好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

2017 初春、足の向くままに-3 日和田山~巾着田  

2017 初春、足の向くままに-3 日和田山~巾着田
2017/01/03

799 日和田山(305m)頂きからの東の展望
☆IMGP2799

鉄塔が林立し日高市ならではの風景が広がります。
いったい何基あるのでしょう。
稚拙な好奇心の私は数えきれないほどの鉄塔に感動です。
(稚拙な好奇心は間違いなく単細胞でもあります)

前回は⇒ 2017 初春、足の向くままに-2日和田山


807 二の鳥居~巾着田
☆IMGP2807

誰が見ても、どうっていうことのない写真です。
ところがこれを撮るのに1時間10分もかかりました。
なんだいこりゃあ!!

時間をかけただけの内容、デキになっている訳ではありません。

じつは、鳥居の中に巾着田を上手く収めようとしたのですが、
この日は後からあとから多くの人が登ってきました。

悪い予感は良く当りますね。
鳥居の前に団体さんが陣取って昼食を始めました・・・

私には「写真を撮るので、ちょっと移動してもらえれませんか」などとは口が裂けても言えません。
小心者は写真を1枚撮るだけでも大変なのです。
長期戦になりそうなので当方も昼食を摂りながら機会をうかがいます。

787 
☆IMGP2787

昼食を兼ねて一時間以上も待ち、人がいない一瞬を狙ったのですが
今度は撮ろうとする私の右側と後ろの方々が・・・ですから

もう少し右と後ろに移動したかったのですが・・・
仕方なくこれで諦めたというわけです。

まあ、元々カメラと腕が貧弱ですから
環境だけ満足する場を得たとしても、大したこたぁないですがね。

785 背景、奥多摩 手前が奥武蔵
☆IMGP2785

左背景・川苔山、日向沢ノ峰、蕎麦粒山 
手前・棒ノ嶺---------有間峠
             天覚山


788 遠方、大山---丹沢系
☆IMGP2788

789 金刀比羅神社
☆IMGP2789

昼食休憩の後は取り敢えず頂上まで行き、
巾着田に下りることにします。

790
☆IMGP2790

794 神社の右脇に頂上に繋がる道が有ります。
☆IMGP2794

796 
☆IMGP2796

797 日和田山 頂12:49
☆IMGP2797

800
☆IMGP2800

804 山頂の宝篋印塔(ほうきょういんとう)
☆IMGP2804

◇宝篋印塔(ほうきょういんとう)
多峰主山周辺をさまよっていた時、
出合った石塔が「宝篋印塔」と云うものであるとはじめ知りました。
常盤御前(源義経の母)・宝篋印塔⇒ 2014年 天覧山・多峰主山 超入門コース2 見返り坂から多峯主山-天覧山

さて、下山です。

808
☆IMGP2808

809
☆IMGP2809

811 13:49
☆IMGP2811

鹿台橋の手前、コンビニで甘いものを頂いて休憩し
巾着田を北から南へ縦断します。

812
☆IMGP2812

813
☆IMGP2813

814 前方の山が高麗峠の方向
☆IMGP2814

816 振り返ると日和田山、左の鉄塔の山が高指山です。
☆IMGP2816

818
☆IMGP2818

820
☆IMGP2820

822 気の早いことですが、秋を待つ曼珠沙華(彼岸花)
☆IMGP2822

824 ドレミファ橋を渡り、高麗峠に向かいます。
☆IMGP2824

828 高麗川を渡ります。
☆IMGP2828

832a
☆IMGP2832a

833
☆IMGP2833

835 高麗峠の入口(299号線沿い)に戻ってきました14:50
☆IMGP2835


◇このルートをもう少し歩いてみたいと云う人に
 日和田山-高指山から駒高-物見山・・・に繋がる道があります。
参考 ⇒ 駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく

日和田山に登って
二の鳥居で昼飯を摂りながら遠望を楽しむ
平和な市民の至福のいっときです

東を見れば筑波の風に混じり九十九里の海風が

南を見れば丹沢と相模湾の風が

西を見れば富士山、奥多摩、甲斐の風が・・・

ここまで吹いて来るような気がする 

・・・空気は繋がっているから可能性はある

                     (終わり)

◇987 都会を流れる荒川の一景(京浜東北線鉄橋)
☆IMGP2987

源流~河口までを歩いています。
名栗川・入間川の流れ出し(大持山の南東斜面)から歩き始めて河口(東京湾)までを辿る。

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:02 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

2017 初春、足の向くままに-2 日和田山  

2017 初春、足の向くままに-2 日和田山
2017 01 03

781 二の鳥居・金刀金比羅神社(微かにスカイツリーが見えました)
☆IMGP2781

前回は⇒
2017 初春、足の向くままに-1 高麗峠~

738 あいあい橋 10:56
☆IMGP2738

残念ながら、山の神のご意向でこの橋は渡らずに巾着田の
東縁から北縁へ周り天神橋を渡ることに・・・

741
☆IMGP2741

742
☆IMGP2742

冬の柔らかな陽の中、なんとも懐かしいな風景を
見ながら巾着田の外側を進み、
広い道路にでて左に折れると天神橋です。

743 天神橋 この地の歴史が香ってきそうな雰囲気です。11:07
☆IMGP2743

744 高麗川・巾着田東端
☆IMGP2744

745 高麗郷・古民家
☆IMGP2745

☆20140526233121e27[1]

この古民家は2014ツーデーマーチの時に開放され、見学することが出来ました。
 飯能新緑ツーデーマーチ2014・2巾着田~高麗神社(1日目20km) 

746 11:13
☆IMGP2746

天神橋を渡り、直進するとT字路に当たりますが、ここを山側に・・・

747
☆IMGP2747

手入れが行き届き、明るくとても感じの良い斜面です。
「いざ!登るぞ!」・・・、摂りあえず老腰、老脚に発破をかけてみました・・・
そっ、それほどの坂道ではないのですが。

748
☆IMGP2748
749
☆IMGP2749

752 一の鳥居 11:29
☆IMGP2752

753 左←男坂・・・女坂→右
☆IMGP2753

いつもグズグズしている私も、ここは迷わず男坂を行くのですわ。

755
☆IMGP2755

757 →へ
☆IMGP2757

759 
☆IMGP2759

760 根っこの急登、
☆IMGP2760

あっらら、う~ん、以外と歯応え、イヤ足応えがありますね。
デモこんなのは大丈夫です。
なんと云っても奥武蔵の山で生まれてます・・・

761
☆IMGP2761
762
☆IMGP2762

763
☆IMGP2763
765
☆IMGP2765

767
☆IMGP2767

768 ここを登りきれば
☆IMGP2768

769 
☆IMGP2769

770 あら、まだありましたか。
☆IMGP2770

771 ここが最後の岩だ
☆IMGP2771

773 岩場を登りきると、眼下に絶景が広がります。
☆IMGP2773

774 
☆IMGP2774

775 手前の中央は多峰主山、背景は丹沢山塊
☆IMGP2775

777 中央やや左に大岳山~御岳山~御前山
☆IMGP2777
大岳山はその山容に特徴があるため(象とか馬の背のような)に当方はランドマークとして
便利な目印にしています。
Webによると古くは東京湾で漁をする者が、位置確認の目印として使っていたようなことが記されいます。

778
☆IMGP2778
岩場の急登をなんとか登りきると
南側への展望が開け、二の鳥居が待っていてくれます。

時刻が良さそうで、ここで暫し昼飯休憩とします。

◇2017 初春、足の向くままに-3につづきます。

◇2991 都会を流れる荒川の一景
☆IMGP2981
源流~河口までを歩いています。
名栗川・入間川の流れ出し、大持山の南東斜面から歩き始めて河口(東京湾)までを辿る。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:13 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

2017 初春、足の向くままに-1高麗峠~  

2017 初春、足の向くままに-1高麗峠~
2017 01 03

733 あいあい橋(高麗川・巾着田)
☆IMGP2733

1月3日、新年の穏やかな陽の下、体の鈍(なま)りを少しでも食い止めようと、
足の向くままに高麗峠から日和田山を軽く歩いてみました。

◇観光案内所(飯能市飯能・武蔵ヶ丘)9:45-高麗峠-あいあい橋-天神橋
-日和田山-巾着田-ドレミファ橋-高麗峠-観光案内所・武蔵ヶ丘14:50

687 国道299号沿い・観光案内所付近9:45
☆IMGP2687

690 高麗峠入口
☆IMGP2690

691 
☆IMGP2691

飯能駅の北、国道299号線、秩父に向かう沿道にはスーパー、ドラッグストア、GS等の店舗が並んでいます。
ここを山側に入るとすぐに高麗峠に続く道、流石に奥武蔵飯能は面積の7割が山、どこからでもすぐに入山できます。

692
☆IMGP2692

峠道の入口から数分は登りになりますが、すぐになだらかな道になり、快適に進みます。

693
☆IMGP2693

適度に手入れをされた明るい森、とても歩き易い道をゆきます。

694
☆IMGP2694

695
☆IMGP2695

696 ほほえみの丘10:01
☆IMGP2696

 2016ツーデーマーチ 5月のほほえみの丘

⇒ 2014年中山・高麗峠をさまよう3終回(1月28日)ほほえみの丘 

698
☆IMGP2698
699 御前山が見えますね(奥多摩三山)
☆IMGP2699

700
☆IMGP2700

701
☆IMGP2701

702 垣間…多峰主山、川苔山が見えます。
☆IMGP2702
 奥多摩・川苔山をゆく

703 萩の峰10:11
☆IMGP2703
以前、この辺は富士見峠と記されていたのですが…

704 大岳山-御岳山-御前山
☆IMGP2704

706 富士見峠の記しもありました。
☆IMGP2706

残念ながら今日は富士山が見えません…

709 高麗峠177mに到着 10:23
☆IMGP2709

711
☆IMGP2711

712
☆IMGP2712

716 10:32
☆IMGP2716

719 
☆IMGP2719

720 前方が明るくなり、もう少しで峠の道を抜けます。10:36
☆IMGP2720

722
☆IMGP2722

aee 同じ所、2016年のツーデーマーチ・時代衣装の案内人
20150529013237aee[1]

ツーデーマーチの時にはここを左折したのですが、今回は右折してみます。

723
☆IMGP2723

726 遠方には奥武蔵の山々
☆IMGP2726

727 正面にこれから登る予定の日和田山が見えてきました10:42
☆IMGP2727

734 あいあい橋(高麗川・巾着田)10:54
☆IMGP2734

ここを渡って巾着田を経由する予定が、同行した山の神のご意向で、
渡らずに巾着田の外側・高麗川右岸を行くことになりましたわ・・・

◇初春、足の向くままに-2につづきます。


◇源流から河口まで・・・2017/01/07 やっと「新荒川大橋」を通過しました。
「源流から河口まで」とは・・・大持山の東斜面から流れ出した名栗川(入間川)の源流を起点に歩き始め、
荒川を経由して新木場・東京湾のゲートブリッジを終点としています。
☆IMGP2994
写真は「新荒川大橋」の上から荒川上流を見ています。
1/7、高島平から新河岸川を渡り荒川の堤へ、前回の着点、「笹目橋」まで行き、荒川沿いを下り
「新荒川大橋」過ぎてJR赤羽駅まで歩いてみました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:16 [edit]

category: 奥武蔵 1

飯能アルプス(飯能エコツアー)-3スルギ~子ノ権現~帰路  

飯能アルプス(飯能エコツアー)-3スルギ~子ノ権現~帰路
2016/10/16(日) だいぶ前のことですが・・・

078 子ノ権現(天龍寺)の境内に
☆IMGP1078

前回は⇒
 飯能アルプス(飯能エコツアー)-2板屋ノ頭~六ツ石ノ頭~

前回の続き・・・飯能アルプスを進みます。

「六ツ石ノ頭」で小休憩をした後、スルギ~根ノ権現

062 だいぶ年季の入っている指導標です「するぎ」の部分は読めますが、
☆IMGP1062
他の部分は判読不明…11:39するぎ到着、小休憩。

063 錆びた波板…数年前の大雪で小屋が壊れた…そんな感じがします。
☆IMGP1063

065 子ノ権現までの最後の登りを前に
☆IMGP1065

小休憩をして息を整えます。11:59

067 開けてきました。12:12
☆IMGP1067

068 子ノ権現(天龍寺)に到着
☆IMGP1068

069
☆IMGP1069

070 もう一段登ったところで昼食です。
☆IMGP1070

072
☆IMGP1072

073
☆IMGP1073

074 用意された昼食は地元の素材を使ったお弁当に、なめこ汁です。12:23
☆IMGP1074

飯能エコツアーで使われる飲食物は、出来るだけ地元の食材を使用するになっています。
御馳走様でした。とても美味しかったです。

074a 
☆IMGP1074a

さて、昼食の後は境内の見物です。

076 雷の直撃を受けた2本杉 12:53
☆IMGP1076


目通り周囲7.8m/5.4m、樹高約23m/16m
巨樹の2本杉が2014年の落雷によって痛々しい姿になっていました。

079
☆IMGP1079

080
☆IMGP1080

082
☆IMGP1082

083
☆IMGP1083

◇子ノ権現は通称で、正式寺号は大鱗山雲洞院天龍寺(だいりんざんうんどういんてんりゅうじ)という。

⇒ 子ノ権現

085
☆IMGP1085

088
☆IMGP1088

089
☆IMGP1089

090 13:16
☆IMGP1090

暫く境内を見学した後、下山です。
おっと、ここで重要なものを撮り忘れました。
巨大なワラジです…お寺のHPからご覧ください。

(その後、探してみたら2013年に飯能アルプスを縦走した時に撮ったものがありましたので
 追加しておきます)
201302111417580f9[1]


・・・以下、子の権現のHPより・・・
子ノ権現縁起に、「魔火のため腰と足を傷め悩めることあり。故に腰より下を病める者、一心に祈らば、その験を得せしめん。」とあるように、当山は古より足腰守護の神仏として広く信仰を集めています。鉄のワラジを始め、夫婦下駄・庫裡廊下梁に掲げた額等信仰の証となるものが多く残されています。
一般に足腰の調子が良くない方を始め、古くは人力車、荷車関係の方、農林漁業に従事していられる方々や相撲取り力士、陸上競技・野球・サッカー・バスケット・スポーツサイクルなどのスポーツ関係の方々、トレイルラン・ハイキング愛好者が年間を通じてお参りされます。
・・・ここまで子の権現のHPから・・・

091 さて下山の時刻です 13:21
☆IMGP1091

095 植林地帯を299号国道まで約1時間下ります。
☆IMGP1095

102
☆IMGP1102

103
☆IMGP1103

107
☆IMGP1107

109
☆IMGP1109
112
☆IMGP1112

113
☆IMGP1113

114
☆IMGP1114

115
☆IMGP1115

117
☆IMGP1117

118
☆IMGP1118

119
☆IMGP1119

121 
☆IMGP1121

子ノ権現からは約一時間かけての下山になります。
299号沿いの奥武蔵休暇村にて入浴をして、汗を流した後に解散となりました。

◇今回の「飯能エコツアー」では飯能アルプスの一部を歩きました。
 多くの方がイメージをしている飯能アルプス「伊豆ヶ岳(正丸)~天覧山」の全コースからすれば
極めて短い距離でしたが、 初対面の方々とお話をしながら歩くと、稚拙な好奇心が涌いてきて
楽しいものです。
 
既にお仕事を卒業なされた方、在学中の方、役所の方、協会の方など(私自身は山猿のようなものですが)・・・
 年齢も20歳台~70歳台まで、様々な立場の方々に交じって歩きました。
道中、滑った転んだはありましたが取り立てて言うほどのこともなく、全員無事に下山することが出来ました。

歩き終ってみれば、体の温まりと適度な疲労感の余韻に心地良く酔えるものでが、期待していた筋肉痛は全く出ず
筋肉痛・超回 復の信奉者としては、そこのところだけは肩透かしを食らった感じであります。

◇今回もほとんど歩きながらの撮影でしたので、ブレ、構図、設定・・・大変恥ずかしいものばかりです。
  いつもだと200枚は軽く越えるのですが、今回は抑えて約130枚の撮影でした。
撮影というよりも正しく言えばシャッターを押しただけというものです。
  
枚数を抑えてこの出来ですからひどいモノです。
  まあ、歩きながら構図を決めてシャッターを押すのでこんなものですが・・・
  しかし
  それではしっかりと時間をとって写せば・・・
いや、それでも大差はありません こんなものです。

◇主催の観光協会様、参加された皆様お世話になりました。
   お蔭様で楽しい「飯能アルプス」でありました。
     ありがとうございました。

◇「アヤメ平(尾瀬)」に…


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:02 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

飯能アルプス(飯能エコツアー)-2板屋ノ頭~六ツ石ノ頭  

飯能アルプス(飯能エコツアー)-2板屋ノ頭~六ツ石ノ頭
2016/10/16(日)N

035 飯能アルプス「板屋ノ頭」近く
☆IMGP1035

前回は⇒
 飯能アルプス(飯能エコツアー)-1吾野駅~板屋ノ頭

今回のルートは逆打ちですから進行方向右手が北側、左手が南側になります。
吾野駅から歩き始めて約1:30ほど経過しました。
前坂を過ぎ、鉱山の発破の注意看板やお地蔵様を過ぎると、
左手にお墓が見えてきます。

022 10:07
☆IMGP1022

お墓は旧原市場村地区の方のものだそうですが、お墓参りや掃除ためにここまで来るのは
とても大変なことだと思います。
ご先祖を想われるお気持ちでこのような尾根伝いにお墓が保たれているのでしょう。

025 
☆IMGP1025

ここを過ぎれば板屋ノ頭までもうすぐです

027
☆IMGP1027

029
☆IMGP1029

030
☆IMGP1030

033
☆IMGP1033

036 板屋ノ頭から鉱山を臨みます。10:21
☆IMGP1036

037 
☆IMGP1037

038
☆IMGP1038

040
☆IMGP1040

041 板屋ノ頭 標高522.1m 三角点 10:26
☆IMGP1041

045 急登を上がって行くと10:46
☆IMGP1045

046 すぐに急な下りが待っています。10:50
☆IMGP1046

047 痩せ尾根を行きます。10:52
☆IMGP1047

049 どうしたのでしょう。立ち木にコブがありますね。10:54
☆IMGP1049

050 分岐、ここを右の急な下りに進みます。
☆IMGP1050

051 
☆IMGP1051

053
☆IMGP1053

054 下れば登る・・・またきつい急登です。11:03
☆IMGP1054

056
☆IMGP1056

059 六ツ石ノ頭540mに到着 11:15
☆IMGP1059

この先はスルギを経由し、「子の権現」までもう一時間もかからないでしょう。

◇今回の「飯能エコツアー」では飯能アルプスのほんの一部を歩きました。
  地図で飯能アルプスの縦走路を見ると今回は尾根伝いの約1/5位の距離のようです。

◇飯能アルプス(飯能エコツアー)-3に続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:48 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード