fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

成木川・飯能‐下畑 (短) 2022-01-29  

成木川・飯能‐下畑 (短) 2022-01-29

716 成木川(飯能市・下畑)、 対岸は青梅市・富岡
☆IMGP3716
何日か良い天気が続いています。
この日も寒さはそれ程ではなく、絶好の徘徊日和だと思い軽く歩いてきました。

◇ 地図・成木川-下畑
☆成木川 下畑
怪しい者がうろついた所は地図の都県境附近です。
飯能駅の南側、青梅市との境を流れる成木川付近

696 成木川・左岸、両郡橋の上流側 
☆IMGP3696

じつは一昨日、道なき道を彷徨っていた時に木の根に左足爪先をとられ、前のめりにバッタリと地面に激突してしまいました。(その時に彷徨ったことは後日…)
幸い、右膝と右肘でとっさに受けたのが土のところで大事には至らず、軽い打撲ですみました。
山では進行方向をシッカリ見て歩きましょうと…再度自分に言い聞かせたわけです。

697
☆IMGP3697
それで、数日は自粛で楽なところをと成木川沿いの下畑辺りをフラフラとしたわけです。

698
☆IMGP3698

701 成木川左岸、日が当たり明るく長閑な風景を遡ります。
☆IMGP3701
梅の木かな…

702 これは栗の木?
☆IMGP3702

705 暖かいのか、梅の蕾に小さな膨らみが見えます。
☆IMGP3705

744 別なところでは開花していました。
☆IMGP3744

706 扇状に見える枝は落葉したケヤキ、その向こうは成木川で
☆IMGP3706
更にその背景には加治丘陵の西側部分(青梅市)…七国峠への尾根道があります。

707 
☆IMGP3707

709 
☆IMGP3709

710 高麗郡下畠村と記されています。
☆IMGP3710
現在は飯能市下畑で、市内の分類では南高麗地区となります。
石碑では「(下)畠」ですが今この地区は「(下)畑」の表記ですね。
余談ですが、Webによると畑は火に田で焼き畑、畠は白い田で乾燥した田、すなわち「ハタケ」となるそうです。現在ではどちらも同じ様な使い方らしいですが、ではナゼここが畠から畑に変わったか当方には分かりません。
ここ南高麗地区には焼き畑をやっていたという「黒指・クロザス」という地名があります。サス=指…奥武蔵や秩父地方ではサスとは焼き畑を意味し、市他の地区にも〇指と云う地名が残っています。

711 710の道側に「庚申塔?」と彫られているのでしょうか?
☆IMGP3711
永年風雨に晒され、不鮮明で読みにくいですね。
(それでは鮮明であれば読めるかというと…いやぁどちらでも難しい~~)

713 川苔山
☆IMGP3713
歩を進めると前方左に川苔山が見えています。
川苔山-踊り平-日向沢ノ峰-蕎麦粒山

川苔山⇒
 奥多摩・川苔山をゆく(1)

714 畑の脇道を下ると
☆IMGP3714

715 成木川、対岸は青梅市・富岡
☆IMGP3715

対岸の富岡は⇒
 都県境をゆく1 都県境の稲作地帯

719 川縁を下流側に沿って進むと
☆IMGP3719

720 篠(シノ)
☆IMGP3720
篠を刈り取り何かの作業のためでしょうか、広い道があります。

721 サイカチの莢果
☆IMGP3721
莢が石鹸の代わりになるらしいですね。

722 サイカチの木
☆IMGP3722

724 鋭い棘があります。
☆IMGP3724
根元から幹の辺りに鋭い棘を生やしているのは動物が登って実を採るのを防ぐためでしょうか?
子供の頃にサイカチとはカブトムシを言ったような記憶があります。サイカチの木に集まったのでカブトムシをそう言ったのか?今となってはハッキリと憶えて無いでが、サイカチの木の実を食べる「サイカチマメゾウムシ」と云う昆虫はいるらしいです。

726 
☆IMGP3726

727
☆IMGP3727

728
☆IMGP3728

730
☆IMGP3730

733 明るい陽が当たっていると
☆IMGP3733
春はすぐそこにっていう感じですが、まだまだ寒さはこれからの2月を迎えます。

734 暫くは軽め、この辺で引き返します。
☆IMGP3734

735 両郡橋まで戻りました。
☆IMGP3735

736 成木川の下流側
☆IMGP3736
右手が東京都、左手が埼玉県 なぜか右手護岸がスッキリと綺麗に見えるのは都県の財力の差でしょうかね? 

737 向こうは東京都 青梅市 富岡
☆IMGP3737

738 両郡橋
☆IMGP3738

ここで本日の徘徊は終了です。

~ ~ ~

741 
☆IMGP3741
シジュウカラは落花生を目当てに日に何回も来てくれます。
スズメも時折見るのですが、この時季にスズメは何を食べているのか分からず、取り敢えず画像のような皿を吊るしてみました。皿の中には大豆を炒って潰したモノとクマちゃんを置いて…果たしてスズメはクマちゃんと大豆のどちらを好むでしょう…クマちゃんは食べられませんが。

750 シジュウカラは今日も元気に鳴いています。

☆IMGP3750

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 23:28 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

tb: 0   cm: 8

飯能の街、背景に日光の雪山が 2022-01-19  

飯能の街、背景に日光の雪山が 2022-01-19

406 日光の山々(赤白鉄塔-男体山-女峰山)
☆IMGP3406

空気が乾燥し遠望の効く季節になりました。
この時季になると飯能の北方に日光の雪山が見える時があります。

数年前の雪が降った日にここに登り、偶然にも日光の男体山が目に入って
感動し、その後も冬になる見えそうな日の見当を付けて登っています。
(冬であれば何時でも見えるとは限りません)

◇ 地図
☆落合 岩渕~
ここは入間川と都県道195号線(富岡入間線)の南、県道218号線の西の尾根で、すぐ東側に八高線が南北に通っています。

~~~
397
☆IMGP3397

さて、飯能駅からは南東の加治橋付近を目指しますが、少し上流側の成木川に架かる新大橋を経由し、田畑の中を通って南側の尾根に向かいます。
396
☆IMGP3396

395
☆IMGP3395

394 これから尾根に上がり、遠方の送電鉄塔付近を歩きます。
☆IMGP3394

399 都県道218号線を横切り、南の山側に入ります。
☆IMGP3399

400 尾根の登り口にある「西川古柳 誕生の地 石碑」を左手に見て進みます。
☆IMGP3400
江戸時代からの伝統芸、「八王子車人形西川古柳」の創始者がこの地の出身者です。(飯能検定の試験問題にありましたので、覚えていました)
現在に受け継がれていますので、ご興味ある方は検索してください。

402 コナラとカシの木
☆IMGP3402

403
☆IMGP3403

404 この尾根道は自転車の方も通っているようです。
☆IMGP3404
ここを進めば七国峠方面に繋がっています。

405
☆IMGP3405
チョットした急坂を登り、桧の並んだ尾根を登ればすぐに北側の展望が開けてきます。

407 飯能の街、南側と
☆IMGP3407
NTT電波塔(赤白)の東遠方に日光の雪山が見えています。
左(西)の横長白い建物は加治小、中央寄りの背の高い建物は飯能信用金庫、その奥に丸広百貨店、中央(東)右にNTTと更に東の奥に飯能日高消防署、その背後に男体山が控えています。

408 白根山
☆IMGP3408
皇海山-錫ヶ岳-白根山…いや違うよ~ 正しいのは〇〇ダヨってご存じの方はこっそりとお教えくださいね。

409 白根山と男体山の間
☆IMGP3409
雪山が見えてます。残念ながら山知浪途の私には特定できません(笑)

◇ 地図・白根山~男体山・女峰山
☆白根山 男体山 女峰山

411 四等三角点、標高139.3mの位置です。
☆IMGP3411
コンクリのマスの中に金属製(手のひらサイズ、ナベ底状)四等三角点があります。

412 奥武蔵方向
☆IMGP3412

413 天覚山
☆IMGP3413

414 東・筑波山まで84Km
☆IMGP3414
筑波山までの距離は山人の計測によると約84km(誤差がありそう)

417 県道218号線が南北に通っています。
☆IMGP3417
入間川、加治橋…左(北西)に飯能駅・pepe…日和田山-高指山

422 八高線入間川橋梁・加治中
☆IMGP3422

424a 大持山-柏木山-武甲山-あさひ山展望公園-天覚山
☆IMGP3424a

427 八高線の遠方に筑波山
☆IMGP3427
暫く待つと八王子行が入間川橋梁を通過しました。入間川橋梁の右側は「阿岩橋(あいわはし)」です。

428 尾根を進み、少し標高をあげて見ます。
☆IMGP3428

433 男体山まで103.6km
☆IMGP3433
ここから男体山迄の距離は山人がテキトーに測ると103.6km(相当誤差がありそう)

435a 関八州見晴台-多峯主山-越上山-天覧山
☆IMGP3435a
飯能大橋-矢久橋-矢川橋 / 入間川

~~~

何時まで眺めていても飽きないのですが、そろそろ帰路へ
七国ハイキングコース途中の分岐から県道195号線側に下り、成木川・みどり橋の手前に下山します。

◇ 阿須丘陵七国コース
☆阿須丘陵七国コース 

438
☆IMGP3438

440 上394の送電鉄塔に到着
☆IMGP3440

441 この歳になり鉄塔に登る
☆IMGP3441
意欲は失せたので素通りとします。

442
☆IMGP3442

445
☆IMGP3445

447 暫く桧の並木と緩いアップダウンが続いた後
☆IMGP3447

452 十字路に出ます。
☆IMGP3452

453 ここを落合薬師堂方向へ下ります。
☆IMGP3453

458
☆IMGP3458

460 大きな藤ですね。樹齢はどれ位なのでしょうね。
☆IMGP3460

461
☆IMGP3461

464
☆IMGP3464

さて、都県道195号線に下山して本日の徘徊は終了です。

今回は七国ハイキングコースの北東端から尾根に入り、三角点-送電鉄塔の道を南西に歩きました。
展望が広がる所は僅かですが低い標高のところから日光の雪山が見えるのは嬉しいものです。
以前は人工林の山で、杉桧に囲まれて展望は無かったのですが、それが数年前に伐採されて視界が開けるようになりました。しかし杉桧を伐採の後は徐々に雑木が伸びています。何年か後にはここから日光の雪山を見ることが出来なくなるでしょう。


~ ~ ~
309 いつものシジュウカラ(四十雀)、寒さに負けずに元気です。
イチョウの木に皿を吊るし、水を入れて置いたら早速来てくれました。

☆IMGP3309

~ ~ ~

「飯能市エコツーリズム エコツアー」のご案内
202-02-26里山ハイキング~冬の天覧山・多峯主山を楽しもう
冬の森に、自然の営みを見に出かけましょう。天覧山・多峯主山周辺には、昔から変わらない自然が多く残っています。冬の森は明るく野鳥の観察に最適です。動物たちが森の中に印したサインを皆で見つけましょう。樹木も冬芽で寒さに耐えています。お昼には、日向ぼっこしながら飯能のお弁当を楽しみましょう。
◆TEL:080-8124-1844 FAX:042-974-2808 ◆メールアドレス moidon8979@gmail.com
◆利用料金 1人3,000円 ◆営業時間 2月26日(土)9:30~15:00 (雨天中止)
◆主催者 森の団栗団(市民ガイドの会) ◆定員 10名
◆会場 集合場所:飯能市立博物館ロビー(国際興業バス「OH!!!・天覧山下」下車徒歩3分)
☆地元の動植物に詳しいベテランガイドが冬の天覧山・多峯主山を楽しく安全にご案内いたします。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:10 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 8

柏木山(茜谷コース~柏木山~ジャンダルム) 2022-01-04  

柏木山(茜谷コース~柏木山~ジャンダルム) 2022-01-04

115 柏木山頂、直前…同行者撮影
☆DSC_0115

奥武蔵は昨年の暮れから今年の始めにかけて、良い天気が続いています。一時は雪の予報もありましたが、積雪と言う程のこともなくこのままいくと水量が心配になってきます。

この日、1月4日も良い天気で、コロナで鈍(なま)った足の馴らし歩きで柏木山です。

150 茜台自然広場から登り始めます。
☆IMGP3150

078 茜谷コースを進みます。
☆IMGP3078

同行者は初心者と超初心者、計3人でちょいと心配ですが…まあ道案内役の私も道外しが得意な初心者ですから偉そうに心配しても仕方ありません。

080 茜谷道
☆IMGP3080

茜自然広場から柏木山や赤根ヶ峠に行く場合、道は三通りあります。この日は谷のルートを登り、帰りには右手の通称「ジャンダルム尾根」を下る道を選びました。

124 ジャンダルム尾根はこんな感じ
☆IMGP3124

三通りのうちの残りは、通称「百年ナラ尾根」というルートが谷の左手にあります。

◇ 百年ナラ尾根はこんな感じ
百年ナラ尾根

081 茜谷道
☆IMGP3081

082 茜谷道
☆IMGP3082

083 茜谷道
☆IMGP3083

柏木山は既に十数回登っています。10年ほど前に初めて登った時は道が分からずで苅生から北に向かって山に入り、地震計が有った脇の斜面に偶然ソリの跡を見つけてそれを頼りに道なき斜面を登って頂に到着しました。
◇10年前は登る人も無く、地図にも載ってない柏木山(龍崖山も)、山名を知る人は市内にもいませんでした。


⇒ 柏木山  2021-01-31

⇒ エコツアー 柏木山~吾妻峡 2019-11-30

⇒  奥武蔵・赤根ヶ峠~柏木山をゆく-2(終回)2013-11-26

084 赤根ヶ峠との分岐を柏木山方面へ
☆IMGP3084

コナラの森

086 通称「富士見の丘」
☆IMGP3086

087 この日は残念ながら富士山は見えません。
☆IMGP3087

088
☆IMGP3088

089 コナラ、ヒノキ、ツゲ
☆IMGP3089

090 木立の間から柏木山の頂が見えて、登山者がいるのがわかります。
☆IMGP3090

092 頂上まであとわずか…
☆IMGP3092

094 大山(丹沢山系の東端)
☆IMGP3094

095 
☆IMGP3095

096 スカイツリーと都心ビル群
☆IMGP3096

097
☆IMGP3097

101 山頂に到着 標高303m
☆IMGP3101

102 筑波山
☆IMGP3102

103 圏央道
☆IMGP3103

104 カモシカ新道
☆IMGP3104

105 大山(丹沢山系東端)と大室山(丹沢山系西端)
☆IMGP3105

106 どなた様か分かり易いモノを作ってくれましたね。
☆IMGP3106

107 西方、これも分かり易いですね。
☆IMGP3107

108
☆IMGP3108

110 カワイイ楽士がカモシカ新道側に…
☆IMGP3110

111 楽しものが置いて有るが…

☆IMGP3111

~~~
◆このブログには似合わないこと◆
この山に何回か登られた方はお分かりかと思いますが、
以前、上に有るような木製の人形やカモシカを模したもの、指導標(案内板)などが柏木山周辺に沢山ありました。何れもこの山を愛され、多くの人に登られるようにと民間の方が善意で設置されたと思われるものです。
ところが最近その多くが撤去されたようです。
昨年、ここを訪れた方(市議会議員)が市議会で担当部門へ柏木山に設置されているモノについて状況を問い、結果としてその場にそぐわないと思われるモノが撤去処分になったのです。
 
この様なものは立場や好みによって「あったらいいね」から「余計なこと」にと、人それぞれの思いはあるでしょう。しかしながら数年も前からのことであり唐突感は否めません。多くのハイカーから情報や意見を収集しての処置であり、けして少数の好みや机上の判断ではないことを望みたいものです。
~~~

112
☆IMGP3112

113 苅生村誌ニハ、高ドッケ山トアリ
☆IMGP3113

石標は「南高麗づくり委員会」の方々が建立したものです。
平成23年3月吉日 2011年

さて山頂を後にし、帰路はジャンダルムを通ることになります。

116 谷コース、百年ナラ尾根、ジャンダルムの分岐から
☆IMGP3116

ジャンダルムを進みます。右手の下は往路の谷コース。

117
☆IMGP3117

122
☆IMGP3122

123 ジャンダルム尾根を進むとコナラの間から
☆IMGP3123

時折左手(西方向)に展望が開け、奥武蔵の山並が見えてきます。

125 天気さえ良ければなかなか良いルートです。
☆IMGP3125

126 右手には龍崖山
☆IMGP3126

127 多少のアップダウンを経て徐々に下ります。
☆IMGP3127

128 
☆IMGP3128

129
☆IMGP3129

川苔山、蕎麦粒山、有間、奥武蔵アルプス、武甲山

130
☆IMGP3130

131 天覚山(飯能アルプス)
☆IMGP3131

132 ここから少し長めの下りが始まります。
☆IMGP3132

135
☆IMGP3135

136 踊り場状の切り替えし部
☆IMGP3136

ここから最後の下りに入ります。

137 多峯主山-御嶽八幡神社---天覧山
☆IMGP3137

138 左・多峯主山、右・御嶽八幡神社
☆IMGP3138

141 加治丘陵の向こうにスカイツリーが見えます。
☆IMGP3141

144 九十九折の下り
☆IMGP3144

147 茜台自然広場…着
☆IMGP3147

この日の柏木山、頂きは好天で東から南、西と遠望が効きました。筑波山、スカイツリー、丹沢山塊、奥武蔵の山々と珍しく広範囲によく見えました。残念ながら富士山だけは雲に隠れていましたが、ジャンダルムからの奥武蔵アルプス、飯能アルプスなどよい感じの風景でした。

上の方に茜台自然広場から柏木山へのルートは三通りと記しましたが、自分的な好みから行くと ジャンダルム尾根>百年ナラ尾根>谷ルート となります。今回のジャンダルム尾根は北、西、東の展望が開けるところがあり、変化が有ってお薦めのルートです。
◇ 柏木山 ☆柏木山 登山コース
~~~
772 ジャンダルムと谷ルートの間あたり、カモシカとの遭遇
☆IMGP1772

ジャンダルムの帰り道と谷ルートの間でカモシカに遭遇しました。他の所を含めてこれで数回遭遇したことになります。いつものことですが、こちらがカモシカを見ていると思っていましたが、カモシカが人を観察しているようです。暫くはこちらをジートみてから静かに森に消えていきました…熊でなくてヨカッタ!


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:37 [edit]

category: 奥武蔵 1

飯能、東部(下加治-平松-小久保)を彷徨ってみる 2022-01-05  

飯能、東部(下加治-平松-小久保)を彷徨ってみる 2022-01-05

171
☆IMGP3171

昨年(2021年)までは新型コロナウイルスがだいぶ収まりかけて、変異種のオミクロン株なぞ海外のことと思っていました。それが年明けを前後にし、入って来た思ったら、その速度は嘗てない速さで広まっているじゃあアリマセンカ。

152 冬野菜のネギ、元気いいでね。
☆IMGP3152

外で酒は飲まない、外で食事はしない、人の多い街には出かけない・・・いや、自粛以前に懐具合が寂しいので、そう言うことが出来ないだけですが、これ以上何をどうすればよいのでしょう。

165
☆IMGP3165

さて、
この日は運動不足解消と外の空気を吸いに足の向くまま、ふらりと歩き始めて、気が付けば南小畔川の方に来ていました。

157 杉、桧の苗
☆IMGP3157

ヒノキとスギの幼木です。飯能の東部では昔から植林用の苗木を育て山主に供給していたようです。
これが*西川の山に植えられ、下草苅や枝打ち、間伐などの手入れを受けながら数十年後には建材の柱や板になるのです。
(*西川とは埼玉県南西部を流域とする川の総称、南から名栗川、高麗川、越辺川を指しています。材木の消費地域・東京から見て西に位置する川です)

154
☆IMGP3154

私の生まれた家では曾祖父の時代頃まで、山に杉、桧を植え、伐採し、筏で西川材を*名栗川から入間川-荒川と下り千住に運んでいたようです。幼い頃に今は亡き祖母からその話を聴いて、えりゃあ遠いと思われる所の川や街に想いを巡らしていました。
(*名栗川が入間川と同じ呼称になったのは昭和の中頃です。この水系の古い橋には今も名栗川と記されていますが、新しい橋では入間川に統一されています)
…話がだいぶ横道にズレてしまいましたので、本線に…

158 茶畑(狭山茶)
☆IMGP3158

161
☆IMGP3161

162
☆IMGP3162

今、東に向かって歩いているはずです。
右は茶畑、左は林があります。その林を北に抜ける道があるので入ってみると、下り坂の先に小さな橋があります。橋の下を西から東に流れているのは「南小畔川」でした。

166 西方遠方、奥武蔵の山並
☆IMGP3166

167 東は田園が開けます。
☆IMGP3167

168 畑の向こうには奥多摩の山
☆IMGP3168

170 富士山
☆IMGP3170

172 下加治 小久保 土地改良事業 
☆IMGP3172

177
☆IMGP3177

176 郷路橋 南小畔川
☆IMGP3176

179 南小畔川 東
☆IMGP3179

郷路橋の東遠方に南小畔川の上を南北に「入間第二用水」が横切っているのが見えます。

180
☆IMGP3180

入間第二用水・・・この用水は南西向かい、入間川笹井堰の左岸に至ります。

笹井堰は⇒
入間川 早春-2 笹井堰 右岸 2020-02-29土

181 入間第二用水路・北方向(宮沢湖)を見ています。
☆IMGP3181

徘徊ついでにこの用水路を遡ってみます。

182 入間第二用水路の東側は幼稚園
☆IMGP3182

183
☆IMGP3183

185 南西方向・丹沢山塊
☆IMGP3185

186
☆IMGP3186

188 大岳山 ∧ 御前山
☆IMGP3188
 
189
☆IMGP3189

191 入間第二用水路・南側…南西に走って笹井堰の上流側に
☆IMGP3191

192 入間第二用水路・北側…宮沢湖
☆IMGP3192

193
☆IMGP3193

194 右が入間第二用水路
☆IMGP3194

195 ここから暗渠になり、
☆IMGP3195

八高線、鹿山峠の北を潜って宮沢湖の東堤に至ります。
(宮沢湖から流れ出すことになります)

200 水路は暗渠に入ってしまい
☆IMGP3200

辿ることは出来ませんが、もう少し先まで行ってみます。

201 桐
☆IMGP3201

202 桐の実
☆IMGP3202

203
☆IMGP3203

204 路傍のカラスウリ、枯れた実
☆IMGP3204
「カラスウリが赤いのは唐朱瓜…朱墨」なんって記しておいて
今更ですがキカラスウリ(黄烏瓜)と云うのがあるようです。
もしかしてこれは色が赤くないのでキカラスウリかも知れないなんって思ったりしています。2022-01-30追記

206
☆IMGP3206

207 どこか適当なところで本日の徘徊の終了としたく
☆IMGP3207

208 
☆IMGP3208

209 八高線の踏切(宮沢)まで着ました。
☆IMGP3209

ここで区切りとし、引き返すことにします。

211 あとは適当なルートで駅に向かいます。 18,500歩
☆IMGP3211

◇ この日の周辺地図
☆入間第二用水路・南小畔川

元日を挟んで数日好天に恵まれ、寒さの中にも過ごしやすい日が続きましたが、3日頃から寒さが増し、関東南部には6日から降雪の予報が出されました。(実際に出先では午前中に降り始めてしまいました)
ところで、奥武蔵は関東南部?関東北部?なんとも微妙な位置ですね。
6日は都内に出掛けると昼前から降雪に遭い数センチの積雪、こりゃあ山沿いの駅に戻ると大変なことになっているかと…しかし下車してみると雪はほとんどありませんでした。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:29 [edit]

category: 飯能周辺

tb: 0   cm: 8

2022 初日の出~近隣~中山~第2天覧山  2022-01-01  

2022 初日の出~近隣~中山~第2天覧山  2022-01-01

947 加治丘陵にあがる初日の出 6:56頃
☆IMGP2947

明けましておめでとうございます。

昨年中は拙ブログをご覧頂いた皆様、
仕事や地域活動での関りを頂きました皆様
多くの皆様に大変お世話になりました。
誠にありがとうございました。  本年もよろしくお願いいたします。

ブログを始めてから初日の出を見に行くことが多くなりました。
今年(2022年)も6時に起床し、10分ほど歩いた近くの高台で初日を迎えました。

昨年の初日の出⇒
2021 初日の出/飯能市  2021-01-01

933 南南東の空
☆IMGP2933

加治丘陵が空と接するところ 徐々に赤みがかかってきました。

945 薄いオレンジと薄い紫のまだ明けきれぬ街に
☆IMGP2945
あかりが幾つか灯っているのが見えます。

946 ここは市内某所、初めてのところです。
☆IMGP2946
ここで初日の出を迎えるのは約20人…

952 6:58
☆IMGP2952

寒いですね。マイナス何度か…ホッカイロを忘れてしまいました。
厚めの手袋をしているのですが、冷気が浸透して指先が寒さを越えて痛みがあります。

~~~

960 初日の後はついでに散策路を廻ってみます。
☆IMGP2960

962
☆IMGP2962

963
☆IMGP2963

964 小高い夕日山に
☆IMGP2964

967 東に筑波山
☆IMGP2967

970 7:10あさひ山展望公園にはまだ何人も残っています。
☆IMGP2970

971 左・大持山 手前中央・柏木山 右・武甲山
☆IMGP2971
大河原工業団地の背側に位置する柏木山に人が見えます。
情報によると、柏木山で初日の出を迎えた人は20人程だったようです。

975 棒ノ嶺‐日向沢ノ峰‐蕎麦粒山がみえます。
☆IMGP2975
蕎麦粒山の周辺にはうっすらと雪が見えています。

984
☆IMGP2984

990
☆IMGP2990

993
☆IMGP2993

~~~初日の出の後、富士山を見たくなり~~~

021 午後から駅北側の山沿いに
☆IMGP3021

022
☆IMGP3022

023 299号 中山陸橋~ 前方は多峯主山
☆IMGP3023
多峯主山に何人か見えます。山頂で初日の出を見られたのでしょう。

025 陸橋からの富士山
☆IMGP3025

028 
☆IMGP3028
陸橋の上から富士山を確認していますが、金網や電線でなかなか良い位置が見つかりません。

030 西方向  有間山塊 … 蕎麦粒山
☆IMGP3030

~~~陸橋を背に第二天覧山に向ってみます~~

031
☆IMGP3031

033 寳蔵寺の前から東側を通り第二天覧山に
☆IMGP3033

037 
☆IMGP3037

039 
☆IMGP3039

じつは第二天覧山から富士山が見えるかと思って来てみたのですが、南西方向の展望は閉ざされていました。(スカイツリーは見えていました)

045 
☆IMGP3045

046
☆IMGP3046

047 ここは「第二天覧山」であり、「飯能桜の森」でもあります。
☆IMGP3047
入口の看板によると11種類、37本の桜が植えられています。

048
☆IMGP3048

052 東屋を東にみて北から西へ廻ってみます。
☆IMGP3052

053 コナラの大木
☆IMGP3053

054 この辺はイノシシが昼間でも出没するようです。
☆IMGP3054

056
☆IMGP3056

057
☆IMGP3057

058
☆IMGP3058

062 コナラに桧が混じった明るい森を抜けると
☆IMGP3062

065 前面に丹沢山(左)と大室山(右)が現れました。
☆IMGP3065

さて、この日は初日の出を見るとこから約12km
ここから駅に向かい、軽めの初歩きは終了です。

~~~

飯能市エコツーリズム関連のお知らせです
エコツアーは地域の自然や歴史、文化などを訪れた人に親しく楽しんでいただくものです。

エコツアーに興味を持たれる方、エコツアー体験、ガイディングや運営方法を実践的に楽しく学んでみませんか。
「飯能市エコツアーガイド養成講座」が次の日程で開催されます。
今年(2022年)1月29日(土)、30日(日)
◇エコツアーガイド養成講座
☆2022 01 29-30エコツアーガイド養成講座1
お申込み 問い合わせは下記までお願いいたします。
飯能市 観光・エコツーリズム推進課 〒357-8501 飯能市大字双柳1-1
電話:042-973-2123 FAX:042-974-6737   メール: eco2@city.hanno.lg.jp

☆ この度のエコツアーガイド養成講座には沢山の方々に応募を頂きました。
おかげさまで定員を満たすことが出来ましたので募集は終了とさせていただきます。
ご応募誠にありがとうございました☆ 2022年1月6日

~~~

今年こそ、新型コロナウイルスの呪縛から社会が早く逃れ
平穏の生活に戻れるように願わずにはいられません。
本年の皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 23:04 [edit]

category: 日常 時 社会

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード