好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

尾瀬ヶ原をゆく4 草紅葉と紅葉の帰路 2014秋10月12日  

尾瀬ヶ原をゆく4 草紅葉と紅葉の帰路 2014秋10月12日

▽R1016 俯瞰・尾瀬ヶ原 高天原・至仏山から北東を遠望
☆R0010362 2010 10 16

前方に燧ヶ岳・・・その手前、左右線状に延びる林の中央には竜宮小屋、更に手前の右に盛り上がりの森が牛首、 
一番手前の建物があるところが山の鼻(過去の至仏山から)

今回は尾瀬ヶ原の西南端・山の鼻からヨッピ吊橋に寄り、竜宮小屋を廻り手前の右の鳩待峠へ戻る周回コースでした。

尾瀬ヶ原をゆく3からの続き⇒
 尾瀬ヶ原をゆく 3

▽766 13:06
☆IMGP0766

尾瀬ヶ原のほぼ中央、竜宮小屋にて一休みしてあとはユックリと帰路を辿ります。

▽767 帰路は南西に
☆IMGP0767

帰路の先には至仏山、右手は八海山

▽773
☆IMGP0773

▽777 13:29
☆IMGP0777

▽778 13:31
☆IMGP0778

▽783
☆IMGP0783

▽786
☆IMGP0786

▽790 13:38
☆IMGP0790

▽792
☆IMGP0792

▽793
☆IMGP0793

▽797
☆IMGP0797

▽801
☆IMGP0801

▽803
☆IMGP0803

▽804
☆IMGP0804

▽806 14:23
☆IMGP0806

▽807
☆IMGP0807

▽811 山の鼻 14:42
☆IMGP0811

竜宮小屋から歩き始め、途中2回程休憩を挟んで山の鼻へ到着。

▽812
☆IMGP0812

山の鼻でユックリと休憩し、あとはここから鳩待峠まで、往路で下ってきた分を登って帰ることになります。鳩待峠からのシャトルバスまで余裕があるので残りの紅葉を観ながらユックリと歩くことにします。

▽814
☆IMGP0814

▽820
☆IMGP0820

樹木によって既に葉を落としたもの、僅かに残しているもの、今が盛りのもの・・・
晩秋の青空を背景に鮮やかな色が目に入ります。

▽821
☆IMGP0821

▽822
☆IMGP0822

▽823
☆IMGP0823

▽826
☆IMGP0826

▽827
☆IMGP0827

▽829
☆IMGP0829

▽831
☆IMGP0831

▽832
☆IMGP0832

▽835
☆IMGP0835

▽836
☆IMGP0836

▽837
☆IMGP0837

▽838 
☆IMGP0838

▽841
☆IMGP0841

▽843
☆IMGP0843

▽844
☆IMGP0844

▽846
☆IMGP0846

▽848
☆IMGP0848

▽849 鳩待峠まであと僅かな距離です。
☆IMGP0849

▽854 鳩待峠に到着16:19
☆IMGP0854

山の鼻から鳩待峠への復路は往路と異なり、緩い登り坂になります。
ユックリと歩いたためか往路では見えなかった美しい残り葉が黄、赤と最後の秋色を見せてくれました・・・終回

◆名栗川(入間川)源流から河口までを断続的に進めています。先週、源流から永田までを繋ぎました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:11 [edit]

category: 尾瀬と周辺

コメント

おはようございます^^

尾瀬と言うと、一般には水芭蕉の頃というイメージですが、秋の尾瀬も
素晴らしいですね^^
場所により標高がかなり違うので、紅葉の色づき具合にも変化があって
コース内で初秋から晩秋まで経験出来る感じです
私が一度だけ訪れた時は雨降りで遠望は効かず、周りの景色を楽しむ事が
出来ませんでした^^;

767のお写真で、八海山と。えっ?越後三山の八海山が見える位置関係?
って地図を確認してしまいました^^;
同名の山でしたね
ただ新潟の八海山と至仏山とは直線で25km位。もしかしたら尾瀬の
山から見えるのかも^^

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2014/12/23 08:47 | edit

一番最初の写真!!
なんですかこれはっ!!凄い!凄すぎですね。
これは正に見たこともない世界です!
流石!有名観光地!
伊達に有名なわけでは無いということがよく分かりました。

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2014/12/23 18:05 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
こんばんは

たしかに尾瀬は夏というイメージが強いですね。
秋もなかなかですので最近は尾瀬は夏と秋の半々
位になりました。

くろすけさんが入山されたときは雨だった
ようですが、尾瀬は天気が変わり易いところで
降水確率を確認して行っても
突然雨に遭うことが多々有ります。

次の機会にまた是非お出かけになって
下さい。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/23 21:59 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん

こんばんは
あの写真は尾瀬ヶ原の西端、山の鼻から至仏山に
登った時のものです。
尾瀬ヶ原がほぼ全域にわたり見渡せます。
 これで観ると尾瀬ヶ原は
前を至仏山、後ろを燧ケ岳、左を景鶴山、右をアヤメ平で
囲まれているのが分かりますね。

もう一つのポイント尾瀬沼は見えませんが
燧ケ岳の右手の裾に有ります。

尾瀬の場合はルールで歩くことの出来るところが
厳しく決められているので、スリルを伴うマニアックな
楽しみは無いのですが、奥多摩、奥武蔵とは異なった
意味での楽しさが有りますので
是非お時間が有ったときにお出かけ下さい。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/23 22:17 | edit

はじめまして、こんばんは
私も一番目の写真にビックリです!
そしていつかは自分の目でその場に立って
感動を味わいたいと思います

この時期ならではの味わい深い色、素敵な写真ですね

URL | ミント #-
2014/12/23 23:40 | edit

皆さんおっしゃってますが、私も尾瀬は春~夏のイメージしかありませんでした。
金色の尾瀬がこんなに素晴らしいとは!!
いつか行って見たい!とは思いつつも、
観光名所なので混み合いそうで、いまひとつ踏ん切りがつきません f(^_^);;
至仏山とセットで訪れてみたいなぁ、と思います。

URL | まあも #-
2014/12/24 00:39 | edit

Re: タイトルなし

ミントさん
はじめまして 

この写真は別な年のやはり10月でした。
尾瀬では有名な(100名山)至仏山から
撮ったものです。至仏山に登りますと
尾瀬ヶ原のほぼ全域を見渡すことが出来ます。
写真を圧縮していますので、
尾瀬ヶ原中央の竜宮小屋、木道やそこを歩く人達はほとんど
見えませんが、実際には映っています。
時季を選んで登られますように
至仏山は燧ヶ岳と異なり意外と楽な山ですから

観て戴きましてありがとう御座います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/24 18:26 | edit

Re: タイトルなし

まあもさん
こんばんは

最近は秋も人が訪れるようです。
尾瀬の入山口はいくつも有るのですが、
南の群馬県側の鳩待峠からは入る人が多くて
時季の休日は鳩待峠は混む場合が有ります。
しかし以前のピークから比べますと
約半分位だそうです。

10月で有れば初夏と比べて混み具合も
それ程でも無いと思いますので
是非いかれますまうように

観て戴きましてありがとう御座いました。






URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/24 18:38 | edit

一通り拝見させていただきました。今年の秋の尾瀬を、自分が歩いてきたように楽しませてもらいました。やはり秋の尾瀬は良いですねえ。今年は行けなかったので来年は逃さないようにしたいものです。

それにしても、尾瀬ヶ原での紅葉が一番美しいタイミングに行かれたように見受けます。ブナの紅葉が何時になくキレイです、狙っていてもなかなか難しいものですから、そんなときに歩けたのはかなりの幸運だと思います。よかったですね!!

URL | 鉄まんアトム #-
2014/12/27 16:56 | edit

Re: タイトルなし

鉄まんアトムさん
こんばんは

尾瀬と言えば「アトムさん」と 誰もが思い浮かべる
方に見て戴いてありがとう御座います。
 し か し 
内容があれですから恥ずかしいです。
穴が有ったら入りたいとはこのことですね。

何のポリシーもなく ただ歩いて数を
撮っているだけで進歩がありません(笑)

私的には時季が台風で遅れて、草も樹木の紅葉も
遅すぎたかなと思っていたのですが、
鳩待峠ー山の鼻間に少し残っていたようですね
仰せの様に意外と幸運だったと思っています。

拝見いたしますと
尾瀬の写真展に連続の入選とのこと
誠におめでとう御座いました。





URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/27 21:30 | edit

深みがある、色合いのお写真に見惚れました(*^_^*)

尾瀬の秋色、どれも素晴らしいお写真ですね♪

URL | yamatoumi #-
2014/12/28 11:18 | edit

Re: タイトルなし

yamatoumiさん
こんばんは

この世界で有名なyamatoumiさんに
見て戴いて、過分なお言葉まで頂戴し
嬉しいやら恥ずかしいやらで困りました(笑)

カメラのことは何も分からずに仕上がりは
天候任せ、カメラ任せです。
ただシャッターを押しているだけで
恥ずかしいものを数だけ沢山撮っています。

影信山を拝見致しました。
流石に私のとは比べようがない
素晴しいお写真の連続で、どうやったら
真似できるか苦心しております。
 
来年もまた素晴しい山歩きを拝見させて
戴きますようよろしくお願いいたします。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/28 22:32 | edit

尾瀬ヶ原

こんばんは
冒頭の、至仏から尾瀬ヶ原越しの燧の秋景はあまり見ない気がします。
牛首も丸い森になっていて、なんだか新鮮です。
803、806は尾瀬の秋の池塘らしくていいですね。
826は手前の葉は形で見せて、奥を霞ませて色で見せるのは
チャンスがあれば参考にしたいですね。
来年も楽しみにしています。

URL | ふさじろう #-
2014/12/28 22:57 | edit

Re: 尾瀬ヶ原

ふさじろさん

尾瀬はブログを始める前から
数だけは行っているのですが
当方のいい加減な性格で
良い写真は残っていません。

天候次第ですが
至仏山から見ると尾瀬ヶ原はほぼ一望できて
登り甲斐がありますね。
いつも牛首をみて、どうして牛首なのか
今も謎が解けないでいます(笑)

いつも観ていただいてありがとう御座います。
来年もよろしくお願いします。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2014/12/29 00:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/263-038cc42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード