好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

春の追路(4)笛吹川・大菩薩嶺_遠望  

春の追路(4)笛吹川・大菩薩嶺_遠望

◇⇒春の追路(3)恵林寺からの続き

▽480a
☆R1042480a

柳沢峠を越えて途中の恵林寺へ立ち寄りした後、笛吹川沿いの万力公園へ向かう。
恵林寺から雁坂みち(140号)へ入り、笛吹川の右岸に沿って南下すると万力公園
(山梨市)には20分前後で到着である。

ここから北東には大菩薩嶺、北から北西には秩父多摩甲斐国立公園の山塊が広が
る。
私の未登の頂ばかりであり、いつかは歩いてみたい山々である。
穏やかな春の陽の中をぼーっと...いつものことだが何も考えずにのんびりと
歩く。

甲武信ヶ岳、国師ヶ岳を源に発する笛吹川は日本三大急流の富士川系とはいえ、
今日はその素振りを微塵もみせない。
明るくどこまでも緩やかに流れて行く。

堤の道をゆけば万力公園からの風が
若葉の香りを載せて来る 柔らかな当たりが心地よい。
いつもとは異なる心身を休めるための歩きである。

▽484
☆R1042484

▽478
☆R1042478

▽481 笛吹川の北東には大菩薩嶺がどっしりと構える。
☆R1042481

▽483 万力公園から笛吹川
☆R1042483

▽485
☆R1042485

▽487
☆R1042487

▽492
☆R1042492

▽493
☆R1042493

▽496 南には富士山が顔を覗かせる。
☆R1042496

▽499 右岸の小高い丘から
☆R1042499

▽501
☆R1042501

▽502
☆R1042502

▽504 
☆R1042504

▽506
☆R1042506

▽514
☆R1042514

笛吹川の左岸遠望には大菩薩嶺がどっしりとその山容を見せつける。
川沿いを歩きながらまだ登ったことがない頂を仰ぎ、いつかは登ってみたい頂に
想いを馳せる。

さて、帰る時になった。
来るときは柳沢峠を越えてきたので、帰路は笛吹川を遡り、雁坂トンネルを抜け
ループ橋、秩父を経由することにする。

▽603 帰路...豆焼橋(埼玉) 
☆R1042603

奥秩父トンネルに繋がっているのは豆焼橋、遠望には白石山(和名倉山)2,036m 

◆次は 飯能・落合~七国峠をゆく

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽741 黄昏...大岳山 御前山
☆R1042741
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:02 [edit]

category: 山梨 長野

tb: 0   cm: 4

春の追路(3)恵林寺  

春の追路(3)恵林寺

▽429 風林火山
☆R1042429

◇⇒春の追路(2)丹波~柳沢峠を越えるからの続き

柳沢峠を越えたついでに笛吹川の予定が...
411号青梅街道・大菩薩ラインを柳沢峠から南西に下り笛吹川を目指す。
途中、事前に得た情報で近くに武田信玄の菩提寺、恵林寺と云うのがあるそうで、
そこへ立ち寄りすることにした。
当然ですが、武田さんと親戚であるとか、当時のことに詳しいとか、
歴史を勉強しているとかは全く無く...勢いだけの稚拙な好奇心である。

飯能の歴史 貴石さんに 笑われそうですが...


恵林寺への道は柳沢峠から大菩薩ライン(411号)を下り、甲州市に入って右折し、
雁坂みち(140号・彩甲斐街道)を目指すと道路沿いに重厚な寺の門構えが目に
入ってくる。

▽405 乾徳山 恵林寺(けんとくさん えりんじ)
☆R1042405

▽408
☆R1042408

▽410
☆R1042410

▽415 三門 快川国師 安禅必ずしも山水を須いず、心頭を滅却すれば火も自ら涼し
☆R1042415

▽416
☆R1042416

参道を黒門から入り赤門(四脚門)、三門を経て本堂へ

詳しいこたあ分りませんが、
非日常の世界へ...凛とした厳かな空気の中で何かワクワクする気持ちである。

▽423
☆R1042423

▽424
☆R1042424

拝観コースを巡ってみる

▽427
☆R1042427

▽428 
☆R1042428

▽431
☆R1042431

▽432
☆R1042432

▽436
☆R1042436
▽439
☆R1042439

▽448
☆R1042448

▽449
☆R1042449

▽464
☆R1042464

▽468
☆R1042468

かる~い好奇心から立ち寄ってみたが、流石に信玄の菩提寺である。
予想に反し素晴らしい内容の拝観コースであった。
久し振りに拝観料が安過ぎると思えた。内容からして5倍までは私は受け入れたいと思った。
(財布の軽い私が思っただよ)

幾たびもの風雪に磨かれ、永き時を積んだ重厚さと燻された渋みに感動である。
時は稀にみるあまりにも巧みな調工家である。

 
◆続きは◇春の追路(4)笛吹川へ


◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽316 3点セット 富士山と大岳山と大河原永田線(左下)
☆R1040316富士 大岳 大河原永田線
それにしても、飯能ってこれほど山に囲まれているとは…おもい知った。
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:39 [edit]

category: 山梨 長野

tb: 0   cm: 2

春の追路(2)丹波~柳沢峠を越える  

春の追路(2)丹波~柳沢峠を越える

⇒春の追路(1)奥多摩湖の続き

▽384 丹波(たば)…道の駅たばやま
☆R1042384


奥多摩湖をあとに青梅街道を更に西へ進む。
丹波川を左手に見ながら緩やかな坂道を左、右と折り返し、
都県境を越えると山梨県・丹波山村の「道の駅・たばやま」に到着する。
街道の北には雲取山、南には大菩薩嶺が控えているが、今回は登山の準備は無く、
ただ暢気に春の気配に浸るだけのふらふらした道である。

道中の丹波川は明るくひかり、両岸から嶺に登る春...
山は濃淡の萌黄色に淡いピンクの山桜も配し、洒落た春の立ち上がりである。

▽383
☆R1042383

▽385
☆R1042385

▽387
☆R1042387


▽388 分水嶺の柳沢峠を越える 東は大菩薩嶺方面に連なる山
☆R1042388

▽392 西は南アルプス
☆R1042392

▽395 
☆R1042395

▽398
☆R1042398

▽399 大菩薩嶺
☆R1042399

▽401
☆R1042401

▽402
☆R1042402


柳沢峠は25年程前に一度通った時の苦い思い出がある。
長野からの帰りに中央路が渋滞のため山梨へ下り、
青梅街道を通ることにした。
しかし考えることは皆同じ、こちらも大渋滞で峠を通過するのに6時間、
帰宅したのが翌朝になって大変な思いをした。
その時は初めての道であり深夜で周りの景色は全く覚えてないが、
今回通ってみると道はだいぶ改良された様で、以前と比べてとても楽な感じがした。
もっとも今は当時には無かった彩甲斐街道(140号)・雁坂トンネルも出来て
通行量の分散化も図られ、25年前とは比べものにならないほど便利になって
いるはずである。

今回は遅い桜とはじまる新緑をぼんやりと眺める道であったが、
進むうちに奥多摩湖では対岸にある登り残しの奥多摩三山、御前山、三頭山
(奥多摩三山の二座、もう一座の大岳山は
⇒大岳山)、
柳沢峠では大菩薩嶺に登ってみたくなった...冥土への土産話用である。
...おっと、亀さんの世界に入ってしまうなあ
⇒亀さん様

続きは◇春の追路(3)恵林寺~

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽470 阿須に現れた怪鳥
☆R1032470
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:56 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

春の追路(1)奥多摩  

春の追路(1)奥多摩

▽357 春の残り香 奥多摩湖にて
☆R1042357

暦は春の真っ只中である。
しかし陽の浴び方が乏しいのか
生物としての自分が春の季に入りきれてない
そんなぼんやりとした切れの悪い体温の状態でいては
心身に良くないと思い
遅ればせながら春の路を行ってみることに...

▽358 春の尻尾に追いつきたい
☆R1042358

▽359 春を越え
☆R1042359

▽361 春のおそ足
☆R1042361

▽363 春の立ち止まり
☆R1042363

▽365 春が湖畔へ
☆R1042365

▽367 春が行く 
☆R1042367

▽370 春が待つ
☆R1042370

▽371 春を留める
☆R1042371

▽373 春が登る
☆R1042373

▽376 春の配置
☆R1042376


深く考えさせようという

 意図は無い
 
  思いのまま いや 思いっきり

   軽い

   だけ

今年の春は休日と空模様の廻り合わせが悪く、
花見に出かければ雨...
更に個人的な諸事情も重なり、
昨年の様に桜を追いかけての
長距離ウォークなど夢のまた夢、
近年珍しく季節を運ぶ風に接する機会に恵まれない年でもありました。
せめてこれから萌黄色の季節の先が、天候に恵まれますようにと祈ってみることに...

◇春の追路(2)へ 続く⇒春の追路(2)丹波~柳沢峠を越える

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽343 奥武蔵を歩けば 
     春は戻ったり 行き過ぎたり
       それもまた楽しき春なり 
☆R1042343
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:19 [edit]

category: 奥多摩 1

tb: 0   cm: 2

駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく3  

駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく3(終回)

◇⇒駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく2の続きです

▽085 橋本山からの遠望 
☆DSCN1085左から棒ノ峰-川苔山-日向沢ノ峰-蕎麦粒山...かな

【スカリ山は歩いた後に諸々あり、今日まで後回しになってしまいました。
しかし蔵へ寝かせておいても熟成して旨味が増すものでも無いし...と、言うことで
既に季節は変わってしまいましたが、遅ればせながら】

今回のコース 
【高麗駅】―駒高―物見山―北向地蔵―観音ヶ岳―スカリ山
        ―エビガ坂―ユガテ―橋本山―吾那神社―【東吾野駅】

▽317 西武鉄道ハイキングマップこの地図の1~16を辿ります。今回は12~16まで
☆R1042317

▽051 ユガテへ12:08
☆DSCN1051

▽058 
☆DSCN1058

▽059
☆DSCN1059

▽061
☆DSCN1061

スカリ山からエビガ坂へ下り、ユガテまで進んだ処で昼の休憩にします。
ユガテには昨年から立ち寄りを始めて、今回で6回目です。数年前から地名だけは
目にしていたのですが、昨年のツーデーマーチの吾野コースの新設に伴い、
下見を兼ねて訪れ始めてから1年もしないうちに、今回でもう6回目になりました。

既に30人程が先着しています。ハイカーのために広場に備えてあるテーブルと
ベンチは既に満員で、我々は小屋の傍らに横たえてある丸太に腰をおろし、
いつもの様におにぎりを頬張ります。
午前中の駒高までの登りで、おにぎりはすでに2個食し、この昼に3個です。
ゆで卵、野菜...夕方までにこれで不足の場合は予備のパン、飴、少々の菓子類、
お茶...奥武蔵ではいつもこれ位をもってきます。

ここで下界の雑踏から逃れ、四季折々の花に出会い、そしてこの地のやわらかな
風に触れると心の和らぐのを覚えます。
我々ハイカーがこの風景の中で暫し至福の時を過ごすことが出来るのは、
この景観を保全して戴いている地元の方々とボランティアの皆様のご努力のお陰です。
大変有り難く深く感謝するものです。

さて、昼休憩のあとはゆるりと「古道飛脚道」経由にて、次の「橋本山」へ向かいます。

▽065 古道飛脚道へ12:50
☆DSCN1065

(近年、虎秀やまめクラブの皆様によって整備された道です...こちらも感謝です)

▽067 12:53
☆DSCN1067

▽068
☆DSCN1068

▽069 橋本山への案内 12:58
☆DSCN1069

▽070 
☆DSCN1070

▽071 橋本山山頂(見晴らし台)
☆DSCN1071

▽082 手前は飯能アルプス  
☆DSCN1082

左から・棒ノ峰-川苔山(川乗)-日向沢ノ峰―蕎麦粒山・右端△

▽086 子ノ権現でしょうか?
☆DSCN1086

▽087 大高山
☆DSCN1087大高山

▽088
☆DSCN1088

▽092
☆DSCN1092

▽093 右端は武甲山
☆DSCN1093

▽097
☆DSCN1097

橋本山見晴らし台からの展望は飯能アルプス、奥多摩、名栗、秩父方面まで広範囲の
視界が開けていてとても素晴らしいものです。

▽098 雨乞い塚に立ち寄り13:32
☆DSCN1098

▽099 雨乞い塚
☆DSCN1099

▽101 雨乞い塚から古道飛脚道の本線へ戻り東吾野駅へ向かいます。
☆DSCN1101

▽103 天覚山かな
☆DSCN1103
▽106 14:00
☆DSCN1106

▽107 下っていくと眼下に東吾野駅が見えてきました。14:02
☆DSCN1107

▽109
☆DSCN1109

▽111 更に下ると吾那神社の裏手に
☆DSCN1111

▽113
☆DSCN1113

▽114 
☆DSCN1114

この辺のことは貴石様が書かれています
吾那神社と吾那氏

▽117 ここを下りてきました。(駅から見上げる)
☆DSCN1117

▽118 東吾野駅着14:20
☆DSCN1118

今回のルートでは思いがけずに観音ヶ岳と云う山に登ることが出来ました。
また、雨乞い塚からピークを2,3経て吾那神社までの新たな道を歩くことも出来、
楽しい記録に追加することとなりました。
駒高、物見山、観音ヶ岳、スカリ山、橋本山からのそれぞれの眺望は予想していた
以上に遠方まで見渡すことが出来て、これもまた素晴らしいものでした。

奥武蔵の低山の在庫と魅力はまだまだ尽きることは無さそうでが、
筋肉・骨の寿命のほうが先に尽きそう。

◆参考:ユガテ
顔振峠-越上山-ユガテをゆく

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽988a
☆R1041988a
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:22 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 0

駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく2  

駒高-物見山-スカリ山-橋本山を行く1からの続きです

▽040 日光男体山-スカリ山から
☆DSCN1040

【スカリ山は歩いた後に諸々あり、今日まで後回しになってしまいました。
しかし蔵へ寝かせておいても熟成して旨味が増すものでも無いし...
と、言うことで既に季節は変わってしまいましたが、遅ればせながら】

今回のコース 
【高麗駅】―駒高―物見山―北向地蔵―観音ヶ岳―スカリ山
        ―エビガ坂―ユガテ―橋本山―吾那神社―【東吾野駅】

▽213 西武鉄道ハイキングマップこの地図では1~16を辿ります。今回はこの内の7~12です。
☆R1042317

▽013 物見山を後に北向地蔵を目指します。10:44
☆DSCN1013

▽014 綺麗に枝打ちされた桧の道10:46
☆DSCN1014

▽015 右の山道を進み北向地蔵へ向かいます。11:02
☆DSCN1015

▽017 北向地蔵11:08
☆DSCN1017

▽018 北向地蔵の由来
☆DSCN1018

▽021 林道沿いのシャガ(シャガの群生かな)そろそろ咲いているかも知れません。11:17
☆DSCN1021

▽023 林道沿い右手にスカリ山入り口の表示があります。11:22
☆DSCN1023

▽027 急な坂道を登っていくと11:27
☆DSCN1027

▽030 展望が開けていますが...ここは観音ヶ岳 地図の9 11:31
☆DSCN1030

▽29-001 頂上の松の木に「観音ヶ岳」の表示...425m 地図の9
☆DSCN1029-001

▽034A 北方向に雪山が見えます。11:34
☆DSCN1034A
北向地蔵のところを右へ下れば鎌北湖、左へ下れば五常の滝です。今日はスカリ
山ですので林道を直進します。
道沿の左にシャガの群生をみてから間も無くして、右側の桧の幹にスカリ山の案
内表示見ることが出来ます。
ここを上がって行くと途中に巻き道と直登の分岐があり、直登をいくことにします。

登るとすぐに頂きへ着き、北方面の展望が開けていて、日光方面の雪山を見ること
が出来ます。
しかし、ここには「観音ヶ岳」の表示があります。頂はそれ程広くはなく、先に登
られたベテランの方に スカリ山と思って登ったのですが...と、話すと 
そうですよね 多分あちらがスカリ山でしょうと...指差す先にここより高い頂があります。
ここの観音ヶ岳ではベテランの方に、あれが赤城山、日光連山、筑波山等々と教えて
戴きましたが、山中何処かへメモリを落として下山した様で、どの山がどれだったか...

それにしても今日は知らずに登った山がなんと「観音ヶ岳425m」と言う立派な名前の
山で、しかも、もう一つ登れるのだと言うことになり、山の神からご褒美を戴いた様な
嬉しい気持ちになりました。

▽036 スカリ山435.1m 地図の10 11:37
☆DSCN1036

▽038 西 名栗から秩父
☆DSCN1038

▽041 北 
☆DSCN1041
 さて、観音ヶ岳を一旦下ってスカリ山へ登り直しました。
スカリ山は観音ヶ岳よりも標高が高い分、展望が良さそうです。
いつ見ても雪山の連なる景色を見るのはいいものです。
これで、今回の予定の半分は確保できました。ここからはエビガ坂を経由して
ユガテへ下る道を進むことにします。

▽043 11:44
☆DSCN1043

▽045 エビガ坂11:54
☆DSCN1045

▽050 ユガテ到着12:07
☆DSCN1050

◆参考・ユガテ顔振峠~ユガテ

次は駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく3へ続きます
(ユガテ-橋本山...)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽350 遠景 あさひ山展望公園から 2013/04/07 
☆R1042350
森林文化都市...歩く所に不足なき、歩きでのある山岳地帯でもある。 
(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:37 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 0

駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく1  

駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく1

▽939 8:16高麗駅
☆DSCN0939

今回のコース 
【高麗駅】―駒高―物見山―北向地蔵―観音ヶ岳―スカリ山
        ―エビガ坂―ユガテ―橋本山―吾那神社―【東吾野駅】

▽317 西武鉄道ハイキングマップ 地図中の1~16を辿ります。今回は1~7です。
☆R1042317

【スカリ山は歩いてから諸々あり、今日まで後回しになってしまいました。
しかし蔵へ寝かせておいても熟成して旨味が増すものでも無いし...と、言う
ことで既に季節は変わってしまいましたが、遅ればせながら】

スカリ山...奥武蔵で生まれ育ったのですが、生まれた谷が異なると知らない
山名に遭遇するものです。スカリ山もその一つで、何の気なしに眺めた記事に目が
留まったのがスカリ山です。
スカリ?ナニナニ、展望が開けている...それではいってみるしかないでしょう
と、いつもながらの単純で稚拙な好奇心が事を起します。
 スカリ山の位置を確認してどういうルートを辿るかを考え、今回は高麗駅(実は
この駅で乗り降りするのは初めてです)から299号線に出て高麗川を渡って駒高へ
上がり、尾根伝いに歩くことにします。ついでに先日の顔振峠~の帰りに寄れなかった
橋本山へも上がってみることにします。

◇顔振峠は
顔振峠―越上山―ユガテをゆく

スカリ山と高麗駅、それと駒高への直行ルートは今回初めて歩くところで、どんな
道なのか、どのようなピークがあるのか、前夜は子供の時の遠足の様にワクワクし
てしまい、なかなか寝付かれませんでした。いや子供は子供でも野に帰った小猿の
状態と言った方がよいかも知れません。

【まず高麗駅から駒高を経由して物見山を目指します】

▽942 高麗駅の下をくぐる8:21
☆DSCN0942

▽945 駒高方面へ8:39
☆DSCN0945

▽950 8:46
☆DSCN0950
さて毎度のことですが、適当な時間に出て高麗駅から歩き始めたのは8:20頃でした。
299号線を西へ行き、高麗川に架かる橋を渡ってから東へ折れて左岸を行くと、
すぐに駒高方面への分岐・道標に当たります。そこからは長閑な山村の風景を見なが
ら暫く林道を歩くことになります。

▽951 ここから山道に
☆DSCN0951
実は一旦△951のところを通り過ぎて林道をかなり先まで行ってしまい「地図から
すると行き過ぎだよな」と引き返し、ここから山道へ入りました。
ここは見落としていた訳ではありませんが、道標も無く「まさか」と言う様な入り
口で、幾ら何でもここではないだろうとパスして先へ進んでしまったのです。
地図によれば本来は林道を辿って駒高まで上がるのが一般的な様で、ここから入る
方はいないのでしょう。(地図、3のところ)

▽952 ここを通って9:02
☆DSCN0952

▽956 ここへ出ます。9:06
☆DSCN0956

▽962 歩き始めて一時間ほど経ち、登りになったところで休憩です。9:20 
☆DSCN0962

▽972 ピークの様です。221m?9:50
☆DSCN0972

▽974 この道で始めての案内板です。右へ進んで駒高を目指します。
☆DSCN0974
座禅岩...行って見たいのですが、下ってからまた戻らなければならず、
入り口でのロスタイムを考えて今回はパスしました。

▽976
☆DSCN0976

▽977 三角点(四等)9:59
☆DSCN0977

▽979 木立の間隙から駒高の民家が見えてきました。
☆DSCN0979

▽981 駒高10:06
☆DSCN0981
高麗川の分岐(道標)から入り、地図の2・3・4・5・6と山道を登ってきまし
たが人に会うことはありませんでした。
確かに人があまり通りそうな道ではありませんでした。

▽982 視界の先に富士山と奥多摩の山々が見えてきました。
☆DSCN0982

▽984
☆DSCN0984

▽989 駒高
☆DSCN0989

▽990 ここから物見山はすぐのはずです。10:13
☆DSCN0990

林道を横切っていよいよ物見山への道に入ります。取っ掛かりは軟らかい岩の道ですが、
広めで適度な登りのためかMTBの方々も入ってきます。ここから物見山の頂上までは
すぐで、先ほど迄の道とは違い、かなりの方々が登ってこられました。少しオーバーに
言えばごった返していたと...

▽997
☆DSCN0997

▽003 物見山 先に登られた方々がいます。10:29
☆DSCN1003

▽004 物見山375m
☆DSCN1004

▽007 スカイツリーを見つけた方が教えてくれました。
☆DSCN1007

▽008 飯能、入間、所沢方面 西武ドーム 旧グリーンロッジ
☆DSCN1008

▽012 団体さんを含めて頂上には3,40人が 10:41
☆DSCN1012
ここでベンチ代りの丸太に腰を下ろし、軽く行動食と水分を補給しながら
ゆるりと眺望を楽しみます。
程よくして北向地蔵を目指します。


続きは物見山から北向地蔵、スカリ山へ 
  次は⇒◇駒高-スカリ山-橋本山をゆく2

*****************************************************
◇同じ地域に永年暮していても、まだまだ知らない山が沢山あるものです。
3年程前までは飯能の山は天覧山と多峰主山位しか知らなかったのですが、
歩き始めると えっ!ここにこんな山があったんだ!と言うことになります。

◇飽くまでも当方のレベルで
 最近知った山...神久山、阿須山、堂西山...
 まだ見ない山...仏子山
 有りそうで確定できない山...?前ヶ貫山△143.9m
    北緯35度50分 東経139度18分に三角点 前ヶ貫山ってあるのでしょうか。

◆☆~飯能の新風景 ◆☆~ 
▽995 歩き人は何処をいくら彷徨っても飽きることは無い 
 夕闇迫る流れ橋...岩沢運動公園から阿須グランド側を望む
☆R1040995流れ橋ー岩沢運動公園側から

(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:22 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 4

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード