FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

加治丘陵-3桜山展望台からの眺め  2018-06-02  

加治丘陵-3桜山展望台からの眺め  2018-06-02

50 桜山展望台 高さ20m
☆IMGP1650

今日も暑かったですね。
猛暑の日が続いて、
一向にやわらぐ気配がありません。
夕立ちでも来てくれるのを期待しているのですが、それも今年はまだのようです。

さて、暑いせいで・・・は・・・ありませんが、加治丘陵がやっと終回に入ります。

前回は⇒
 加治丘陵-2

-2からの続きですが「自然探勝路」

39
☆IMGP1639

「自然探勝路」の階段を登り終える。
これから先は上りも下りもなさそうです。

40
☆IMGP1640

41 いつもながらここが何処だか分かりません・・・
☆IMGP1641

私の邪道なウォーキングはどこでもいいんです。
いくら外しても仏子の駅か金子の駅でしょう。
気の向くまま、足の向く方向に行ってみます。

45
☆IMGP1645

46 ・・・南北コースに入ったようです。
☆IMGP1646

以前、この道は通ったことがありますで、このまま進めば展望台のはずです。

2013南北コース⇒
 加治丘陵-南北コースをゆく(周回コース)

47 檜(ヒノキ)ですね。
☆IMGP1647

この地域に植林されている木は杉と檜ですが、その区別は葉を見れば分かります。
漢字のつくり(旁)が木の特徴を表しています。
へん(偏)に針を三本着けたのが杉で
鱗(うろこ)のような感じのするのが檜です。
47の写真では葉は写っていませんが、慣れた人は木の外皮を見れば分かります。
木目が細かく見た目綺麗に縦に筋が入っているのが杉で、
檜は外皮に幅広感とざらつき感があります。

◇杉・檜の漢字つくり(旁)と葉の形状
杉 檜 漢字の旁(つくり)

ついでに作ってみましたが、「エコツアー」や「わくわく遠足」で使えそう…
杉(スギ)の葉は針状で漢字のつくり(旁)の三本の針です。
檜(ヒノキ)の葉も漢字のつくり(旁)と良く似た鱗状ですね。

◇椹(サワラ)・・・奥武蔵では時折、檜に良く似た椹に遭遇することが有ります。
 椹は檜の仲間なので表面を見ただけでは違いが分かりにくいですね。
 そんな時は葉を裏返してみると分かります。
 葉の裏側に気孔線の模様が見えます。
 白くYの字のように見えれば檜(ヒノキ)、太目のX字に見えれば椹(サワラ)ですね。
 でも、正直なところは分かりにくいです・・・

 飯能わくわく体験遠足

~ ~ ~

話が とんで しまいましたので、元に戻します。

48
☆IMGP1648

・・・展望台の敷地が見えてきました。

49
☆IMGP1649

53 桜山展望台
☆IMGP1653

55
☆IMGP1655

久し振りに登ってみましょう。

58
☆IMGP1658

60 
☆IMGP1660

東から南にかけて、明るく視界が開けているのですが、
西から北方面は湿度の高そうなボンヤリとした展望になっています。

61
☆IMGP1661

62
☆IMGP1662

63 奥多摩方面、奥多摩三山のうちの大岳山と御前山の山容が微かに見えます。
☆IMGP1663

66 西から北の方角は靄がかかっているようです。
☆IMGP1666

69 飯能の街とその背景の山々、残念ながらクッキリ感がありません。
☆IMGP1669

73 東から南
☆IMGP1673

西武ドームが見えます。白い卵を横に置き、その上半分が見えています。

74 整然と区画された茶畑の緑が美しいですね。
☆IMGP1674

小さな白い針のように見えるのは、先端にファンが付いている「防霜用」です。

75 鉄塔の連立・・・こういう風景が面白いですね。
☆IMGP1675

ブログを始めた頃の展望
北西が意外と見えていました ⇒
 桜山展望台から・加治丘陵 2012年5月

~ ~ ~

さて、展望台から「山仕事の広場」の傍を通って帰ることに

81 この短絡路も比較的新しい道です。
☆IMGP1681

83
☆IMGP1683

84 「山仕事の広場」

85 ここから駿河台大学に接する道へ下り、帰路へ・・・
☆IMGP1685

~ ~ ~
久し振りに加治丘陵をさまよってみました。
既にこの丘陵は十年以上も前から何回も歩いているのですが、
このところ暫くご無沙汰していました。
今回来てみると、自分にとって新たな周回ルート「自然探勝路」が造られていました。
以前来た時も「山仕事の広場~展望台」への新設路が出来ていました。
ここを時折り歩く私にしてみれば、加治丘陵は常に進化しているように思えます。
それもこれも沢山のボランティアの方々による丘陵整備・保全への熱意と汗の結晶だと思います。
お見事と云うしかありません。
部外者の私はただありがたく、さまよわせて戴いています。

82
☆IMGP1682

---以下は入間市のHPより---
【加治丘陵 山林管理ボランティア】
加治丘陵は昔から里山として人の手が適度に加わることによって、
多様な自然環境を保ってきました。しかしながら、現在は化石燃料の
普及や生活様式の変化などにより、手入れのされない山林が多くなっています。
今後も里山としての景観と生態系を守っていくためには、適切な手入れをする
ことが必要です。市が公有地化した山林では、市民ボランティアによる管理が
行われています。

76
☆IMGP1676

 現在、加治丘陵では14団体がボランティア活動をしています(平成27年4月現在)。
各団体は加治丘陵内の公有地にそれぞれの活動フィールドを持ち、年間を通して
間伐や下草刈り、山道の整備などを行い、良好な山林環境を維持しています。
---ここまで---

2018-06-DD 加治丘陵・・・終わり


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 17:32 [edit]

category: 加治・阿須・落合_周辺

コメント

こんばんは

この近くに行っても登りませんね。
桜の季節は上から見る桜を期待して登りました。
今は湿度が高いのでもやって見晴らしは期待できないですね。
台風の後なら見晴らしいいのではないでしょうか。
加治丘陵も広いので迷子になりそうですね。

URL | 西やん #-
2018/07/22 20:07 | edit

私も一度いきましたけど
山人さんの写真は見たこと無い景色ばかりです
それほど広い山ではないと認識してますが、
この迷路のような道を全て攻略するのは案外大変そうですね

URL | タマチャリン #-
2018/07/22 22:28 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
こんばんは 夜になっても全く涼しくならないですね。
春に登らましたか~ 仰せのように今の時季、展望は良くないです。
たまたま、東から南にかけては意外に綺麗に見えましたが
西から北はご覧の通り・・・
やっぱり遠望が効のは晩秋から春になる前ですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/22 23:43 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは 加治丘陵にお見えになられているのですね。
私は歩きですから、この丘陵を全部周り切るのは簡単ではないです。
それにメインの周回路から外れて小径に入ると複雑で・・・
唐沢流域なんかに入ると道が無くなったりして
これまた、面白いですよ~

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/22 23:47 | edit

こんにちは~

連日の猛暑、まだ7月なのに、どうなっているのでしょうね・・・
関東では秩父や熊谷、八王子はこちらより一段と高い気温になることが
多いですが、飯能はいかがでしょう?
内陸の分、こちらよりは暑いのでしょうか・・・。

お写真に写っている西武ドーム(何か名称が変わったようですが、私には
西武ドームが馴染みがあります^^;)
高台に位置しているのでしょうか?
実は、先日、地元の高いビルからの展望で、西方向にドーム屋根が見えたの
ですが、果たして西武ドームが見えるのかどうかが疑問でした

https://itokurisou.blog.fc2.com/blog-entry-2219.html
6枚目の写真です(かなりの望遠で撮りました)

その背景の山並みも山人さんなら見当が付きますでしょうか?^^

URL | くろすけ #-
2018/07/23 13:44 | edit

桜山展望台

こんにちは~

古代蓮の里で展望タワーに登ったので、今度は桜山展望台からも周りを見渡してみたいですね。
パノラマ写真を撮って山の名前を入れてもらってますが、私は画像に文字入れするような技術が全然なくて、
私ので文字入りの風景があれば、そのような案内看板をそのまま撮っただけなのですよ。(笑)

URL | ふさじろう #-
2018/07/23 14:33 | edit

山人さん、今晩は!

今日も暑い一日でしたね。青梅では40.8℃だったそうですから、私のところも
似たような感じだったと思います。

この季節は、やはりくっきりした眺望は望めないのかもしれませんね。夏らし
いと言えば夏らしい景色なのかもしれませんが・・・。

スギとヒノキは、いつも葉っぱを見て見分けていますが、漢字にもそういう違
いがあるとは気が付きませんでした。勉強になりました!!

URL | コンタロー #wYX2LGZA
2018/07/23 20:06 | edit

Re: こんにちは~

くろすけさん
こんばんは 本当にこの暑さはどうなっちゃっているのでしょうね~
飯能は記録されていませんが、
40℃越えの青梅の隣ですからそれなりに暑かったと思います。
西武ドーム・・・名前は変わっているのですね。
奥武蔵の山から見る度に西武ドームと思っています。

くろすけさんの方から西は西武ドーム位しかなさそうですから
西武ドームかも知れませんね。
山のほうは拝見してみます。
くろすけさんの方から見たことが無いので難しいですね。(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/23 21:02 | edit

Re: 桜山展望台

ふさじろうさん 
こんばんは 
桜山展望台はム~ミン谷とセットで来られる良いと思いますよ。
展望はやっぱり、晩秋からでム~ミン谷のあけぼの杉の黄葉と
加治丘陵~展望台にあがられると良い思います。

文字入れは 無料で簡単なグーグルのピカサを使っています。
トリミング、回転、その他簡単なことをやるのに便利です。
今はグーグルのもっと新しいが出ているようです。

私も看板を良く撮っておきます。
見ただけでは覚えられないので(笑)


URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/23 21:14 | edit

Re: タイトルなし

コンタローさん
こんばんは~ 
幸か不幸か飯能市は青梅に隣接ですね。
ほぼ同じ温度と思って良いのではないでしょうか(笑)

夏の遠望は難しいですね。稀に台風一過などの時はクッキリと見えるのですが、
こうなると暑さもあり、早く秋になってくれと祈るしかないです。


幼少期を山の中で過ごしましたので
スギとヒノキは何となく木の皮で分かるのですが
ヒノキとサワラは分かり難いですね。
恥ずかしなながら、椹(サワラ)の字も読めなかったです。



URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/23 22:04 | edit

超!暑いですね

こんにちは!奥武蔵の山人さん
いや~何処に行っても暑いですね。加治丘陵は6月の未だ凌げる気温時の散策ですね。高台なので涼しい風が通り抜ける気配が感じられますよ。
ぶらっと遡上は、気温が下がるまで暫くは自宅待機です、現在掲載の引地川は先月のストック記事です(笑)。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2018/07/24 15:33 | edit

Re: 超!暑いですね

ぶらっと遡上探索さん
こんばんは~ 夜になってもなかなか気温が下がりません。
加治丘陵のこのときはマアマアの温度でした。
展望台に上がった時には良い風があり快適でしたよ。

自宅待機が正解ですね。
これでは山奥の源流くらいしかいけません。
早く晩秋になってほしいです(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/24 19:59 | edit

こんにちは。
加治丘陵のすばらしいご紹介をありがとうございます。
一年間に100回前後は行っていますが、山人さんのご案内文と写真は抜群です。
多くの方々の努力で守られている里山に感謝しながら歩いています。
また偶然にお会いできる機会がある良いですね。

URL | りょう #-
2018/07/26 08:24 | edit

Re: タイトルなし

りょうちゃんちゃんさん
こんにちは

いつもお恥ずかしいものを面の皮を厚くしてUPしています。
一年に100回とは流石にお元気な証拠、足腰が益々鍛えられますね。
ほんとにこの加治丘陵の整備、保全には感心しています。
多くのボランティアの皆様に感謝ですね。
加治丘陵で偶然お会いしたのが2回ですから、3回目が有っても良さそうですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/07/26 12:21 | edit

コメントありがとうございます

今晩は!奥武蔵の山人さん
引地川は境川と同じような橋が並んでいます。源流は湧き水らしいです、9月頃の気温が落ち着いた頃に探索する予定です(笑)。此れから来る台風は何時もと様子が違い、降雨が凄そうなので近くの多摩川が心配、水位情報をチェック中です。入間川も心配ですね。では、また。

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2018/07/28 18:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/533-3cbc3043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード