好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

雨の散策路・名栗川沿いをゆく 4  八高線鉄橋  

雨の散策路・名栗川沿いをゆく 4 八高線鉄橋(6月8日)
 毎度遅ればせながらのUPです。

前回は⇒
 雨の散策路・名栗川沿いをゆく 3 真善美の小径

▽215 八高線鉄橋(阿須の鉄橋)
☆IMGP8215

真善美の小径を更に進み、加治中学校の西端に出ると八高線の鉄橋があります。
鉄橋の傍にある東屋で雨宿りをしながら休憩をしていると、八高線の下り(高麗川・川越行き)が通過して行きます。
折角ですから撮ってみました。鉄ちゃん達はどの様な撮り方をするのか分かりませんが、

私はただシャッターを押すだけでいつまで経っても撮影技術の進歩はありません。
歩きながらカッシャ、立ち止まってカッシャ、ただそれだけです。
最近のデジカメは便利で、シャッターを押せば下手は下手なりに正直に写りますね。

▽216 東屋の天井
☆IMGP8216

▽217 八高線下り川越行きでしょうか…通過です。13:38
☆IMGP8217

▽218
☆IMGP8218

▽219
☆IMGP8219

先ほどの下りの電車はあまり上手く撮れませんでしたので、今度は上りを撮ってみようと思います。
時刻表を持っている訳ではないので、いつ来るのか…
暫く雨宿りを兼ねてここで電車の来るのを待つことにします。

▽222 
☆IMGP8222

私はこの様な大きな構造物を見るのが好きですね。
更に正直に言えば、ここに登ってみたい気持ちもあります。
何方でしたか、子供の頃にこの上を歩かれた方がいたようですが、羨ましいかぎりです。
今、私がこの上を歩いたらかなりまずいでしょうね。歩きたいと思っている方は他にもいるはずですが、

皆さんはきっと我慢しているのでしょうね。
(注意:この上を歩くことを薦めている訳ではけしてありません)

▽236
☆IMGP8236

▽240 上り、八王子行き14:04
☆IMGP8240

まあ、何枚撮ってもこの程度で全く進歩が見られませんが、
いままでも、これからも飽きずにシャッターを押す根気だけは続きそうです。

▽241
☆IMGP8241

▽242
☆IMGP8242

阿須交差点の近くの道を大きく周回するような形で、小雨の中を落合方面に歩いてゆきます。

▽243
☆IMGP8243

▽248
☆IMGP8248

▽257 阿須から落合に
☆IMGP8257

◆以下は別の日に撮ったものですが並べて置きます。
▽004 大山街道と渡船 阿岩橋左岸
☆R1041004

八高線・阿須鉄橋の川下隣に阿岩橋が架かっています。最近新しく架け替えられたものですが、
左岸のすぐ下流に「大山街道と渡舟の説明板があります。
これを見ると以前の水量は今のそれと比べて、相当なものであったのが窺い知れます。
現状ではとても渡船を浮かべるような水量とは思えません。

明治45年に橋が架けられるまでは渡船でこの川を渡っていたと記されています。
(明治20年渡船開始)もっとも水量に関しては私の推量ですのであまり当てにはなりませんが…
しかし、私の何代か前の先祖は筏を組み、名栗川からここを通過して荒川-千住の方まで材木を

運んでいましたので、それなりの水量が有ったことは間違い無いでしょう。
筏のついでの話ですが、当時、筏で運んだ材木をその時代の兄弟が南千住の荒川近くで材木屋を始めています。

◆以前の撮影分
▽859 八高線・阿須鉄橋 左岸から
☆R1028859

▽000 阿岩橋・阿須鉄橋
☆R1041000

▽012 八高線・阿須鉄橋
☆R1041012

◆八高線は昭和6年の開通とされています。線名の如く、八王子~高崎間を繋いでいますが、
平成8年に八王子駅~高麗川(日高市)間が電化となり、その時から高麗川を境にして
非電化の高崎~高麗川と電化の八王子~高麗川間は分断され、八王子駅からは高麗川を経由して

川越線への直通になっています。都内から発着する電車としては極めてローカル色の豊かな
田園風景の中を北上し、この入間川を渡り高麗川を経由して次の荒川、鳥川(利根川支流)などを渡って
長閑な風景の広がりを見ながら高崎まで行くことになります。

あと2ヶ月少々、秋の雲を見られる頃には旅愁を誘うこの様なローカル線の旅も良さそうですね。

◆雨の散策路 5…清川橋に続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを ポチ して戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:07 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 6

コメント

おはようございます^^

鉄道旅好きな者にとっては、八高線は一度は乗ってみたい路線です^^
文字通り、八王子から高崎を結ぶ路線・・・先日、世界遺産となった富岡の
製糸場で有名な生糸の輸出(横浜港から)にも関わった路線と聞いていますし、
現在、東京近郊で珍しいディーゼルカーが見られる路線としても知られて
います
(以前は、八王子から乗れたのですが、今は高麗川からなのですね^^;)

只、八高線の鉄橋で、ふと思い出したのが、事故。
今回、旅人さんが訪れた、この阿須鉄橋の姿を見て、もしかしたら?と
思ったのですが、事故があったのは多摩川鉄橋でしたね。
(どちらもトラス(鉄橋の枠)が無く似通った形態の橋でした)
また、高麗川駅近くでの事故も、八高線の歴史の中に重大な事象として記録
されていますね・・・。

折角のブログ記事なのに、事故話題をコメントしてしまって申し訳ありません
・・・昔の事とは言え、一度、事故があったりすると、その記事を読んだり
した記憶がずっと残ってしまうというのも良くない事です^^;

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2014/07/04 10:04 | edit

くろすけさんRe: おはようございます^^

くろすけさん
 こんにちは

私はこういう鉄橋、橋の工事、吊橋、大きな建造物、
河川、湖沼、大岩、大木などを見るのがすきで、
他のところにも面白そうな橋があると見に行きます。

今は、八王子からですと高麗川で乗換えかもしれません。
田園地帯をこの様な列車でのんびりと行くのも良さそうですね。

事故の件はだいぶ古く、終戦と直後のことですが
小宮ー拝島間の正面衝突、東飯能ー高麗川間の脱線転覆
ふたつの事故で多くの方々がなくなられました。
私の生まれる前の出来事でしたが
何かの折に出てくる話題ですね。

週末、まだはっきりしない天候で山ゆきがダメのようです(w)





URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/07/04 12:38 | edit

以前の撮影分を見ると
やはり晴れが良いですね。
多摩川も随分水量が減ったと誰かが言っていました。
森林伐採や、河川工事の影響なんですかね?
そう言えば多摩川支流の浅川、、浅川支流の川口川という
川が八王子に流れているんですけど、源流付近に採石場があって
砕石場が出来てから、水量も減り、季節によっては枯れる様になったと
地元のお爺さんが言ってました。
まぁ、人に手によって水量が減ったのは間違いないですね

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2014/07/04 14:34 | edit

山人さん、今晩は。

このごろ、高速の高架とか、大きな橋を鑑賞するのが、一部の人の間で流
行っているようです。山人さんは、流行の先端を行っているのかもしれま
せんね。(笑)

大きな声では言えませんが、以前、私の友人が、終電が終わってしまって
所沢から飯能まで西武線の線路上を歩いた事があったそうです。たまたま
事故にはならなかったようですが、危険なので、線路上は歩かない方がよ
ろしいかと思います。

川の水量は、絶対に減りましたね。それに、魚も小さくなりました。水量が
少なくてのんべんだらりとした流れには、あまり魅力を感じないものです。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2014/07/04 21:00 | edit

タマチャリンさんRe: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは
 先ず
安物カメラと下手な腕も
天気次第で 少しは明るくなる場合もあります。
 ↓ 神頼み お天気様頼みですわ 金峰山
http://mkaifuu.blog.fc2.com/category12-1.html
川の水が減るのはイヤでございますね。
魚も可愛そうでなりません。
出来れば山も川もあまり手を入れすぎると
何かあまりにも管理された自然で…
いや手を入れたら自然ではないですようね。
厳密に言えば
 奥多摩も奥武蔵も都心からたまにお見えになる方は
自然が沢山あると錯覚されますが
山に見える木は杉、檜が大多数で全部人手で植えた
人工林です。残念ながら自然ではないのですわ…


URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/07/04 21:42 | edit

コンタローさんRe: タイトルなし

コンタローさん
こんばんは

大きな橋とか大きな工場、工事現場…私は大好きなのですが
私が知ったのは数年前ですが、
隠れたブームらしいですね。
 夜間の工場ツアー 
http://www.tabione.com/factory_cruise/
『全国工場夜景サミットin北九州』及び工場夜景観賞ナイトクルーズについて
  いろんなのがありますね。
所沢から飯能まで線路を歩く…羨ましい(笑)

川の水が減っているのはとても気になりますね。
魚が小さくなっている…
何か、悲しいというか寂しいような気がしますね。






URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/07/04 21:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/217-157435aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード