FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

タブの木(巨樹)・南高麗上直竹・富士浅間神社・・・・・・2019-04-21  

タブの木(巨樹)・南高麗上直竹・富士浅間神社・・・・・・2019-04-21

998
☆IMGP5998

市内(飯能)南高麗上直竹地区に大きな「タブノ木」があります。
数年前に何回か訪れたことがあったのですが、会議でまだ見たことが無い方からタブノ木の在る処に
行ってみたいと云っていたのを思い出し、合間(4月21日)に様子を見に行ってみました。

955 直竹川左岸
☆IMGP5955

このタブの巨樹は青梅市に接する地区の少々山に入った処にあり、
当方からも2時間ほど歩けばいけそうな所です。                 
思えば直ぐに行けるところに在るのですが、実際には何かとどうでも良さそうな理由が出てきてなかなか
行けないものですね。

959 富士浅間神社 参道
☆IMGP5959

このタブの巨樹を見たい方は・・・
飯能駅から南に向かい、飯能大橋を渡って名栗川(入間川)を越え、更に成木川、みどり橋を
渡ってから右に折れ、成木川沿いを西に進みます。

上畑辺りで成木川は直竹川が合流しているので、直竹川沿いを山王峠方面に進みます。
山王峠の手前のバス停・郷戸観音のところを左へ入る道(バス路線)があるので、そこを入り
数百m進むと富士浅間神社の参道が右に見えてきます。ヤヤッコシイですね。

・・・あっあ~ バスに乗って行けば良いのです。
◇国際工業バス:飯能駅北口から間野黒指行・弁天前にて下車、直竹川沿いを上流に向かうと
程無くして右手に富士浅間神社の鳥居が見えてきます。
バス便の本数が少ないので時刻などは事前の確認が必要で、都合によっては山王峠を越えて名
栗川沿いの石原橋や原市場からバスに乗る方法もあります。

957 右上はタブの木、一番上は奥の院
☆IMGP5957

960
☆IMGP5960

961
☆IMGP5961

962 神楽殿
☆IMGP5962

963 銀杏 目通り4.9m
☆IMGP5963

参道を進み、鳥居を潜ると少し広くなったところ、左手に大きな銀杏があります。残念ながら幹の
途中で折れていますが、目通り周囲4.9m(計測を誤ってなければ)あり、立派な巨樹として勝手に
認定してしまいます。(認定権が有るワケではないし、保証もありませんが)

964
☆IMGP5964

この日はタブの木を目指して来たのですが、登山道の途中には、銀杏の他にも永きに亘り風雪に
耐えてきた大きな木が幾つかみられます。

965 本殿
☆IMGP5965

966 「里の名を咲廣けたる桜の花・・・?」すみません 読めません。教えてください。
☆IMGP5966

967 滝、降水がなく(4月)水量僅かです。
☆IMGP5967

968 
☆IMGP5968

969
☆IMGP5969

タブの木への道は神社の前を通り右から左へと急な山道を登り、神社の裏側に周り込むように
上がって行くことになります。

970
☆IMGP5970

974
☆IMGP5974

975
☆IMGP5975

977 何の実? ホウノキの実のようです。
☆IMGP5977

982
☆IMGP5982

久し振りにここに来てみると、最小限の手入れで、自然林のような処もあり、近くでこのような森が
見られることは嬉しいですね。

983 何者かの痕跡?
☆IMGP5983

984
☆IMGP5984

986
☆IMGP5986

道は急な勾配を行くのですが、以前来た時よりも適度に整備されて歩き易くなっています。
久しぶりに来ましたが、それにしても急な道で、一歩毎に高度が上がって行きます。

987
☆IMGP5987

989
☆IMGP5989

標高300mにも満たないこの道って、これ程急登でしたか・・・脚(頭も)の劣化を
棚に上げて愚痴が出てしまいますねん。

991
☆IMGP5991

993 分岐、左は奥の院に 右はタブの木に
☆IMGP5993

何度か左右に折り返して登って行くと、分岐が現れます。
左を登れば頂上へ、今回は先ず右のタブの木へ向かってみます。

994 桧の道を抜けてタブの木へ
☆IMGP5994

分岐を右に折れ
桧の間を行けばすぐに視界が開けてきます。

~~~ 

◇ 余談ですが☆杉と檜の簡単な見分け方
    いつものようにテキトーに作っているので怪しいのですが
☆杉 桧  
葉を見れば分かり易いのですが、幹の皮を見ても分かります。皮の目が細かく見えるのが杉、
皮の目が広めで荒れ気味に見えるのが桧です・・・そうは言っても分かり難いですね。
杉と桧が並んでいれば分かりますけどね。

また少し離れて見て葉が綿飴が沢山(もこもこっと)あるように見えるのが杉です。
 昔は裕福な山主が植えるのが桧、そうでないのが植えるのが杉と聴いた(昭和中頃)ことがあります。
桧の成長はユックリで杉は早め・・・価格は桧が杉より高め、裕福な山主は時間をかけても桧を植えたが、
そうでない山主は早く収入の得られる杉を植えた・・・今は分かりませんね。

~~~  

995
☆IMGP5995

視界が開けると左手にタブの木、巨樹が見えてきます。

999
☆IMGP5999

000
☆IMGP6000

数年前、大風で主枝が折れたと聴いたことがあります。今見るとその痛々しさを感じられないほどに
回復し、七百余年してなお樹勢は衰えを見せません。私の頭頂とは大きな違いで羨ましいですね。

001 では近くから見てみましょう。
☆IMGP6001

凄い迫力、どっしりとした威厳・・・神々しさも感じられますね。

手を合わせれば何かパワーを貰えそうな気がしますが・・・
パワーが貰えるのであれば頭頂をもうチット何とかしてくださいと・・・

002
☆IMGP6002

003
☆IMGP6003

004
☆IMGP6004

010
☆IMGP6010

011
☆IMGP6011

013
☆IMGP6013

◇滝の入りタブの木・天然記念物(埼玉県指定)
 目通り5.5m 根回り7m タブの木としては北限に位置する。
所:富士浅間神社境内 飯能市上直竹下分301

~~~

さて、タブの木から戻りの道、分岐から右手を登ると奥の院、標高290mに到着です。

015
☆IMGP6015

016 富士浅間神社・奥の院
☆IMGP6016

019 
☆IMGP6019

020 間野富士山 290m
☆IMGP6020

021
☆IMGP6021

022 
☆IMGP6022

023 迷所あり、道標ナシ、ヤブあり・・・
☆IMGP6023

面白そうですが、↑このようなところは タマチャリン さん にお任せしておきましょう。

030 下山時・・・巣・・・?
☆IMGP6030

~~~

284 タブの木でしょうか
☆IMGP7284
樹高150㎝・10年程前から小庭にあります。

◇この翌々月(6月)、当山中の下りで、不注意から膝・靭帯を痛めたのですが約5週間後の7月、
膝の痛みや不安など「コレッポッチも無いよ」と云う顔をして鳥海山行きのお仲間にさせて戴きました・・・
本当のところは本人のみぞ知る。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 17:57 [edit]

category: 草木花

春は花、花は桜-7(終回)岩渕~清川橋  2019-04-14月  

春は花、花は桜-7(終回)岩渕~清川橋 2019-04-14月

830 清川橋(成木川)
☆IMGP5830

梅雨空の鬱陶しい日々が続いています。
当方はそれに左膝のケガ、更にそれに加えて思わぬことの重なりも
あって山歩き、川歩きは少々控えています。

それで2019の春は花のこと、やっと今回で終わりにしようと思い
6月の後半の今にも拘らず記しておきます。


◇ この日(4月14日)はこの日は岩渕の一本桜から清川橋の桜へと歩いてみました。


前回は⇒
春は花、花は桜-6 岩渕  2019-04-11

岩渕の一本桜は前回も書きましたが「(私にとって)満開を観るのがとても難しい」桜です。
前回は4月11日、あまり咲いていませんでしたので、後14日に行ってみました。
これでこの桜を観に来たのは今年3回目になります。

785
☆IMGP5785

786 これが「岩渕の一本桜・山桜」なのですが、
☆IMGP5786

今回もまだ早かったようです。
それに
空は全天が雲で覆われて、陽と青空はマッタク見えませんね。

788
☆IMGP5788

791 花は付いていますが
☆IMGP5791

パラパラと咲いているようで満開ではありません。

792
☆IMGP5792

793 この猫も満開を期待して見に来たのでしょうが
☆IMGP5793

満開じゃあ ニャアのかよって ニャコットもしない表情ですね。

794 近付いて観たからって、満開になる訳ではありませんが・・・
☆IMGP5794

795
☆IMGP5795

796 枯れた放置木が何とも芸術的
☆IMGP5796


取り敢えず周囲をひと回りして


800
☆IMGP5800

801
☆IMGP5801

802
☆IMGP5802

808
☆IMGP5808

812 田園風景の中を通って清川橋(成木川)に向かいます。
☆IMGP5812

813
☆IMGP5813

814 畑の中の道を
☆IMGP5814

816 ここを通って
☆IMGP5816

819 ここへ抜けて
☆IMGP5819

820 清川橋、岩渕側から
☆IMGP5820

821
☆IMGP5821

824 清川橋に到着・・・
☆IMGP5824

天気は悪いのですが、川縁に満開(過ぎてます)の桜です。

いつもながら、同じような位置に立って観ていますが
それじゃあツマラナイ

825 年寄りが、ヨロヨロッとこんな所を降りて
☆IMGP5825

826 右岸に
☆IMGP5826

827
☆IMGP5827

828
☆IMGP5828

829 これでどうだろうかと川に入って観ますが
☆IMGP5829

猿の浅知恵でした・・・然程変わりませんね。

832 清川橋(成木川)
☆IMGP5832

836
☆IMGP5836

840 花びらが川の石に取り付いて面白い絵になっています。
☆IMGP5840

841
☆IMGP5841

ここ何年か3月の半ばを過ぎると桜の開花状況や天気がとても気になります。
それが齢を重ねる毎に顕著になって来たような感じですね。

846
☆IMGP5846

花を観て、さてあと何回の春を迎えることが出来るのだろうなんって思ったことは無いのですが、ヒトの本能がそうさせるのでしょうか。

847
☆IMGP5847

誰も確実にカウントダウンが始まっていることは間違いないし、それを止めることが出来ないのも分かっています。

849 ここの桜は大分散り落ちて残っている花で6分咲き?
☆IMGP5849

851
☆IMGP5851

しかしそんなことを気にすることよりも
「春は花」を楽しみ親しむ・・・そして野山を適当に迷走する。

852
☆IMGP5852

857
☆IMGP5857

それが心身には何よりも良さそうで 副作用もありません

858
☆IMGP5858

861
☆IMGP5861

と、最近まで思っていのですが

862
☆IMGP5862

863
☆IMGP5863

この頃は天のカミサマの囁きが時々あることが分かってきました。

872
☆IMGP5872

「家のことを何もしないで、何処を徘徊しているの」

って云うことが

風に乗って来て、聴こえることも有る様な無い様な気がしています。


さて、6月も最後の週に入りましたが、まだ桜を続けようと思えば
来月一杯は埋めることが出来そうです・・・シカシいくら何でもそれは無いでしょう・・・

◇  因みに昨年買った「特価品の御衣黄」 ↓ 4月14日現在、だいぶ出遅れていましたわ
☆IMGP5879

*** 2019 春は花、花は桜  おわり ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:44 [edit]

category: 草木花

tb: 0   cm: 8

桜 新倉山_浅間公園-3 五重塔~河口湖      2019-04-13  

桜 新倉山_浅間公園-3 五重塔~河口湖      2019-04-13
  (あらくらやま せんげんこうえん) 

779 河口湖に立ち寄り
☆IMGP5779

富士山と桜と京都の風景が観られる・・・
何処かで見たポスター・・・春
ここに行けば「富士山と桜と五重塔」の絶景に遇えて、
誰でもベストポジションの所で感激の風景を撮ることが出来る・・・

750
☆IMGP5750

ダメでした~  この日はとても無理でした。
何メートルか下のベストポジションに行くには延々と並ぶのです。
数mの差が、人生の上での大傑作を取(撮)り逃がした。
(自分の腕を考えずに云うだけは大きなことを云ってしまう)

751
☆IMGP5751

51a
☆IMGP5751a

そんな気持ちが多少無いこともないのですが、
誰が撮っても素材が同であれば、ポスターと同じだ
なんって負け惜しみを云うしかありませんね。

752 ここからはもう少しの待ち時間でしょうか
☆IMGP5752

下調べもしないで行けば大体こういうことになります。
過去、何回こう云うことになったか細かいところは判りませんが
諸々と大分ありますね。
不思議とそれを繰り返しているが治らないのですよね・・・私だけか。

~ ~ ~
 
その場所は確認したのですが、ベストポジションには辿り着けずに下山です・・・

753  
☆IMGP5753

754 ここでも充分に富士と桜は観られます。
☆IMGP5754

755 ザンネンながら別の機会にリトライ
☆IMGP5755

757
☆IMGP5757

759 下山・・・再び混雑の階段を
☆IMGP5759

760 途中から混雑の階段を避けて、九十九折りのスロープを下る。
☆IMGP5760

762 新倉富士浅間神社の傍を通って
☆IMGP5762

763
☆IMGP5763

765 駅までの道、今度は右手に富士山
☆IMGP5765

767
☆IMGP5767

768
☆IMGP5768

769 振り返ればまだアリの行列のように
☆IMGP5769

771
☆IMGP5771

773 河口湖の桜祭りに立ち寄り
☆IMGP5773

桜はイマイチで富士山がメインに

775
☆IMGP5775

780
☆IMGP5780

781
☆IMGP5781

こんな感じで最後まで富士山の風景を堪能して帰路になりました。


◇◇ 天覧山・多峯主山の植物【夏偏】 A5判48頁  森林文化都市—HANNO- 教育委員会
☆天覧山・多峯主山の植物【夏辺】

本書より参考・・・
駅から近く気軽に訪れることの出来る天覧山と多峯主山は自然の宝庫でもある。
散策のお供に本書を携えて歩けば植物との触れ合いもいっそう楽しくなりそう。(300円)

そして、梅雨明けはまだ・・・桜はどうなるか


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:44 [edit]

category: 草木花

桜 新倉山_浅間公園-2 忠霊塔 2019-04-13  

桜 新倉山_浅間公園-2 忠霊塔 2019-04-13
  (あらくらやま せんげんこうえん) 

740 忠霊塔 10:56
☆IMGP5740

既に6月も半ばに入り、

えりゃあ暑い日が続くなあ等と言っていた真夏日を過ぎて

梅雨に入ってしまいましたわ。

この調子でいくと春の桜が、

十月桜になる可能性がないこともない・・・そんな思いでいます。

721 10:40
☆IMGP5721

前回の朱色の鳥居から、

人混みと海外の言葉が交じり合う階段を10分程登ると

富士山はいよいよ大きな姿になります。

726
☆IMGP5726

728
☆IMGP5728

729
☆IMGP5729

ナゼか「富士」を見ると嬉しくなり、「桜」を見ると嬉しくなります。

それに「五重塔」に青空とくれば言うこたぁありません。

731
☆IMGP5731

733
☆IMGP5733

735 眼下は富士吉田の街
☆IMGP5735

736 忠霊塔
☆IMGP5736

739
☆IMGP5739

Webによると、この五重塔は仏塔ではなく戦没者忠霊塔である。

では忠霊塔とは・・・
近代以降の日本において建造された、国家や君主ために
忠義や忠誠をもって戦争に出兵し戦死した者の霊に対して、
顕彰または称え続けることを象徴として表す塔であるらしい。

確かに周囲には寺とか仏に関わりそうなものは見られなかったですね。

742
☆IMGP5742

富士急・下吉田駅からこの忠霊塔までの道は、大変混んでいました。

しかしフラフラとよそ見をしながら歩いて30分ほどで到着です。

743
☆IMGP5743

最初の鳥居を潜り階段上がって行くと徐々に富士山の全山容が現れてきます。

一段上がる毎に海外の人も含めて老若男女、家族連れ、混雑はその密度を増してきました。
 (写真は出来るだけ人のいない所を撮っています)

744
☆IMGP5744

富士を観る人、桜を観る人、自撮りの人・・・

それでも富士山と桜を観ながらのアリの行列は然程の退屈はありません。

745
☆IMGP5745

九十九折りの道になぜか止まっている人が多いのかと・・・あとで分かりました。

747
☆IMGP5747

748
☆IMGP5748

柵に沿って人が並んでいるように見えるのです。

後で分かったことですが、

新倉山浅間公園の「撮影用ベストポジション」に行くための行列だったのです。

749
☆IMGP5749

「撮影用ベストポジション」は、この下に順番待ちをしている人たちの右側に有りました。

ポジション整理員によって一人何分とかで制限がかかり、

それを九十九折りの道に沿ってズ~ッと下から待っているのでした。

◇ 飯能(はんのう)エコツア―の募集案内
  ⇒
 飯能エコツアー 夏編 2019_6月、7月、8月

*** ダラダラ と 桜 新倉山_浅間公園-3に続きます ***

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:50 [edit]

category: 草木花

桜 新倉山-浅間公園-1 駅から 2019-04-13  

桜 新倉山-浅間公園-1 駅から 2019-04-13

桜・・・新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん) 
「富士」と「桜」と「五重の塔」が揃えば日本の春を代表する構図ですね。

028 海外向けパンフ(富士吉田市)からお借りして
☆img028

既に6月に入り紫陽花やポピーが里山に彩りを添える季節になったのは
重々承知しています・・・
そんでも「新倉山_浅間公園」だけは忘れないうちに(実際にはほとんど忘れましたが)記しておこうと思いました。

時期も時期ですから、サラッと三回ほどに分けて簡単に終わりにしたいと思います。

031
☆img031

昨年だったか、一昨年だったか・・・もっと前だったか、思い出せないのですが
何処かで「富士と桜と赤い塔」の写真を見て、日本の春ってこれだ!!って
この風景は何処にあるんだんべ!って

Webで探したところ「新倉山浅間公園」と云うことが分かり
今年の春にやっと行くことが出来ました。

所は富士急行・下吉田駅の近く、遥々奥武蔵から出かけたワケです。

697 下吉田駅
☆IMGP5697

696 駅の後方、左側を大きく周って桜の上の方に行きます。
☆IMGP5696

698 この桜の上の方に行くのです。
☆IMGP5698

699 長閑な鉄路を渡り
☆IMGP5699

700 進行方向左手の霊峰富士山を観ながら歩きます。
☆IMGP5700

701 こんな水路も有ったりして、仮に奥武蔵に富士があればこことあまり変わらんですが。
☆IMGP5701

下吉田の駅から公園までは約10分、そこから忠霊塔までは約15分と有ります。
398の階段を登りますが、シーズンによってはもう少し時間がかかるでしょう。
それでも然程遠い距離ではありません。

704 忠霊塔に繋がる階段の登り口です。海外の人達が多いですね。
☆IMGP5704

705
☆IMGP5705

706 振り返ると桜の間から富士山が見えます。
☆IMGP5706

710 朱い鳥居と桜と富士山・・・これぞ日本の春です。
☆IMGP5710

711
☆IMGP5711

713
☆IMGP5713

◇ ところで恥かしいことですが
先日エコツーの先輩方と近隣の山を歩いていたところ
  下りで膝を捻り靭帯を少し損傷してしまいましたわ。
  
◇ 何時だったか下りについて

「下りは登りへの移動や並行移動と異なり、高い所から低い所への移動で位置エネルギーが
運動エネルギーに変化します。

そのため移動する高差に加速もついてきます。登りでは自分の体重以上を支える必要は無いのですが、
下りでは体重に加えて落下時に生じるエネルギーも自分の手足で支えなければならないわけです。

下りの移動で滑ったり足を踏み外したりすると加速がつき、手足の力では支えきれなくなる・・・」

そんなえらそうなことを書いたのは何処の誰だったか・・・⇒ 奥武蔵・楢抜山

この程度の山などとけして甘くみちゃあイケナイいけない・・・
油断して安易な足の運びでしたね。

改めて精神年齢と実体力の乖離を見直し、早速38歳から48歳に設定しなおしましたわ‥・
それでもまだまだn十年も離れすぎだんべが

714 
☆IMGP5714

719
☆IMGP5719
 
賢明な皆様はお分かりでしょうが、低山であってもリスクは思わぬところ潜んでいます。
慎重に歩かれますように・・・自分への注意喚起ですね。
当たり前ですが、山は自己判断、自己責任です。

720 
☆IMGP5720

◇ 6月8日は 2019飯能環境フェスタ (場所は丸広7F市民活動センター)です。
 2019飯能環境フェスタ お手伝いをする(足を引っぱるくらいしかできない)予定でしたが
上のようにケガのため、先輩達の足を引っぱらずにすみそうです。


*** サラッと 桜 新倉山-浅間公園-2に続きます ***

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:56 [edit]

category: 草木花

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード