好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

天空のポピー ~ 和紙の里の木造バスターミナル 2018-05-20  

天空のポピー ~ 和紙の里の木造バスターミナル 2018-05-20

◇ 木造バスターミナル
☆IMGP1496a

481 5分咲とはいえ 1500万本のポピーには圧倒されます。
☆IMGP1481

見る位置によってはまばらに見えたり、
一面が赤色の海に見えたりします。
流石に1500万本と言われるだけの見応えがあります。

前回は⇒
天空のポピー

前回は赤色の対応が無策でしたが、
今回(同じ日)も変わり映ないものが続きます。

466
☆IMGP1466

なだらかなこの丘のような地も古くは前方の山のように木(植林かどうかは分からないが)
に覆われていたのでしょう。
このような山の地をよくぞ拓いて、ここまでのポピー畑にしたものだと感心します。

468
☆IMGP1468

475
☆IMGP1475

476
☆IMGP1476

478
☆IMGP1478

479 
☆IMGP1479

無策で、前回の赤を上手く捉えられない現象が顕著に出ています。
(階調が無くなっています)

482
☆IMGP1482

486
☆IMGP1486

~ ~ ~

ポピー畑をほぼ一周しました。
広いので人が分散されているせいでしょうか
晴天の下、開園間際で人はそれほど混んでいるようには思えませんでしたが、
駐車場には意外と車が沢山留まっていました。

◇地図 ここの位置ですが
地図 高原牧場

南北に標高500mから700mほどの山や峠が連なり、
私のような山歩きの初心者が楽しめる所です。

◇釜伏山から南に向かって愛宕山~高原牧場~大霧山~定峰峠へと続く稜線は
展望の良い所が多く勝手に「東秩父アルプス」とでも言いたくなります。

ついでに・・・更に南側から南西には比企三山(大霧山・堂平山・笠山)があります。
初心者の私はこんなものチョロいと、ろくにルートの調べも無く1日で三山を
廻ろうと挑んだのですが、定峰峠から道を誤り白石の谷へ降りて堂平山~笠山に
登るを選び、日が暮れて力尽き、敢え無く敗退でした。
モチロン日を改めて三山の完登は果たしましたが・・・

◇大霧山からの展望
☆2013032900155830c[1]

 2013年2月 大霧山-定峰峠をゆく

◇釜山神社ルート
☆2015022216441596d[1]

 2015年 釜山神社-釜伏山ルート
この南北に繋がる山や峠の周辺の登山道は、雪の季節を含めて何度か歩いてみましたが、(道を外したことも含めて)私のような万年初心者でも、特にキツイところもなくまた適度に変化に富んだ楽しい所だと思いますね。

~ ~ ~

◇帰路・木造バスターミナル

489 木造のバスターミナル
☆IMGP1489

帰り道の途中、道の駅「バスターミナル・和紙の里ひがしちちぶ」に寄り道してみました。
その施設の中に写真のような木造の建築物があります。
最初に見た時に「これは何だろう」と思いましたね。
これがバスターミナルとは驚きです。
失礼ながらここにバスが通っているとは思ってもいませんから、
(バスは東秩父村の唯一の公共交通機関だそうです)
この山の村に凱旋門や鳳凰堂の木造現代版か、なあ~なんって思ったりしましたが

488
☆IMGP1488

それにしても
見事な容姿、構造ですね。
しかしこの形は素人目に見ると不思議な感じもします。
基の部分よりも上の面積が大きく、不安定に見えるのです。
隠し金物か何かで補強されてバランスを保っているのでしょうか。
このような建物は幾何学模様の好きな者にはたまりませんね。

◇以下Webによると
東秩父村の「道の駅 和紙の里ひがしちちぶ」に農産物販売所やバスターミナルが
造られた時、地元の檜と杉を使って、和紙漉きの道具を模して造られたそうです。

494
☆IMGP1494

495
☆IMGP1495

496
☆IMGP1496

それにしても私が滞在した1時間程は閑散時間帯だったのでしょうか、
バルターミナルに興味ありげに訪れた人が数人で、
残念ながらバスを見ることも乗客らしき人を見ることもありませんでした。

497
☆IMGP1497

498  道の駅「和紙の里ひがしちちぶ」のバスターミナル_見事な木造建築です。
☆IMGP1498

当然ですが、
この道の駅には地元農産物の直販所、飲食店、催し会場、和紙の漉きが体験できる建物などがあります。
ここでは紹介しませんでしたが、それらの主要な建物が木で出来ていて買い物、食事なども含めて
建物自体も観て楽しめるものでした。

*** 天空のポピー おわり ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 22:35 [edit]

category: 秩父 周辺

天空のポピー 2018-05-20  

高原牧場~天空のポピー 2018-05-20

457 この日はまだ5分咲きだったようです。
☆IMGP1457

前回の「高原牧場」を後に登ってきた道を少し戻り、稜線の西側に行ってみると
オオ~! 開けた斜面に「天空のポピー」が広がっています。

444 道の右手には
☆IMGP1444

駐車場が設けられ、その先の受付で入場券を購入するとホピー畑への周回路に入るようになっています。
写真では省略していますが、駐車場はとても広くここに来られる人の数が想像できます。

447 天空のポピーの向こうの山には、これも凄いですね天空にお住まいが点在しています。
☆IMGP1447

ところで

「画像の言い訳」

このブログに綺麗な画像を期待するのは無理がある。
どなたもご存じで今更云うことでもないのですが、
ナゼこんなことを改めて云うかというと

特に「赤色はダメ」なんです。

ベッチャとなったり、グッチャとなったりしています。
(ベッチャとグッチャがどう違うかなんって、不覚?考えないでくださいね)

448
☆IMGP1448

449
☆IMGP1449

以前から「赤い彼岸花」、「赤いバラ」などを撮った場合に、
目視した現物との間に違和感を感じていました。

451
☆IMGP1451

今回はそれが顕著に現れたため、もしかしたらと推測の基に調べてみると

◇ 光のスペクトル  可視光を分光すると
光のスペクトル 可視光 下限 上限

デジカメは「赤が苦手なんです」 正確には赤と紫の可視光端が苦手なんです。
先ず、可視光の範囲は光のスペクトルで見ると
波長の下限(紫360-400nm)~上限(赤760-830nm)と言われていますね。

これよりも外の色・・・実際には見ることが出来ない部分ですが、
イワユル下限に満たない部分と上限を超えたところが
それぞれ夏のお肌に悪い紫外線
寒い時に芯まで温まる赤外線になるわけです。

あくまでも光は戯術をチョッコトだけで、難しいこたあわかんないですよ。

それで、カメラのセンサーは光のスペクトルの下限、上限に近い色を上手く捉えることが難しいらしいのです。
ナルホド・・・そうだったのです。
けして私の腕が悪かったワケではないので、知らなかっただけ、それも腕のうち(汗;)ですけどね。
いや、ただシャッターを押すだけの私の腕以前の問題なのですが。

それでも写真ブログの正統派の方々は露出とかホワイトバランスを調整して赤を上手く撮ることが出来るようです。
ご覧の皆様はテキトーな このブログでは無理なこたあ分かりきって
いるのでしょうが。

455
☆IMGP1455

456 山人の無策の証、赤のベッチャが顕著に出ています。
☆IMGP1456

457 
☆IMGP1457

458 
☆IMGP1458

460
☆IMGP1460

461 どうしようもない悪例
☆IMGP1461

462 シャッターを押すだけの写真では直射日光を受けた赤はこんなになっちゃいますね。
☆IMGP1462

464 同じ赤系でもピンクは可視光端より内ですから、目視に近く(もちろんシャッタを押しただけではご覧のような結果ですが)
☆IMGP1464

465  5分咲きを無策のベッチャ、グッチャで飽きずに撮ってみました。
☆IMGP1465
いつの日か対策をして赤をそれなりに処理してみたいですが、どうなることやら。
-------------------------------------------------------------------
◇Webによると
ポピーの種類
•種 類:シャーレーポピー(別名 虞美人草)
•花言葉:恋の予感、いたわり、陽気で優しい、思いやり、慰め、感謝、等
•本 数:1,500万本(平成27年計測-5.0ha時)
•色  :赤、他にピンク・白あり

•名称 「天空のポピー」「彩の国ふれあい牧場」「秩父高原牧場」
•住所 「埼玉県秩父郡東秩父村坂本2949-1」
•電話  0493-82-1500
------------------------------------------------------------

肉眼でのポピーは5分咲きと言われていましたが、
私の無策の画像と異なり、なかなかのものでした。

*** つづきます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 15:16 [edit]

category: 秩父 周辺

高原牧場 (短)    2018-05-20  

高原牧場 (短)    2018-05-20

432 ふれあい牧場
☆IMGP1432

「高原」とか「天空」は私の好きな言葉です。
山や観光のパンフレットでその文字を見たりすると心のくすぐられるのを覚えます。

その両方の言葉が東秩父村には同じところにあります。
なにかと忙しい(大したことをやっているワケでは無いのですが)
合間の時間を使って5月20日「高原牧場」と「天空のポピー」に行ってみました。

そう言えばブログ内で小鹿野二子山を「天空の浮遊路」なんって勝手に命名していましたが、
奥武蔵では味わうことの出来ない(人によっては恐怖を感じる)じつに面白い山でした。
 二子山・小鹿野-天空の浮遊路をゆく-3
⇒ 二子山・小鹿野-天空の浮遊路をゆく-4

さて、高原牧場への道は
八高線沿いを北に向かい、小川町から西に進んで東秩父村に入ります。

東秩父村役場の先の落合橋を渡り、南へ向うと
山歩きでお世話になる「橋場の駐車場とトイレ」が有ります。
そこの分岐を右折して山道に入り、程なく登るとありました。

Webによると高原牧場は標高270m~766mの高さにあるそうで、
南に控える大霧山と同じ高さですね。

419 東の遠方に筑波山が見えています。
☆IMGP1419

420 南東には僅かにスカイツリーが見えます。針を立てたようですね。
☆IMGP1420

この日、時季にしては天気がまずまずで、意外と遠望が効きます。

422 とても人懐っこく優しいヤギです。
☆IMGP1422

424 
☆IMGP1424

子供も大人もヤギと仲良くふれあっています。

431
☆IMGP1431

440
☆IMGP1440

441
☆IMGP1441

443 遠方に雪山が観えますが・・・どこでしょうか?
☆IMGP1443

~ ~ ~

高原牧場で暫く風景を観た後は「天空のポピー」へ
ところが、
ポピーはこの高原牧場の一部だと思って歩きまわってみましたが
見つからず、
何人かの人に聴いたところ、高原牧場へ
登って来た道を少し戻り右折するらしいです。
そんな道あったかなあと思いつつ・・・
右折ありましたね.
記憶力がだいぶ劣化しているようです。
暫く行くと・・・
それでも歩いたら結構な距離のところにありました。

446 ポピーの背景には独特な山容の両神山が観えています。
☆IMGP1446

・・・以下Webから・・・
埼玉県秩父郡東秩父村大字坂本2951。
秩父郡皆野町の三沢地区と東秩父村坂本及び皆谷地区にまたがり、
愛宕山から大霧山(標高766.6m)に至る稜線上に位置している。
電話:0494-65-0311

面積
約352ha。「東京ドーム」の75個分、「埼玉スタジアム」の67個分。
牛を放牧する場所を、5つの牧区に分けており、放牧面積は約207ha。

気象
気温は、平地と比べて3~4度低く、霧の発生が多いのが特徴。

昭和48年(開場)
「埼玉県秩父高原牧場」として開場し、業務を開始。
平成9年(彩の国ふれあい牧場開場)
秩父高原牧場の一部(7ha)を整備して、県民に広く開放されたエリアとして「彩の国ふれあい牧場」を開場。

445 
☆IMGP1445

***天空のポピーへ続きます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:23 [edit]

category: 秩父 周辺

寺坂棚田・小雨の中を  (短)  

寺坂棚田・小雨の中を  (短)
2016/09/22
247 寺坂(横瀬)棚田
☆IMGP0247

棚田と彼岸花、そして工場と武甲山…残念ながら武甲山は小雨の中、
濃霧に包まれてその山容を全くみせてくれません。

2015年の寺坂棚田
 2015年3月 寺坂棚田と武甲山の風景をさまよう 

⇒ 2015年10月 寺坂棚田をさまよう

 2015年7月 寺坂棚田をさまよう 

240 工場のある風景…
☆IMGP0240

240 霧に煙る武甲山を背に 横瀬のシンボル工場_三菱マテリアル・横瀬工場
☆IMGP0240a

241 
☆IMGP0241

この日9月22日は「寺坂棚田彼岸花まつり」が開催されたようです。
残念ながら、当方が行ったのは15:30過ぎ、それも小雨のなかでしたので、
露店・出店は閉店、あと片付けの最中でした。

243 
☆IMGP0243

246 寺坂棚田の風景
☆IMGP0246

私のお気に入りの風景です・棚田と工場…それにいつもであれば、背景にどっしりとした武甲山が見えるのですが…

248
☆IMGP0248

249 
☆IMGP0249

250
☆IMGP0250

252
☆IMGP0252

255
☆IMGP0255

260
☆IMGP0260

263
☆IMGP0263


◇頻繁に発生する台風の影響で、はっきりしない天気が続いています。
 9月22日は朝からの雨の中、二か所の墓参りを昼までにすませると、
 ふっと寺坂棚田に行ってみようと思い現地に…

 小雨のパラつく中、棚田の周辺をさまよってみました。
 当然ながら、畦道はドロドロで中まで入ることは出来ませんので、
 もっぱら北側の車道を行き来しながら見て回りました。

当地は昨年から何度か来たことがあります。
いつ来ても、棚田に稲の無い時季であっても、私はこの風景を気に入っています。
棚田と工場と武甲山の組み合わせが作る風景…とても良いですね。

◇518 次は白谷沢(棒ノ嶺の登山路)雨上がりの増水をさまよってみます。
☆IMGP0518

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:43 [edit]

category: 秩父 周辺

横瀬・寺坂棚田をさまよう-2黄金色の秋  

横瀬・寺坂棚田をさまよう-2黄金色の秋
2015/9/13
▽038 棚田から南側の武甲山を望む
☆IMGP9038

前回は⇒
 横瀬・寺坂棚田をさまよう-1美しい緑の稲7月

9月も半ば、棚田の状況はどうなっているのだろうと・・私が田圃をやっているわけではないし、
心配しても可笑しなことですが・・・7月にも行って観たので、そろそろどうでしょうと・・・
それも稲刈りをするわけでもないのにナゼか田圃が呼んでいるらしく、
ではと、さまよってみました。

▽011
☆IMGP9011

▽012
☆IMGP9012

▽016 やはりここは武甲山です。中腹に霧が出ています。
☆IMGP9016

▽019 赤い彼岸花の向こうには黄金色の稲穂が実っています。
☆IMGP9019

▽020 既に一部では稲刈りが終わって稲架掛けが行われていました。
☆IMGP9020

▽022
☆IMGP9022

▽023
☆IMGP9023

▽025
☆IMGP9025

▽027
☆IMGP9027

▽028
☆IMGP9028

すっかり色ついた棚田に爽やかな風が通り抜けます。
黄金の稲穂が揺れる度に仄かに秋の香がしてきます。

▽029 
☆IMGP9029

▽031 武甲山にだいぶ霧がかかってきました。
☆IMGP9031

▽037 
☆IMGP9037

▽040
☆IMGP9040

▽042
☆IMGP9042

▽043 
☆IMGP9043

▽044
☆IMGP9044

既に10月、秋も半ばになってきました。
今朝は空気の乾きと少し肌寒い気候となりました。
この写真を撮った日からもう3週間が過ぎました。
稲刈りはほぼ終わり、棚田は稲の束が「はさがけ」され、実りの秋の仕上げの風景になっていることでしょう。

◇寺坂棚田
 都心から電車に乗って行き、下車して少し歩けば稲作が出来ます。
:西武秩父線 西武鉄道横瀬駅より徒歩で約15分
:国道299号線沿い 
:埼玉県秩父郡 横瀬町大字横瀬1854

◇最近は暑かった夏のせいで、楽なところばかりを歩きだいぶ鈍ってきました。
 これではいけないと、心身にムチを打ち「いざ山へ・・・」とは、思いますが果たしてどうなるのでしょう・・・


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:09 [edit]

category: 秩父 周辺

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード