好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

合間の一回り、Web訪問者と偶然の...2(終回)  

合間の一回り、Web訪問者と偶然の...2(終回)

1からの続き、1は
合間の一回り、・・1

▽714 
☆DSCN1714 
さて、「しまじろう」氏のお話を伺ってからアイスクリームを頂き、ここ迄来た
ついでに久し振りに天覧山に向かってみることにします。

天覧山は2、3年前はよく登ったのですが、それ以降は今年の初め、
飯能アルプス縦走の折に立ち寄っただけで最近は暫くご無沙汰でした。
◇飯能アルプスは
飯能アルプス縦走

▽694 タイムズマートさんの左脇を進みます。 
☆DSCN1694

▽698 天覧山、中腹
☆DSCN1698

タイムズマートさんの左、天覧山への道を行くとすぐに能仁寺との分岐に、
そこを右へ進み次は左への坂を上ればあっと云う間に中腹に...いつも
ながら別に登り急ぐことはないのですが、どう云う訳か余命時間の減少が
実感として受け取れる様になると、無意識な行動がせっかちになる...人によるでしょうね。
▽700
☆DSCN1700

▽701 十六羅漢像の案内
☆DSCN1701

この辺のことはやはり貴石さん(飯能歴史散歩)が先々お考えになられるでしょう...

▽703 ここ迄くれば、すぐに頂上へ
☆DSCN1703

▽706 
☆DSCN1706

▽707
☆DSCN1707

▽708 久し振りの頂195mです。
☆DSCN1708

▽710 天覧山から奥多摩を望む
☆DSCN1710
左から大岳山1267m-奥の院1077m-御前山1405m

▽713 有間方面 一番高そうな△が蕎麦粒山1,472.9m
☆DSCN1713
▽715 
☆DSCN1715
▽720 大河原工業団地 龍崖山公園 大河原配水場が見えます。
☆DSCN1720
あちら(大河原工業団地から)も勿論、天覧山を見ることが出来ます。
崖山公園入り口の石碑の近くから天覧山が見えます。
▽722 
☆DSCN1722
天覧山からの眺め、やはり東方面の遠望は良くありませんが、
南西から北西にかけては距離が短いこともあり、それなりにと云うところでしょうか。

頂上で30分程の休憩をした後、来た道を下ります。

▽727 大通りを駅へ
☆DSCN1727

▽728 商店に貼られたポスター
☆DSCN1728

この写真はどこかで見たことがあるなと帰ってから調べてみると、
「シマジロウノススメ」のブログにあるものと同じで様な背景です。
シマジロウノススメ
">シマジロウノススメ

この背景にあるところは名栗・山中、入間川基点の石碑があるところです。
ここはまたウノタワや妻坂峠、大持山などへのハイキングコースの入り口でもあります。

▽192 
☆R1043192

この左下の谷から撮影されたようです。ここは今年の春、市水道課による
「入間川源流探訪ウォーキング」に参加し、初めて訪れたところです。
その時は爽やかな若葉の薫る谷でしたが、今は深い緑に覆われ、谷を伝わってくる
涼風を背に載せながら、豊かな水が勢い良く流れていることでしょう。

そうそう、
「ヤマノススメ」のポスターの場所と知っていればもう少し考えて撮っていたも
のを残念...
いや私がたとえ知っていても「下手の考え休むに似たり」の結果は「火を見る
より明らか」でしょう。
「猫に小判、山人にカメラ」宝の持ち腐れ...といきたいところですが、
そうでもないです。安値カメラですからとても宝が腐るというレベルまで
いかないのですわ。

「入間川源流探訪ウォーキング」は⇒入間川源流探訪ウォーキング

▽729
☆DSCN1729

▽735 
☆DSCN1735

▽736 駅から 遠方僅かに「加治丘陵と阿須丘陵」 
☆DSCN1736

これで今回の周回ウォーキングは終了です。あっと云う間の2時間30分でした。

・・・

暑くて湿度が高くてイヤデスナア。
どうも齢のせいかこの時季が嫌いになった様な気がします。まあ後一月我慢すれば
多少は空気が変わるでしょう。そうしたらあの山を登って、あそこを駆け降り、
鎖場をひょいっと越え、あっちを縦走してと、まるでスーパマンになった様に...
妄想は取り留めなく、暫し夏の夜の自由空間なり。



奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 21:54 [edit]

category: 飯能周辺

tb: 0   cm: 2

合間の一回り、Web訪問者と偶然の...1  

合間の一回り、Web訪問者と偶然の...1

▽697 天覧山の由来
☆DSCN1697

 梅雨明け宣言して大分経ちますが、天気のはっきりとしない日が続いています。
雨では歩こうという気持ちになれず、また晴れると暑いのでこの時季はどうして
も運動不足になってしまいます。
このところ長距離のウォーキングもなく体調がすぐれていません。はっきしない
天気ですが、思い切って合間の「ひと歩き」で、一回りしてみることに...

【順路】特に行き先を決めずにフラフラと歩き始め、結果として
飯能駅-飯能大橋-美杉台公園-割岩橋-アトム像-天覧山-大通り-飯能駅...周回
 約2時間30分(15:30~18:00)

▽738
☆DSCN1738

▽739 山人は「鉄夫」でも「鉄子」でもないので、見えたものをただ撮っただけ...
☆DSCN1739

▽742 駅の南口を経て「飯能大橋」を渡る。
☆DSCN1742

▽660 美杉台公園から市街を望む
☆DSCN1660

駅の南口を経て飯能大橋を渡り、美杉台通りの坂を上がった後、ひかり橋の先の
交差点を右に、更にモミジバフウの坂道を上がると右手に美杉台公園が見える。
その公園のグラウンドとマンションの間の道を見晴らし台へ進む。

▽664 左はマンション、右下は公園とグラウンド
☆DSCN1664

▽665 ここから森の道へ
☆DSCN1665

▽666 杉と檜の木立、小尾根を行くと
☆DSCN1666

▽668 見晴らし台
☆DSCN1668

▽669 見晴らし台から市街を望む
☆DSCN1669

▽670 登ったら次は小尾根を下り、名栗川の右岸に沿う道へ向かいます。  
☆DSCN1670

▽673 名栗川右岸沿いを割岩橋へ
☆DSCN1673

▽674 (旧)岩清水さんから天覧山を望む
☆DSCN1674

▽675 割岩橋
☆DSCN1675

▽676
☆DSCN1676

▽677 飯能川原
☆DSCN1677

▽680 
☆DSCN1680

▽682 龍崖山(旧図書館から)

☆DSCN1682

飯能・龍崖山
飯能・龍崖山(竜巻!)からの展望
龍崖山・歴史の香る頂へ
龍崖山・歴史の香る頂へ

▽683 (旧)図書館
☆DSCN1683
▽691 アトム像(以前は池の方にあったと思いましたが)
☆DSCN1691

▽692 天覧山入り口
☆DSCN1692

このタイムズマートさんでアイスクリーム休憩。

ここで思わぬ方にお会いしました。

【Web訪問者と偶然の...】
時折、当方のブログに訪問して頂いている方で

⇒【しまじろうのススメ
飯能を舞台にしたアニメ「ヤマノススメ」をご覧になってから
飯能の水(川)+山の写真を撮られている方です。
このタイムズマートさんには「しまじろう」氏の写真が展示されています。
何れも私の駄作とは比べようのない素晴らしい写真です。
お会いした時には気が付かなかったのですが、後で確認したところ「しまじろう」
さんと云うことが分かりました。こう云う偶然と云うこともあるのですね。
アマチュア無線で云うところの「偶然のアイボール」、Webでは「偶然のオフ会」
とでも云うのでしょうか?
 
さて、「しまじろう」氏のお話を伺ってからアイスクリームを頂き、
ここ迄来たついでです。久し振りに天覧山に登って見ることにします。
▽693 タイムズマートさんの左の道を天覧山へ向かいます。
☆DSCN1693

◆合間の一回り、Web訪問者と偶然の...2へ続きます。



奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:40 [edit]

category: 飯能周辺

tb: 0   cm: 0

奥武蔵・ユガテの“ひまわり畑”  

奥武蔵・ユガテの“ひまわり畑”

▽643 ユガテの“ひまわり畑”
☆DSCN1643

▽632 ユガテ
☆DSCN1632

標高290m 7月21日のユガテの朝は爽やかな風と緑で清涼感たっぷりです。

隣市のKさん(友人)の先月のブログに“ユガテ・ひまわり”の種まきと成長の
様子が載っていましたので、そろそろ見ごろかなと思い行ってみました。

・・・以下ブログ「きなちゃちゃ日和」から・・・
5月19日 種まきの様子
6月1日  芽が出て葉をつけて伸びてきている様子
一面のヒマワリ畑を見たいから。
ハイカーに喜んでもらえるから。(もらえると思うから)
・・・ここ迄・・・

それで、私はお手伝いをした訳でもないのですが、7月の終わり頃から花が見られる...
の情報があり、ではそろそろ見られるかなと思って行ってみました。

【順路】西武池袋線の東吾野駅前の299号線を秩父方面へ少し行きT字路を右側
(山側)へ入る。
暫く進むと虎秀のT字路があり、そこを右へ林道を登って行くと
またT字路に当たります。
林道を(左は顔振峠)右はユガテ方面へ 数百mで
ユガテの北側へ到着します。そこから林道の引き込み線、又は細い山道を南へ
行けばすぐにユガテの入り口に着きます。

▽621 北側の林道から 7:49
☆DSCN1621

▽622 7:52
☆DSCN1622
▽623
☆DSCN1623

▽624
☆DSCN1624

今回は北側の入り口をスルーし、林道引き込み線の延長をそのまま南へ行き、
左へ折れて“Uの字”を書く様に進んで南の入り口から入ってみました。
(私の場合、いつもここはユガテからの出口になります。
ここから飛脚道へ入り雨乞い塚、橋本山を経由して福徳寺や阿那神社へ下り、東吾野駅へ)
▽626 南入り口からユガテに
☆DSCN1626

▽628
☆DSCN1628

▽629 「ユガテの森のひまわり畑」西川木楽会 8:01
☆DSCN1629
▽630 8:03
☆DSCN1630

ひとまず、テーブル・ベンチにて遠目にひまわりを見ながら朝飯休憩をとる。

暫し、休憩の後に“ひまわり”をたっぷりと観賞させてもらいました。
我々は「いいですね~ 一面が黄色の花の海」なんていいながら見ることが出
来ますが、ここ迄に育て上げるには諸々の手間とご苦労があって出来ることだと
思います。
関わった方々へ感謝です。

▽634
☆DSCN1634

▽635
☆DSCN1635
▽636
☆DSCN1636

▽638
☆DSCN1638

▽640
☆DSCN1640

▽642
☆DSCN1642

▽644
☆DSCN1644

▽645
☆DSCN1645

▽656 北側から帰路へ 8:42
☆DSCN1656

森の中の楽園ユガテ、私達ハイカーがここにきて、爽やかな風にあたり、
緑に囲まれながら見事な“ひまわり”を楽しむことが出来るのは、西川木楽会の
皆様のご好意と熱意と汗の結晶からの賜物であります。ありがとうございました。

(Kさんお蔭様で素晴らしい ひまわり畑を見させて頂きましたよ)



奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 02:13 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 6

久し振り の あさひ山展望公園11  

久し振り の あさひ山展望公園11

前回の「あさひ山展望公園」は雪の日でした
あさひ山展望公園 モノトーンの世界へ

半年振りの“あさひ山展望公園”です。今年1月の雪の日以降、ご無沙汰でした。
この公園はいつ来てもその周囲の草木と広角の展望が、四季折々の色と表情を楽し
ませてくれます。
久しぶりに展望台が近づくにつれて遠望の効き具合がどうなのかと、胸に楽しみを
抱きながら上ってゆきます。

▽730 梅雨明け 白雲装う富士山 
☆R1043730
あっ!!この時季に雪の富士...何か違和感がします。
よく見ると白雲が頂に上手く被さって雪の様に見えています。

▽713 あさひ山展望公園6:10 
☆R1043713

起床5:30、朝飯前の自分なりの早朝モード、早(速)歩きにて
“あさひ山展望公園”に向かいます。6:10に入り口階段の標高約180mに到着。
ここから一気に駆け足で上れば標高200mの展望台が待っています...
そうそう、駆け足で上る必要性はまったくありませんよ。

一段づつ高度の上がるに連れて富士のお顔と周囲の遠望の効き具合を味わいながら
ゆっくりと行けばいいのですわ。数分の差で、あっと云う間に天覧山より高い位置
へ上がることが出来ます。急いでも急がなくても上から見える風景はほぼ同じでしょう。
 因みにこの階段は距離70m、144段、標高差20mだそうです(入り口案内板より)

▽717 ねむの木、オオキンケイギク(もしかしたら違う花かも)6:13 
☆R1043717

▽439 6:18 電池切れにてカメラをR社~N社へ交代
☆DSCN1439

▽440 富士の頂が二重に見えるのは、上手く被さった雲のため。
☆DSCN1440

▽441 西 工業団地の背景に左から右へ川苔山、蕎麦粒山、有間の山塊…小持山、武甲山
☆DSCN1441
☆DSCN1442

▽443 ねむの木 富士山 大岳山 6:21
☆DSCN1443

▽445 川苔山 手前、棒ノ嶺 蕎麦粒山(△) 有間山塊 
☆DSCN1445

▽447 大岳山 御前山
☆DSCN1447

☆DSCN1449

▽451 右△武甲山 6:23
☆DSCN1451


この時季ですから眺望に大きな期待は出来ませんでしたが、以外にも南西から
北西方面のそれは予想以上のものでした。久し振りではありますが、見慣れた
奥多摩、奥武蔵、秩父の山塊を見ると「ほっと」するとともに、また彷徨って
みようと思う気持ちを呼び起こすのに充分な風景であります。

残念ながら対面の東方面、筑波、埼玉新都心、南方面のスカイツリーなどは
西方面に比べて距離的なものもあり、眺望は良くはありません...
ここは早朝の常連さん達がいらっしゃる様で、私が展望台へ着いた6時過ぎには
既に10人ほどの方々が上られていました。

思い思いの方角を向いて景色を堪能される方々、体を動かされる方々、ラジオを
お持ちの方と何名かは6時30分からのラジオ体操を始められました...
清涼の空気の中、暫し眺望に満足し、帰ってからの朝食が美味しく戴けることを
期待しながら30分程の“あさひ山展望公園”でした。

▽619 ねむの木 背景は阿須丘陵、加治丘陵
☆DSCN1619


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 18:23 [edit]

category: あさひ山展望公園

tb: 0   cm: 2

加治丘陵-桜山展望台をフラリと3(終回)  

加治丘陵-桜山展望台をフラリと3(終回)

◇2からの続き2は
加治丘陵-桜山展望台をフラリと2

▽663 
☆R1043663

▽186 展望台を降りて、帰路を南西に向かいます。11:51
☆DSCN0186

▽187 愛宕神社
☆DSCN0187

▽188 愛宕神社 11:56
☆DSCN0188

帰路は展望台から南西へ坂を下ります。途中に愛宕神社があり、説明板、鳥居の
脇を進みます。

▽190 11:57
☆DSCN0190

▽193 分岐 遠方には茶畑が見えます。12:00
☆DSCN0193

入間川方面(駿河台大学、あけぼの子供の森公園)から加治丘陵へ上って、近道を
通らずに桜山展望台へ来る場合には右手から来てこの分岐を経由し坂を上ることに
なります。
私がもう10年程前に初めて来た時には近道に気が付かず(当時、近道があったの
かどうかも分かりませんが)この分岐から坂を上りました。
その頃はほとんど歩いていなかったものですから、あけぼの子供の森公園から上って、
展望台まで随分の距離があった様な気がしてこの坂を上るのに大変疲れたのを覚え
ています。

▽194 分岐を右へ進みます。12:02
☆DSCN0194
▽195 進行方向左の広場 12:05
☆DSCN0195

▽196 山仕事の広場です。
☆DSCN0196

▽197 山仕事の広場
☆DSCN0197

ここには、トイレと遊具が幾つかあります。この先すぐに展望台への近道があり、
往路を展望台へ来た道は、今度は右手になります。
  
▽198 12:10
☆DSCN0198
▽200 12:17
☆DSCN0200

山仕事の広場を右にみて、仏子駅方面へ帰路を進むとすぐにT分岐
と左に谷が現れます。それを見ながら尾根状の道を左へ進みます。
▽201 痩せ尾根、左右は急斜面になっています。
☆DSCN0201

▽202 12:23
☆DSCN0202

▽203 
☆DSCN0203

▽204
☆DSCN0204

▽205 八高線鉄橋の下を川側へ 12:41
☆DSCN0205

▽652 12:41(途中でカメラの電池切れにて、予備カメラに切り替え) 
☆R1043652

▽653 加治中学校 東側の柵 
☆R1043653

▽655 鉄と木はどちらが強いか?
☆R1043655

ビックリ!? 木が鉄を食っています。金網の一部はすでに飲み込まれていますわ。
この先このままにしておいた場合はどういう結末になるのでしょうか?

▽665 12:46
☆R1043665

▽666 入間川沿いの道を行きます。ツーデーマーチの時に、この辺をきつい想いをしながら歩いた記憶が甦ってきます。
☆R1043666

▽670 前方に多峰主山、左は御嶽八幡神社 (多峰主山の右に微かに見えるのは双耳峰・横瀬の二子山でしょうか)12:58
☆R1043670

▽671 名栗川と成木川の合流 
☆R1043671
右の名栗川(入間川)と左の成木川の合流点、中央の遠方に多峰主山-御嶽八幡神社(尾根端) 

・・・今回は取り敢えずここまでにて区切りです・・・

【定まらない名栗川、幻の名栗川...】
以前から、名栗川が入間川に変わるのは何処からか?と云う疑問があります。
飽くまでも私の知る限りでは
①岩根橋から上流を名栗川、岩根橋から下流を入間川
 (意外と多くの方がそう思っているらしい)
②飯能川原迄を名栗川、それより下流を入間川
 (名栗川亭の看板を掲げたお店があるので、ここが入間川であると入間川亭に
名前を替える必要が...ないかあ でもしっくりいかない)
③名栗川と成木川の合流点までを名栗川、それより下流を入間川
 (私はこれに賛成ですが...)
名栗川は、①②③と云うように、説によって川の長さが異なっています。
実際のところはどうなんだろうと思っているのですが、明確に納得する案にまだ
出会っていません。決まっているのかいないのか、決まっているとすると何処なのか?
 
ここ迄書いて、変なことになってきましたが、

この辺のことは、飯能市としてはどう考えているのでしょうかと思っていると、
更にまた混迷に輪をかけた情報が入って着ました。
公的には名栗川は存在しない。公的には名栗川という名前の川はない。

 何処までが名栗川どころの話では無くなりました。
 私が幼少のころから慣れ親しんできた名栗川は実は幻の川であったようです。
えれえショックですわ。
それでは、名栗川亭はどうなの? 名栗川音頭はどうなるの?

ウォーキングとは少々離れたことになってきましたが、機会をみてその辺のことも
書いてみたいと思います。

▽111 始祖鳥の飛来-ある日の夕景
 
☆P6250111


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:55 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 2

加治丘陵-桜山展望台をフラリと2  

加治丘陵-桜山展望台をフラリと2

◇1からの続き
加治丘陵-桜山展望台をフラリと1

▽132 展望台南西側の紫陽花
☆DSCN0132

湿った空気で眺望はいまひとつですが、ここ迄歩いてきて展望台へ上らない訳にはにはいかないでしょう。

▽135 展望台に入る
☆DSCN0135

展望台へ入ってすぐ左の壁にあるプレートには次の様に記載されています。
所 在 地:入間市大字下谷ヶ貫925番地8
標   高:190m
建物の名称:入間市桜山展望台
竣   工:昭和62年3月25日
高   さ:20m
主 体構 造:鉄筋コンクリート3階建

▽137 螺旋階段の様に何回か廻りながら上がります。
☆DSCN0137

▽141 北西 
☆DSCN0141

▽143 西の遠方はまったく見えません。 
☆DSCN0143

▽144 南西には目印になる便利な山、大岳山が見えます。その右には御前山が...
☆DSCN0144

▽146 北西の方向も見通しは天覚山までがやっとです。
☆DSCN0146

▽147 手前の左から柏木山-龍崖山  
☆DSCN0147

▽148 美杉台・配水場
☆DSCN0148

▽149 あさひ山展望公園 美杉台中学校
☆DSCN0149

▽150 大河原工業団地 柏木山
☆DSCN0150大河原 柏木山

▽155 西武ドーム
☆DSCN0155

▽164 多峰主山
☆DSCN0164

▽168 飯能駅
☆DSCN0168

▽172 展望台の屋根を内側から...寄棟です。
☆DSCN0172

この寄棟をあさひ山展望公園(飯能)から見ると、目のよい方には見えるでしょうか。
あさひ山展望公園からの桜山展望 

http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

▽173 最上階の様子
☆DSCN0173


降りりてきました。

▽176 定礎
☆DSCN0176

▽178
☆DSCN0178
▽179
☆DSCN0179

今回の加治丘陵には桜山展望台から見て北西(入間川側)コースの一部を歩いただけですが、南東(入間台団地側)のコースもあり、両コースとも仏子駅へ繋がっています。

▽735a さいたま緑のトラスト協会のパンフレットを見ると
☆R1043735a
左右の中央-少し下に展望台(桜山展望台)が在り、そこから③と④のコースが二つに分岐して北東の仏子駅へ向かい、駅の手前で再び合流します。この③+④をひと回りすれば約10.5kmあります。しかしそれだけでは歩き足りないわよ!と云う方は回った道を逆打ちするか、あるいは南西の方向へ金子駅を目指して更に進み、茶畑の道を歩きながら鉄塔間を平行に渡る送電線を見るのも面白いものです!!...まあ何が面白いかは人それぞれで...(w

▽792A 茶畑を渡る送電線
☆RIMG9792A

【今回のウォーキングコース】飯能駅-飯能大橋-征矢町-新大橋-加治中前・八高線鉄橋-Cホームセンター-加治丘陵入口-阿須山-桜山展望台-神社-駿河台大学-帰路

◆加治丘陵-桜山展望台をフラリと3へ続きます。



奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:40 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 0

加治丘陵-桜山展望台をフラリとゆく1  

加治丘陵-桜山展望台をフラリとゆく1

▽134 久し振りの桜山展望台
☆DSCN0134

梅雨時、空模様を覗いながら桜山展望台(加治丘陵)まで軽めに歩いてみます。
この様なハッキリとしない天気のとき、さて如何しようかの場合に大抵は大河
原周辺や加治丘陵を彷徨うことになるのですが、ここのところ加治丘陵には
ご無沙汰でしたので、久し振りに行ってみることにしました。
本当のところは、5時頃にでも起きて日の出に手を合わせる予定(前夜の予定)
でしたが、起きたのが8時過ぎ...
遅れついでにコーヒーを点て、新聞を広げたりでズルズルと出発はおくれて...
軟弱露わですわ。

【コース】飯能駅-飯能大橋-征矢町-新大橋-加治中前・八高線鉄橋
-Cホームセンター-加治丘陵入口-阿須 山-桜山展望台-神社-駿河台大学-帰路

▽100 遠方左に加治丘陵、右に阿須丘陵
☆P6270100

▽108 遠方左に多峰主山、右に天覧山
☆P6280108
▽110 遠方左に御嶽八幡神が据わる尾根南端、右に多峰主山
☆P6280110

駅南口を出てサヴィアの交差点を越えるとすぐに飯能大橋である。
橋の中程に立ち上流を見渡せば両岸の繁りは豊かな緑に、幾分水量の増した川面
までがゆらゆらとその色に染まりながら緩やかに流れている。
更に上流の先を見上げると、薄靄の先は右に天覧山、真ん中に多峰主山、
更にその左には御嶽八幡神社が据わる尾根の南端を覗うことが出来る。
ウォーキングを始める前にも目に入っていたが、何の山かも分からずにいた
しかしそこを何度か歩いてくるとその方角や位置関係などが気になり、
目につく山の名前を稚拙な好奇心から確認したくなるものである。

▽080 浄化センター終末処理場 阿須丘陵
☆DSCN0080

▽084
☆DSCN0084

▽085 新大橋 
☆DSCN0085

橋の上から成木川を覗くと大きな鯉がゆったりと泳いでいる姿を見ることが出来る。
ここを歩く度に鯉を探すが、日によってはお目にかかれたり、かかれなかったりで
多い日には約10匹...この時には5匹であった。
▽675 成木川の鯉
☆R1043675

▽087
☆DSCN0087

▽092
☆DSCN0092
新大橋を渡り、加治橋を左に見て更に進むと飯能市林業センター、
飯能南高校、加治中学校が並ぶ、更に八高線の鉄橋をくぐり、阿須のグランドへ...

▽093 
☆DSCN0093
▽099
☆DSCN0099

▽102
☆DSCN0102

▽106
☆DSCN0106

▽107
☆DSCN0107

▽108
☆DSCN0108

万葉の歌碑、この辺のことはやはり“飯能歴史散歩・貴石さん”の分野だ。
当方は歩くのみ芸がない...それでも黙々と靴底を減らし、腹を空かせて
内需拡大のお手伝いをしている?

▽109 石碑の向こうに右から天覧山、多峰主山、御嶽八幡神社が並ぶ
☆DSCN0109

▽dscc110 さて、グランドから車道を横断して加治丘陵側のCホームセンタの
駐車場を通らせてもらい、いよいよ丘陵の取り付きへ。
☆DSCN0110

▽112
☆DSCN0112

◇入間川から加治丘陵に入る場合の入口はこの辺に3箇所ある。
①駿河台大学のT字路、大学を右に見て坂を進むと直ぐに左手に丘陵への入口がある。
②Cホームセンタの駐車場の先、右手に神社の鳥居があり、その先に急坂の入口ある。
③北欧童話風の公園の中を行くと丘陵側へ進むと急階段がある。この階段が丘陵への
入口であるが、ここはかなり急な階段で、特に帰りの下り時には充分に気を付けて
降りる必要がある。ご高齢の方には危険で、お薦め出来ない。よくぞここへ
階段を作ったものだと...此処か ら登られた方も帰りは①か②にて戻られる方がよい。
④その他にも丘陵へ入れる処はあるが、渡河や手足に摺りキズ、蜂との遭遇などを
覚悟の上であれば面白いコースがあるが...やはり、ご案内をするのは止めて
おきましょう。

▽113 通り慣れた小道を阿須山へ向かう。
☆DSCN0113

▽114
☆DSCN0114

▽117
☆DSCN0117
▽118 T分岐 
☆DSCN0118
左はあけぼの子どもの森公園-仏子駅に 右は桜山展望台へ 今回は右へ

▽123 阿須山188.66m 三角点
☆DSCN0123

▽125
☆DSCN0125
T分岐から右に折れて植林の道をゆくと、直ぐにY分岐に着く、そこを左へ登る
道を選べばすぐに刈られた場所に...ここが阿須山、三角点である。
ここは加治丘陵、山は阿須山...阿須丘陵には阿須山はなさそう。
加治山も私は聞いたことがない。
加治丘陵にあるから加治山でもよさそうだが、なぜか阿須山である。
この丘陵には他に仏子山というのもあるらしいが、まだそこには行ったことがない。

▽127 桜山展望台への近道(左へ) 前方は「山仕事の広場」
☆DSCN0127

▽130 桜山展望台 
☆DSCN0130 127から斜面を上がれば、すぐに桜山展望台へ到着する。
近くにはアジサイが植えられていて、色鮮やかに紫の花を咲かせている。
時節柄、遠望は期待できませんが久し振りに上ってみることに...

 続きます。
◆治丘陵-桜山展望台フラリとゆく2へ続きます。

▽P6250099 ある日の夕景  
☆P6250099
右から左へ順に天覧山、多峰主山、御嶽八幡神社、横手の三角点、天覚山


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 17:15 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 6

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード