好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

若宮橋(木製冠水橋・高麗川)をさまよってみる   

若宮橋(木製冠水橋・高麗川)をさまよってみる

▽700 若宮橋・高麗川 2015/08/22
☆IMGP8700

ある日の話の中で「高麗川に若宮橋」と云うのがあるらしいという情報を得ました。
何でも「木製で冠水橋」だと言うじゃあありませんか・・・それを聴くと居ても立ってもいられません。
どうも最近は困ったことで、山人の意に反して川が誘いをかけてきます。

そうすると軟弱な心身の私は引っ張られるようにして川に向かってしまうのです。
そんなことで何時もの病が発症し「若宮橋」の周辺をさまよってみました。

▽690 若宮橋入り口 (鶴舞側から)
☆IMGP8690

▽692 このせまい小路を進むと
☆IMGP8692

▽693 突然、「ガタ、ガタガタ・・・」と音が聞こえてきました。
☆IMGP8693
見ると前方に木製の橋が見えます。
野球少年達の自転車が元気よく渡って行きます・・・これが「若宮橋」のようです。

▽694
☆IMGP8694

▽697 右岸から左岸を見ます。
☆IMGP8697

現状の高麗川は橋の右岸寄りを流れています。
橋の長さは103mですが、その多くの部分は水のない草原の上に架かっています。

◇橋の長さ:全長約103m 幅:1.8m、中央部が少し広く2.3m 
        歩行部の裏に鋼材を使用している(レールの廃材)

 場所:坂戸市厚川(あつがわ)、高麗川の右岸側にある厚川鶴舞運動公園の近くです。
     運動公園に車を留めて周辺をさまよってみました。

▽699 予想通りの素晴しい寂れかたで、永年を風水にさらされ、よい味が出ています。
☆IMGP8699

▽701 何日か前の雨で増水し、流されてきた草が流木避けに引っ掛っています。
☆IMGP8701

▽703 上流側
☆IMGP8703

▽704 橋桁を下から見ると
☆IMGP8704

桁の底には廃材の鉄道レールが使用されています。
かなり重量感がありますので、歩道部の強化と増水時に桁が流され難くいのかも知れません。

▽705 全長103m、途中が曲がっています。
☆IMGP8705
流木避けの一部が壊れている所を見ると、増水時に何か大きな物でも当ったのでしょうか。

▽706
☆IMGP8706

▽707
☆IMGP8707

▽708
☆IMGP8708

▽709 今日は穏やかに流れていますが、
☆IMGP8709
増水時には濁流の嵩が増し、被ることもあるのでしょう。
その時の爪痕を桁、橋脚、流木避けに見ることが出来ます。

▽710
☆IMGP8710

▽711 橋の大部分は堆積した土と草の上にあります。
☆IMGP8711
低い欄干に両側から草木がのり出しています。
増水の度に流されてきた土砂が堆積し、橋脚はだいぶ埋まり、桁と河床の間はだいぶ狭く(50cm)ほどになっています。
このまま何年か過ぎると、橋脚から橋桁まで土砂に埋まりそうです。

▽713 対岸にきました(左岸)
☆IMGP8713

▽715 対岸は堤状になっていました。
☆IMGP8715

▽716
☆IMGP8716

▽720
☆IMGP8720

▽722
☆IMGP8722

▽723
☆IMGP8723

▽725 どこの橋に行っても川縁を歩いてみたいと思うのですが
☆IMGP8725
時節柄、ご覧のような状態で歩くのは困難でした。
雉の鳴声が近くで聴こえます。姿は見せませんでしたが複数羽いたようです。

▽728 2mを越える草(何でしょう)が生い茂っています。
☆IMGP8728

▽729 
☆IMGP8729

▽730 面白そうな道がありますが、晩秋が良さそうですね。
☆IMGP8730

▽733 鶴舞樹林・・・鶴が飛来するのでしょうか・・・
☆IMGP8733


◇坂戸市Webによりますと、この近辺に「高麗川ふるさと遊歩道」というウォーキングコースがあり、
  高麗川沿いの橋を巡るように設定されています。
 【上流から下流に向かう場合の起点】
 老人福祉センター城山荘-多和目天神橋-諏訪神社-森戸橋-万年橋-若宮橋-浅羽野中学校
 -高麗川右岸環境側帯【終点】約、10.2Km

近くの橋 ⇒
 多和目天神橋・・・郷愁誘う木製冠水橋をさまよう

◇いつもながら、木製の冠水橋を見ると遠い昔にみた絵本や夢でみた野山に架かる橋・・・そんな想いがしてきます。
  自身が山中に生まれ、幼少のころ木と触れ合って過ごしてきたことにその一因にあるかも知れません。
  マァそれがなんて言うか、サルに生まれるか、ヒトに生まれるかの境目で、
  たまたまヒトに生まれたようなものですが・・・


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
アイコンを「ポッチ」として戴くと「情報ランキング」へ飛び、ポイントが加わります。

にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:48 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

コメント

こんばんは^^

何とも味のある橋ですね~^^
木造橋だから故、流木避けを装備し、緊急時に対応
・・・でも昨今、頻繁に起きるゲリラ豪雨によって、緊急時が常態化して
しまった感もありますね^^;

高麗川と聞き、お写真で見る川幅・・・八高線で渡った高麗川の川幅より
狭い感じがしたので、その上流かと思ったら、意外にも下流側なのですね。
川の姿は様々ですね~^^

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2015/09/29 00:47 | edit

若宮橋

おはようございます

周りに木や草が茂っているためでしょうか
人家や電柱などがほとんど見当たらないのがいいですね。
時代劇にも使えそうですし、野球部の選手が渡っているのは
映画やドラマの場面のようです。
こういうところが東京のそばにまだ残っているのですね。
地図を見ると、鶴ヶ島ICの近くでなので、
この方面に出かけたら寄ってみたいです。

URL | ふさじろう #-
2015/09/29 08:23 | edit

Re: こんばんは^^

くろすけさん
こんばんは
 風雨の傷跡と適度に永年の寂が出て
とても味のある姿でした・・・
自分をみているような気もします(笑)

曼珠沙華の咲く巾着田の高麗川が上流に
なります。
仰せのように川幅はあまり変わらないです。
この若宮橋は高麗川の下流にあたり
ここ迄くると流れはだいぶユッタリとなりますね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/09/29 22:30 | edit

Re: 若宮橋

ふさじろうさん
こんばんは
ああそうです。
橋の近くからは周りの人家などは
見えなかったです。
適度に寂びていますので時代劇等に
使えると思います。

野球の選手が・・・そうですよ。
確かに、野球少年のあれは青春ドラマに
出てきそうですね(笑)


URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/09/29 23:07 | edit

野球少年ですか、、
この橋を通学なんかに使えたら最高の少年時代ですね。
ドラマか、アニメの世界ですよ。

高麗川沿いはこういう景色を残してくれていて良いですね
都内の河川には木製の橋は殆ど無いですからね。
でも、私の知る限り2箇所だけあるんですよ。

URL | タマチャリン #-
2015/09/30 09:12 | edit

山人さん、今晩は!

あの橋を野球少年たちが自転車で渡っている写真は、妙に懐かしさを感じます。

実際に自分の経験にはないはずなのに、ひょっとして少年時代に自分もあの橋を
渡ったような気さえしてきました。昭和の時代の邦画にでも出てきそうなたたず
まいですね。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2015/09/30 20:01 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは
 細い道を進むと
突然、ガタガタと音が聞こえてきました。
フッとみると野球少年の自転車でした。
確かにこういう環境のところで育つと心身に
よい影響があるでしょうね。
 
橋は新しいときの木の香も良いですが
何年もの風雨にさらされて程よく寂れてきた
のも味があってよいですね。

都内の木製の橋・・・気になりますね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/09/30 21:21 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
こんばんは

野球少年たちと木製の橋・・・
昭和のドラマとか漫画にありそうな風景ですね。
あれが夕日であれば完璧なのですが
朝でした(笑)

この後は陸上部のランニングでしたよ。
自分の中学生の頃のクラブ活動を思い出しました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/09/30 21:27 | edit

こんにちは。
味わい深い感じの橋ですね。
流木対策の柱に流れてきた木々のゴミが引っかかっていて、次の大雨の際に影響が出るのではないかと、余計な心配をしてしまいました。

高校時代に2年間ほど自転車で片道6kmの道を通いました。
高校生でしょうか、学生が自転車で渡っている写真に、その頃の自分を合わせて見ていました。

URL | りょう #-
2015/10/01 09:26 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん
こんばんは
仰せのように草が引っかかていました。
流木避けも傾いています。

風雨を何回も受け止め、渋みをだし
年月に磨かれた橋でした。

片道6キロですか!
毎日ですね。
それが今のりょうちゃんの
タフな身体の基なのでしょうね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2015/10/01 19:46 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/327-fa9a4e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード