好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

加治丘陵-南北コースをゆく1  

加治丘陵-南北コースをゆく1

▽288 北コースを仏子方面へ向かい左手の風景
☆R1044288


ハッキリとしない空模様でした。このような日のウォーキングは山中の薮漕ぎや
獣道を避けて、緩やかな起伏と緑の中の道を行く加治丘陵がよいでしょう。
(勿論、加治丘陵にも人が踏み入れないような処が沢山あり、何回か出てはいけ
ない処へ出てしまった経験がありますが)

地理的に飯能、元加治、仏子、入間市などの西武線各駅から歩いて行き易いですし、
比較的近場で緑に包まれ、整備された木陰を歩けるコースです。
おっと抜けてしまいましたが、JR金子駅からも南コースへ取りつき、そこから
加治丘陵を全面攻略することも可能です。

【コース】
あけぼの子どもの森公園~急階段~北コース・分岐を左へ
~三角点~白い巨像~仏子駅~旧グリーンロッジ~八津池
~音大~南コース~桜山展望台~あけぼの子どもの森公園
▽533 地図(さいたま緑のトラスト協会)
☆R1044533

今回は上のコースを時計回りに歩いてみました。
ウォーキングの方、ランニングの方、何人もの方々が前方から来ては「コンニチハー」
と挨拶して後へ過ぎ去って行きます。
我々は北コースを西から東へ向かい、旧グリーンロッジから八津池を東端として、
帰りは南コースを東から西へ辿り桜山展望台を目指しました。


▽275 入口は「あけぼの子どもの森公園」です。今日は通り抜けさせて戴きます。
☆R1044275

▽278 遠方に蒼く蕎麦粒山が見えます(三角の一番高い処...たぶん)
☆R1044278
▽279
☆R1044279

▽281 急階段 
☆R1044281

北欧童話の公園を抜けて裏側の崖に架かる階段を行きますが、いつもここを通る度に思います。
急階段!キュウカイダンと…よくぞこの様な急な階段を作って戴きました。
御蔭で足腰の鍛錬に充分に役立ておりますが、しかし幼児やお年寄り(私も既に年寄のお仲間)
の方々にはとてもきつい階段です。
特に帰りの下りで通る場合には一段一段が恐怖を感じます。(奥武蔵で身を鍛えた者がですよ)
傾斜角度が急で段差が高い、手摺や手懸かりが無い...山ではこれ位の急斜になると
鎖場になっています。事故が起きる前に何らかの安全策を施してもらいたいと願う者ですが...

▽282 急階段をやっと登りきる10:24
☆R1044282

恐怖の急階段をやっとの思いで登り、左へ折れて尾根際柵の鎖伝いに進むと少し下りの
斜面から北コースへ合流できます。

▽283
☆R1044283

▽286 北コースを仏子方面に向かいます。
☆R1044286

▽287 10:35
☆R1044287
▽292 道は綺麗に整備され、安心してウォーキングが出来ます。
☆R1044292

▽295 いつもの様に右へ左へと寄り道し、なかかな前には進みません。
☆R1044295

▽298 三角点10:57
☆R1044298

▽299 この盛土の様な処に三角点があります。
☆R1044299

ここは、以前PGでお世話になったR氏と三角点探しをした時に北コースで2個めの
三角点を発見したところです。北コースの本線から東に向かってY字路が有り、
その左に少し小高く土を盛った様な処にこの三角点は有ります。因みに1個目は阿須山の頂上
に有りますが、この時に立ち寄ってみると阿須山の表示板が無くなっていて四阿(東屋)が
作られていました。
▽125 以前に撮っておいた阿須山の表示
☆DSCN0125

何年も風雨に晒し、歳月を滲ませて良い味が染み出ています。
この木板の「阿須山」表示を是非また掲げてもらいたいものです。
 現在の阿須山は工事が入っていて、このままでは何か人工的過ぎると私は感じましたが、
工事が完成すればそれがまた良かったりしますので、また別の機会に訪れてみましょう。

▽300 白い巨像
☆R1044300

▽302 
☆R1044302

▽303 そろそろ北コースの東端に到着です
☆R1044303

▽304 旧グリーンロッジが見えてきました。11:07
☆R1044304

▽307
☆R1044307

▽310 ついでにコースを外れて仏子駅まで、ついでの立ち寄りです。11:20
☆R1044310

▽312 11:25
☆R1044312

仏子駅から戻り、旧グリーンロッジへ向かう途中、坂道の左手ウインドウ

この加治丘陵の周辺はウォーキングに相応しい場所がたくさん有ります。
飽くまでも私の歩いた範囲のことですが、北は名栗川(入間川)沿いから
南は金子駅・茶畑・鉄塔地区、東は入間青少年の家付近、西は八高線を渡り阿須丘陵から
七国峠、更に足を延ばせば塩船観音まで...
西にはかなり先まであり小沢峠から秩父...
あらっ いくら何でもこんな方までは簡単には行けませんが...

◆続きは⇒加治丘陵-南北コースをゆく2へ

◇いつもあまり役に立たない記事を根気良くご覧頂き、有り難う御座います。

(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:45 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 4

コメント

こんばんは。

いろいろな山に行っていらっしゃってすごいですね。
先月の一の倉沢のお写真も雪がまだたくさんあって驚きました。
私は山に囲まれて生活していますが登山はしたことがありません。
6月に乗鞍の頂上までバスで行ったのが初めてくらいです。
その時に見た雲海が綺麗でしたが、体調が悪かったから剣ヶ峰は諦めました。
秋にはそこに行きたいと思っています(^^)

またお写真で楽しませていただきますね。

URL | チビmomo #-
2013/09/14 21:12 | edit

こんにちは。
加治丘陵は、好日奥武蔵さんにとっては軽い散歩コースではないかと思いますが、素晴らしい描写に感動します。
天気が良ければなお素晴らしいコースですが、曇りの日、雨の日でも歩けるコースがあるところが魅力です。
楽しいレポートを心待ちにしています。

この連休も多くの方が来られると思います。
皆さんそれぞれに楽しんでいただければと願っています。
皆さんの記念に少しでもなればと思って、家族連れの方々、団体の方々を見かけると、シャッターを押しましょうかと声を掛けるようにしています。

URL | りょうちゃん #-
2013/09/14 22:11 | edit

Re: タイトルなし

ちびmomoさん

 こんにちは

以前、腰痛に悩まされ、職業病上の運動不足なのかなと感じ、
少しづつ体を動かことを始めました。
それで簡単に出来そうなウォーキングを始めたのがきっかけでした。

 山歩きは、周りを山に囲まれているところで生まれ育ち、
遊び場が山で木登りなどをした延長線上のようなものでして
登山についての知識などなく、子供の頃の自己流そのままで
あちらこちらを彷徨っているのが、現状です。

 私は乗鞍は行ったことがないのですが、やはり憧れの山の
ひとつです。上からの雲海、眺望を想像するといつかは行って
みたいと思っている山です。
 私もできれば、もっと山の中に住みたいと思って
おりますが、家の者に反対されて...
まあ、今でも充分に山の中にいる訳ですが。 
 写真は「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」でやっています。
いつか、当たるのを願ってやっておりますので、
また、おいでください。

コメントありがとうございました。
 

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/09/15 11:59 | edit

りょうちゃんさん Re: タイトルなし

りょうちゃん さん
こんにちは

加治丘陵はいつ行っても安心なところで、いつ行っても季節毎の
変化が楽しめて素晴らしいところですね。
これからの秋から冬にかけてもまた一段と楽しめそうですね。
 勿論、私とは何桁も違う回数を歩かれている「りょうちゃんさん」は
丘陵のことは地形、草木花、人など、広く、深くご存知ですから
私は冷や汗ものです。

>皆さんの記念に少しでもなればと思って、家族連れの方々、団体の方々を見かけると、シャッターを押しましょうかと声を掛けるようにしています。
 いつも加治丘陵を歩かれていらっしゃる丘陵の主の「りょうちゃんさん」流石の気配りですね。
見習いたいと思います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/09/15 12:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/128-e2254f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード