好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

戦場ヶ原をさまよう-2 小田代ヶ原  

戦場ヶ原をさまよう-2 小田代ヶ原

赤沼駐車場(赤沼自然情報センター傍)を出発し
湯川赤沼橋を経由して小田代歩道を小田代ヶ原に向かいます。
648 周辺地図 
☆IMGP5648

前回は⇒
 戦場ヶ原をさまよう-1 小田代歩道

444 緩やかな上り下りを繰り返し、緑の中を進みます。11:00
☆IMGP5444

446
☆IMGP5446
暫くの間、左も右も全く展望はありませんが、明るく清涼感のある中を快適に進みます。

452 右手方向に明るさが
☆IMGP5452

454 戦場ヶ原展望台へ 11:20
☆IMGP5454

455 
☆IMGP5455

461 展望台と云うと少しは高くなった位置にあるものと思っていたのですが・・・
☆IMGP5461
ここの展望台はこんな感じで、ほぼ平坦で北に向かって開けています。
赤沼Pから小田代歩道を歩いてきて展望が効くのはここが初めてです。

463 クマ笹に囲まれた中、健気に黄色い花が咲いていました。
☆IMGP5463
花の色と形は日光キスゲに似ていますが何でしょう。  

464 本線に戻ります。小田代ヶ原まではあとわずかです。
☆IMGP5464

465 シカ防止柵・・・日光周辺は以前からシカの食害がだいぶあるようです。
☆IMGP5465

467 ここで休憩、軽く昼食・・・11:35
☆IMGP5467

471 まだ新しい木道が延びています。
☆IMGP5471

要らぬ心配ですが、このへんの費用は・・・

尾瀬の場合は木道の設置、保守費用は電力会社がだいぶ負担しているようです。
トイレチップなどもあるようですし、売店やシャトルタクシーなど、相当な営業益があると思われるので
そのへんから応分の受益者負担(その原資、源泉はそこを訪れた者)・・・いや分からんですね。

475 小田代ヶ原・・・開けてきました。
☆IMGP5475

477
☆IMGP5477

479
☆IMGP5479

483 緑の中に紫色の花が見えます。ホザキシモツケとノアザミです・・・いや、そうでしょうか?
☆IMGP5483

486 ノアザミのようですね。
☆IMGP5486

490
☆IMGP5490

494 豪華な木道が更につづきます。
☆IMGP5494
ホントに無料でいいんでしょうか・・・

500 当たり前ですが、奥武蔵では見ることの出来ない風景が続きます。
☆IMGP5500

502 これはいくらなんでも白樺でしょう・・・か?
☆IMGP5502

504 これはいくら何でもノアザミですよ。
☆IMGP5504

505 
☆IMGP5505

509 これだってノアザミでしょう。
☆IMGP5509

510
☆IMGP5510

524 
☆IMGP5524

525
☆IMGP5525

530
☆IMGP5530

533 再び左右の展望は閉ざされた中を進みます。
☆IMGP5533
笹と野草が入り混じった中に黄色い花(?)が目立ちます。

534
☆IMGP5534

539
☆IMGP5539

541 先を右折して自然研究路に入ります。13:15
☆IMGP5541
ここ迄来たのであれば、湯滝から湯ノ湖辺りまで行けばよかったのでしょうが、
恐らく赤沼Pまで戻るに3時間から4時間かかる・・・そう思って断念しました。
別の機会にと思います。

544 復路、自然研究路を経由して赤沼Pに戻ります。
☆IMGP5544

548 展望が開けて北から東に戦場ヶ原が広がってきます。
☆IMGP5548

556
☆IMGP5556

557
☆IMGP5557

558
☆IMGP5558

559 再び湯川に・・・上流は湯ノ湖から下流の竜頭ノ滝へ向かって流れて行きます。
☆IMGP5559

563 
☆IMGP5563

565 青木橋を渡り、湯川の左岸を下流に向かって進むことになります。
☆IMGP5565

(自然研究路)左手には戦場ヶ原と男体山、右手には魅力的な湯川を見ながら赤沼Pを目指します。

◇幻の小田代湖・・・数年に一度、特に台風などで大雨に当たった年に雨水が小田代ヶ原に溜まり湖が出来るらしい。
Webからその湖面にカラマツや背景の山々を映した画像を見ることが出来ます。
今回は夏でしたが、木の葉の色付きの時季、雪化粧の時季、
そして湖の出現があるのであればその時季に是非観てみたいものです。

◇戦場ヶ原をさまよう-3 復路の自然研究路に続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 14:01 [edit]

category: 北関東

tb: 0   cm: 8

コメント

戦場ヶ原は中に入ってみるとこんなにも良い所だったんですね~
いや!道路から見えた景色でさえ相当魅力的だったです!
所でこの辺りは蚊とか蜂はいないのでしょうか??
一昨日登った山は蜂だらけで、お昼を食べるのにも難儀しましたよ!
虫のいない静かな森の中、、、虫、、、ま、、いますよね~

URL | タマチャリン #-
2016/08/07 23:14 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
今晩は!
この周辺の一部をさまよってきましたが
綺麗な木々の林、原の野草の緑、湯川は
清涼感たっぷりで(夏は暑いのでしょうが)
なかなか良かったです。
特につぎの往路の川沿いがお勧めですね。
そうそう
はじめから終わりまで虫と蜂にはまったく遭遇しませんでしたよ。
一部トンボが親しく接してくれましたが(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/08/08 00:56 | edit

おはようございます^^

国道沿いの戦場ヶ原と異なり、小田代原は更に奥まった場所
・・・湯の湖に宿を取り、ゆっくりと見て廻りたい場所ですね

小田代原付近では白樺の姿が見られましたが・・・
「小田代ヶ原の貴婦人」と呼ばれる白樺があるようですね
具体的にどの辺りにあるのか判りませんが、とても目立つ
存在で人気があるようです
見てみたい気もしますが、大勢のカメラマンが並んでいる
場所とも聞きます。
ちらっと様子を見るだけにして、あとは静かな雰囲気を
味わう方が良いのかもしれませんね^^;

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2016/08/08 10:48 | edit

こんにちは。
綺麗な緑の世界ですね。
戦場ヶ原、小田代原のイメージが広がってきます。
木道が整備されていて素晴らしいと思います。
静かに歩きたくなる緑の世界ですね。
お一人で景色を満喫で・・・・勝手に一人と決めつけていました。違っていたらごめんなさい。

URL | りょう #-
2016/08/08 11:21 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
こんにちは!
 流石に旅慣れしていますね。
宿をとり、ゆっくりと・・・それがいいかもしれませね。

>「小田代ヶ原の貴婦人」と呼ばれる白樺・・・
そうらしいですね。しかし、大雑把にこの辺から見られる?
のつもりでしたが、どれがそれか分かりませんでした。
白樺が見えるのは何箇所かあるのですが、人が少ない時季で
時刻が悪かったのか、それを狙っているようなカメラの方に
気がつきませんでした。

いつもながら、事前知識が不足でしたわ(笑)





URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/08/08 12:41 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん
 こんにちは!
金精峠を越えていけば尾瀬なのですが
尾瀬とはまた少し異なる風景でした。

仰せのように、木道が整備されています。
かなりの費用がかかるのでしょうねと
いつも余計なことを考えます(笑)

たまたま、時季がハザマだったのでしょうか
以外と人が少なく、
奥武蔵には無い素晴らしい景色を見放題で楽しんできました。




URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/08/08 12:49 | edit

赤沼~湯ノ湖の散策でしたら、片道をバスにすると効率的です。
もちろん歩きたい方は往復徒歩でけっこうです。(笑)

URL | 鉄まんアトム #-
2016/08/08 15:29 | edit

Re: タイトルなし

鉄まんアトムさん
すいません 誤って消してしまい、改めて書き直しです。

そうなんですよ。
120号線にバスがあったのですよね。
事前になにも調べずに行ったものですから
赤沼p辺りでバスに気がついたのですが
小田代ヶ原を歩いている時にはコロッと忘れていましたわ。

次回です。次回・・・には

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/08/12 22:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/396-00a38a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード