好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-3(終回)  

尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-3(終回)
2016 10 02(日)
805 尾瀬の天気は変わりやすいですね。
☆IMGP0805

前回は⇒
尾瀬、天空の楽園アヤメ平をゆく-2

792 富士見峠 1885m 12:45
☆IMGP0792

雨上がりの道のせいか、出入り口の登りと下り部分で手間取り、
鳩待峠から約3時間もかかって富士見峠に到着です。
時刻は12:30。昨年の秋にて閉じられた富士見小屋。
その前に他のグループを含めて30人程がいたでしょうか、当方も混ざって昼食休憩です。

796
☆IMGP0796

「アヤメ平と三条の滝を見ずして尾瀬を語るなかれ」 
前の富士見小屋のご主人の言葉だそうです。

山人、三条の滝に行く⇒ 三条の滝コース  

797 30分ほどの休憩後、さて帰路につきます。
☆IMGP0797

799 帰り道、天気が急変し濃霧が発生してきました。
☆IMGP0799
大丈夫でしょうか…小心者の私はすぐに心配になってきます。13:25

800 笹の斜面にも霧が上がってきます。
☆IMGP0800

801 
☆IMGP0801

802 霧はまあ仕方ないとして、
☆IMGP0802
雨だけは勘弁してほしい…そう願いつつ・・・帰の道を鳩待峠に向かって急ぎます。

804 富士見峠からアヤメ平に向かう途中の絶景にも霧が上がってきました。
☆IMGP0804

805
☆IMGP0805

808 
☆IMGP0808

809 至仏山が見えてきました。
☆IMGP0809
相変わらず霧と雲がまとわりついていますが、少し明るくなっているようようです。

810
☆IMGP0810

811 途中の中原山1968m
☆IMGP0811
この表示がなければ知らずに通り過ぎてしまいます。
平ヶ岳と同じように「ここが山頂だ!」と云う尖ったところがありません。

山人、平ヶ岳に混ざる⇒
 平ヶ岳

813
☆IMGP0813

817 垣間の燧ヶ岳(東方)
☆IMGP0817

823 至仏山(西方)山容が見えてきました。
☆IMGP0823
向かう先(西)は少し雲が開けてきたようで、何とか天気はもちそうです。

829 天気が良い方に急変です。
☆IMGP0829

雨は大丈夫のようで、一安心…
雄大でどっしりとした外郭をみて気持ちが落ち着きます。
この後、無事に鳩待峠に到着…

空模様を気にしながら歩きましたが
黄色く染まった草紅葉、点在する池塘
そして尾瀬を代表する至仏山と燧ヶ岳を眺めながらの
天空の楽園歩きはとても素晴らしいものでした。
尾瀬はいつでも、その歩いた日がベストの季節だと改めて思いました。

◇尾瀬への入り口は数箇所ありますが、今回のように鳩待峠から入る人が一番多いです。
  理由は関越自動車道から入り易いのと「尾瀬ヶ原」や「至仏山」、「アヤメ平」などの
  日帰りコースの登山口になっているからです。

余談になりますが、鳩待峠に人が集中し過ぎ、その負荷の分散が図られています。
その一案として尾瀬南東部の三平峠からの入山を促すため、

大清水~一之瀬まで「低公害バス」の運行が始まりました。
数年前に尾瀬沼東岸~三平峠~一之瀬~大清水を歩いた時、それに関する調査チームに出会って、
お話を伺ったことがあります。
その時の⇒
 尾瀬沼南岸~大清水

下図のA~11・10 尾瀬ヶ原の南が今回歩いたところです。

12 06 04☆R1032976

尾瀬 天空の楽園…おわり

104 荒川の風景…源流から河口まで

☆IMGP2104

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 19:50 [edit]

category: 尾瀬と周辺

コメント

アヤメ平

こんばんは

今回のアヤメ平シリーズは、超特急の更新ですね。
このハイペースで、これだけの編集ができるのはすばらしいです。
怪しくなった天気も回復してよかったですね。

今回は名言が散りばめられていますね。
「アヤメ平と三条の滝を見ずして尾瀬を語るなかれ」 
→ 三条の滝は行ったので、アヤメ平を見なくてはです。
「尾瀬はいつでも、その歩いた日がベストの季節だと改めて思いました。」
→ 来年はニッコウキスゲの大江湿原を考えていましたが、
  今日がベストと思ってアヤメ平を歩いてきます。

URL | ふさじろう #-
2016/12/17 21:52 | edit

Re: アヤメ平

ふさじろうさん
こんばんは

いつもながら
考えても考えなくとも内容があれですから
テキトーに処理したいと思っています。

尾瀬に行かれる人は
まず尾瀬ヶ原、尾瀬沼、そして至仏山と燧ケ岳・・・
アヤメ平は人出は極めて少ないです。
その分、静かに草原や池塘、遠景が楽しめますね。
大江湿原もアヤメ平も是非歩かれますように。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/12/18 02:36 | edit

山の天気は本当に変わりやすいのですね
凄い霧かと思ったら最後は良い晴天の写真ですね
あの霧では私も心配になりますよ。
2000mの標高での雨は恐ろしそうです!

ところで、先程地理院を見て初めて知りましたが
尾瀬と呼ばれる所は アヤメ平、尾瀬沼、尾瀬ヶ原と結構離れているんですね
しかもかなり広大な土地なんですね~
実家は群馬なんですけど、今まで一度も行った事がなかっただけに
地図上で確認しただけですが、この広大さは結構衝撃的ですね~

URL | タマチャリン #-
2016/12/18 21:55 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは
 
山の天気はホントに恐ろしいですね。
初めから至仏山も燧ケ岳もなんか変な雲と霧だったのですが
帰りはいきなりの濃霧に出会って
どうなるかと思いましたが、鳩待峠まで何とか雨にはならずにすみました。

尾瀬は広いですよ~!!
群馬、栃木、福島、新潟・・・何と4県にまたがっています。
人によっては会津駒駒ヶ岳なども尾瀬だと思っている人もいるくらいです。
三条の滝や山も幾つもあり、ルートも沢山ありますので
全部周ったら何日かかるか・・・何しろ広いです~~

尾瀬病・・・尾瀬中毒に罹る人がいるのは頷けます。
当方も以前より頻度は落ちましたがほとんど毎年行っています(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/12/18 23:11 | edit

こんにちは。
快晴ではなかったようですが、霧に隠れたり、また現れたりする尾瀬も素晴らしいのではないかと思います。
私が行った時は不思議と毎回晴れていましたが、朝のうちは霧が出ている日もあり、その幻想的な景色に感動しました。

URL | りょう #-
2016/12/19 09:36 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん
こんにちは

ある程度の標高にいきますと天候が変わりやすいですね。
>私が行った時は不思議と毎回晴れていましたが、
やはり、りょうちゃんの日ごろの行いでしょう。

当方は長蔵小屋に泊まって翌朝から豪雨に出会ったことも
あります。
それでも気温の高い時でしたから楽しい尾瀬でした(笑)

早朝も夕刻もよい風景が現れることがありますね。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/12/19 12:28 | edit

自分も登山中の濃霧は何度か経験してますが、ホント不安になってきますよねぇ。。。
不明瞭な道だったら、なおさら不安になるでしょうね。気をつけたいものです。

829の写真が雄大で素晴らしいですね!
尾瀬は景色が良いですが、混みあいそうなので、なかなか行くに行けません f(^_^);;

URL | まあも #-
2016/12/20 01:00 | edit

Re: タイトルなし

まあもさん
 こんにちは
濃霧が突然発生で、あらっ!!
一瞬、帰りは大丈夫かいと思ったのですが。
途中から開けてきて事なきをえましたわ。
雨がくると木道が滑るので心配でした。

829の場所は少し傾斜地の草原で、バックに至仏山が
どっしりと構えています。当方もここは気に入っています。
広角のレンズでもあれば、イヤあっても腕があれですから(笑)

尾瀬は人が多いですが
尾瀬ヶ原や尾瀬沼周辺と異なり
このアヤメ平コースは意外と少ないですよ。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/12/20 12:36 | edit

こんにちは

遠くから見る雲海や漂う霧の様子ってロマンチックですが、
そのまっただ中に入ると冷たい小さな水滴がまとわりつく・・・
体温も奪うし、足下も滑りやすくなるし、長時間は勘弁して
欲しい物ですよね^^;

尾瀬のような管理された湿原ですと、歩道部分がはっきりして
いますが、ガレ場とか目印が乏しい時は神経を使いそうです

尾瀬というと峠から下って、尾瀬ヶ原を目指すのが普通・・・だと
思っていましたが、今回の山人さんのルートの方が眺望も
良さそうですし、、尾瀬の大きさを感じられそうですね~^^

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2016/12/20 12:56 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん
こんばんは
なるほど、離れて見る霧や雲はロマンチックな場合も
ありますね。
しかし自分がその中の入ると危険なことがあります。

通りなれた道ですが、雨が降ると木道が滑りますので
こわいですわ。

尾瀬と言われる範囲を正確にわかっているわけでは
ないのですが、広〜い〜です。
4県にまたがり平ヶ岳や会津駒ヶ岳も尾瀬の
身内のような感じです。

もし尾瀬に行かれたら
至仏山に登られると素晴らしい風景に
会えると思います。


URL | 奥武蔵の山人 #-
2016/12/20 18:15 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/419-bc355d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード