好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

2017 初春、足の向くままに-3 日和田山~巾着田  

2017 初春、足の向くままに-3 日和田山~巾着田
2017/01/03

799 日和田山(305m)頂きからの東の展望
☆IMGP2799

鉄塔が林立し日高市ならではの風景が広がります。
いったい何基あるのでしょう。
稚拙な好奇心の私は数えきれないほどの鉄塔に感動です。
(稚拙な好奇心は間違いなく単細胞でもあります)

前回は⇒ 2017 初春、足の向くままに-2日和田山


807 二の鳥居~巾着田
☆IMGP2807

誰が見ても、どうっていうことのない写真です。
ところがこれを撮るのに1時間10分もかかりました。
なんだいこりゃあ!!

時間をかけただけの内容、デキになっている訳ではありません。

じつは、鳥居の中に巾着田を上手く収めようとしたのですが、
この日は後からあとから多くの人が登ってきました。

悪い予感は良く当りますね。
鳥居の前に団体さんが陣取って昼食を始めました・・・

私には「写真を撮るので、ちょっと移動してもらえれませんか」などとは口が裂けても言えません。
小心者は写真を1枚撮るだけでも大変なのです。
長期戦になりそうなので当方も昼食を摂りながら機会をうかがいます。

787 
☆IMGP2787

昼食を兼ねて一時間以上も待ち、人がいない一瞬を狙ったのですが
今度は撮ろうとする私の右側と後ろの方々が・・・ですから

もう少し右と後ろに移動したかったのですが・・・
仕方なくこれで諦めたというわけです。

まあ、元々カメラと腕が貧弱ですから
環境だけ満足する場を得たとしても、大したこたぁないですがね。

785 背景、奥多摩 手前が奥武蔵
☆IMGP2785

左背景・川苔山、日向沢ノ峰、蕎麦粒山 
手前・棒ノ嶺---------有間峠
             天覚山


788 遠方、大山---丹沢系
☆IMGP2788

789 金刀比羅神社
☆IMGP2789

昼食休憩の後は取り敢えず頂上まで行き、
巾着田に下りることにします。

790
☆IMGP2790

794 神社の右脇に頂上に繋がる道が有ります。
☆IMGP2794

796 
☆IMGP2796

797 日和田山 頂12:49
☆IMGP2797

800
☆IMGP2800

804 山頂の宝篋印塔(ほうきょういんとう)
☆IMGP2804

◇宝篋印塔(ほうきょういんとう)
多峰主山周辺をさまよっていた時、
出合った石塔が「宝篋印塔」と云うものであるとはじめ知りました。
常盤御前(源義経の母)・宝篋印塔⇒ 2014年 天覧山・多峰主山 超入門コース2 見返り坂から多峯主山-天覧山

さて、下山です。

808
☆IMGP2808

809
☆IMGP2809

811 13:49
☆IMGP2811

鹿台橋の手前、コンビニで甘いものを頂いて休憩し
巾着田を北から南へ縦断します。

812
☆IMGP2812

813
☆IMGP2813

814 前方の山が高麗峠の方向
☆IMGP2814

816 振り返ると日和田山、左の鉄塔の山が高指山です。
☆IMGP2816

818
☆IMGP2818

820
☆IMGP2820

822 気の早いことですが、秋を待つ曼珠沙華(彼岸花)
☆IMGP2822

824 ドレミファ橋を渡り、高麗峠に向かいます。
☆IMGP2824

828 高麗川を渡ります。
☆IMGP2828

832a
☆IMGP2832a

833
☆IMGP2833

835 高麗峠の入口(299号線沿い)に戻ってきました14:50
☆IMGP2835


◇このルートをもう少し歩いてみたいと云う人に
 日和田山-高指山から駒高-物見山・・・に繋がる道があります。
参考 ⇒ 駒高-物見山―スカリ山-橋本山をゆく

日和田山に登って
二の鳥居で昼飯を摂りながら遠望を楽しむ
平和な市民の至福のいっときです

東を見れば筑波の風に混じり九十九里の海風が

南を見れば丹沢と相模湾の風が

西を見れば富士山、奥多摩、甲斐の風が・・・

ここまで吹いて来るような気がする 

・・・空気は繋がっているから可能性はある

                     (終わり)

◇987 都会を流れる荒川の一景(京浜東北線鉄橋)
☆IMGP2987

源流~河口までを歩いています。
名栗川・入間川の流れ出し(大持山の南東斜面)から歩き始めて河口(東京湾)までを辿る。

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:02 [edit]

category: 奥武蔵 1

tb: 0   cm: 8

コメント

冬場の低山は良いですね
空気も澄んでますし遠くまで見渡せますしね
日当たりが良ければ山頂で日向ぼっこも良さそうです。

日和田山も良いですが、私は実は巾着田の用水路に惹かれます~

URL | タマチャリン #-
2017/01/25 10:12 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん

やっぱり、遠望は冬ですね。
この日、1月3日は暖かめでした。
時刻も遅かったので少し春霞が入っているような状態でした。

水路・・・まあ、いろんなマニアの方がいるのですね。
林道はご専門で、鉄塔も崖もありますね。

気がついたら当方も
川、橋、工事現場、人工の幾何学模様・・・キリがありませんね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/01/25 12:33 | edit

こんにちは

暖かくなり、木々の葉が生い茂る時期と異なり、葉が落ちた
冬場は見通しが効いて、何かさっぱりとした風景に感じますね。
また空気が澄んでて、遠景もはっきりとしてて・・・寒いですが
景色を楽しむにはベストの時期ですよね^^

曼珠沙華の巾着田。巾着の名称通り、見事な蛇行ですね~
地図好きなもので、地図の通りに実際の地形を見る事が
出来ると何かワクワクしてしまいます(本来は地図が合わせた
ものですが)
秋に葉陰で薄暗い巾着田も、今は葉が落ちて、随分と明るい
印象なのですね^^;

URL | くろすけ #Ix6Hncxw
2017/01/25 14:08 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん
こんばんは

若葉も紅葉も良いのですが
やっぱり、展望、遠望は冬ですね~
ご覧のように巾着田は Ω の形をしています。

大昔の偉い指導者が二の鳥居あたりから眺めて
農耕を考えたのかもしれませんね。

曼珠沙華のとことは華やかな春、秋とは
別な冬の独特な風景ですね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/01/25 22:22 | edit

こんにちは。
いつも変わらぬ溢れるばかりの探究心に、心から拍手を送ります。
一枚の写真に1時間10分、素晴らしいです。
神様からも何かご褒美があるかも知れません。
日和田山、物見山、歩くには良い時期と思いますね。

URL | りょう #-
2017/01/26 10:27 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん

こんにちは

探究心・・・余りにもレベルが低すぎて(笑)
時折あるのですが、三角点に腰を下ろしてタバコを吸って
いる人・・・これだと三角点を入れて撮れないので
タバコが終わるまで待つことがありますわ。

なかには靴の汚れを三角点に擦り付けて落とす・・・
三角点を知らないのか、価値感の違いか・・・ぐっと堪えます(笑)

東久留米駅の「富士見テラス」ですが、
ホームから上がって改札を出る手前からでも見ることが出来ます。
ここで、先ず見てから良さそうであれば
改札を出てテラスに出てみればと思います。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/01/26 12:48 | edit

巾着田

こんばんは

日和田山の鳥居の中に巾着田を入れては、私も撮ってました。
でも人がいても向こうを向いてるので、そのまま入れてました。
カメラマンは構図を決めたら、人が途切れるまでの他に、
雲が切れて山が姿を見せるまで、またよい光線になるとかまで
じっくりと待つ人がいますが、
1時間以上待つとは、これはもう本格的なカメラマンですね。

巾着田に行ったのが桜と菜の花の時季で、その中で犬や子供たちは遊んで、
とってもきれいで楽しい花園のような所でしたが、
冬場はわりと普通の農地っぽくなるのですね。(笑)

URL | ふさじろう #-
2017/01/27 18:13 | edit

Re: 巾着田

ふさじろうさん

こんばんは
時間の長さだけはマネをしています(笑)

しかし・・・下手な考え休むに似たり を その通りに
実践しておりますわ。

出来がデキですから、何をしようとも
ただ山の神のご機嫌が斜めになるだけです(笑)

日和田山は冬でも良いのですが
確かに巾着田は冬枯れでした。

桜と菜の花も良いですね。
また秋のコスモスもありますが、
ここはやっぱり曼珠沙華ですね。



URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/01/27 19:55 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/428-e8885925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード