好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

西武・電車フェスタ検修場まつり-2 男の仕事場 215/06/06  

西武・電車フェスタ検修場まつり-2 (武蔵丘)215/06/06

▽085 作業用の架台へ上がって電車の屋根へ
☆IMGP7085

前回は⇒
 西武・電車フェスタ検修場まつり-1 (武蔵丘) 

▽079 
☆IMGP7079

▽081 
☆IMGP7081
▽083 パンタグラフ(集電器)
☆IMGP7083

ケーブルから単純に電気エネルギーを受け取るだけかと思っていたのですが、
外部環境の中、高速の移動体がケーブルと常時接触しながら受電しなければならず、これはなかなか大変ですよ。
堅牢な造りになっていることが分かります・・・鉄ちゃんでもなく稚拙な素人の目で見ています。

▽084
☆IMGP7084

▽086 通常は見ることの出来ない位置からの見学です。
☆IMGP7086

これこそが稚拙な好奇心の沸きあがるところです。
理解できる訳でもないのですが、給電ケーブルから高圧(碍子があるので)を受けているようですね。
電車の動力源、制御通信や照明・冷暖房など稼動するためのすべての電気エネルギーはここから
受け取るわけです・・・素人の適当な独り言ですから全く当てになりません。

▽087 ヒューズ 
☆IMGP7087
かなり大きいです。何アンペアか、想像が出来ないですね。異常電流を受けたときに車両内へ
渡す前に遮断するのでしょうか。

▽088 避雷器
☆IMGP7088

▽090
☆IMGP7090

▽091
☆IMGP7091

▽093
☆IMGP7093

▽094
☆IMGP7094

▽095
☆IMGP7095

▽097
☆IMGP7097

▽098
☆IMGP7098

▽099 連結器でしょうか?
☆IMGP7099

▽100 パンタグラフ
☆IMGP7100

▽102 断路器?大きな電気エネルギーの開閉に使われているような・・・飽くまでもこれから知労途・・・いや素人考えです。
☆IMGP7102

▽105
☆IMGP7105

▽106
☆IMGP7106

▽108
☆IMGP7108

▽109 保安車両・体験乗車
☆IMGP7109

いつもなんの気なしに利用している電車・・・
乗車すれば、時間通りに目的地まで安全、快適に行けるのは当たり前でいました。
ここにはその当たり前を裏で支えている男たちの仕事場です。

この検修場の方々の信頼性の高いお仕事があってこそ
我々は安心して利用できるわけです。
恥ずかしながら、この齢になり、会場をさまよってみてやっと分かってきたような気がします。

西武・武蔵丘-車両検修場の皆様、日々ありがとう御座います。

▽117 本日のお土産、スライスした鉄路・・・厚さ9mm 500円也
☆R1050117

▽R010 折りしも今年は飯能駅開業100周年です。
☆R1050101

◇暑さを言い訳にだいぶ手抜きのウォーキングが続いています。
  「何とかなりませんか山人さん」と、取り敢えず自分に云ってみる今日この頃です。
  西武・電車フェスタ検修場まつり・・・おわり。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:17 [edit]

category: 稚拙な好奇心

コメント

おはようございます^^

電車の姿や屋根上の様子は駅や陸橋から見る機会もありますが
機器の蓋を開けた状態を見る機会はありません。
やはりこういった面は車両工場だけのものですね^^

099のお写真の密着連結器・・・以前、やりとりの際、連結器を自転車に
積もうとのお話をしましたが、これより鉄の塊り感満載のモノでした^^;
でも、これでも加減速する車両同士を繋ぐパーツとして機能するのですから
重量も半端ではないと思います
人力で持ち上がる訳がありませんよね^^;

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2015/06/14 07:31 | edit

電車フェスタ

おはようございます。

今回のシリーズはたくさんの写真でよくまとめてもらいましてありがとうございます。
鉄ちゃんでなくても、これに参加できなかった人も、私のように全く知らなかった者も
興味深く見て感心していることでしょう。
当たり前のように見たり乗ったりしている電車も、技術とパーツと努力の集積ですね。

屋根はパンタグラフしか目立ちませんが、カバーを外せばこれだけの設備とメカとの合作ですね。
線路のスライスは9ミリでもそれなりに重いのではありませんか。
枕木に接する下側は日頃あまり目にしませんが意外と幅広です。
これで走る車両の重量と衝撃を支えているのですね。

線路ひとつとってみても
「乗車すれば、時間通りに目的地まで安全、快適に行けるのは当たり前でいました。ここにはその当たり前を裏で支えている男たちの仕事場がありました。」
に通じるものがありますね。

URL | ふさじろう #-
2015/06/14 11:03 | edit

山人さん、今晩は!

私も、日本では電車は基本的に時刻通りに運行するのが当たり前と思っていまし
たが、考えてみると、その当たり前のことが大変難しいことであり、多くの人の
地道な仕事があって初めて成り立つものなのですね。改めて、そんなことを感じ
ました。

やはり、あれだけの車両を連結し、こぼれんばかりの乗客を乗せて動くわけです
から、ひとつひとつのパーツがでかいですね。いったい、どのくらいの電力を必
要とするものでしょう?

しかも、ラッシュ時にはそんな車両がたくさん走っているわけだから、それらを
合わせると、ちょっと想像できないほど膨大な消費電力なのでしょうね。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2015/06/14 18:22 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
こんばんは
 
部外者でも私のような軽薄稚拙な好奇心者には
面白いものでした(笑)
当然理屈は解らないのですが
重厚感と質感が日常使っているものと違いますので
大変興味あるものでした。

連結器が放置してあったのが不思議というか
面白いですね。
これはやはり重いでしょうね(笑)









URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/06/14 19:15 | edit

Re: 電車フェスタ

ふさじろうさん

こんばんは
飽くまでも素人、部外者の
稚拙な好奇心の目ですので当てになりませんから
半信半疑でご覧ください(笑)

部品もユニットも個人とか家庭とかで使うものとは
異なり重厚感があり、しっかりと出来ていますね。

線路のスライスは計ってみましたら約500gでした。
何か使い道を考えています。

こういう機会がなければ裏方のところは全くわからなかった
ですね。
やはり現物を目の当たりにして今更ですが、
少し、ほんの少し
裏方のとても重要なことがわかってきました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/06/14 19:27 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
こんばんは

日常、電車に乗る時には券売機、自動改札、そして駅員さん
しか目にしていませんから
ともすればそれで電車の運行はそれで成り立っているように
思ってしまいますね。

険修場の方々や線路、架線を点検・補修などをされて方々、
多くの裏方の地道で確実なお仕事が表を支えている。
険修場に行ったことによって、この歳になって少しだけ
わかったような気がします・・・恥ずかしながら

どの位の電力を消費しているか・・・
素人の適当な推測でまったく当てになりませんが
数百kwから数千kw・・・車両の種類(地方線、新幹線などの違い)と
区間の負荷(勾配、速度、冷暖房、他諸々)でかなりの差がありそうですね。
家庭ではAC100Vのコンセントに繋げるのは最大1.5kwですが
実際の家電では余裕をもって1kwから1.2kw位に抑えてありますね。
一家で40A、50A契約などとした場合は
最大で4kw、5kwwですから
電気を食いそうなもの電子レンジ、ドライヤー、炊飯器、エアコンなどを
同時に使った時の100倍から1000倍位の消費電力のような感じで
しょうか・・・もの凄く当てにならない計算ですみませんが(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/06/14 20:16 | edit

これは鉄ちゃんでなくても面白いですね。
電車の普段見れない部分をいろいろな角度から見れて貴重な体験でしょうね。
屋根の上等、普段人目に着かない所の部品は案外手作りっぽいんですね。
なんかそのへんの部品を集めて自作できそうな見栄えですね。
まぁ、とても自作なんて出来ないんでしょうけど、、
そんな見た目の雰囲気な気がします。

URL | タマチャリン #LkZag.iM
2015/06/14 23:55 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは

電車の屋根の上でこんなんふうにして受電し
安全を確保した上で車両内に引き込んでいると
云うことが想像できました。
(正しい想像かどうかどうかわかりませんが)

そうですね。屋根の機器をみると量産工場で作る
ようなものではなく、かなり手作業で作っている
ようですね。
電鉄会社の特注品のような感じで作られて勿論
車両毎に手作業で取り付け・・・

それで、例えば似たような者を私が作ったとします
放電して火災を起こすか、幸いにもまったく通電しないかの
どちらかでしょうね。
家電で扱われている1000倍とか10000万倍の
電力ですから好奇心だけでは扱えそうにないでしょうね(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/06/15 01:33 | edit

こんにちは。

普段何気なく利用している電車も、難しい機構で出来ていて、それをメンテする裏方さんがいて。
こんなフェスタにでも行かないと気がつきませんね。

URL | S-masa #-
2015/06/15 12:00 | edit

Re: こんにちは。

s-masaさん
こんばんは
日ごろは表の面しか見えてないので
こう云う機会がないと知らずにいますね。

カッコウいい電車も、
カッコウいい仕事も裏での支えがあってこそ
またそれがあって我々が安易に利用できる。
電車だけではないと思いますが
裏かたさんに感謝したいと思います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/06/15 21:33 | edit

こんにちは。
久しぶりに昔をいろいろと思い出しました。
子供の頃は、鉄道模型がOゲージの時代で、その後HOケージが主流になった頃でした。
お金がないので、台車と線路を買ってもらい、後は木の板と紙で、何両か造りました。
そのため、小物も色々と外形はそれらしき造ったので、写真の中に懐かしいものもあります。
家の中を探せば、半世紀以上前の、部品が残っていると思いつつ、楽しく拝見させていただきました。

URL | りょう #-
2015/06/17 13:36 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん
こんばんは
鉄道模型を子供のころはおやりになっていたのですね。
鉄道、自動車の模型やおもちゃは男の子の遊びでは
いつの時代でも人気がありますね。
動かすのはモチロン部品を集めたり組み立てたり
するのも楽しいですね。

りょうちゃんの話から
私も幼い時にぜんまい仕掛けの電車のおもちゃを
祖母に買ってもらったことを思い出しました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/06/17 18:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/303-2fc39c6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード