好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

風布 周回 4 雪の急階段  

風布 周回 4 雪の急階段

▽210
☆IMGP4210

今回のルート
日本の里・風布館-風の道-大平山(小林山)-葉原峠
-仙元峠-塞神峠-釜山神社-釜伏山-風布館

前回は⇒
風布 周回 3

釜山神社を参拝する。いよいよ陽の傾きと時刻が気になってくる。
神社にいらっしゃった人に釜伏山を経由して風布館への道をお聴きした。
あとは終盤を気持ち的に少し早めることになる。残りはどれ位の距離なのか、
どのような起伏があるのか、いつもながら行き当たりばったりの初心者がさまようことになる。

それと神社の方の「・・・雪が・・・」の二文字がどうも気になるが、他の道を知っている訳でもなく、
この続きを歩き始めて周回路を進むしかない。

▽202 こう云うのは聴いてなかった・・・
☆IMGP4202

神社でお聴きしたように進むと東屋と鳥居がすぐに目に入ってきた。
鳥居をくぐると急坂が、それもごつごつした岩場が待ち構えている。
幸い先ほど聴いた雪は全く無いので手懸りを岩に確かめながら一気に登る。
雪は取り越し苦労であればよいのだが・・・

▽203 釜伏山 山頂582m 
☆IMGP4203

岩場を這い上がるとすぐにここが釜伏山山頂のようだ。祠と狛犬が鎮座しているが、
これは犬ではなく狼らしい。
◇この地域には狼信仰、狼伝説がいくつも残っている。
日本武尊が道に迷った際に狼に助けられたとか、1990年代に狼が目撃されたとか・・・
狼にご興味のある方は「秩父 狼」で検索。
▽206
☆IMGP4206

▽207 凄ましい高度感
☆IMGP4207

山頂を後にするとすぐに展望が開ける。標高582mそれ程のものではないと思うが、高度感が凄い。
楽しいやら、怖いやら・・・このような風景を見ると
 空と海のりょうちゃん にご指導を願い、
脱いだ羽根をもう一度着けてみたいような気がしないでもない。
しかし足腰がついていけないだろう・・・勿論頭もだが。

▽211 恐怖の急階段
☆IMGP4211

ここが釜山神社で聴いた「・・・雪が・・・」の歯切れの悪さの意味か、遠方を見れば素晴しい高度感がある。
しかし足元を見ればかなりの急階段で、おまけに頼んでもいないのに雪のスペシャルオプションまで付いている。

▽212
☆IMGP4212
今更ながら、アイゼンを持ってくれば良かったのだが、いや、実のところは買って持ってはいるのだが、
まだ一度も使ったことが無い・・・仮に今回持ってきたとする。
それで切羽詰まった今、この時点で、ここを下るのに試し履きをして良いものかどうか・・・

▽213 高度感を越えて浮遊感がある。
☆IMGP4213

▽214 しかし足元の環境は容赦してくれない。
☆IMGP4214

張ってある鎖を伝いながら、一歩づつ確実に下るしかない。

▽215
☆IMGP4215

▽216
☆IMGP4216

▽217
☆IMGP4217

▽218a 高度感の先に今朝のぼり始めに立ち寄った みかん園が見える。
☆IMGP4218a

▽219 高度感の恐怖を苦笑いでやり過ごすしかないだろう。
☆IMGP4219

▽220 まだまだ、この雪の下へ降りていかねばならない。
☆IMGP4220

雪が有る時や悪天候の時にはあまり楽しく通れるところではない。
そういう場合にはここは避けて別の道から下山するのが正しいだろう・・・
しかし、その別な道を全く知らずに来てしまった初心者は、
足の震えを顔で笑い。恐怖心をぐっと腹に納め、亀の足でノッソリと下るしかない。

▽221
☆IMGP4221

▽222
☆IMGP4222

林道走破で有名な
 林道タマチャリン さんのパワ~とテクニックでもこの雪の急階段、自転車を担いで下るのは・・・「行くぞ!」と言われても お止めします。

◇風布 周回 5 へ続く
 

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:36 [edit]

category: 秩父 周辺

コメント

おはようございます^^

釜山神社から釜伏山頂を経たのですと北側斜面を降下する
形のようですね
北側だと残雪は仕方有りませんが、鎖付きの急斜面・・・
よく撮影しながら降りられましたね~( ̄▽ ̄;)

風布館の方に車を駐車されてて、どうしても下らないと
ならない状況なのかもしれませんが、私でしたら
足がすくんで・・・スゴスゴと退散しちゃいます^^;

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2015/02/27 10:26 | edit

先週雪道を自転車で少し走ったんですけど
もう諦めて途中に置いていきましたよ
しかしまぁ、、凄い急勾配での残雪ですね
これは怖い!
でもとても面白そうな所ですね!!

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2015/02/27 12:22 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
こんにちは
 私よりくろすけさんの方が
状況を把握されていますね(笑)
 その通りで、風布館へ戻らないといけない
理由があったのです。
 他の道もあるのですが、ずいぶんと遠回りで
止むを得ず急階段を通ったのですわ
 他の情報によってもここは急坂があると
書かれていたのですが、甘く見過ぎました(笑)




URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/27 12:31 | edit

山人さん、今晩は!

何だかすごい岩場ですね。でも、苦労して登ったご褒美に素晴らしい景色
を見ることができたのは何よりでした。でも、雪が・・・。(笑)

写真で見る限り、岩場の斜面は日向で、雪が残っている方は日陰のようで
すね。

秩父の狼の話は、何かで目にしたことがあります。今でも本当にいたら驚
きますが、きっと可能性は低いのでしょうねぇ。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2015/02/27 20:31 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは

林道も北側とか日影のところは積雪や
凍結で危険でしょうね。

思わぬ急勾配で これは出来れば避けたかったですわ
他を通るとかなり大回りになるので意を決して下ったわけです。
雪とか凍っている急勾配の下りはアイゼンが必須です。
身に沁みて分かりました(笑)
実は雪の 棒ノ嶺 下りでもエライ目に合いました。
http://mkaifuu.blog.fc2.com/blog-entry-4.html


URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/27 23:14 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
こんばんは

思わぬ雪の急階段でしたわ
やはり事前の情報収集が基本ですね。

秩父の狼の話はだいぶ前ですが
新聞でみたような気がします。
いくつか、伝説的な話があるようですね。
確か、昭和の時代に狼をみたとか・・・
仰せのように本当のところの
可能性は??ですね。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/02/27 23:56 | edit

こんにちは。

急な斜面を下る!気をつけて下さい。
雪や濡れた山道は滑ります。
ア!慣れている人に未経験の私が言うことではなかったですね。

URL | S-masa #-
2015/03/01 20:58 | edit

Re: こんにちは。

s-masaさん
こんばんは
雪の坂や、階段は怖いですね。
他の処でもっと怖い思いをしたのですが
その経験が生かさませんでした(笑)

いえいえ、雪の凌ぎ方は当方まったくの
素人で
本場のmasaさんにはとても敵いません。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/03/01 21:27 | edit

こんにちは。
雪の急階段・斜面 を怖さと戦って見事に制覇されている旅人さんの気力、体力でしたら、お空への復活はたやすいことと思います。
長年空をとんでいる人には、口力が強くて運動は不足気味の人も多くいます。
やはり雪道は怖いですね。
無理をしないようにご自愛ください。

URL | りょう #-
2015/03/02 14:05 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん
 こんばんは
雪に慣れている地方の方でしたら
意外と大丈夫でしょうが、私は雪には
何時まで経っても初心者で、本当の怖さを
知らずにいるのかも知れませんね。

それにしてもりょうちゃんは
毎日まいにち空を飛んだり丘陵を歩かれたり、
まるで20歳台から齢をとるのを忘れたかの如く
行動力ですね。更に毎日欠かさずの明晰な記事、
真似たくてもそのスーパーマン的な力には頭の
下がるだけです。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/03/02 21:42 | edit

毎度ながら、面白いコースを通りますね~!
雪の急斜面は怖すぎですよ!
スノートレッキングはやってみたいですが、
1人じゃ怖くて行けないです(´・ω・`)

お気をつけて下さいませ!

URL | まあも #-
2015/03/02 23:39 | edit

Re: タイトルなし

まあもさん
 こんばんは
急坂があるようだとは事前の情報で
知っていたのですが、
みかん山の続きだろうくらいに甘く考えて行き、
実際にはびっくりしましたよ(笑)
 
仰せのように気をつかないといけないですね。
見て戴いてありがとう御座います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/03/03 00:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/277-b04edb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード