好日奥武蔵

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

晩秋の大内宿をゆく 1  

奥武蔵野の山人も時には少し北へ

▽594 今日の山は素人の登山者を拒んでいるようです。
☆R1040594

予定の山は登山口に近付くにつれて風が強くなってきました。
道の途中で車から降りてみると、路面は凍っていてツルリと滑り、山頂を見あげ
れば吹雪いているようです。

う~ん かなりの強風に雪が混じり、路面凍結、足の状態(先々週に軽い捻挫)
一応アイゼンの用意はあるのですが...諸々の状況を鑑み、今回は大事をとっ
て予定を変更することになりました。残念ながらこの山は2回目の不戦敗です。

何がしかの不安があればそれを避けるのは山の鉄則です...な~んて、素人
が大きなことを言っていいのでしょうか。 
▽595 予想だにしなかった雪が稜線に見えます...
☆R1040595

次回その準備をしっかり整えて挑戦しますわ...山は逃げずに待っていてくれるでしょう。

さて、
それでは行き先の変更です。
山の北西に位置し、車で約1時間の大内宿へ行ってみようということになりました。

登山口、標高約1,200mを車で徐々に下り北西へ向かいます。道中は典型的な地
方の山村風景で、遠近に重なる山々は紅葉の盛りを過ぎたとはいえみごとなもの
でした。ナビ任せの初めての道は小雨に雪が混じってはいますが行き交う車は少
なく、奥武蔵グリーンラインへ数十回通ったことを思えば、少しばかりの緊張の
中にも不安はなく車を進めることができます。


大内宿...私には初めての所です。予定変更のために下調べはありません。
何でも昔の宿場町の様な所とのことで、それでは秩父の街の様なところかとイメ
ージしておりましたが...全く違いました。

▽214 ここが大内宿の入口
☆PB180214

「江戸時代へ翔る道」
この道は、アダプト(養子縁組)ロード「江戸時代へ翔る道」と称しここ大内区
(里親)と道路管理者である福島県・下郷町が養子縁組をし、里親が日常清掃美
化等道路の維持管理を行っております。 地域住民と宿場大内を訪れる皆さんの
共有空間であるこの「江戸時代へ翔る道」へ、大きな愛着心を深めていただけれ
ば幸いです。大内区・福島県 大内区・下郷町

▽597 
☆R1040597

当初の予定は登山であったために時間的にはたっぷりと余裕が有ります。
ゆっくりと歩けばよいわけです。
▽600 
☆R1040600

▽602
☆R1040602

▽604
☆R1040604

茅葺き屋根の家が建ち並びます。地区の方々の手によって何代にも亘り良好に保
全されてきたのです。素晴しいとしか言いようがありません。また、この家々と
適度に間をとった里山の晩秋の色もじつにうまく調和していて、ここを訪れる人々
は自然と郷愁の感を想わざるを得ません。

断続的にミゾレが降りますが、歩いているせいか(成果)それ程の寒さは感じませんでした。

▽607
☆R1040607

懐かしい日本の風景に暫し安堵して、心身が溶け込みそうです。なんの予備知
識もなくも無くここへタイムスリップして来ましたが、いいじゃあないですか。
脳裏の奥に永年に亘って仕舞い込み、閉ざされて忘れかけていた和みの原風景が、
靄が解けるようにして眼前にあります...私はいま、日常と超日常の狭間を出
入りする時空のサーファーです。
▽608
☆R1040608

▽744 ケロちゃん と う~ちゃん
☆R1040744


大内宿をゆく2 へ 続きます。

奥武蔵ウォーキング・トレッキング 茜台自然広場の公開は何時に...

奥武蔵・飯能情報ランキング
     ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 01:54 [edit]

category: 未分類

tb: 0   cm: 4

コメント

http://blog.livedoor.jp/kiseki612-hanno/

大内宿はいいですよね。

妻の実家が新潟なもので山を越えて何度か会津に行っています。ちょうど『歴史読本』の今月号に来年の大河ドラマに因んで
会津の家紋について掲載したので、
いま気持ちが「会津行きたい」になってます(^^)

URL | 貴石 #N0fGSRtA
2012/12/03 14:10 | edit

Re: http://blog.livedoor.jp/kiseki612-hanno/

貴石さま

 こんばんは
貴石さまと会津はそのようなご関係でしたか
 当方は恥ずかしいことに大内宿はまったく
知らずに行ってしまいました。
これほど古い形の宿場一帯が残っているのに
大変感動しました。
 私の生まれたよりも遥かに昔の時代なの
でしょうが、なんとも懐かしい風景でした。

私が行ったときは初めて雪がちらついたとの
ことでしたが冬には雪祭りもあるとのことで、
またそれもよさそうですね是非、お出かけに
なられますよう。

URL | 奥むさしの山人(やまびと) #-
2012/12/03 20:24 | edit

こんにちは。
コメントはこの欄で良いのかも分からずに書いています。
先日TVの番組で観て、行ってみたいねと家で話していた場所でした。
毎回のお話を楽しみに読んでいます。

URL | りょうちゃん #-
2012/12/04 09:01 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃん さん
こんにちは こちらです。

大内宿は行ってきた後に私もにテレビで見ました。
私の場合は全くの予備知識の無い状況でいきましたが
なかなか良かったです。

 もし行かれるのでしたら、

近くに「塔のへつり」というところが有ります。
そこへ帰りにでも立ち寄ることをお薦めします。
奇岩と川の作る絶壁...他では見ることの出来ない風景が有ります。
後々、写真をUP致しますのでご覧下さい。



URL | 奥むさしの山人(やまびと) #-
2012/12/04 12:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/53-4278065c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード