好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

日向沢ノ峰-3素晴しき尾根(終回)  

日向沢ノ峰-3素晴しき尾根(終回)
2016 05 15 (既にひと月が過ぎました)

5月15日、空いた午前中の時間を使って、予ねてより気になっていた飯能市の最高峰「日向沢ノ峰」に行ってみました。

896
☆IMGP4896

前回は⇒
日向沢ノ峰-2シロヤシオとミツバツツジから峰の道に

877 日向沢ノ峰に到着1356m
☆IMGP4877

有間峠から爽やかな緑の中の支尾根を登り、仁田山を経由し送電(50万ボルト)鉄塔を過ぎ、
シロヤシオとミツバツツジの競演の場を過ぎるとオハヤシノ頭?分岐に
ここから主尾根を東に進むとすぐに日向沢ノ峰に到着。

◇後日、入手した詳細図によると有間峠から主尾根に上がる道は
 【有間山稜コース・鉄塔巡視路】などと云う記載があり、
 鉄塔を繋ぐ送電線は【新秩父線】、主尾根は【長沢背稜縦走路】とあります。 2016 06 18記

878
☆IMGP4878

881
☆IMGP4881

883 霧の影響でしょうか、気温は8~9℃・・・快適です。
☆IMGP4883

884 踊平の方向に進んでみますが
☆IMGP4884

887 霧が上がってきました。
☆IMGP4887

888
☆IMGP4888

892 適度に展望も開けているしなかなかの尾根です。
☆IMGP4892

894 
☆IMGP4894

897 回復しつつある空を背景に、ミツバツツジが映えます。
☆IMGP4897

898
☆IMGP4898

900 木立の間から薄っすらと霧に包まれた西方の山が見えて爽快感満タンです。
☆IMGP4900

901
☆IMGP4901
905 
☆IMGP4905

踊平方面に少し行った所で
あら~だいぶ長い下りだ・・・これはちょいと踊平まで行くと時間までに戻れない。そう思ってここから踵を返します。

913 
☆IMGP4913

916 戻り道・・・前方の岩のところが日向沢ノ峰です。
☆IMGP4916

918 この尾根道はホントに素晴しい緑です。
☆IMGP4918

921 トレイルランの方々  11:38
☆IMGP4921
↑は蕎麦粒山へ  →は棒ノ嶺へ
棒ノ嶺への分岐まで戻ると、ベンチがあります。ここで早めの昼食を摂っていると棒ノ嶺の方からトレイルランの方々が登ってきました。一休みされたので伺ってみると、大会があるので練習とのこと、かなりのお歳の女性の方も、いやとても若々しい方々ばかりでしたね。これから蕎麦粒山を経由して日原まで行かれるとのこと、36kmとか言われていました・・・凄いです。

922 一息入れ、元気良く走って行かれました。
☆IMGP4922

927
☆IMGP4927

928
☆IMGP4928

929
☆IMGP4929

931 主尾根から有間峠への道を下り、鉄塔が見えるところまできました。
☆IMGP4931

932 この岩を超えると鉄塔です。
☆IMGP4932

934
☆IMGP4934

935 天気が急変し、あっと云う間に霧が晴れてきました。
☆IMGP4935

広河原谷、秩父さくら湖方面・・・

938
☆IMGP4938

941
☆IMGP4941
446 
☆IMGP4946

448 有間峠着
☆IMGP4948

953 名栗湖着、白谷沢、棒ノ嶺
☆IMGP4953

954 谷の一番奥が登山口の有間峠
☆IMGP4954

956
☆IMGP4956

957 名栗川、帰りがけの売店「やませみ」から
☆IMGP4957やませみから

◇Webによると、日向沢ノ峰だけを目指して行く者はいない。多くの登山者にとって、この峰は川苔山や蕎麦粒山方面に行くための単なる尾根上の通過点として捉えている・・・なるほど、そうでしょうね。私のように「飯能市で一番標高の高い所で、花が咲いていて楽に行けそうだから・・・」などと考えて登ってくる者はほとんどいないようである。
いくら齢を重ねても稚拙な好奇心から脱却できない自分を再認識します。

それでも今回は僅かな時間を歩いただけでしたが、有間峠から上がった都県境の主尾根の道は素晴しいものを感じました。南側(都側)が刈り込まれ、防火帯状に東西に延びる尾根道は幅が広く開放感があり、とても気持ちよいものでした。展望もあり晴れていれば富士山も見えるとのこと。

949
☆IMGP4949

帰宅後、改めてこの主尾根コースを地図で見る。
東は棒ノ嶺~西は蕎麦粒山・・・(この辺までは行ったことがあるのだが)更にその先は仙元峠、天目山(三ツドッケ)、坊主山、酉谷山・・・雲取山らしい。初心者が地図を少々見た限り、えらく長いコースでこれは端から端まで走破するのは気が遠くなります。
それに主尾根に取り付くまでがまた大変。仮に有間峠への林道が使えない場合、あるいは奥多摩側から登る場合・・・地図を見るだけでも、私のような初心者は躊躇してしまいそうです。

侮るなかれ 日向沢ノ峰・・・されど面白きかな 日向沢ノ峰        

終わり


☆★☆奥武蔵・飯能情報ランキング☆★☆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くと情報ランキングへ飛び、ポイントが加わります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 00:57 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

コメント

日向沢ノ峰

おはようございます。

青空と新緑にツツジの紅白が彩を添えて、さわやかな絵が多いですね~
900のような樹間の向こうの山並みは、山では普通によく見る風景ですが、
撮ったことはありませんでした。写真にしてもいいのですね。
鉄塔がらみが人工物を造形的にとらえていておもしろいです。
棒ノ嶺までは行きましたけど、その続きなのですね。
足を伸ばしたくなりました。

URL | ふさじろう #-
2016/06/17 07:43 | edit

おはようございます^^

新緑の季節を感じさせてくれる、緑にあふれたコースですね
それにしても、この山深さ・・・東京都に接した場所とは
思えない程。
また西武池袋線の飯能駅の賑やかさと比べても、同じ飯能市とは
思えない風景が広がりますね~
距離的に近い所に、こんな魅力的な所があるって再認識です。

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2016/06/17 10:18 | edit

今回もまた素晴らしい写真の連続ですね。
この尾根は時期を見極めていけばこれほど花が咲き誇っているものなんですね


トレランの人はすごいですよね~
36kmですか?
めまいのしそうな距離を走るんですね|
いったいどういう体をしているんでしょうね~

URL | タマチャリン #-
2016/06/17 10:37 | edit

Re: 日向沢ノ峰


ふさじろうさん
 こんにちは
毎度ながら、既にひと月遅れです(笑)
行く前の予想に反して自分的には素晴しい尾根道でした。
日向沢ノ峰と云うよりもこの尾根道自体が良さそうです。

棒ノ嶺からもモチロンいけますが、私はまだ棒ノ嶺からは途中まで
しか行ったことはありません。棒ノ嶺から歩き始め時間を確認したら、これは帰れなくなると思い、
途中から道を外れて有間川に下りました(笑)
棒ノ嶺―槙ノ尾山-長尾丸山-クロモ山-ヤマナシ山-分岐(右:蕎麦粒山、左:日向沢ノ峰)になります。
地図によると棒ノ嶺から片道約3時間・・・これに棒ノ嶺までの道がありますのでかなり大変なコースです。
私が採ったコースは一番楽々な有間峠からですのでここからであれば往復で3時間です。
有間峠に沢山車が留めて有りましたからここから登られた方がいたと思います。
モチロン、奥多摩の方から(例えば川苔山から)もありますがそれも往復を考えると、かなりの長距離です。
・・・しかし、以前ですがこの延長線上に奥多摩から上ったと云う
グループに会いました。何処から登られたのか忘れましたが奥多摩コースもあるのでしょうね(汗

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/06/18 12:09 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
こんにちは
 緑のとても綺麗なコースでした。
(先月のことで、すみません(笑))
飯能市は青梅市や奥多摩と接していますから
ちょっと歩くと東京都に入ります。
近辺では埼玉都民、東京県民と云う感じですね。
写真、尾根道の刈られている側が都側です。
こちらからは、あら~ここが東京都か!!と云う感じですね

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/06/18 12:09 | edit

Re: タイトルなし


タマチャリンさん
 こんにちは
自分にとってはこれほど爽快な尾根道とは思いも
よりませんでしたよ。
 ここは私が使った有間峠からのルートは楽々なところですが、
他から登ろうとすると、かなり長い道になります。
仮に奥多摩側から行こうとするとどうなんでしょうね。
しかし、奥多摩側から実際に登られた方もいたので可能なのでしょうね。
ここは登ったら下りる道のことも考えないと帰りが大変です。

トレランの人達、奥多摩側から棒ノ嶺経由で蕎麦粒山から
日原・・・いやあ凄いなと感心しましたよ!

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/06/18 12:11 | edit

こんにちは。
シロヤシオとミツバツツジの最高の競演の時を歩き、後半は晴天になる、さすが山人さんの運力は素晴らしいですね。
そのパワーが、いろいろな景色を楽しむ機会を得ていられると思います。
私は、知っている道なら行きますが、初めてのコースで霧・雨の恐れがある場合は、当日になってりスケジュールとなってしまいます。
山に囲まれて育ち、近くの山は遊び場でもありましたが、都内勤務が長くなって軟弱化しました。

URL | りょう #-
2016/06/20 09:12 | edit

りょうちゃん

りょうちゃん
こんにちは

身に余るお褒めのお言葉に、発熱しそうです(笑)
有間峠(1000m超)まで行けばあとはとても
楽々な山道ですし、主尾根に上がれば迷っても
飯能か多摩に下りられます。

奥武蔵近辺の場合は、りょうちゃんが育った地域の
山と比べれば、規模が違いすぎますね。

りょうちゃんの大都会で活躍されている頭脳+空、海の行動には
マネしたくても、とてもは出来ませんです。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/06/20 12:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/387-0d64a47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード