好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

寺坂棚田・小雨の中を  (短)  

寺坂棚田・小雨の中を  (短)
2016/09/22
247 寺坂(横瀬)棚田
☆IMGP0247

棚田と彼岸花、そして工場と武甲山…残念ながら武甲山は小雨の中、
濃霧に包まれてその山容を全くみせてくれません。

2015年の寺坂棚田
 2015年3月 寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう 

⇒ 2015年10月 寺坂棚田をさまよう

 2015年7月 寺坂棚田をさまよう 

240 工場のある風景…
☆IMGP0240

240 霧に煙る武甲山を背に 横瀬のシンボル工場_三菱マテリアル・横瀬工場
☆IMGP0240a

241 
☆IMGP0241

この日9月22日は「寺坂棚田彼岸花まつり」が開催されたようです。
残念ながら、当方が行ったのは15:30過ぎ、それも小雨のなかでしたので、
露店・出店は閉店、あと片付けの最中でした。

243 
☆IMGP0243

246 寺坂棚田の風景
☆IMGP0246

私のお気に入りの風景です・棚田と工場…それにいつもであれば、背景にどっしりとした武甲山が見えるのですが…

248
☆IMGP0248

249 
☆IMGP0249

250
☆IMGP0250

252
☆IMGP0252

255
☆IMGP0255

260
☆IMGP0260

263
☆IMGP0263


◇頻繁に発生する台風の影響で、はっきりしない天気が続いています。
 9月22日は朝からの雨の中、二か所の墓参りを昼までにすませると、
 ふっと寺坂棚田に行ってみようと思い現地に…

 小雨のパラつく中、棚田の周辺をさまよってみました。
 当然ながら、畦道はドロドロで中まで入ることは出来ませんので、
 もっぱら北側の車道を行き来しながら見て回りました。

当地は昨年から何度か来たことがあります。
いつ来ても、棚田に稲の無い時季であっても、私はこの風景を気に入っています。
棚田と工場と武甲山の組み合わせが作る風景…とても良いですね。

◇518 次は白谷沢(棒ノ嶺の登山路)雨上がりの増水をさまよってみます。
☆IMGP0518

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:43 [edit]

category: 秩父 周辺

横瀬・寺坂棚田をさまよう-2黄金色の秋  

横瀬・寺坂棚田をさまよう-2黄金色の秋
2015/9/13
▽038 棚田から南側の武甲山を望む
☆IMGP9038

前回は⇒
 横瀬・寺坂棚田をさまよう-1美しい緑の稲7月

9月も半ば、棚田の状況はどうなっているのだろうと・・私が田圃をやっているわけではないし、
心配しても可笑しなことですが・・・7月にも行って観たので、そろそろどうでしょうと・・・
それも稲刈りをするわけでもないのにナゼか田圃が呼んでいるらしく、
ではと、さまよってみました。

▽011
☆IMGP9011

▽012
☆IMGP9012

▽016 やはりここは武甲山です。中腹に霧が出ています。
☆IMGP9016

▽019 赤い彼岸花の向こうには黄金色の稲穂が実っています。
☆IMGP9019

▽020 既に一部では稲刈りが終わって稲架掛けが行われていました。
☆IMGP9020

▽022
☆IMGP9022

▽023
☆IMGP9023

▽025
☆IMGP9025

▽027
☆IMGP9027

▽028
☆IMGP9028

すっかり色ついた棚田に爽やかな風が通り抜けます。
黄金の稲穂が揺れる度に仄かに秋の香がしてきます。

▽029 
☆IMGP9029

▽031 武甲山にだいぶ霧がかかってきました。
☆IMGP9031

▽037 
☆IMGP9037

▽040
☆IMGP9040

▽042
☆IMGP9042

▽043 
☆IMGP9043

▽044
☆IMGP9044

既に10月、秋も半ばになってきました。
今朝は空気の乾きと少し肌寒い気候となりました。
この写真を撮った日からもう3週間が過ぎました。
稲刈りはほぼ終わり、棚田は稲の束が「はさがけ」され、実りの秋の仕上げの風景になっていることでしょう。

◇寺坂棚田
 都心から電車に乗って行き、下車して少し歩けば稲作が出来ます。
:西武秩父線 西武鉄道横瀬駅より徒歩で約15分
:国道299号線沿い 
:埼玉県秩父郡 横瀬町大字横瀬1854

◇最近は暑かった夏のせいで、楽なところばかりを歩きだいぶ鈍ってきました。
 これではいけないと、心身にムチを打ち「いざ山へ・・・」とは、思いますが果たしてどうなるのでしょう・・・


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:09 [edit]

category: 秩父 周辺

横瀬・寺坂棚田をさまよう-1美しい緑の稲  

横瀬・寺坂棚田をさまよう-1美しい緑の稲
2015/07/12
▽838 棚田から武甲山を望む
☆IMGP7838

先日(9月末に)横瀬の棚田をさまよってみました。
しかし、いつもことですが写真は7月末のものです。

稲穂の実りは次にUP予定です。

 寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-2 時季を待つ棚田3月

7月12日、棚田の状況はどうなっているのだろうと・・私が棚田をやっているわけではないし、
心配しても仕方のないことは分かっているのですが・・・じつは時季を待つ棚田-3月 を見に行き、
7月には田植えが終わって苗も育っているだろうから、そろそろどうでしょうと・・・それで棚田をさまよってみた訳です。

もちろん稲穂が実り、棚田が黄金色に輝いた時季にも行ってみました。
完全な部外者の稚拙な好奇心からお邪魔様にさまよってみます。

既にだいぶ日が過ぎ、現在の棚田は稲刈りがだいぶ進んでいると思われます・・・

▽820 
☆IMGP7820

棚田の見学者がだいぶ増えてきたらしく、やんわりと注意事項の看板が出来ていました。

▽821 
☆IMGP7821

5月に棚田に水入れ、6月の初め田植えがほぼ終わり、約2ヶ月が経った元気な稲です。

▽824
☆IMGP7824

▽826
☆IMGP7826

7月末の棚田です。緑に輝く稲を撫ぜて涼しい風が吹き上がってきます。

▽827
☆IMGP7827

▽830
☆IMGP7830

▽831 原風景に浸る
☆IMGP7831

静かな畦道をさまよっていると、遠い昔にどこかでみたような風景に出合い、
昭和の時代に戻ったような錯覚に酔います。

▽832
☆IMGP7832

▽833 武甲山とセメント工場、そして棚田・・・実に上手い組み合わせです。
☆IMGP7833

▽835 休憩舎から
☆IMGP7835

棚田を越えて武甲山がどっしりと座って棚田を見守っています。

▽836
☆IMGP7836

▽839
☆IMGP7839

◇寺坂棚田では定例イベントあるようです。
 7月上旬の土曜日:寺坂棚田ホタルかがり火まつり
9月下旬:寺坂棚田彼岸花まつり
 ・・・横瀬町観光産業振興協会(Tel:0492-25-0450)の資料から・・・ 

◇この棚田の周辺はハイキングに適した山が沢山あります。
   東に県民の丸山、
   西遠方には百名山の両神山、
   南の目前には秩父の盟主武甲山、
   北は親しき紫陽花の美の山・・・
もちろん他にもハイキングに向いた山が沢山あります。
山の帰りにこの棚田によって観るのもよいかなあと勝手に思ったりしています。

丸山⇒
 丸山 残雪の道

▽018 9月の棚田、一部で既に刈入れが始まっていました。
☆IMGP9018


◇◆◇ さて今日10月3日、阿須のグラウンドをさまよってみました。
秋空の下、天候に恵まれて野球、サッカー、テニス、ホッケー・・・
そしてランニングにウォーキングの人々で大変な賑わいでした。
健康には運動が第一と云われています。
特に楽しんで続けられる運動は、心身のためにとても良い影響を及ぼすそうです。

入間川の対岸(岩沢地区)から運動会の歓声も聞こえてきます。
では帰りに「流れ橋」を渡って運動会を覗いて帰ろうかと
思ったのですが、「流れ橋」の橋桁がまだ架かっていません。

流れ橋は桁を安易に付け替えできる利点があると思っていたのですが、
また来年まで外したままなのでしょうか・・・
これでは年間の稼働率があまりにも悪すぎるように思えます。

また、阿須の「あけぼの子どもの森公園、通称ムーミン公園」から加治丘陵・桜山展望台に通じる
ウォーキングコースは長きに亘り閉ざされたままになっています。

ここは廃道にするのか、自然に崩れるのを待っているのか・・・諸般の都合があるのでしょうが、
何れも早期の開通が望まれます。

▽9月12日 阿須・流れ橋 外れた桁が鯉幟状になって見事に泳いでいます。
☆IMGP8983

▽10月3日 桁はまだ架かってないようです-上流の「あいわ橋」から「阿須の流れ橋」を望む。
☆IMGP9542


◇横瀬 寺坂棚田をさまよう-2に続きます。


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:43 [edit]

category: 秩父 周辺

寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-4 山の神へ・帰路 【横瀬町_秩父郡・埼玉】  

寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-4 山の神へ・帰路 【横瀬町_秩父郡・埼玉】

▽520 凄まじい高度感・・・
☆IMGP4520

前回は⇒
寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-3

棚田から東を見ると急峻な小山の頂きにお社のようなものが見える。
鎌倉時代の棚田の配置図には「山の神」と記されている。(前回を参照)

〇〇と煙は高いところにのぼりたがる・・・心当たりがない訳でもない・・・と言うより忠実に実行している。
棚田の東端から谷を越えて直接登れるかと思ったが、取り付きをすぐには見出すことが出来ずに目標の
南東から廻り込んでみることにした。

▽504
☆IMGP4504

▽505
☆IMGP4505

▽507
☆IMGP4507

▽508 大山祇神社
☆IMGP4508

頂きに着く。
私にはこの読み方が分からない。祇は「ぎ、き、くにつかみ」などと読むらしいが、
この場合はなんて読むのか、それに偏は「示」か「ネ」なのか、お社に書かれたものを
稚拙の好奇心からでは読みきれない。

・・・と、思っていたら、愛媛県松山の「まいにちMerci スマイル55」さんから
ご教示を頂きました。 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)と読むらしいです。
スマイル55さんありがとう御座いました。

⇒ まいにちMerci

▽510 頂きは20畳くらいの広さがある。標高が200mから300mだろうか、しかし高度感は凄いものがある。
☆IMGP4510

▽512
☆IMGP4512

▽514
☆IMGP4514

▽515 琴平神社遷座跡
☆IMGP4515

と云うことは何処かに移られたか。

▽516 棚田を望む。
☆IMGP4516

▽517 登る場所によってはこの様な急斜面や
☆IMGP4517

▽519 崖に近いところ
☆IMGP4519

▽522 怖そうな
☆IMGP4522

▽523 登り甲斐のありそうな
☆IMGP4523

▽524 こうなってくると
☆IMGP4524

▽525 完全に専門の方にお任せしたいところもあり
☆IMGP4525
▽531
☆IMGP4531

▽533 ここは、今日のところは見るだけにしておく。
☆IMGP4533

▽539
☆IMGP4539

▽540 棚田から見るとこの辺はかなり厳しそうだ。
☆IMGP4540

▽542 頂きにて昼食を摂りながらの30分程の休憩。
☆IMGP4542

さて、帰路に

頂を下り南へ 途中の寄り道 

▽547 札所七番
☆IMGP4547

▽548 
☆IMGP4548

▽553 男の仕事場が直近に現れる。
☆IMGP4553

◇棚田に足を捕られ、もたついている間に桜の季節に突入しました。
日本の春  春は花  花は桜 
見るのであれば、青い空を背景に映える桜をみたい。
そんな想いで開花の状況と天候の関わりが気になる今日この頃です。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:41 [edit]

category: 秩父 周辺

寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-3 山の神(大山祇神社?)へ向かう  

寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-3 山の神(大山祇神社?)へ向かう
【横瀬町_秩父郡】

▽504 両神山・・・山の神から
☆IMGP4504

前回は⇒
 寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-2

▽402a
☆IMGP4402a

棚田周辺を暫くさまよった後、休憩舎(緑色の屋根)にてお茶を飲む。
陽は適度に輝き、風は穏やかで寒くはない。遠方に見える工場からはゆらゆらと白煙が立ちのぼる。
春を待つ棚田をぼんやりと眺めていると、幼少の頃に親の農作業を畑の傍らで見ていた自分を思い起こす・・・
そんな時の情景が淡くゆるりと脳裏を流れる。

▽462 棚田の東に気になる小山が
☆IMGP4462

休憩舎から棚田の東の方向に目をやると小振りながら急峻な山が目に留まる。
棚田の東端は谷になっていてその向こう側から鋭い斜面で立ち上ている。
こういうのを目の当たりにすると小心者は稚拙な好奇心の湧き上がってくるのを抑えることが出来ない。

▽411b 鎌倉時代の寺坂棚田復元図から
☆IMGP4411b

休憩舎の傍に掲示されている絵図に「山の神」と記されているが、
ここだろうか・・・何れにしてもこう云うのを目の当たりにすると
迷走的ウォーカーの稚拙な好奇心が放っておく訳にはいかない。
山頂にはお社のようなものが見える・・・いや、その様な気がする(実際には近視で良くは見えない)

▽468
☆IMGP4468
棚田の東端と谷の間には小道が南から北に延びている。この小道から小山(山の神)へ登れるのか・・・

▽470
☆IMGP4470

▽472
☆IMGP4472

棚田を一旦南へ下り、谷沿いの道から登れないか行ってみることにする。

▽485
☆IMGP4485

「山の神」への取り付きがないか探してみる。
橋があるが、これは個人宅のものであろうか・・・
更に少し進んでみるが登り口は見つからず。
谷沿いを南へ戻って更に東から登り口を捜してみる・・・完全に挙動不審な者を演じている。
怪しい者では有りませんが・・・いや、やはり怪しいことには間違いない。

▽486
☆IMGP4486

東側へ回り込むと山頂へ行けそうな坂道が有る。両脇に並ぶ住宅の間を進んでみると行けそうだ。
▽488
☆IMGP4488
▽490
☆IMGP4490

▽492 山の神を目指す。
☆IMGP4492

▽493 両神山
☆IMGP4493

▽495
☆IMGP4495

▽498
☆IMGP4498

山の神に向かい、標高が上がってくる。見る位置が高く変わってくるが、
山と工場のその重厚な存在感は何処から見ても素晴しい。

▽500
☆IMGP4500

▽501 いよいよ頂上へ
☆IMGP4501

◇寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう-4へ続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:40 [edit]

category: 秩父 周辺

tb: 0   cm: 6

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード