好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

加治丘陵2萌黄をさ迷う 桜山展望台(4月なか)  

加治丘陵2萌黄をさ迷う 桜山展望台(4月なか)

▽221 
☆IMGP7221

前の記事は⇒
 加治丘陵1萌黄をさ迷う

久々の加治丘陵です。(だいぶ遅れて4月半ばのことです。今は萌黄から若葉でしょうか…)
リンクさせて頂いている「りょうちゃん」さんからの加治丘陵情報で大まかには
分かっているつもりですが、桜山展望台近辺はどんな季節の色になっているか楽しみです。

▽247 水が枯れていますが、(11:25)
☆IMGP7247
丸太の橋がありますので時季によっては水が流れているのでしょう。

▽249 前方に土留めの階段が見えます。
☆IMGP7249

▽250
☆IMGP7250

▽251
☆IMGP7251

▽252
☆IMGP7252

▽253 取り敢えず右手の斜面を上がってみます。
☆IMGP7253

▽256 斜面の途中、ツツジ…揺れて(私の手が震えて)上手く撮れません。
☆IMGP7256
何回も撮り直ししたのに コレ です。

▽259 ここを上がればどの辺かが分かります。
☆IMGP7259

▽262 なんと、まったく予想外の処へ出ました。
☆IMGP7262
完全に脳内磁針が故障しているようです。

▽263 山仕事の広場の手前、休憩舎です。
☆IMGP7263

▽268 「りょうちゃん」さんが言うところの山仕事の広場です。
☆IMGP7268

▽270 武甲山、小持山、大持山…山仕事の広場から
☆IMGP7270

▽269 新しく出来た展望台への道のようです。
☆IMGP7269

▽271 初めての道を上ってみます。11:50
☆IMGP7271

▽272
☆IMGP7272

▽273
☆IMGP7273

▽275 
☆IMGP7275

▽277 すぐに展望台へ到着です。11:55
☆IMGP7277

▽280
☆IMGP7280


◆この時刻、20人程の人が、展望台近辺を訪れています。
温かい陽の下、萌黄を見ながらベンチでお弁当を広げられる人、
展望台へ登られる人、次のコースね廻られる人…

 既に桜は散って、枝先に白い花が僅かに残るだけです。
まるで夏に向けて装いを替えていくかのように赤い若葉になっています。

桜は私のように時間を忘れたりはしません。
毎年日を数え、適温を見極めて、花から若葉へと確実に衣替えをしていきます。

そうそう、私の夏用は何処に仕舞い込んで置いたか…

◆続きは…加治丘陵3萌黄の桜山展望台へ(4月なか)


奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:37 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

コメント

山人さん、おはようございます!

こちらの方を歩いた事がないので、展望台は知っていましたが、こんな広場が
あるのは知りませんでした。飯能に住んでいるというのに・・・。(笑)

この写真でも若葉が芽吹き始めているのがわかりますが、今はもっとすごいで
しょうね。最近、冬場に比べて山がひと回り大きくなったような、近くに迫っ
てきているような、そんな感覚になります。良い季節になりましたね!!

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2014/05/06 07:45 | edit

こんにちは。
加治丘陵の普段着ではない部分を散策のご様子にさすが奥武蔵の山人さんとの想いで読ましていただきました。
まだ続きそうで楽しみです。

加治丘陵は99%以上の人がメインのコースを歩いているのみと思います。
私も十数年歩いていますが、メインのルーを外して山に入るのは年間に1~2回程度です。
何枚かの写真の風景は、過去に足を踏み入れたことのある景色と同じようです。

運動靴で歩いていて、道のない急坂等に突き当り、足回りをきちんとしてから出直そうとした場所もありました。
カモシカらしい足跡、タヌキの糞場を見かけることもあり、身近な山ですが水と食糧くらいは持って歩く必要があると引き返しました。通常は街中の散策イメージで手ぶらに近い状態で歩いているので。

URL | りょうちゃん #-
2014/05/06 11:49 | edit

おはようございます。
コメントをありがとうございます。
今回の記事とはちがう所ですが、いくつかさかのぼって拝見しています。
こちらにコメントをさせてもらいます。

棒ノ嶺白谷沢は私も歩きました。美しい沢ですね。
白孔雀の滝は冬場は横からも見えるのですね。

二子山は他のどのサイトよりもコースをリアルに詳しく紹介されていて、たいへん参考になりました。
これはもう妙義や戸隠以上に険しそうで、いつかは登ろうかと考えていましたが、とりあえず他の山にしようかなと・・・

丸神の滝も立派で機会があれば訪ねてみます。
他の記事もゆっくり拝見します。

それにしても、木や岩の造形を発見する奥武蔵さんの観察力はすばらしいです !!

URL | ふさじろう #-
2014/05/06 11:53 | edit

こんにちは。

”桜山”と言うだけあって山桜が多く見れそうですね。満開の時期は見事なのでしょうね。
春先の山の桜は、他に色づいている木々が少ないため、良く目立ちます。
この頃近郊の山を見て、こんなに桜の木があったっけ!と驚いています。

URL | masa #-
2014/05/06 16:23 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
 こんばんは
山仕事の広場は加治丘陵に飯能側から上がって
桜山展望台に行く道(短絡路)の右側にあります。
出来たのは2年ほど前だと思います。

トイレと簡易な遊具がある他は広い空間がありますので
子供たち自信の発想で遊べるようになっていると思います。

そこから武甲山が見えるのは発見でした。

若葉の良い季節になってきましたね。
来月は6月...私の苦手な夏になります(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/05/06 19:25 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃんさん
 こんばんは
そうです。
本体のウォーキングは周回コースが本道ですね。

しかし、十数年ですか!!はたして何回周られたのでしょうか。
何時もスリムなスタイルの何処にスタミナがあるのだろうと
ビックリでが、その絶え間ない根気ある継続の蓄積なのですね。

カモシカ、タヌキ...どういうルートできたか不思議ですね。
八高線を越えて阿須丘陵伝いで青梅・奥多摩、奥武蔵でしょうか。

以前、丘陵をさ迷っていた時に金子神社から「6号地トラスト」に
迷い込みました。そこの樹木と谷の風景がとても素敵で、
丘陵の中にまだ別な風景があるだろうと探しております。

いま、丘陵も最高の季節になり、
ウォーキングの方々が増えてくるのでしょうね。
またお会いできることを楽しみにしています。



URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/05/06 20:16 | edit

Re: タイトルなし

ふさじろうさん
こんばんは

棒ノ嶺は当方にとっては地元で、子供の頃から山名だけは
知っていたのですが、初めて登ったのは3年程前です。
それから6回登ったことになります。
他のルートは登ったことは無いのですがやはり白谷沢だと思います。
あの谷間と岩場が棒ノ嶺の魅力ですね。

二子山(小鹿野)ですね。
他の山から見ると鋭い嶺でとても迫力がありますね。
 四阿屋山から見た二子山が特に印象に残っていて、登ってみました。
私は還暦をとっくに過ぎたにわかハイカーですが、
齢のせいか高所恐怖の感覚が鈍っておりまして怖さはありませんでした(笑)
他の山と異なり全身の筋肉を使って進むとても楽しい山でした。
 
山のお写真を期待しております。

当方、妙義や戸隠は未知のところです。
国師などと含めて今後の予定にしたいと思います。




URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/05/06 20:53 | edit

Re: こんにちは。

masaさん
今晩は

丘陵の上に展望台があります。
鉄筋コンクリート20mの高さがあり、登りますと
360度の展望が望めます。
天気の良い日には、都心の構想ビルはもとより
富士山、丹沢、秩父連山、筑波山をみることが出来まして
素晴らしい眺めです。
勿論、眼下には桜と今ですと様々な木々の新緑が芽に
入ってきます。

仰せの様に山の緑の中に桜の花は目立ちますね。
桜と他の木の萌黄のパッチワーク状の山も
とても素敵ですね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/05/06 21:16 | edit

加治丘陵、私も数カ月前に行きましたが
奥武蔵の山人さんの写真は
何処も知らない場所ばかりです。

迷路みたいで面白いところですね。
何と言っても熊が出ないのが良いですね。

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2014/05/07 21:22 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
加治、阿須丘陵近辺にもおいでに
なられているのですね。
 標高はありませんが、適当に整備されたところと
そうでないところが入り混じりっていて
迷路を好む者も満足できるところだと思います。

たしかに熊さんだけにはお会いしたくないですね。

しかし 
同じところでもタマチャリンの迫力は見事なものです!!

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/05/07 22:54 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/198-e05c0207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード