好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

奥武蔵・赤根ヶ峠~柏木山をゆく-1  

奥武蔵・赤根ヶ峠~柏木山をゆく-1

▽615 柏木山_あさひ山展望公園から
☆R1045615

赤根ヶ峠・柏木山...奥武蔵で生まれ育ったのですがこの地名を知ったのは
3年ほど前、あるWebからです。しかし当初はその峠と山が具体的に何処なのか
分からずにおりました。

その後、旧道を歩かれる方や畑の隧道を訪ねられる方の情報から次第にその地の推定が
出来るようになり、2011年の春に初めて登ってみました。

この山は「南高麗のまちづくり推進委員会」の皆様のご努力によって、頂上には
石標とベンチが設置されています。
また景観伐採がされているため303mの頂に登ると東から南西にかけて埼玉新都心、
スカイツリー、池袋、新宿、奥多摩と広い範囲の眺望を楽しむことが出来ます。

【今回のコース】
(1)
飯能駅からの場合:南口~飯能大橋~ひかり橋交差点を右折~美杉台小学校
・中学校を右手に~大河原工業団地入口・クリーンセンター前~あかね公園
~配水場広場~みはらし台~赤根ケ峠~分岐~柏木山頂

(2)
柏木山に登るコースは他にも幾つかありますので、柏木山にご興味がある方のために
その例を挙げておきます。
・南高麗・苅生~赤根ケ峠~柏木山
・南高麗・苅生~直登~柏木山
   ・名栗川側・榎坂(峠)配水場~柏木山
   ・吾妻大橋~名栗川右岸~茜台自然広場~柏木山
どこから登っても、仮に大きく迷っても南高麗か名栗川右岸、またはゴルフ場です。
頑張って迷ってみたところで、青梅とか秩父までは迷いきれません。
安心して登られますように。

▽304 ひかり橋の交差点を右折し、緩い坂をゆくと、落葉が進む中で何本かの
紅葉葉楓はまだ紅い葉をつけていました。10:41
☆R1045304

▽311 銀杏もだいぶ落葉して、季節が駆け足で冬に向かっているのが感じとれます。10:52
☆R1045311

▽312 南台大河原線を工業団地に向かいます。11:02
☆R1045312

▽315 11:05
☆R1045315

▽317 大河原工業団地入口・クリーンセンター前、S社の建屋工事が進んでいます。11:09
☆R1045317

▽320 クリーンセンターの北側
☆R1045320

畑トンネルへの道は進入禁止になっていますが、不思議なことに雨や雪の日には
沢山の足跡が現れます。
(その、たまたま通りかかった時に足跡が見えただけです)

▽321 この畑トンネルの上には
☆R1045321
旧道の面影をみることが出来ますが、行かないほうが良いでしょう。
私は以前、たまたま道に迷った時に畑峠?トンネルの上にでたことがあるだけです。

▽323 あかね公園11:15 (駅南口から約1時間弱の地点です)
☆R1045323

▽325 あかね公園から赤根ヶ峠にゆきます。
☆R1045325

▽326 この階段を上がり標高約200mを進みます。11:18
☆R1045326

▽329 11:22
☆R1045329

▽330 配水場の手前を右折し一旦車道に出て再びハイキングコースに入り直します。11:24
☆R1045330

▽334 
☆R1045334

▽338 前方の左、一番高い所が柏木山です。工場は日研さん。
☆R1045338

▽339 みはらし台 11:40
☆R1045339
天気がよければ飯能アルプスからグリーンラインが見渡せると思います。
では天気の悪い日は...最悪の天気でもN社の資材置き場が御覧になれます?

▽342
☆R1045342

▽344 前方に赤根ヶ峠が見えてきました。
☆R1045344

▽345 赤根ヶ峠205m ここは5差路なのか6差路なのか少々複雑です。11:46
☆R1045345

▽347 南高麗地区まちづくり推進委員会の皆様によって石標が建立されています。
☆R1045347

▽858 【赤根ヶ峠のこと】
2013032500361858e[1]

▽349
☆R1045349

▽351 【檜と杉】
☆R1045351

奥武蔵で植林されている木はその殆んどが針葉樹です。
その植えられている針葉樹は昔から檜か杉です。
以前は家を建てる場合に殆んどが国内の杉や檜材を使っていました。
しかし近年では残念ながら安価な外材が多用され、国内の檜と杉は採算が採り難く
なっています。
それに従って、植林がされているところの管理もなかなか行き渡っていないのが現状です。

檜と杉の見分けかた:
        檜の葉は細かい鱗が連結し平に広がっています。
         サワラの葉と似ていますが、奥武蔵ではサワラを植林することは
         あまり聞いたことがないので大概は檜でしょう。         

         杉の字は木偏に旁が針3本になっています。
         杉の葉は字の如く針のような形をしてしていますので、
         植林された針葉樹の森で、字を思い出せば檜と杉は区別がつきます。

         檜も杉も背が高くなり、私のような近眼では上の方の葉を判断できない
         場合が有ります。その場合は木の皮や落ちている実をみて判断します。
          
         檜の皮は明るめ、薄く平たくい多層構造になっています(杉に比べて)。
         実は径が数ミリで小さな鈴のような球形、色は茶色。
          
         杉の皮は赤め、縦長の厚めで檜よりキメが細かい。
         実は米粒状で色は明るい茶色。
                   
▽354 赤根ヶ峠を後に
☆R1045354

茜台自然広場方向に向かい、その手前を左に登れば柏木山のはずですが...

▽358
☆R1045358

◆奥武蔵・赤根ヶ峠~柏木山をゆく-2に続きます。
⇒ 奥武蔵・赤根ヶ峠~柏木山をゆく-2

(この風景を見に行くときは自己責任でおねがいします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 02:23 [edit]

category: 飯能周辺

tb: 0   cm: 2

コメント

山人さん、おはようございます!

赤根ヶ峠は知ってましたが、柏木山は初めて聞きました。このあたりも、最近整
備されたのでしょうか?

一番最近、畑のトンネルを通ったのは10年以上前だったと思います。今では、道
の両サイドの土砂が崩れかかっていて、通るにはちょっと危険でしょうね。

最近は、輸入材の影響で木材の採算がとれなくなっているのも確かでしょうが、そ
れに加えて、年寄りが増えて山の手入れが出来なくなっているという事もあるのか
もしれませんね。この先、ますます山は荒れてしまうのかも・・・。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2013/11/23 08:32 | edit

Re: タイトルなし

赤根ヶ峠は最近のウォーキングやハイキングブームの影響で
その名称が時折り出ますから地元で生まれ育ってなくても
ご存知の方がいらっしゃるようですね。

柏木山は地元の方でないとご存知無いかも知れません。
一応道は有りますし多くの方にウォーキングのついでに登って
もらいたい気もします。
しかし、地図にはなかなか載っていないようですね。
赤根ヶ峠~茜台自然広場のコースの手前で
Y字の分岐が有ります。
ここを登られると標高303mで近隣の天覧山、龍崖山、多峯主山よりも
高い位置から眺望を楽しむことが出来ます。
 赤根ヶ峠のウォーキングコースに入れて広めて頂ければ
良いと思いますが、諸々あるでしょうから単純にはいかないかも知れませんね。
 
畑トンネルは2年前に3回ほどさまよってみました。
仕方ないのでしょうが、このまま廃トンネルにするのはもったいない
気もします。

この地方の林業は難しい時代に入ってきましたね。
仰せの様に若い人が従事するだけの魅力が失われています。
奥武蔵のような一地方にも産業のグローバル化の波の影響が
顕著に効いてきて、逃れることの出来ない時代になっていますね。
 森を単なる建築材の生産だけで維持することが出来なく
なっているのが現状です。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/11/25 21:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/148-0f911231
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード