好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

雨の散策路・名栗川沿いをゆく3 真善美の小径(6月8日)  

雨の散策路・名栗川沿いをゆく3 真善美の小径(6月8日)
 毎度遅ればせながらのUPです。

前回は⇒
 雨の散策路・名栗川沿いをゆく 2

▽180 出合 右・名栗川、左・成木川
☆IMGP8180

▽603 周辺の案内図
☆R1048603

▽184 名栗川、遠方は多峯主山
☆IMGP8184

▽185 小雨の下、出合から更に右岸を下流に向かって進みます。
☆IMGP8185

▽187 加治橋
☆IMGP8187

▽190 入間川
☆IMGP8190

▽193
☆IMGP8193

▽200 真善美の小径
☆IMGP8200

恥ずかしながら、この「真善美」という言葉をに接したのは初めてです。
Webで検索していくとプラトンとかが出てくるので、もしかしたら学校で習ったのかも知れませんが、
その時に風邪で休んでいたのでしょう。

▽202 「真善美」の向かい側は市立加治中学校です。
☆IMGP8202

▽203 中学校側に「真善美」が向いていますので、教育の一環で設置したのでしょうか。
☆IMGP8203

それとも私のような者にやんわりと諭しているのでしょうか…

◆真善美・しんぜんび 「Web 大辞林から: 人間の理想である、真と善と美。
それぞれ、学問・道徳・芸術の追求目標といえる、三つの大きな価値概念」

しかし私は単なるアル中(歩き中毒)の身です。
学問、道徳、芸術の追求目標…あまりにも重い言葉を見てしまいました。

私のような者にも分かり易く書いてあります。

▽204 「真」とは真実を求める心
☆IMGP8204

▽205 「善」とは良いことをしようとする実践の心
☆IMGP8205
▽206 「美」とは美しいことを美しいと認める素直な心
☆IMGP8206

更にWebによると
「認識上の真と、倫理上の善と、審美上の美。人間の理想としての普遍妥当な価値をいう」
 
簡単に考えればカンタン、しかし歴史、倫理…道徳…なかなか高尚で奥が深い概念…

そ れ と 、 自分の生きる歩みの中で、これが出来ているのかというと平時そのような心を
持っていることに疑問があります。
情けないことに、ここを歩かなければ「真善美」の言葉すら知らずにいた訳です。

更に、しかし…ウォーキングで「真善美」の世界を考える…ほんの僅かであるが通じるところがあるかと、
思慮も浅く理解を試みるのですが…

ここは他の方々もウォーキングのルートとしているところです。
これをみてどの様にお考えになるのだろうか、
これも稚拙な好奇心のなせる業…恐らく「そんなことは とうの昔に分かりきっているよ」なんでしょうね。
私の精神年齢が幼稚なだけなのかも知れません。
 
◆⇒
 http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

たかがウォーキング、しかもウォーキングである…意味不明。

▽207 真善美を考えるに相応しい小径です。
☆IMGP8207

此処に腰を下ろし、ウォーキングで温まった体を静め、動から静へ、
暫し悠久の川の流れを眺めみて「真善美」考える…素晴らしい環境です。

▽208
☆IMGP8208

今回の雨の散策路はいろいろなことにめぐり合っています。
1の ど根性クルミ、  2の 雉との遭遇、 この辺までは何とか精神の許容範囲内に
収まっていましたが、 真善美となると…これも一環、広ウォーキングで収めるべきでしょうか。

▽209 現実へ戻りましょう。
☆IMGP8209

▽211 更に右岸を下流に進みます。
☆IMGP8211

八高線・加治鉄橋

◆雨の散策路、名栗川沿いをゆく4に続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを ポチ して戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:24 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

コメント

こんにちは~

「〇〇の道」や「〇〇の小径」って見かける事も多いのですが、
この「真善美の小径」とは、意味深い名称ですね^^;
私も、それだけではさっぱり判りません・・・。

この「真善美の小径」で調べてみると、秋には曼珠沙華が咲き誇る。
そして、加治中学校の校訓が「真善美」で、そちらからこの小径が
命名された・・・という情報もありました。
小径付近の整備に、この中学校の生徒も手伝っているとも・・・。

思いがけない言葉に接して、ふと考えてみる・・・そんな事をしたくなる
散策路なのかもしれませんね^^

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2014/06/30 13:07 | edit

こんにちは。

真善美ですか?
人間の理想である,真と善と美、私には備わっている???
「真」は叔母の名に入っている。
「善」は祖父の名に入っていた。
「美」は姪の名に入っている。
くらいかな!!

URL | masa #-
2014/06/30 14:59 | edit

Re: こんにちは~

くろすけさん
 こんばんは
私も後から検索してみました。
この看板を立てたのは南高校と加治中学の方のようです。

曼珠沙華の道は真善美の裏側、川との間の道にありました。

何かの想いがあって高校と中学の方々が作られたと
思いますが、とても上手く出来ていますし
私は日常はこう云うことを意識していませんので
こういうので、気が付かせていただく
とても良いとおもいました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/06/30 20:19 | edit

Re: こんにちは。

masaさん
こんばんは

なるほど
既に血筋で真善美を備えていらっさるのですか

いつもの素晴らしいお写真の源泉の一部は
それかも知れませんね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/06/30 20:22 | edit

山人さん、今晩は!

恥ずかしながら、「真善美」を何と読むのかわかりませんでした。(笑)

私は、このあたりはいつも車で通り過ぎるだけですが、先回のキジといい、
歩くと何か発見があるものなんですね。

それがウォーキングの醍醐味なのかもしれませんね!

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2014/06/30 20:43 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
おはようございます。

車で通るのと歩きではやはり違いますね。
最近なんとなく分かったことですが
車ですと目標地へ行くことが主であると
思います。

歩きですと自分の体のエネルギーを使って
動かして行きます。
遅いですから、一歩一歩の目線、風景、そして
オヤッと思ったらすぐ、そちらへ目を向ける
近視ですが…

なんか怪しい人物を演じています(w)

何時もコメントありがとうございます。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/07/01 09:11 | edit

この悪天候の中アクティブですね
画像の空が今にも大雨が来そうに見えます

名栗川~入間川といい雰囲気ですね。
晴れていれば結構人が散歩してそうに見受けられますが、、。

入間川も下流に行くと立派なサイクリングロードがあるんですね
で、最後は荒川と合流なんですね。
多摩地区の河川には相当詳しくなったのですが
奥武蔵の河川はどの川が何処で合流しているのやら
サッパリです。
まだまだ、奥武蔵修行が足りません。

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2014/07/01 23:08 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは
 いつもながら、だいぶ遅れおくれのUPです。
最近の大雨は規模が小振りです。
私が子供の頃の大雨はタマチャリンさんの迫力の如く
そりゃあ大変水量で、川沿いの民家に浸水があったのを覚えています。
また、子供の頃は大雨があると川に行って眺めていました。
じ~っとみていると濁流に吸い込まれそうになりましたね。

水害はイヤですが、大迫力の昔の濁流が懐かしいです。

名栗川の源流(ウノタワの南東側斜面)から入間川ー荒川ー東京湾
あの世に行く前に辿ってみたいと思っていますが、いつになることやら。

私は奥多摩での修行がまだまだ足りません(笑)






URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/07/01 23:53 | edit

こんにちは。
加治中学校の近くは、加治丘陵を抜けてその辺一帯を歩いたことがあります。
「真善美」は知らなかった・気がつかなかったです。
地元でも知らないことが多くあり、勉強になります。

梅雨も後半、いよいよ快調の夏ですね、
ますますのご活躍と文を楽しみにしています。

URL | りょうちゃん #-
2014/07/02 14:31 | edit

りょうちゃんRe: タイトルなし

りょうちゃんさん
 こんばんは

真善美…加治中と南高校の南側の道にあります。
私も最近この小径の案内があるのを知りました。

車にのときは学校の北側を通ってしまいます。
また、歩く時は川沿い(堤の下)を通ってしまい
ここはあまり通らないために知らずにおりました。

よい言葉に出会えて良かったです。

りょうちゃんさんも何時もながら
お元気のご様子、空に海にとまたお忙しく
なりますね。





URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/07/02 21:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/216-bdf38609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード