好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

大霧山-定峰峠をゆく2  

大霧山-定峰峠をゆく2
(2月の記録、一ヶ月遅れのものです)

◇前回
大霧山-定峰峠をゆく1 からの続きです

▽781 
☆R1041781

▽772 右に高原牧場の柵を見ながら尾根道を行きます。10:40
☆R1041772

柵の向こうは笠山、堂平山方面
▽776 ロープ伝いに急坂をくだる10:57
☆R1041776

▽779
☆R1041779

▽782 大霧山 西・北・東の視界が開けます。11:07
☆R1041782

残念ながら靄が出ているためにクッキリとした見通しではありませんが、北西の
遠望には雪を装う浅間山が目に入ります。

▽784 北側の残雪
☆R1041784
▽786 西方面 両神山 二子山
☆R1041786

▽788 
☆R1041788

▽789
☆R1041789
▽796
☆R1041796
▽797 西端は武甲山
☆R1041797
▽798a 秩父市街 ハープ橋
☆R1041798a
ここから見ると秩父の街は急峻な山に囲まれている様子が良く分ります。

▽799 浅間山
☆R1041799
山頂からの展望を楽しんだ後、昼食にはまだ早いので取あえず旧定峰峠まで戻り、
そこから先は笠山へ行くかどうかの判断をすることにしました。

順調に行ければ旧定峰峠-定峰峠・茶屋-白石車庫-笠山-白石車庫-経塚

▽804 落葉樹の尾根をゆきます。12:14
☆R1041804

▽806 獅子岩 頭部を左にお尻を右にして横たわっています。その様に見えます。12:16
☆R1041806

▽808 獅子岩の先から雪道に入ります。12:21
☆R1041808

▽809 ここがピークの様です。12:30
☆R1041809

▽812 植林された下りの坂12:37
☆R1041812

▽813 定峰峠(新)へ到着12:39
☆R1041813

▽814 ここで暫し昼の休憩です。
☆R1041814

旧定峰峠から茶屋の定峰峠までは途中の獅子岩の前を通り2、3のピークを越え
ます。
時折左下に林道を見ながら針葉樹と落葉樹の尾根をいくと、最後のピークは心地
よい残雪の坂道があります。最後のピークを登りつめると針葉樹の森に入り、
あとは一気に茶屋まで下るだけです。

▽815 昼食をすませて白石車庫まで下ります。
☆R1041815

▽817 白石車庫
☆R1041817

▽818 前方は笠山、堂平山方面13:38
☆R1041818

▽821 笠山への登山口がわからず?
☆R1041821
▽823 笠山への表示 
☆R1041823
さて、定峰峠にて昼食を摂りこれから笠山へ行けるか考えてみましたが、事前の
調べがあまく結論がでません。定峰峠からは尾根とピークを辿り堂平山経由にて
笠山へ行くコースと、白石車庫まで下って笠山へ登るコースの二つが有ります。

迷いましたが時間的なことから白石車庫まで下り、笠山へ登りなおした方が良さ
そうと判断し、定峰峠から白石車庫まで行くことにしました。
 しかし約40分をかけて白石車庫に着いたのですが、笠山への入山口を探すの
に手間取り、かなりの時間を失ってしまいました。地図を見ても案内標識を見て
もなかなか分らず、時間的なことから断念することとなりました。
 14:20に何とか笠山への登山道を見つけることが出来たのですが、今回は笠山を
諦めて次の機会に堂平山と笠山2座を歩くことにします。
 
 後で考えてみると、定峰峠から笠山へは堂平山経由の尾根伝いを行くのが自然の
様な気がします。
地図で見た限りでは白石車庫まで下って再び笠山へ登る方が距離的に近そうですが、
やはり尾根伝いに眺望を楽しみながら行く堂平山の方が良いでしょう...
(行ったことのない素人の考えですが)
笠山は今回の大霧山と堂平山を含めて比企三山と言われて云われているようで、
次に来る場合には堂平山から尾根伝いに笠山に歩こうと思います。

今回の課題、事前の調べることの精度を上げること、地図読みの力を付けることが
挙げられます...それに実はコンパスもまだ使いこなしてはいません。

◇今回辿ったコースは、険しい上り下りも無く、また危険を感じる所も無い安心
できる道でした。
旧定峰峠までは眺望の無い針葉樹の間を歩きましたが、そこから10分も上がると
道は嬉しい残雪の道になりました。
尾根を進むにつれて東側が開けて、笠山から堂平山方面が視界に入ってきます。
大霧山の頂はもとより、その手前の尾根伝いの眺望もなかなかのものでした。
また、風の条件などが良い時には、上昇気流に乗った色鮮やかなパラグライダーを
見つけることができるかも知れません。

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽233 柏木山と奥多摩の山々をバックに奥武蔵-山岳工業団地...☆DSCN0233山は突然出来た訳ではない。
昔から山はあったのだが...
奥武蔵で生まれ育ったのに、これほど山に囲まれているのか!!
と、分ってきたのは最近のことです。
(この風景を見に行くときは自己責任で行って下さい)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:55 [edit]

category: 秩父 周辺

tb: 0   cm: 8

龍崖山公園開園記念ハイキング3月24日(2013)  

龍崖山公園開園記念ハイキング3月24日(2013)

◇予定変更です-大霧山-定峰峠をゆく2は次回へ

先週の南高麗ワンデーウォークに続き今日は急遽、龍崖山公園の開園記念ハイキ
ングがあると聞いて行ってみました。
 参加の申し込みはしておりませんで、当日申し込みのために少し早めに出かけ
ましたが、早すぎた様で時間を少々持て余し、それではと待っている間に龍崖山
に1回登ってきました。今日は計2回登ったことになります。
 いつもの様に記事の内容は乏しくコース途中で100枚ほど撮った画像を適当に
選んで単純に並べただけのものです。例によって歩きながらの撮影がありますの
でブレと構図の不備なところが多々あります。
▽206 今日のハイキングコース(健脚向きとのことですが...)
☆R1042206

▽196 誰もいません...当日の受付場所を探します...8:14
☆R1042196

人数制限があるとかで、早めに来たのですが誰もいません。

▽197
☆R1042197

▽198
☆R1042198

▽200 テープカット?
☆R1042200

▽203 ここが当日の受付らしいですが...8:22
☆R1042203

▽204 時間があるのでこんなのを撮って時間潰し8:23
☆R1042204

▽207 スタッフ 8:44
☆R1042207

当日の受付を早めにしてもらい 参加記念の桧の まな板 を戴きました。

▽209 公園の入り口から階段を下りて行くとハイキングコースの入り口があります。
☆R1042209

▽212 参加者が徐々に集まってきました。9:03
☆R1042212

▽215 バンド演奏9:13
☆R1042215

▽217 柏木山9:22
☆R1042217

▽218 9:23 鹿の足跡?
☆R1042218
斜面に足跡があります。
私も斜面を駆け回るのが好きですが、これは私ではありません。
私の場合はもう少し綺麗な足跡を残します??...鹿でしょうか。

▽220 

☆R1042220
▽222
☆R1042222

▽225 誰もいません...会場へ戻ります。
☆R1042225
スタッフの方にスタートの時間を伺いましたところテープカット後の10時からと
のことで、まだ少し時間が有りそうです。では足慣らしに龍崖山へ...
そして10時前に会場へ戻ります。

▽228 テープカット スタートです。9:58
☆R1042228

▽230 ハイキングコースの入り口 坂道へ10:07
☆R1042230

▽231 みなさん健脚です。
☆R1042231

▽234 
☆R1042234
坂道に入ると先頭集団がばらけてきました。10:12

▽237 
☆R1042237

▽239 10:20
☆R1042239

▽240 燧山(ヒウチヤマ)234m いつ出来たのでしょう。
☆R1042240
大河原工業団地側を尾瀬ヶ原に見立てたとのこと(スタッフの話) 一旦下り、
龍崖山を目指します。

▽245 龍崖山 視界不良です。10:28
☆R1042245

▽247
☆R1042247

▽248 市街
☆R1042248

◆以前、登ったときの龍崖山 もう少し遠望がききスカイツリーが微かに見えました。
 碑に書かれたことも↓をご覧ください。
龍崖山1 スカイツリー
龍崖山1
龍崖山2 龍崖山の碑→龍崖山2

▽249 龍崖山からの多峰主山と御嶽八幡神社
☆R1042249

▽252 龍崖山を下りもうすぐ八耳堂です。先頭をいく方々10:39
☆R1042252

▽255 10:45
☆R1042255

▽257 ここを左折し茜台自然広場へ10:49
☆R1042257

▽258
☆R1042258

▽260 茜台自然広場 この辺から先を行く方がいなくなりました。10:51 
☆R1042260

▽264 登りに入ります10:54
☆R1042264

▽265 登り切ってしまえば後は平坦な道でスピードアップ
☆R1042265

▽269 左手に工業団地を見ながら赤根ヶ峠へ
☆R1042269

▽271 赤根ケ峠へ到着 11:08
☆R1042271

▽273 赤根ヶ峠のこと
☆R1042273

▽274 みはらし台からは多峰主山 御嶽八幡神社 高指山方面がへ遠望がききます。 
☆R1042274

▽276 先ほどの龍崖山、燧山が対面にでてきました。11:11
☆R1042276

▽277 工業団地を見ながら進みます。11:12
☆R1042277

▽281 配水場広場 11:17
☆R1042281

▽283 配水場の南側を廻り菜の花?11:18
☆R1042283

▽285 前にも後ろにも誰もいない様です。コースを間違えたか?11:22
☆R1042285

▽286 かまわず進みます。11:23
☆R1042286

▽287 あかね公園 間違えてなければここがゴールのはずですが誰もいません。11:24 
☆R1042287

以上、100枚の中から適当に並べてみました。
今日24日は先週の南高麗ワンデーウォークと異なり途中から少し速めに歩いて
みました。
このコースは龍崖山への登りと茜自然広場の先に少し登りがありますが、それ以
降は平坦な楽な道です。新緑と紅葉の季節に良さそうですね。
これでは物足りないと云われる方には赤根ヶ峠手前から柏木山へ登り、小岩井方
面の榎坂へ行き、そこから苅生へ下ってから再び赤根ヶ峠へ向かえば、少しは歩
きでがあります。

突然の龍崖山公園開園ハイキングへの参加で大霧山-定峰峠2は次回になってし
まい申し訳ありません。

◆次は 大霧山-定峰峠をゆく2へ
    


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:44 [edit]

category: ウォーキング大会

tb: 0   cm: 0

大霧山-定峰峠をゆく1  

大霧山-定峰峠をゆく1
(2月の記録、一ヶ月遅れのものです)

▽783 大霧山766m
☆R1041783
丸山の後はどこにしようか思案している時に他の方のブログから大霧山の記事を
拝見し、頂上からの展望が良さそうとのことが分り、展望が良ければ行ってみる
しかない...
2月の時点で、東秩父村役場へ電話して大霧山の雪の状況をお聞きしたところ、
「雪はありますが、登られている方もいるようです」とのことでした。ウ~ン、
迷いますが状況によっては無理をせず、途中で引き返せばよいで...
行くことにしました。

◇丸山は残雪の道 丸山-大野峠をゆく

◇今回の順路:経堂-旧定峰峠-大霧山-旧定峰峠-獅子岩        
                    -定峰峠-白石車庫-駐車場

さて、こちらからどこを通って行こうか考えました。
①299号から秩父を経由して西側から東へ回り込もうか...
②飯能寄居線を北へ向かい小川町から西へ向かうか...
結論としては、東秩父村役場へ電話したことから、役場の傍を通る②で行くことにしました。

▽730 橋場 つきかわ8:45 粥新田峠-大霧山への登り口の一つ
☆R1041730

▽733 橋場駐車場(実際にはここは使いませんでした)8:46
☆R1041733
当初はこの橋場から上がり、粥新田峠経由にて大霧山へ登る予定でしたが、車道を
歩く部分が長そうなので(実際にはここは通ってないので確かなことは分りません)
地元の方にお尋ねし、もう少し先の経堂近くの駐車場へ車を置いてそこから旧定峰峠へ
上ることにしました。
 いつもの様に下調べが安易で簡単に予定を変更してしまいます。

▽734 ここから上がる9:16
☆R1041734

▽737 9:19
☆R1041737
小川の左岸を歩き始めるとすぐに日陰の所には雪が見えてきました。
先々の雪はどうなのでしょうか...

▽738 本線から左へ入り山道を行きます。9:20
☆R1041738

▽739
☆R1041739

▽743 9:44
☆R1041743

▽744 9:56
☆R1041744
山道を進み高度を上げてゆくと時折残雪が道を覆っているところに出ますが、
たいしたことは無さそうです。

▽745 車道と一旦合流し、それを横切って再び山道へ10:07
☆R1041745

▽747 この右を登って行きます。
☆R1041747

▽748 綺麗な杉の中を10:07
☆R1041748

▽751 旧定峰峠10:09
☆R1041751
左へ行けば(新)定峰峠、これから右へ行き大霧山へ向かいます。

▽755 
☆R1041755

▽757
☆R1041757

▽760 雪道へ
☆R1041760

▽761 10:24
☆R1041761
針葉樹の急な坂道を上がり分岐へ到着、だいぶ残雪がありますが凍っていないのと、起伏がなだらかなためにアイゼンの装着はしないで行きます。

▽763 広い尾根道、右は高原牧場
☆R1041763

▽766 
☆R1041766
尾根道を一旦下り、また登り小ピークに入ると右手柵の向こうには堂平方面の展望が開けてきます。

▽770
☆R1041770

◆大霧山-定峰峠をゆく2へ続きます⇒大霧山-定峰峠をゆく2へ

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽825☆R1041825(この風景を見に行くときは自己責任でねがいます)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:03 [edit]

category: 秩父 周辺

tb: 0   cm: 0

第7回南高麗ワンデーウォーク記念大会2(終回)  

第7回南高麗ワンデーウォーク記念大会2(終回)平成25年3月17日
春の日差しに誘われて南高麗の里山周辺をゆくワンデーウォークに参加させていただきました。
(大霧山の雪との時差を気にしながら...)

◇以下17日の画像を並べます。

第7回南高麗ワンデーウォーク記念大会1からの続き

▽128 落合橋から
☆R1042128

▽129 10:16
☆R1042129
9時に行政センターを出発し赤根ヶ峠~下畑自治会館~両郡橋と廻って富岡(青梅市)へ 
出発当初は沢山の人が列をなしていましたが、だいぶバラバラになってきました。
私は列の後ろの方を数人の方々とたわい無い話をしたり、適当に寄り道したり
しながらユックリとついていて歩きました。
 左に広がる田畑を見ながら直竹川の右岸を遡り、川縁にどっしりとした欅ある
ところを左折し日影林通りに入ります。

▽133 ダチョウ110:39
☆R1042133
▽135
☆R1042135
▽137 10:44
☆R1042137
ここをくぐります。

▽138 
☆R1042138
日影林通りを進むとT字路にあたり、そこを左折しダチョウの飼育されているところを
右折...上未成橋を渡って下畑軍畑線を横切って仁王堂へ 

▽139 南高麗小学校
☆R1042139
▽140 10:46
☆R1042140
▽141
☆R1042141
スタッフの方の誘導によって門をくぐり抜け、大きな銀杏の木の下を通り、
奥の坂道を進むと南高麗小学校の南側へ出ます。

▽142 10:56
☆R1042142
▽147 11:01
☆R1042147
▽148 11:06
☆R1042148
小学校を後に八坂神社から吾妻神社へ向かいます。道はやわらかな春の日差しの畑道です。
▽150 100段あるとスタッフからお聞きしましたが...
☆R1042150
▽151 吾妻神社へ到着11:11
☆R1042151
▽152
☆R1042152
階段を上がって吾妻神社へ着くとだいぶ暖かくなりました。ここで多くの方が一休みしていきます。

▽157 
☆R1042157
▽158
☆R1042158
▽159 徳蔵寺11:30
☆R1042159
▽160 吾妻神社を下り、車道を横切って徳蔵寺へ 
☆R1042160
▽162
☆R1042162
▽163
☆R1042163
▽164 やすらぎの風景です。
☆R1042164
▽167 長光寺11:46
☆R1042167
▽170
☆R1042170
ゆっくりと歩いて、11:50 無事、行政センターへ戻って来ました。

心配されていた風も無く、穏やかな陽の中で南高麗の田園風景を満喫させて戴きました。

南高麗の皆様、関係者の皆様ありがとうございました。

▽172
☆R1042172

行政センターに着き、スタッフの方から完歩証を受け取り

近隣の方々とお話をしながら心温まるトン汁も戴き、大変満足なウォークでありました。

一緒に歩いて戴いた皆様、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

◇さて次回は、遅ればせながら大霧山...この暑さ、とっくに雪は溶けたでしょうが...

◆☆~飯能の新風景◆☆~
  奥武蔵はウォーキングコースを選ばせない 歩いたそこがウォーキングコースである
◆918 夕景・奥多摩三山と名栗川...八高線鉄橋から
☆DSCN0918(この風景を見に行くときは自己責任で願います)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 14:10 [edit]

category: ウォーキング大会

tb: 0   cm: 0

第7回南高麗ワンデーウォーク記念大会1  

第7回南高麗ワンデーウォーク記念大会1
平成25年3月17日

春の日差しに誘われて南高麗のワンデーウォークに参加してみました。(大霧山の雪との時差を気にしながら...)

◇以下、17日の画像を並べてみます。

▽097 南高麗地区行政センター8:31
☆R1042097

8時45分頃から 出発式...注意事項とかスタッフの紹介とか...
250人程の参加だそうです。
スタッフの方も数十人...沢山の方々のお蔭で楽しく、安全に南高麗を歩いてこられました。
感謝。
▽094 コース
☆R1042094

▽095
☆R1042095

▽100 飯能窯9:01 
☆R1042100
9時に出発し、行政センターの北側から飯能窯の前へ

▽101 9:07
☆R1042101

▽102 9:09
☆R1042102
苅生自治会館の前を右折し赤根ヶ峠へ向かいます。

▽103 秋葉神社 梅が満開です。9:11
☆R1042103

▽104 9:14
☆R1042104

▽106 9:19
☆R1042106

▽268A 赤根ヶ峠 ここは4差路?5差路?
☆DSCN1268A

赤根ヶ峠は17日現在、正確に言えば工事・管理の引渡し前...で、閉じられています。
2013年3月24日にはブルーシートやオレンジのネットは撤去されて...公開されるのでしょうか...
 飽く迄も現時点での推測ですが、
右へ行くとクリーンセンターの手前へ
左へ行くと柏木山や茜台自然広場の方へ
向こう側はすぐに大河原工業団地、その先に龍崖山
更に遠望には御嶽八幡神社...多峰主山...高指山...物見山...

▽108 赤根ヶ峠から下畑へ向かいます。9:32 
☆R1042108

▽109 9:34
☆R1042109

▽111 9:38
☆R1042111

▽112 道に沿って長い廃田が続きます。9:45
☆R1042112

▽113
☆R1042113

▽114 9:54
☆R1042114

▽117 下畑バス停9:56
☆R1042117

▽118 金蓮寺9:57
☆R1042118
銀杏の木が無くなっています...

▽123 両郡橋10:10
☆R1042123

▽126 青梅市富岡へ10:13
☆R1042126

▽128 落合橋10:15
☆R1042128

▽130 左に田園が広がっています。
☆R1042130右は直竹川、その右は下畑

◆第7回南高麗ワンデーウォーク記念大会2続きます。

◆☆~飯能の新風景◆☆~ 奥武蔵のウォーキングコースはいくら歩いても尽きない。
◆904☆R1040904(この風景を見に行くときは自己責任でと申し添えておきます)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:43 [edit]

category: ウォーキング大会

tb: 0   cm: 0

顔振峠-越上山-ユガテをゆく3(終回  

顔振峠-越上山-ユガテをゆく3(終回)
  
  顔振峠-越上山-ユガテをゆく2からの続きです

早春の低山歩きの定番、顔振峠から雨乞い塚へ上がり、
越上山、エビガ坂経由にてユガテを歩いてみました。

今回のコース
【吾野駅】-顔振峠-摩利支天-越上山-エビガ坂
-ユガテ-【東吾野駅】

▽08 尾根の道を行く
☆R1030908

▽09
☆R1030909

▽703 12:06
☆R1041703

▽704 12:09
☆R1041704

時折右下に併走する林道をみながら山道を行くと、鉄塔に当たる。
この鉄塔の下を通りエビガ坂、ユガテに向かうことになる。
▽705 分岐
☆R1041705

▽706 桧に囲まれた明るい道を下りユガテヘ12:12
☆R1041706

▽707
☆R1041707

▽710 エビガ坂12:34
☆R1041710

▽711 ユガテ12:42
☆R1041711

▽712 ユガテ12:48
☆R1041712
▽713
☆R1041713

▽714
☆R1041714

▽715
☆R1041715

▽716
☆R1041716

▽720
☆R1041720

シダの群生を左右に見ながらエビガ坂を下ると林道へ出る。そこを横切って山道
へ入るか、あるいは林道を少し進んでから右折すればユガテに到着である。
どちらの道を選んでも時間に大差はないし間違うこともない。

道は農家の裏側から階段を下って庭先を通るような順路で南の広場へ通じている。
なかなかいい感じの山村の風景である。山の中で生まれ育った私はホットするや
すらぎの風景でもある。
子供の頃、祖父母、父母に混じり畑仕事を手伝った(遊んだ)懐かしい光景がよ
みがえってくる。
恐らく昔の飯能にはこの様な風景が他にも幾つもあったのだろう。
先日訪れてみた廃村、今は無き仁田山、白岩の集落なども以前はこの様な感じ
で存在したのだろうか...
 12:48 ユガテへ到着
今回は吾野駅から顔振峠に上がり、約4時間半をかけてゆっくりとここまで廻って
きた。
(昨年のツーデーマーチでは1時間15分前後でここに着いている

昨年の(平成24年 飯能ツーデーマーチ)

蝋梅やふっくらとした芽を持つ樹木によって、周囲を早春の色に染められたここ
で昼食となる。
小道を挟んで畑と休憩用の広場があり、そこにはハイカー用のテーブルと腰掛が
置いてあるが、今日は既に先客のハイカーで満員状態であるために、少し離れて
横たえてある丸太に腰を下ろし、おにぎりとお茶、甘いモノを戴く。
やわらかな陽に風もなく、ハイカー達の賑やかな談笑を耳にしつつ楽しき昼飯の
いっときである。 

▽722 ユガテを後に13:25
☆R1041722
▽723
☆R1041723
▽726 福徳寺14:06
☆R1041726

▽727
☆R1041727

▽729 東吾野駅14:19
☆R1041729

朝8:17に吾野駅を出発し、約6時間の緩やかで楽しきウォーキングあった。
こういうのはウォーキングと言うのかどうか疑問であるが、私の場合は特に決め
ている時間もコースもない。
日によって時間も場所も(コースも)異なる。さらに行く先々でもって生まれた
稚拙な好奇心から予定変更や道に迷うこともあり、帰って着てみないことには何
時間かかったか分らないのが現状である...つまり、計画性が無いってことだ...
いや、計画はある。時間だけは一日の予定を空けておくと言う計画だ?

◇次はスカリ山-観音ヶ岳...いや、アップする前に大霧山の雪は溶けていそうでそちらかな

☆~921飯能の新風景 飯能は何処もかしこもウォーキングコース ☆~ 
胡桃の道をゆくと八高線鉄橋
☆R1040921

(この風景を見に行くときは自己責任でと申し添えておきます)

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:11 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 4

顔振峠-越上山-ユガテをゆく2   

顔振峠-越上山-ユガテをゆく2

顔振峠-越上山-ユガテをゆく1からの続きです

早春の低山歩きの定番、顔振峠から雨乞い塚へ上がり、
越上山、エビガ坂経由にてユガテを歩いてみました。

今回のコース
【吾野駅】-顔振峠-摩利支天-越上山-エビガ坂
              -ユガテ-【東吾野駅】
▽655 雨乞い塚574m
☆R1041655
▽653 ここを上って雨乞い塚へ 10:09
☆R1041653
▽656 顔振峠展望台・雨乞い塚10:13
☆R1041656
▽660
☆R1041660
▽661
☆R1041661
顔振峠から東への登り口を5分程上がると雨乞い塚(顔振峠展望台)がある。
ここからは東・北・西と展望が開けていて越生方面の山々と街を見渡すこと
が出来る。
昨年ここへ来たときには何の表示も無く、とても展望の良いところなので其れ
なりの表示があってもよさそうなものだと思っていたところ、今回は奥武蔵研
究会さんによって「雨乞い塚」と記された表示板が出来ていた...
やはり何らかの表示があったほうが、記憶に残るし他へ話す場合にも表現しや
すい。 奥武蔵研究会様ありがとうございました。

▽664 10:24
☆R1041664
▽665 諏訪神社方面 10:31
☆R1041665
▽669 10:40
☆R1041669
▽672 10:41
☆R1041672
▽678 諏訪神社10:45
☆R1041678
▽679
☆R1041679
▽684 スカイツリー10:53
☆R1041684
▽685 
☆R1041685
展望台を後に諏訪神社へ向かう。登って来た道と反対側へ進み、南へ下ると林道
へ出る。
舗装された平坦な林道を行くと右手下には摩利支天の屋根が見え、更に行けば左
側に諏訪神社方面への入り口・道標があり、植林された針葉樹の間を緩やかなハ
イキングコースを辿ることになる。そこを12、3分ほど歩くとすぐに清々しい空
気の領域へ変わり諏訪神社に到着である。
 諏訪神社をあとに道を左へ曲がると木立の間を抜けてスカイツリーを見ること
ができる。
昨年のツーデーマーチではとてもスカイツリーを探している余裕は無かったが、
今回は見ることが出来た。もっとも近眼の私が探すのはかなり難儀であるが...

▽686 金毘羅大権現(未確認)
☆R1041686
▽687
☆R1041687
▽688 越上山分岐 11:01
☆R1041688
▽689 越上山への道
☆R1041689
▽691 越上山への道 西南方面からスカイツリー11:08
☆R1041691
▽692 越上山への道 北方面
☆R1041692
▽693 チョイト厄介な所があり慎重に...
☆R1041693
▽694 越上山566m 三角点あり11:11
☆R1041694
▽695 南西方面 木立の間隙から 左・棒ノ嶺 中央・本仁田山 右・川乗山へ
☆R1041695
▽696 南方面 大河原工業団地の様だが、果たしてどうだろうか
☆R1041696
諏訪神社から山道を北東へ4、50分行くと分岐の右手に鳥居が見える。折角であ
るから寄り道して登って見ると社殿があり、ここは金毘羅大権現でよいのだろう
か?
貴石さんであれば見当をつけるのであろうが、歩くだけしか能がない当方には全
く手懸りもない。

さて、本線へ戻り、越上山への道を分岐左手に狭い坂を登っていく。
頂上間際にちょっとした岩場があるが、ここを侮ってはいけない。ここは余齢僅
かの身、慎重にゆっくりと通る。
先ほどの入り口分岐から10分も登ればすぐに山頂に着くが、残念なことにここか
らの展望はあまりよろしくない。
昨年来たときに、それではと道なき北東の急斜面を下ってみたが、戻るのにえら
く大変な思いをした。賢明な方は危険なので、絶対に道を踏み外さない様に願いたい...

登り下りの途中にいくらか開けたところがあって、そこから少しばかり遠望が出
来るが、それも靄がかかっている様でくっきり感がない。まあしょうがないわ
山歩きは我が人生と同じで、自分の望んだ通りに行くこと稀である。

▽697 
☆R1041697
▽698 一旦林道へ下りて横切り、再び山道へ11:38
☆R1041698
▽699 
☆R1041699
▽701 11:48
☆R1041701
▽702 11:57
☆R1041702
越上山からは再び入り口の本線まで戻り、ユガテを目指し山道を進む。
一旦林道へ下りそれを横切り、再び急な坂の山道へ入る。
時折南側の展望が開けて、奥多摩から名栗方面の山並みが目に入ってくる。
後は急な登りはなく十二曲り-エビガ坂を経由してユガテへ下るのみである。

◇顔振峠-越上山-ユガテをゆく3へ続きます。

☆~2037 飯能の新風景 飯能は何処もかしこもウォーキングコース ☆~
☆R1042037 この風景を見に行くときは自己責任でお願いします。

 奥武蔵の楽しきウォーキング コースが更に広がっていきますが、
 山といいウォーキングコースといい、全部廻るのに余命が足りるでしょうか...

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:01 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

顔振峠-越上山-ユガテをゆく1  

顔振峠-越上山-ユガテをゆく1

早春の低山歩きの定番、顔振峠から雨乞い塚へ上がり、越上山、エビガ坂経由にて
ユガテを歩いてみました。

今回のコース
【吾野駅】-顔振峠-摩利支天-越上山-エビガ坂
-ユガテ-【東吾野駅】

▽632 摩利支天からの眺望 御前山 棒ノ嶺 本仁田山 川苔山(川乗山)
☆R1041632御前山 棒ノ嶺 本仁田山 川乗山 
・川苔山(山頂に登ると川乗山とも表示されています)⇒ 川苔山


▽600 吾野駅8:17
☆R1041600

飯能駅定刻発、天気は晴れていつもの様に山方面の列車は池袋線から多くの
登山客が乗り替えてきた。
列車は次の東飯能でも登山客を取り込み秩父・長瀞方面へ向かう。
東飯能を後にして高麗、武蔵横手と進むにつれて車窓右手に日和田山の
鳥居が、高指山の頂には電波塔が目に入ってくる。
列車は国道299号を右手に見ながら高麗川を縫う様に度々橋を渡り、程よ
くして吾野駅に到着する。

駅改札を出て身支度を整えていると、改札口の前、地図を片手に怪しい動きをして
いるグループがいる...声をかけてみたら大高山の入り口が分らない...
やはりそうであったか。確かにこの駅からは大高山への入り口は分り難い。
初めての者には、えっと 思うところから入るようになっている。

入り口を案内したついでに話を聞いたところ栃木からみえたとのこと。
これから大高山へ上がり、飯能アルプスを縦走し東飯能駅を目指すと言っている...
今日中に栃木まで帰られるので有ればかなり大変なことだ。          

なんでも、山歩きをしたいらしいのだが地元の山は雪が深くてそれが難く、いろ
いろと探した結果、飯能アルプスを見つけてやって来たとのこと。栃木の方が来
るほど飯能アルプスは知れ渡っているのか...!?

さて我々は栃木の方々が線路下のトンネルを通って、南側へ抜けて行くのを見届け
てから、彼らとは逆方向の高麗川を左に見ながら吾野宿を歩き、途中から左折して299
号の下をくぐって顔振峠へ向かう。
▽602 299号をくぐる。8:32
☆R1041602

▽604 小学校の前を通過8:36
☆R1041604

▽605 顔振峠への林道 右は曹洞宗・普融山・玉宗寺8:41
☆R1041605

▽607 ここは辰巳街道...ですか...
☆R1041607

トンネルを抜けると左手に中学校、そしてすぐに右手には小学校が現れる。
それを過ぎると林道のT字路へ当たり、そこを右折して小川に沿って進み、次の
T字路・玉宗寺のところを左へ暫く進む。一旦右へ大きく曲がったあと急な左折に
入った所の右側に登山道の入り口がある。
▽609 山道へ9:03
☆R1041609

▽611 9:20
☆R1041611

▽612 9:25
このガレ場を行くと一度林道へ出る。再び林道を横切る形で登山道へ入るが、
昨年のツーデーマーチではこの辺からキツイ登りになった。今日は慌てる必要も無く、
急ぐことも無いユックリと楽な有酸素歩行でいけばよい。気分は爽快な道である。
☆R1041612

▽613 切り通し9:27
☆R1041613

▽615 9:37
☆R1041615

▽616 お地蔵様
☆R1041616

▽620 棒ノ嶺969m 本仁田山1225m 川乗山1363m
☆R1041620

▽622 蕎麦粒山(中央)1472m
☆R1041622

▽625 摩利支天9:44
☆R1041625

▽630 富士山を中央に 左大岳山 右御前山
☆R1041630

▽638
☆R1041638

標高が上がってきて、振り返れば南から東へかけて展望が開け、雪を塗した奥多
摩から名栗の山の連なりが視界に入ってくる。
吾野駅から摩利支天まで約80分ほどをかけてユックリと登ってきた。
ここ(摩利支天)で腰を下ろし、広がる眺望を楽しみながらコーヒーを頂き暫し休憩とする。
▽644
☆R1041644

▽645
☆R1041645

▽651a 10:03
☆R1041651a

▽652 雨乞い塚(顔振峠・展望台)への登り道
☆R1041652

摩利支天にて充分に休憩し、遠くの山々の景色を楽しんだ後、顔振峠から少し
登る道に「雨乞い塚」があるのを昨年知った。
そこからは顔振峠とは反対方向の北側が開けているので、そこへ寄り道してみることにする。

今回のこのはコースは昨年の飯能新緑ツーデーマーチ・吾野山岳コースに似ている。
今から思えば、あのときの苦戦は生涯に亘って忘れることが出来ない楽しき苦戦で
あった。
私にとっては何時もの様に、苦しき戦いは楽しき戦いでもある。

◇昨年の飯能ツーデーマーチ敗戦記をご覧ください◇
  ↓

飯能ツーデーマーチ敗戦記

◆顔振峠-越上山-ユガテをゆく2へ続きます。

◆045 飯能の新風景 龍崖山-整備中
☆R1042045

(この風景を見に行くときは自己責任でねと申し添えておきます)

早春の奥武蔵、低山歩きの道 増殖中なり


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:29 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 0

残雪の道、丸山・大野峠をゆく3 終回  

残雪の道、丸山・大野峠をゆく3 終回
残雪の道、丸山・大野峠をゆく2からの続きです

今回のコース
【芦ヶ久保・登山者用駐車場】-白鬚神社-日向山(往復)-丸山登山口
          -県民の森-丸山-大野峠-赤谷-【芦ヶ久保・駐車場】

▽875
☆DSCN0875

▽847 横瀬二子山-武甲山 展望台からの眺望
☆DSCN0847

▽848 
☆DSCN0848

▽850 八ヶ岳-両神山 ハープ橋(秩父市街)
☆DSCN0850
▽856 浅間山
☆DSCN0856

▽857 県境の二子山
☆DSCN0857

▽859
☆DSCN0859

▽872 12:47
☆DSCN0872
暫し眺望を楽しんだ後は、展望台を背にして昼食を摂ることにしました。
展望台の南側は緩やかな斜面になっていて、風の無い柔らかな陽の中で40人程の
方々が思いおもいの場所で昼食をしてゆきます。

▽873 大野峠に向けて出発12:48
☆DSCN0873
可也の積雪がありますが、無風と穏やかな光のなかで寒さはありません。

▽874 電波塔12:50
☆DSCN0874

▽876 12:54
☆DSCN0876

▽877 13:00
☆DSCN0877
展望台から東に向かって緩やかな雪の道を行くと、すぐに電波塔の下の分岐に出ます。
大野峠はこの分岐を南東方向へ右折します。道の左は針葉植林、右は落葉の自然林を
みながら直線を下ります。

▽881
☆DSCN0881

▽887 パラグライダー用のランチャー 13:09
☆DSCN0887

▽888 
☆DSCN0888

▽889 前方は堂平山・勝負平...ここにもランチャーがあります。
☆DSCN0889

▽890 勝負平西
☆DSCN0890
パラグライダーが一機、斜面を上がってくる風を捉えてサーマルを探しているよう
です。
ここを飛行している方はパイロット証以上の技能クラスの方です。

▽893 13:17
☆DSCN0893

▽894 大野峠
☆DSCN0894

▽895 赤谷への道標 13:18
☆DSCN0895

▽897 杉、桧の道を黙々と下ります。
☆DSCN0897

▽903 13:54
☆DSCN0903

▽906 14:12
☆DSCN0906
大野峠から約50分かけて、やっと299号沿いへ出てきました。

▽910
☆DSCN0910

▽915 芦ヶ久保・道の駅へ到着 14:44
☆DSCN0915

今回は芦ヶ久保駐車場から登り、日向山へ寄り道した後に丸山から大野峠を経由
して赤谷へ下り、再び芦ヶ久保駐車場へ戻る周回コースを歩きました。
このコースは西武鉄道のハイキングマップにあるものとほぼ同様な道程です。

行く前は雪の状態がどうなのか、情報を掴むことが出来ずに2週間ほどを吾野の
山を彷徨って躊躇していました。アイゼンがあれば何とかなるだろうと出かけて
みました。林道から山に入ると雪の道でしたが、凍っている所があまりなく、
また融けていることも無い楽しい雪道でした。適度な積雪とその状態は意外と歩き
易い道で、坂も滑ること無くアイゼンは終始ザックに入れたままで終わりました。

登山道の始めは暗めの針葉植林地帯で我慢の歩みでしたが、それを過ぎると高度が
上がる毎に展望が開け、遠くの山々が見えます。
山頂はさすがに展望360度の丸山です。冠雪した遠方の山々の景色はとても素晴
らしいものでした。

次は顔振峠-越上山-ユガテへ

☆1261 飯能の新風景
 3月24日の開店を待つ赤根ヶ峠 
☆DSCN1261

(この風景を見に行くときは自己責任でねと申し添えておきます)

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:52 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 0

残雪の道、丸山・大野峠をゆく2展望台へ  

残雪の道、丸山・大野峠をゆく2展望台へ

残雪の道、丸山・大野峠を行く 1 の続きです

今回のコース
【芦ヶ久保・登山者用駐車場】-白鬚神社-日向山(往復)-丸山登山口-県民の森-丸山-大野峠-赤谷-【芦ヶ久保・駐車場】

▽810 幅が広がり見通しの良い尾根道へ出ました。11:01
☆DSCN0810

植林された針葉樹の中の道を左右に折れ曲がりながら20分ほど登って行くと
幅の広い直線状の道へ出ます。明るく見通しが良いのですが、なぜかこの変化
の無い直線の道がちょいと疲れるのです。
まあ無酸素運動にならない様にゆっくりと行けば良いだけのことですが、どうも
せっかちの性分でその辺の塩梅が...

▽811 直線の登り
☆DSCN0811

▽816 残雪の道 かなり積もっています。11:26
☆DSCN0816

▽817 林道を横切って休憩所に到着11:27
☆DSCN0817

▽818
☆DSCN0818

▽820 浅間山
☆DSCN0820

▽823 二子山(県境)
☆DSCN0823

▽825 両神山 11:38
☆DSCN0825

▽826 
☆DSCN0826

まだ、丸山の頂に着いた訳では有りませんが、標高を上げる毎に時折振り返ると
徐々に素晴らしい展望が開けてきます。
県境の二子山、雪の浅間山、どっしりとした存在感の両神山、
そして雪を纏う北の連山などが目に入ってきます。
残念なことに遠方の山々を把握しきれてないので、山名の確定が出来ません。

▽829 県民の森の入り口 だいぶ雪が積もっています。11:43
☆DSCN0829

▽833 心地よい雪の道を行きます。11:56
☆DSCN0833

▽834 丸山の頂上展望台が見えてきました。12:01
☆DSCN0834

▽867 丸山の頂・展望台
☆DSCN0867
隅の円筒柱の中に階段が造られていて屋上へ上がれます。
この建物には...異様、 先進、 芸術...様々な感想が有るようで、
ご覧になられた方々のお心内は如何に 
それで小心者の私の感想は2階建ですねとしか...
そうそう、ここは芸術を論じるところでは無いです。

▽837 では上がってみましょう。
☆DSCN0837

▽839 展望台へ
☆DSCN0839

▽849 八ヶ岳、両神山、ハープ橋(秩父市)
☆DSCN0849
たくさんの山々が見えるとその全部を登ってみたくなります。しかし余命僅かの
身としてはとても困難なことと分るとふと我に返ります...奥武蔵の山だけで
も完登したいと思っておりますが...怪しくなってきましたわ。

先の飯能アルプスを歩いていた時に、大高山で出会った年配の方は1000座の
登頂を目指しているとのこと、 山の少ない千葉だから大変だ との話を伺いました。
お持ちの地図を拝見すると奥武蔵の山々がたくさん消し込まれていて、今までに
970座を登られたとのことで、70(齢)に成るまでには1000座を達成したいと
言われていましたが、既にあとわずか30座...

確かに70に近い齢にしてはとても足腰のしっかりした方だと思いました。
こういうベテランの方に山でお会いして、山のことを交えていろいろな話を伺うと、
歳は食っても我はまだまだ雛(ひよこ)だなとつくづく感じられ、あの世へ行くまでに
果たして雛から成長できるのかどうか...

...続きは、残雪の道、丸山・大野峠をゆく3へ

★881 飯能の新風景
☆R1041881
殿屋敷川・調整池の俯瞰 遠方に御嶽八幡神社...この辺が遊歩道として開放
されるとまた楽しみが増えそうです...開放されるでしょうと決めつけちゃいますわ。
(この風景を見に行くときは必ず自己責任でねと申し添えておきます)

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:20 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 4

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード