FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

赤水門‐青水門(北区・岩渕)再訪-1 新河岸川~荒川 2018-12-29  

赤水門‐青水門(北区・岩渕)再訪-1 新河岸川~荒川 2018-12-29

856 新荒川大橋(東京都北区~埼玉県川口市)
☆☆IMGP2856

2017 北区・岩渕水門⇒
源流(名栗川)~河口までを辿る「新荒川大橋~千住新橋」ダイジェスト

JR赤羽駅で下車、岩渕の水門に行くには東口に出ればよい。
この駅はこれで3回目、良く分かっている顔をしてテキトーに出たら南口に出てしまった。
あれ?と思って、駅舎・線路に沿って北東に進むと直ぐに東口の前に・・・

834 赤羽東口、交番脇の案内図で確認・・・この図は上が南のようだ。
☆IMGP2834

835
☆IMGP2835

東口を出て川に向かう、飲食店が軒を連ねている所を進む。
歩行者専用のような路が縦横に何本も通り、店が密集して飲食店街を形成している。

和洋、中華それに地方の自満料理・・・焼き鳥、うなぎ、焼き肉、おでん、いろいろあるで・・・
多種多彩で、多くの場合、お酒も飲めそう。

外に掲げてあるメニューからは私のような懐の寒い者でも充分に腹を満たすことが出来そうだ。
そんな店が道の両側に続く・・・昭和の香りを感じながら路地を抜ける。

いったい何軒あるか、当たり前だが店の数は飯能のそれとは大違いで有る。
今日は赤羽駅に戻る予定なので、同行者と遅めの昼食はここにしようと決める。

東口から岩槻街道に入り赤羽岩渕駅(南北線)を右に見て進む、
程無くして新荒川大橋の袂に着く、この橋はまず新河岸川(~隅田川)を跨ぎ、
更に荒川を越えて川口市に接続されている。

2018-12-29 北区岩渕周辺図
☆地図 赤羽駅ー岩渕水門

岩渕水門は荒川から隅田川への分水点であり、新河岸川から隅田川に川の名が変わるところでもある。

836
☆IMGP2836

841 新荒川大橋、この部分は新河岸川に架かっている部分なのだが
☆IMGP2841

更に伸びて荒川も渡ることになるので新荒川大橋となっているのだろう。
(素人の考えなのであてにはならない)

843 この新河岸川の左手堤の向こう側が荒川になる。
☆IMGP2843

左岸の堤の道には桜が植えられ、更にその先に青水門の頭の部分が見える。

844 この堤の道は新河岸川の左岸で荒川の右岸になる。
☆IMGP2844

845 新河岸川から少し荒川側に行ってみる。(対岸は埼玉県川口市)
☆IMGP2845

荒川ではこのように橋の下に大きな文字で橋名が描かれているので、私のような者には大変ありがたい。

846 新荒川大橋から上流側を見る。
☆IMGP2846

すぐ先は埼玉高速鉄道の橋梁、遠方には(後で気が付いたが)奥武蔵の山々が控えている。

847 荒川の右岸
☆IMGP2847

遠方にはこれから行こうとしている赤水門と青水門が見えてきた。

848 
☆IMGP2848

849 新荒川大橋
☆IMGP2849

850 荒川知水資料館(荒川のことなら何でもわかる)・・・残念、今日はお休みだ。
☆IMGP2850a

852 
☆IMGP2852

----------------------------------------------------------------------
◇前々回、2018年の振り返りの最後に記した岩渕水門(北区_2018-12-29)を再び訪れてみました。
改めてここを訪れたのは浅草観音(浅草寺)発祥の地、成木川・岩井堂観音からの観音像の流路と
(前回は記さなかったのですが)昔、西川材が筏で流送された時代、その終着地の隅田川沿いを
歩いてみようと思ったからでもあります。

◇縁起
南高麗村誌(口碑)によれば、現在の飯能市岩渕の成木川沿いに有る岩井堂観音から西暦532年の
大暴風雨によって観音像が流失、行方を知らず。
・20160404
☆IMGP2977

後に(浅草寺Webから)西暦628年、宮戸川(今の隅田川)のほとりに住む檜前浜成・竹成兄弟が
江戸浦(浅草浦)で漁をしている最中、投網の中に一躰の像を発見した・・・
口碑伝承によればこれが浅草寺、浅草観音の始まりとされている。
----------------------------------------------------------------------

853 
☆IMGP2853

855
☆IMGP2855

858 水上スキー 
☆IMGP2858

859 空中回転をしています。みせてくれますね~ 
☆IMGP2859

859a おみごと~!
☆IMGP2859a

いつものようにダラダラしていて、なかなか進みません。

*** 赤水門‐青水門(北区・岩渕)再訪-2へ続きます ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted on 00:22 [edit]

category: 名栗川 入間川 その他の河川 湖沼 

tb: 0   cm: 8

コメント

おはようございます

ようこそ、北区へ^^
この時期、河川敷は季節風がまともに当たるので寒くはありません
でしたか?

以前、神奈川居住の方達と日光方面へバス旅行をしたおり、この
新荒川大橋を渡った際、多摩川より大きいと驚いていました。
荒川の場合、もっと広いのは行田の方ですが、この界隈も河川敷が
広いですよね

この河川敷に立つと、川口側にタワーマンションがニョキニョキ
建っていて・・・昔ながらの街・赤羽と開発真っ盛りの川口の対比も
興味深いものです

山人さんはお酒は嗜まれるのでしょうか?
赤羽は昼(午前中?)から飲める街としても有名です。次回は一番街を
覗いてみてください^^

それと、この河川敷では、9月末頃に秋の花火会が開催されています。
大規模ではありませんが、約7700発・・・花火大会としては、
穴場かもしれません^^

URL | くろすけ #-
2019/01/10 10:42 | edit

赤羽

こんにちは~
「JR赤羽駅で下車・・・」で始まる、今回の記事を読んで、またも自分の世間の狭さに気づかされました。
私は赤羽を何度も通過しながら、まだ下車したことがありませんでした。
なので、駅前の様子も、835で初めて見せてもらいました。
それと、駅のすぐ東側で、荒川、隅田川、新河岸川が、このようにつながったり、分かれたりしているのも初めて分かりました。
赤羽は、鉄道も河川も、いくつもが接続したり分岐したりしていて、扇の要のような重要な地点ですね。
赤羽から外へは出ていませんが、たまに接続がいい時は乗り換えたりはしていました。
でも駅の中がおもしろい大宮での乗り換えが多いですね。(笑)

URL | ふさじろう #-
2019/01/10 14:13 | edit

こんばんは

遠出しましたね。
新河岸川や荒川の河川敷は歩いたことがありますが、皮を中止ではありません。
街歩きをしていて偶然川にぶちあったという感じでした。
街の雰囲気は覚えていても川の流れは記憶が薄いです。
寒いのに水上スキー、好きなんでしょうね。

URL | 西やん #-
2019/01/10 18:35 | edit

Re: おはようございます

くろすけさん
こんにちは
>ようこそ、北区へ^^
☆山猿が一匹 お邪魔いたしました~

>この時期、河川敷は季節風がまともに当たるので寒くはありません
 でしたか?
☆この日は意外と風が静かで寒くは有りませんでした。

>以前、神奈川居住の方達と日光方面へバス旅行をしたおり、この
 新荒川大橋を渡った際、多摩川より大きいと驚いていました。
 荒川の場合、もっと広いのは行田の方ですが、この界隈も河川敷が
 広いですよね

☆はい仰せのように、埼玉のほぼ中央に川幅日本一があります。
 実際には水が無いところも含めた堤~堤だったでしょうか?
 川幅の定義があるらしく、そよによって日本一だそうです。

>この河川敷に立つと、川口側にタワーマンションがニョキニョキ
 建っていて・・・昔ながらの街・赤羽と開発真っ盛りの川口の対比も
 興味深いものです
☆対岸は凄いですね~背の高いのがたくさん立っていますね。
 都心にもすぐなので便利なんでしょうか。

>山人さんはお酒は嗜まれるのでしょうか?
 赤羽は昼(午前中?)から飲める街としても有名です。次回は一番街を
 覗いてみてください^^
☆お酒は舐める程度です(笑)
 すぐ酔ってしまいますので外で飲むのは大変です。
 一番街も通りました。飲食店が凄い数ですね~

>それと、この河川敷では、9月末頃に秋の花火会が開催されています。
 大規模ではありませんが、約7700発・・・花火大会としては、
 穴場かもしれません^^
☆堤からみるのでしょうか。広くて良さそうですね。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/01/11 12:42 | edit

Re: 赤羽

ふさじろうさん
こんにちは~
赤羽は私も荒川を河口に向かって歩くときに上流から着て帰りの電車、
次の時にここからスタートの駅として2回、で今回3回目でした。
荒川を歩くまでこの位置は全く知りませんでした。
川と鉄道、隣が埼玉都民で面白いところですね。

東口に下りると凄い数の飲み食いの街につながりますので、
なかなか面白いところです。

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/01/11 12:49 | edit

Re: こんばんは

西やんさん
こんばんは~
私が川沿いを歩くようになった理由はいくつかあります。
小学校までは近くの名栗川で良くあそびましたので、
川に慣れているというか、親しんでいました。

それと子供のころに何代か前の先祖が筏で千住の方まで材木を運んで
歩いて帰ってきた・・・そんな話を祖母から聴いたりしておりましたで
冥途の土産話にその流路を辿ってみる・・・そんな気持ちもありました。
辿ってみると、上流では分からなかったこと
下流に行くほどいろいろな人が川や河原、河川敷で楽しんでいましたね。
最近は入間川や荒川の流路がどんな風に変わってきたのかなどと
ナカナカ面白そうなことがでてきました。


URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/01/11 20:16 | edit

こりゃまた随分と都会に行かれましたね~
今年中に海に出れるでしょうか?

実家の群馬に住んでいた頃高崎線で
荒川を渡る時に、あ!金八先生が歩いている川だ!
と思った記憶があります。

今荒川を見るのはもっと上流の山の方で見るくらいですね~

URL | タマチャリン #-
2019/01/11 21:31 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんばんは~
山猿が都会の大河を見に行きました(笑)
今回は隅田川ですから20km~30kmで
いくら道草しても年内はかたいと思っていますが・・・
いつものカメの歩みでどうなることやら

それでまだ目標の隅田川の河口が何処なのか分からずにいます。
また国交省にでも聴かないと


URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/01/12 00:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/560-a1a4f7d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード