好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

風布 周回 3 葉原峠‐仙元-塞神峠‐釜山神社をゆく  

風布 周回 3 を葉原峠‐仙元-塞神峠‐釜山神社をゆくゆく

▽179 長瀞町側 宝登山、その先に城峯山
☆IMGP4179

今回の風布ルート
日本の里・風布館-風の道-大平山(小林山)-葉原峠
-仙元峠-塞神峠-釜山神社-釜伏山-風布館

前回は ⇒
 風布 周回 2

西に転げると秩父郡・長瀞町、東に滑り落ちると大里郡・寄居町・・・
その郡境を北から南へ葉原峠-仙元峠-塞神峠を辿ります。

▽143 寄居町側
☆IMGP4143
みかん園のご夫妻から思わぬご厚情を戴いて気分を良くし、中腹から案内をされた道を辿ると山道は
再び林道に出る。目指す葉原峠が近づくと道路一面が雪で覆われている。

▽144 12:17
☆IMGP4144

この調子で行くとこれから先の尾根を辿る道の積雪が心配になってくるが、今日は生憎アイゼンの持ち合わせはない。

▽145 葉原峠 467m
☆IMGP4145

左手に葉原峠の石標が見えてきた。この峠を更に先に進むと西側の風布(長瀞町)である。

▽146 両神山
☆IMGP4146
風が強く、まともに対峙すればかなり寒い。
既に昼食の時刻を過ぎているので峠の少し先の右手、山側を背にして風を凌げるところに腰を下ろす。
さて今日の昼飯はおにぎり4個(鮭2、昆布とウメ)、ゆで玉子、野菜、チーズ、お茶・・・いつもほぼ同じ様なものだ。
因みに少しハードな山歩きやウォーキング大会の時にはこれに顆粒の補給剤やカロリーメイト、チョコレートなどを
追加する。
 風はなかなか治まらない。木立を揺らしながら頭の上を通り過ぎてゆく。遠方、南西の方角に両神山が堂々たる
その風格をみせつける。

▽148 進行方句左手は寄居町側
☆IMGP4148
強風のなか、20分ほどの昼食時間をとり仙元峠に向けて腰を上げる。手入れのよく行き届いた檜の美林を暫く
進むとだいぶ雪が残っている。足元に注意しながら慎重に進むしかない。

▽153 まさか!・・・先を越されたか
☆IMGP4153
雪の山道に自転車のタイヤ跡が・・・
これはもしや、その世界で有名な林道走破の達人
 林道タマチャリン さんではあるまいか・・・
▽155
☆IMGP4155

▽158
☆IMGP4158

▽159
☆IMGP4159

▽160
☆IMGP4160

▽161 仙元峠412m 13:12
☆IMGP4161

檜の雪道に入り程なくして仙元峠に到着した。山頂の長瀞町と寄居町の境を少しばかり長瀞町側に
入っているようだ。浅間神社の社殿の前、峠の石標にはその町名が記してある。

▽162
☆IMGP4162

▽164 塞神峠 449m 13:23
☆IMGP4164

仙元峠から雑木林の尾根を進むと、峠の標識の背側から長瀞側に寄ったところの林道出る。
三叉路のところに立派な塞神峠の標識がある。ここからまた暫くは林道を歩き、釜山神社を目指すことになる。

▽166
☆IMGP4166

▽168
☆IMGP4168

▽171 長瀞町側 南西の遠方に両神山が再び見えてきた。
☆IMGP4171

▽175 遠方に雪を纏う浅間山が見える。
☆IMGP4175

▽176 休憩舎13:39
☆IMGP4176
塞神峠を過ぎて、林道から山側に入る道に入ってみた。雪の残る細い道を上がるとこの東屋に到着する。
南西から北にかけての展望が大きく広がる。

▽180
☆IMGP4180

▽181 西側、長瀞の街、荒川に架かる金石水管橋と・・・遠方に浅間山。
☆IMGP4181

▽183
☆IMGP4183

▽184 休憩舎(東屋)から更に進むとまた林道へ出る。
☆IMGP4184
積雪はこれでよいのだが、これは・・・

▽185 ここは何処
☆IMGP4185
また林道に出てしまった。さて残念ながら正確な現在位置が分からない。
セッカチな性格からめったに地図を見ないで進んでしまう。
いや、見ても正確に把握できる能力を有していないというのが正しい。
それでまず進んでみようか、登ってみようかを優先させる。(これはダメな見本ですからマネをしていけません)

▽186 
☆IMGP4186
分からなくなってしまった。止むを得ず久し振りに「山と高原地図 奥武蔵・秩父」を広げて見る。
どこかで左の山道へ入れば良さそうだ。幸いなことに左手に手ごろな階段が見えるので登っていけばよいのだろう・・・
地図を広げても読みができてない・・・

▽189 林道から階段に進む
☆IMGP4189

▽191
☆IMGP4191

▽192
☆IMGP4192

▽193
☆IMGP4193

▽195 釜山神社へ
☆IMGP4195

いつもながらの当てずっぽうで進んで・・・実は時刻が迫るし、残りの距離、起伏状況を把握している訳ではなく、
この指導標をみていっ時の安堵である。

▽196 ここだろう
☆IMGP4196

▽198
☆IMGP4198

▽199 釜山神社 14:06
☆IMGP4199

やっと釜山神社に到着したが、この先の道と時刻が気になりはじめてきた。
幸いここで庭の掃除をしている年配の方がいらっしゃる・・・釜伏山から風布館への道を尋ねる
「戻って、右に行けばよいのですが、急坂の雪が・・・」なんかこの最後のほうが歯切れが悪い
「・・・雪が・・・」のところが気になる。
しかし別の道を知っている訳でもないし、残された時間を見ると言われたように行くしかない。

▽200 言われたように進むと
☆IMGP4200

▽201 なんだこれはと、終盤になってから 14:16
☆IMGP4201

こう云うところを登るとは思ってもいなかった(調べてもいないと言うことが正直なところだが) 釜伏山へ

◇風布4 へ続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 19:29 [edit]

category: 秩父 周辺

tb: 0   cm: 8

コメント

釜山神社

こんばんは

前回のみかん山は同じ所を歩いていますのでなつかしく見ました。
みかんをもらった家はみかんを買った店かもしれません。
私どもは日本の里から東側の中間平へ行ったので、
西側の長瀞や秩父側の景色や、行けなかった釜山神社も
紹介してもらって得した気分です。
あとは、看板でしか見ていない 日本水 が
アップされるのを楽しみにしています。

URL | ふさじろう #-
2015/02/22 20:58 | edit

Re: 釜山神社

ふさじろうさん
こんばんは

みかん農家・・・そうかもしれませんね(笑)
最近は行き当たりばったり、と成り行き任せが
続いていまして、風布の場合の場合もほとんど
調べずに行ってしまい ふさじろうさんが
歩かれました中間平のことは忘れいました。
風布館へまず行きまして尾根をぐるっと廻ってこよう
そんな感じでいきました。
しかしみかん山のイメージで行った割には雪もあり、
想定以上の山歩きになったことが面白かったです。
 日本水は近くまで行ったのですが、立ち入り禁止で
残念ながらいけませんでした。
 
季節を別にしてふさじろうさんが歩かれた中間平方面にも
行ってみたいですね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/22 22:30 | edit

いやいやいや!
流石に長瀞近くまでは行けませんよぉ~~
しっかしもうこの時期は何処も山間部はこんなですね~~
一昨日宮ケ瀬の近くの山もこんなでしたよ
仕事道に突入してエライ目にあいました
まぁ、、ネタとしては面白いんですけどね~~

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2015/02/22 23:37 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
いや これはてっきりタマチャリンさんに
先をこされた~と思っていましたが、
冷静に考えると
少し距離がありすぎですね(笑)

終回の下山では雪の急坂下りがあり流石に
自転車を担いで、ここを下るのはどうかなと
思いましたわ。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/23 00:14 | edit

おはようございます^^

尾根道や樹林の中を抜ける道・・・高度、向きや陽当たりの違いによって
異なるのでしょうが、残雪の量がかなり異なりますね
斜面では滑らないように気を付けないとなりませんし、雪によって
辿るべき道を見失う可能性もある・・・なかなか手強い相手ですね^^;

いつものように地図を見ながら拝見しているのですが、この辺り・・・
細かい起伏(実際にはかなりの高低)が入り組んだ地域なのですね( ̄▽ ̄;)

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2015/02/23 09:41 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
こんばんは
やはり時季的に少し登ると雪ですね。
いつも行き当たりばったりで、みかん山という
なだらかで暖かそうなイメージで行ったのですが
ご覧のように進む先は雪でした(笑)
実際に歩いている私があまり地図を見ないで
くろすけさんに地図を見て戴いて
ありがとう御座います。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/23 22:16 | edit

「進んでみようか、登ってみようか」はきけんですね。
気おつけて下さい。遭難されないように!
知らない道での道しるべ!便りになりますね。
安心の表情が目に浮かびます。

URL | S-masa #-
2015/02/25 14:49 | edit

Re: タイトルなし

s-masaさん

仰せのように 家人からも言われております。
考えが甘すぎると(笑)
奥武蔵近辺は指導標が沢山あり山道も
整備されているところが多いのですが
この辺はあまり歩かれる方が少ないせいか
道がわかり難かったですね。
 地図をよくみながら歩かない自分の
甘さですが。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/25 22:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/276-9a597538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード