好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

国師ヶ岳・北奥千丈岳をゆく3・終回  

国師ヶ岳・北奥千丈岳をゆく3・終回
・下山-夢の庭園-帰路-鹿との遭遇-丹波山-青梅街道

前回は⇒
 国師ヶ岳・北奥千丈岳 2

▽204 何も見えません 誰もいません 北奥千丈岳2,601mの頂きです。
☆IMGP9204

▽207 待てども天候の好転はなさそうです。下山にかかります。
☆IMGP9207

▽209 下山途中、苔と小さな草が小世界の棲み分けをしています。
☆IMGP9209

▽210
☆IMGP9210

▽212
☆IMGP9212

▽213
☆IMGP9213

▽214
☆IMGP9214

▽216
☆IMGP9216

▽217
☆IMGP9217

▽218
☆IMGP9218

▽219 途中、左手方向にある「夢の庭園」に行ってみます。
☆IMGP9219

▽220
☆IMGP9220

▽222
☆IMGP9222

▽223 厳しい環境の中、生をかけた自然と植物の戦いがあるようです。
☆IMGP9223

▽224
☆IMGP9224

▽225 木道と階段です。霧さえなければ、ここから大展望が広がっているのでしょうが…
☆IMGP9225

▽226
☆IMGP9226

▽227
☆IMGP9227

▽228
☆IMGP9228

▽229
☆IMGP9229

▽230 これでは留まってゆっくりと風景を見ることは出来ず、大弛峠に下るしかありません。
☆IMGP9230

▽231
☆IMGP9231

▽233 見えるのは階段と近くのカラマツだけです。
☆IMGP9233

「夢の庭園」は大弛峠から前国師岳への登山道の脇道のような形で階段と木道が架けられています。
晴れていればこの階段からは五丈岩、金峰山、朝日岳、八ヶ岳、富士山が望め、高山植物と灌木、
大岩からなる自然の庭園の広がりを楽しめるのですが・・・

今日は朝から峠の霧、樹林の霧、頂きの霧と霧三昧です。 たっぷりと霧を堪能させてもらいました。

「夢の庭園」の階段を下っていくと大弛小屋の前の道に合流し登山口の峠に戻ります。

▽239 大弛峠着 12:02 
☆IMGP9239

峠まで下ってきても相変わらず霧が立ち込めています。
道路脇で昼食を摂り暫し休憩後に帰路に向かいます。朝は中央自動車道路を使ってきたのですが、
帰りは青梅街道(大菩薩ライン)にて大菩薩嶺の西側を通り、柳沢峠から奥多摩湖に向かいます。

▽241 琴川ダム
☆IMGP9241

▽250 甲州市でしょうか・・・
☆IMGP9250

◆甲州市・恵林寺⇒
 甲州市・恵林寺

◆大菩薩嶺⇒ 大菩薩嶺

▽253 帰路、道路と谷の間に立派な鳥居が…
☆IMGP9253

▽274 柳沢峠 鹿との遭遇
☆IMGP9274

▽281 何を言っているのか、幾ら頭を捻っても鹿語が思い出せない…いや、習ってなかったのだ・・・
☆IMGP9281

▽283
☆IMGP9283

▽285 鹿と適度な距離を保って約5分、人に慣れているのか落ち着いています。限が無いのでこちらから 
鹿さんさようなら…
☆IMGP9285

▽287 丹波川 
☆IMGP9287
清流丹波川にかかる吊橋・・・ここは山梨県丹波村、青梅街道沿い奥多摩湖の手前「道の駅 たばやま」です。

▽289
☆IMGP9289

▽296 山梨県・丹波川です。西から東へ流れ下り、東京都・奥多摩湖にそそぎます。
☆IMGP9296

今回の大弛峠-前国師岳-国師ヶ岳-北奥千丈岳-夢の庭園は全て霧の中を歩きました。
どこか一箇所でも僅かな時間でも霧が開けてくれればと心の片隅の仄かな望みがありましたが、
それも予定通り天気予報どおりの完璧なまでの霧でした。

このルートは比較的楽なコースですので、いつでも来られる気軽さがあります。
天気が良くて予定が無いときに「そう云えば夢の庭園の展望があったなあ」そんな感じで
いつの日にか また来てみようと思います。   おわり

◆昨年の金峰山 2 ⇒
 金峰山 2

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを ポチ して戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:24 [edit]

category: 秩父 周辺

コメント

おはようございます^^

霧に覆われてしまって残念でしたが、水分は緑を鮮やかにしてくれますね^^
絨毯のように覆われた苔って結構、好きです

一転、下界は良いお天気で・・・皮肉なものですね。
でもシカとも遭遇できるとは!
鳥居とご本尊?の跡に残る祠は焼失してしまったのでしょうか。
でも、立派な鳥居ですし、きっと由緒ある神社さんだったと思います^^

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2014/09/11 07:58 | edit

くろすけさんRe: おはようございます^^

くろすけさん
 こんにちは
当方も草花、苔などに詳しければ良いのですが
さっぱりで・・・ただシャッターを押しているだけの
恥ずかしいものです(笑)

仰せのように帰りには青空が徐々に広がってきて、
私が行ったところだけがダメだったようです。
対面の金峰山に登られた人は富士山が見える時刻が
あったと話されていましたので、これも日頃の行い
を天がしっかりとご覧になっていたのでしょう(笑)
 立派な鳥居が有りましたが、なに神社かは分かりませんでした。
鹿は昨年もここを通ったときに道路の反対で見かけました。
 山は霧でしたが鹿との遭遇は嬉しいものです。

コメント 有り難う御座いました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/09/11 12:27 | edit

こんにちは。

「夢の庭園」良いところですね。
天空の庭園と云う感じでしょうか?
霧が無ければその展望はすばらしいのでしょうね。

URL | masa #-
2014/09/11 15:34 | edit

苔シダ類の植物ですかね
綺麗ですね
鑑賞用に欲しい位ですが
採取はご法度でしょうね
夢の庭園の階段は何だか面白そうですね
下山すると見事な快晴でビックリですね

URL | タマチャリン #OARS9n6I
2014/09/11 17:17 | edit

山人さん、今晩は!

堪能したのが霧とは、ちょっと残念でしたね。(笑)
でも、シカと遭遇出来て、少しは埋め合わせ出来たのではないでしょうか?

丹波川は、とても澄んでいて水も冷たいですよね。夏でも、長い事水の中に
入っていられなかった記憶があります。

ところで、山の上に木道や階段を作るのは、きっと大変だったでしょうね。立
派な階段を見て、そんな事を考えてしまいました。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2014/09/11 20:15 | edit

masaさんRe: こんにちは。

masaさん
こんばんは

夢の庭園は初めて行って全面が霧でしたので
なんとも言いようが無いのですが、
山の斜面にかなり高い階段を作られて
いますので、花の時季(シャクナゲ)と紅葉の時季は
とても良いと思います。

金峰山、五丈岩、八ヶ岳、富士山・・・また行ってみたいと思います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/09/11 22:12 | edit

タマチャリンさんRe: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは

苔、シダ類・・・だと思うんですようね。
綺麗でしたよが、それらに全く知識が無く残念です。
考えてみれば苔、シダ類は霧とか雨で湿度がないと
生きていけないですもんね。

採取しても同じ環境を作れないから難しいかも知れません。
夢の庭園は他の方のHPを拝見すると秋から初冬が良さそうで
その眺望は素晴しいようです。
 軽い所なのでまた行ってみたいですわ。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/09/11 22:21 | edit

コンタローさんRe: タイトルなし

コンタローさん
 こんばんは
そうです 霧三昧でしたよ!!
鹿は前回ここを通った時にも
遭遇して、沢山いるのですね。
人になれていそうです。
人が鹿をみているのか、鹿が人をみているのか です(笑)
 
丹波川はだいぶ標高が高く山の中の清流っていう感じですね。
夏でも冷たいかも知れませんね。

夢の庭園の階段は良く作られたと思います。
全て人力でしょうから大変だってと思います。
晴れていれば富士山、金峰山、八ヶ岳・・・
残念でしたが日頃の行いです(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/09/11 22:29 | edit

夢の庭園

おはようございます

▽231 に、感動しました。
山で人工物を造形的に構図にまとめるのは、私には思いつきませんので。
この前の みなとみらい幾何学構造美 も連想しました。
それにしても 「夢の庭園」 とは、
ネーミングの方が勝っている気がしないでもありませんが・・・

URL | ふさじろう #-
2014/09/13 06:55 | edit

ふさじろうさんRe: 夢の庭園

ふさじろうさん
こんばんは

夢の庭園は霧の中を訪れたものですから
設置者が考えた理想環境ではなく
残念なことをしました。

樹木を越えた高さに階段を架けてありますので
よく作って頂いたなあと思います。
自然林の中の構造美でしょうか、実際に
歩いてみますとあまり違和感はありませんでした。
天気さえ良ければ周囲から遠方までの展望の広がりが
素晴しかったと思うのですが・・・
しかし、仰せのように 夢・・・までは
どうかなあとも思います。

八間山のご案内、ありがとうございました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/09/13 23:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/238-e6a37662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード