FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

多摩川_羽村堰(玉川上水_取水堰)   2019-08-04  

多摩川_羽村堰(玉川上水_取水堰)   2019-08-04

325 羽村堰下橋
☆IMGP7325

多摩川って奥武蔵から意外と近いですね。

「タマチャリン」氏のブログに浅間岳から見た橋の画像が載っていました。

勝手な橋の観察員としては面白そうな橋の画像を見ると行ってみたくなります。
その橋は羽村大橋と云うらしいのですが、それよりも上流側の「羽村堰下橋」の
方が面白いとの貴重な助言を頂き、早速、羽村堰下橋にいってみました。

294 牛枠(水の勢いを弱めて堤防を守る)
☆IMGP7294

何時ものことながら、少しは下調べをしていけば良いのですが
諸々と忙しく奥武蔵から意外と近いな位の情報で・・・

296
☆IMGP7296

298
☆IMGP7298

まともに行けば車で行けば30分、十数キロですが、堰下橋の近くの駐車場が分からず、
留める場所を探すのにかなり遠回りをしてしまいましたわ。
取り敢えず右岸の「羽村市郷土博物館」の近くに駐車させてもらいました。
300 
☆IMGP7300

301 牛枠(川倉水制)、デモ機なのか実用なのか・・・
☆IMGP7301

ついでに羽村市郷土博物館も見学しようと思ったのですが、時刻は8時を少し回っただけ、開館迄だいぶ
間があるので、堤の上の道を歩き「羽村堰下橋」から右岸の堰の方に・・・  
◇羽村市郷土博物館---開館時間9:00~17:00 

302 堤防の両側法面は草木がびっしり繁り、緑が目に染みてきます。
☆IMGP7302


羽村市郷土博物館から多摩川右岸、堤防の上の道に上がり、羽村堰下橋を目指して下流側に歩きます。

303
☆IMGP7303 - コピー

304 河川敷がジャングル状態です。植物の生命力、成長力は恐ろしいほどですね。
☆IMGP7304

306 
☆IMGP7306

308 多摩川のジャングルには
☆IMGP7308

カワセミでも飛来するのでしょうか。
堤の道からは緑に身を潜めるバードウォッチャー
魚は何がいるのか、釣り糸を垂れる人も見られます。

310 
☆IMGP7310

311 草花が咲き誇る堤の道を行くと
☆IMGP7311

312 程なくして羽村堰下橋のたもとに到着します。
☆IMGP7312

314
☆IMGP7314

315
☆IMGP7315

317 橋の上流側・・・玉川上水の取水堰
☆IMGP7317

318 下流側・・・羽村大橋
☆IMGP7318

319
☆IMGP7319

320 取水堰 
☆IMGP7320

【参考:郷土博物館】 この堰は固定堰と投渡堰(3ブロック)によって構成され、大雨による増水時には
木製の投渡堰を流し(流量によって3ブロックのうちのいくつか)上水側へ流れる水量を抑え、水門の破壊を避ける。
木製の部分は多摩川を流れて行くが回収はしないし、拾得してはイケないようで東京湾まで流れていくのだろうか。

流した投渡堰の再作費用は700万円位と・・・
年に一度は流しているらしいが、大雨の季節を複雑な立場で待つ担当業者さんの心境は如何なものか。

321
☆IMGP7321

322 羽村大橋
☆IMGP7322

323 羽村堰下橋を渡り左岸に
☆IMGP7323

324
☆IMGP7334

328 
☆IMGP7328

331 投渡堰---玉川上水 水門
☆IMGP7331

332
☆IMGP7332

334
☆IMGP7334

335
☆IMGP7335

336 玉川兄弟像
☆IMGP7336

337 多摩川と玉川上水
☆IMGP7337

338 水門 多摩川から玉川上水への入り口
☆IMGP7338

340 思っていた以上の水量です。
☆IMGP7340

341 玉川上水 
☆IMGP7341

342 松と桜並木 緑がとても美しいですね。
☆IMGP7342

343
☆IMGP7343

344
☆IMGP7344

345
☆IMGP7345

347 再び羽村堰下橋を渡り郷土博物館へ
☆IMGP7347


350 赤門
☆IMGP7350

・・・ 以下、郷土博物館、webから・・・
この門は、中里介山の大菩薩峠記念館の正門でした。
もとは三ヶ島(現在埼玉県所沢市)の徳川幕府に仕えていた眼科医鈴木家の門でした。昭和10年(1935)12月に介山がこれを譲り受け、記念館の前に移築しました。
江戸時代中頃の創建といわれ、朱塗りの建築から赤門と称し、本郷にある東大の赤門に匹敵すると常に自慢していたといわれています。
☆IMGP7297

記念館閉館後の昭和52年(1977)、中里家より町に寄贈され、昭和59年(1984)12月に現在の郷土博物館の中庭に復原しました。

352 
☆IMGP7352

この住宅は、羽村市羽西1丁目13番地3号にあった下田季吉氏の家を譲り受け、昭和57年(1982)3月に現在の郷土博物館の敷地に移築復原しました。記録によって、弘化4年(1847)に建設されたことが明らかになりました。

351
☆IMGP7351

入母屋づくりの茅葺(かやぶき)民家で、この地方の一般農家の姿をよく示しています。建築後、四ツ間として改造し使用していましたが、移築にあたり当初の広間型に復原しました。

旧来の生活様式をよく守り、建物の改造も少ないことから、この民家で使用されていた生活用具と建物の1210点が「羽村の民家(旧下田家)とその生活用具」として国の指定を受けました。参考:羽村市郷土博物館の資料より

◇農家に入ってみました。懐かしい昔の道具が沢山ありました。
家の造りや建具、農作業や養蚕の道具、生活用具など昭和半ばの奥武蔵とおなじですね。

道具を手に取ってみました・・・
幼い頃に親や祖父がそれを使って山仕事や農作業、製茶作業に勤しんでいたのを想い出します。
これを見た限りでは奥武蔵も多摩もお隣ですから昔の暮らしに大きな違いはなさそうです。

◇羽村取水堰周辺・・・初めて来ました。取水堰周りも面白いし、一帯には公園もあり水辺や浄水の散策路など楽しめるところが盛りだくさんですね。右岸の羽村郷土博物館では多摩川周辺の歴史や文化、玉川上水に関わる資料の展示、中里介山に関わる展示室もあり介山に興味のある人には必見です。

中里介山と云えば
 大菩薩嶺(峠) ですね。

また、右岸側には浅間岳、大澄山の登山道があり、上からの展望は雄大な多摩川を眺めることが出来るようです。
今回は登りませんでしたが、低山ですから晩秋からが良いでしょう。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 22:32 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

tb: 0   cm: 8

「飯能茜台大橋」_2 川から攻めても命名の経緯分からず 2019-03-24  

「飯能茜台大橋」_2 川から攻めても命名の経緯分からず 2019-03-24

061

☆IMGP5061

前回は⇒ 「飯能茜台大橋」_1 君の名は・・・    2019-03-08

2018-02-17工事半ば⇒ アーチ接続 「仮称 飯能大河原線」橋梁-5をさまよってみる・場繋ぎ2018-02-17

~    ~     ~
   ~    ~    ~

062
☆IMGP5062

「飯能茜台大橋」とは不思議な橋名だ
極普通に飯能大河原線を歩き、この橋を渡ってみたがどう考えても
・・・まともに考えても(まともでない私がマトモと云うのも違和感があるが)
経緯が知りたいね。

042
☆IMGP5042

通常の見方をしたのでは分からない。
では川に降りて下から見れば何等かの経緯の手掛かりでも掴めるかもと、
そんな想いで川に入ってみることにした。

049 下流側、岩根橋
☆IMGP5049

「飯能茜台大橋」の下に行く方法は幾つかあるが私的には次の二つが楽な
ルートだと思う(道はありませんが)
①左岸:岩根橋の袂の脇道を上流側に向かう。
②右岸:大河原地区の中平河原から下流に向かう。
だからといって、マネをして行くような変人はいないと思うが、
行く場合は長靴(ズボンが濡れて良ければ不要)、手袋、キズ薬、長めの杖など・・・
川の中は不安定で杖がかなり役に立つ。

~    ~    ~
   ~    ~     ~ 

今回は岩根橋袂の脇道から川岸に降りて、上流側の浄水場を右に見て進み
「飯能茜台大橋」の下を潜ってから渡河して、左岸の中平河原に上るルートとした。

044
☆IMGP5044

045
☆IMGP5045

先ず岩根橋の脇道(旧道なのかな)から竹林を抜けて狭い河原に、直ぐに堰と魚道を
左に見て遡上する。

047
☆IMGP5047

そうそう
遡上と言えば
ぶらっと遡上探索さん
何本もの川を制覇され、合間に観察される花も素晴らしい。

048
☆IMGP5048

051
☆IMGP5051

さて、魚道を越えて浄水場を右手に通り越すと水管橋が現れ、その先に「飯能茜台大橋」
の茶色いアーチが見えてくる。

052
☆IMGP5052

055
☆IMGP5055

057
☆IMGP5057

飽く迄も知浪途的になのだが、周囲と調和しているとは思えない(知浪途の独り言ね)
この色はどうなんだろう・・・と思ってしまう。
地味なんだけどこの吾妻峡に目立っている。

060
☆IMGP5060

064 ここから見上げてみても「飯能茜台大橋」命名のヒントは見えないな。
☆IMGP5064

橋名の茜色とか、森林文化都市に相応しい森林色とか、そう云うのが
あくまでも、アクマデモ 知浪途考えで出てくるが、
山人には分からな高度な判断からの選定色なんだろう。

065 メンテナンス用の階段・・・
☆IMGP5065

可能であれば登ってみたいが、何処へ許可申請をすればよいのか。

066 
☆IMGP5066

069 左岸、橋の下を潜り上流側に
☆IMGP5069

070 
☆IMGP5070

071 この辺から左岸に
☆IMGP5071

072 
☆IMGP5072

073
☆IMGP5073

074 吾妻峡(何処から何処まで?)
☆IMGP5074

076 右岸・・・中平河原側に
☆IMGP5076

079
☆IMGP5079

081
☆IMGP5081

084 この辺から八耳堂側に上がり帰ることにします。
☆IMGP5084

~ ~ ~

14Ca 最後に懐かしい工事中(2018年)の画像を・・・
20180228004533b05[1]
2018022800460414c[1]

自分的にはこういう状態の方が興味あるが、
しかし完成しないことにはその役目を果たすことが出来ない‥・

それで、橋名の謎だが、川から見ても見上げてもナゼ飯能茜台大橋なのか、
全く手掛かり足掛かりも掴むことはできなかった。

◇ 日に5本のバスが通る(数年前の時刻表から)
☆☆IMGP3601a

近くには年に何人の乗降客がいるか不明なバス停「赤根ヶ峠入口」があるし、
茜台地区と道は繋がってはいるが、それと結び付けるのは可成り無理がありそうでやはり分からない。
錆びた脳内にまた一つ疑問の赤錆が付着してきた。

*** 飯能茜台大橋 おわり ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 21:08 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

tb: 0   cm: 6

「飯能茜台大橋」_1 君の名は・・・    2019-03-08  

「飯能茜台大橋」_1 君の名は・・・    2019-03-08

561 アーチの下は入間川(清流名栗川)
☆IMGP4561

*君の名は・・・思いもよらぬ「飯能茜台大橋」であった。

3月2日に開通したこの橋がどうして「飯能茜台大橋」なんだろうかと考えてみたが脳の縮小が始まった
私にはどうしても分からない。
橋の命名はその地域の希望によって決められることが多いので「飯能大河原大橋」や「大河原本郷大橋」
などに類似したものを予想していたが、両岸に接してない茜台の「飯能茜台大橋」とはマッタク予想外であ
る。
確かに大河原の先には住宅地の茜台があるのだが・・・

534 右岸(大河原)から左岸(天覧山側)を臨む
☆IMGP4534

更に別な角度からみると
この橋の主目的は市の活性化のために生産拠点として設けた「飯能大河原工業団地」から圏央道狭山日高
ICへのアクセス向上を図り、更に狭く老朽化した岩根橋の補完や市街地の通行を減少させて渋滞の防止も期
待している。
それらを考えると橋名に大河原は外せないように思えるが、我薄くなった頭頂では命名の経緯が判らない。
ご存じの方がいらっしゃったらご教示願いたいものである。
尚、この辺は吾妻峡と言われて景観が良いところであるが、上流側に「吾妻大橋・昭和61年完成」があるので
吾妻は使えない。

516 飯能駅の南、右岸から大河原に
☆IMGP4516

工事の途中より、時折り訪れてこの橋の進捗状況を見ていたが3月2日に開通したとの情報があったので、後日
その姿を目に収めようと(3月8日)訪れてみた。

C27 工事中の飯能茜台大橋
20181008001430c27[1]

2018-10-07現在時⇒
飯能大河原線橋梁(仮)新設工事-7 (10月、左岸から右岸から) 2018-10-07

2017-12-16現在時⇒
仮称 飯能大河原線橋梁-2 左岸をゆく 2017-12-16

524 割岩橋の右岸、大河原を通り
☆IMGP4524

526 ここ通って
☆IMGP4526

527
☆IMGP4527

528
☆IMGP4528

529 天覧山
☆IMGP4529

531 多峯主山-御嶽八幡神社
☆IMGP4531

533 橋に合わせて(2019-03-02)開通した飯能大河線
☆IMGP4533

535 大河原工業団地から天覧山の前を経由し、圏央道に
☆IMGP4535

537
☆IMGP4537

541
☆IMGP4541

542 
☆IMGP4542

544 いよいよ橋の本体へ
☆IMGP4544

545 上流側(名栗川(入間川))
☆IMGP4545

546 吾妻峡の景観を楽しめるように橋の中間が広げてある。
☆IMGP4546

547 下流側、水管橋
☆IMGP4547

549 
☆IMGP4549

550
☆IMGP4550

551 上流側の景観
☆IMGP4551

556 左岸から大河原工業団地側に延びる新道
☆IMGP4556

557
☆IMGP4557

558
☆IMGP4558

559 
☆IMGP4559

562 自分的にはこのような構造物がじつに面白いですね。
☆IMGP4562

563
☆IMGP4563

564
☆IMGP4564

565
☆IMGP4565

566
☆IMGP4566

構造とかそれにかかわる力学、技術、材料・・・など全くの知浪途であるが
無骨で頼もしい鉄組を見るだけで楽しくなりますね。
しかしだからと言って、同じような所に行かれるのをお薦めているワケではありません。
けしてマネをなさいませんように。

◇飯能茜台大橋・橋長:84m、型式:鋼単純上路式ローゼ橋
所は名栗川(入間川)天覧山(能仁寺)の前の道を名栗方面に少し行ったところで、岩根橋の上流側にある。

◇近隣、橋名の例
A1 豊水橋(とよみずはし)
20150318022909a1d[1]
ほうすい橋と誤って云われることが多い。
旧豊岡町(現在の入間市)と旧水富村(現在の狭山市)の間に架けられた橋で両岸の町村名を採って
「とよみずはし」と命名された。しかし地元でもさえも「ほうすいはし」と呼んでいる人は多い。

441 水明橋(すいめいはし)
20181208023108441[1]
飯能市の唐竹地区にある橋。
旧唐竹橋を新たに架け替えた時に地域住民から橋名を募り決められた。唐竹橋を架け替えたので
唐竹橋でも良さそうなものだが、架け替えに絡む諸般の事情があり(ここでそれに触れることはないが)
地元が新たな橋名を集めた結果、山紫水明からの水明が多くの支持を得て命名された。

◇その他 両岸の地区名から
cd8 矢川橋(矢颪=久下) 矢川橋(矢颪=川寺) 
20170922232811cd8[1]


ところで 始めの方に記した「*君の名は」

忘却とは 忘れ去ることなり 忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ
「君の名は」と たずねし人あり で始まる(らしい)「君の名」は NHK第一放送の人気ラジオドラマ
(昭和27年4月10日~昭和29年4月8日)であったらしい。

更に最近も「君の名は」と云うのがあるらしい(長編アニメーション・2016年公開)

私は残念ながら、その世代の狭間で生息のため、どちらもとも聴たり見たりしたことは無い。

*** 「飯能茜台大橋」_2 に続く ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 18:18 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

飯能大河原線橋梁(仮)新設工事-7 (10月、左岸から右岸から) 2018-10-07  

飯能大河原線橋梁(仮)新設工事-7 (10月、左岸から右岸から) 2018-10-07

999 右岸、上流側から左岸の橋台を見る 鉄錆がいいね~
☆IMGP0999

(仮称)飯能大河原線橋梁、前回は8月でした。
それから既に2ヶ月程経ち、「勝手な川の観察員」として、
その後の工事の進捗状態を確認することは重要な任務と勝手に思っております。  
そんで出動ですが、今回は川側に降りて観察をしてみましたわ。

 飯能大河原線橋梁(仮)新設工事-6 (8月)

962 途中にあった椿の実
☆IMGP0962

964 岩根橋から上流を見る
☆IMGP0964

965 岩根橋の袂(左岸)から名栗川(入間川)に降りてみようと
☆IMGP0965

旧道?を上流側に進むと川に降りられる。

966 今日は先日の雨で少し水量が多そうですね。
☆IMGP0966

967 行けそうか?
☆IMGP0967

「名栗川で勝手な観察員が流される」・・・こんなことで報道されないように慎重に・・・

969
☆IMGP0969

970
☆IMGP0970

972 台風で倒されたのかな
☆IMGP0972

974 この大きなしっかりした根が倒されたのだから、相当な風だったのだろう。
☆IMGP0974

975 ナントかここまで来たが、これから先が・・・
☆IMGP0975

979 ここから先が
☆IMGP0979

984 11:49 左岸から遡るのはこれが限度で、今日はここから先は無理ですね。 
☆IMGP0984

左岸はここまで・・・あとは右岸に廻ってみるしかなさそうです。

947c 2月の名栗川・・・10月の水量と比べると全く違いますね。 遠方にアーチの右岸側が見えます。
20180221021947c0a[1]

岩根橋まで戻り、U字のように廻って対岸に行くしかありませんが
これもまた「勝手な観察員」の任務ですから行ってみましょう。

985 12:07 ここを右に吾妻峡の方に行きます。(龍崖山、多峯主山もこちら)
☆IMGP0985

987 12:10 約20分かけて右岸側の袂に到着、遠方右の山が天覧山ですね。
☆IMGP0987

一旦橋の袂を通り過ぎて

989 更に右 名栗川(入間川)の右岸に
☆IMGP0989

990
☆IMGP0990

991 テントが数張り・・・この日は一月前の10月7日です。
☆IMGP0991

992 右岸に出て少し下流に行くと
☆IMGP0992

994 木の枝葉が繁り、橋の右岸側が見えません。
☆IMGP0994

996 
☆IMGP0996

997 
☆IMGP0997

998
☆IMGP0998

000
☆IMGP1000

002 紅葉の時季も良さそうです・・・そろそろでしょうか。
☆IMGP1002


◇飯能市エコツーリズム
2018 11 10-エコツーリズムのまち飯能(表紙)

☆2018 11 エコツーリズムとは

☆2018 11 23_25 ツアー

こちらはいつもワクワク感がいっぱい!! 飯能エコツーリズムです。



◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:44 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

飯能大河原線橋梁(仮)新設工事-6 8月(短) 2018-08-16  

飯能大河原線橋梁(仮)新設工事-6 8月(短) 2018-08-16

657 現在の進捗状況(2018-08-16)
☆IMGP0657

久し振りに「勝手な橋の観察員」の出動です。
 しかしながらこの日は8月16日です。
前回は凍えるような寒さの中、アーチの接続(合体)の瞬間を期待して
その時を待っていたのですが、時は既におそく合体は終わっていました。

(前回) ⇒
アーチ接続 「仮称 飯能大河原線」橋梁-5をさまよってみる・場繋ぎ2018-02-17

***当時の記事を見ると***
この橋の工事で最も興味あることは両岸からのアーチの合体シーンでしょう。
それを逃してしまったのは不覚というより他にありません。
アーチは知らぬ間に繋がってしまい川面の揺れは待てども治まらない・・・
こういうことも有りますねと、ぐっとこらえて無理に笑うしかないです。
***
一生に一度あるか無いかの機会を失い、だいぶ落ち込んでいましたが
いい歳をしてまさか涙を流すわけにもいかずね・・・

648 向こう側は大字大河原、こちらは大字飯能 
☆IMGP0648

グリーンシートの道を行けそうなので行ってみます。

649 前回から約6ヶ月が経ちました。だいぶ進みましたね。
☆IMGP0649

651 当然ですが、勝手な観察員は部外者ですから工事の橋の上には行けません。
☆IMGP0651

側面から攻めてみるしかないですね。

652 高欄が出来ています。
☆IMGP0652

ここまで来るとあと僅かで仕上がる感じですね。

658 こういうのが好きなんですが…これも年内で終わりです。
☆IMGP0658

659 いいですね・・・どこがって 工事中の錆び具合がね。
☆IMGP0659

662 この足場の上を「トントンとん」と、歩いてみたいです。
☆IMGP0662

664 
☆IMGP0664

この夏は暑く、工事の方も大変でしたでしょう。
観察員も暑さには弱く、短時間しか観察できませんでした(笑)

666 天覧山側への接続道路・・・ほとんど完成したようです。
☆IMGP0666

668 表示板に工事情報が流されています。
☆IMGP0668

一般にこのようなモノを見る人はいるのでしょうか・・・
両岸から伸びたアーチが合体する日がこれで公表されていたら良かったのですが
当時は無かったのでしょうか、気が付きませんでしたね。

669 5月10日時のドローン
☆IMGP0669


~~~大河原側に廻ってみます~~~

670 向うは天覧山側、こちらは大河原です。
☆IMGP0670

672 大河原~クリーンセンター方面
☆IMGP0672

674
☆IMGP0674

678
☆IMGP0678

完成が(竣工)近づいてくるに連れて、そのワクワク感が薄らいでいくのはナゼでしょう。

2017年12月22日 工事用鉄塔が建っていました。
2017 12 22(12-09撮影) 119486c9[1]

そして2018年02月21日ではアーチが吊られていました。
2018 02 21(02-17撮影) 022005e89[1]

このような時の方が、見応えがあるって言うか、非日常の面白さがありますわ。
橋が竣功して固定してしまうと、当たり前ですがただ安全に渡るだけ(それが正しいのですが)・・・

それでも、アーチを両岸からワイヤーで吊って徐々に合体させていく・・・
この緊張と動的なワクワク感がたまらないですよね・・・私だけかあ。

飯能大河原線橋梁(仮)新設工事は勝手な観察員を始めてしまったので、
竣功まで見届けるのが使命でしょうが、私のことですからあまり期待はできません・・・

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:18 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

tb: 0   cm: 4

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード