FC2ブログ

好日奥武蔵 (奥武蔵の山人)

実践記 ウォーキング、トレッキング ノ ススメ...稚拙な好奇心...時折下手な工作

「飯能茜台大橋」_2 川から攻めても命名の経緯分からず 2019-03-24  

「飯能茜台大橋」_2 川から攻めても命名の経緯分からず 2019-03-24

061

☆IMGP5061

前回は⇒ 「飯能茜台大橋」_1 君の名は・・・    2019-03-08

2018-02-17工事半ば⇒ アーチ接続 「仮称 飯能大河原線」橋梁-5をさまよってみる・場繋ぎ2018-02-17

~    ~     ~
   ~    ~    ~

062
☆IMGP5062

「飯能茜台大橋」とは不思議な橋名だ
極普通に飯能大河原線を歩き、この橋を渡ってみたがどう考えても
・・・まともに考えても(まともでない私がマトモと云うのも違和感があるが)
経緯が知りたいね。

042
☆IMGP5042

通常の見方をしたのでは分からない。
では川に降りて下から見れば何等かの経緯の手掛かりでも掴めるかもと、
そんな想いで川に入ってみることにした。

049 下流側、岩根橋
☆IMGP5049

「飯能茜台大橋」の下に行く方法は幾つかあるが私的には次の二つが楽な
ルートだと思う(道はありませんが)
①左岸:岩根橋の袂の脇道を上流側に向かう。
②右岸:大河原地区の中平河原から下流に向かう。
だからといって、マネをして行くような変人はいないと思うが、
行く場合は長靴(ズボンが濡れて良ければ不要)、手袋、キズ薬、長めの杖など・・・
川の中は不安定で杖がかなり役に立つ。

~    ~    ~
   ~    ~     ~ 

今回は岩根橋袂の脇道から川岸に降りて、上流側の浄水場を右に見て進み
「飯能茜台大橋」の下を潜ってから渡河して、左岸の中平河原に上るルートとした。

044
☆IMGP5044

045
☆IMGP5045

先ず岩根橋の脇道(旧道なのかな)から竹林を抜けて狭い河原に、直ぐに堰と魚道を
左に見て遡上する。

047
☆IMGP5047

そうそう
遡上と言えば
ぶらっと遡上探索さん
何本もの川を制覇され、合間に観察される花も素晴らしい。

048
☆IMGP5048

051
☆IMGP5051

さて、魚道を越えて浄水場を右手に通り越すと水管橋が現れ、その先に「飯能茜台大橋」
の茶色いアーチが見えてくる。

052
☆IMGP5052

055
☆IMGP5055

057
☆IMGP5057

飽く迄も知浪途的になのだが、周囲と調和しているとは思えない(知浪途の独り言ね)
この色はどうなんだろう・・・と思ってしまう。
地味なんだけどこの吾妻峡に目立っている。

060
☆IMGP5060

064 ここから見上げてみても「飯能茜台大橋」命名のヒントは見えないな。
☆IMGP5064

橋名の茜色とか、森林文化都市に相応しい森林色とか、そう云うのが
あくまでも、アクマデモ 知浪途考えで出てくるが、
山人には分からな高度な判断からの選定色なんだろう。

065 メンテナンス用の階段・・・
☆IMGP5065

可能であれば登ってみたいが、何処へ許可申請をすればよいのか。

066 
☆IMGP5066

069 左岸、橋の下を潜り上流側に
☆IMGP5069

070 
☆IMGP5070

071 この辺から左岸に
☆IMGP5071

072 
☆IMGP5072

073
☆IMGP5073

074 吾妻峡(何処から何処まで?)
☆IMGP5074

076 右岸・・・中平河原側に
☆IMGP5076

079
☆IMGP5079

081
☆IMGP5081

084 この辺から八耳堂側に上がり帰ることにします。
☆IMGP5084

~ ~ ~

14Ca 最後に懐かしい工事中(2018年)の画像を・・・
20180228004533b05[1]
2018022800460414c[1]

自分的にはこういう状態の方が興味あるが、
しかし完成しないことにはその役目を果たすことが出来ない‥・

それで、橋名の謎だが、川から見ても見上げてもナゼ飯能茜台大橋なのか、
全く手掛かり足掛かりも掴むことはできなかった。

◇ 日に5本のバスが通る(数年前の時刻表から)
☆☆IMGP3601a

近くには年に何人の乗降客がいるか不明なバス停「赤根ヶ峠入口」があるし、
茜台地区と道は繋がってはいるが、それと結び付けるのは可成り無理がありそうでやはり分からない。
錆びた脳内にまた一つ疑問の赤錆が付着してきた。

*** 飯能茜台大橋 おわり ***


◆奥武蔵・飯能情報ランキング◆
下のアイコンを「ポチッ」として戴くとポイントが加わり情報ランキングへ  

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 飯能情報へ
にほんブログ村
ウォーキング情報ランキング
にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・ウォーキングへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Posted on 21:08 [edit]

category: 橋梁 冠水橋 流れ橋 木製橋 鉄橋・・・

tb: 0   cm: 6

コメント

コメントありがとうございます

こんにちは山人さん
愈々、岩淵水門から吾妻橋・浅草寺までの散策ですね、約17kmです。途中のJR王子駅、南千住駅で一息入れての3工程がお勧めです。
首都高中央環状線が架かる付近は、両岸共に遊歩道が無いので迂回になりますので、お気を付けて散策して下さい。では、また...
あっ、飯能茜台大橋、飯能と茜台の地域と地域を繋ぐ架け橋からの命名らしいですよ。

URL | ぶらっと遡上探索 #-
2019/07/14 15:32 | edit

Re: コメントありがとうございます

ぶらっと遡上探索さん
こんばんは
岩渕水門から吾妻橋・浅草まで17km これだと単純に歩くと
河口までの7~8割の距離になってしまいますね。
ご案内の王子、南千住で区切ってもよさそうで、
適当に橋を渡って対岸でブラブラして2,3日よりも4,5日にした方が面白そうですね。
中央環状線は迂回ですか・・・忘れずにいないと。
大河原が太っ腹で譲ったのでしょうか(笑)



URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/07/14 19:30 | edit

こんばんは

先日、私が行ったコースの近くですね。
橋の名前は多分、地名から名づけられたんでしょうね。
でも橋を上から下から吟味していますね。
しかも建設途中から追いかけているんですね。
ペンキが塗られていないようで、それが気になります。

URL | 西やん #-
2019/07/14 20:23 | edit

Re: こんばんは

西やんさん

こんばんは~
そうです。
西やんさんが歩かれたところから200m前後の所でしょうか。
入間川に架かる赤い橋(割岩橋)の次にあさひ山展望公園の北から山に入る所
の右の道ですね。

橋台の工事中の時から、何回か訪れてアーチの合体する所を見たくて行っていましたが
予定より早くアーチが出来てしまい。
両岸からのアーチ合体は見落としてしまいました。
仰せのようにペンキが塗られていないような感じですね~

URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/07/14 21:17 | edit

飯能大河原大橋より茜台大橋のほうが
何となく今どきの名前とか、、案外適当な理由で決められたのか、、
或いは、決める人は案外一人しかいなくて
その人の一存とか、、
我々が思っている以上に簡単に決められているのかもしれませんね。

URL | タマチャリン #-
2019/07/15 09:27 | edit

Re: タイトルなし

タマチャリンさん
こんにちは~

なるほど~ 
意外とその地位の人が これにした!!で
決めたのかもですね。

私の無責任な妄想では
Oさんが茜ちゃんに譲ったのかと思っていました。
飽くまでも妄想、独り言ですが。


URL | 奥武蔵の山人 (好日奥武蔵) #-
2019/07/15 10:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mkaifuu.blog.fc2.com/tb.php/588-d75f3bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

カテゴリ

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード