FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

宮沢湖・第2用水路道を辿る-1(入間第2用水)2019-12-13  

宮沢湖・第2用水路を辿る-1(エコツー・入間第2用水)2019-12-13

338a 小瀬戸・頭首工・・・エコツー探索隊 90:20
☆IMGP9338A
◇頭首工とは文字を見ると部外者には理解し難い言葉である。
  ここの場合に堰(堤)によって「頭首」の高さまで水を押し上げ、
  取水口に導くための堰などを含めた総称を云うらしい。
  更に、「工」とは差し渡す(一方から他方へ架け渡す)こと。

宮沢湖は入間西部の農地に配水するための溜池である。
その水源は名栗川(入間川)で、飯能市小瀬戸から取水してい
る。
今回はその水路を辿ってみた。宮沢湖への水路はそのほとんど
が隧道である。当然ながら取水口や開かれているところしか見
ることは出来ない。それで隧道を辿るのは現実的ではなく、取
水口などの開口部と途中の開渠部を探索するしかない。

辿ろうとする水路(隧道)の概要は次のようになる。
O氏やWebからの情報を基に国土地理院さんの上に記してみた。
いつもながら、何か足りないと思ったら宮沢湖が無い、それと滝不動の先から
299号のバイパスの下までは水路(開渠)が続くので後日修正。
地図 宮沢湖への水路(隧道)
☆地図 小瀬戸ー多峯主山ー滝不動 入間第2用水路 国土地理院


342 飯能市小瀬戸 名栗川(入間川)
☆IMGP9342

◇ a 
☆img039a

経路
【取水口】・飯能市小瀬戸(名栗川左岸)=隧道=同市久須美・沈
【砂池(槽)】=隧道・永田台=【開渠部】=隧道武蔵台=サイホ
ンにて西武鉄道と国道299号を潜る=【開渠部】=隧道=宮沢湖西
岸に注ぐ

川縁の徘徊を好物としている者にとって、前々から関心があり
いつかは探索してみようと思っていたのだが、偶然にもエコツー
の会議の中で、O氏の説明をお聴きする機会を得た。
映像を交えた詳しい説明に、これは是非行ってみなければの想
いが大きく湧き上がり、出席者の中から自然に「行くべきだ、行
かねばなるまい」となったのだ。

339 取水口・名栗川(入間川)左岸
☆IMGP9339

いかにこの会は変人・・・いや、高尚な学術的探究心をお持ちの方
が多いのかと改めて見直した。

それで早速、NAさんが得意の計画を立て、この日に探索の運び
となった。

業界外の者で「入間第2用水」というものが分かる人はかなりの
変人か、用水路マニアだ。

分かり易く言えば「宮沢湖の水は何処からきて、何処に行くのだ!!」
なのだが、一般的にはそれすら関心が無いだろう。

さて当日の12月13日金曜日は、前途を暗示するような曇天で
あった。
先ず、取水口からだが当方はこの辺を何回か徘徊しているので
大体見当がつく。
この日も名栗川(入間川)は台風19号の影響をいまだに引きず
り水の色が薄く白濁している。

336 上流側に「赤い弁天橋」が見える。
☆IMGP9336

340
☆IMGP9340

341 取水口 ゲート(農業用水のシーズンオフのために閉じている)
☆IMGP9341

343
☆IMGP9343

344
☆IMGP9344

345
☆IMGP9345

337 取水部
☆IMGP9337A

現在開放状態・・・宮沢湖に水を送るには、開放されているA部を
遮断し、取水口Bに流入出来るだけの水位にする。

346
☆IMGP9346

学術調査?をしっかり行った後、
取水口の開閉管理を担当されている方の話を伺う機会があった。
この用水路は運用が始まって既に七十余年を経過、管理されている方も
二代目の方が引き継がれている。

現在も5月から9月の通水時期には大雨や台風などの影響を受けるので
24時間、開閉指示がいつ来ても対応出来るようにしているようである。

以前は天気予報も今ほどの精度は無く、それも今のように電動ではなく、
手動の力仕事で伝令があれば夜中の雨中でも開閉作業しなければならず、
心身的にとても大変だったとのこと。

宮沢湖側には水位の監視をされている方がいて、運用当初は今のように
通信手段が発達していたわけではなく、流量制御の発生時には自転車で
伝令に着ていたようである。

~ ~ ~ ~ ~

 名栗川 弁天橋をさまよう 小瀬戸~小岩井2017-09-30

さて、探索隊一行は取水口を後にして、ついでということで少し
上流側にある「吊橋・弁天橋」に立ち寄ることにした。

348 対岸の「無量寺」に向かう探索隊
☆IMGP9348

349 古い橋脚が残っている。
☆IMGP9349
吊橋が出来る前はそこに橋があったのだろう。しかし大雨を回避できるだけの
高さや、橋脚の耐久性が無かったのだろう。

350
☆IMGP9350

351 弁天橋の上流側から下流を見る。
☆IMGP9351

左が小瀬戸、右は小岩井・・・
 
352 
☆IMGP9352
私が河原に降りて「勝手な川の観察員」の任務をこなしている間に
学術探索隊?は小岩井側の「無量寺」に向かったようである。

353 
☆IMGP9353
354
☆IMGP9354

この日12月13日は「弁天橋」の後に久須美の「沈砂池」~永田台と武蔵台
間の山の中にある「開渠部」に向かう・・・

⇒ -2へ続  

      
◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 00:50 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

入間川の右岸、岩渕~落合_農の風景をさまよってみる   

岩渕~落合_農の風景をさまよってみる 2019-11-10

023 入間川の右岸、岩渕~落合_農の風景をさまよってみる 
☆IMGP9023

陽が差してほぼ無風、寒さの和らいだ晩秋の一時
入間川右岸の田園風景をさまよってみる

989 みどり橋(成木川)の袂
☆IMGP8989

所は「195号線(富岡入間線)と成木川-入間川の間」
飯能駅南口から飯能大橋(入間川)を渡り、ひかり橋を潜って

みどり橋(成木川)を渡って左折・・・岩渕~落合の農風景に
浸りのんびりと歩く。

(前ケ貫~清川橋(成木川)経由のルートもあるが、台風19号に
よって清川橋の橋脚が影響を受け、通行止めになっている)

990
☆IMGP8990

991 
☆IMGP8991

992
☆IMGP8992

995 みどり橋(成木川)
☆IMGP8995

996 みどり橋を渡って 
☆IMGP8996

195号線(富岡入間線)の北側に

998
☆IMGP8998

000 
☆IMGP9000

001 白髭神社の近くの道を
☆IMGP9001

北に向かってみる・・・

002 この道は初めて通る道で、何処に抜けるのか・・・
☆IMGP9002

003 
☆IMGP9003

004 
☆IMGP9004

005
☆IMGP9005

007 落合の田園
☆IMGP9007

012
☆IMGP9012

013
☆IMGP9013

015 稲刈りが済んだ後に孫生え(再生稲)が出ている・・・
☆IMGP9015

Webによれば、昔、南の暖かい地方では再度結実し、収穫し
ていたとある。

この地でも飼料くらいにはなりそうだが、実際に使われて
いるかは分からない。

017
☆IMGP9017

019
☆IMGP9019

020
☆IMGP9020

022 ここは狭山茶の産地に入っている。
☆IMGP9022

025 落合まで着たついでに加治橋に上ってみる
☆IMGP9025

027 奥多摩、奥武蔵の山々 
☆IMGP9027

029 出合い 成木川・入間川
☆IMGP9029

031 川縁の道を新大橋に向かう
☆IMGP9031

新大橋を渡り成木川の左岸から入間川の右岸に廻る。

034 なんでしょう
☆IMGP9034

037 蕎麦の花に似ているが・・・
☆IMGP9037

038
☆IMGP9038

040 台風19号の置き土産
☆IMGP9040

12月14日現在、原市場地区の名栗川(入間川)はまだ白色の
濁りが混ざっている。

山地の崩落などによって石灰層が露出したのだろうか。

041 浄化センターを左手に見て、矢川橋に向かう。
☆IMGP9041

042
☆IMGP9042

044
☆IMGP9044

046 入間川右岸
☆IMGP9046

048
☆IMGP9048

049
☆IMGP9049

前方に矢川橋が見えてきたところで、本日の徘徊は終了。

やわらかな陽が射す小春日和の日
長閑な田園の風景の中にどっぷりと浸りながら歩いてみた。
刈り取られた田には孫生えが生長し、稲は天日乾しされている。

日が短くなり朝夕の寒さが増してきた。田畑は越冬の支度が始
まり次の春を待つことになる。

気が付くと季節の巡るのが速く、あっと言う間の一年であった。
田畑は次の春には芽を出し、花を咲かせ作物が生る。

しかしどういうワケか、我が頭頂に春が来そうになく
芽も出そうにない・・・

~  ・・・   ~  ・・・  ~  ・・・  ~ 


⇒ ◇飯能エコツア―2020冬号のお知らせです!!

☆森で学ぶ    ☆動植物との触れ合い     ☆歴史さんぽ   
     ☆ひな巡り        ☆木工体験・・・

☆2020-01-26 飯能歴史散歩と食べ歩き 

季節に相応しい様々なコースを用意し 
          すぐそばの ふるさと でお待ちしています!!


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 18:52 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 8

エコツアー 柏木山~吾妻峡 2019-11-30  

エコツアー 柏木山~吾妻峡 2019-11-30

晩秋の大きな青空の下、飯能エコツーリズム エコツアーの新米ガイドが
来飯の方々と一緒に「柏木山~吾妻峡」を歩きました。

172 シダの道を行きます。
☆IMGP9172

総勢21名(参加者15、ガイド4(+カフェ担当1)お目付け役1)
今回のコース
 茜台自然広場~柏木山へ歩き始め~ダラダラ坂を登って柏木山山頂
 ~山頂で早めの昼食と展望を楽しみ~下山~カモシカ新道~
~パワースポット(巨樹、藤、マメヅタの群生)~シダの道~
~その後、登り始めの茜台自然広場に戻り~八耳堂~
~吾妻峡にてカフェを楽しんだ後~参加者を永田バス停にて見送り・・・

134 茜台自然広場・・・この時、山人はカフェの荷運びで吾妻峡に9:53
☆IMGP9134

135 それと忘れ物を取りに行くなどしたために
☆IMGP9135

137 先行隊を追わなければなりません・・・
☆IMGP9137

この週の天気があまり良くなかったもので、心配していたのですが30日
当日はこの秋一番の青空が広がり、先ずは一安心、幸先の良いスタート
を切れました。

139 チラッと先行隊が見えてきました 10:01 
☆IMGP9139

140
☆IMGP9140

141
☆IMGP9141

143 隊に追いついたようです。
☆IMGP9143

2年ほど前に会の方から柏木山~龍崖山行きの希望があり、道案内役を
引き受けました。
その柏木山を気にいってもらえたようで、ベテランの方がそのルートを使っ
てエコツアーに仕立てくださり、今回の「柏木山~吾妻峡」歩きになったわ
けです。
当方のような何時まで経っても初心者には、エコツアーの実施はなか
なか大変なことですが、そこはベテランの方、流石に慣れたもので計画
からエコツーリズム課への届け、募集、受付、保険、緊急対応、担当
配置・・・昼食、カフェ、・・・諸々を上手くまとめ上げて下さいました。

それで山人は何を担当したのかと言うと・・・当然ながら難しいことは無理
ですから、地図作り、山頂の説明、防災調整池の説明、入山前の準備体
操など・・・当然ながら一番簡単そうなところを承りました。

145 途中、開けた所で一休みです。
☆IMGP9145

富士山がちょこんと顔を出し、右側には像の背のような大岳山が見えます。10:20 

146
☆IMGP9146

山を歩きながら動物、植物の説明や、参加者からの質問があればアドリブ
で対応します・・・いや、私には杉と檜の話くらいしか出来ませんのでベテラン
の詳しい方が対応なのですが・・・

148 もう少しで山頂です。10:39
☆IMGP9148

149 10:53
☆IMGP9149

150 柏木山303m 山頂も快晴です。
☆IMGP9150

季節的に空気も乾いてスカイツリーも見えています。

ところで、当方の頭頂と中身が薄いのに起因して、ここで行き違いが・・・
まあ何とかなりましたが。当方の担当項目に山頂の説明がありましたので、
筋書きを考えてきたのですが、残念ながら不採となりました。
それで山頂からの展望・・・山頂から見える山々などの説明をすることに
・・・まあこの辺のことはどうにでもなりますので慌てずに済みましたが

151 手前は大河原工業団地、遠方右に微かに西武ドーム
☆IMGP9151

柏木山の山頂は東~南~西と180度以上に開けています。

◇筑波山は山頂東側の落葉が進めば見えるのですが、残念ながら今日
は見えませんでした。
◇ ここから冬に確認した筑波山です。
☆筑波山(柏木山から)IMGP3385a

この日、実際確認が出来たところは埼玉新都心 ~ スカイツリー ~ 池袋・新宿
の高層ビル群 ~ 西武ドーム ~丹沢山塊(大山・・・大室山)~富士山~奥
多摩(大岳山・・・御前山・・・川苔山)~ 日向沢ノ峰~棒ノ嶺~蕎麦粒山など
私にとっては久し振りの青空、素晴らしい展望でした。

153 大山1252m・・・丹沢山系の東端(相模湾側)
☆IMGP9153

大山は飯能のほぼ真南に位置します。

154 大室山1588m・・・丹沢山系
☆IMGP9154

155
☆IMGP9155

156 中央に棒ノ嶺(ボウノミネ)969m
☆IMGP9156

157 川苔山1363m 棒ノ嶺969 蕎麦粒山1473m
☆IMGP9157

159
☆IMGP9159

162
☆IMGP9162

ここで早めの昼食です。
飯能エコツアーでは、飲食物を提供する場合は地元のモノを使うルール
になっています。
因みにこの日のお弁当は市内の「伊勢屋」さんのモノを使わせて頂きました。

163
☆IMGP9163

164
☆IMGP9164

166
☆IMGP9166

167 11:20
☆IMGP9167

457
☆IMGP8547

*** 早めの昼食と展望を楽しんだ後は下山です ***

168 カモシカ新道を下山します。
☆IMGP9168
大きなコナラの木が台風時に倒されたようです。

169
☆IMGP9169

170 パワースポット 
☆IMGP9170

525 マメヅタの群生と藤、欅などの巨樹が繁る道を下ります。
☆IMGP8525

519
☆IMGP8519

520
☆IMGP8520

171 シダの道へ
☆IMGP9171

174 ウラジロシダのレクチャー 12:06
☆IMGP9174

177 シダの道を抜けて、紅葉の道を茜台自然広場に向かいます。
☆IMGP9177

178 時折、動植物に詳しい先輩のレクチャーが入ります。
☆IMGP9178

179
☆IMGP9179

180 茜台自然広場着
☆IMGP9180

柏木山・・・20名が無事下山しました。
全員が、滑った、転んだも無く、取り敢えず一安心です。

~ ~ ~
       ~ ~ ~

吾妻峡に向かう途中
殿屋敷川から見える「飯能大河原防災調整池」の説明

◇ 殿屋敷川、これは何でしょう? 山の中に地下鉄の工事を始めたわけでもなく・・・
20121122003304915[1]


☆R1040208

担当は山人ですが、難しいことは分かりません。
簡単に言うと100年に一度の洪水にも対応できる 「地下オープン貯留併用方式」
なのです。

182 八耳堂~吾妻峡へ
☆IMGP9182

184 吾妻峡
☆IMGP9184

185 カフェ担当が温めて待っていてくれました。
☆IMGP9185

日影で数時間・・・準備して頂いてNさんありがとうございました。

190 先ずは野菜たっぷりのスープ・・・良い味が出ていました。
☆IMGP9190

191
☆IMGP9191

192
☆IMGP9192

吾妻峡でカフェタイムの後、暫くのんびりとしてから・・・参加頂いた皆様をバス停
(永田)まで送り、午後2時台のバスに乗るのを見届けて無事に一区切りです。

遠方から参加いただきました皆様ありがとうございました。
先輩ガイドの皆様、大変お世話になりました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:14 [edit]

category: 飯能エコツーリズム

阿須運動公園 台風19号、受取難き置き土産 2019-10-22  

阿須運動公園 台風19号、受取難き置き土産 2019-10-22

614 阿須の流れ橋(10月22日)
☆IMGP8614

12月、朝晩がだいぶ寒くなってきて
一昨日は近くの空き地一面が霜で覆われていました。

今更10月のこととは思うのですが、台風19号の跡を追って台風が通
過した10日後の10月22日、小雨がパラつく中、阿須運動公園をさまよ
ってみた記録です。

前回は⇒入間川 台風19号のその後 –2 加治橋から元加治駅に 019-11-06

601 阿須グラウンド、テニス場
☆IMGP8601

テニス場を囲む金網に大小の流木が引っかかり、周囲には砂が運ばれ
てきています。
ここまで濁流がきたのかという驚きとこれは修復にだいぶ期間がかかり
そう…修復工事の費用も大丈夫かなどと自分が出せるワケでもないのに
要らぬ心配をしてしまいます。

603 10日経った今、駐車場の流木はだいぶ寄せ集められていますが、
☆IMGP8603

砂が溜まっている所もあり、路面はグジャグジャしています。

604
☆IMGP8604

605 流木もこの大きさになると、簡単には動かせないですね。
☆IMGP8605

607 
☆IMGP8607

609 流れ橋・・・濁った水がたっぷりと流れています。10月22日
☆IMGP8609

610 19号は周回コースの芝の上にも躊躇なく土産を置いていきました。
☆IMGP8610

611
☆IMGP8611

612
☆IMGP8612

613 流れ橋の様子を見てみましょう。
☆IMGP8613

615 桁が外れて鯉幟のように流れに身を任せています。
☆IMGP8615

流れ橋の桁はワイヤーで橋脚や橋台に繋がれているので、本来は橋脚
から外れてもこのように川で泳ぐようになるのですが、何本かワイヤーが
外れて下流の方に流れて行ったようです。数年前の豪雨の時にも下流の
堰に引っかかっていましたね。

617 対岸(左岸)のネットにもだいぶ流木とゴミがかかっています。
☆IMGP8617

620
☆IMGP8620

621
☆IMGP8621

623
☆IMGP8623

625
☆IMGP8625

626 この橋、よく踏ん張ってくれました。
☆IMGP8626

627
☆IMGP8627

~ ~ ~
        ~ ~ ~
さて
ゴミと流木ばかり見ていてもしょうがないので
 * ム~ミン谷の方がどうなっているか 立ち寄ってみました *

630 キノコの家
☆IMGP8630

631 水浴び小屋・・・水の濁りは止むを得ないですね。
☆IMGP8631

632
☆IMGP8632

633
☆IMGP8633

634 ムーミン谷をサラッと見た感じでは19号の被害は無かったようです。
☆IMGP8634


◇阿須運動公園(阿須グラウンド)
この運動公園には市民体育館、ホッケー場、野球場1面(飯能市民球場)、
サッカー場、ソフトボール場x2、テニスコートx8、古代広場、ちびっこ広場、
その他にカワセミの池、メタセコイヤの森、そして隣接のムーミン公園のト
ーベヤンソンあけぼの子どもの森公園(通称ム~ミン谷)、大駐車場

629
☆IMGP8629

加治丘陵側にある市民体育館、ム~ミン谷、ホッケー場などは
19号の影響を然程受けなかったようです。

*** 台風19号関係 おわり
 ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 20:07 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード