好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

棒ノ嶺からの日光連山1  

棒ノ嶺から日光連山が遠望できました 感動です!
登山日2012 02 20


12 02 20☆R1029960
日光白根山2,758m 手前は刈場坂峠818m 堂平山875.8m


昨年の春(2011年)初めて棒ノ峰へ登り今回は3回目の棒ノ嶺です。
名栗湖~白谷沢~岩茸石~権次入峠~棒ノ嶺山頂までブラリと撮影しながら登って行きます。

12 02 20☆R1029885
名栗湖9:00 有間山に雪が見えます...これから登る棒ノ嶺は大丈夫かどうか、
アイゼンは持ってきておらず...少々心配になって来ましたが、取り敢えず行ってみましょう。
足元のこの堤防を左手に行き、突き当たりを右にいくと対岸の道路に出ます。その更に先へ行った
ところが棒ノ嶺の登山口です。

12 02 20☆R102989112 02 20☆R1029892
登山口9:18 まずここから白谷沢を目指します。

12 02 20☆R1029896
杉林9:39 杉林の中を進みます。

12 02 20☆R1029900
谷へ出ました9:46 雪です...やはり少々心配になって来ましたが...

12 02 20☆R1029902
水量は少ないですね9:48

12 02 20☆R1029905
岩が迫ってきました 棒ノ嶺へ登る楽しみのひとつがこの白谷沢の岩場です。
棒ノ嶺は2011年の春、思わぬ成り行きで初めて登りこの岩壁がとても気に入り
翌週また登りました。今回は9ヶ月振りで計3回目です。905

12 02 20☆R1029906
寒さはそれほど感じないのですが、上の方の雪の状態が気になります。906

12 02 20☆R1029907
これくらいの雪でしたら歓迎です。907
12 02 20☆R1029911
圧倒されますね。 911

12 02 20☆R1029913
白谷沢の1番の魅力はこの牢門でしょうか。この岩壁の間を進みます。913

12 02 20☆R1029916
そして...916
12 02 20☆R1029921
岩壁の間隙を抜けるとやはり雪が...921

12 02 20☆R1029922
斜面を抜け、階段を登ると林道へ出ます。林道を横切り東屋の後ろへ廻り、左の坂道を登ります。922

12 02 20☆R1029924
人と動物の足跡が混ざっています。924

12 02 20☆R1029926
さて頂上までいけるでしょうか...926

12 02 20☆R1029932
雪道を進むと左右の分岐に当ります。左手すぐは岩茸石、右へ進み権次入峠を目指します。932

12 02 20☆R1029934
12 02 20☆R1029935

岩茸石を背に針葉樹と広葉樹の間の坂道を登ります。934 935

12 02 20☆R1029936
936権次入峠 だいぶ展望が開けてきました。

12 02 20☆R1029940
940注意しながら名栗湖の方を覗きます。

12 02 20☆R1029942
942左の針葉樹が東京都、右の広葉樹が埼玉県(名栗湖側)です。
暫くなだらかな尾根を辿ったあと、最後の急坂を登ります。

12 02 20☆R1029943
943徐々に広がる展望を楽しみながら最後の急坂を登ると広々とした山頂が待っています。

☆棒ノ嶺からの日光連山2へ続く

奥武蔵・飯能情報ランキング
    ↓

   にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
   にほんブログ村





スポンサーサイト

Posted on 23:26 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/3-2ac883ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード