好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

尾瀬2-1赤田代・小屋~三条の滝 往復【飯能・尾瀬を歩く会 非公認】  

尾瀬2-1赤田代・小屋~三条の滝 往復【飯能・尾瀬を歩く会 非公認】
   
   尾瀬1-3尾瀬ヶ原~ヨッピ吊り橋~東電小屋~赤田代からの続きです。
 ⇒ 尾瀬1-3尾瀬ヶ原~ヨッピ吊り橋~東電小屋~赤田代
    
▽719
12 06 04☆R1032719
起床5時前、起きられるものです。西側の与作ヶ岳~景鶴山方面は天候がハッキリとしない曇りのなか、遠景には中腹を白霧が漂う清々しき赤田代の朝、奥武蔵とはちょいと違った風景です。標高1400m~もう少しあるでしょうか。
今日の行程は急ぐことはありません。三条の滝~見晴~白砂峠~沼尻~尾瀬沼東岸へ、
5時半からの朝食を終え、昨晩のうちに小屋へ注文しておいた昼食を受け取り、ゆっくりと身支度を整え、コーヒーを飲み、更に小屋周辺をぐるりと見渡してさあ出発です。

▽976a 地図 以下は地図上のA~Z 1~11 アイを参照します。
12 06 04☆R1032976 N→O

▽725
三条の滝を往復するために小屋に自分達のザックを預け、代わりに最小限の持ち物用として、小容量の物を借りてやっと出発です。
12 06 04☆R1032725

▽732 出発(N)7:22
12 06 04☆R1032732

これから目指す三条の滝コースは尾瀬の中では「悪路」という噂です。ウ~ン悪路ねえ、でも私らは奥武蔵で生まれ育ってますから...道なき道、藪を掻き分け、崖の登り降りなどウォーキングには慣れてますよ(それってウォーキングとは言わないかな?)
念のために前夜、小屋のスタッフに聞いてみました。
 明日、三条の滝へ行くのですが...
 はいはい、悪路ですよ~ あしたも雨が降るでしょうからドロどろ、ぐちゃグチャで 絶好の悪路日和でしょう(?!?) そっ、そうなんだあ~ 奥武蔵では悪路、難路と言っても天候の悪い日にゃあ歩いていなかんべ(子供の頃の正調、飯能弁)。
小屋のスタッフはウォーカへ注意を喚起する為に大げさに言っている...そう解釈しました。
▽733
12 06 04☆R1032733

▽734 段吉新道分岐7:24 右折すれば御池へ7.4km。昨日の予定ではここへ出てくるはずでしたが、国道352号が通行止めで鳩待峠経由になったのでした。三条の滝方面へ直進します。
12 06 04☆R1032734

▽737 オオ! 徐々にそれらしき道になってきましたよ。奥武蔵生まれの者にとって相手に不足はござらん??7:31
12 06 04☆R1032737

▽738 
12 06 04☆R1032738

▽739 あらっとと!道を誤ってしまいました。あっちの階段が本道でした。7:34
12 06 04☆R1032739

▽740 かなり急な梯子です!実力を試されてますね。
12 06 04☆R1032740

▽742 これって道かよ! 7:37
12 06 04☆R1032742

▽747 左へ分岐して平滑の滝展望台到着 7:39 上から見ると平の様に見えますが、落差は70m、長さ400m花崗岩の一枚岩だそうです。
12 06 04☆R1032747

▽748 
与作岳(新潟県)の溶岩が押し出されてできたらしい。硬くて侵食され難く一枚岩の形状保っているとのこと。その上を滑り降りる様に水が流れています。
12 06 04☆R1032748

▽751 本線へ戻り三条の滝方面へ、ドロドロ道を行きます 
12 06 04☆R1032751

▽760 
12 06 04☆R1032760


▽764 まるでフィールドアスレチック 8:16
12 06 04☆R1032764

▽767 見えてきましたね!!木立の間隙を抜けて冷風が心地よいです...
12 06 04☆R1032767

▽768 滝直前の仕掛け、いいですね、楽しませてくれますね。奥武蔵で育った私は、こういうところが大好きです。
12 06 04☆R1032768

あれっ!滝の方から登ってくる二人様...昨晩の栃木の方々ではないですか。
我々より20分ほど先行の様です。
「来ちゃいましたよ!!」「足は大丈夫ですか?」「折角きたので、頑張ってここまで来ちゃいました!」「それじゃあ気を付けてお帰り下さ~い」

▽769 三条の滝展望台から。(O)
12 06 04☆R1032769

とても勇壮な滝で、さすがに噂どおり水量たっぷりで見ごたえがあります。これでも雪解け時から比べとかなり少ないそうです。

▽774 三条の滝展望台へ着8:25 小屋を出てから約1時間の行程でした。
12 06 04☆R1032774


◇三条の滝
・福島県桧枝岐村字燧ケ岳(住所...いや所在地かな、それにしても凄い地名、左岸向こうは新潟県)
・滝幅20m~30m ・落差100m
・只見川ってことは尾瀬橋(尾瀬1-3)のところの川ですね。元はヨッピ川から沼尻川へ途中には八海山、景鶴山、与作山等の沢からの流れが合流し、只見川と名を変えて最後は阿賀野川に合流し日本海へ流れ込みます。

「アヤメ平と三条の滝を見ずして尾瀬を語るなかれ」
http://www.oze-fnd.or.jp/main/culture/culture4/hiwa4.htm引用 
アヤメ平は二度訪れているが、三条の滝は今回が初めてでした...
恥ずかしながら、今までそんなこたあ知らずにこっそりと出鱈目を語っていました...
今日からはでっかい顔をして尾瀬を語ってもいいんだんべか...

◇アヤメ平と三条の滝を見ずして尾瀬を語るなかれ...これは便利な言葉ですね。え~と飯能に当てはめれば、◇天覧山と多峰主山を見ずして飯能を語るなかれ...◇棒ノ嶺と名栗湖を見ずして名栗を語るなかれ...◇周助山とノボットを見ずして原市場を語るなかれ...
◇柏木山と大高谷山を見ずして南高麗を語るなかれ...いろいろできて、この使い方は面白いですね。

この三条の滝を見るためには、近くに泊まっても1時間かけて悪路を奮闘してくる必要があります。滝を見るだけの場合は御池から片道3時間、往復6時間半ほどを歩くことになります。しかし、ここへ着てみると私にとってはそれだけの価値は十二分にありました。
滝がメインとしても、ここまでの楽しき悪路の道程を含めた滝コース全体をもって、とても素晴しいウォーキングコース?であると思います。

尾瀬2-2見晴~白砂峠~沼尻へ続きます。
⇒ 尾瀬2-2見晴~白砂峠~沼尻

奥武蔵・飯能情報ランキング
   

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:33 [edit]

category: 尾瀬と周辺

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/31-f362ca63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード