fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

柏木山-2 頂~ 2024 02 11  

柏木山-2 頂~ 2024 02 11 
023 有間峠付近
cP1077023.jpg

前回は茜自然広場からジャンダルム尾根(誰が名付けた?)に上がりました。
今回は柏木山の最後の坂を登り頂へ 
山自体が初心者コースで、実際誰でもアット言う間に登れます。
柏木山-1 ジャンダルム尾根~ 2024 02 11

991 さて、頂上に到達です・・・なんって大袈裟なところではありません。
cP1076991.jpg

今はだれでも数十分もあれば登れます・・・ですが、その昔は道が分からなかったし、無かったのです。
◇山桜が咲いていた12年前の頂上、誰もいません。
2011 04 14柏木山初登頂2

開発中の工業団地に隣接していて(工事の邪魔だって通れなかった・・・当方の被害妄想かな)それが10年も経たずにあちらこちらにルートが造られて、藪漕ぎしなくても登れるようになったのです。
◇竹は12年前、石標を引き上げ時に使ったソリ🛷の枕木(竹)
2011 04 16柏木山 初登頂1

因みに十数年前に柏木山の山名を聴き、検索したり地図で調べたりしましたが、よく分らず、闇雲に足任せで下畑(南高麗・成木川側から結構長い)から登ったのですが、道が分からずに藪漕ぎを経て何とか頂に辿りつきました。その時代には大河原(入間川川)や赤根ヶ峠側から繋がる道は閉ざされていました。
それが、柏木山をこよなく愛される人(達)によって短期間に迷路(立派なルート)が造られ多くの人に登るようになりました。

992 北東・日和田山、鳥居が微かに見えます。
cP1076992.jpg

993 筑波山
cP1076993.jpg

994 
cP1076994.jpg

995 見慣れた奥武蔵の山並み
cP1076995.jpg

998 西方
cP1076998.jpg

999 南西、奥多摩の山並
cP1076999.jpg

002 西武ドーム
cP1077002.jpg

005 遠方に薄く房総半島が見えています。
cP1077005.jpg

012 あさひ山展望公園、工業団地、駿河台大学
cP1077012.jpg

014 南東
cP1077014.jpg

019 苅生村誌によれば「高ドッケ山 トアリ」と刻まれています。
cP1077019.jpg

020
cP1077020.jpg

024a
cP1077024a.jpg
頂上には景色を眺たり、昼食を摂っている人たちで30名程、今日は今までに登った中で特に人が多い日でした。
025
cP1077025.jpg

当方が登って来るとき、追い抜いて行った人が5名、既に下山の人が20名程、更に当方の下山時に登って来る人20人ほど、当方が抜いた人4名・・・他のルートからや、時刻の差で更に増え、計算が難解ですが、100人以上は登っているでしょう。
028 さて、頂に15分程いて、下山です。
cP1077028.jpg

029
cP1077029.jpg
来た道をそのまま帰ります。

030
cP1077030.jpg

037 グーグルレンズに尋ねましたが、誰だか分かりません・・・
cP1077037.jpg
羽根がだいぶ欠けて、痛々しい姿です。

039 谷の道との分岐まで戻りましたが、
cP1077039.jpg
やはり、残雪に腰が引けてジャンダルム尾根を下ります。

040 これから頂に向かう人たちに数組と行き違いました。
cP1077040.jpg

042
cP1077042.jpg

043 帰路のジャンダルム尾根から
cP1077043.jpg

051 最後の折り返し
cP1077051.jpg

052
cP1077052.jpg

053 登山口、茜台自然広場に到着
cP1077053.jpg
今回、山頂からの遠望は良い状態ではありませんでした。しかしジャンダルム尾根から西方、残雪の山並みにが見えたので、マアマアと云うことにします。
◇これから登られる方に「タブノ森」と「シダの道」を通ることをお薦めします。


◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 19:35 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

tb: 0   cm: 6

夕日山沿いを(初雪の翌日)  2024 01 14  

夕日山沿いを(初雪の翌日)  2024 01 14
392 夕日山コースからの富士山
cP1076392.jpg

初雪の翌日(1月14日)、あさひ山展望公園に上がり、その対面にある夕日山沿いを経由して成木川沿いの道を歩いた・・・

前回は⇒
初雪の翌日-1 あさひ山展望公園 2024 01 14

360 この階段を昇れば程なくして夕日山へ
cP1076360.jpg

361
cP1076361.jpg

364
cP1076364.jpg

365
cP1076365.jpg

369 夕日山からあさひ山展望公園を臨む
cP1076369.jpg

あさひ山展望公園の雪は、一時間程の間にほとんど消えた。

370 ここが夕日山の一応の頂・・・
cP1076370.jpg

371
cP1076371.jpg

372
cP1076372.jpg

ここには雪が残っている。夕日山は南側が樹木で陽射しが遮られているためだ。
日当たりを良くするために南側の伐るのは可能なのだか・・・そうすると「あさから日が入り」これじゃあ夕日山でなくなるか・・・
374 左に小持山 中に柏木山 右に武甲山
cP1076374.jpg

ここから、みどり橋の通りに向かう
376
「夕日山」は「あさひ山展望公園」に比べるとあまり知られていないのだろう。
訪れる人もあまりいない・・・
378 途中のコナラ、カシノナガキクイムシに穿孔されたようだ。
cP1076378.jpg

377
cP1076377.jpg

「夕日山」山とは命名されているが、川から急な斜面を立ち上げた丘のような地形、いつもの散歩コースに飽きた人が口直しに通るくらいだろう。
380 この横たわる木は・・・この先危険? 
cP1076380.jpg

381 
cP1076381.jpg

人があまり通らない道
383
cP1076383.jpg

384
cP1076384.jpg

ところが突然!!そのコース上に富士山が良く見える場所出来た・・・
387 
cP1076387.jpg

今まで見えてなかったところの視界が突然開けたのだ。成木川左岸、急斜面の上だ。

394 大岳山も御前山も見える。
cP1076394.jpg

395
cP1076395.jpg

396
cP1076396.jpg

398 大室山~~~富士山
cP1076398.jpg

(この角度に限れば、あさひ山展望よりも視角がよさそう)
南西方向が樹木に覆われていたが、景観伐採されて富士山方向が開けて、ご覧のように見える状態になったのだ。
399 大室山も良く見える

401 富士山~~~大岳山
cP1076401.jpg

(本当のところは景観伐採かどうか、確かなことは分からないが、結果的に展望が広がった)
ここよりも標高の有る「あさひ山展望公園」よりも左右の裾野が良く見えるのだ。
403
cP1076403.jpg

時折通っていたが初めてこの日に気が付いたので、樹木の伐採は然程日が経ってはいない。
400 あさひ山展望公園よりも見え方良さそう
cP1076400.jpg

それにしても思い切ってやってくれたね。成木川、みどり橋の上流側だ。私有地なのか公有地なのか分からないが、夕日山の散策コースに富士山が見える所が出来たのは嬉しい限りである。

405 さて、帰りはコナラの森を抜け、みどり橋(成木川)の通りに・・・
cP1076405.jpg

緩い道を下り、みどり橋の道へ

406 この辺は雪が消えて全くない
cP1076406.jpg

407 良い感じの雑木林
cP1076407.jpg

408 コナラ
cP1076408.jpg

409
cP1076409.jpg

クマさんと遭遇しませんように祈りながら下ります。

cP1076418.jpg

419 おおっ、いくらか雪が残っていたか
cP1076419.jpg

420 木立の間から見える向うは、加治丘陵・七国峠の道
cP1076420.jpg

424
cP1076424.jpg

425 みどり橋・成木川
cP1076425.jpg
自分にはとてもお手軽なコース・・・あさひ山展望公園~夕日山コースに新たに富士山が見えるところが出来て、歩く回数が増えそうである。
426
cP1076426.jpg
数日前まえまでは今冬は暖かいと思っていたが、昨日からとても寒くなった・・・
大雪の地方から見れば積雪もないし、何を寝言をと思われるだろう・・・が、
不慣れな寒波、それに追い打ちをかけるごとく懐も寒々として、正にダブルパンチの寒波に襲われている今冬だ。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村


Posted on 19:23 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

tb: 0   cm: 8

吾妻峡 -2 ドレミファ橋(雑感) 2023-01-15  

吾妻峡 -2 ドレミファ橋(雑感) 2023-01-15

405 飯能茜台大橋の下から遡り、ドレミファ橋に向かう。
B☆IMGP1405

途中で山スタイルの団体(十数名)と同じ進行方向になった。
「どこに行かれますか?」と尋ねたら「柏木山に行く」とのことで・・・なんでココを歩いているのか疑問に思ったが、市外の団体さんか、リーダーのお考えが有るでしょうから・・・
何でかと言うと柏木山へのルートとしては通常はここを使わない。
駅からくる場合は国際興行バスの「永田バス停」下車、ドレミファ橋を渡り「茜台自然広場」から入山するか、
西武バスであれば「ユーエイキャスター前バス停」下車にて「赤根ヶ峠経由」から入山するのが殆どのはず。

前回からの続き
吾妻峡 -1飯能茜台大橋辺り(雑感) 2023-01-15

406
B☆IMGP1406

この天気では頂上からの大展望が残念なことでしょうが、山ではこういう天気の場合もある。特に団体は様々な都合が有るので「今日は止めべえや」と簡単にはならなのか。

407
B☆IMGP1407

折角当地に来ていただいたのに、生憎の小雨・・・
次が有れば青空の時に是非来てもらいたいものだ。

408
B☆IMGP1408

409
B☆IMGP1409

410
B☆IMGP1410

暫くつかず離れずで、後を付いて行く。
こちらは川に入ったり、岸側に行ったり写真を撮ったりしながら歩くが、団体さんは上品な歩き方でなかなか・・・

412
B☆IMGP1412

411
B☆IMGP1411

413
B☆IMGP1413

山中の生まれ育ちのサルで、名栗川(入間川)を何回も徘徊している者と経験値が異なるので仕方ない。
それが渋谷や新宿に行ったら勝手が分からずサルはまともに歩けない・・・その人なりの慣れた場が有るっていうこと。

416
B☆IMGP1416

「ああ、そっちじゃあなくて、こっちを歩いたほうが・・・」と喉まで出かかったものをぐっと飲み込んだ。
団体さんにはリーダーがいるし、道中は安全に責任が有るから部外者が下手な口出しはダメダメね。

417
B☆IMGP1417

419
B☆IMGP1419

420
B☆IMGP1420

止むを得ず、団体さんの側面から十分な距離をとって先に行かせてもらった。

421
B☆IMGP1421

慣れた所とは言え、湿った岩場は滑りやすいので慎重に

422
B☆IMGP1422

423
B☆IMGP1423

前方にドレミファ橋が見えてきたが、ナント直火の放置跡・・・

424
B☆IMGP1424

この辺を利用する者は是非「タマチャリン氏」の作法を見習ってもらいたいものだ。
北浅川でタマチャリン亭を開店

425
B☆IMGP1425

ドレミファ橋

426
B☆IMGP1426

真面な雨も雪も降らず、水量がだいぶ少ない。

427
B☆IMGP1427

一旦左岸に行ってまた戻り、右岸を更に遡ってみる。

428
B☆IMGP1428

429
B☆IMGP1429

ここから先は行ったことがない・・・と、言うか道は無い。

430
B☆IMGP1430

殆どの人はドレミファ橋を渡って、左岸の永田バス停に行くか、多峯主山に向う。
右岸の場合は八耳堂側に上がり、龍崖山や柏木山に行くので、こちらは歩くことがない。

431
B☆IMGP1431

獣道か、人の踏み分けのようにも見えるが・・・

432
B☆IMGP1432

433 流石にここまで来ると道は消えてしまい、後は行けそうなところまで・・・
B☆IMGP1433

434
B☆IMGP1434

ナカナカ面白そうな所に出てきたが、小雨が気になってきた。

435
B☆IMGP1435

436 この高さは・・・マサカ台風19号(2019年)の流木?
B☆IMGP1436

437
B☆IMGP1437

今日のヤワな長靴ではこの辺が限度とここから引き引き返すことに
じつは引き返してドレミファ橋まで戻ると、団体さんが留まっていたので
先に動いてもらうまで待って、後から龍崖山側の道へ

139 
B☆IMGP1439

団体さんを見送り、入間川の右岸から上がって八耳堂の前の車道に出れば、既に梅がだいぶ開花している。季節も頭頂の間伐も進むのは意外と速いものだ。
ドレミファ橋から更に上流側は自分的に未知の領域・・・天気と時間の都合をつけて、いつか行ってみたいものだ。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:55 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

tb: 0   cm: 6

晩秋 晴れ日のそぞろ歩き –2 あさひ山展望公園山 2022-11-24  

晩秋 晴れ日のそぞろ歩き –2 あさひ山展望公園山 2022-11-24

262 富士山がクッキリと見えました・・・あさひ山展望公園
B☆IMGP0262

一昨日からだいぶ気温が下がり、寒くなりましたね。
朝起の暖房無しの室内では10度を下回り、8℃でした。

既に2週間も前のことになります。とても天気の良い絶好の徘徊日和です。
前回「晩秋 晴れ日のそぞろ歩き –1」11月24日の続き・・・
晩秋 晴れ日のそぞろ歩き –1 成木川~下畑 2022-11-24

下畑のT字路、バス停「保入沢:たもついりさわ?」から
青梅-飯能線の坂道を上がってクリーンセンターの十字路を右に進み、あさひ山展望公園に・・・
(保入沢:青梅-飯能線が出来る前からあったとすれば、流れ出しを追うのに面白そうな沢です)

244
B☆IMGP0244

下畑~保入沢に

246 イノシシが荒らした痕跡が見えます-保入沢
B☆IMGP0246

247 クズの葉、球状に付いているのはダニコブかな?
B☆IMGP0247

250 
B☆IMGP0250

251
B☆IMGP0251
東から出たヒコーキ雲が西にの山に
252
B☆IMGP0252

253 下畑からのんびりと40分もかけて・・・あさひ山展望公園山に到着
B☆IMGP0253

これぞ晩秋という素晴らしい空です。

254
B☆IMGP0254

255 北東の遠方に筑波山も見えてきました。
B☆IMGP0255

256 南西には富士山が真っ白く雪化粧し、良い感じのお姿です。
B☆IMGP0256

これだけも満足な一日になりそうですね。

265 西もクッキリと奥多摩~奥武蔵 
B☆IMGP0265

266 いつもの柏木山(飯能三山)
B☆IMGP0266
背景には奥武蔵アルプスの大持山—小持山-武甲山

269 筑波山、飯能市から直線距離約84.4km
B☆IMGP0269

270 東・・・埼玉新都心
B☆IMGP0270
埼玉スーパーアリーナの屋根と首都高が見えます。
270a
B☆IMGP0270a

273 南東・・・圏央道
B☆IMGP0273

274 珍しいモノが見ました。
B☆IMGP0274
スカイツリー上部、ライトが点灯しているのを初めて見ました。
274a ほんの一時だったようです。
B☆IMGP0274a

276 すぐに消灯・・・
B☆IMGP0276

277 加治丘陵
B☆IMGP0277
左下の駿河台大学と右上の桜山展望台
277a 桜山展望台・右上(寄棟の屋根)が見えていますね。
B☆IMGP0277a

279 丹沢山塊
B☆IMGP0279

280 大室山(丹沢)-富士山
B☆IMGP0280

285 筑波山
B☆IMGP0285

289 場所を移動して・・・筑波山
B☆IMGP0289

293 
B☆IMGP0293

青空の下、久し振りに広範囲に渡って空気の状態が良く、気持ち良いほど遠望の効く日でした。
~~~
夏から食料品や日用雑貨の値上げが相次ぎ、その後秋口から寒くなるのを待ち構えていたかのように灯油の値上げが追い打ちをかけます。
サラに更に値上げの予定品目が目白押し・・・
◇552 この子の落花生だけは値上がりしても切らしたくない・・・
B☆IMGP9552up

気温が下がるの加え、一段と懐の寒さが身に沁みいる今日この頃であります。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:14 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

晩秋 晴れ日のそぞろ歩き –1 成木川~下畑 2022-11-24  

晩秋 晴れ日のそぞろ歩き –1 成木川~下畑 2022-11-24

238a 成木川・・・左は青梅市、右は飯能市_両郡橋から
B☆IMGP0238a

10月の後半から大気が落ち着き、暑くなく、寒くもない適度な徘徊日和が続いています。

194 完全に葉を落としたケヤキの向こうに
B☆IMGP0194
自分の出番だとイロハモミジが赤く色づき
その背景にコナラが葉を黄色に染めて、存在感を示しています。

196 こちらは一足早くイロハモミジの葉が積もっています。
B☆IMGP0196

197 ここも早めのコナラの落ち葉
B☆IMGP0197

200 クヌギのドングリ、虫が穴を開けて
B☆IMGP0200
中に卵を産みつけています。

202 クヌギ
B☆IMGP0202

203 葉はクヌギ? 実はコナラとしては大きいけど何でしょう・・・
B☆IMGP0203

204 イロハモミジ
B☆IMGP0204
周囲を大きな木に囲まれて陽の光を浴び難いのか、遅れ気味の黄葉・・・

205 落ちても暫くは綺麗な色を保っています。
B☆IMGP0205

207
B☆IMGP0207
イロハモミジの 燃える秋 でしょうか

208
B☆IMGP0208

209
B☆IMGP0209

210
B☆IMGP0210
大きくなっても コ ナ ラ・・・?
211
B☆IMGP0211
ここでは「燃える秋」の主役はコナラでしょう。

213
B☆IMGP0213

214
B☆IMGP0214
マルバノキ ?

215
B☆IMGP0215

216 成木川
B☆IMGP0216
この辺の両岸はだいぶ急な崖になっています。(みどり橋)
右側の高い所から降りてみようと、想いつつ早や5年・・・

217 次の春にタップリと花粉を
B☆IMGP0217
まき散らしそうなスギの雄花

かと思えば、ヒノキ花粉も順調に準備されて早めにきそうな雰囲気
219 ヒノキ
B☆IMGP0219

220 これは安心の茶の花
B☆IMGP0220
成木川の右岸から左岸に渡り、
畑と里山の風景を見ながら遡っています。
222
B☆IMGP0222

223
B☆IMGP0223
ブドウの葉?

224
B☆IMGP0224

225
B☆IMGP0225

226 !!蜂の巣
B☆IMGP0226
スズメ蜂の仲間ですが、留守らしいので良かった。

227
B☆IMGP0227

228 タラの芽の紅葉?
B☆IMGP0228

229
B☆IMGP0229

230
B☆IMGP0230
晩秋の良く晴れた日、優しい長閑な風景が続きます。
231
B☆IMGP0231

232
B☆IMGP0232

233 再び橋を渡り、右岸に(成木川・岩井堂橋)
B☆IMGP0233

238 みたびの成木川・両郡橋
B☆IMGP0238
上流を見ていますが、ここは都県境・・・左は富岡・青梅市(東京都)、
右は下畑・飯能市(埼玉県)
239
B☆IMGP0239

240 右手奥の山は青梅市、手前は飯能市
B☆IMGP0240
この絵を見るだけでは東京も埼玉も同じ様なモノと思いますが、
財力の上にある風景と、そうではない所では様々な違いがあるのでしょう。

241 
B☆IMGP0241
サクラ?

243
B☆IMGP0243

秋の終盤、11月の後半は有難いことに晴れて、穏やかな日が続いています。
しかしながら、12月に入ってすぐに寒い日が来るとの予報があり・・・
それに反して電気が暑く料金の大幅な値上げだとか、
次の春はどういう事になるのでしょう。
間違いないのはその影響で、頭頂の間伐が一気に進みそうなことです。

 エコツアー 晩秋の柏木山~吾妻峡
 西方向の展望 -奥多摩~奥武蔵 
B☆IMGP0303
b☆img043c

☆☆ 晩秋の奥武蔵、柏木山の大展望と紅葉を巡ります ☆☆


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:59 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード