好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

加治丘陵-唐沢流域を彷徨う 2 北西ルートを・・・  

加治丘陵-唐沢流域を彷徨う 2 北西ルートを・・・

▽730 汗だくで登れば何とか上が近づいてきます。
☆IMGP2730

前回の1は⇒
 加治丘陵-唐沢流域を彷徨う 1

自分にとって、この登りは久し振りの本気度90%の出力が必要でした。
因み過去の例では天狗岩が85%、伊豆ヶ岳の鎖場を登って左側を通るところが90%、
棒ノ嶺の冬季雪中下山(アイゼン無し)が90%・・・
いずれも事業自得、準備不足や安易な判断が起因しています。
言うまでもありませんが安全に楽しめてこそ本来の「ウォーキング」です。
(ここで本気度N%とは精神的にも体力的にも科学的な裏付けは全くありません)

▽728 
☆IMGP2728

▽729
☆IMGP2729

▽733
☆IMGP2733

▽735 焦りは禁物です。
☆IMGP2735
慎重にユックリと・・・確実に足場と手懸り三点確保をしてい行くことが肝心です。
だいぶウォーキングとは離れてきてしまい、ウォーキング講座の先生方には大変申し訳なく思っています。
駿河台大学公開講座⇒
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

▽737
☆IMGP2737

▽738 振り返れば駿河台大学と武甲山が・・・
☆IMGP2738

▽739 何とか擦り傷2箇所で登りきりました。
☆IMGP2739

▽741 
☆IMGP2741

▽742
☆IMGP2742

▽744
☆IMGP2744

▽746 取り敢えず上りましたが、安心せずに正規ルートへ向かいます。
☆IMGP2746

▽748
☆IMGP2748

▽749 この鎖を越えれば通常のルートのはずです。
☆IMGP2749

▽750 この鎖の左は進入禁止です。
☆IMGP2750

▽752 進むと看板の背が・・・
☆IMGP2752

▽753 やはりここは・・・
☆IMGP2753

▽754
☆IMGP2754

▽755 以前、ここから覗いたことがありました。
☆IMGP2755
どうやって降りるか・・・内心ここを降りてみたい気持ちがあったことは事実です。

▽762 加治丘陵の北西側ルートから今回の目的地、唐沢流域に向かいます。
☆IMGP2762
加治丘陵には北西側のルートのほかに桜山展望台を挟んだ南東側にもルートがあります。
この2本はそれぞれ東端、西端で繋がり、周回することが出来ます。
◆いちばん下の地図、ピンクが北西ルート、緑が南東ルート。

▽763
☆IMGP2763

▽766 この分岐も先に進んでみると雰囲気の良い谷川がありますが、今回はパスして唐沢流域を目指します。
☆IMGP2766

▽770 桜山展望台は左へ 今回は直進です。
☆IMGP2770

▽771 山仕事の広場
☆IMGP2771

▽772 名郷でしょか、白い採石場のようなところが見えます・・・
☆IMGP2772

▽773 武甲山、天覚山・・・
☆IMGP2773

▽777
☆IMGP2777

▽780 いったん車道に出て西へ
☆IMGP2780


▽781 
☆IMGP2781

▽782 この八幡神社の西側の坂を上り唐沢流域へ向かいます。
☆IMGP2782

▽532今回のコースA-B-C-D-E-F-G-H-I-J-A(周回)「さいたま緑のトラスト協会」さんの資料を拝借しております。
☆R1044532

◆加治丘陵-唐沢流域を彷徨う 3 へ続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:27 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

tb: 0   cm: 4

コメント

こんにちは

カメラで撮ると、実際の斜度が緩く感じられる事がよくあります。
それでいて、この急傾斜・・・よく登られましたね~^^;

上から見ると緩やかに削られた風・・・崖下は沢だった所なのでしょうか?

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2015/01/05 12:28 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん
コメントありがとう御座います。

この辺は最近知ったのですが、
既に万葉集にこの近辺の崖が謳われていたらしいです。
段丘というのでしょうか、昔の名栗川がどういう
状態であったか、加治丘陵の高い部分がどうやって
削られたりして行ったかは想像も難しいのですが
現在も急角度の崖が有ります。
 長い年月をかけてこれからも雨水風によって削られて
いくのでしょうか。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/01/05 12:48 | edit

加治丘陵も中々凄い場所があるんですね~
丁度一年前にこの辺りを自転車で彷徨いましたけど、、
こんな場所があったとは!!!
確かにちょっとルートを外れてみれば
深い山と錯覚しそうな風景なんですよね。
近場なので未走行エリアも結構残ってるので行ってみようかなぁ~

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2015/01/05 22:04 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
本当は良く考えると登ってはいけない処
だったのかなあと思います。
老い先短い者ですから勘弁してもらいましょう。

この近辺は次に唐沢流域と云うところ入るのですが
私的には良いところです。
人があまり入らない小さな谷川ですがなかなか良い雰囲気が
有ります。

更に阿須丘陵から七国峠方面の脇道なども面白そうです。

仰せのように主ルートを外れてみるのも良いかも知れませんね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/01/05 23:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/266-88c5bb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード