好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

アーチの工事「仮称 飯能大河原線」橋梁-4 をさまよってみる・場繋ぎ2018-02-11  

アーチの工事「仮称 飯能大河原線」橋梁-4 をさまよってみる・場繋ぎ2018-02-11

946
☆IMGP9946

前回は⇒
飯能大河原線橋梁(仮称)-3その後の左岸 2018-01-26

厳冬の平昌(ピョンチャン)から「日本人選手」の健闘と感動が伝わってくる中

ここ奥武蔵の名栗川では寒風の吹きすさぶなか、凍えた指先でシャッターを押し

撮り損じを量産している「勝手な川の観察員」がいます。

560a アーチの工事、斜吊って云うのが凄いと思いますね
☆IMGP9560a

どのような計算がされてこのバランスを保っているのでしょう。

たし算とひき算しか分からないわたしにゃあ想像もできませんが・・・

568a 右岸の橋台にアーチの一部が付けられています。
☆IMGP9568a

570 こちらは左岸です。
☆IMGP9570

◆ ◆ ここまでは「飯能大河原線橋梁(仮称)-3その後の左岸 2018-01-26」 の既報通りです。

さて岩根橋の上流側、歩き慣れた川を遡ってみます。

930 
☆IMGP9930

931
☆IMGP9931

932

933 水管橋の先に (水管橋は ぶらっと遡上探索さん が詳しいです)
☆IMGP9933

934
☆IMGP9934

935 2月11日・・・アーチの真ん中の部分だけ残して、工事は順調のようです。
☆IMGP9935

938
☆IMGP9938

939 立春を過ぎたとはいえ、まだ水遊びの時季には早すぎますね。
☆IMGP9939

943 それでも何の役にも立たない「勝手な川の観察員」は
☆IMGP9943

川面にアーチが綺麗に映るのを待っているのですが・・・

落ち着きのない私の心と同じように、流れの小刻みな揺は止まらず

堪え性の無い山人はついシャッターの無駄押しをしてしまうのでありますわ。

949
☆IMGP9949

950 この状態から最後はピッタリと合わせるのですから
☆IMGP9950

素人には分からない技術があるのでしょう。

951
☆IMGP9951

952
☆IMGP9952

953
☆IMGP9953

955 青い鉄塔からワイヤーで斜吊されているんですね。
☆IMGP9955

957
☆IMGP9957

960
☆IMGP9960

963
☆IMGP9963

968 斜吊!お見事!
☆IMGP9968

970
☆IMGP9970

976
☆IMGP9976

991
☆IMGP9991

992
☆IMGP9992

994 わ~!
☆IMGP9994

凄いです!重量感と不思議な浮遊感 感動の男の仕事場ですね。

996
☆IMGP9996

ある信頼筋からアーチの合体(両岸の繋ぎ)は20日の予定と聴いていましたが、

「勝手な川の観察員が」17日に川に入ったときにゃあ 

既に両岸が合体していてガッカリでした。

アタリマエですが「勝手な川の観察員」の都合に合わせて工事をしているワケではありません。

◇026 予告
☆IMGP0026

◇ 分かってはいるのですが、またも場繋ぎになってしまいました。 

アーチは知らぬ間に繋がってしまって

一生の不覚、この憔悴感から暫くはたち直ることが出来ずにおります。

・取り敢えずの・・・その場しのぎ・・・そのうちに雪が降ればチャラになのですが。


 ◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 02:56 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

岩根橋・場繋ぎ 2018-02-11  

岩根橋・場繋ぎ 2018-02-11

927 「岩根橋」 
☆IMGP9927

橋をみると大まかに3通りの見方をして楽しんでいます。
「渡ってみる」・・・渡って対岸いく途中、橋の上から上下流の景色を観る。
          ・特に初めて渡る橋は対岸がどうなっているかワクワクしますね。
「遠方から観る」・・・出来るだけ橋全体像を観る。
          ・橋を観るからにはどうしても全体像を観たいです。           
「下から見る」・・・橋台、桁などがどうなっているのかを見る。
          ・稚拙的好奇心意外のなにものでもないですね。
飽くまでも稚拙的好奇心からで、橋梁に詳しいワケでも業務でもありません。

橋に関してはリンク先の「ぶらっと遡上探索」さんが各地を歩かれて詳しく調べられています。

920
☆IMGP9920

この(岩根橋」の少し上流側に「仮称 飯能大河原線橋梁」の新設工事が
行われていることは既報の通りです。
970 「仮称飯能大河原線橋梁」については後日
☆IMGP9970
☆20180127210125002[1]

飯能大河原線橋梁(仮称)-3その後の左岸 2 

自分的にはそちらが完成すると岩根橋は多分通らなくなると思います。
それで岩根橋はまだ橋の下に行ってないので、新しい方の橋の進行具合を兼ねて行ってみました。

☆IMGP0013
岩根橋
☆IMGP0012

909
☆IMGP9909

910 ここから岩根橋の上流側に廻り込みます。
☆IMGP9910

911
☆IMGP9911

913 
☆IMGP9913

914 残雪の中を歩き
☆IMGP9914

915 激流をわたり?
☆IMGP9915

916 橋の下まで行くのはなかなか大変です?
☆IMGP9916

「広報はんのう」
昭和57年10月より地域内の風景を紹介した「飯能百景」という連載がありました。
以下は「広報はんのう昭和58年9月15日」より
「飯能百景 22 岩根橋」
この橋も現在は、鉄筋コンクリート造りの立派な橋になっていますが、以前は、市街地から現在の
中央公民館と図書館の間を川原町に下って、ボート場せきの西から対岸へ渡って架かっていました。

その後、明治36年に橋が架けかえられました。明治43年の台風災害では、多くの流失橋がでた中で
この橋は無事でありましたので、よほど頑丈な橋だったのでしよう。

大正8年に飯能・青梅道が改修され、観音寺から諏訪八幡神社の前を通り、本郷へ通る道へと変更
されたため、岩根橋もそのころ現在の位置に架けかえられました。

また、従来の木造の橋が、老朽化したため、県で昭和43年に架けかえ工事に着手し、鋼合成桁を
使用した鉄筋コンクリート造り、延長44㍍の現在の橋が昭和44年11月に完成しました。

この橋は、当時から観光に、そして地元の人だけでなく多くの市民の日常生活にも、大きな役割リを
果たしています。
***市広報はここまで***

917
☆IMGP9917

918
☆IMGP9918

919
☆IMGP9919

921
☆IMGP9921

922
☆IMGP9922

923
☆IMGP9923

924
☆IMGP9924

岩根橋の上を歩く度に橋の近くから下に降りられないか、見ていたのですが
簡単ではなさそうで、仮にロープを使ってでも降りようナンテすると通報されそうで・・・
左岸を少し遡り上流から川に降り、浅瀬を辿って下ってくるしかなさそうです。
取り敢えず「岩根橋」はこれで終わりです。 ・残雪の場繋ぎ


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 03:22 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

飯能大河原線橋梁(仮称)-3その後の左岸 2018-01-26  

飯能大河原線橋梁(仮称)-3その後の左岸 2018-01-26

アーチを架ける…一部が進行中でした。

576 作業用吊橋
☆IMGP9576

前回は⇒
 飯能大河原線橋梁(仮称)-2 2017-12-16  

前回この橋の新設工事を拝見させて頂いたのは昨年の12月16日でした。

今日は天覧山の北西をさまよった帰りに左岸側に立ち寄ってみました。

560a アーチの一部が斜吊されていました。
☆IMGP9560a

上の図の①が吊ってあり、③の途中でした。

①は右岸側 下の568、568aをご覧ください。

③は左岸側 下の570~をご覧ください。

アーチの各ブロックを斜吊で位置合わせする・・・これは凄い技術だと思います。

561
☆IMGP9561

562
☆IMGP9562

563 バス停「吾妻峡入口」・・・橋の右岸側です。
☆IMGP9563

564
☆IMGP9564

566
☆IMGP9566

567
☆IMGP9567

568 上560aの図、右岸側のアーチ①が吊られています。
☆IMGP9568

568a
☆IMGP9568a

570 こちらは左岸側です。
☆IMGP9570

③のアーチの一部分が架線から吊られています。20tが2基ですね。

571 
☆IMGP9571

573
☆IMGP9573

575
☆IMGP9575

577
☆IMGP9577

◇展示室
名栗川(入間川)左岸のバス停「吾妻峡入口」の傍に「飯能大河原線橋梁(仮称)」工事の展示室があります。

そこには一般に開放され素人にも分かりやすい完成予定図などが置かれています。

近くにいらっしゃった工事担当の方にいろいろと伺ってみました。

お忙しいところを邪魔をしてしまい、

また素人の幼稚な質問をしてしまいましたがとても丁寧にお教えくださいました。

それで一番興味あるアーチは2月NN日頃の完成予定だそうです。

場合によっては差し障りがあるかもしれないと思いNN日としました。

こういう工事を目の当たりにするのはは滅多にありません。

まして展示室を設けて一般に開放しているとは稚拙的好奇心を持つ私にとって大変有り難いことです。

◇完成予想図
☆完成予想図

578 龍崖山(右上)、橋梁工事鉄塔の一部が青く見えます。 (岩根橋から) 

☆IMGP9578

☆ 飯能市エコツーリズム 2月4日 ☆  2月の森をハイキング~自然にふれよう~
☆2018-02-04 2月の森をハイキング~自然にふれよう~

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 03:03 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

tb: 0   cm: 8

仮称 飯能大河原線橋梁-2左岸をゆく 2017-12-16  

仮称 飯能大河原線橋梁-2 左岸をゆく 2017-12-16

828a
☆IMGP8828a

前回は⇒
仮称 飯能大河原線橋梁-1 2017-12-9(10-28~)

778 アーチ部分は別な所で組み立ているようです。
☆IMGP8778

785 左岸側に周ってみます。
☆IMGP8785

岩根橋まで戻り、すぐ上流左岸の脇道坂を下って竹林を抜ける。

786 左岸を遡り
☆IMGP8786

788 魚道を左に見ながら
☆IMGP8788

790 橋の工事現場を目指します。
☆IMGP8790

792 作業用の吊橋でしょうか?
☆IMGP8792

793 
☆IMGP8793

796 右岸の鉄塔(大河原側)
☆IMGP8796

797
☆IMGP8797

798 先に行くにはここを越える必要があります。
☆IMGP8798

800
☆IMGP8800

801 何とか越えられそう
☆IMGP8801

802
☆IMGP8802

804
☆IMGP8804

807
☆IMGP8807

809
☆IMGP8809

810 越えました。
☆IMGP8810

811
☆IMGP8811

814 こちらは左岸
☆IMGP8814

815
☆IMGP8815

818
☆IMGP8818

820
☆IMGP8820

821
☆IMGP8821

左岸側からはこんな感じでした。
両岸をアーチで連結出来るのは来年でしょうか…

823 ここを越えて少し戻り本郷側の橋の麓に周ってみます。
☆IMGP8823


* * *


824 橋の中央部、歩道に膨らみを持たせてあります。
☆IMGP8824

橋の上から景色を眺めるようになっているようです。

827
☆IMGP8827

829
☆IMGP8829

830
☆IMGP8830

831 こういうのを間地かで見るとワクワクします。
☆IMGP8831

833 20TON これで資材を運ぶのでしょうか。
☆IMGP8833

834
☆IMGP8834

835a
☆IMGP8835a


・工事概要
☆事業概要

・工事概要
☆工事概要

・完成予想図
☆完成予想図

☆この橋が完成する予定は平成30年度中と言うことで再来年に以降になれば渡ることが出来るので
しょうが、どうも気になるのがアーチの連結…時期が分かれば是非見に行きたいですね。 

◇当ブログをご覧になられている賢明な皆様に
この様なところを拝見する場合には工事の邪魔にならないように、近くに工事の関係者の方が
いらっしゃる場合は挨拶し、部外者以外の立ち入り禁止区域や危険なところには行かないようにお願いします。

☆ 飯能市エコツーリズム 2月4日 ☆
2月の森をハイキング~自然にふれよう~
☆2018-02-04 2月の森をハイキング~自然にふれよう~

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:54 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

仮称 飯能大河原線橋梁-1 2017-12-9(10-28~)  

仮称 飯能大河原線橋梁-1 2017-12-9(10-28~)

588
☆IMGP8588

前回は⇒
仮称 飯能大河原線橋梁新設工事2017-02-18

天覧山から龍崖山(飯能三山)を眺めると

左下に青い鉄塔が建っている所があります。

仮称飯能大河原線橋梁の工事現場なのです。

青い鉄塔にワイヤーを張り
アーチ部の半分ずつを両岸から引っ張り上げて中央で繋ぎ合わせる。

・・・う~ん、何のことだか分からないですね。

次の図をご覧になればお分かりになると思います。

605
☆IMGP7605

605a
☆IMGP7605a


上の図、⑤と⑥の間に⑦を上手く収めてアーチが一体化するとこの工程は大成功!!拍手ですね!!

当然ですがこの青い鉄塔はアーチを完成させれば

お役ごめんで飼いたい・・・イヤ飼えません。カイタイ・解体です。

残していただければ面白そうですが…

用途としては多峯主山と龍崖山の連絡用の狼煙台に有効活用出来ませんかあ

そうすれば「大河原四郎」殿もだいぶ助かるでしょう?
2012年(まだ道がない時に)⇒ 大河原四郎(龍崖山) 

でも残念ながら解体されるようです。

593 こちらは右岸、大河原
☆IMGP7593

594 向うは左岸、(バス停:吾妻峡)本郷付近
☆IMGP7594

596
☆IMGP7596

597
☆IMGP7597

598
☆IMGP7598

599
☆IMGP7599

601
☆IMGP7601

604
☆IMGP7604

607 天覧山
☆IMGP7607

669
☆IMGP7669

783
☆IMGP7783

785
☆IMGP7785

786
☆IMGP7786

787
☆IMGP7787

212a 富士山と仮称 飯能大河原線橋梁工事
☆IMGP8212a

584
☆IMGP8584

586
☆IMGP8586

橋の専門的な知識があるワケではないし

橋梁のマニアでもないのですが

このような工事を見るのはとても楽しいものです。

私のように器が小さいとか気持ちが小さい人間は

無機質で無骨な美…

そして重厚感がたっぷり溢れる男の仕事場に圧倒されます。

587
☆IMGP8587

橋を含めて道路の完成は平成30年度中に予定されていますが、

何と言っても完成よりも見たいのは

ワイヤーで両岸からアーチ部分を引き上げて繫ぎ合わせるところ…

知浪途(素人)はその瞬間を見たいですね。

何時頃なんでしょう。

591
☆IMGP8591

*** 当ブログをご覧になられている賢明なる皆様に***
あたりまえのことですが、この様なところを拝見する場合にはけして工事の邪魔にならないように
そして近くに工事関係者の方がいらっしゃる場合はしっかり挨拶し、怪しい者ではないことを印象
付けることが(特に怪しい私の場合は)必要です。
また部外者以外の立ち入り禁止区域や危険なところには行かないようにお願いします。

時折り、山人はとんでもない所に居ることがありますが、絶対にマネをしてはいけません。(汗)

***

☆ 飯能市 エコツアー「新春酒蔵探訪」2018年1月13日 ☆

☆2018-01-13 エコツアー新春酒蔵探訪

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:08 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード