好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠2(終回)  

高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠2(終回)

▽598 高山不動尊奥の院 13:25
☆R1043598

1からの続きです
高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠 1

梅雨に入り、天気のはっきりしない鬱陶しい日が続いているなか、眺望が素晴ら
しいと云われている関八州見晴台へ初めて行ってみることにしました。時間と空
模様を気にしつつ、高山不動尊から関八州見晴台へ上り、ついでに飯盛峠までの
往復です。

【コース:奥武蔵グリーンライン】
299号-東吾野-虎秀-阿寺-傘杉峠-高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠

▽582 関八州見晴台からの眺望 湿度が高く靄っています。
☆R1043582

▽584 西方向
☆R1043584

▽586
☆R1043586

▽585 武甲山 二子山(芦ヶ久保)
☆R1043585

▽597
☆R1043597

▽600 東方向 入間 日高 川越
☆R1043600

▽602 右に飯能駿河台大学 中央遠方に西武ドーム
☆R1043602

天気は晴れているのですが、湿気を含んだ梅雨の空で遠方への見通しはききま
せん。恐らく空気の乾いてくる秋から冬には広い範囲の遠望が期待できるでし
ょう。
因みに案内板によると奥多摩、秩父、大山、丹沢山、筑波山、日光白根山、男
体山などが描かれていますので、冬には北方に雪を装った山々が見られること
でしょう。

さて、風景を楽しんだ後はここから飯盛峠まで行ってみることにします。
▽608 飯盛峠への道 13:29
☆R1043608

▽610 アンテナ
☆R1043610
若葉に囲まれた小道をゆけば、アマチュア無線のタワーが目に入ってきます。
▽610のほかに、幾つものアンテナが建てられいて、当無線家の本気度を拝見す
ることができます。

▽611
☆R1043611

▽612 暫くいくと一旦林道へ出てまた小道へ
☆R1043612

▽613 関東ふれあいの道らしい
☆R1043613

▽616 山猫軒の案内表示があります。13:48
☆R1043616
ついでですから...山猫軒(宮沢賢治にご興味のある方は)
山中の古民家のような... 越生町龍ケ谷137-5 電話049-292-3981
営業は金・土・日・祝日のみ、営業時間は11:00 ~19:00
◆行ってみようと思われる方、念のために営業日時の確認をしてからが良いと思います。

▽621 ここからまた小道に入ってゆきます。
☆R1043621

▽624 
☆R1043624
何度かグリーンライン(林道)を左から右へそしてまた右へと縫うように横切り
ながら小道(関東ふれあいの道)は続きます。

▽626 武甲山 二子山(芦ヶ久保)
☆R1043626
▽627 ヒメウツギ
☆R1043627ヒメウツギ

▽628 飯盛峠に到着 14:06
☆R1043628

▽631 ぶな峠 刈場坂峠方面へ
☆R1043631ブナ峠

▽632 今日はここまでにして引き返します。
☆R1043632

▽637
☆R1043637

空模様を窺いながら飯盛峠から引き返します。何か物足りない中途半端なウォー
キングですが、こういうことも有ります。帰りは“関東ふれあいの道”ではなく、
グリーンラインを戻ることにします。時折、小鳥の囀りと道端の草花を眺めつつ
ゆっくりと戻りますが、幸いにも帰宅までの間、雨は待っていてくれました...

▽643
☆R1043643


グリーンライン=奥武蔵グリーンラインについて2
(以下は、自分の分っていることと勝手気ままに思っていることです。正確さは
だいぶ怪しいところがあるという前提でご覧下さい)

前回、“奥武蔵グリーンライン”について少し触れましたが、この林道名の由来
とか根拠を探し出すことが出来ておりません。当然ながら始点がどこで、終点は
どこなんだろうと云うことの根拠も見つけてはなく、私の中でグリーンラインは
この辺いったいを云うのだろうという漠然とした考えしか有りません。

しかしながら私はグリーンラインをとても気に入っています。
今は休んでいますが、以前はアマチュア無線の移動の時、パラグライダーの時と
よく利用していました。

そして今はウォーキングで近辺の峠や山を訪れるのに使っている訳です。
グリーンラインと云う名前はもしかしたら、何方かが仲間内などで使い始め、
それが愛称や俗称になってひとり歩きして今に至ったのかも知れません。
勿論これも私の稚拙な好奇心的勝手な想像の域です。

▽グリーンラインへ行かれる方の参考として、綺麗で分かり易い地図を作られた
方がいらっしゃいましたので、掲げて置きます。

http://ameblo.jp/nascochan/entry-10514083271.html さん作成

☆奥武蔵グリーンライン 作_なす子さん

 同じようなことで“飯能アルプス”と云うのが有ります。
これもその正体、根拠、由来など、私には分かっておりません。
人々に愛称で使われ、そしてそこへ集い、ウォーキングやランニングなどを楽しまれる方々
にとって、便利で使いやすい名称で楽しまれれば次第に広がっていく...
そう云うものと思っています。何れにしても地域をよく表している命名である
とも思っています。


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠
スポンサーサイト

Posted on 22:39 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 6

高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠1  

高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠1

▽520
☆R1043520
梅雨に入り、天気のはっきりしない鬱陶しい日が続いているなか、眺望が素晴ら
しいと云われている関八州見晴台へ行ってみることにしました。Webなどでも
展望がよいとの情報が載せられていて、いつかは上ってみようと思っていたので
すが、なかなか機会がなく10年以上も延びのびになっていました。

今回、時間の合間と空模様を気にしつつ、文字通り思い切って行ってみました。
午後から雨になりそうな予報もあり、車で途中まで行き、歩きは6km程に止めました。

【コース:奥武蔵グリーンライン】
299号-東吾野-虎秀-阿寺-傘杉峠-高山不動尊
                 -関八州見晴台-飯盛峠

▽517 東吾野からグリーンラインへ上がり 阿寺へ
☆R1043517

▽518
☆R1043518

▽519 傘杉峠
☆R1043519

▽521 黒山展望台
☆R1043521

▽522 黒山展望台
☆R1043522

▽523 黒山展望台 
☆R1043523

まず、黒山展望台へ立ち寄りしてみましが、残念ながら眺望にクッキリ感がありません。

▽530 高山不動尊
☆R1043530

黒山展望台から関八州見晴台に向かう途中、高山不動尊へ立ち寄ってみます。
グリーンラインから少し左へ下ったすぐのところにあるります。
ここは関東の三大不動と云われるところですが、そのへんのことは
"飯能歴史散歩" 貴石さんが詳しいかも知れません。
飯能歴史散歩

▽534 急な石段を下りてから見上げる。
☆R1043534

▽540 高山不動尊の大イチョウ
☆R1043540

▽546 樹高約37m 幹周12m 樹齢800年(案内板から)
☆R1043546

▽547 大イチョウから南側の展望
☆R1043547
▽550
☆R1043550

▽554 
☆R1043554

▽558
☆R1043558高山不動から再びグリーンラインへ戻り、閉じているお店から南へ広がる奥多摩方面の展望を眺める。

▽561 店と道路(グリーンライン)を挟んだ対面に、関八州見晴台への入口がある...
☆R1043561
しかし、たまたまここで休憩されていた郵便配達員の方から、この少し先へ行った
ところにも駐車場と登り口があるとのことを聞いて、そう云えば自分の記憶でも
あった様な気がするなと思い、そこへ行ってから登ってみることに...

▽562 関八州見晴台 上り口(グリーンライン)13:08
☆R1043562

▽565 
☆R1043565

▽567 登り道の両側に点在するカルミア(アメリカシャクナゲ)
☆R1043567カルミラ

▽569
☆R1043569

▽570 ツツジの道でもありますが、ツツジは既にその時期を終わっています。
☆R1043570

▽571 
☆R1043571

▽572 コアジサイ
☆R1043572

▽576
☆R1043576

▽578 13:15
☆R1043578

▽580 手入れをされているような沢山の花の木があります。
☆R1043580

▽581 到着、関八州見晴台 771.1m(南西側飯能市、北東側越生町)
☆R1043581

グリーンラインの駐車場から上ると直ぐに頂上です。Webによると、ここから関東の
八州が見渡せたとのこと(安房、上野、下野、相模、上総、下総、常陸、武蔵)
この時期、遠方までは見難いのですが、確かに展望は360度開けていて季節によっ
ては遠方の景色を楽しむことが出来そうです。
グリーンラインは幾度も訪れていますが、この辺はいつも通り過ぎるだけでした。
初めてここへ上ってみて、改めて風景の良さを感じることが出来ました。
ツツジを楽しまれる方は5月に、コアジサイ、カルミラは6月の上旬が良さそうです。
また、秋からは紅葉の先に遠方の景色が見られそうで、季節ごとに楽しみのある関八州
見晴台です。

◆グリーンライン=奥武蔵グリーンラインについて1
 もう20年以上も前に、初めて上って緑と素晴らしい景色が見られる林道だと感激
したのを覚えています。
林道奥武蔵1号線、2号線を中心に隣接する市町村の林道が多数接続されていて、
私には何処からどこ迄がグリーンラインなのか、把握しきれていません。
大まかなところで、南西端を日高市から発し、北西端の秩父市まで至る尾根伝いを
背骨にそれに接続される連絡林道を含めた総称だと考えています。
(公式には定かではありません)
ここは何回走っても、まだ未知の出入り口がありそうで果たして、総延長100km
なのか200kmなのか、どこ迄続くのか...そんなには

▽596
☆R1043596

さて、つぎはここからグリーンラインを下に見ながら北西の飯盛峠へ歩きます。

◆高山不動尊-関八州見晴台-飯盛峠2へ続きます。

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 18:39 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 2

◆日本一長いバラのトンネル2  

日本一長いバラのトンネル2(終回) 川島町・平成の森公園

◆日本一長いバラのトンネル1からの続き
日本一長いバラのトンネル1

▽506 水と時の広場 時の塔と噴水_ 公園のほぼ中央にあります。
☆R1043506

 遅れオクレの6月1日 花としては1、2週間遅すぎた様です。
“日本一長いバラの小径”が川島町にあると聞いて、柄にもなく行ってみました。

▽435 バラのトンネルの中は大人3人ほどが並んで歩ける幅です。
☆R1043435

今日は時期が過ぎていますがそれでも間を取らないと写真は撮れない状態でした。
盛りの季節ではこのトンネルはどういう状況でしょうか。

▽452 トンネルの外側はこんな感じに(時期が遅すぎました)
☆R1043452

▽453 
☆R1043453

▽456 黄色いの...名前は?
☆R1043456

▽457 花びらがだいぶ落ちてしまっています。
☆R1043457

▽459
☆R1043459

▽463 一旦出て別な入口から...トンネルの出入り口は数箇所有ります。
☆R1043463

▽464
☆R1043464

▽465
☆R1043465

▽466 フロージン...浮浪人って私のことかい?否定はしませんが...
☆R1043466

▽469
☆R1043469

▽470
☆R1043470

▽471
☆R1043471

▽472
☆R1043472

▽473 
☆R1043473

バラのトンネルは上から見ると大きな8の字形になっていています。右はその8
の字の〇部分の内側でアスレチックになっているところです。

▽475
☆R1043475

▽478
☆R1043478

▽483
☆R1043483

▽484 ネームプレートに記載されているのは寄贈者と思われます。
☆R1043484

▽488
☆R1043488

▽489
☆R1043489
▽491 時期は過ぎていますが見事なものです。
☆R1043491
▽496 バラの小径を過ぎ、公園のほぼ中央にある時と水の広場へ
☆R1043496
▽498
☆R1043498
▽502
☆R1043502

▽508
☆R1043508


時期を逸したとは言え、ご覧の様に幾つかのバラは見るべきものがありました。
残念なのはバラの知識がないためにその良さを把握してお伝えすることが出来な
いことです。
バラにご興味のある方は、是非来年の5月半ば~狙って訪れてみられるとよいでしょう。

・川島町・平成森の公園・入園料:無料
・埼玉県比企郡川島町大字下八ツ林920・平成の森管理事務所 TEL 049-297-5701

◇天空のカフェ(安直カメラ缶)
☆R1033085

◆次は軽めの...グリーンライン・関八州見晴台~飯盛峠の予定


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 22:59 [edit]

category: 草木花

tb: 0   cm: 4

日本一長いバラのトンネル川島町・平成の森公園  

▽429
☆R1043429

◆日本一長いバラのトンネル川島町・平成の森公園

遅れオクレの6月1日 花としては1、2週間遅すぎた様です。

(以下、ここではバラのトンネルとバラの小径は同じ意味で使われています。
 入口にはバラの小径の記載があり、入口の案内表示にはトンネル、小径が
 併記されています)
 
“日本一長いバラのトンネル”が川島町にあると聞いて柄にもなく行ってみました...
私はもちろん花はそれ程でもなくは無い...複雑...お供で...
途中で奥武蔵、奥多摩の山々が見えましたので、まあ良いというところです。

▽400 平成の森公園の手前から 武甲山でしょうか。 
☆R1043400
ここは平成の森公園の手前で、おそらく川島町だと思うのですが確信はありませ
ん。西の遠方に横瀬や秩父の山が見えて、ここまでくると埼玉の東方は平らで、
西方は山と云う図式がよく確認できます。
▽401 ひろいですね。その先に奥多摩、奥武蔵の山々が見え、山猿としてはキッ
キッ!と嬉しくなります。
☆R1043401
▽410 いつもの 大岳山―御前山 
☆R1043410
ここで対面できるとは思ってもいませんでした。これもまた嬉しくなります。
大岳山はとても便利な山です。何処から見てもこの独特な山容が目印になり、
初心者の私はまずこの山を探し、そこから周囲の山の位置関係を推し測ります。

―――ところで、今日は“日本一長いバラの小径(トンネル)”を見に行く予定ですので、
山はここまでです―――

▽508 平成の森公園・案内板
☆R1043508

▽417 
☆R1043417

南の入口、道路沿いに車を留めて、まず公園の南端をショウブ園に向かいます。

▽419
☆R1043419

▽420
☆R1043420

▽422
☆R1043422

▽424
☆R1043424

▽427
☆R1043427

ショウブは時期が少々早過ぎた様です。
ショウブ園には、ハナショウブが2,500株以上植えられていると云うことで、
6月半ばから7月頃が良さそうです。(今日は6月1日です)

▽428 案内板
☆R1043428

▽430 では早速バラの小径へ入ってみましょう。
☆R1043430

▽432
☆R1043432

▽434
☆R1043434

▽436
☆R1043436

▽437
☆R1043437

▽438
☆R1043438

▽439
☆R1043439

▽440
☆R1043440
▽441
☆R1043441
▽442 綺麗な薔薇には棘がある。
☆R1043442
恐ろしい棘です。こんな棘に引っかかれたりしたら、エライこっちゃ。

▽443
☆R1043443

▽444
☆R1043444

▽447
☆R1043447

▽448
☆R1043448

▽449
☆R1043449
残念ながら私はバラについて詳しい知識の持ち合わせが無く、見たままで、赤いのや
白いの、黄色いの...大きいのや小さいの...
綺麗なことには違いないのですが、不調法というかあまりにも稚拙な表現力で川島町と
このバラに大変申し訳ない気持ちです。
何とかならんかいと自分にはがゆさを感じますがまあしょうがない...
折角のバラがしおれそうです。

平成18年に完成したバラのトンネルは、全長330.5メートルもあり、53品種
427本のバラがあると云われています。
トンネルの中には、寄贈者と思われるネームプレートが沢山付けられていて、
町民の方々の協力によって、この日本一のバラのトンネルが作られていることを
窺がい知ることができます。

今回、残念ながらショウブ園では早過ぎて、バラのトンネルは遅すぎた様です。
画像は時期を逸したのと、いつもの安物の腕で撮ったものでけして良くはあり
ませんが、1、2週間前のバラはそれこそ日本一を冠したものに相応しい見事
なバラの小径であることを疑う余地は有りません。
もし、ご興味のある方は、来年の5月半ばを狙って訪れてみるとよいかも知れません。

・川島町 平成森の公園 入園料:無料
・埼玉県比企郡川島町大字下八ツ林920 平成の森管理事務所 TEL 049-297-5701

▽499
☆R1043499
“日本一長いバラのトンネル”と云うことで、
  下手な画像がまだまだ続きます。
◆日本一長いバラのトンネル川島町・平成森の公園2へ続きます。


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:54 [edit]

category: 草木花

tb: 0   cm: 4

奥多摩三山-三頭山をゆく2(終回)  

奥多摩三山-三頭山をゆく2(終回)

▽003 西峰からの富士山(今は雪がもっと少なくなっています)
☆DSCN0003

三頭山をゆく1からの続きです。1は
奥多摩三山-三頭山をゆく1

奥多摩三山の最後に残しておいた三頭山へ登ってみました。
エリアの案内図をご覧ください
都民の森 案内図

1では“都民の森入口”から入り、東のエリアを彷徨って尾根伝いに北東から西へ下り、
鞘口峠を経て展望台から東峰に到着しました。

▽989 東峰の近くで休憩11:16
☆DSCN9989

一旦、東峰の近くで休憩し、地図を眺めて後をどの様に行くか考えましたが、
何時もながら明確なルートイメージが出来ません。仕方なく人が多そうな西の
方へ下ってみるとすぐに“御堂峠”と云う所へ到着。

▽997 御堂峠11:35
☆DSCN9997

ここで地図を見ながら、また躊躇していると都民の森のスタッフさんらしい方が
反対方向から登ってこられました。
これ幸い!と、お聞きしたところ、まず西峰へ登って西端(山梨との境)
を南へ下り、時間が有れば大沢山経由にて深山の道を三頭ノ大滝へ...
と云うルートがお薦めということになりました。
(このルートは大回りですが、人が少なく静かで時折展望が開け富士山が見えるとのこと)

▽999 西峰へ
☆DSCN9999

▽001a 西峰山頂 1524.5m 11:46
☆DSCN0001a

以下、西峰山頂からの眺望

▽004 
☆DSCN0004

▽013 (今の富士は雪が少なくなっています)
☆DSCN0013

▽009 
☆DSCN0009

▽010
☆DSCN0010

▽011 西峰山頂の賑わい11:54
☆DSCN0011

西峰は南と北に展望が開けています。特に三頭山ではここからの富士が一番よさ
そうです。多くの方々がここで昼食を摂られていて満員状態です。
当方も木陰を確保し昼休憩とします。

▽021 昼食後の下山ルート 明るい緑の中、大沢山を目指します。12:32 
☆DSCN0021

▽024 避難小屋1433m経由
☆DSCN0024

▽026 大沢山1482m
☆DSCN0026

▽030 分岐 三頭ノ大滝方面へ
☆DSCN0030

▽031 垣間の富士山(今は雪が少なくなっています)
☆DSCN0031

▽034 ここを登ってから谷へ下ります。
☆DSCN0034

▽040 三頭沢
☆DSCN0040

▽044 三頭ノ大滝に架かる吊橋
☆DSCN0044

▽052 吊橋からの滝
☆DSCN0052

▽056 生藤山 浅間峠 土俵岳
☆DSCN0056

▽064 帰りに森林館へ立ち寄り
☆DSCN0064

▽065 
☆DSCN0065


西峰からの眺望は、南の富士山が想像以上によく、また北側も奥多摩、奥武蔵
方面が開けていて季節のわりには素晴らしい眺めでした。
さて、途中でスタッフの方から戴いたアドバイスを基に、西端を南へ向い避難
小屋-大沢山、更にUの字を書くように南から北へ向って進み、石山の路から
三頭ノ大滝へ...後は大滝の路を下って最後に森林館へ...ここで森の植物
のこと、動物のこと、工作の案内などを見学し、入口の駐車場まで歩いて本日の
三頭山は完了です。

鞘口峠から東峰までは急登が続き、先はどうなるのだろうと思いながら歩きまし
た。
全体的には登りも下りも奥多摩三山の中で、一番変化に富んだコースであり、飽
きることなく廻ってくることが出来ました。

これで奥多摩三山完登となりました...が、比企三山はいつになるやら...

▽063 下山路、大滝の路のヤマシャクヤク
☆DSCN0063ヤマシャクヤク

▽493 久々の ケロちゃん、コロちゃんとウータン元気ですよ。
☆DSCN1493
  
奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:15 [edit]

category: 奥多摩 1

tb: 0   cm: 4

奥多摩三山-三頭山をゆく1  

奥多摩三山-三頭山をゆく1

私にとって三頭山は奥多摩三山の最後に残された山です。御前山の次は三頭山と
決めていたので、何時ものように下調べも不充分なままに時間が取れたので早速
行ってみることにしました。

案内図
都民の森案内図・檜原村
拡大してご覧ください。

【今回のコースは上の案内図の外周を辿りました】
駐車場-木材工芸センター-ひぐらしの路-ツガの路
 -鞘口峠-山梨・都県境-展望台-三頭山頂-ムシカリ峠
  -避難小屋-大沢山-深山の路-三頭大滝-森林館-駐車場

▽956a 地図
☆DSCN9956a

▽958 ここから歩き始めます。9:18
☆DSCN9958

ここは鞘口峠への最寄駐車場ですが満車でした。さてどうしようかと躊躇していると、
係りの方から約1km戻ったところに留めるよう案内を受けました。
それがなんと嬉しいことに1kmの間を都民の森の無料シャトル便が運行されて
いるとのことで、行き帰りともそれを利用させてもらいました...大サービスの都民の森です。

▽960 
☆DSCN9960

▽961 トンネルの上に森林館の一部が見えます。
☆DSCN9961

▽963 9:43
☆DSCN9963

▽964 9:55
☆DSCN9964

▽965 何処なのか分らんけど登ります。
☆DSCN9965

▽967 今度は下りです。10:14
☆DSCN9967

▽961のトンネルを抜けて入口の案内板のイメージで行くつもりで
木材工芸センターの所から右折して山へ入ってみましたが...
この辺の状況は把握してなく、登っていくとひぐらしの路とかシラカバの路などと
標識が出てきます。
そして多くの分岐とルート、案内板があり、
 目標の三頭山は何処ですか?状態になってきました。
東側のエリアは沢山の道があり、私の頭では迷路状態ですわ。
この辺は誰も歩いていません。しかたなく尾根を行けるところまで行き、外周と
思われるところを西へ廻り込むと今度は下りです。
折角稼いだ高度をしぶしぶ下げて暫く進むと鞍部の様です。
多くの人の気配がします。あら、鞘口峠はここのことでした。

▽968 鞘口峠 10:16 1142m
☆DSCN9968

通常は入口から直進すればよかったようですが、まあオマケで沢山歩けたと思えば、
それもまた楽しいことです。

▽972 
☆DSCN9972

鞘口峠からは急な登りが続きます。ここからは登山者が増えてきてとても賑やかになりました。

▽973
☆DSCN9973

▽974 10:38
☆DSCN9974

▽975 分岐 右の三頭山方向へ進んでみます。10:45
☆DSCN9975

▽976
☆DSCN9976

▽977
☆DSCN9977

▽979 展望台 急坂を登って展望台へ到着11:11
☆DSCN9979

▽982 御前山(左) 大岳山(右)...展望台より
☆DSCN9982

▽986 三頭山東峰1527.5m 三角点11:15
☆DSCN9986

▽990 再び展望台へ 展望台が混雑していたので一旦、東峰へ行って展望台へ戻りました。
☆DSCN9990

▽992 御前山 大岳山 馬頭刈山
☆DSCN9992

展望台からは少し靄のかかった状態ですが、御前山から馬頭刈山方面への視界が
開けて眺めはまずまずです。
▽995 三頭山中央峰1531m
☆DSCN9995

三頭山は奥多摩三山の中で一番多くの方が訪れていました。登山、ハイキングの他に
山の周辺一帯が都民の森として形成されていて森林館、木材工芸センター、炭焼窯
など、人と森が親しく接することができたり、見学や体験学習などのための施設が
作られています。

―――以下、檜原都民の森ホームページより引用―――
奥多摩三山の最高峰・三頭山(みとうさん)の中腹、標高1,000~1,500mに広が
る都民の森は、四季折々に変化する景観やさまざまな動植物などにふれあえる自然
の宝庫です。
 197ヘクタールの広大な森林は、「出会いの森」 「生活の森」「冒険の森」 「野鳥の森」
 「ブナの森」 の5つのゾーンに分かれています。
 歩く、見る、聴く、出会う、知る、作るなど、子どもから大人までいろいろな森の
楽しさを満喫できます。
―――ここまで―――

私としては奥多摩三山と云うことしか頭に無く、その様なところだとは知らずに
いきましたので、入口の近くの駐車場に着いた時にはあれっ?と思いました。
大岳山、御前山と登って最後に奥多摩三山の一番高いところを残しておいたのですが、
当初想像をしていたのと雰囲気が少々異なる感じがしたわけです。
しかし山道を回ってくると、その雰囲気はやはり奥多摩の山、そのものでした。

◆奥多摩三山-三頭山をゆく2へ続きます。
奥多摩三山ー三頭山をゆく2

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:43 [edit]

category: 奥多摩 1

tb: 0   cm: 0

新緑の奥多摩三山-御前山をゆく2(終回)   

新緑の奥多摩三山-御前山をゆく2(終回)

「御前山を行く1」の次に飯能新緑ツーデーマーチを割り込ませたために遅れてしまい、
今回が御前山をゆく2(終回)となります。

▽044 左から大岳山-御岳山-御前山(飯能大河原・燧山から...)
☆R1043044

◆新緑の奥多摩三山-御前山をゆく1からの続きです。
1は⇒新緑の奥多摩三山-御前山をゆく1

以下に辿った写真を並べます。

▽951 惣岳山10:30
☆R1042951

▽954 
☆R1042954

惣岳山から一旦下り、カタクリの花を見ながら再び上ると暫くして御前山の頂に到着。

▽956 御前山頂1,405m 10:55
☆R1042956

▽962  
☆R1042962

▽966
☆R1042966

▽967
☆R1042967

▽969
☆R1042969

▽970
☆R1042970

この時間帯に頂上には30人ほどが登られていました。前回の御前山をゆく1の▽924のところで、
後から登ってきた若者2人が先に到着していて再び二言三言、撮影を依頼され山頂標識にお二人が
並ばれてニッコリとしたところをパチリ...

展望はご覧の画像のように、木々とその枝葉に阻まれて、遠望がききません。
ここで、カラマツを見ながら早めの昼食を摂ります。
30分ほど頂上に留まった後に下山です。コースは登ってきた反対側の道を下り、
栃寄を経由して境橋(バス停)へ向います。

▽971 避難小屋11:33
☆R1042971

なかなか洒落た避難小屋です。ここで山頂での若者2名がまた先着していました。
3回目でまた二言三言、同じような下山ルートを辿るようです。

▽973 御岳山か大岳山でしょう。奥武蔵から見る山容と左右が逆になっています。
☆R1042973

▽978 熊棚のようですが...
☆R1042978

▽981 下山途中の北側展望
☆R1042981

▽986
☆R1042986

▽988
☆R1042988

▽989
☆R1042989

▽993 
☆R1042993

▽999 
☆R1042999

▽003 人家が見えてきました。13:33
☆R1043003

▽006 境橋 橋のバス停に待っている方が見えます。
☆R1043006

▽009a 橋の上にバス停(橋の先の方)があります。バス停に先に待っていた方々がいたために間に合いました。☆R1043009a

▽011 境橋から多摩川上流を見る。14:24
☆R1043011

▽012 バスに乗車して奥多摩湖へ向かいます。14:28
☆R1043012
▽014 奥多摩湖に到着 14:34
☆R1043014
▽015 ダム
☆R1043015


今回は奥多摩湖からサス沢山経由のルートを辿りました。登り始めからの急登で、
かなりきつく、周囲の若葉に元気付けられ、小刻みに休憩をとりながらの歩みと
なりました。また下山は、バスの時刻と空模様を気にしつつの意外と長い行程でしが、
道沿いに咲く可憐な草花に元気を貰いながら歩き、境橋目前で現れたバスにそれこそ
間一髪で間に合いました。

この日の天気は、夕方近くから雨の確率が高くなるとの予報が有り、午後は心配しな
がらの下山でしたが何とか奥多摩湖の駐車場までは持ちこたえてくれました。
後に湖畔の休憩で喉を潤している間に雨になり、僅かの時間差で途中の降雨を
免れたのは幸いでした。

御前山は「あさひ山展望公園」からも良く見ることができます。
先日、川島町へ行った折にも大岳山と左右に並んだ御前山を見ることができ、
かなり遠方からその山容を捉えることが出来ることを知りました。
思わぬ地から、自分の登ったことのある山が見えた時はとても嬉しいものです。

昨年の秋、大岳山へ登った折にその山は奥多摩三山であると云うことを知り、
そのうちの二座めをこの御前山としました。
当然次回は残りの三頭山と云うことになります。

◆次は新緑の奥多摩三山-三頭山をゆく...の 予定

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 15:07 [edit]

category: 奥多摩 1

tb: 0   cm: 2

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード