FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

尾瀬ヶ原-1 季節を外し雨の中、山ノ鼻への道をさまよってみる  2018-10-12  

尾瀬ヶ原-1 季節を外し雨の中、山ノ鼻への道をさまよってみる 2018-10-12

157 
☆DSC_0157

久し振りの尾瀬でした。
そして
私にとってはワーストの尾瀬行でもありました。

ほぼ毎年、1度や2度は訪れているのですが、昨年は諸々あり行くことが出来ず、
今年も涼しくなってから、そう言えば尾瀬に行ってなかったなあと思い出し、
そんじゃあ最後に季節外れを覚悟で、行ってみんべぇと思ったら吉日だんべぇよ。
(時折り忘れかけている飯能弁が混じります)

048 例によって戸倉から鳩待峠までのシャトルバス
☆DSC_0048_1

天気が悪く、秋の尾瀬もとっくに過ぎて入山者は少数ですが、
それでもシャトルバスは便数を減らして運行していました。

鳩待峠までの途中、落ち葉はかなりありますが紅葉はいまひとつ
の感じです。

050 鳩待峠は小雨交じり、人はほとんどいません。
☆DSC_0050

ここは尾瀬ヶ原、至仏山、アヤメ平への入山口でいつもは混雑しているのですが、
今日はこの状態・・・こんな鳩待峠に来たのは初めてで、肩透かしを食らった感じです。

050a お店は閉じて峠の広場は閑散としています。
☆DSC_0050a

053 ・・・ほんとにここが鳩待峠かと云う感じです。
☆DSC_0053

寒々としています・・・実際に寒いですね。

054
☆DSC_0054_1

シャトルバスの運転手さんの話・・・あと2週間もすれば雪が降るかも知れません。
そうなると来る人は重症な尾瀬病患者だけです・・・

この周辺には地域限定の尾瀬病があり、
不思議なことに重症患者ほど心身が元気なのです。

055 至仏山への登山口、こちらも誰もいませんわ
☆DSC_0055_1

~~~

想えば、2012年の尾瀬も良くなかったなあ・・・
35d
20120815000435df0[1]

「2012年7月20日~22日の3日間、連続で歩いたのですが、
この時は北の沼山峠から入山する計画で、初日は新潟の小出ICから
沼山峠~赤田代(三条の滝ルート)に行く予定で小出ICから国道352号に出ました。
ところが桧枝岐に向かう途中まで来て通行止めで進めません。
仕方なく群馬の沼田IC迄戻って鳩待峠から山の鼻~尾瀬ヶ原を
横切って赤田代へ行くことになりました。
2日目は雨の悪路を歩き、3日目も雨に降られての三瓶峠越えでした。
私の尾瀬歩きで最悪の時でしたね。それでも楽しい尾瀬ではありましたが・・・」

2012年7月の尾瀬 ⇒ 
尾瀬-2012年7月20日~22日の3日間

~~~

今回の尾瀬は季節を外し過ぎました。

それに雨、更に何時もの カメラ を忘れてきてしまい

今回の画像は全て携帯で記録しています。

泣きっ面にハチの状態です・・・こんなに重なることもあるのですね。
そうは言っても ここまで来てこのまま引返すのもね~

056 取り敢えず 「山の鼻」 まで行ってみましょう。
☆DSC_0056

060 小雨に枯れ過ぎた紅葉を観ながら
☆DSC_0060_1

標高1600mの鳩待峠から約1時間かけて1400mの山の鼻まで下ります。

雨が降っているので時間がかかるでしょう。

061 こんな感じで、紅葉も終わりのオワリ感が漂っています。
☆DSC_0061_1

062 雨の木道・・・それに濡れ落ち葉・・・滑りやすく怖いです。
☆DSC_0062_1

063 ほんとに誰もいませんね~ 
☆DSC_0063

寂しいくらいですが、かと言ってそれじゃあって クマさんが出てきても困りますが。

064
☆DSC_0064

065 遠方は小至仏山へのルート、見ればなんとか紅葉ですが
☆DSC_0065_1

雨で鮮やかさが全くなく、携帯ではこんなモノでしょう。
いや、良いカメラを持ってもこんなものですが・・・

066
☆DSC_0066_1

067
☆DSC_0067_1

068 おお~ 人がいましたあ! 帰りの方々です。 
☆DSC_0068_1

左を流れるのは川上川、山の鼻に向かって北へ流れて行きます。

暫くはこの川に沿ってダラダラと下っていきます。

072
☆DSC_0072_1

073 「コンニチハー」で3人が通り過ぎればまた前後には誰もいません。
☆DSC_0073_1

季節外れの尾瀬への道、
小雨がぱらつき、静寂すぎる山の鼻へのルートです。

074
☆DSC_0074

076
☆DSC_0076_1

080
☆DSC_0080

081
☆DSC_0081

084
☆DSC_0084

雨で足元が怪しく、だいぶペースが遅いです。
5割くらい余分に時間がかかっていそう。

粗末なものを忍耐強くご覧いただき、ありがとうございます。

* * * 尾瀬ヶ原-2へ つづきます * * *

◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



Posted on 15:35 [edit]

category: 尾瀬と周辺

コメント

尾瀬

こんばんは~
季節外れで平日の雨の鳩待は、こんななのですね~。
山ノ鼻というより、トップを見ると牛首辺りまでは行ったのですね。
静かな尾瀬の姿を実際に見ることはあまりなくて、次回を楽しみにしています。

URL | ふさじろう #-
2018/10/27 17:43 | edit

こんばんは

冷たい秋の雨の尾瀬ですか。
いかにも寒いという感じが伝わってきます。
紅葉も終わっている感じですね。
私も尾瀬はご無沙汰ですね。
燧岳に登ったのはいつだったか思い出せないくらいです。
山日記をひっくり返してみたら2012年でした。
この時は尾瀬御池からピストンでした。

URL | 西やん #-
2018/10/27 20:48 | edit

晩秋の雨の尾瀬もポツリポツリと人がいるんですね~
流石尾瀬!!
紅葉と小川!いいですね~~
ただ、雨の木道は滑りそうで怖そうですよね~~
晴れてたら最高なんでしょうね~

URL | タマチャリン #-
2018/10/28 10:28 | edit

Re: 尾瀬

ふさじろうさん
 こんにちは
>季節外れで平日の雨の鳩待は、こんななのですね~。
 そうなんですよ~ まったくその通りでした。
 まあそれも、こう云うのも珍しくて
 雨さえなければ、良かったのでしょうが、
 まあ晴れていれば尾瀬の最後の週末のような感じで
 混雑していたかも知れません(笑)

 ふさじろうさんの言われるように、牛首の手前までで
 引き返しました。
 寒さと、雨の帰りの道と鳩待峠からのシャトルバスの時刻を考えて
 潔く(軟弱なだけです)引き返したワケです(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/10/28 17:37 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
 こんにちは
もうこの時季になりますと尾瀬は冬支度にかかっています。
寒さとぬれ落ち葉で、坂のところの木道は滑りやすく
仰せのように紅葉も僅かに残っているだけで、人影がまばらのはずです(笑)

燧に登られましたか! 
私が初めて尾瀬に行ったのはn十年前で、それも無謀にもいきなり小学生の子を
二人連れて三瓶峠から湖岸の北に周り燧に登りました。
いきなりの尾瀬はえらく長い距離だったのを憶えています。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/10/28 17:39 | edit

Re: タイトルなし


タマチャリンさん
 こんにちは
この日は天気が悪く、珍しく人は少なかったですね。
 坂に架かる木道は怖かったですよ~
 転んだ人を3回も見ましたし、自分もバランスを崩して
倒れそうになり、危なかったですわ。

もう暫くすると雪が降るそうです。
それでも尾瀬を訪れる人はいるそうで、
私も雪の尾瀬も行って観てみたいですが、
装備とかそれなりの覚悟(笑)と準備が必要で
仕事を外れてからになりそうです。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/10/28 17:42 | edit

今晩は

今晩は山人さん。
尾瀬ですか、かなり昔にミズバショウを見た記憶が残っています。尾瀬ケ原から外れると、山なんですね。紅葉は終わるのが早いのですか、少し寒そうな気配も伝わって来ますよ。熊さんに出会わなくて良かったですね。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2018/10/28 19:51 | edit

雨の中だと、普段とはまた雰囲気が違うのではないでしょうか。
それを楽しむのも、また一興かもしれませんね(^_^)
しかし、落ち葉の季節の雨は怖いですね。
ツルツルいきそうなので、自分なら退散しちゃいそうです。。。

URL | まあも #-
2018/10/28 21:07 | edit

Re: 今晩は

ぶらっと遡上探索さん

こんばんは
やはり尾瀬と言えばミズバショウ、行かれたのは6月頃でしょうか。

当方、冬季意外は何回も尾瀬周辺に行っているのですが
今回が一番人が少なかったですね~
まあそれだけ季節外れに行ったということでしょうか(笑)
仰せのように尾瀬の紅葉が終わるのは速く、既に休憩所、小屋は
冬支度をする日が迫っているようでした。
この日は小雨で寒く、根性無しの私は早々に退散の尾瀬でありました(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/10/29 00:32 | edit

Re: タイトルなし

まあもさん

 こんばんは
沢山降っていれば鳩待峠で引き返したのですが、小雨でしたので
尾瀬ヶ原を少し歩こうと行ってみました。
確かに人が少なく、
静寂の尾瀬を楽しむようになりたいですが、
まだそこまで達観出来てないようです(笑)

ぬれ落ち葉の木道、特に下りが怖く、腰が引けっぱなしで
だいぶ時間がかかりましたわ(笑)

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/10/29 00:33 | edit

コメントありがとうございます

今晩は山人さん。
現在、遡上中の河川(新中川)は、昔からの中川が荒川開削で分断されて中川と旧中川とになり、中川の下流部から開削された3番目の中川で、新中川。旧江戸川に合流しています。新中川は8話で終わり、現在は古来の中川遡上を開始しています。先週から日本晴れの天気で1日置きに取材していますよ(笑)。では、また...

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2018/10/29 20:12 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
こんばんは

中川は荒川で分断された右岸周辺と
荒川の左岸で並行して新木場の方に
流れて行くところしか分かりません。

やっぱり中川は複雑で~す(笑)





URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2018/10/29 20:36 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/547-3f0dadbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード