好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

花の季節に-8「花見山」をさまよう2015/4/18  

花の季節に-8「花見山」をさまよう2015/4/18

▽828 福島市街・・・花見山から
☆IMGP5828


前回は⇒
 花の季節に-7 花見山へ向かう・福島 2015/4/18

▽808 フラフラとさまよいながら花見山公園の入り口を目指す14:40 既に駐車場から1時間・・・
☆IMGP5808

▽809 花見山公園入り口14:50
☆IMGP5809
ここから約1時間の軽い山コースである。

▽810
☆IMGP5810

▽813 山道に入るが、それ程急な坂や階段はなさそうだ。
☆IMGP5813
サンダルとかハイヒールではちょいと危なさそうだが、だからと云って登山の装いをした者はいない。

▽814 道幅1m程、九十九折の坂を登る。
☆IMGP5814
小さな子供から老若男女がアリの行列のようにぞろぞろと続く、渋滞は止むを得ない。
それでも自分としては渋滞に乗じて写真を撮れるから必ずしも悪いことではない。

▽816
☆IMGP5816

▽818
☆IMGP5818

▽819 木肌は桜のようだが、花は桃・・・
☆IMGP5819
何の木なのか、花の木に詳しければより楽しみが増えるだろうが全くわからない。

▽821
☆IMGP5821

▽822
☆IMGP5822

▽824
☆IMGP5824

▽826
☆IMGP5826

▽828a 花霞みの福島市街、更に遠方には雪の山稜が
☆IMGP5828a

▽830 この辺がコースの中ごろのようである。アリの行列はだいぶばらけて歩き易くなった。
☆IMGP5830

▽832  途中の道脇で珍しい色に咲く桜が眼に入った。
☆IMGP5832
いつもながらの稚拙な好奇心で近づいて眺めていると、何処からともなく花の案内人さんが現れて、
「これは御衣黄(ギョイコウ)と云う桜です」と教えてくれた。
なんでもこの色が貴族の衣服に使われていた萌黄色に似ているらしい。
そのことから「御衣黄」と呼ばれ始めたそうで、江戸時代中期の京都で栽培されたとのことである。

▽834 御衣黄(ギョイコウ)
☆IMGP5834
この桜の咲き始めは緑であるが次第に黄色がかかってきてやがてやがて中心が赤くなるとのこと・・・Web

▽836
☆IMGP5836
▽839
☆IMGP5839

▽841
☆IMGP5841

▽842 
☆IMGP5842
順路は両側を花と若葉の衝立のようになったところを進む、時折、花木の間から向かい山の桜が見える。
花の木の植え方に工夫があるようで、背丈の高低、色合いの混じり具合が素晴しい。

▽845
☆IMGP5845

▽848
☆IMGP5848

▽849
☆IMGP5849

▽850
☆IMGP5850

▽851
☆IMGP5851

▽853
☆IMGP5853

▽856 畑、田、畔も色がいっぱい、花がいっぱいである。
☆IMGP5856

▽858
☆IMGP5858

▽862
☆IMGP5862

ひと回り山を廻って駐車広場へもどる。最後は福島の案内や名産物、お土産のテントへ立ち寄る。
そして帰りのシャトルバスが待ち構えている。
バスに乗れば福島のおねいさん達が、それも「とびきりの福島美人さん」が数人並んで手を振り、見送ってくれる・・・
全体の運営が実に上手くシステム化されている。

これだけの区域が農家の好意によって無料公開はされていることに驚くとともに、運営がしっかりとした
システム設計と試行錯誤を繰り返し、且つ多くの方々の協力によって回っていることに来場者の
ひとりとして感謝である。

この時季、山と周辺一帯は花で色豊かに化粧し、正に花柄を纏いドレスアップして人を迎えてくれる・・・

花もよし 人もよし 素晴しき福島の春である。

***
◇19 5月23日(土)・24日(日)「飯能新緑ツーデーマーチ 2015」
☆R1049919
 昨年の参加記念バッジ


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 16:40 [edit]

category: 草木花

コメント

何の花なのかサッパリ分からなくても
素晴らしい景色に変わりはありませんね。
仕事さえあればこういう長閑で美しい景色の元で暮らしてみたいものです。
でも、別の景色を求めて毎週出かけそうですけどね。

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2015/05/17 20:00 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは

仰せのようになんの花なのか分からないので
色がいいとか、形が良いとか 寂しい表現になって
いますが、美しいと思う気持ちは変わらないように
思います。少しづつでも覚えてそれでよいのかなあと
も思います。

そうですね。こう云うところで食っていければ暮らして
みたいですね。以前そうしようと思ったのですが
家族の大反対に負けまして・・・(笑)

秒速のコメントを戴き恐縮です。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/17 23:09 | edit

こんにちは。
花見山の名前にまさにピッタリの百花繚乱の時季で、すばらしいですね。
百花繚乱の意味には、すぐれた人材や美しい人が大勢集まるたとえもあります。
山人さんはじめ花に負けずに輝いていた人が多くいられたのでは、と想像を膨らめています。

URL | りょう #-
2015/05/18 09:03 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/05/18 12:15 | edit

りょうちゃんRe: タイトルなし

りょうちゃん
こんばんは

花見山・・・これが花木農家の私有地で始められたのですから
驚きでした。無償で観光客に開放していることもビックリです。
あまりにも来場者が増えたのでボランティアさんや
行政がサポートしている。そんな感じがしました。

百花繚乱・・・そういう意味だったのですね。
私にはとても無理ですが、りょうちゃんさんの
様々なことへのチャレンジは素晴しいですね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/18 21:05 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん
こんばんは

色々混ぜて植えてあり、
白があり、ピンク、赤、黄色、黄緑・・・
それと見た目が単調にならないように配置を
考えてあるらしいです。

他の方にみてもらうために
それも
無料公開ですから嬉しいですね。

他の季節もまた違った魅力が
ありそうですね。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/18 21:25 | edit

こんばんは

あれ?
もしかしたら「管理人さんのみ閲覧」でコメントしてしまいましたか?
そんな大層なものではなく、当方の手違いでした
申し訳ありません<(_ _)>

URL | くろすけ #-
2015/05/18 23:59 | edit

Re: こんばんは

くろすけさん

招致しましたよ。
内容からして
(??)
そう思いました⒲
わざわざすいません。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/19 01:11 | edit

花見山

おはようございます。

花見山は日本の春をここだけで満喫できますね。
どちらにレンズを向けてもそのままシャッターを切れそうです。
菜の花といっしょに写っていた赤い花はボケでしね。
来年は行って見たいです。

URL | ふさじろう #-
2015/05/19 07:39 | edit

こんにちは。

花見山の名のごとくいろんな花が咲いているようですね。
春の暖かな陽射しを受けて散策するのは良いところですね。
それぞれの写真から爽やかさが伝わってきます。

URL | S-masa #-
2015/05/19 13:27 | edit

花見山公園ってまさにこの時期ならではの色彩ですね♪

地域の方々の努力のお陰ですよね
こちらでもレンズを通して綺麗な風景を堪能出来ています。
トレランレースでもそうですが
「6時から待っていたよ~」と山頂で声が聞こえて来て
感謝感謝でした。

URL | ミント #-
2015/05/19 21:53 | edit

Re: 花見山

ふさじろうさん
こんばんは

仰せのように春の花はここだけで充分ですね。
但し私の場合はかなり、そうとう・・・
花の名前が覚えられないのですわ(笑)
どうしたものか
山の名前は何とか覚えられるのですが

赤いのはボケ・・・そうですよね・・・今思い出しましたよ(汗)
菜の花と組み合わせると色が賑やかになっていいですね。



URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/19 22:03 | edit

Re: こんにちは。

s-masaさん
こんばんは
 色々な花の木を混ぜ合わせて植えて
いるそうです。
 ほんとうは山に登らずに向い側の山に
登って眺めたほうがよかったのでしょうが
高い処に行きたくなる癖でつい山に入って
しまいました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/19 22:08 | edit

Re: タイトルなし

ミントさん
こんばんは
この「花見山公園」は農家の方が所有していて
山に花を植えて初めは個人で楽しまれていたのが
有名になり、無償で開放して頂いている・・・
素晴しいと言うしかないです。
農家の方やボランティアの方のお蔭で
楽しませて戴いて感謝です。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/19 22:19 | edit

こんにちは
こんなに写真を使った登山ブログは滅多にない、大変分かり易く拍手です
尾瀬は是非行って見たいところでじっくり拝見させていただきました
拍手喝采

URL | sanbariki #-
2015/05/26 11:07 | edit

sanbariki さんRe: タイトルなし

sanbarikiさん
こんばんは

ご覧戴きましてありがとう御座います。

下手な写真を数で補おうとしています。
沢山撮ればそのうちに・・・
たまには当るだろうと思っていますが
無駄撃ちを繰り返して今に至っています。
sanbarikiさんのところを
拝見させて戴きました。
私のとは段違いのお見事なお写真です。
吉野は長谷寺などと一緒に7,8年前に
桜を観に行きました。
お蔭で思い出させて戴きました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/05/27 01:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/297-7d4c0857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード