fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11  

柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11
966 蕎麦粒山 有間峠
cP1076966.jpg
今年初めての柏木山です。
先週は関東に積雪あり、既に一週間が経っていますが、残雪の山が見られるかと思い登ってみました。
937 登山口・茜台自然広場
cP1076937.jpg

939
cP1076939.jpg
一週間もすれば雪は消えていると安易な判断で来てみましたが、まだ残雪があります。
940 倒木が道を塞いで、乗り越えて行っても・・・
cP1076940.jpg
このまま谷の道を進むと雪や泥濘が予想され、少し進んだ右手から尾根道(ジャンダルム尾根コース)に上がることにした。
942
cP1076942.jpg
尾根道も5,6回は歩いているので、日当たりが谷の道より良く、残雪は無いだろうとの判断です。
943 第一展望台
cP1076943.jpg

945 第一展望台からのスカイツリー
cP1076945.jpg
広場右手斜面から2,3回折り返して登ると、すぐに第一展望台(勝手に命名)に到着、東の街やスカイツリーが見えています。ここで一呼吸を入れ、汗を拭って尾根道を進みます。
947
cP1076947.jpg

949
cP1076949.jpg
後から元気のよい若者数人が、追い抜いていきます。こちらはもう今更急ぐ齢でもないし、既に取返しの出来ない位置にいますからユックリ行きます。
950
cP1076950.jpg

951
cP1076951.jpg

952
cP1076952.jpg

953
cP1076953.jpg

954
cP1076954.jpg

957
cP1076957.jpg

959 大持山、小持山
cP1076959.jpg

960 武甲山
cP1076960.jpg

961 天覚山
cP1076961.jpg
以前、植林地に山火事があり、鉄塔近くに枯れた部分が灰色に見えています。

962 関八州見晴台
cP1076962関八州見晴台

956 棒ノ嶺(中央)・天皇陛下が皇太子時代にお登りになられた山
cP1076956.jpg
有間峠、棒ノ嶺、川苔山などの奥多摩、奥武蔵の山にはまだまだ雪が残っている感じです。
「棒ノ嶺 2012年、ブログを始めたころに雪を甘くみて登り、下山時は大変でした」
棒ノ嶺からの日光連山1 2012 02 20
棒ノ嶺からの日光連山2 2012 02 20

966 
cP1076966.jpg
第二展望台(勝手に命名)から残雪の奥多摩、奥武蔵が見えて、当地方としては十分過ぎるほどの風景です。この通称ジャンダルム尾根(大袈裟な感じがしますが)ルートが出来て風景はまずまずです。

968
cP1076968.jpg
さて、ここから少し下り道になります。
969 左は谷ルート、やはり雪が残っています。
cP1076969.jpg

972 
cP1076972.jpg
やがて道は谷ルートと合流します。
973
cP1076973.jpg
後は展望のない上り下りを何回か繰り返し、柏木山に・・・
974
cP1076974.jpg

976 コナラの伐採(カシノナガキクイムシによる穿孔被害)
cP1076976.jpg

977 
cP1076977.jpg

978 
cP1076978.jpg
シダの道もあります。10年ほど前にシダの道と勝手に言っていたのが、通称になってしまいました。
まだ通ったことのない方にお勧めします。(シダの道)
979 
cP1076979.jpg
この日は残念ながら富士山が見えません。
980
cP1076980.jpg

981 富士山はみませんが、大きなゾウは見えました。
cP1076981.jpg

982 キノコも・・・富士山が見えませんが
cP1076982.jpg

984 樹間から柏木山の頂に何人か見えます。
cP1076984.jpg

986 程無くして最後の坂・・・
cP1076986.jpg

988 
cP1076988.jpg

989 スカイツリー
cP1076989.jpg

990 靄ってますね。 
cP1076990.jpg
柏木山の標高は303m、ここから南東方向スカイリーまで約51km
湿度が上がっているのか、鮮明に見えません。
*** -2に続きます ***
最近、ブログに書き込んでいる時に不安定になったり、突然消えたりします。画像などを含む容量的が原因なのか、他にあるのかよく分からずにおります。

◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 23:22 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

天覚山 横断 -2 山頂から・・・帰路 2022-12-11  

天覚山 横断 -2 山頂から・・・帰路 2022-12-11

579 天覚山から(12:34)暖かいのか、クッキリ感がいまひとつです。
B☆IMGP0579

前回は⇒
天覚山 横断 - 1

飯能アルプス⇒ 飯能アルプス縦走 5天覚山~カマド山分岐(1月27日の縦走記)

前回からのつづき 
573 登って来た側の
B☆IMGP0573
中藤側方向と思うのですが、特定できません。

574 三角点と頂の表示 天覚山445m
B☆IMGP0574
名栗川の方から2時間弱かけて、結構な急坂を登ってきましたが、東京スカイツリーよりもマダマダ低い・・・マア天覧山+多峯主ほどですから良いとしますか・・・

575
B☆IMGP0575

581 ほぼ中央に柏木山 
B☆IMGP0581
背景には加治丘陵が見えています。

582
B☆IMGP0582

583 木の合間からは奥多摩の蕎麦粒山が見えます。
B☆IMGP0583
川苔山、日向沢ノ峰、蕎麦粒山

丁度12時頃に頂上に到着・・・先着の3組が山飯中、見晴らしの良い南側のベンチが空いているのでそこに腰掛けて暫し遠望を楽しみますが、空気の状態がいまひとつ・・・


585 龍崖山~クリーンセンター
B☆IMGP0585

586 駿河台大学
B☆IMGP0586
加治丘陵の向こう側、右より奥は西武ドームでしょう?

576 さて、下山 
B☆IMGP0576
持参した弁当を食べ、頂からの風景を眺め、一息入れて登って来た急な所を戻ります。
高麗川沿いに下り、東吾野駅から飯能行の列車に乗る予定。

587 先ずトラロープの急坂を一段、約20mの下り、
B☆IMGP0587
そこから北側に回り込む道を行くと神社跡の広場に、
その跡地に大きな銀杏の木があり、一面に黄色い落ち葉が広がっています。

590 イチョウの葉で埋め尽くされた広場は
B☆IMGP0590
両峯神社があったところです。

591 12:44
B☆IMGP0591

592
B☆IMGP0592

593
B☆IMGP0593
以前ここは尾根伝いの縦走路の通過点したところ、直接高麗川に下ったことはないので今回が初めての道です。地図を見てどちらから下ればよいか迷いましたが、なんとなくの判断で沢の道を行ってみることにしました。

596
B☆IMGP0596

597
B☆IMGP0597
沢の道の始めはシダに囲まれた急な下り、九十九折が続きましたね。
東峠から急登を上がって来た分を下るのは分かるのですが、
自分的には結果としてあまり通りたくない道でした。

599
B☆IMGP0599

601
B☆IMGP0601

602
B☆IMGP0602
杉桧の薄暗いシダの道は意外と長く続き、修行の下山道です。
かと言って、他の道がどうだったかは歩いてないので・・・

606
B☆IMGP0606

607 下り始めてここまで約20分
B☆IMGP0607
僅かに変化した風景が見えてきました。

610 
B☆IMGP0610
それでも・・・まあ修行、修行僧の境地にはとてもじゃあ無いけど

611
B☆IMGP0611

613 変化の乏しい道を
B☆IMGP0613
30分程かけてやっと林道に出ます。

614
B☆IMGP0614

615 熊注意って!! 手が震えて・・・!!
B☆IMGP0615
帰りがけに見てもね・・・

625
B☆IMGP0625
ここからは林道をダラダラと高麗川に向かうワケです。

628 
B☆IMGP0628
日が入って来ました・・・里まではもうすぐの感じです。

630 
B☆IMGP0630

631 やっと下山できました。
B☆IMGP0631
ナント60分もかかってしまいました。
脚力の衰えを痛感しますね~

632 高麗川、右岸に
B☆IMGP0632
駅へは直進の道と右折して高麗川沿いの道が有るのですが、
川沿いを選び、清流を暫く見ながら駅に向かいます。

633 清い流に癒されますね。
B☆IMGP0633

635 西武鉄道、東吾野駅近く / 高麗川
B☆IMGP0635

636
B☆IMGP0636
東吾野駅に到着 下山時間は約75分かかりました。

638
B☆IMGP0638

天覚山:Webを参考にすると
以前、天覚寺があり天覚寺山と言ったが、明治始めの神仏分離、廃仏毀釈によって廃寺になり、山名は寺をとって天覚山となったようです。北側にあったイチョウの広場のところの両峯神社は平成14年に社殿を解体した跡なのでしょう。

639 然程待たずに飯能行の電車に乗ることが出来ましたが
B☆IMGP0639

車内は秩父や芦ヶ久保からと思われる登山客が多く、まるで登山電車・・・

久し振りの軽い山歩きでしたが、
筋肉は裏切らず?嬉しいことに脚全体に筋肉痛が出てきました~


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:24 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

天覚山 横断 -1林道から頂上に 2022-12-11  

天覚山 横断 -1林道から頂上に 2022-12-11
533 
B☆IMGP0533
12月11日、空いた時間とまずまずの天気に軽く山を歩いてみようかと・・・
それで、コロナ禍で体力が弱っていることもあり、どこが良いかと地図で適当に漁って、この辺であれば迷っても転げ落ちても名栗川(入間川)か高麗川だと考え天覚山としたワケです。

この日は飯能駅~名栗川(入間川)側より歩き始め、東峠から飯能アルプスに入り、天覚山の頂きを経由して高麗川側の東吾野駅に下山するルートとしました。天覚山(飯能アルプス)を南から北に横断するわけです。

492 飯能はヤマノススメの聖地です。
B☆IMGP0492
飯能駅北口からバスに乗車、名栗方面行 9:50頃
天覚山は市内を北西から南西に連なる「飯能アルプス」の1座で、南西端から三つ目の山。
標高446m・・・本格的に山を歩かれている人には朝飯前、準備運動位の山でしょう。

494 バス停、新寺にて下車 10:13頃
B☆IMGP0494
先ず、駅から名栗行のバスに乗車し20分ほどでバス停「新寺」にて下車します。
ここは近くで中藤川が名栗川に合流してるところです。
495 
B☆IMGP0495

497
B☆IMGP0497

498 中藤川沿い 左岸路
B☆IMGP0498

499
B☆IMGP0499
バス停からは名栗川を離れ、暫く中藤川の左岸に沿った道を進み

500 程なくして東峠に行くために右折
B☆IMGP0500
中藤川からサヨナラして無名?の谷川沿いを北に進みます。
504
B☆IMGP0504

505
B☆IMGP0505
飯能アルプスは10年ほど前に2回縦走と半縦走1回しましたが、
今の体力では縦走はきついので、南から北に横切る横断とします。

飯能アルプス縦走 5天覚山~カマド山分岐(1月27日の縦走記)

506
B☆IMGP0506

509
B☆IMGP0509
ここは林道のような感じがするのですが、確かなことは分かりません。
そうそう、林道と言えば有名な「林道タマチャリン」さんに お聴きすればよいでしょう。
林道タマチャリン⇒
 林道タマチャリン

510 
B☆IMGP0510

511
B☆IMGP0511

512
B☆IMGP0512

513
B☆IMGP0513

515
B☆IMGP0515
マユミでしょうか・・・
516
B☆IMGP0516

517
B☆IMGP0517
冬なのに春のような感じの草が・・・名前は分かりません。
518
B☆IMGP0518

520
B☆IMGP0520

521 東峠付近11:12
B☆IMGP0521
道は何回も右に左に曲がるのを繰り返し、いよいよ飯能アルプスの東峠に到着・・・
~~~
ここまでくる間に自転車の練習の人、走っている人、ノンビリ歩いている人、全部で20人ほどの人に会いました。
自転車の練習は親が車に乗って指示しながら、子が頑張って峠を登って行くもので、こうやって練習するのか、たいへんだなあと・・・
~~~
523 ここから左に入れば
B☆IMGP0523

524
B☆IMGP0524
天覚山~大高山、子の権現などを経て伊豆ヶ岳に
右に入れば久須美坂、多峯主山を経て天覧山に至ります。
天覚山方向、左へ行きます。
525
B☆IMGP0525

527
B☆IMGP0527

528
B☆IMGP0528

532 鉄塔、ススキ 11:18
B☆IMGP0532

534 以前、ここを右に鉄塔の下を潜って直進し
B☆IMGP0534
峠の林道に降りるのに大変苦戦したのを覚えています。
この日は通ってないので、今はどうなっているのか不明です。

535
B☆IMGP0535

536
B☆IMGP0536

538 鉄塔の近くから北方面
B☆IMGP0538
暫く振りの坂道は結構なキツさ・・・10年の歳月が自分の体力をだいぶ落としています。
結構な急こう配、しかし来たからには登らねば高麗川に着かないのです。

539
B☆IMGP0539

541
B☆IMGP0541
急坂を登る途中で、杉や桧の状態が異様に思え、よく見ると焼けたようなのも見えるのです。
まさか、今の時代にこんなところで焼き畑でもないでしょう。
543
B☆IMGP0543

545
B☆IMGP0545
登るに連れて完全に焼けた木が転がっていたりして
546
B☆IMGP0546
後から来た元気の良い青年に聴いてみたところ、何年か前に山火事があったとのこと・・・
そうだったのかと云うことで納得 しかし山火事とは怖いです。(後日、2019年3月24日に山火事があったことが分かった)

549 「飯能アルプス」らしい尾根道に上がり、
B☆IMGP0549

551 何度かコブを上がり下りするし・・・
B☆IMGP0551
これも「飯能アルプス」の特徴で標高は低いのにやたらと歩く者を疲れさせる仕組みがある。

552
B☆IMGP0552

553
B☆IMGP0553
前の縦走時には何回登り下りがあるか数えてみたのでのですが、20回ほどで飽きて止めたことがあります。

557
B☆IMGP0557

558
B☆IMGP0558

561 植林、杉、桧の尾根道・・・これも飯能アルプスの特徴です。
B☆IMGP0561

562 いよいよ最後の登り、気合を入れて急登を入れつつもゆっくりと進む
B☆IMGP0562

563
B☆IMGP0563

564
B☆IMGP0564

565
B☆IMGP0565

567 虎ロープを伝って
B☆IMGP0567

568 頂上に到着・・・445m 12:01
B☆IMGP0568
あら!!ここにもありますか!!
この面白過ぎる案内板は??有名な方がお作りになられたようです。
柏木山が中央に描かれています・・・ここからの視界の真ん中に柏木山があるのでしょうか。
569 確かに柏木山が真ん中に
B☆IMGP0569

570 しかしこの方向では川苔山・・・
B☆IMGP0570

571 こちらでは左が大岳山、右は川苔山
B☆IMGP0571
昼飯時に頂き到着・・・先着者3組は山飯中、見晴らしの良い南側のベンチが空いていたのでそこに腰掛け、暫し遠望を楽しむが空気の状態がいまいちクッキリ感がないですね。

◇ おサルさん フウセンカズラ 顔を書くのタイヘ~ン
風船葛 おさるさん
~天覚山 横断-2 につづく予定~~~


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 14:01 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 6

柏木山(茜谷コース~柏木山~ジャンダルム) 2022-01-04  

柏木山(茜谷コース~柏木山~ジャンダルム) 2022-01-04

115 柏木山頂、直前…同行者撮影
☆DSC_0115

奥武蔵は昨年の暮れから今年の始めにかけて、良い天気が続いています。一時は雪の予報もありましたが、積雪と言う程のこともなくこのままいくと水量が心配になってきます。

この日、1月4日も良い天気で、コロナで鈍(なま)った足の馴らし歩きで柏木山です。

150 茜台自然広場から登り始めます。
☆IMGP3150

078 茜谷コースを進みます。
☆IMGP3078

同行者は初心者と超初心者、計3人でちょいと心配ですが…まあ道案内役の私も道外しが得意な初心者ですから偉そうに心配しても仕方ありません。

080 茜谷道
☆IMGP3080

茜自然広場から柏木山や赤根ヶ峠に行く場合、道は三通りあります。この日は谷のルートを登り、帰りには右手の通称「ジャンダルム尾根」を下る道を選びました。

124 ジャンダルム尾根はこんな感じ
☆IMGP3124

三通りのうちの残りは、通称「百年ナラ尾根」というルートが谷の左手にあります。

◇ 百年ナラ尾根はこんな感じ
百年ナラ尾根

081 茜谷道
☆IMGP3081

082 茜谷道
☆IMGP3082

083 茜谷道
☆IMGP3083

柏木山は既に十数回登っています。10年ほど前に初めて登った時は道が分からずで苅生から北に向かって山に入り、地震計が有った脇の斜面に偶然ソリの跡を見つけてそれを頼りに道なき斜面を登って頂に到着しました。
◇10年前は登る人も無く、地図にも載ってない柏木山(龍崖山も)、山名を知る人は市内にもいませんでした。


⇒ 柏木山  2021-01-31

⇒ エコツアー 柏木山~吾妻峡 2019-11-30

⇒  奥武蔵・赤根ヶ峠~柏木山をゆく-2(終回)2013-11-26

084 赤根ヶ峠との分岐を柏木山方面へ
☆IMGP3084

コナラの森

086 通称「富士見の丘」
☆IMGP3086

087 この日は残念ながら富士山は見えません。
☆IMGP3087

088
☆IMGP3088

089 コナラ、ヒノキ、ツゲ
☆IMGP3089

090 木立の間から柏木山の頂が見えて、登山者がいるのがわかります。
☆IMGP3090

092 頂上まであとわずか…
☆IMGP3092

094 大山(丹沢山系の東端)
☆IMGP3094

095 
☆IMGP3095

096 スカイツリーと都心ビル群
☆IMGP3096

097
☆IMGP3097

101 山頂に到着 標高303m
☆IMGP3101

102 筑波山
☆IMGP3102

103 圏央道
☆IMGP3103

104 カモシカ新道
☆IMGP3104

105 大山(丹沢山系東端)と大室山(丹沢山系西端)
☆IMGP3105

106 どなた様か分かり易いモノを作ってくれましたね。
☆IMGP3106

107 西方、これも分かり易いですね。
☆IMGP3107

108
☆IMGP3108

110 カワイイ楽士がカモシカ新道側に…
☆IMGP3110

111 楽しものが置いて有るが…

☆IMGP3111

~~~
◆このブログには似合わないこと◆
この山に何回か登られた方はお分かりかと思いますが、
以前、上に有るような木製の人形やカモシカを模したもの、指導標(案内板)などが柏木山周辺に沢山ありました。何れもこの山を愛され、多くの人に登られるようにと民間の方が善意で設置されたと思われるものです。
ところが最近その多くが撤去されたようです。
昨年、ここを訪れた方(市議会議員)が市議会で担当部門へ柏木山に設置されているモノについて状況を問い、結果としてその場にそぐわないと思われるモノが撤去処分になったのです。
 
この様なものは立場や好みによって「あったらいいね」から「余計なこと」にと、人それぞれの思いはあるでしょう。しかしながら数年も前からのことであり唐突感は否めません。多くのハイカーから情報や意見を収集しての処置であり、けして少数の好みや机上の判断ではないことを望みたいものです。
~~~

112
☆IMGP3112

113 苅生村誌ニハ、高ドッケ山トアリ
☆IMGP3113

石標は「南高麗づくり委員会」の方々が建立したものです。
平成23年3月吉日 2011年

さて山頂を後にし、帰路はジャンダルムを通ることになります。

116 谷コース、百年ナラ尾根、ジャンダルムの分岐から
☆IMGP3116

ジャンダルムを進みます。右手の下は往路の谷コース。

117
☆IMGP3117

122
☆IMGP3122

123 ジャンダルム尾根を進むとコナラの間から
☆IMGP3123

時折左手(西方向)に展望が開け、奥武蔵の山並が見えてきます。

125 天気さえ良ければなかなか良いルートです。
☆IMGP3125

126 右手には龍崖山
☆IMGP3126

127 多少のアップダウンを経て徐々に下ります。
☆IMGP3127

128 
☆IMGP3128

129
☆IMGP3129

川苔山、蕎麦粒山、有間、奥武蔵アルプス、武甲山

130
☆IMGP3130

131 天覚山(飯能アルプス)
☆IMGP3131

132 ここから少し長めの下りが始まります。
☆IMGP3132

135
☆IMGP3135

136 踊り場状の切り替えし部
☆IMGP3136

ここから最後の下りに入ります。

137 多峯主山-御嶽八幡神社---天覧山
☆IMGP3137

138 左・多峯主山、右・御嶽八幡神社
☆IMGP3138

141 加治丘陵の向こうにスカイツリーが見えます。
☆IMGP3141

144 九十九折の下り
☆IMGP3144

147 茜台自然広場…着
☆IMGP3147

この日の柏木山、頂きは好天で東から南、西と遠望が効きました。筑波山、スカイツリー、丹沢山塊、奥武蔵の山々と珍しく広範囲によく見えました。残念ながら富士山だけは雲に隠れていましたが、ジャンダルムからの奥武蔵アルプス、飯能アルプスなどよい感じの風景でした。

上の方に茜台自然広場から柏木山へのルートは三通りと記しましたが、自分的な好みから行くと ジャンダルム尾根>百年ナラ尾根>谷ルート となります。今回のジャンダルム尾根は北、西、東の展望が開けるところがあり、変化が有ってお薦めのルートです。
◇ 柏木山 ☆柏木山 登山コース
~~~
772 ジャンダルムと谷ルートの間あたり、カモシカとの遭遇
☆IMGP1772

ジャンダルムの帰り道と谷ルートの間でカモシカに遭遇しました。他の所を含めてこれで数回遭遇したことになります。いつものことですが、こちらがカモシカを見ていると思っていましたが、カモシカが人を観察しているようです。暫くはこちらをジートみてから静かに森に消えていきました…熊でなくてヨカッタ!


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:37 [edit]

category: 奥武蔵 1

多峯主山の北東辺りを歩いてみる  2021-03-07  

多峯主山の北東辺りを歩いてみる  2021-03-07

784 桧の根が階段のように続きます。地図⑦辺り
☆IMGP6784

曇りの天気に花粉が一生懸命に飛んでくれている日、鼻をズルズルさせながら林の中を歩いてみました。
ゆく歳は既に年季が入り、あちらこちらをさ迷うのにもだいぶ慣れてきました。
すると当然同じ道を通ることが多くなります。
そのことが徘徊モチベーションの著しい低下を招きつつある今日この頃であります。

759 多分この辺は日高市…地図⑤辺り
☆IMGP6759

それで久しぶりに駅からず~っと北に行った西武鉄道・武蔵ケ丘の車両基地,
その間を通り、日高市との境めを少しを超えたところ辺りをフラフラと歩いてみました。

車両基地は ⇒
西武鉄道武蔵丘車両基地をさまよう(短)

電車フェスタ検修場祭り ⇒ 西武・電車フェスタ検修場まつり-2 (武蔵丘)215/06/06

◇ 地図
☆多峯主山 北東

762 西武の森 この向こうは東急武蔵台
☆IMGP6762

763 ここを登ると北側の展望が広がります。
☆IMGP6763

地図⑥辺りから北の展望

764 日和田山
☆IMGP6764

765 高指山
☆IMGP6765

766 駒高---物見山
☆IMGP6766

767 地図⑦辺り
☆IMGP6767

西に行けば多峯主山だろうと
歩いたことのない所にテキトーに入ってみます。
谷には僅かな水が流れシダの茂りが良い雰囲気をつくっています。

769
☆IMGP6769

770 
☆IMGP6770

771 
☆IMGP6771

772 道が徐々に怪しくなってきました。
☆IMGP6772

773 ハイキングの道では無さそうですね。
☆IMGP6773

774
☆IMGP6774

776 今日は軟なスニーカーこれ以上になると…
☆IMGP6776

777 誰も通ってなさそうな道になりましたね。
☆IMGP6777

778 地図の⑧辺り
☆IMGP6778

779 この感じで行くと
☆IMGP6779

人よりもクマさんやカモシカに遭遇しそうです。

780 それと
☆IMGP6780

たまたま、獣道を歩いたことのない者が同行しているので、この辺で戻ることにします。

781
☆IMGP6781

782 谷沿いの怪しい道を引き上げて
☆IMGP6782

初めての道…南に通じる地図⑨辺りを進んでみます。

786
☆IMGP6786

787
☆IMGP6787

これが意外と歩きやすい道で

788
☆IMGP6788

789 先が明るいですね。
☆IMGP6789

790 地図⑩到着
☆IMGP6790

多峯主山―天覧山の東端の道のようです。
ここから⑬の方向に

791 
☆IMGP6791

793
☆IMGP6793

796 桧の間をダラダラと下り道が続き
☆IMGP6796

その後に緩い登りでまた下り…

797
☆IMGP6797

798 ⑫-⑬辺り…天覧山の北東を下っています。
☆IMGP6798

802 
☆IMGP6802

805 この日はこのまま下り、多峯主山にも天覧山にも寄らずに下山です。
☆IMGP6805

807 
☆IMGP6807

808 どうしたのでしょうね。
☆IMGP6808
なぜ伐採されたのでしょけね。
枯れたとか、虫が付いたとか…?

811 
☆IMGP6811

私の場合、いつもこの道は登りに使う道ですが初めて下ってみました。
同じ道でも登りと下りでは見える風景が異なり、飽きずに気分よく歩けます。

815 
☆IMGP6815

816 前方に車道が見えてきました。
☆IMGP6816

多峯主山と天覧山の東側を反時計周りに歩いてみました。
初めて足を踏み入れた所があり、シダの谷、根っこの登り坂、終盤は長めの明るい下り…曇り気味の天気でしたが、気分よく歩ける道でした。
記録によると約7,105歩、消費カロリー211.5kcal,脂肪燃焼30.2gでとても軽い徘徊でした。

818 地図⑬の車道に到着…振り返って見ます。
☆IMGP6818

歩いたことのない道があれば歩いてみる
獣道があれば歩いてみる
道が無くても歩けそうであれば歩いてみる
けして薦める薦めるものではないのですが、思わぬ風景に出合えるかも知れません…


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:43 [edit]

category: 奥武蔵 1

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード