好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「東武伊勢崎線荒川(放水路)橋梁~」ダイジェスト  

源流_名栗川~荒川河口までを辿る「東武伊勢崎線荒川(放水路)橋梁~」ダイジェスト2017/02/25

2017年2月25日15:51 我、河口に到達せり

033a 京成上野線橋梁
☆IMGP4033a

合間を計りながらの繋ぎ歩きで、だいぶ長い期間がかかりました。
大持山の南東斜面に「流れ出し」を見て、その流路を辿りやっと荒川河口に到達しました。
いずれ源流から河口までを記しますが、取り敢えずはダイジェストにて

前回は⇒
「新荒川大橋~千住新橋」ダイジェスト

前回は赤羽の北から千住新橋の先、鉄道の橋梁まで歩き、
北千住駅から帰ってきたので、今回は北千住駅から歩き始める。

941 飯能駅
☆IMGP3941

2月25日8:01 奥武蔵・飯能から大都会行の電車に乗る。
山から間違いなく池袋に着く。

山手線(都会なのになぜ、山手なのか…昔は山だったようだ)で日暮里に、
更にそこから北千住に行くのも大丈夫だった。

荒川沿いを歩くために山人も少しは都会の電車に乗ったので少しは街人になったかなあと
勝手に思っているが、何のことは無い電車に乗っただけだ。

942 日暮里
☆IMGP3942

日暮里から快速に乗った。都会へ出れば右も左もさっぱりなので、
案内坂を何回も見直し、駅員にも念を押して、

それでも不安を持ちながらの乗車であったことは言うまでもない。
乗った電車は幸いにも北千住で停車してくれた…当たりまえらしいが…北千住で降りた。

これで間違いなく都会人に近づいた気持ちになったわ。

944 北千住
☆IMGP3944

ここまでは順調だ。
なんと9:32北千住西口に…飯能から1:33分で北千住に着いたことになる。
駅員さんに荒川への方向を聴いて北に向かう。

947
☆IMGP3947

950 方向を聴いてはきたが…こっちでいいのか
☆IMGP3950

951 良さそうだ…前方の堤は荒川だろう。
☆IMGP3951

952 旧水戸街道?
☆IMGP3952

954 ここを登れば…こんなところを登るのはやっぱり山人だ 
☆IMGP3954

956 東武伊勢崎線_荒川橋梁
☆IMGP3956

962 折角来たのだから鉄橋を渡ってくる電車に手を振ってみる。
☆IMGP3962

965 荒川の右岸を行く まだ河口は全く見えない…
☆IMGP3965

川縁には葦が良い色に焼けている。
今日は河口まで行く予定なので、先を急ぐのだがこう言う所を歩いているとなかなか進まない。

966 この辺は堤から川縁までの距離があり、河川敷が効率よく利用されて沢山の運動場がある。
☆IMGP3966

968
☆IMGP3968

972 まるで海の干潟…
☆IMGP3972

978 遠浅のような波
☆IMGP3978

984 河口に向かう右手にはスカイツリーが見守ってくれている。
☆IMGP3984

986
☆IMGP3986

987
☆IMGP3987

990 ウサギ
☆IMGP3990

川縁から堤の道にあがってみるとウサギが…

992 京成上野線橋梁
☆IMGP3992

994 堤の道から降りてみる
☆IMGP3994

995 サッサとまともな道を行けばよいのに
☆IMGP3995

997 なぜ、こんなところに下りるのか上手く説明をすることは出来ない。
☆IMGP3997
わざわざ飯能の山奥から東京に来て、なんちゅう所を観ているんだあ・・・普通はそう思うわね。
それでもそこは「稚拙な好奇心」を貫く気持ちを失ってはいない・・・
多少時間が増しても、効率が悪くても出来るだけ川沿いを歩きたい。

005 自分的には感動の風景だ・・・京成上野線橋梁 
☆IMGP4005
「東京の青の洞窟」…勝手に命名してみた。

009 タイヤの跡があるが、まさか タマチャリンさん ではないだろうな
☆IMGP4009

010 古代文明の遺産・・・ハードディスクの化石を発見した。
☆IMGP4010

011 川縁まで下りると、なかなか先に進まない…
☆IMGP4011
名栗川とは異なる風景に目を奪われ、時間を失う。

* * * 取り敢えず今回はここまで * * *

415 次回は「堀切橋」から「旧中川」辺りの河津桜を観ます。
☆IMGP4145

続きます。


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:15 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

コメント

こんばんは^^

ゴールまでカウントダウンの状況になってきましたね
上流、中流域と異なり、アップダウンも少なくなってきた反面
川幅が広くなったので、流れを間近に感じようとすると
なかなか歩かされるかもしれません。

この先、JR線の駅にとらわれず、地図を見て私鉄駅を
ご利用される事をお奨めします。
意外とJR線は駅間距離が長くて、堤防まで行くのにも歩く
事が多いです。反面、京成線、東武線、地下鉄線は割と
川間近に駅があるので、何かと便利だと思いますよ^^

URL | くろすけ #-
2017/02/28 00:53 | edit

荒川橋梁

おはようございます。

トップはトラス橋の中でも細かい方かと思いますが、
斜めから撮ると、密度の高い絵になりますね。
972や978は対岸がなければ海のようですね。
スカイツリーを遠くから眺めてはいるのですけど、
私はまだ登ったことも、ソラマチに行ったこともないのですよ(笑)。

URL | ふさじろう #-
2017/02/28 09:41 | edit

Re: こんばんは^^

くろすけさん
 こんにちは
河口にだいぶ近く、平なのですが
堤の道から見たり、川縁に行ったりでなかなか前に進みません。
仰せのように川幅、河川敷が広く少し進んでは堤と川縁の間を
行ったりきたりでした。
また橋があれば上にあがって橋梁名プレートを探したり
風景を見たりで結構な時間がかかりましたわ(笑)

この辺の駅はご案内のように私鉄のほうが近くにあったと思います。
河口(0km)を見た後は南砂町駅から帰りました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/02/28 12:31 | edit

Re: 荒川橋梁

ふさじろうさん
 こんにちは
トラスト橋は鉄骨が組み合わさって
幾何学模様を作りなかなか面白いですね。
この辺まで来ると潮の干満によって流れが
変わってくるのですね。
名栗川から見ればほとんど海ですわ。

私もスカイツリーは登ったことも、近くに行ったことも
ありません。
いつも奥武蔵の山から見ているだけですが、
今回が一番近くまで来たのか知れません(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/02/28 12:38 | edit

流石にここまでは自転車では来れませんけど
荒川も海に近づくと随分と川幅も広がり
見慣れた丘陵地帯の河川とはまた違った
ものになりますね〜
私も随分前に多摩川伝いに東京湾まで行きましたけど
その川幅に驚きました
ところで
最後の写真は素晴らしいですねー

URL | タマチャリン #-
2017/02/28 13:52 | edit

山人さん、今晩は!

もう30年ほど前の話ですが、成木川でウナギを目撃したことがありました。たぶ
んウナギを川に放流することはないでしょうから、そのウナギは山人さんと逆の
道を遡ってきたのでしょうね。

それにしても、これだけ河川敷が広かったり、川面にさざ波が立っていたりする
のを見ると、川も場所によって全然違う表情があるものですね。山に住んでいる
私のようなものにとっては、ほとんど海のように感じてしまいます。(笑)

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2017/02/28 18:56 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん

こんばんは
同じ川でも名栗川とは風景が異なって
巨大な人工物と平坦な地形になって
きますね。(当たり前ですが)
それにしても堤を挟んで川と人の住む
所の高さがほとんど同じくらいで
シッカリした堤が無ければ大変ですね。
多摩川も川崎方面に行くときに電車で渡るだけですが
歩いてみたいところです。
桜のところは、荒川の工事によって寸断された中川で、
巨大な煙突は墨田区清掃工場です。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/03/01 01:38 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん

こんばんは
成木川でウナギですか・・・
じつは名栗川でも子供の頃はウナギがいました。
淵に夕方仕掛けて翌朝見に行くとたまにかかってました。

河口付近では見た目、ほとんど流れてなくて
潮の干満によって河口に向かったり遡上したり・・・
川の匂いも当然ですが海に近いものですね。
仰せのように、私にとってもほとんど海でした(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/03/01 01:46 | edit

こんにちは。
山人さんは、幅広い知識をお持ちなので、山人、街人、川人 等々全てに存在感があると思っています。
一時期、草加に住んでいたことがありました。
その頃は北千住駅で乗り換えて東武線乗ったり、地下鉄に乗り入れの電車で都内との往復をしていました。
北千住は時々下車して友達と飲んだりしました。
鉄橋を渡る際にいつも川を見ていましたが、後にその川の上流に住むようになるとは思っていませんでした。

URL | りょう #-
2017/03/01 09:56 | edit

Re: タイトルなし


りょうちゃん
こんにちは

>幅広い知識・・・ これには顔が火照って入る穴を探すようです(笑)
仮にそうであったとしても どれも表面の薄い皮のようなものです。

りょうちゃんの信頼性のある知識と山人は別物であります。


じつは若い時に2ヶ月ほど北千住に住んでおりました。
当時、荒川を見ているはずですが、これが名栗川に繋がっている
何処をどう流れて・・・全く別な地方のことのに思えました。

今歩いてみて、意外と身近に親しめる川であることを感じました。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/03/01 12:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/434-02024460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード