好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

「敗色濃厚・・・ 成木川」成木川探訪3 2017年6月18日  

「敗色濃厚・・・ 成木川」成木川探訪3 2017年6月18日

281 ココはちょっと 今日の軟なゴム長では危険だ。
☆IMGP6281

前回までの流れ…
2016年の1月に迷い込んだ下の美しい淵に再び行ってみたいと思っていた。
・610 目標の淵20160116212457610

合間をみて6月の18日やっとその淵に行くことにし「みどり橋」から右岸に下りて遡上、
「岩井堂橋」を目指したのだが、暫くして岩壁に行く手を拒まれてしまった。

前回は ⇒
  「手強いぞ!成木川」 成木川探訪2 

259 成木川を名栗川の弟分くらいに考えて
☆IMGP6259

軽装備で来てしまった。
ここはゴム長では軟らか過ぎて厳しい、それなりの装備でくればもう少し攻められたのに・・・
いや違うな 仮に装備がここにあったとしてヘルメットは被れば良いのだけど、ロープの使い方を完全に忘れている。
と云うか正式な使い方が身についてない・・・敗色濃厚・・・

261 
☆IMGP6261

まともに右岸は進めないので、止むを得ず、攀じ登って巻けるものなのかどうか、上がってみることに。

262
☆IMGP6262

263 成木川の自然は遣り甲斐のある処を創っておいてくれたものだ。
☆IMGP6263

264 成木川は年寄りにも「青春を楽しめ」と云っているのか。
☆IMGP6264

26:6 手懸り足がかりを慎重に確認しながら登っていくと
☆IMGP6266

この淵の全体感像が見えてきた。だいぶ急な角度で蛇行している。

268 
☆IMGP6268

269 何とかここを攀じ登って
☆IMGP6269

時計周りのような感じで上手く降りられれば良いのだが・・・

270 木につかまり身を乗り出して下を確認する。以外に高度感がある。
☆IMGP6270

272 
☆IMGP6272

273 ここを慎重に超えれば
☆IMGP6273

274 やっと急斜面から脱出
☆IMGP6274

275 
☆IMGP6275

276 こうなっているのか・・・意外とすごい
☆IMGP6276

277
☆IMGP6277

278
☆IMGP6278

279 それで、何処かに降りられそうな処があればよいのだが。
☆IMGP6279

282 ここはちょっとな~
☆IMGP6282

283
☆IMGP6283

284
☆IMGP6284

285 川は見えるのだけれども

288 困りました・・・
☆IMGP6288
川にきたつもりがこれでは山ではないか
急登は越えたが、巻いて降りられなければ「目指す淵」には行くことは出来ない。

*** 成木川探訪4につづく ***

良識あるウォーカの皆様はけして真似をなさいませんように。
成木川で遭難などはないとは思いますが、
まさかと思われる「飯能アルプス」で地図を持たずに入山された方から
救助の要請があったとお聴きしています。
陽が沈み、現在位置がわからなくなり動けなくなったようです。
山や川は非日常の世界です。
未知の山や川に入ると予想外のことに遭遇する場合があります。
もし行かれる場合は充分な装備を持ち慎重に行動されますように。


◇入間川「出丸橋」・・・橋名が分からず、川縁迄下りて釣りの方にお聴きしました。
☆IMGP6004
「源流~河口まで・・・入間川」

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:59 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

コメント

こんにちは

蛇行する流れの外側のルートとなると、川の流れが
当たって、崖を形成して、水深も深くなっている筈ですね

そこを通り抜けるだけでなく、水辺に降りるのは・・・
なかなか大変な状況かと想像します^^;

戻るか、先に進んで、左岸側を辿る方法は難しいのでしょうか?
でも、山人さんが現場を実際にご覧になりながらの
ルート選定ですものね・・・かなり厄介な成木川ですね^^;

URL | くろすけ #-
2017/07/14 13:04 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん
こんばんは

仰せのように外側は長い年月をかけて出水時に
削られて急な崖です。
川に行ったつもりがいつの間にやら
藪漕ぎになってしまいましたわ(笑)

まさかこんなんことになろうとは・・・
余りにも安易にきてしまいました。
ルートも考えに考えてこれです(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/07/14 21:17 | edit

山人さん、おはようございます!

なかなかの難所ですね。ひょっとしたら、クマにでも遭遇しそうな雰囲気です
が、このあたりでクマが出没したという話はさすがに聞きませんねん。

私だったら、あっさりあきらめそうですが、山人さんのチャレンジ精神には頭
が下がります。

でも、いざとなれば川に飛び込むという手もあるのかもしれません。荒川河口
に比べたら、ご自宅にも近いわけですし・・・。無責任な意見で済みません。

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2017/07/15 07:44 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
今日も朝からえらい暑さで、雨のひっと降りでもいいから
欲しいですね。

クマですか~ この辺はまだいなのですね。
安心しました。 
私の場合は道無き道を行くことがありますので
何処かで遭遇する可能性があるので
怖いって言えば怖いですね。

後から地図で見ると尾根下のやや北西のところのようですが
この辺は右岸も左岸も厳しい所ですね。

川に飛び込む!! 一瞬そういう考えもありましたが
今回は中途半端な長靴で川でずぶ濡れも恥ずかしいですわ(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/07/15 12:02 | edit

コメントありがとうございます

こんにちは奥武蔵の山人さん、たった70m程の出丸冠水橋を渡るのに、河川敷遊歩道から400m近く歩かないと渡れない橋、ふざけてますよね(笑)。成木川のリベンジャー、かなりワイルドな動きでハラハラして読んでいます。素人にもマネ出来るような工程での遡上をお願いします(笑)。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2017/07/15 21:07 | edit

こんばんは

なかなか苦労していますね。
クマと遭遇しないように注意してください。
先日、奥多摩の鳩ノ巣駅で現地の人に脅かされました。
ひとのはいらないところは行かないほうがいいよと言われました。
最近は鈴の音で餌があると思うクマがいるそうです。
クマ除けでなく、熊呼びの鈴になっているようです。

URL | 西やん #-
2017/07/15 22:38 | edit

何だかトンデモなく秘境感たっぷりな展開になってきましたね~
ここは名栗の山中奥深~~い場所でもないんですよね????

URL | タマチャリン #-
2017/07/15 23:01 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
こんばんは
出丸橋の話題になりましたので最後の方に、当方が歩いた時の
出丸橋を載せてみました。

成木川、実はだいぶ前に対岸の山から迷い込んだ淵にもう一度行きたいと
おもい、探しているのです。
こう云うところは子供の頃から慣れてはいるのですが
歳もトシですから・・・最近はクマに用心ですね(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/07/15 23:05 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
こんばんは

以前、別なルート(対岸の山側)から迷い込んだ淵へもう一度
行こうと思い、検討を付けて遡ってみたのですが
これが簡単ではなかったのです(笑)

クマ呼びの鈴・・・えっ!! そりゃあこまりましたね~
最悪遭遇したらの為に、何か考えないといけませんね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/07/15 23:10 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん

あれだけ見ると崖のぼりと藪漕ぎですが
ナント成木川なんですよ~
それも間違いなく岩井堂観音から少し下流のはずです。
そして今回は恥ずかしい結果に終わります(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/07/15 23:14 | edit

成木川、奥が深いですねぇ〜

と言うか何やってるんですかwww
荒川河口編で東京を歩いた反動でしょうか?(^_^);;
しかしまぁ、いつまでも冒険心を忘れない姿勢、見習いたいと思います!
山人さん、ひょっとして学生の頃はワンゲルとかやってましたか?

URL | まあも #-
2017/07/17 01:37 | edit

Re: タイトルなし

まあもさん
 こんにちは
そうそう、この人は棺桶に片足が入っているような
いい歳をして何をしているんですかね~(笑)

ワンゲルとか登山とかの高尚なものをやったことは
ないんですよ~
地図もコンパスもほとんど読めない
小学生の低学年まで野山で遊んだそのままですね
飽くまで自己流、進化なし(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/07/17 10:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/461-a2463f15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード