FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

湯ノ湖周回-1湯滝から 2017-07-08  

湯ノ湖周回-1湯滝から 2017-07-08

491 湯ノ湖と湯滝の間にある橋…
☆IMGP6491

天候に恵まれず、また諸々ある中で山歩きなかなか出来ない状態が続いています。

それで先月(7月8日)、湯ノ湖を歩いた時の画像を並べてみます。
湯ノ湖は昨年(2016年)戦場ヶ原を歩いた時、コースの都合でここを外してしまい今回改めて歩いてみました。

昨年2016年8月⇒
戦場ヶ原をさまよう-3自然研究路・湯川(終回)

454 鈴ヶ岳1565m-赤城高原SA
☆IMGP6454

いつも尾瀬に行く時にここで休憩をします。
鈴ヶ岳、東の方向に魅力的な山容が見えますね。

457 子持山1296m-赤城SAから 
☆IMGP6457

西の方向にも登ってみたい山が見えます。
尾瀬方面に行く場合、ここで遠方の山を見ながらコーヒーを飲み一休みすることが定番になっています。

458 谷川岳1977m…赤城高原SAから
☆IMGP6458

このSAからの眺めは素晴らしいです。
深い谷、広い農園
遠方には双耳峰の谷川岳、上の方に雪が残っていますね。

谷川岳⇒
谷川岳_天神峠-トマの耳へ天神尾根をゆく
***
赤城SAで休憩の後、いつもながら関越を沼田で下りロマンチック街道(120号)を北東に進み、鎌田を経由して丸沼高原から金精峠を越え、湯ノ湖、戦場ヶ原へと進みます。

461 金精峠(群馬県-栃木県境)標高2,024m
☆IMGP6461

464 
☆IMGP6464

465 戦場ヶ原
☆IMGP6465

466
☆IMGP6466

469
☆IMGP6469

一旦、戦場ヶ原に立ち寄りしたのですが、時間的な都合で直ぐに今回の目的地「湯ノ湖」に向かいます。

湯ノ湖地図(日光湯元ビジターセンターさん)
☆湯ノ湖 地図

470 地図②辺り
☆IMGP6470

471 地図③-④ 湯滝
☆IMGP6471

472 湯滝
☆IMGP6472

◇湯滝:落差は50m、幅25mある。湯ノ湖から斜面を滑り落ちた後は湯川となり戦場ヶ原の湿原を流れ、更に竜頭の滝を下り中禅寺湖へ注ぐ。
奥日光三名瀑(華厳滝、竜頭ノ滝の一つでもある)。
参考:Web

474 湯滝の左岸側に階段があり、湯滝の流れ始め(湯ノに登ることが出来ます。
☆IMGP6474

477 
☆IMGP6477

7月8日に観た時には予想以上の水量と迫力でした。

479 出来だけ近づいてみるのですが、
☆IMGP6479

小心者の私にはこの辺が限度です(絶対に真似をしないでくださいね)

480
☆IMGP6480

481 
☆IMGP6481

この大迫力、恐怖のウォータースライダーにですね。

482
☆IMGP6482

湯ノ湖からの流れ始め、柵に足を掛けて身を乗り出して
みてみますが…

483
☆IMGP6483

湯ノ湖に

484
☆IMGP6484

486
☆IMGP6486

487
☆IMGP6487

488a
☆IMGP6488a

492 湯ノ湖、遠方は金精峠方面
☆IMGP6492

奥武蔵は旧盆近くになってから天気がハッキリしません。
暑くはありませんが、湿度が高めでまるで梅雨にでも入ったように鬱陶しい日が続いています。
他地域の皆様はいかがお過ごしでしょうか…

***湯ノ湖周回-2につづきます***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 23:18 [edit]

category: 北関東

コメント

夏なのに涼し過ぎますね

こんにちは、奥武蔵の山人さん。
稲城も、天候不順で少し肌寒い陽気です。
湯滝上の木橋、渡りましたよ。滝下に降りて戦場ヶ原を抜けましたが、最初、入口が判らなかったです。鹿除けの扉を引いて入るのですね(笑)。又、行きたいけど、観光の外人多過ぎだね。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2017/08/16 10:56 | edit

Re: 夏なのに涼し過ぎますね

ぶらっと遡上探索さん
こんにちは

奥武蔵は今日も朝から雨ですわ。
ホントに困った天気ですね。

木橋を渡りましたか。
昨年、戦場ヶ原に行った時に何も考えずに行ったために
湯ノ湖を外してしまい・・・
(路線バスを上手く使えば…後でアトムさんから教えて戴きました)
そう言えば鹿よけの柵、扉がありましたね。

戦場ヶ原から今回の主目的、湯ノ湖の周回をしてみました。
当日、周回ルートでは人が少なく、数人に会っただけでした。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/08/16 11:39 | edit

こんにちは

日光は関東では至便の観光地ですが、なかなか訪れる事がありません。
東照宮の混雑、中禅寺湖へのいろは坂の混雑等々のニュースを耳にする
機会が多いからでしょうか・・・。

湯の湖ははるか昔、小学校6年の時の林間学校で宿泊しました(湯元温泉)
その後、うん十年、湖岸を歩いた事もなく(自転車で金精トンネル越えは
したのですが、立ち寄りませんでした)、再訪してみたいのですが、公共
交通機関でとなるとなかなか難儀な場所のイメージですね^^;

前回、山人さんが歩かれた戦場ヶ原、小田代ヶ原を合わせて・・・
初日、東照宮、華厳滝、中禅寺湖を巡って湯元に宿泊
翌日、湯の湖、湯滝、戦場ヶ原、小田代ヶ原、竜頭の滝・・・なんて
コースを巡れたらな~と妄想をしていますが、
ここの所の、雨続きのお天気でプラン検討も湿りがちな感じです^^;

URL | くろすけ #-
2017/08/16 12:21 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん
こんにちは
知名度からは断然日光東照宮、華厳の滝ですね。
戦場ヶ原、湯ノ湖とは人出も桁違いでしょうか?
自転車での
金精峠~椎坂峠を越えられたのでしたか、元気いっぱいですね。

>初日、東照宮、華厳滝、中禅寺湖を巡って湯元に宿泊
>翌日、湯の湖、湯滝、戦場ヶ原、小田代ヶ原、竜頭の滝・・・なんて
素晴らしい計画、2日目を全部歩くとコースによっては
かなりきつそうですが、それもまた楽しいかもしれませんね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/08/16 15:43 | edit

昔、会社の旅行で行きました。
戦場ヶ原を歩いて入りましたが、東京からは遠かったという印象だけです。
改めて奥武蔵の山人さんの写真を見たらいいところですね。
チャンスがあったら行って見たいところのリストに入れておきます。

URL | 西やん #0KmtjY/2
2017/08/16 19:53 | edit

西やんさん

西やんさん
 こんばんは
戦場ヶ原は東からも西からも行きずらいところですね。
たまたま、行く度に混雑してなかったからよかったのですが
混雑していると遠さから躊躇しちゃいますね。
もし行かれるのでしたら、秋が良いような気がします。
次の-2で湯ノ湖、湖畔を巡ります。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/08/16 23:32 | edit

湯ノ湖

おはようございます。

湯ノ湖は温泉側からか、国道から眺めながら通過するくらいなので、湯滝落口の橋は行ってませんでした。
時代劇にも使えそうな木橋らしい橋脚ですね。
奥武蔵さんがトップに持ってくるのも分かるような造りですね。(笑)
湯ノ湖周囲の風景も楽しみにしています。

URL | ふさじろう #-
2017/08/18 11:20 | edit

ふさじろうさん

こんにちは
このまま秋雨でしょうか、変な天気が続いていますね。

今まではふさじろうさんのように通りすぎていたのですが、
湯ノ湖を始めて廻ってみました。

そうですねルートも橋も時代劇に使えそうですよ。

好みもあるのでしょうが、人手が最小限でそのままの感じの
周回路でした。特に西側(左手)の道は樹木と湖岸が当方の
好みでした。
強いて云えばアップダウンが少なすぎた・・・暑かったからこれで
良いのでしょうが(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/08/18 12:25 | edit

これは素晴らしい景色ですね~
やはり遠くまで行くと随分と違いますね~

今年は天気もダメですが、何だか忙しくなってしまって
何処にも出かけられません。

ま、来週末辺り晴れればちょっと面白い所に行く予定ですが、
あまりに出かけていなので体力が落ちまくってます。

URL | タマチャリン #-
2017/08/18 19:11 | edit

タマチャリンさん

ほんとうに今年の夏の天気はどうしたのでしょうね!!
どうしようも無いですが、当方も運動不足で1.5kg増えましたわ
それに体脂肪がなんと24
足腰の筋肉がが確実に落ちてしますね(泣)

それにしても
天候の不順に関わらずお仕事繁盛で良かったですね!!

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/08/18 21:53 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2017/08/19 09:57 | edit

Re: いつもコメントありがとうございます

流石です。
しっかりと豊水橋の説明をお読みになったのですね。

上橋、中橋、新豊水橋になりますね。
下橋はどこに行ったんでしょう。

古い資料によりますと、
上の渡し、中の渡し、下の渡しと記されたものがあります。
「この渡し」は1920年代まではあったようです。
橋に変わったのがいつだたかは私には分かりませんが。
何らかの理由で下の渡しのところに橋を架けなかったのか
豊水橋が出来たので下橋を造るまでのことは無かったのか…
入間市博物館の範囲ですね(笑)

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/08/19 23:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/470-22b7153d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード