好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

南高麗の山中をゆく-3美しき川、迷い中  

南高麗の山中をゆく-3美しき川、迷い中                2016/1/2
▽280a 美しい景色が広がっているのだが現在位置不明を継続中
☆IMGP2280a

前回は⇒
 南高麗の山中をゆく-2

▽274 谷底を暫く進むと先が明るく開けてきた。
☆IMGP2274

やっと出られるぞ~!

▽275 そう思い、足を急がせて進むと
☆IMGP2275

▽276 「えっ」・・・愕然とする
☆IMGP2276

▽277 胸中の安堵は束の間に消え
☆IMGP2277

▽278 なんだこりゃあ・・・
☆IMGP2278

▽279 出たのは淵の前に、それも岩場である。
☆IMGP2279

対岸は緩やかな斜面で歩き易いように見えるが
しかし、シカシ今の時期、この淵を越えて行くのは躊躇する。
裸になって衣類と手荷物を頭に載せ渡っても良いのだが・・・

◇いや、泳ぎには自信ありですよ・・・自己流ですが幼いころから大雨の度に名栗川に入っていましたから。
大人になって、それも30過ぎてから初めて海(千葉)に行った時
名栗川の何倍も広いな~!!
それでも名栗川よりもよっぽど浮くし
流れは平だし泳ぎ易いじゃあないか
調子に乗って沖まで行き、あまりにも岸から離れたので
不安になり、必死で戻ったのですが)

▽280 左手の岸は登れそうか・・・崖だ・・・
☆IMGP2280

▽281 右は登れそうか・・・岩の壁だ・・・
☆IMGP2281
今日は全くの装備無しで地図もなしだ。
足は軟なスニーカーである。登って登れないこともないだろうが、その先が全く分からない。

▽282a 正面突破は・・・予備のパンツはないし
☆IMGP2282a
待てマテ、慌てるな、アワテルナと自分に言い聞かせて
暫く岸辺の岩に腰を下ろし、深呼吸をして目を瞑る

▽283a 再確認、左は今日の装備では無理だな
☆IMGP2283a

▽284a 右もちょいと厄介な岩の壁だ
☆IMGP2284a

それにしてもここは何処なのだ
落ち着いて、オチツイテ考えてみるが

ここが、この場所が、イメージできない
ゴルフ場の脇を入って、そのまま進めば大河原のはずが

どうしてここに川があるのだ・・・
まさか、名栗川じゃあないだろう
と、すると
成木川・・・成木川は岩井堂橋を渡って来たし、ある程度分かっているつもりだが
何処なんだ う~ん 分からない

落ち着けと自分に言い聞かせてはいるのだが、
なかなか落ち着けない・・・
最悪は来た道を戻る選択もあるのだが、
谷底を歩いて、降りてきた斜面をよじ登る・・・可也大変。

川の左側岸壁を登るしかないか、しかし登ってその先が
どうなっているのか全く分からない。

▽285 30分ほどあれこれ考え、右側岸壁と出て来た谷の間に僅かな希望を見出した・・・と云うより妥協した。
☆IMGP2285
ここも足を滑らせれば唯ではただでは済まない。

▽286 慎重に一歩づつ登り返すしかないのだろう。
☆IMGP2286

▽287 樹間から見える川の色がやけに綺麗だが、
☆IMGP2287
それに心を奪われている場合ではない・・・

◇南高麗の山中をゆく-4に続く

◇今回のウォーキングはチョットした稚拙な好奇心から踏分けと思われるところを入り、想定外の事態になりました。
  里山、低山と思っても侮ってはいけない・・・失敗の典型であります。
  また、装備も地図もなく、安易に未知の山に入るのは危険という例でもありました。

  賢明なるウォーカーの皆様はけしてマネをなさいませんようにお願いします。

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを ポチ して戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 21:42 [edit]

category: 美杉台・大河原・南高麗

コメント

これは予想外の展開になりましたね。
まさかあんな大きな川に出るとは!!
ん~~見ている分には面白すぎますが
さぞかし大変なことだったのでしょう。
 私も同じ場所で暫く考えそうです。
戻るのは嫌ですよね~~
何処か最小限の川幅に降りられる場所を探しても
狭い=深いという公式も成り立ちそうですね~~
無事に渡り終えても向こう岸に見える竹林(?)の藪を掻き分けて進むのも
ちょっと嫌ですね~~
ん~~どうなるか楽しみです。

URL | タマチャリン #-
2016/01/16 23:58 | edit

山人さん、おはようございます!

これは、いけない展開ですねぇ。この時期、川の中に入るのはちょっと遠慮
したいですものね。いくら暖冬とはいえ、水はとても冷たいはずです。

しかし、いったいここはどこなんでしょう?何となく見たことのある風景の
ような気もするのですが、記憶が定かじゃありません。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2016/01/17 07:36 | edit

心ドキドキです

こんにちは、こころHiroです。毎日心ドキドキしながら拝見しています。
そして今日は、口がアングリしてしまいました。崖上だったのですね、ヒィ~

綺麗な川や川べりの自然、いろいろな写真があり探検気分を
楽しませて頂いております。続きもよろしくお願いいたします♪

URL | こころhiro #LiNhon3U
2016/01/17 10:48 | edit

おはようございます^^

沢の先が広くなる・・・という可能性も考えられましたが
こんな大きな池、更に斜面が落ち込んだ状態とは・・・。
今だから記事に出来ますが、その時は相当深刻な思いを
された事でしょうね(・_・;)

それにしても、1枚目の写真・・・綺麗ですね^^
山中にこれだけの池・・・当時は不安が先だち、到底、
思えなかったでしょうが、観光名所にもなりそうな趣きが
ありますね~

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2016/01/17 11:25 | edit

「迷いの始まり」から見たところ、
下畑の薬師堂の裏手の尾根を上がったような感じだったので、
成木川の支流に出たのではないかと推測しました。
ただ成木川って両岸、崖地ですよね…。
下ったら更に酷いことになるかも。

URL | tokoro #SFo5/nok
2016/01/17 17:05 | edit

タマチャリンさん

そうなんですよ。
あまりにも想定外の展開でした。
谷が開けてきたので、人家近くか平らな林に出られると
思っていたのですが・・・
今回は珍しく考え込んでしまいました。
その先も全く予想が出来なく
流石に今の時季に川を渡る気にはなりませんでした(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/01/17 18:43 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん

見たことが有りそうでしょうか? 
コンタローさんはこの辺はご存知かもと・・・
私にとってはほんとにビックリのところでした。
南高麗でこんな近くで
方向を失うとは思ってもいませんでした

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/01/17 18:47 | edit

Re: 心ドキドキです

こころhiroさん

やっと谷から抜け出られると思っていたのですが
こんな所に出てしまいました。
この辺は比較的近場ですので
迷っても出る先は大まかに検討はつけて
入ったつもりでしたが
見事に外れてしまいました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/01/17 18:48 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん

落ち着いてみれば、ミニ長瀞のようなよい風景でした。
谷を辿った先こんな風景が
待っていようとは思いもしませんでした。
先の大まかな予想は脳内地図で描いては
いたのですが、最近、脳内回路に断線が増えて
来たようで・・外れてしまいましたよ(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/01/17 18:49 | edit

Re: タイトルなし

tokoroさん
ハタゴルフの傍のお社のような建物は
薬師堂だったのですね・・・
私は知らずにいましたが、下畑の薬師堂を検索しましたら
建物の屋根の下、板に描かれた動物が同じようでした。
沢山の情報をお持ちなのと推測力が素晴しいですね。
それに成木川しかないですよね

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/01/17 18:51 | edit

美しき川

こんばんは

これはまた水がきれいで、岩もいい感じの渓谷ですね。
飯能周辺では、吾妻峡 や 名栗渓谷 という、
渓谷の名所らしい地名を地図で見かけます。
行ってみたい所がますます増えました。

URL | ふさじろう #-
2016/01/17 21:44 | edit

Re: 美しき川

ふさじろうさん
こんばんは
 
予想外の所に出てしまい戸惑っていましたが、
落ち着いて観てみれば
川と岩壁がよい景色を作っていました。

成木川なのですが、ここへのまともな道があるかどうかです(笑)
迷いながら通ったルートを行くのは無理がありますので
いずれ、対岸の竹林側からいけるか探してみようと思います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/01/17 23:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/353-98eb83d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード