好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

飯能アルプス(飯能エコツアー)-1吾野駅~板屋ノ頭  

飯能アルプス(飯能エコツアー)-1吾野駅~板屋ノ頭
2016/10/16(日)
◇歩いたところ : 吾野駅~前坂~板屋ノ頭~スルギ~子ノ権現~東郷公園・送迎バス
~休暇村奥武蔵・こもれびの湯~送迎バス・吾野駅

039a ここは奥武蔵!!・・・板屋の頭から
☆IMGP1039a

日ごろダラダラと齢を積み上げる生活をしている私も、時にはシャキッとさせなければと思っています。

995 飯能駅_7:52発に乗車
☆IMGP0995

それで時季もやっと秋らしくなり、何処か歩こうかなと思っていました。
そんな時に「エコツーリズム」の案内に「飯能アルプス・・・」と云うのが目に留まりました。
これだ!歩いたことはあるが、この辺でもいいなあと

それにツアーであれば山歩きのベテランさんも来るだろうから、
その方々の歩きを参考にさせてもらえれば良いだろうと思ったりしたわけです。

996 吾野駅_8:18着
☆IMGP0996

997
☆IMGP0997

では申し込みをしようと思い・・・
案内を見直すと

【健脚向け・20歳以上対象】と記されています。
小心者の私は エッ!大丈夫かなあ と思ってしまいます。

年齢制限の下限は大昔にクリアしているのでそれだけは自信たっぷりですが、
逆に上の方の危険水域に達しているとも云えて大丈夫でしょうか、
どうなんでしょうねと自問自答です。

それでも面の皮を厚くして、申し込みのタイムリミット寸前、メールで問い合わせると即座に返信がきました。
流石に
 奥むさし飯能観光協会 さんです。懇切丁寧、秒速回答、仕事が速いです。

なに・・・ナニ・・・
「通常行っているエコツアーの中でも最も登山時間が長いものになります。
万全の体調で臨んでいただけますようお身体には十分お気を付けください。」
と返信を頂戴しました・・・これで行き成り、身の引き締まるおもいがしました。

016
☆IMGP1016

まあこのお言葉を拝見しただけでも体脂肪が1、2%は軽く減りました・・・そういう気がしました。
実際に踏破でもした時には体脂肪が一桁になりそうです・・・まあ仮に踏破出来たとしてですが。
いや、しなければならないのですが。

じつは以前このコースで転進を試みて道を外し、高反山に行ってしまったことがあります。
行ってみたらナンダイコリャア、タカソウリャアでした。
正しくは迷ったということです。そのときには戻るのも面倒なので楽しい藪漕ぎと斜面の突破で

無事に林道に抜けることが出来ました。
しかし迷走を楽しみ過ぎてロスタイムが多く、当日は途中でリタイヤしてしまいました。

さて、当日(10/16)の朝はいつもの時刻に起床し、飯能駅から7:52発の山行き電車に乗り、
ほぼ予定どおり8:20前には吾野駅にて下車しました。

【吾野駅】受付、登山支度(それ程のことでも無いのですが)、協会のスタッフ主導にてコース案内、準備体操・・・諸々を処理。

今回の隊は十数名、協会の方を先鋒、中堅、大将とそれぞれ前・中・後の要に配置し、
万全の体制でいざ 難攻飯能アルプスに挑みます。

私はと言うと、前の方では何処に行ってしまうか分かりませんし、
最後でもと思ったのですが流石に協会の方は読みが深いです。最後では何処で転げ落ちるか危ないと見たのでしょう。
最後から二番目の位置で行くことになります。

998 駅前広場を秩父よりに少し歩き、すぐに右の階段を下ります。8:44
☆IMGP0998

999 このトンネルから線路の下を潜り、南側山裾に8:47
☆IMGP0999

ここから(吾野駅から)初めて飯能アルプスを目指す方にはちょいと分かり難いです。
以前ここで登山口が分からず、右往左往している中年のご夫婦に声を掛けました。
栃木から来た方で「飯能アルプスを縦走して東飯能駅を目指す」と言われていました。

  凄いですね・・・飯能アルプスは北関東にまで知れ渡っているのです。

栃木の方には線路下のトンネルを潜る旨をお伝えし、向こう側に出たのを見届けました。
その日、当方は北側の「顔振峠-越上山-ユガテ-飛脚道-東吾野」のルートでした。

000 線路下を潜りここから飯能アルプス・尾根道へと上がって行きます。8:50
☆IMGP1000

指導標には大高山、天覚山とありますが、尾根に上がってからはその反対側に進むことになります。

◇尾根に上がってから南東に進むと大高山・天覚山、北西に進むとスルギ・子の権現にいくことになります。

001 久しぶりの、それも出だしの急坂に体中がすぐに暑くなってきました。8:52
☆IMGP1001

003 9:04
☆IMGP1003

給水しながら二枚重ねのシャツを一枚脱ぎ、進みますがそれでも暑かったですね。
今日は協会のエコツアーですからそれなりの方々です。
一人だけ上半身裸ってわけにもいきませんので、暑さをぐっと堪えて行くしかありませんか。

005 9:15
☆IMGP1005

006 9:25
☆IMGP1006

007 前坂 9:33
☆IMGP1007

010 9:36
☆IMGP1010

011 9:36
☆IMGP1011

やっと登ったと思ったら下りに入ります。
 いつも思いますね。
これって人生と同じで
予期せぬ出来事=幸福が来るよりも<不幸が来る確率が遥かに高い^2

先の道は下った分を上乗せして登りが持ち構えています。
そうそう、今回の飯能アルプスのルートは逆打ちです。

013 9:35
☆IMGP1013

014 開けてきました。遠方は「奥武蔵グリーンライン」です。9:56
☆IMGP1014

015 9:57
☆IMGP1015

018 吾野鉱山 10:04

飯能には鉱山があるのです。
最近まで知りませんでしたが、阿須の方には炭鉱まであります。

019 道中の無事をお願いして進みます。10:04
☆IMGP1019

021 明るい広葉樹の道になってきました。10:05
☆IMGP1021

右手(北側)は勾配が急で植林が出来ないため、自然に生えた雑木になっています。
これを観ると自然に生えるのは素晴らしいです。
羨ましいです。

当方の頭頂は春に芽吹くでもなし、秋の紅葉で賑わうこともありません。
一年中ず~と晩秋から冬枯れの状態が続いています。

◇飯能アルプス(飯能エコツアー)-2に続きます。

◇順番からいけば、白谷沢-5なのですが、同じようなものを延々と並べてもと思い、順序を入れ替えました。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:57 [edit]

category: 奥武蔵 1

コメント

山人さん、今晩は!

今回の写真は、いつにもまして美しいものが多いようですね。山人さんの腕も
あるのでしょうが、好天に恵まれたのもその理由でしょうか?飯能が、まるで
有名な観光地みたいに見えますね。

登りがあれば下りもあるというのは、人生の鉄則なのかもしれませんが、私の
場合は登りがあったのかな?少なくとも、今は下りっぱなしのような気もしな
いでもありませんけど・・・。(笑)

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2016/10/28 19:54 | edit

鉱山の写真良いですね~
殆どカルデラ状態ですね。
そう言えば、地図を見ると鉱山地帯に溜まった水も
必ず記されてますが、当然水溜りなら描かれる筈はないので
一応湖扱いなんでしょうかね??

鉱山の最深部って初めて見ましたよ
な~~るほど~~~~

URL | タマチャリン #-
2016/10/28 22:21 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
こんばんは!
 ああ、私の腕なんてのは間違ってもないでしょう。
天気とかたまたま被写体が良かったの場合でしょうね(笑)

振り返ってみると
思ったとおりに行かないことの多いですし
思わぬ不都合や不具合も多いですね。

反面、幸いのことがあるのは稀・・・あったかなあという感じです。
山は登った分だけは下りますが、人生はそうでもないですね(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/10/28 22:55 | edit

おはようございます^^

山に囲まれたホームに停車する電車・・・鉄道旅好きなもので
こういうシーンはワクワクします^^;

その白い車体が池袋にも繋がる西武線の電車でなければ
私が訪れた事のある南会津や北伊那の広い谷あいの風景と
言われても納得しちゃうかもしれません
通勤(2ドアですが)電車が山あいに停車しているという
異空間っぽい雰囲気も大好きです^^

山人さんが訪れたこの日(私は前日に鋸山へ)の週末は
久しぶりにお天気が続きましたね
この後のアルプス制覇の記事を楽しみに拝見しますね^^

URL | くろすけ #-
2016/10/29 08:47 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
 こんばんは
飯能って鉱山があるんですね。
市民にも鉱山があるなんってあまり知られてないですから
意外ですね。
自分が知ったのはだいぶ歳を食って山歩きを始めてからです。

板屋ノ頭という処から
水に色がついて綺麗に見えました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/10/29 23:38 | edit

Re: おはようございます^^

くろすけさん
 こんばんは
飯能はどの駅に降りても
山歩きの入り口になります。
面積の7割が山・・・山です(笑)
 仰せのように部分で見ると地方の駅ですね。

 今回、ツアーに入って歩いたところは
飯能アルプスの1/4にもならないところです。

 今回は自分にとっていつもと違う意味がありまして
参加してみました。
 (別の意味とは市のエコツーリズムに少し興味を
持ちまして)

鋸山だったのですか、当方はその5日後でした。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/10/30 00:58 | edit

こんにちは。

「身体には十分お気を付けください。」
私なら、その言葉でリタイヤです。(笑)
脚に自身がないと参加できないですね。
歩いて・登ってみるから、良い景色に巡り会えるのでしょうね。

URL | S-masa #-
2016/10/30 19:49 | edit

Re: こんにちは。

S-masaさん
こんばんは
>「身体には十分お気を付けください。」
ありがとうございます。
今のところ歩くのは何とかなりそうです。

しかしながら

登頂が、ああイヤ、頭頂が晩秋落ち葉の状態で
中身もスカスカの状態です(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/10/30 21:10 | edit

エコツアー

おはようございます。

トップの白っぽい砂山に、青い池というのは珍しい風景ですね。
これは人工的にできたものでしょうけれど、草津白根山の湯釜を連想しました。
私はこうした初対面の人といっしょの決められた団体行動というのはできないのですよ。
すぐに立ち止まったり、コースからはずれたりして、撮ってるばかりですので。(笑)
こういった社会参加を積極的に行う奥武蔵さんはえらいですね。

URL | ふさじろう #-
2016/10/31 10:22 | edit

Re: エコツアー

ふさじろうさん
 こんにちは

青い池はセメントの材料になる採石の跡のようです。
そこに雨水が溜まって大きな池になりました。

>初対面の人といっしょの決められた団体行動というのはできないのですよ。
私も別の意味も含めてまったく不得意だったです・・・今も進行中ですが(笑)
当方、ネクラデ小心者ですから、知らない方々の処に混ざっていくのはとてもいやでした。
何を話していいかわからず、間がもてない。
黙っているわけにもいかず自分なりに苦悩したり、恥をかいたりで、
しかしパラを始めようと思ったときに思い切って踏み出すしかない
と思いクラブに新参しました。
周囲になれるまでやっぱり間がもてなかったですね。
 それと、団体行動は各自の視点がことなり、
どうしても観るところが異なりますから、その辺も難しいですね。

まあ自分的には
歳をとったので、間とか他の人との会話とか、恥とかに
少しずつ鈍くなってきたようです。・・・飽くまでも自分のことですが。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/10/31 12:48 | edit

こんにちは。
休みなく頑張っていられますね。
大高山、天覚山は以前にアマチュア無線の移動運用をするために登りました。
あくまでもアンテナを上げられるスペースがあれば良いとの意識のため、景色についてはあまり覚えていません。
ゆっくり歩くと良い景色に巡り合いそうですね。

URL | りょう #-
2016/10/31 14:26 | edit

 りょうちゃん
こんばんは
 そう言えば、アマチュア無線も長いこと継続されていますね。

大高山は近辺では一番高いですし、
天覚山の山頂は広く眺めも良いし無線によさそうですね。

何事も継続されているのは本当にマネのできない感じです。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/10/31 20:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/408-88524054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード