好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

大菩薩嶺~大菩薩峠をゆく-3(終回)  

大菩薩嶺~大菩薩峠をゆく-3(終回)
-2からの続きです。⇒
 大菩薩嶺~大菩薩峠をゆく-2

今回のコースは-1を御覧下さい
⇒  大菩薩嶺~大菩薩峠をゆくー1
▽972 大菩薩嶺山稜より11:08
☆R1045972

雷岩からは尾根の穏やかな下り道を進み、妙見ノ頭を経由して大菩薩峠に向かいます。
好天に恵まれ東から西の山々がとても綺麗に目に映ってきます。

▽973 塩山、南アルプス
☆R1045973

▽980 
☆R1045980

▽981
☆R1045981

▽983
☆R1045983

▽986 下ってきた尾根を振り返る11:18
☆R1045986

▽988 神部岩 標高2000m地点標柱
☆R1045988

▽989
☆R1045989

▽996
☆R1045996

▽997
☆R1045997

▽998
☆R1045998

▽999
☆R1045999

▽001 賽ノ河原に
☆R1046001

▽002
☆R1046002

▽007 賽ノ河原12:02
☆R1046007

▽008
☆R1046008

▽011 親不知ノ頭 
☆R1046011

▽013 辿ってきた尾根道、避難小屋(振り返って見る)
☆R1046013

なだらかな曲線の山稜、馬の背を思わせるようなこの山
の特徴がとても良いですね。
登山者をやさしく招き、天空の歩きを楽しませてくれる。
大菩薩山稜の魅力ですね。これが多くの方が登ってくる理由のような気がします。

▽014
☆R1046014

▽015
☆R1046015

▽016 前方に大菩薩峠・介山荘が見えてきました。12:08
☆R1046016

▽017
☆R1046017

▽018
☆R1046018

▽021a 
☆R1046021a

▽019 中里介山_碑 (小説 大菩薩峠の作者)
☆R1046019

▽023 奥多摩方面
☆R1046023

▽026 これを忘れるわけにはいきません。12:18
☆R1046026


さて、下山ルートです。
大菩薩峠の標柱に隣接して建てられている介山荘にて一休み、
後はここから緩やかな下りの道を登山口の上日川峠に向かいます。

▽036 周回して福ちゃん荘に戻りました。13:07 
☆R1046036

▽039
☆R1046039

▽044 上日川峠・ロッジ長米兵衛13:31
☆R1046044

▽045 
☆R1046045

▽046 帰路411号・青梅街道からの富士山15:33
☆R1046046

▽049a 青梅街道、思わぬ方と遭遇15:37
☆R1046049a

帰路、奥多摩に向かう途中の青梅街道・柳沢峠手前にて富士が今日のお別れに
優しい顔を見せてくれました。
気をよくしていると更にその数分後、思わぬ方との遭遇です。
この方もわざわざ見送りにきて戴いたのでしょうか...

暫くこちらをみて何か云いたそうな感じでしたが、当方「シカ語」は身に付けておりません。
また相手も日本語が出来そうも無く20、30秒見つめ合ってからシカはシカたなく繁みに消えていきました...

◇今回の大菩薩山稜は珍しく天候に恵まれて、青い空を背景に雪化粧の富士と南アルプスを
見ながらの爽快な歩きとなりました。尾根を辿る道を振り返って見ると、
とても優しく大きな馬の背を周って来たような歩みでした。
この山稜は富士と南アルプスの眺望、そして緩やかな南斜面に群生する枯れススキの色付け、
これらの要素が組み合わさって大菩薩嶺とその山稜を魅力あるものにしているようです。

いつもながら楽々ルートを選んでおきながら、周ってきてみると自分勝手なことを云います。
このルートだと2、3周くらいしないと食い足らないなあ...
アル中(歩中毒)の勝手な独り言、頭部までアル中(歩中毒)になりつつあるようです。

◆初冬に登った記録です。今は冬がもっと進んでいます。
大菩薩の山稜に行かれる場合はしっかりとした防寒対策をしていかれますように(終)

◆次は棒ノ嶺、初冬の奥武蔵をゆく

(この風景を見に行く場合は自己責任でお願いします)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 02:20 [edit]

category: 山梨 長野

tb: 0   cm: 4

コメント

おはようございます

とても良いお天気の日に歩く事が出来て良かったですね~^^

所々に見えた湖・・・あの辺りに湖ってあったかな?と思い、
地図を見たら、ダム湖のようですね。
紅葉の頃は、また違った風景を見せてくれそうですね

間近のシカはビックリ&感激なさったことでしょう^^

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2013/12/24 07:24 | edit

くろすけさんRe: おはようございます

くろすけさん
 こんにちは
はい 好天に恵まれました。
それまでは、金峰山にて今年の天気は使い果たしたかと
思っていましたが、最後の方に少し残っていたようです。

ここ春に笛吹川沿いから見えた風景でして、
もっと早くに行く予定が延びのびになりました。
季節を変えればまた異なる楽しみがあるかもしれませんね。

小鹿、うさぎ、リス、雉などには時折お目にかかりましたが
仰せのとおり大きな雄鹿は初めてで感激でした。

コメント有り難う御座いました。 

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/12/24 12:44 | edit

行かれましたね、大菩薩。
しかも最高の天気ですね。

これならもう、撮っても撮っても全然飽き足らないでしょう~、イヤッホウ~ッ、って感じだったのではないでしょうか。写真から伝わってきますよ。

次回は介山荘から石丸峠の方に回ってみて下さい。さらなるイヤッホウ~に出会えると思いますよ~。

URL | 鉄まんアトム #-
2013/12/24 17:00 | edit

アトムさんRe: タイトルなし

アトムさん
 はい久し振りにとてもよい天気でした。
山歩きの楽しみの眺望は天候に左右されますから
よかったですよ。
 介山荘で聞いたのですが、珍しいほどの好天だった
そうです。
 でも撮っても撮ってもアトムさんのようには行きませんわ。

介山荘から先の石丸峠で イヤッホウ~ ですね。
メモしておきますね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2013/12/24 22:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/158-191bc8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード