好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

湯ノ湖周回-4 兎島~湯滝(終回)  2017-07-08  

湯ノ湖周回-4 兎島~湯滝(終回)  2017-07-08

545 東岸、兎島
☆IMGP6545

前回は⇒
 湯ノ湖周回-3西岸から北岸… 

地図
☆湯ノ湖 地図

538 北岸~東岸に時計回りに歩く途中に「兎島0.6km」の標識があります。
☆IMGP6538

進入路は頼りなさそうな道でしたが、我が家はウサギが好きなので兎というと行ってみたくなります。

540 どこかに兎がいるのでしょうか。
☆IMGP6540

なにか兎というより、フナとかドジョウでも居そうな雰囲気ですが…
実際には鱒(ヒメマス、ニジマス、カワマス、コイ)がいるとのことです。

543 遠方には北岸の先に金精峠が見えています。
☆IMGP6543

544
☆IMGP6544

547 
☆IMGP6547

548 人手の入らないそのままの森…奥武蔵の人工林とは対極の世界ですね。
☆IMGP6548
これが自分の山林であれば、間伐したくなりますね。
枝打ちも好きなだけ出来そう!!
イヤ、ここはこれで良いのですよ。

459
☆IMGP6549

550
☆IMGP6550

「兎島」に立ち寄りしてみましたが、兎はどこにいたのか全く分かりません…
東岸から地形的に出っ張っている所が兎島なのですが、
例えばここに野兎がいたとか、地形が兎に似ているとか…疑問は解けません。

551 東岸~
☆IMGP6551

552 緑が輝いています。
☆IMGP6552

553
☆IMGP6553

554
☆IMGP6554

556 南岸に戻りました。
☆IMGP6556

557
☆IMGP6557

563 一周して再び「湯滝」
☆IMGP6563

564 滝の左岸を下り、往路の道に戻ります。
☆IMGP6564

565
☆IMGP6565

282
☆DSC_0282

283
☆DSC_0283

566 帰路の途中、滝の下まで降りてみました。
☆IMGP6566

569
☆IMGP6569

570
☆IMGP6570

571 実に涼気です。
☆IMGP6571

572 下から見上げていますが、上の方までは視界が届きません。
☆IMGP6572

◇湯滝はWebによると奥日光三名瀑の一つ(他は華厳の滝、竜頭の滝)
落差50m、幅25m…湯川から滝に沿って急坂の道があります。
  時季だったのでしょうか、とても水量が豊富で近付いて観ると迫力が
ありましたね。

◇湯ノ湖を約3時間かけてユックリと周ってみました。
湖畔を周る道は緑に囲まれ、アップダウンの無い緩やかな歩きでした。
周回の右手(時計周りですから当たり前ですが)には常に湖面が視界に入り、
風が通るたびに光が返りキラキラと輝き、どの位置から対岸の良い景色を観る
ことが出来ました。

 ソウソウ、兎島のルートでは結局兎の「ウ」も見ることが出来ません・・・
なんだったのでしょう?

 後日Webによると・・・地形が兎の耳に似ているから兎島と付けたとあります。
そうかと、改めて地図を見ると
・・・乱視に近眼の目では何と申しましょうか、見た人の想像力次第でしょうかね。

          久し振りにのんびりと周回…「湯ノ湖、戦場ヶ原」終わり

【昔の書籍】飯能市、戦後の暮らし ~私たちを豊かにしたもの~  平成12年飯能市郷土館
飯能、戦後のくらし ~私たちを豊かにしたもの~ 平成12年 飯能市郷土館

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 22:13 [edit]

category: 北関東

コメント

東岸と云う事は多分

今晩は、奥武蔵の山人さん、夜分にお邪魔しております。
倒木に苔生した岩肌、良い雰囲気ですね、11月に来れば人手が入っていない自然の紅葉が楽しめそうですね。
兎島、地図で見ました、確かに耳ぽっく無いですよね。東岸に在ると云う事は、多分十二支の兎の方角、即ち東に在る島で、兎島なのではないでしょうか。兎の耳よりは、説得力在るでしょ(笑)。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2017/09/02 01:25 | edit

こんにちは

巨大な岩盤を流れ落ちる湯滝、迫力がありますね~
茨城にある袋田の滝も同じように岩盤を流れ落ちるのですが
こちらの方が水流が多く、勢いを感じる気がしました^^

兎島の謂れ、確かに形から兎を想像するのは難しいですね
色々見てみて、気づいたのが島が兎っぽく見える事。
http://nikko-vc.xsrv.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1423710625_630.jpg

http://nikko-vc.xsrv.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1423710625_630.jpg

樹木は成長するので、昔から同じ形ではないので、説明的には
軟弱ですが^^;
針葉樹なら樹齢も長そうだし、可能性0ではないかな~と
思ってます^^;

URL | くろすけ #-
2017/09/02 14:43 | edit

Re: 東岸と云う事は多分

ぶらっと遡上探索さん

たまたまでしょうか、で会う人は少なく手つかずの湖岸、
緑の中を歩きました。なかなか良かったですね。
兎島は何か耳の形が、難しいですね。
干支から・・・なるほど、謎解きのような感じですね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/09/02 21:23 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん

こんばんは!
私は湯滝をもっと小振りものと思っていたのですが
意外と水量もあり迫力がありました。
半島のような形が兎の耳・・・そう見えた方もいらっしゃるのでしょうね

紅葉の写真は、左の盛り上がったところに耳があるようにも
見えますね。くろすけさん流石です。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/09/02 21:37 | edit

こんにちは

すいません!!
同じ写真のURLを張りつけてしまいました~

http://nikko-vc.xsrv.jp/cgi-bin/cms/cms_res/img/000/000/1423709961_584.jpg
紅葉前の兎島です

URL | くろすけ #-
2017/09/03 17:19 | edit

Re: こんにちは

くろすけさん

わざわざありがとうございます。
やはり
左が頭で兎の背の高い木が2本あり
兎の耳のように見えますね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/09/03 18:07 | edit

いつもコメントありがとうございます

今晩は奥武蔵の山人さん、飯能河原に3年前まで名栗亭の建物が在ったんですね。今も私有地なんですかね、右岸側を歩いている時に入場時有料云々の立札があり、早々に流れ橋で左岸側に移動しましたよ(笑)。明日は終日快晴で、遡上日和なんですが、人間ドックの日なんですよ、火曜日は昼まで晴れるかな、名栗湖に寄る序にダムカードを貰って来ますね。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2017/09/03 21:08 | edit

一周三時間で巨瀑で締めくくれるなんて最高ですね~
アップダウンが無いっても何より!

昨日はアップダウンだらけで心底疲れましたよ~

URL | タマチャリン #-
2017/09/04 15:02 | edit

Re: いつもコメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
こんばんは
名栗川亭がありました。たぶん私有地だと思われますが・・・
あの堰のような堤の橋は誰もが渡っています。
建物があった時には私有地につき・・・と記されていましたが。
ダムカード、もらえると良いですね。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/09/05 01:14 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん

こんばんは
滝があることは事前にわかっていたのですが
これほどの滝とは思っていませんでした。
予想以上に大きな滝でした。またその近くを歩いて登れるのが
良かったですね。
全体的には、あまりにも楽々コース過ぎましたわ。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/09/05 01:18 | edit

こんにちは。
湖、静かなコース、水しぶきが飛んできそうな流れと滝、すがすがしくなる景色が満載ですね。
島の形だけでなくて本当に野兎がいると楽しいと思います。
加治丘陵にも野兎がいて、糞はよく見ます。
数年に一回程度は姿を見ることがあり、野兎が一匹いるだけで、その景色の印象が変わります。

URL | りょう #-
2017/09/06 10:20 | edit

Re: タイトルなし


りょうちゃん

今回の湯ノ湖周辺は人も少なくとても静かなコースでした。
人の手が入ってないので色々な動物がいても良さそうですが
何も遭遇しなかったですね。

加治丘陵丘陵にはいるのですね。
子供の頃、当方の近くで時折見ることがありました。
丘陵で遭遇すると嬉しくなりますね。

無事の下山、お疲れさまでした。

URL | 奥武蔵の山人 #-
2017/09/06 12:34 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/473-cdfc1da7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード