fc2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

2023年(令和5年) 当ブログの振り返り 2023-12-31  

2023年(令和5年) 当ブログの振り返り 2023-12-31

さて去り行く2023年

000 石舞台古墳(明日香村)
cP1001000.jpg

コロナが収まったのか、どうなか・・・扱いが5類になった・・・法律に基づいて政府や都道府県などが取る措置が変わるらしい。しかし感染症が無くなったわけではないのでしょうが…
011
cP1001011.jpg

030
cP1001030.jpg

昨年の2月にロシアがウクライナに軍事進攻し、それが今年になっても収まらない中、ハマスがイスラエルに侵攻し、イスラエルの反撃で終わりの見えにくい不安定な状況が続いています。
035
cP1001035.jpg

996
cP1000996.jpg

2024年こそは争いの無い世界に早くなってほしいものです。

さて、2023年をざっと振り返ってみようと思いましたが、時間的な制約もあり
大まかに(主に未掲載の部分について)記しておきたいと思います。
853 長谷寺
cP1000853.jpg

882 
cP1000882.jpg

905 奈良・橿原市
cP1000905.jpg

907 
cP1000907.jpg

956 藤原京史跡
cP1000956.jpg

095 京都
cP1001095.jpg

391 小学生、遠足のお手伝い
cP1053391.jpg

396 岩場に挑戦!!
cP1053396.jpg

392 一年生が頑張って天覧山に登りました。
cP1053392.jpg

548 パンダチームは全員無事に登頂に成功しました。
cIMGP4548.jpg

553 
cIMGP4553.jpg
2023年も稚拙な当ブログを多くの皆様に見て頂き、コメントも頂戴しました。
一年間大変お世話になりまして、ありがとうございました。
607
cP1065607.jpg
2023年さようなら
年明け寸前、準備不足でなんとも纏まりの無い終わり方です。
みなさま良い新年をお迎えください。


◆#
◆奥武蔵・飯能情報ランキング
◆下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 23:55 [edit]

category: 日常 時 社会

tb: 0   cm: 4

ハイイロチョッキリ 遭遇ならず 2023 10 ・・・   

ハイイロチョッキリ 遭遇ならず 2023 10 ・・・
914a (コナラ)シギゾウムシ・・・玉乗り子ちゃん
cP1053914a.jpg
  ↑ ハイイロチョッキリではありません。
上に(コナラ)シギゾウムシと書きましたが「コナラシギゾウムシ」とも云うらしいです。
しかし、このドングリはアラカシの実です。ヤヤッコシイ書き方でした。
ハイイロチョッキリという昆虫の名を知ったのは5,6年前のことになります。
その時は実際の姿を見たわけではなく、校外学習(小学生)の下見時、エコツアーガイドの先輩が登山道(天覧山-多峯主山)に落ちていたコナラの小枝を指して「ハイイロチョッキリが落とした枝」と教えて頂いたものです。

490 ハイイロチョッキリが切り落としたコナラ
cP1053490.jpg
その時に「ハイイロチョッキリ」とは面白い名前だと思い、帰ってから調べるとゾウムシの仲間でありオトシブミの仲間でもあるらしいことが分かりました。
(オトシブミもエコツーリズム・エコツアーに関わり始めたころ教えて頂いたものです)

◇ハイイロチョッキリ(この写真、転用禁止です)
c2023 09 21ハイイロチョッキ枝の切断 南大沢季節便り
↑ これがハイイロチョッキリです。
上はお借りしている写真で小学生の校外学習に使わせて頂いています。
残念ながら当方は現物に遭遇したことはありません。

591 ハイイロチョッキリが開けた穴です。
cP1022591.jpg
この穴に卵を産み付け、穴を塞いでから切り落とします。
9月頃、天覧山の登山道にはハイイロチョッキリに切り落とされたコナラの小枝が沢山落ちています。
後日、学術調査?のために・・・この小枝の中を確認したのが次の写真です。
842 卵から幼虫になっていました。
cIMGP3842.jpg

これで切り落とされた小枝と、穴を開けられたコナラの実、中に幼虫がいたところまでは現物で確認が出来ました。
残念ながら成虫はまだ見たことがありません。枝を切っているところを見たいですね。
~~~
そう云うことでトップの写真、シギゾウムシの玉乗り子ちゃんに話題を繋ぎます。
914a 手中に!!
cP1053914a.jpg
ドングリ(アラカシ)の写真を撮ろうした時、
偶然に実とハイイロチョッキリ?が落ちてきました。
(実はシギゾウムシだったのですが)
907 (コナラ)シギゾウムシ
cP1053907.jpg

908 この時、やっとハイイロチョッキリに会えたと思ったのですが
cP1053908.jpg
後日、この写真をコジコジさん(エコツアーガイドの昆虫に詳しい人)に見てもらったところ、チョッキリしないシギゾウムシということが分かりました。
Webからの情報によると、シギゾウムシはドングリに穴を開けて卵を産み、枝の切り落としはしないが、実を落すらしいです。(ハイイロチョッキリとシギゾウムシは口吻に違いがあるため)

では、シギゾウムシの特技、玉乗りの妙技をご覧ください。
913
cP1053913.jpg

916
cP1053916.jpg

918
cP1053919.jpg

919
cP1053919.jpg

920
cP1053920.jpg

921
cP1053921.jpg

922
cP1053922.jpg

923
cP1053923.jpg

924
cP1053924コナラシギゾウムシ

925
cP1053925コナラシギゾウムシ

926
cP1053926.jpg
突然、手中に落ちてきながらも何ら慌てることもせず、(こちらがドキドキしちゃいましたよ)玉乗りの曲芸まで披露してくれて、とてもフレンドリーな玉乗り子ちゃん(シギゾウムシ)でありました。

912 
cP1053912コナラシギゾウムシ
いつも「シジュウカラのピーちゃん」や「カマキリ」とばかり遊んでいるわけではありません。
たまには「ハイイロチョキリ」とも仲良くなりたいのですが、n十年を生きて来てまだ一度も出合ったことがないのです。
931
cP1053931アラカシかな
そんな一度も見たことのないモノと仲良く遊ぶことはかなり不可能に近いことですが、一瞬的に「おお!やっと出合えたか~」と喜んだのが今回のシギゾウムシさんであります。
しかし、ハイイロチョッキリではなく、そのお仲間のようでした・・・

さて、早いもので今年も残り一週間です。あと一回アップ出来るかどうか微妙な状況です。
途轍もなく暑い時季が続いたのも何時のことだったかという感じで、今日は大変寒い日でした。
時節柄、皆様ご自愛くださいますよう。そして良い年をお迎えください。


下のアイコンから◆奥武蔵・飯能情報◆ランキングへ  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 01:29 [edit]

category: 鳥 昆虫と遊ぶ

吾妻峡(入間川) -2 冬の陽射しを行く 2023 11 30  

吾妻峡(入間川) -2 冬の陽射しを行く 2023 11 30
072 吾妻峡/入間川
cP1065072.jpg

前回は⇒
吾妻峡(入間川) -1 晩秋をゆく 2023 11 30

飯能河原(入間川)から1200m程遡った所の川沿いを歩いています。 
歩いた日は11月30日ですから晩秋ですが、
今日(12月14日)は既に12月も半ば、寄る年波に寒さが堪えられなくなる本格的な冬であります。

065
cP1065065.jpg
さて、だいぶ日が経ちましたが前回の続きです。

067
cP1065067.jpg

068 近くの大きなケヤキから落ち葉が川縁を覆っています。
cP1065068.jpg

069 これが吾妻峡(入間川、上流域)の代表的風景です。
cP1065069.jpg

073
cP1065073.jpg
葉はケヤキ、コナラ…あとは…分かりません。

076
cP1065076.jpg

077
cP1065077.jpg

078
cP1065078.jpg

079
cP1065079.jpg

080 これも自分的には癒しの風景です。
cP1065080.jpg
木の葉がお札だったらイイナなって、コレッポッチも思ったりはしません?…したり、しなかったり

082
cP1065082.jpg

085
cP1065085.jpg

094
cP1065094.jpg
澄みきった流れに映る虚像と実像

097
cP1065097.jpg

次は動画から切り取ったもの
098-2
c098-2.jpg

098-3
c098-3.jpg

098-4
c098-4.jpg

そろそろ、適度な時間を過ごしたので、この辺で帰ることにします。
帰れば時季の御下令「台所換気扇の清掃」を忘れたら大変なことになります。

100
cP1065100.jpg

101
cP1065101.jpg

102 ケヤキ、以前ここに横たわったまま若葉を出していましたが
cP1065102.jpg
とうとう枯れてしまったようです。

103
cP1065103.jpg
良い感じのケヤキの並びです。

105 
cP1065105.jpg

106
cP1065106.jpg

107
cP1065107.jpg

~~~
110 帰りがけに寄った割岩橋から
cP1065110.jpg

飯能河原…小学生の校外学習でしょうか
c111-2.jpg

当方も夏に市内・小学校の校外学習のお手伝いをしました。
担当分野は入間川の歴史、文化だったかな?かなりいい加減・・・
自身が出来ることなら小学校からやり直したい~ナンてね。

111-1 流れ橋とプラタナス
c111-1.jpg

~~~
◇次の写真は昆虫に 「玉乗り芸」 を調教しているのではありませんよ。
cP1053925コナラシギゾウムシ
探していた「ハイイロチョッキリ」に会えた!!…と、一瞬期待したのですが、コナラシギゾウムシらしい…がっかりでした。


下のアイコンから◆奥武蔵・飯能情報◆ランキングへ  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 00:35 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

吾妻峡(入間川) -1 晩秋をゆく 2023 11 30  

吾妻峡(入間川) -1 晩秋をゆく 2023 11 30
041 吾妻峡/入間川
cP1065041.jpg

晩秋から初冬に移る時季、澄み渡る空気と水の時季でもあります。
025
cP1065025.jpg

岩根橋から見る 遊歩道の上端部

026
cP1065026.jpg

寒くなると毎年恒例の「窓拭、網戸の清掃」の御下令、
その任務を完了後、日差しを探しながら吾妻峡を歩いてみました。
030
cP1065030.jpg

031
cP1065031.jpg

駅から20、5、6分、…30分位のところ

032 岩根橋から、これから行く吾妻峡の方向を見ます。
cP1065032.jpg

038 吾妻峡
cP1065038.jpg

飯能茜台大橋(岩根橋の上流側にある)から吾妻峡を見ています。

飯能茜台大橋-2

040
cP1065040.jpg

043 吾妻峡に降りる道…
cP1065043.jpg

飯能茜台大橋から入間川の右岸を遡り、吾妻峡に降ります。

044 吾妻峡・中平河原
cP1065044.jpg

◇吾妻峡に中平河原という所があるのですが、
何処から何処までなのか…
まあ当方は吾妻峡さえ何処から何処までか分からずに、吾妻峡を歩いています。
045
cP1065045.jpg

夏季の賑やかな川遊びの人もめっきり減り、春までは暫し静かな時季になります。
046
cP1065046.jpg

048
cP1065048.jpg

049
cP1065049.jpg

050 川面に何やら ゆらぎ が見えます…
cP1065050.jpg

052
cP1065052.jpg

川面に何やら映ると、瞬時に「水鏡の観察員」にヘンシ~ンし、陽の入射角度、色温度、反射体・・・諸々の科学的要件をセンシングし、脳内でシミュレーション(浸み麗初運かなり無理)、川縁の樹木の映りを確認します。それでナゼこのように映るのか、途切れかけて脳では何がどうなのかさっぱり分かりません。
053
cP1065053.jpg

054
cP1065054.jpg

川面に映る風景を探しながら、上流に移動です。

056
cP1065056.jpg

058
cP1065058.jpg

色付いた樹木を見ながらの川沿い歩きは気分の良いものです。
059
cP1065059.jpg

061
cP1065061.jpg

しかし、川沿い歩きの爽快感はホンの一瞬です。
何かと忙しなくなる時季、
これで帰れば次の任務「台所、換気扇を清掃せよ」の御下令が待っています。

063
cP1065063.jpg

じつは、吾妻峡を歩いた日より少し前、
陣馬山~景信山を目指すために和田峠に行ってみました。
しかし天気が悪く、寒いし視界も悪い、富士山も全く見えません。
064
cP1065064.jpg

こりゃあダメだと陣馬山から少し行ったところで引き返しました。
山の天気予報は思ったようにはならないものだと、再確認ができた陣馬山であります。

下のアイコンから◆奥武蔵・飯能情報◆ランキングへ  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

Posted on 20:59 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 9

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード