ノ峰-蕎麦粒山・・・
☆IMGP9656

恥ずかしながら「冬来りなば春遠からじ」について

冬が来れば次は春だあ~ 

それくらいの感じでいましたし

そんな単純なことをずいぶん難しい言い回しにしているなあ思っていました。

658
☆IMGP9658

ところが語源は

If Winter comes, can Spring be far behind ?  だそうです。

これはイギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の末尾にあるらしいのです。

私には原語を訳す能力はありませんのでBingの力を借りてみました。

Bingは次のように訳しました。

「冬が来れば、春ははるか後ろになることができますか?」

なんじゃねこれは? Bingが訳したら難解になってしまいました。

日本の単語にはなっていますが、日本語にはなっていませんね。

機械訳は忠実ではありますが文学的思考にはマダマダのようです。

モチロンそれでも私よりもはるかに優れていることには変わりはありませんが。

659
☆IMGP9659

661 阿須の流れ橋
☆IMGP9661

漢詩に「冬来春不遠」と言うのがあるそうです。

これもBingかけてみました。

簡体中国語で翻訳させると「冬から春までは遠くない」・・・これは分かりやすいですね。 

もっともこれくらいなら私でも検討はつきますが、いや検討もつきませんが。

662
☆IMGP9662

再び

If Winter comes, can Spring be far behind ?

「冬来りなば春遠からじ」  どなたが訳されたのでしょうか。

素晴らしい訳だと思いますが(あくまでも素人が考えて) ?

疑問の形で終わっている。

それを「春遠からじ」でうまく納めて、お見事と云うしかないですね。

664
☆IMGP9664

665
☆IMGP9665

667
☆IMGP9667

671
☆IMGP9671

まあ そんなことを配線の切れかかった頭で思い巡らしながら、入間川の残雪を楽しんでいます。

この雪が融けて一直線に春に向かってくれればありがたいのですが

そうはいかんでしょうね。

まだまだ、これから・・・

しかし「冬の寒さの次は確実に暖かい春が来る」大昔からそうだったから・・・


◇じつは天覧山の続きが中断していました。

  ⇒
 天覧山-3 山頂から北側ルートに
 
の続きは日を改めて記します。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:29 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード