FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

春は花、花は桜-4 コア山~名栗湖 2019-04-06  

春は花、花は桜-4 コア山~名栗湖 2019-04-06

435 
☆IMGP5435

この日は4月4日につづいて 「市民ガイドの会」 の企画案、動植物の観察などを兼ねたお宝発見ツアーです。
⇒ エコツーリズム の まち飯能

414
☆IMGP5414

今回は名栗・コア山から名栗湖辺りを木や草花を観察しながら歩きます。
担当は山人が引き受けることになりましたが、同行の先輩たちはエコツーリズムについて
幅広い見識を備えた方々ばかりで、私は一人でレベルを下げています。
当然、詳しいガイドはできませんのであくまでも道案内と言う立場です。

朝8時半ばの飯能北口、名栗方面のバスはまるで登山専用車です。
えっ!こんなに多くの人が山に行くのだとは思いもよりませんでした。

満員のバスに立ち席で約50分、「さわらびの湯」経由「鍛治屋橋・バス停」で下車、
すぐ傍に「大衆割烹・花廼家」さんがあり、コア山の帰りはここで昼食の予定としました。

~ ~ ~

467
☆IMGP4467

鍛治屋橋・バス停からすぐのところにコア山の入口、と言っても「林道_原市場名栗線」です。
その終点から上って行きます。
この道は既に何回も通っていますので、私にとっては慣れたものです。
余裕で脇道の階段を登り、古い神社に寄り道をしたりして適当に時間調整をしたりします。
(先輩たちには気づかれないように、花廼家さんの開店時間に合わせるための調整です)

416
☆IMGP5416

流石に先輩たちは観察眼が鋭いですね。これは社の跡だとか、この苔は〇〇、小さなムラサキの花は△△・・・ 
ところで私はって言うと、すみませんお教え戴いたのですが年代物の記憶装置の劣化が激しく再生できませんでした。

~ ~ ~
418
☆IMGP5418

まともに歩けば、歩き始めから数分でコア山の最初の桜に出合います。
そこからすぐに林道は右に大きく曲がり、道の両側にソメイヨシノが出迎えてくれます。

420
☆IMGP5420

421
☆IMGP5421

422
☆IMGP5422

歩いている人は我々のグループだけで貸し切り状態です。
素人目には満開の桜、なかなかいいんでないかい・・・良い日にきました。

428
☆IMGP5428

431
☆IMGP5431

433
☆IMGP5433

437 コア山の碑
☆IMGP5437

コア山って解っている人は分かっているのですが、そうでない人は下の方に有る画像 474 をご覧ください。

438
☆IMGP5438

434 ここではお決まりの画像・・・桜に囲まれた観音像ですね。
☆IMGP5434

「救世大観音」・・・コア山の桜から

439
☆IMGP5439

441
☆IMGP5441

この辺までは極一般的な花見の道です。
私が道案内をするとこれだけでは 稚拙な好奇心がおさまりません・・・
諸先輩に覚悟をお尋ねしました「裏ルートがあるのですが、行ってみますか。
マトモナ道はありませんが・・・」一応、軽く責任をぼかしておきます。

諸般の事情により詳しく記すことは出来ません。

~ ~ ~

444 いきなり高い所へワープし、前面に大展望が広がります。
☆IMGP5444

この登っている側は以前耕作地だったかと思っていましたが、そうではなくこの地の通称コア山の「コア材」を採った
跡ではないか考えるようになりました。

445
☆IMGP5445

名栗湖の左岸、堤の直ぐ先にあるダムの案内坂にコア部が表示されています。
これを見ると確かに堤防のコア(芯)部分であると云うことが分かりますね。
(コアは下の画像474をご覧ください)

446
☆IMGP5446

447
☆IMGP5447

449
☆IMGP5449

451
☆IMGP5451

高い所に登り、大きく広がる景色を眺めながら一息入れてから元の林道・原市場名栗線に下り、
バス停・鍛治屋橋まで来ると目前には昼食の予定の花廼家さんがあります。
11:30開店まで少々時間が有り、庭先で待つと程無く暖簾がかかります。
すぐに店に入り、我々は蕎麦を戴くことに・・・後からも客が続々と入ってあっと言う間に席は埋まり
外で待つ人も出てくる状況で、早めに店を出ることにしました。

463
☆IMGP5463

~ ~ ~

465 店を出てその少し上流側の「流れ橋」を渡り名栗川右岸に・・・
☆IMGP5465

◇ 2019-02-11に放送された「帰れマンデー見っけ隊!!」が名栗を歩いたようです。
   それにしても名栗から山伏峠を越えて(横瀬や秩父の)氷柱を見に行く・・・
   かなり無理が有る様な構成ですね。
***以下、帰れマンデー見っけ隊!!より引用***
read:https://www.tv-asahi.co.jp/kaeremonday/backnumber/0033/

似たような橋ですが「花廼家」さんであればこの橋ですが、「やまね食堂」さんであればもっと上流です。
テレビを見ていたわけではなく、後からお聴きしたことなのですが、やまね食堂さん側の可能性がありますね。
☆帰れマンデー 名栗1
☆帰れマンデー 名栗2

468 右岸を下るとすぐに有間橋、それを左手にみて名栗湖に向かいます。
☆IMGP5468

469
☆IMGP5469

472
☆IMGP5472

堤から景色を眺め左の湖岸沿いを「レイクサイドテラス名栗湖」へ向かいますが、
その途中にダムの構造が描かれた表示板があります。

474 「コア山」 から採取された材料はここに使われたのでしょうか
☆IMGP5474
(Webによるとダムのコア部は水を通し難い粘土質が用いられるようです)

475 レイクサイドテラス名栗湖 12:35
☆IMGP5475

なんちゅうか、この地でなかなかの店名?です。
ここで湖畔側の席を確保し、コーヒーを戴きながらエコツーリズムとか新企画ツアーについて会議です。
と言っても、当方は新人の身ですから難しいこたあ分かりませんので、貴重なお話を静聴するしかありません。

◇飯能エコツーリズム・市民ガイドの会では「お宝発見ツアー」と称して企画の材料探しや学習を兼ねて
 身近なツアーを実施しています。

476
☆IMGP5476

477 
☆IMGP5477

478 名栗川の桜「やませみ・農林産物販売所」から
☆IMGP5478

これで本日の予定は終了
14時過ぎ バス停・さわらびの湯よりバスにて帰路に

2018年 ⇒
 2018春は花 花は桜-5 コア山(林道・原市場‐名栗線)~名栗湖 03-31

とうとう平成の「春は花」が令和にまで長引いてしまいました。
夏休みの宿題は2学期になってから始める・・・いまだに引きずっています。

*** 春は花、花は桜-5 に続きます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 17:40 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

春は花、花は桜-3 第二天覧山~メッツァビレッジ 2019-04-04  

春は花、花は桜-3 第二天覧山~メッツァビレッジ 2019-04-04

362 山桜・・・折れた枝(下の361)ですが見事に花を付いています。8:45
☆IMGP5362

「飯能エコツーリズム・市民ガイドの会」では「お宝発見ツアー」と称して企画の材料探しや学習を兼ねて
身近なツアーを実施しています。

355 加治神社 広場前の桜 
☆IMGP5355

この日の参加者は8+3人「加治神社」に集合し、そこから「第二天覧山」、「メッツァビレッジ」までI氏の案内によって歩き、
メッツァビレッジからはシャトルバスで飯能駅まで戻りました。
昼食は飯能河原にて花見、シェフのN氏によるBBQ・・・
(当方は都合によって御前中のメッツァビレッジまでの参加となりました)

2013年⇒
第二天覧山 2013年11月

2015年第二天覧山⇒ 飯能新緑ツーデーマーチ2015年5月

356 
☆IMGP5356

加治神社から歩き始め、武蔵丘ゴルフクラブの南側の森を東へ進みます。途中目に入る草木や鳥についてI氏の解説を
聴きながら第二天覧山を目指します。

D93 周辺図
20131118004117d93[1]

357 程なくして「飯能桜の森」へ
☆IMGP5357

359
☆IMGP5359

13C 
20131118005113c1a[1]
これ以外の種類の桜も植えられていますが、今日開花しているのは僅かでした。
当たり前ですが河津桜は青々とした葉桜になり、十月桜は季節が違い、御衣黄はまだまだ早すぎます・・・

361 トップ(362)の桜、折れた木
☆IMGP5361

363 それでもこの緑の中にいるだけで気分は爽快です。
☆IMGP5363

365 I氏によるとイノシシの仕業でしょうと・・・
☆IMGP5365

366 桜の森の南側に第二天覧山と言われる場所があります。
☆IMGP5366

367 
☆IMGP5367

369
☆IMGP5369

371 第二天覧山の碑(明治天皇御野立所記念碑)
☆IMGP5371

372 視界は広いのですが春霞、加治丘陵方面クッキリ感がありません。9:54
☆IMGP5372

~ ~ ~

さて、第二天覧山をあとにして シャトルバス発着所(メッツァビレッジ)に向かいます。

374
☆IMGP5374

377
☆IMGP5377

378 ハイキングコース
☆IMGP5378

メッツァビレッジへは森の中の穏やかな道です。
先輩達から動植物のレクチャを受けながら進みます。

379
☆IMGP5379

380
☆IMGP5380

382 メッツァビレッジの入口に到着 10:28
☆IMGP5382

384
☆IMGP5384

ここからシャトルバスで飯能駅まで戻る予定でしたが、
折角ですからビレッジ内に少し足を延ばしてみることに・・・

そう言えば続きの予定を放置してそのままでした
2018年⇒
 メッツァビレッジ撮り歩き-2

2018年⇒ メッツァビレッジ撮り歩き-3

386
☆IMGP5386

387 今日(4月4日)は天気に恵まれて湖がとても綺麗に見えます。
☆IMGP5387

389 
☆IMGP5389

391
☆IMGP5391

393
☆IMGP5393

394
☆IMGP5394

395
☆IMGP5395

397 対岸に山桜が見え、これが終わると湖岸の周りが衣替えし若葉の季節になります。
☆IMGP5397

398 11:00
☆IMGP5398

時間の都合でこの辺で引き返します。

399
☆IMGP5399

ここからバスターミナルに向かい、本隊は飯能河原で花見とNシェフのBBQ・・・
当方は所用によりここまで

このペースでは何時までも平成の「春は花」のまま・・・

*** 春は花、花は桜-4に続きます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 20:23 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

tb: 0   cm: 6

「飯能わくわく体験遠足」他市・小学1年生(短) 2018/秋/某月/某日  

☆IMGP7717

① 多峯主山 ②天覧山 ③飯能駅ビル ④飯能大橋

「飯能わくわく体験遠足」他市・小学1年生(短) 2018/秋/某月/某日

120 一年生が頑張って天覧山に登りました!!
☆DSCN5120

秋の落ち着かない天気を前から気にしながら一週間・・・
某日予定の「飯能わくわく体験遠足」を待ちました。


今回は他市の小学校一年生が3クラス・103名で天覧山に登ります。

「自然とのふれあいを体験させるとともに、集団行動の規律を学ばせる」のが
遠足のねらいと伺っています。

115 山人はライオングループ10名の担当をさせて戴きました。
☆DSCN5115


1年生103名を10グループに分け、それぞれのグループに動物の名前を付け、
おそろいのバッジを付けます。
ガイド10名にプラス1のサポータで、全11名で対応です。

10:00飯能駅着 先生5名、児童103名
------↓------
10:40中央公園アトム像前着

◇ガイドは10:20にアトム像前集合し行動予定の確認

児童がアトム像前に到着。
「おはよう~!」
  いらっしゃい
「オハヨウ~!」

スグにグループ毎に整列し、オリエンテーション
先生の挨拶とガイドから今日の行動の上で注意することの説明。

ニコニコ池に移動して秋のフィールドビンゴの開始

128
☆DSCN5128

・グループ単位で秋の動植物を探します。
・・花や(木、草)の実、種、あか、きいろの は(葉)
・・トンボ、バッタ、クモのす
一年生に分かるかなあ?って・・・心配無用でした。
「バッタがいません!!」 
「これじゃあダメ?」って黒いのを捕まえて来た・・・
「それはコオロギね」まっ、いいかあ
「でも それは くろいバッタではなくて コオロギね」

みんな一生懸命に探します。
課題のモノを探し、ガイドからその都度発見のシールをもらって
ビンゴカードを埋めていきます。

~~~
フィールドビンゴを終えると
能仁寺の東側の道を登ります。

108 ムササビ(天覧山でたまたま撮ったものです)
☆R1080108a

能仁寺、天覧山にはムササビが生息しています。
児童にこの周辺にムササビがいることを話します。
木の虚ろ(うつろ)を棲み処にし、木から木へ滑空して移動すること。

残念ながら、昼間は巣穴で寝ているので姿を見ることは滅多にありません。
それで、ぬいぐるみと写真で説明。

127 
☆DSCN5127

天覧山への登山道を東谷津沿いに進みます。
途中、コナラの実を探たり、幼木の話・・・

ホトケドジョウの里に寄り道。
☆DSCN2783

残念ながら、池の周りは足場が悪く近づくのは危険で
ドジョウを見ることは出来ず、ここでも写真で説明・・・

急坂を経て (この坂はかなり急で滑りやすいのですが、何とかクリアしました・・・地図:急坂)

天覧山の中段にここで水を飲む・・・トイレ休憩

最後の難所、男坂を上って山頂に

118 この凄い岩場も頑張って通過です!
20181023001733975[1]

全員が頑張りました!!
全員が無事に登頂!!

~~~

189 晴れていればこのように見えるのですが (別な日の画像)
☆20-3天覧山からの眺め 富士山 大岳山 御前山 IMGP8189       遠くにスカイツリーも見えますよ~  ☆R1031596

天気がいまひとつでしたが
それでもみんな喜々として山頂からの景色を楽しみ
山頂標識の前で記念の写真撮影、

「ここから何処までいくの?」
「あの車が沢山留まっているところ、中央公園」
「おなかが空いた~~」

~~~

下山です。
女坂を経由して中段から中央公園に

122 中央公園
☆DSCN5122

ここでもう一度記念撮影です。 既に12時半を過ぎて、
学校にいれば4時限がとっくに終わってお昼のご飯です(パンかな)・・・

朝から電車に乗って、駅からここまで歩いて天覧山に登りおなかはペコペコのようです。 

やっとヤット待ちにまったお弁当の時間です。
グループ毎に集まり、カラフルなお弁当を広げます。
ガイドも仲間に入ってたのしくいただきます。

「ガイドさんのおやつは無いの?」
「ないの~」
「それじゃあ これあげる」
グミ、チョコレートなど遠慮なく頂きましたわ。

たのしい時間はアッと云う間に過ぎますね。

いよいよ帰りの準備を促します。

忘れ物がないようにね みんなザックにいれた?

「もうおわりですか~」

「たのしかった!!」

いよいよお別れです。

「また きてね!」

ガイドと児童はハイタッチをし、児童は列を組み、駅までまた歩いて戻ります。

11 地図
天覧山地図11

この日、一年生の行動は上の地図から
(始)アトム像前~ニコニコ池~ホトケドジョウ(の里)~急坂~中段
~男坂~▲天覧山~女坂~中段~中央公園(昼食)

◇地図は(市民ガイドの会・エコツーリズムのまち飯能_編集会議)が発行した
「知って楽しい! エコツーリズムのまち飯能_天覧山・飯能河原」の表紙から

限られた時間の中で、
目的の自然とのふれあいは行程全般を通じて充分に体験してもらったつもりです。

集団行動の規律の学びは、フィールドビンゴや急坂でのグループ内の協力
課題探しや危険個所の教え合い、登山時は両手に何も持たないでいつも空けておく、
グループから勝手に離れない、先生やガイドの指示は必ず守る・・・〇でした。

みんな、楽しい時間を過ごせたでしょうか。
一年生は天覧山が初めてという子が多く、私も一年生と登るのが初めてで、
内心はダイジョウブかなあと心配がありましたが
みんなが頑張り、何とか天覧山の頂上に登り

無事下山し、帰路につくことが出来てなによりでした。

126

☆DSCN5126

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:37 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

はんのう・ひだか まちづくりEXPO 2018に参戦してみる  2018/10/14(日)  

はんのう・ひだか まちづくりEXPO 2018に参戦してみる  2018/10/14(日)

43 この日の目玉はナント言っても熱気球!
☆IMGP1043

主催:公益社団法人飯能青年会議所 まちづくり委員会
10月14日 飯能中央公園 9時開場

地域(飯能、日高)で活動する団体、個人の方々の発信・拡散する場を
まちづくり委員会様のご厚意によって得ることが出来ました。

今回の参加団体は飯能、日高合わせて25のブース、飲食6ブース、本部ブース、
熱気球など
それで「はんのう・ひだか まちづくりEXPO 2018」に参戦してきました。
参戦って言っても、私の場合は参加させて頂いているグループのブース周辺で
朝の7時前から午後の3時半頃まで、ウロウロとしていただけですがね。

40
☆IMGP1040

飯能青年会議所「はんのう・ひだか まちづくりEXPO 2018」様から飯能エコツーリズムに
所属する会に参加の要請を戴き、私が所属させて頂いているグループでも
参加可能と云うことで、当日は8人で対応することになりました。
9月から準備を始め・・・
エコツーリズム、エコツアーの活動を市民の方へどのように広めていくか。
それに合わせて展示物を決めてその制作する・・・
当然ですが、私の場合はアイデアも出ないし、不器用ですから
他の方が考え、熱心に準備作業をするのを感心しながら眺めていただけです。

さて当日は10月14日です。
71
☆IMGP1071

05 担当は7時に集合、9時開場に向けて設営・準備です。
☆IMGP1005

テント、椅子、テーブルは提供を受けているので展示物の搬入と設置で
然程の手間はなさそうでしたが、雨が降ってどうなるかと少々心配でしたわ。

担当のブースでは内部に天覧山~多峯主山の大きな絵を置き
その絵に幾つか窓を設け、窓を開けるとそこに住む動物や植物が表れる
仕掛けを設置しました。(私が考たり絵を描いたワケではないですよ)
左サイドには活動の様子の写真を飾り、
右サイドのテーブルには飴とバッジ、
篠テッポウ(突きテッポウ)と玉(茶の花の蕾)を置き、来場者にサービス。
出店では精米の実演、その作業動作が珍しいのか、子供が面白がって大人気でした。

I 
☆i氏

「エコツーリズムのまち飯能」を地域の方々に少しは拡散できたでしょうか。
飯能市エコツーリズム 

08
☆IMGP1008

09 取り敢えず、開戦の準備のつもりで7時前位に戦場に着いたのですが
☆IMGP1009

悪天候のため長靴と雨合羽に身を包み、参戦するフリだけでもしないと・・・

10 
☆IMGP1010

12 8:30を過ぎても閑散として、大丈夫かなあ
☆IMGP1012

14 そんでも、準備は何とか進み
☆IMGP1014

16 アララ…お客様 9時前ですが、熱気球搭乗を目指して?
☆IMGP1016

17 この時点でも小降りの雨が続いていますが、来場者が早めに来ているようです。
☆IMGP1017

19 9:05 いよいよ開戦、いや開場です。だいぶは小降りに。
☆IMGP1019

これは何かと言うと、
まず酒を一升飲んでね・・・イヤ違います。
戦時中の精米作業の実演ですね。
精米って?・・・玄米を一升瓶に入れて棒でつくことによって外皮を取り除き、
米粒を白くすることですわな。
どうでもいいのですが、私は七分づきのご飯が好きですね。

23 9:34 来場者が既に並んでいますね・・・
☆IMGP1023

これは各ブースに寄って、その団体の紹介看板に書かれている「合い言葉」を
ブースの担当に伝えるとシールがもらえます。(スタンプラリーのようなモノですね)
それを集めると熱気球の搭乗券やトートバックがもらえるのです。

25 精米作業・・・子供が面白がってやってくれました。
☆IMGP1025

米をつく動作と感触が珍しいのでしょうか
沢山の子供たちに根気よく一生懸命にやってもらいました。
それでも簡単には7分づきまでになりません。

27 9:42 雨が上がり、少し青空が見えてきました。
☆IMGP1027

熱気球の準備が始まります。

29 雨が降ったり止んだりです。
☆IMGP1029

31
☆IMGP1031

32
☆IMGP1032

36 
☆IMGP1036

37 ガスバーナーによって球皮内の空気が温まってくると
☆IMGP1037

空気は膨張しその分が球皮内から溢れ出ます。
球皮から出た空気の量だけ球皮外の空気に比べて軽くなり、
球皮内の空気は外の空気から浮くことになります。

38 
☆IMGP1038

39
☆IMGP1039

41
☆IMGP1043

74
☆IMGP1074

54
☆IMGP1054

57 だいぶ天気がよくなってきました。秋の空はこうでなくちゃあね~  みぎは天覧山。
☆IMGP1057

62
☆IMGP1062

◇出展ブース参加団体:25 ◇飲食ブース:6 ◇本部 ◇熱気球 

3
はんのう まちづくりEXPO2018 3

はんのう まちづくりEXPO2018 2
1
4.jpg
3.jpg

当日の早朝は強い雨、午前中も断続的な小雨がぱらつき、一時はどうなるだろう
と心配していましたが、徐々に青空が覗き無事熱気球も上がり来場者の皆様は
それなりに楽しまれたかと思います。

今回のまちづくりEXPO2018を通して、地域の人々に「飯能・日高」で
活動をされている多くの団体を知ってもらう機会得ることが出来ました。
主催された青年会議所の皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:17 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

tb: 0   cm: 6

2017 飯能エコツーリズム「わくわく体験遠足」-1  

2017 飯能エコツーリズム「わくわく体験遠足」-1

027a 飯能河原に到着
☆DSCN4027a

わたくし山人は 「みどり班」 を担当させていただきました。

015
☆DSCN4015

今日はまちに待った 「わくわく体験遠足」 ガイドデビューの日でありました。

飯能わくわく体験遠足 

017
☆DSCN4017

うっかりすると
いつもの癖で「わくわく体験遠足 を さまよう」なんって
ことになっちゃったり するのですが 
今回ばかりは 絶対にそんなことは自他ともに許されません。

他市から来ていただいた小学生の皆様には
飯能の山や川で 
・草木、昆虫、水中生物などを観察しながら自然に親しむ
・友達との親睦を図り仲間意識を高め、集団行動の大切さを学ぶ

その一日を安全で楽しいものにするために最大限努めます。
言うは易く 行うは難し・・・

それも当方は齢に似合わず新人で諸先輩の行動や対応を
見よう見まねで行わなければなりません。

* * * * * * * * * *

2017年某月、他市の小学校から3年生約60名が
「飯能わくわく体験遠足」に来てくれました。

09:10
小学校の皆さんを飯能駅にお迎え (エコツーリズム推進課)

10:00
中央公園に児童到着 担当ガイドの紹介 班員の確認
オリエンテーション(行動予定と注意事項などの説明)

10:10
中央公園出発 天覧山を目指します。

ニコニコ池から季節のフィールドビンゴを始めます。
課題の草木や昆虫を探し、鳥の鳴き声などを聴く毎に
ビンゴの台紙にシールを貼ってマスを埋めていきます。

課題の「赤い葉っぱがありました~」
     「木の実を見つけたよ!」
みんな真剣です。一生懸命探します・・・

018 課題、顔に見えるものを探す・・・ミドリ班が探しあてた岩です。
☆DSCN4018
おお!確かに人の顔です。
鼻に苔が生えて、目からまつげが生え、長い私の顔と違って丸顔ですね。
課題は次々にクリアされてマスは早々に埋まっていきます。

齢を積む毎に忘れてしまったこの真摯に取り組む姿を
学ばせてもらいました。
一生懸命に取り組む姿を見るはとても気分がよいですね。

* * * * * * * * * *

さて、登山口から先ず中段に向かいます。

みどり班児童3年生「クマが出たらどうするの?」
山人「クマいないよ~」

みどり班児童「飯能って、クマがいるってきいているよ!!」
山人「ダイジョウブ、この辺はでないから」

みどり班児童「もしでたら!?」
山人「もし出たら私がやっつけちゃうからダイジョウブ」

みどり班児童「うそ~!! クマのほうが強いでしょう!!」
山人「ここは出ないけど、もし出たら私が戦っている間に逃げて」

これで、納得したかどうか・・・
そんな楽しい会話をしているうちに中段に到着です。

019a
☆DSCN4019a

10:30 
中段 ここで一休み、汗を拭いて水を摂りトイレの確認をします。 
常に員数の確認です。
イチ、ニイ、サン・・・・・・キュウ、ジュウ、OK 10名!!みどり班、全員います。

020 持ちモノの確認後、男坂から頂上を目指します。
☆DSCN4020

「手に何かを持たないで、全部リックに入れて両手を使えるようにしてね」
「水筒がリックに入りません~」
「それじゃあ こうやってクロスに肩にかけて」

021 「ワ~ 急階段だ~」
☆DSCN4021

頂上間近の岩場では
ワイワイ キャ~キャ~言いながら
それでも児童は楽しそうに登って行きます。
こちらは一瞬たりとも目を離せません。

022 「エエ~ッ ここをのぼるのですか~」
☆DSCN4022
「クサリをしっかり掴んでね、ユックリだよ ユックリネ」
こういう所は初めての児童もいますが、意外とダイジョウブのようです。

11:00
班員はみんな難関の岩場を無事に通過。
みどり班10名は無事に登頂しました。
感動です!! これで将来は奥武蔵の山にまた来てもらえるでしょう・・・アマイかなあ

024 天覧山 
☆DSCN4024
他の小学校も来ていて山頂は満員の順番待ち状態です。
合間をみて
ここで班毎に山頂表示を背にして記念写真を撮ります。

えっ私も一緒に!
躊躇しながらも促されてみどり班に猿顔一匹が画面の端に加わります。   

記念写真を撮った後、天覧山からの景色眺めて・・・
「みどり班の学校はこっちの方向ね。あの山の向こうだよ」

残念ながら東京スカイツリー、富士山は見えませんでしたが…
そしてこれからの予定と行き先を説明
するともう「お弁当はいつですか~・・・」

025
☆DSCN4025

下山・・・頂上の北西側の階段を下り、西側の谷沿いを経由して中央公園~飯能河原へ

026 能仁寺の前に
☆DSCN4026

予定より早く下山出来たので能仁寺の山門に立ち寄りました。
中央公園で小休憩、みんな元気よく天覧山に登ったので
「腹へった~」「お弁当はまだですか~」「どこで食べるの~」

029
☆DSCN4029

030
☆DSCN4030

「あと30分よ~」 「飯能河原に行ってから~」・・・

031 ウッドデッキへ
☆DSCN4031

飯能河原に到着 
ウッドデッキから割岩橋を背景にして記念写真を撮ります。
そして待望のお弁当

032 今日は遠足日和のようで、他校の児童も沢山来ています。
☆DSCN4032
赤い帽子の他校・・・

033 コチラは黄色い帽子の学校
☆DSCN4033

034 紺色の帽子の学校・・・何れも同じくらいの学年のようです。
☆DSCN4034
昼の時刻に合わせて他校も続々と河原に入ってきます。 
この日は都内から来た小学校も含めて5校が飯能河原に入って着ました。

私も児童に混じり一緒にお弁当をいただきます。
ウッドデッキの目の前は名栗川(入間川)です。
みんな川に早く入りたくってソワソワしながらの食事です。
「これたべて~」って、グミやチョコ、チーズやアメなどをもらっちゃいましたわ。

早く食べ終わった子は川に入る時刻が待ちきれず
抜け駆けする子もいますがそのたびに連れ戻されます。

お弁当の時間が終わりいよいよ着替えて川に入ります。
みんな喜々として水中生物を探します。
私も一緒に川に入っちゃいましたので その様子の写真はありません・・・

040
☆DSCN4040

042
☆DSCN4042

045 
☆DSCN4045

130
☆R1080130

131 「捕まっちゃった」
☆R1080131

13:30 楽しい時間はアッと云う間に過ぎて行きます・・・川から上がる時刻です。

☆DSCN4046

生き物の解説・・・(ガイドの中で生物に詳しいかたが担当)

そして着替え 帰りの準備・・・整列、まとめのあいさつ

児童は飯能河原を出発し帰路に

053a 
☆DSCN4053a

児童が割岩橋から手を振って
「アリガト~ウ~ゴザイマシタ~」
「タノシカッタ~」・・・

こちらからも手を振って応えます。
「ゲンキデネ~」
「マタキテネ~」

最後の子が割岩橋から見えなくなるまで見送ります。

056a
☆DSCN4056a

054
☆DSCN4054

流れ橋を渡り、割岩橋を通って飯能駅に向かいます。14:20
体験遠足を通じ、課題に一生懸命に取り組む児童をみて久し振りにとても清々しいものを感じました。
日頃、何かと手を抜き、楽なことばかり考えている自分が恥ずかしくなりましたわ。

齢を重ねても物事にはこのように真摯に対応すべきだなあと山人は大いに反省であります。
感動をもらい、無事に終えた安堵の余韻が残る良い一日でした。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

この「飯能わくわく体験遠足」が円滑に行われるようになったのは
市の担当の方が、事前に学校と綿密な打合せをしてフレームをつくり、
ガイドを含めて充分な現地の下見(予行)を行っていること。
更に役割の分担や行動のイメージ合わせを実施日以上に時間と手間を
かけて準備をしているからだと思われます。

「飯能わくわく体験遠足」は担当課の長年のご努力によって定番化し、
行動市民の会の先輩達が積極的に関わることによって継続されています。

(あっ・・・何処からか「新人がテキト~なことを書くな」って指導が着そうですが、
 着たらすぐに訂正削除しますね)

*** 後日、たいへんうれしものを頂きました。宝物として大切にします。
☆IMGP8177


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:33 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード